堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

工場跡に女子高生? 遺体=事件、自殺両面で捜査―大阪

時事通信 4月14日(木)11時53分配信



 14日午前6時25分ごろ、大阪府茨木市松下町の工場跡地で「学生風の女の子が倒れている」と110番があり、駆け付けた府警茨木署員らが制服を着た女性の遺体を発見した。

 学生証を持っており、同署は市内の私立高校に通う女子生徒(18)とみて確認を進めるとともに、事件と自殺の両面で調べている。

 茨木署によると、現場は解体工事中で鉄板が敷き詰められており、女性はクレーン車の高さ約30メートルのアームの真下にうつぶせで倒れていた。目立った外傷や着衣の乱れはなかった。遺書は見つかっていないという。

 現場はJR茨木駅の北約1.7キロ。 

工場跡に高3女子の遺体 制服姿、自殺と事件の両面で捜査 大阪・茨木

産経新聞 4月14日(木)14時57分配信



 14日午前6時25分ごろ、大阪府茨木市松下町の工場跡地で、男性作業員(62)から「学生風の人が倒れている」と110番があった。大阪府警茨木署によると、高校の制服を着た女性がうつぶせの状態で倒れており、現場で死亡が確認された。市内の私立高校3年の女子生徒(18)で、同署は近くのクレーン車から転落した可能性もあるとみて、自殺と事件の両面で捜査している。

 同署によると、女子生徒は腰付近を骨折しているとみられるが、刺し傷などはなく、着衣の乱れもなかった。建築資材の鉄板の上に倒れており、約8メートル先に高さ約30メートルのクレーン車があった。現場の北約150メートルには学生用かばんが置かれ、財布にカード類があったが、現金はなかった。

高3女子、制服姿の遺体 大阪・茨木のパナ工場跡地

朝日新聞デジタル 4月14日(木)12時45分配信



 14日午前6時20分ごろ、大阪府茨木市松下町にあるパナソニックの旧茨木工場跡地で若い女性が倒れている、と工事関係者から110番通報があった。府警によると、女性は制服姿で、現場で死亡が確認された。目立った外傷はなく、近くにあった学生証などから高校3年の少女(18)=同市=と分かった。府警は少女が亡くなった原因について調べている。

【動画】少女が倒れていたクレーン車の真下を調べる警察官ら=熊倉隆広撮影

 現場はJR京都線茨木駅の約1・5キロ北。茨木署によると、少女は高さ約30メートルのクレーン車の真下に倒れていた。腰や腕に骨折したような痕があり、同署はクレーンの上から落ちた可能性も調べている。近くにはカバンも落ちていた。


以上引用


なんで?

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

改正自殺対策基本法が成立=自治体の取り組み義務化

時事通信 3月22日(火)14時33分配信



 都道府県や市町村に自殺対策の計画づくりを義務付ける改正自殺対策基本法が22日、衆院本会議で全会一致で可決、成立した。

 4月から施行される。同法は参院先議。

 現行の自殺対策基本法は2006年に施行。同年の自殺者数は3万2155人だったが、その後景気回復もあってサラリーマン層の自殺が減り、自治体も対策に力を入れ始めたため、15年は2万4025人まで減った。

 ただ、自殺対策は自治体によって取り組みに温度差があるため、これまで任意だった対策計画の策定を義務化。地域ごとに自殺者の年齢や職業などの傾向を分析した上で実情に応じた対策を取ってもらう。国は交付金を通じ自治体を支援する。自殺を防ぐ学校教育も促進する。 

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中高生の自殺、343人…昨年31人増で最多

読売新聞 3月18日(金)17時51分配信



 内閣府と警察庁は18日、2015年の全国の自殺の状況を発表した。

 自殺者数は前年と比べて1402人(5・5%)減少し、2万4025人となった。6年連続の減少で、自殺者が2万5000人を下回ったのは1997年以 来18年ぶり。中高年男性の経済的な理由での自殺が減った一方、中高生は前年比31人増の343人で、現在の集計方法になった2007年以降最多となっ た。

 内閣府は自殺者数の減少について、「景気回復に加え、地域で取り組む自殺対策の成果が出ているのではないか」としている。

 性別では、男性が1万6681人で約7割を占めた。遺書などで自殺理由が特定できた1万7981人を原因・動機別(複数計上)で見ると、健康問題が最多 の1万2145人(前年比6・0%減)。経済・生活問題4082人(同1・5%減)、家庭問題3641人(同0・1%減)などが続いた。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

<自殺者>健康問題原因6%減 15年

毎日新聞 3月18日(金)10時37分配信



 警察庁と内閣府は18日、2015年の自殺者(確定値)は2万4025人(前年比1402人、5.5%減)で6年連続の減少だったと発表した。自殺の原 因・動機で最も多い「健康問題」が前年より6%減り、1万2145人となったことが全体の数字を引き下げた。内閣府の担当者は「うつ病への理解が広がり、 対策が進んだ」とみている。

 警察官は遺書などから自殺の原因や動機を最大3項目推定して計上する。この数字を集計したところ、健康問題に次いで多かったのは「経済・生活問題」の 4082人(同1.5%減)。その他は「家庭問題」3641人(同0.1%減)▽職場の人間関係など「勤務問題」2159人(同3.1%減)▽「男女問 題」801人(同8.5%減)▽学業不振や入試など「学校問題」384人(同3.2%増)--だった。

 健康問題のうち「うつ病」は5080人で、前年より359人少なかった。

 自殺者の性別は男性が1万6681人でほぼ7割を占めた。年齢別では40代が16.9%と最多。次いで50代16.6%▽60代16.5%▽70代14.4%。

 自殺者がピークに達したのは03年の3万4427人。国は09年度に自殺対策を支援する基金を都道府県に創設。14年度までに183億5000万円が市町村や民間団体の活動に充てられた。

 15年に東日本大震災に関連する自殺と判断されたのは23人で、このうち福島県が19人を占めた。23人の原因別は健康問題が13人、家庭問題が6人など。年齢で見ると、70代7人▽60代5人▽80代以上4人--だった。【長谷川豊】

 ◇自殺の主な原因・動機

【家庭問題】

・夫婦関係の不和  944人

・家族の将来悲観  571人

【健康問題】

・うつ病     5080人

・身体の病気   3910人

【経済・生活問題】

・生活苦     1168人

・多重債務     667人

【勤務問題】

・仕事疲れ     675人

・職場の人間関係  447人

【男女問題】

・失恋       287人

・不倫の悩み    141人

【学校問題】

・学業不振     121人

・入試に関する悩み  30人

【その他】

・孤独感      556人

※遺書などで推定できる原因を現場の警察官が最大3項目を選択している

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

介護疲れ・子育ての悩みで自殺365人 内閣府分析

朝日新聞デジタル 3月18日(金)11時39分配信



 18年ぶりに2万5千人を下回った昨年の自殺者について、内閣府は18日、原因を分析した結果を公表した。最多の「健康問題」は前年より大きく減った が、「学校問題」は増え、「家庭問題」はほぼ横ばい。家庭問題の中では、「介護・看病疲れ」と「子育ての悩み」が計365人いた。

 昨年の自殺者2万4025人のうち、遺書などから原因が特定できた1万7981人を分析。1人につき最大で三つまで挙げた。

 「家庭問題」を理由にしたのは前年より0・1%減って3641人。内訳をみると、「介護・看病疲れ」は243人。50~70代が7割を超え、男性が6割だった「子育ての悩み」は122人。40代以下が8割超で、女性が8割を占めた。

 比較できる2007年以降では、「介護・看病疲れ」「子育ての悩み」はともに11年がピークで計485人。その後は減少傾向にあるが、毎年計300~400人ほどが亡くなった。

 介護や子育てを担う人への支援が不十分だという社会的な背景もうかがえる。安倍政権は「1億総活躍社会」の実現を掲げ、介護や子育てのしやすい社会を目指している。

 全体の理由で最も多い「健康問題」は1万2145人で、前年より6・0%減った。「経済・生活問題」は4082人(1・5%減)。入試や進路の悩みなどの「学校問題」は384人で、3・2%増えた。

 一方、東日本大震災に関連した自殺者は前年より1人増えて23人だった。県別では福島が前年より4人増えて19人、岩手は同数の3人、宮城が3人減の1 人だった。福島の多さについて、内閣府の担当者は「避難生活の長期化などで孤立化していることが背景と考えられる」とみている。(久永隆一)

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。