堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
岸和田市:中核市を断念…人口減少、獣医師ら採用見直しも
毎日新聞
 大阪府岸和田市は1日、2018年4月を目指していた中核市への移行を見送ることを明らかにした。人口減少などが理由だが、中核市移行を見越して獣医師や保健師などの採用試験を実施中だったが、採用人数を見直す可能性が出ている。

 中核市は人口20万人以上が要件だが、国の特例措置で20年3月末までは20万人未満でも移行できる。

 岸和田市は15年3月に中核市移行の検討を表明。現在の人口は約19万8000人で、今後も減少が続く見通し。消費増税の延期などで財政悪化も見込まれ、「安定的な行政サービスを提供できない」として見送りを決めた。

 中核市移行で保健所業務の移管などが想定されたことから、市は来年4月採用の予定では事務職や管理栄養士、獣医師、保健師など計約35人を募集。約330人が応募した採用試験は現在、最終面接を済ませていた。市は「今後、受験者に伝え、対応を検討する」としている。【井川加菜美】
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
議員報酬「据え置きが適当」 真庭市審議会、付帯意見付け結論
真庭市長の諮問機関「市議員報酬及び特別職給料等審議会」は28日、市役所で第4回会合を開き、月額30万円の市議の現行報酬を「現時点では据え置くのが適当」とする結論をまとめた。一方で市議会の活性化に向けた取り組みを踏まえ、再協議の余地を残す意見を付けることも決めた。12月初旬にも太田昇市長に答申する。

 委員10人のうち8人が出席し約1時間半、非公開で協議。山下豊会長(真庭商工会長)によると、「執行部が行財政改革を進めている中で議員報酬の増額はどうか」「議会改革がこれからの現状では現行報酬は適正」といったこれまでの議論も踏まえ、現行額は「適正」と判断したという。

 ただ多くの委員からは「市議の報酬額は他市と比べ低い」「議会改革への前向きな取り組みにも期待する」などの意見が出たため、委員任期の2018年6月までに市長から再び諮問があれば「再協議もあり得る」との付帯意見も賛成多数で決めた。

 山下会長は「委員の中に報酬額が安いという認識はあるが、今改めるべきではないというのが結論。妥当な見解が示せたと思う」と話した。

 議員報酬の増額を巡っては、市議会が昨年9月、活性化特別委を設置。今年4月に議会改革の一環として定数削減(現行の24から3減)、活性化策とともに報酬を月額10万円アップする案をまとめていた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
市税収入もし減ったら… 給与 同じ割合で減額します 太田市長
 群馬県太田市の清水聖義市長は29日の定例会見で、来年度の市長給与について、本年度と比べた市税収入の減少率と同じ割合で減らす意向を明らかにした。

 県によると、市町村長がこうした手法で給与を減額した事例は県内でないという。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。