堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
サウジ外相、ロシアがシリアから手を引くなら利権確保と
nappi11
サウジアラビアはロシアに対し、かつてソ連が 中東で演じていたような大きな役割を保障する用意がある。ただしこれを得るにはロシアはシリアのアサド大統領への支援を断念せねばならない。サウジアラビ アのジュベイル外相(アーデル・ビン・アフマド・アル・ジュベイル・サウジアラビア王国外務大臣Adel bin Ahmad Al-Jubeir, Minister of Foreign Affairs, Kingdom of Saudi Arabia)は米ニュースメディアのポリティコからのインタビューに対し、こう語った。
ジュベイル外相はプ ーチン大統領が中東でロシアの役割強化を狙っている事は承知の上としたうえで、アサド氏に残された日数はわずかと警告し、早急な合意締結を提案した。ジュベイル外相は、サウジアラビアはロシアに対し湾岸協力会議の商 品市場および中国を上回る規模の投資市場への進出権を与えると語っている。シリアでは2011年からアサド政権と武装した反体制派との間で内紛状態が続いている。ロシアの航空部隊はシリア軍への支援を行っている。
ジュベイル外相は2015年9月に訪日し、岸田文雄外務大臣との会談で、日本との間で経済、投資のみならず、政治、安全保障、文化等様々な分野の交流や協力を拡大させていきたいと述べた。 参照記事  参照記事

以上引用

マジ?
大胆な…(; ̄O ̄)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
警察が殺された被害者のスマホのロックを解除すべく専門家に3Dプリンターで指紋作成を依頼

By « м Ħ ж »

最新のスマートフォンの多くに搭載されている指紋認証機能は、一度使うともうパスコードやパターン入力でのロック解除に戻れなくなるほど便利です。その指紋認証機能を搭載したスマートフォンのロックを解除すべく、アメリカの警察が専門家に依頼し3Dプリンターで指紋を作成して端末を解除するという荒技に出ていたことがわかりました。

Police asked this 3D printing lab to recreate a dead man’s fingers to unlock his phone | Fusion
http://fusion.net/story/327145/3d-print-dead-mans-fingers-to-unlock-his-phone/

Police 3D-printed a murder victim's finger to unlock his phone | The Verge
http://www.theverge.com/2016/7/21/12247370/police-fingerprint-3D-printing-unlock-phone-murder

ミシガン州立大学で生体認証システムを研究するAnil Jain博士によると、「殺された被害者のスマートフォンに犯人につながる証拠が残っているかもしれないので、3Dプリンターで指紋を作成してロックを解除してほしい」という依頼が警察からあったとのこと。記事作成時点で捜査中の事件のため、Jain博士は多くを明かさなかったものの、警察は被害者の指紋を以前の逮捕時に採取済みで、そのスキャンデータをJain博士に手渡したそうです。

By Kārlis Dambrāns

「被害者がどの指をスマートフォンの指紋認証に使っていたかはわかりません。親指や人差し指を指紋認証に設定しているユーザーが多いのですが、今回は10本の指全ての指紋のレプリカを作成しました」と語るJain博士。スマートフォンに搭載されている多くの指紋認証機能は放電して指紋の溝との距離を読み取る「静電容量方式」というのを採用しており、ただ単に指紋のレプリカを作成しただけでは導電性がないため端末を解除することはできません。

Jain博士は指紋認証に関する専門家で、スキャンした指紋をプリントアウトし、その上に特製の導電性インクを塗りスマートフォンの指紋認証を突破する様子を収めたムービーを2016年2月に公開したことがあります。今回の警察の依頼にも、作成した指紋のレプリカを金属製の粉でコーティングし指紋認証を突破するという方法を編み出しました。指紋のレプリカ自体は完成していますが、まだテストの段階であり、Jain博士は警察にレプリカを手渡してはいません。数回のテストが終わった2~3週間後に警察に提出するとのことです。

IT関連メディアのFusionによると、警察が3Dプリンターで作成された指紋のレプリカを使ってスマートフォンのロックを解除するという行為は、 アメリカ合衆国憲法の修正第5条の「何人も、刑事事件において自己に不利な証人となることを強制されることはなく、また法の適正な手続きによらずに、生命、自由または財産を奪われることはない」に違反する可能性があるとのこと。何の罪もない被害者の所有物を捜査して、警察が被害者の犯した違う犯罪の証拠を見つけると、修正第5条に違反してしまうかもしれないということです。

By West Midlands Police

ただし、被害者がすでに亡くなっていることから、被害者のスマートフォンから何らかの犯罪の証拠が見つかったとしても、被害者は現在の「死」よりもひどい状態にはならないため、警察の行為は修正第5条に違反しないという専門家もいます。

裁判所によれば、ロック解除のための「指紋」と、記憶している「パスコード」は法律上の扱いが区別されており、記憶しているパスコードは修正第5条で保護されるものの、人体に付属している指紋は修正第5条で保護されない可能性があるとのこと。2014年にバージニア州で行われた裁判では、法執行機関から命令があった場合に容疑者は押収されたスマートフォンのロックを指紋で解除しなければいけないが、頭に記憶されているパスワードはそれに従わないという 裁定が下されました。

今回の一件は、警察がまだ3Dプリンターで作成された指紋のレプリカを使ってロック解除をしていないため、その行為が法律に反するのかどうかはわかりませんが、Jain博士は「警察に喜んで協力しています。協力しているのは楽しいからですよ」と話しています。

以上引用
3Dプリンターって、なんでもできてしまうな…

けど、この発想は、指紋認証を無力化することになってしまうし、指紋の固有性?  犯罪捜査における指紋の重要性の疑念を生むことになってしまうことにもなりかねないんだね。

指紋手袋を作って犯罪起こせば冤罪が生まれたり、捜査の混乱を生むことになる。

何という時代になったんだろうか…(; ̄O ̄)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
JCアイドルの撮影会がヤバすぎると話題に


http://matometanews.com/archives/1819859.html

{9E284BB7-3E0B-40E2-B9CF-7C9BEDE90DE9}

{B8E2418D-1FDC-4D28-AB94-55E15CA7EECA}

{A8507074-C3CC-4865-98D1-13348831A5C8}

{5DF7D121-E08B-4DFE-8061-FCCD1A367A6A}

以上引用

ひくなぁ〜(−_−;)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。