堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

福岡市議11人、復旧時に県外宿泊視察

 

JR博多駅前の道路にできた大きな穴=8日 JR博多駅前の道路にできた大きな穴=8日  

 

福岡市博多区のJR博多駅前で発生した陥没事故の復旧工事中、福岡市議11人が泊まりがけで県外視察していたことが17日、分かった。政官民「オール福岡」態勢で早期復旧に取り組んでいた時期の出張だったため、別の市議らから批判の声が出ている。  視察したのは自民党福岡市議団の光安力会長や小畠久弥市議会議長ら7人と、みらい福岡市議団の笠康雄会長ら4人。うち2人の選挙区に、8日に発生した事故の現場があった。  自民党福岡市議団は14日から1泊2日で宮城県南三陸町や仙台市を訪れ、東日本大震災後に復興を果たしたJR気仙沼線などを視察。みらい福岡市議団は14日から2泊3日で、新潟県や東京都を訪れ、文化・スポーツをテーマに野鳥公園などを見て回った。  光安氏は産経新聞の取材に対し、視察の適否について「14日には復旧のめどが立っていた。日程調整を重ねていたため延期はできなかった」と述べた。笠氏は「われわれは行政マンじゃない。出張中に市から報告を受けた」と主張した。  市職員や建設業者は陥没事故の発生直後から通行再開に向け、連日24時間態勢で対応。高島宗一郎市長は15日に通行が再開するまで毎日、陥没現場に足を運び工事の進捗(しんちょく)状況を確認していた。このため、市内にとどまった別の市議は「視察は、配慮が欠けていると言わざるを得ない」と批判。市幹部も「東北の復興状況を視察する前に、地元の復旧のためにできることを考えて実行すべきだった」と述べた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
政活費充当:国内視察報告もコピー 千葉県議6割関与
毎日新聞

千葉県議らがコピーして提出した国内視察の報告書=毎日新聞千葉支局で2016年10月2日午後5時28分、渡辺暢撮影
 政務活動費(政活費)を充てた海外視察で視察団全員が同じ体裁、文面の視察報告書を提出していた千葉県議会で、国内視察でも報告書のコピーが常態化していることが県議会への取材で分かった。2015年度は、少なくとも12件の団体視察に参加した計54人が、同じ体裁や同一の内容。充てられた政活費は計575万円に上った。【渡辺暢】

 海外視察と合わせ、コピーに関わった県議は59人で、全県議(95人)の6割超。当時、複数の所属議員がいた6会派のうち共産党を除く5会派と、1人会派の計6会派に及ぶ。

 15年度の視察報告書によると、自民と公明の県議11人は昨年9月26〜27日に和歌山市を訪れ、「紀の国わかやま国体」の開会式とフェンシングを視察。費用の半分に当たる計31万円を政活費で賄った。報告書は行程表を除き全員がA4判1枚。20年東京五輪でフェンシングが千葉市の幕張メッセで行われる予定であることを念頭に「(フェンシングは)細長い演台の上で行われるため、幕張メッセでの開催に問題ないことが確認できた」「本県(選手)は残念な結果に終わってしまったが、東京オリンピックへの出場を目指すためにも、より一層の選手強化が必要であると感じた」と記述されていた。

 一部の県議で記述した日の順序が入れ替わっているほかは、主観的な感想まで同じだった。

 参加した複数の県議は毎日新聞の取材に「誰かが書いたものをコピーさせてもらった」「恥ずかしながら自分でちゃんと書いたことがない」とコピーしたことを認めた。

 自民、民主(当時)、公明、市民ネットワークの14人が昨年9月2〜3日に大分、長崎両県を訪れた視察でも、全員が同一のA4判2枚の報告書で、政活費計102万円を計上していた。

 千葉県議会では、欧州などへの海外視察3件に参加した計25人が、視察団ごとに同じ体裁や文面の視察報告書を提出し、計922万円の政活費を計上したことが、毎日新聞の調査で明らかになっている。

 コピーが横行している実態について、議会事務局は「推奨してはいないが禁じてもいない」としている。

個々が作成を

 市民団体「政治資金オンブズマン」共同代表の上脇博之・神戸学院大教授の話 視察をした議員がそれぞれの視点で報告書を作成すべきだ。一部の議員が作った報告書のコピーで済ませるなら、団体で行く必要はない。視察は議会での質問や政策などにつなげてこそ意味がある。議会活動に生かせたかどうかを、市民が後でチェックできるような内容の報告書を提出すべきだ。

以上引用

堺市は、議会事務局が作成している。
政務活動費は、わからないが…(; ̄O ̄)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
阪南市議、妻の宿泊費も政活費に…視察旅行で

 大阪府阪南市議会の見本栄次議員(64)(無所属、6期目)が昨年7月、政務活動費(政活費)で行った視察旅行について、宿泊費を1人分とする領収証を出していたが、実際は妻同伴だったことがわかった。読売新聞などの取材に本人が認めた。見本議員は「認識が甘かった」と述べ、収支報告書を修正して妻の分を返還する方針。

 見本議員の説明では、視察旅行は資料館などを見る目的で、昨年7月に2泊3日で松江市などを巡った。二つの宿泊施設にそれぞれ2人分として計1万1340円、計1万6200円を支払ったが、収支報告書には、いずれも1人分として領収証を添付していた。

 見本議員は「腎臓結石を患っており、いつ激痛に襲われるかわからず、妻を同伴した」と釈明した。一方、阪南市内の男性が3日、2013~15年度の支出分の政活費全66万円を返還するよう求めて監査請求した。

2016年10月03日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。