堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
「教育実習 終わった」で検索すると面白いな、本当にメディアリテラシーの墓場だった



⚫️

"教育実習+終わった" 検索結果まとめ - Togetterまとめ

togetter.com › ... › 学問・教養 › その他
スマホ対応 - 2 日前 - 教育実習が終わった… 終わってしまったと言った方がいいかも… 終わりたくなかったなー! ほんまにめっちゃ ...


{8A6AC799-211A-4A21-9AD2-BF4E1579E9EB}

{99421C07-84AB-435A-BE7F-C85A1F48F0FD}

{49C73840-016F-4DC3-8092-D506CFA11EF7}

以上引用

最近の教育実習は、危ないなぁ

飲酒させる教育実習も?

堺市は大丈夫か?

最近の堺市の教師のレベル落ちているらしいけど…(-_-;)


まあ画像とかは、堺市じゃないけどね

堺市 教育実習終わった、で検索してみたら面白いかも、すべて、画像でね

微妙。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大阪府立中央図書館で「大阪製ブランド」認証製品展示 2016年度製品募集 /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 6月8日(水)19時30分配信



 大阪府立中央図書館(東大阪市荒本北1、TEL 06-6745-0170)1階企画展示エリアで現在、「大阪製ブランド認証製品2015」が展示されている。(東大阪経済新聞)

切子ガラス工芸研究所たくみ工房「たくみ切子」/盃「あじろ」

 大阪府内のものづくり中小企業の優れた技術を用いた製品をブランド認証し、大阪のものづくり力のブランドイメージを高め、自社製品開発の取り組みを促進することを目的とする府の施策の一環。

 府内に本社と製造拠点を有する中小製造業の消費財(一般消費者に販売する最終製品)を対象にしている。過去4回行っており、これまでに41製品を認定した。認定された製品は府が制作するパンフレットに掲載するほか、百貨店や商業施設で行われる催事など、府のプロモーション活動により情報発信する。

 同ブランドには、市場に新しい提案を行う「新製品開発部門」、デザイナーやクリエーターとの連携によるデザインの優れた製品を認証する「クリエイティブワーク部門」、大阪の伝統工芸品・地場産業を継承しながら新たな創意工夫が凝らされた「地場・伝統技術部門」の3部門があり、有識者による採点により認証製品を決めている。

 同展では、昨年約40件あった申請の中から認証された10製品を展示。他の事業所のロールモデルになるものとしては、ジュラロン工業(交野市)のモバイルマクロレンズ「ハルスコープ」と、ルカコ(豊中市)の抱っこひも収納カバー「ルカコ」の2製品を認証。「ハルスコープ」は、精密レンズメーカーが大阪大学フォトニクスセンターと共同企画したもので、ゆがみのない最大40倍の接写画像が撮影できるスマートフォン用のマクロレンズ。「ルカコ」は、子育て中の女性が外出時に抱っこひもをスマートに収納できるカバーを手作りしたことに始まったもので、販売開始から半年で100万個を売り上げた商品。現在は、育児中の女性を雇用し企画、縫製、発送までを自社で行っているという。

 地場・伝統技術部門では、堺刃物の技術と、すず、紫檀(したん)を柄に使い大阪の3つの伝統工芸を組み合わせた森本刃物製作所(堺市)の紙切包丁、アルスコーポレーション(同)の手帳にはさむことができる薄さ1.8ミリの超薄型はさみ、ガラス発祥の地・大阪の技術で薩摩切子を復興させた切子ガラス工芸研究所たくみ工房(大阪市)の「たくみ切子」/盃「あじろ」などの製品が並ぶ。

 クリエイティブワーク部門では、トーヨー電子製作所(枚方市)の電子部品を使ったロボット型キャラクター雑貨「マサノヴァアート CN-1」、大阪エース(摂津市)の男性の悩みに焦点を当てた石鹸「ANSWERSOAP」などを展示する。

 大阪府商工労働部 中小企業支援室 ものづくり支援課では現在、第5回大阪製ブランド製品を募集している。

 開館時間は、9時~19時(土曜・日曜・祝日は17時まで)。月曜、6月9日休館。今月12日まで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大阪市立中央図書館、江戸時代の「大坂の理系」テーマに連続講座 /大阪

 大阪市立中央図書館(大阪市西区北堀江4、TEL 06-6539-3302)5階の大会議室で7月9日から、江戸期大坂における理系分野をテーマにした連続講座「近世おおさか理系図鑑」が始まる。(なんば経済新聞)

 町人でありながら幕府の改暦事業の中心的役割を果たし、天文学の発展にも貢献した大坂の天文学者、間重富(はざましげとみ)の没後200年と、同館が所蔵する「間重富・間家関係文書」が今年重要文化財に指定されることを記念し、天文学などの理系分野に焦点を当て、江戸期大坂の魅力を4人の講師が語る同講座。

 同館では毎年、大阪に関する連続講座を開催しているが、「歴史や史跡をテーマにすることが多く、参加者は60代の方や文系の方が中心。若年層や普段あまり図書館を利用しない層にもアピールしようと考え、リケジョなど理系分野にも注目が集まっていることから、今回の連続講座のテーマを決定した」と、司書で大阪コーナー担当の綱脇真起さん。

 各回のテーマ(講師)は、第1回(7月9日)=「町人学者間重富と近世大坂の天文学」(大阪市立科学館学芸担当課長の嘉数次人さん)、第2回(7月16日)=「おおさかの薬業」(大阪歴史博物館主任学芸員の八木滋さん)、第3回(7月23日)=「筆算をひろめた大坂の知られざる天才の物語」(武庫川女子大学教授の丸山健夫さん)、第4回(7月30日)=「人気作家の舞台裏-歯科医師が描く時代小説-」(大阪在住の元歯科医で作家の上田秀人さん)。

 開催時間は14時~16時。入場無料。定員は各回ともに300人。第1回~第3回は当日先着順、第4回のみ往復はがきかインターネットによる事前申し込みが必要で、申し込み多数の場合は抽選。

以上引用
すごいことができる図書館。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。