暮らしにPlus  ‐美住食‐

子連れランチやおうちグルメやお取り寄せなどの美味しいもの
子連れでのお出かけ情報やオススメのグッズなどをご紹介しています。

My First PC 学びとITを考えるシンポジウム ~子どもの可能性を最大に引き出すためには?~ブログネタ:My First PC 学びとITを考えるシンポジウム ~子どもの可能性を最大に引き出すためには?~ 参加中
 

昨年、たまたまテレビを見ていた時に

小学生の低学年くらいの子どもたちがプログラミングを勉強している特集があって

今はすごい時代だなーなんて軽く思っていたらなんと

2020年から小学校でプログラミングの授業が必修になる予定がされているとか。

 

道理で我が家の近くにもプログラミング教室が出来ていたり

子供向けのワークショップでもプログラミングが多いなーと思ってたんですよね。

 

今まで子どもがパソコンを使うと言うとゲームとか遊びばかりがクローズアップされて

あまり長時間見せたくないとかマイナス的なイメージが多かったけど

これからはそういう時代じゃなくなるのかも。

 

そんなところもあって

「My First PC 学びとITを考えるシンポジウム 子どもの可能性を最大限に引き出すためには」

でとても興味深くお話を聞いてきました。

 

今回のシンポジウムの主催

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)の会長で

日本マイクロソフト株式会社執行役員常務である高橋美波氏が登壇し

多くの子どもたちにパソコンに触れて欲しい、そして国際的に活躍できる子どもたちが育ってほしいと発足された「My FirstPC」についてお話を伺いました。

 


 

今回のセミナーで聞いた話によると

数学や科学、問題解決力などそれぞれ比較したところ

6歳より早くマイパソコンをもった子は13歳以降で持った子より

点数がすべて高く子どもの知能に好影響を与えるという結果がでたそう。

 

高偏差値の中高生ほどマイパソコンを持っているんだとか~。

語学教育などでもよくいわれるけれど人の脳には臨界期というものがあって

子どもの脳の吸収力は抜群なんですねー。

 

色々な課題や問題にチャレンジ&トライしたり

多くのことを知ることはとても意味があるのかも。

 

小学生の子どもがいるママさんとお話していてもやはりゲーム問題に悩む部分もありつつ

ゲームのおかげで難しい感じを覚えたりプラス面もあると言う話を聞くと

道具は使いようでプラスにもマイナスにもなるんだろうなと思います。

 

マイナス面だけを考えて排除するより

プラス部分をとりいれながらマイナス面を抑えて活用するのが得策のような気がします。

 

パソコンのファミリー機能を使えば

有害サイトを事前に簡単ブロックできたり

有料課金サイトも事前に簡単にブロック

パソコンゲームの時間も簡単に管理できるよう使用時間を制限したりという機能もあるそう


IT化では遅れをとっていて

先進国の中では15歳以下の家庭パソコン利用率がとても低いらしい日本。

47か国中日本はナント46位

日本の子どものパソコン所有率は22%程度

イギリスなどでは75%もあるんだそう。

一方、子どもにマイパソコンを持たせたことへの満足度は

なんと90%!というお話を聞くと

実際に経験した人がそう感じるのなら価値はあるのかも。

勉強意欲がたかまったり、学習が楽しくなったり、効率的に勉強ができるようになったりというメリットに加え

情報収集力やITやデジタルへの理解、資料作成能力なども向上したと感じているそう。

 

 

この日のイベントでゲストとして登壇された

谷花音さんがプログラミング教育用端末チビビットを使ってプログラミングの体験をされたんだけれど

簡単な操作でできることに驚くとともに、これなら子どもたちも遊びの中で

体験し経験を積むことができるのかなと感じました。

自分が考えて作り出したものが動いたりする楽しさを幼いころから経験することって

大事なのかなと思います。

 

谷花音さんが自分が作ったプログラミングが動いたのをみた時に

手をたたきながらすごーい!と喜んでいた姿が印象的。

こんな経験の積み重ねが子どもたちを向上させるのかもと感じました。

 

 

そして脳科学者 中野信子さんのお話で衝撃的だったのが

マウスを使った実験で

生まれつき頭の悪いマウスの子どものうち

一方は狭いゲージで育てたマウスの子ども

一方は広い遊び場で育てたマウスの子ども

この2つのマウスの子どもは刺激の豊かな環境で育ったわけじゃないのに

生まれつき能力が高く生まれたんだとか。

 

すなわち母親の経験が子どもに「遺伝」するということなんだそう。父親の経験は遺伝しないらしい^^;

ってことは私の経験が娘に遺伝してるってこと??

これから先、娘の能力が低かった場合私責められないね~w

 

そして娘もいずれ母になる(?)ということは

娘の経験がその子に遺伝するってことだよね。

孫のためにも娘には沢山の経験をさせてあげることが大事ってことなのかな。

 

 

 

セミナーの中でお話があった

これからの子どもたちに必要なのは

「人工知能にとって代わられない力」

と言われたのがとても印象的。

 

これからの子どもたちに必要なのは

ただ暗記していく力じゃなく

自分で考え、アイデアや物を作り出せるような発想力

物事を解決する能力など様々な力が必要になってくるのかなーと感じます。

 

そんな能力を鍛えるために使う道具として

早い段階からパソコンと上手に付き合っていく力を付けることは重要かもと感じました。

 

今後の子どもとPCとの関係を考えるときにとても参考になるお話を聞けて

とても有意義な時間でした♪





My First PC

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

江崎グリコ様のご招待でパプリカオイルダイエット 東京セミナーに参加してきました。


私、パプリカ大好きなんですけど赤パプリカがこんなにすごい成分が凝縮されたお野菜だとは知りませんでした!


緑黄色野菜が体にいいという話は誰でも聞いたことがあると思うけど
その有効成分は活性酸素の除去力が高い「カロテノイド」

約750種類あるカロテノイドは2つのグループにわけられ
ひとつはβーカロテンやリコピンなどのカロテングループ
そしてもう一つはβークリプトキサンチン ルティン アスタキサンチンなどの<キサントフィル


パプリカキサントフィルは特に活性酸素の除去する力が強く細胞を老化から守ってくれたり
運動機能の向上や生活習慣病の改善効果もあるんだとか。

 

緑黄色野菜の中でもこのキサントフィルを含む野菜として
ダントツに含有量が多いのが赤パプリカなんですよ。
ニンジンの50倍、トマトの100倍!すっごい!赤パプリカ


そんな赤パプリカをすごく食べる国があるということで今回のセミナー会場は
白金高輪にあるハンガリー料理のお店

 

「Paprika.hu(パプリカ・ドット・フ)」

ハンガリー料理はパプリカを香辛料として多用するお国柄なんだそうで
こちらの店でもあらゆる料理に使われています。

 

ハンガリーのパプリカは見た目はまるでトウガラシのような形状
でも全然辛くなくホント美味しい

 

今回いただいた料理は


パプリカを使ったスープ グヤーシュ
牛肉やパプリカ&野菜を煮込んだスープでとても優しい懐かしい味がします。

 

サラダにもパプリカパウダー

 

そしてメインのパプリカチキン&ガルガシュ(パスタ)
チキンはほろほろと崩れそうなくらい柔らかく

パスタは日本で言うすいとんのようなつるっとした食感

ハンガリー料理って優しい味わいの家庭的な料理なんですね。

 

お初だったのでもっとくせがあるのかと思ってたのに以外でした。

パプリカ料理なのにパプリカが主張してなくて苦手な人でも全然食べれそうな感じ。

 


でもさすがに毎日毎日パプリカ料理を食べ続けられるほどレパートリーもないし

効果的にパプリカの有効成分をとるのにオススメなのが

グリコから6月15日に新発売になった

 

パプリカオイルダイエット

本品 31粒入り(約1カ月分)3600円
お試し 7粒入り(約1週間分)980円

 

赤パプリカの有効成分を丁寧に抽出したオイルを
ソフトカプセルに詰め込んだボタニカルサプリメント

この1粒に赤パプリカ1.8個分の成分を凝縮
1日にたった一粒飲むだけでOKなんですよ♪

 

若々しさや健康の維持に欠かせないキサントフィルを
しっかりととることができる天然素材のサプリメント

 

目指しているのはただのダイエットではなく健康と紹介されているように
ダイエットのサポートとしてだけではなく美容や健康にとってもよさそう。

 

 

お土産にパプリカオイルダイエットをいただきましたので

早速毎日1粒いただいています。

 

いつ飲んでもOKってことだったけど
日常の運動や活用したダイエットを目指す人にオススメのサプリメントということだったので
より活動する朝か昼に飲むのがピッタリかなーと思います。

 

最近太ったと夫に言われまくっているので
スイーツはほどほどにダイエットとシェイプアップに励もう!
&年齢的衰えも気になる身としては美容や健康にもピッタリな
パプリカオイルダイエットは一石二鳥♪

 

継続して長く続けるのがオススメってことなので
これから1カ月忘れないように継続したいと思います♪

 

 

*江崎グリコさまよりイベントに招待いただきました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

110年もの前から朝食を通じたこころとからだの健康を研究してきたケロッグの
ケロッグママ アンバサダープログラムのイベント

「朝食の大切さを学ぼう!ケロッグママ応援 食育イベント」に参加してきました。

朝食ってなに食べてます?
そもそも子どもたちちゃんと食べてくれますか~

 

朝食をとることってすごく大事
私は子どものころから朝食抜きなんてことはしたことがないタイプでしたが
朝食をとらないことの弊害はかなり大きい


ねむかったりだるかったり食欲がなかったりなんてことの原因も
朝食抜き時差ボケが原因の可能性が

人間の体はもともと24.5時間周期になっているそうで
少しずつ実際の24時間とのずれが生じてくるんだそうです。

それをリセットするのが太陽の光と朝食
目と腸に刺激を与えることが重要

 

朝食欠食は高血圧⇒脳出血リスクを高めるという
こわい研究結果も出ているそう。

朝食を食べない20~25歳の独身男性たちは小さいころの食生活習慣が起因しているという結果もあるそうで
小さいうちの朝食を食べる習慣っていうのはやっぱり大事ですよね。

 

子どもにとって大事な栄養
糖質、たんぱく質、脂質 ビタミン ミネラル 水分

 

これらをバランスよくとることを考えると理想的な朝食は


シリアル+牛乳+バナナ
なんだそう。


そんな子どもの成長を応援するべく日本初子供向けのグラノラ
「フロスティ成長応援グラノラ」が誕生

 

こだわりは
●「9種のビタミン」「鉄分」などの栄養バランス
●子どもの成長に欠かせない大豆由来の「たんぱく質」
●食べやすいパフ状食べやすいサイズ硬さのフルーツなど子どもの好む味と食感

実際に食べてみたけど美味し♪

 

子どもの脳の記憶力アップにはレシチンや大豆たんぱくが必須
カルシウムやミネラル、ビタミンをバランスよくとることは脳の成長を支えるんだとか

毎日食べたいシリアルだけどさすがにずっと同じだと飽きてきちゃう
変化が欲しいよねってことでとーっても美味しくて簡単にできちゃうメニューを教えていただきました。


ひとつはカレー風味の「フロスティ成長応援グラノラ」ジャーサラダ自家製ドレッシングを添えて


これはフロスティ成長応援グラノラにカレー粉をまぶして食べるジャーサラダ
カレー粉まぶしのグラノラの上にリーフレタス、ミニトマトバナナ、カシューナッツモッツァレラチーズをのせ
オリジナルの豆乳オリーブソースを加えて混ぜて食べるだけ

このカレー風味がすごくあう!一気にお食事味になるんですよ。


美味しくてびっくりした~
私的にはサラダにはバナナ抜きでいいかな。バナナは別に食べるw


もう一つは「フロスティ成長応援グラノラ」とソーセージのチーズ風味の簡単キッシュ
これもすごくおいしかった~

こちらのフロスティは粉チーズとこしょうを予めまぶします。


アルミカップにグラノラと具となるソーセージやグリンピースを入れキッシュ液を入れトースターで焼くだけ
これ朝食にもお弁当にもいいよね♪

枝豆やグリーンピースなどはスーパー育脳食品なんだそうで
子どもには沢山食べてもらいたい食材なので
「フロスティ成長応援グラノラ」と一緒に食べるとさらに栄養バランスがよくなりそうですよね♪


今までそのままおやつとして食べさせたりヨーグルトにかけたりと
ワンパターンだったけど
このサラダやキッシュは新メニューとして早速登場
家族にもとっても評判がよいです♪

 

お土産でいただいた子供向けのシリアルたち

娘はお気に入りでおやつにもこちらを食べさせたりしています♪

 

少しでも栄養を沢山とれるように日々の食事にも活用していきたいと思います♪

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。