困った時の応援子育てレッスン【不登校・療育・子育ての悩み】

困った時の応援子育てレッスン【不登校・療育・子育ての悩み】

NLPトレーナー&CFPの応援子育てトレーナー濱田環が、知的障がいのある息子を不登校から、学校トップの成績にした子育て法とやシングルマザーでもOKの教育資金について、分かりやすくお伝えします!

子どもの才能を見つけワクワクと応援できる親になれるように心とお金のことを書いています。

 

不登校をしている子どもさん、発達障がいをお持ちの子どもさん、シングルマザーのお母さんなど、あきらめないで子どもの夢を見つけて応援しましょうグー


子育て支援のお仕事されている方も、参加できます合格

モニターも同時募集

親子の心理学ベーシック講座

 

clover*個別セッション

マネーコンサルはシングルマザー初回半額ですニコニコ

手紙無料!特典付きメール講座

モニターはメルマガ会員限定サービスです

>購読はこちら


ポイント。おススメ記事

【まとめ記事】知的障がいがあっても、勉強が得意になれる!

【まとめ記事】わが子の不登校・克服物語

【まとめ記事】わたしが応援子育てにこだわる理由

連載中!シングルマザーの応援子育て


NEW !
テーマ:

小学一年生のときのわたしは、忘れ物が多かったそうで、校長室に呼ばれて怒られたことがあります。

 

 

それすら、大して悪いことだと感じてなかったのですが、親が担任からその話を聞いたようで、帰宅後

 

 

「あんた、忘れ物して校長室へ呼ばれるなんて、どないなってるん?」

と怒られました。

 

 

小学一年生なら、子どもの持ち物がちゃんとなっているか、親もチェックしますよね~。

 

 

うちの親は基本放置プレイ。

そういったことをしてもらった記憶はない。

 

 

ナンカ、理不尽やなパンチ!と思った。

 

 

とにかくムカついたので、それからは、ほぼ忘れなかったと思う。

自分で、ものすごくチェックするようにしたから。

 

 

わたしは、負けずギライなのか、否定されると、ガゼンやる気になる(笑)

 

 

ただ、そもそも

 

 

幼いとき、学校で勉強する意味も分かってなかったし、なぜ学校に通うのか分かってなかった。

 

 

授業がなんのためにあるのか、そもそも勉強する意味も分かってなかった。

 

 

だから、小学生時代は基本的に、窓見てボーっとしているか、友達に手紙書いていた(笑)

 

 

勉強する意味が分かったのは、小6の終わりごろだったな。

 

 

子どもに限らず、大人でも、目的が明確でなければ、適正な行動はとれません。

 

 

子どもが忘れ物をするとか、悪いことをするとか。

 

 

そういうことが起こっているときは、まず子どもと話をした方がいい。

 

 

子どもたちが日々学校で学んでいることが、ゆくゆくどういうことにつながっていくのか。

 

 

未来の子どもの視点から、今するといいベストな行動を、自分で選択できるように。

 

 

親がレールを敷いた通りの未来ではないことが、重要です。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


テーマ:

僕らは軌跡でできているというドラマが始まっていますね。

 

 

このドラマ、見ているとどうも、高橋一生さん演じる主人公、発達障がいに感じますねえ。

 

 

なぜって、うちの子とやることがめっちゃ似てる(笑)

 

 

でも公式には、そういうことは全く触れていないようですが。

 

 

ドラマの中で「最も嫌いな人が自分だった」と話すシーンがあります。

 

 

発達障がいを持つ子どもは、大人からの無理解によって叱責や、他の児童のからかいを受けることがあります。

 

 

これによって、自己肯定感を持てなくなる子も少なくない。

 

 

うちの子も、不登校をしていた頃はそうだったかもな~。

 

 

今となっては、自分が好きだし、自分を誇りに想っているようで、親としてはホッとするんだけどね。

 

 

人とチガウって、当たり前で

誰もが、チガウ。

 

 

だけど、そのチガウ部分で作られる価値観に、フツウと思っていた感覚そのものに、疑問を投げかける。

 

 

本当にそうなのかな?

って、チガウ角度でものごとをとらえることができる。

 

 

わたしも、子育てを通じて、考えさせられる機会がすごく多かった。

 

 

そして、彼らの行動を見ていると、どういうわけか、癒されるのも、確か。

 

 

ちょっとした動作に、思わず笑ってしまうことも、多々あります。

 

 

前クールのグッドドクターでも感じたけど、顔が似てないのに、やっていることが同じだと、息子と似ていると感じてしまう。

 

 

山崎賢人や高橋一生に似ているように感じるのは、わが家だけではないかもしれません(笑)

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


テーマ:

今年の保険料控除証明が届きました。

 

 

保険料の控除証明とは、年末調整もしくは確定申告の際に、生命保険などに支払った金額のうちの一部を所得から控除してもらうための証明です

 

 

この控除証明は、毎年基本的にどの保険会社も10月なかばに発送します。

 

 

生保以外では、損保もありますね。

地震保険料控除です。

 

 

損保会社に勤めていたときに、こんな電話を受けました。

 

 

「なんで控除額が5万円やねん。うちは2000万の家の保険に入っているのに、なんで2000万控除証明ださへんねん。お前の会社はインチキか。ぼったくりか」

 

 

お前こそ、アホかむかっ

 

 

心で叫ぶに留めた、ガマン強いわたしでした(笑)

 

 

まず、2000万の家の保険は、火災保険で2000万かけたとして、地震保険はその半分しか入れませんから、1000万が保険金額のはず。

 

 

さらに、地震保険料控除額は保険金額の証明ではなくて、年間に払った保険料のうち5万までを控除してくれる制度です。

 

 

もう一つ言うなら、保険会社が控除するのではなく、国が控除するんですね。

保険会社は契約者のために、証明してあげているだけ。

 

 

お角違いもいいところです。

 

 

でも控除証明について誤解している人は、結構いると思う。

 

 

だって、学校では習いませんしね~。

 

 

だから、10月から2月までは、保険会社にこの手の質問が殺到します。再発行依頼もめっちゃ多いです。

 

 

あと、混乱しやすいのが、年金保険などで受け取った証明(年金の支払調書)です。

 

 

同じ確定申告で必要な書類ですが、大手生保の営業職員の中には、残念ながら支払調書と控除証明の違いが分かってない人もいます。

 

 

支払調書は、保険会社がお客様に払った保険金の証明

控除証明は、保険会社にお客様が支払った保険料の証明

 

 

ほんま、ありえない話なんだけど、生保の営業職員はあんまり税務知識持ってない人が多いのが、現状です。

 

 

支払調書は、雑所得の計算に必要なものであり、つまりは所得の証明です。給料明細みたいなもんです。

 

 

でも、控除証明は、所得税、住民税を軽減するための所得控除であり、いわば割引クーポンみたいなもんです。

 

 

契約者がもらった書類が違うことに気づかず提出しちゃったら、当然不備になるケースもある。

 

 

だから、わたしは営業職員に頼むより、会社のカスタマーサービスなどで再発行依頼してもらう方をお勧めします。

 

 

10月にもらっても、会社員なら11月に会社に出すからいいけど、フリーランスの人や所得の高い会社員は確定申告なので、2月までに紛失しやすい。

 

 

わたしはこの手の書類は、会計用のファイルにすぐしまうようにしています。

 

 

生命保険は、新制度と旧制度があって、今ちょっとややこしい感あります。

 

 

でもそんなにむずかしい計算ではないので、一番多く控除できる組み合わせで、申告してくださいね。

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


テーマ:

こないだね、とあるランチ会にて、人間力が話題になりました。

 

 

人間力って、元々あった言葉ではなくて、いつのまにか発生した言葉らしいです。

 

 

そこで内閣府が「社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力と定義したい」と発表しているそうです。

 

 

わたし、人間力ないと思っていたんですよ。

 

 

その理由は「人を引き付ける魅力みたいなもの」と勝手に定義していたからにすぎず、内閣府の定義が正当だとすれば、あるのかも。

 

 

でね、このとき、すごく色んな意見が出た。

 

 

それぞれの考えている言葉の定義って、ほんま様々なんですよ。

 

 

NLPでは、地図は領土ではない、という重要な前提があって、「言葉の定義する世界観は人それぞれ違うんだよ」と教えてくれています。

 

 

つまり、たとえば辞書ではこう定義されているとしても、自分がこう思う、というものがあれば、それはテストじゃ✖かもしれないけど、自分の世界観で見れば✖ではないってこと。

 

 

先日、ある男性に「上品ですね」と言われました。

 

 

はあ?

そんなこと、生まれてこの方一度も言われたことないよ(笑)

 

 

「そんなふうに見えましたか?」

と聞いてみると

「いや、女性にそういえば、外れないかと思って」

と返ってきた。

 

 

何、言うとんねーん!

そんなん言われても、うれしないわパンチ!

 

 

上品という言葉が持つ世界観を、わたしが望んでいればうれしいわけよ。

 

 

でも、わたしはそんなんうれしいキーワードではない。

 

 

じゃあ何がうれしいか、っていうと

「ほんま、仕事できるな~」

「頼りになるわ~」

「ほんま、頭いいなあ」

とか、言われた方がうれしいかな。

 

 

自分のめざすものや、自分の鍛えていること、大事にしていることを、ほめてもらうのは誰でもうれしい。

 

 

だけど、そうではないことを当たり障りなくほめたって、喜ばれません。

 

 

言葉が持つ世界観は、人それぞれ。

 

 

だからこそ、その人の内側の声を聴こうとしないと、トンチンカンなほめ言葉で、しらけさせてしまうかもしれませんよ。

 

 

さて、冒頭の人間力について補足ですが、これからの時代子どもたちにこの人間力を付けさせなければ、ということで動いているようです。

 

 

AIに負けない人材になるには、どうやら必須の力と捉えているようですね。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


テーマ:

この記事は、日本ブログ村ランキングで1位を獲得合格

 

 

 

企業で働く人は、会社のグチやうっぷんが溜まっている。

特に、人間関係のグチが多いように感じる。

 

 

たぶん、社内でもグチを言い合っているんだろうけど、社外の人(家族や友人など)にも、同じことを言っている。

 

 

同じことばかり言い続けて、それで

「辞めたいわー」

と最後には言う。

 

 

で、何か月かして会うと、まだ同じことを言っている人もいる(笑)

 

 

辞めたいんやったら、さっさと辞めたらいいやんかー。

辞めたいわーっていう相手まちがってる。

 

 

それ、上司に言わんと。

 

 

辞めたいくらいイヤなことがあっても、辞めない理由は、辞めるよりもイヤなことが起こるからです。

 

 

例えば無職になるとか、転職できないとかでお金に困る。

あるいは、自分のキャリアを失い、ただの人になるのがイヤ。

 

 

結局は、大嫌いな会社のお金や、与えられたポジションに守られていることのメリットの方が大きいって、分かっているから辞めないわけですね。

 

 

会社員時代、わたしが営業をしていたときは、超大手の会社の人間だというだけで、門前払いをくらったことはない。

 

 

アポなし訪問しても、たいてい応接室には入れたし、銀行の支店長とコーヒータイムを楽しんでいた(笑)

 

 

だけど、退職すれば、どこの馬の骨か分からんただの女です。

 

 

起業して、営業に行くと、相手にしてもらえず、話も聞いてもらえないなんてことは、よくあります。

 

 

文句はあるけど、恩恵を受けている方を選ぶんなら、黙って働いたらいいねん。

 

 

辞めるか、辞めないかは人に相談するんじゃなくて、自分の内側に聴いてみたらいいんです。

 

 

答えはおのずと出てきます。

 

 

文句やグチばっかり言ってる顔なんか、美しくないしね。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス