ゲイムマンの日本縦断紀行

ゲイムマンの日本縦断紀行

ゲーセンでゲームをプレイし、1面クリア毎に増える“ゲーム路銀”を交通費にして日本縦断を目指す「ゲーセン紀行」でしたが、ゲーセン巡りよりも、普通の観光旅行の方が主になってしまいました。

現在このブログ上でゲーム『香川県からの脱出』を制作・配信中。

『脱出ゲーム 香川県からの脱出』に登場する歴史上の人物を訪ねる旅。
尾崎放哉さんにゆかりのある、須磨寺にやってきました。

 

 

 須磨寺 ('23.12.24)

 


1184年(寿永3年)の、一ノ谷の戦いで討たれた、平敦盛の銅像がありました。
手前の紅葉との、色の組み合わせが美しく感じられますが、同時に、はかなさも感じられます。


敦盛の像があるということは、もちろん源氏方の熊谷直実の像もあります。

 


平家物語の有名な一場面、「敦盛の最期」を再現。
一ノ谷の戦いの大勢が決し、平清盛の甥にあたる敦盛は、馬に乗って海に逃れ、沖で待つ総大将・平宗盛の船に向かっていました。
それを見つけたのが熊谷直実。敦盛に向かって、「大将が敵に後ろを見せて逃げるとは卑怯でございましょう」と叫び、一騎打ちを所望します。
これに応じて敦盛は岸に戻ってきますが、歴戦の猛者である直実に、あっという間に組み止められました。

 


直実は敦盛の首を斬ろうとしましたが、ここで相手がまだ16歳か17歳くらいの若者、しかも美少年であることに気づいてとまどいます。
直実の嫡男(熊谷小次郎直家)も同じくらいの年齢だったこともあり、「自分が彼を討ったら、彼の父親が悲しむだろう」と思ってしまいます。
彼1人を討とうが討つまいが、戦の大勢に影響はなく、直実は敦盛の命を助けたいと思ったのですが、そこへ味方の土肥実平や梶原景時の軍勢が近づいてきました。
こうなると、逃がしたところで敦盛がほかの誰かに討たれることは必至。やむなく直実は、泣きながら敦盛の首を斬りました。

 

後年、熊谷直実は、法然に弟子入りして出家しています。『平家物語』では、敦盛を討ったことによって、直実に、出家をしたいと思う気持ちが強まったとしています。

織田信長が桶狭間の戦いの前に舞ったと伝わる、幸若舞(こうわかまい)の『敦盛』は、この平敦盛の最期を題材としたもの。「人間五十年……」のくだりは、熊谷直実が出家したときの言葉として書かれています。

 

 

平敦盛が討ち取られたときに持っていたという「青葉の笛」(平家物語では「小枝」(さえだ))が、宝物館に展示されていました。青葉の笛と同じく敦盛が持っていたと伝わる「高麗笛」という細い笛とともに、厨子に納められています。

現在この宝物館は入館無料ですが、江戸時代には拝観料を取っていたようで、松尾芭蕉が「須磨寺の笛は拝観料に見合わない」と書いた手紙が遺っているそうです。

 

そのほか、宝物館に展示されているのは、敦盛と直実の画像や錦絵、直実が出家後に作ったという敦盛の像。
直実が敦盛の母衣(ほろ)に書いたという「南無阿彌陀仏」の名号。法然上人直筆と伝わる「南無阿彌陀仏」名号。
武蔵坊弁慶が、戦場で軍の統制をとるために使うべく、長刀に引っかけて運んできたという鐘。

 

現在の本堂を建てた、片桐且元が揮毫した扁額。運慶作と伝わる鬼面。鰐口。敦盛と直実の文楽風人形。
重要文化財・南北朝時代の絹本著色普賢十羅刹女画の複製。
須磨寺ゆかりの「一絃琴」。1枚の板に1本だけ絃が張られた琴で、在原行平(六歌仙・在原業平の兄)が一時、須磨に流されたとき、その場にある材料で作ったのが始まりとされています。

 

宝物館の隣の部屋は「小石人形舎」。小石人形は木島武雄氏という方の作品で、小石を人の体に見立てて、須磨寺の歴史、百人一首、一ノ谷の戦いなどを表現しています。

 

須磨寺

 



鉄道コム

 

(続く)

 

※『脱出ゲーム 香川県からの脱出』のヒット祈願で、ゲームの登場人物ゆかりの地を巡る旅は、以前にも何度か行なっています。よろしければこちらも御覧下さい。

 

JR大津駅 瀬田の唐橋 建部大社(日本武尊) 建部大社、琵琶湖線 大阪駅となんば駅 南海・浜寺公園駅 阪堺・浜寺駅前駅と浜寺公園 夜の浜寺公園と堺市

 

JR阪和線・東羽衣支線 大鳥大社(前編)(日本武尊) 大鳥大社(後編) 仁徳天皇陵 堺シャトルバスなど 阪神なんば線 阪神本線、神戸三宮

 

(※関西・岡山ダイジェスト) 大津・建部大社と堺・大鳥大社(日本武尊)、神戸・須磨寺(尾崎放哉) 岡山・吉備津神社と吉備津彦神社(桃太郎) 安倍晴明神社と、あべのハルカス、道頓堀、特急ひのとり

 

 

池上駅 池上本門寺(日蓮) 矢口渡駅、蒲田の屋上観覧車 武蔵新田駅から新田神社(1)(新田義興、平賀源内) 新田神社(2) 新田神社(3)

 

東急&相鉄新横浜線&相鉄・JR直通線 緑園都市駅&ゆめが丘駅 藤沢本町(源義経) 辻堂駅・テラスモール湘南(前編) テラスモール湘南(後編) 片瀬江ノ島駅

 

多磨霊園(前編) 多磨霊園(後編)(大平正芳、大川博、菊池寛) 虎ノ門の金刀比羅宮 神田明神・将門塚(平将門) 東寺(空海) 白峯神宮(前編)(崇徳天皇) 白峯神宮(後編)(崇徳天皇) 晴明神社(安倍晴明) 北野天満宮(菅原道真)

 

ゲームブック風アドベンチャーゲーム『脱出ゲーム 香川県からの脱出』はこちらから。


※これまでの「日本縦断紀行」はこちら。

 


SUZURIでTシャツやサコッシュなどを販売しています。
「高感度人間HSP」

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 




人気ブログランキング

 

 

 南小樽 ('02.2.9)

 


南小樽駅から運河沿いまで出て、小樽駅まで歩くことにしよう。
現在、2時27分。今日東京に帰る予定なので、北斗星2号に間に合うよう、3時半くらいには小樽駅に着きたい。

 


小樽運河の南側。
悪天候でもご覧のとおりの人出。

 


この写真でも、雪が舞っているのがよく見える。
えらい行軍になった。
雪まみれになりながら、何とか小樽駅にたどり着く。
駅の大時計は、3時17分を指していた。

 



鉄道コム

 

 小樽

 

札幌まで\620(ゲーム路銀 -\4,910-\620=-\5,530)。
結局、おとといの札幌スタート時点に比べて、若干マイナスが増えた。
3時34分の普通列車、千歳行きに乗る。快速エアポート用の車両だった。

 




海のすぐそばを走る。
写真には写っていないが、銭函付近の海岸で、サーフィンしている人がいた。
この天気の中で、スゴい。

 

 札幌

 

4時24分、札幌駅着。
たらばがに弁当と飲み物とお菓子と明日の朝食用のパン(メロンパンとクリームパン)を買い込んだ。寝台列車に乗るには、これくらいの備えが必要だ。
本当は、本も1冊買いたかったが、どうも読みたいものがなかった。

 


さて今回は、北斗星のB寝台個室「ソロ」が予約できた。
個室といっても普通のB寝台と同料金だし、カプセルホテルくらいの広さかな、と思ってたら、

 

あらま、思ったより広いじゃあーりませんか。
(昨日の小樽よしもとの影響をまだ引きずっている)。
ちゃんと座れるし、立てる。収納もあるし、テーブルもある。
ノートパソコンを持ってきたら、十分に仕事できそうだ。
ツカサのワンワンオフィスにベッドをつけた感じ……といっても、わかる人は少ないか。
5時13分、札幌駅を出発した。
まだそんなに遅くないので、それぞれの街で窓から見える街明かりがきれい。

 


9時39分、函館駅に停車中。

 

10時半くらいから眠くなってきたので寝る。
夜が明けたころ目を覚ますと、先行するカシオペア号の車両故障のため、しばらく停車するというアナウンスが。
結局40分ほどストップしたが、かえって寝る時間が増えて良かった。
帰りじゃなかったら、こうノンキなことも言ってられなかったかもしれないけれど。

 

何度か寝たり目を覚ましたりを繰り返しつつ、気が着いたら宇都宮まで来ていた。
正規ダイヤから38分遅れの10時13分、上野駅に到着した。

 

現在のゲーム路銀
-\5,530

 

 

 

(続く)

 

小樽観光協会 おたるぽーたる JR北海道

 

 

※最近の「日本縦断ゲーセン紀行」はこちら。

 


SUZURIでTシャツやサコッシュなどを販売しています。
「高感度人間HSP」

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 




人気ブログランキング

 

 

 小樽 ('02.2.9)

 

引き続き、小樽の市街地を歩く。

 


旧手宮線跡。
雪の下に、レールが延びているのがわかる。
街の北にある小樽交通記念館が、かつて手宮機関庫だった所。

※小樽交通記念館は小樽市博物館などと統合されて小樽市総合博物館となり、旧・小樽交通記念館が「本館」、旧・小樽市博物館が「運河館」となっています。
小樽市総合博物館

 


ハローワーク前にあった巨大な雪像はハロー……

 

 

色内大通りに戻って、さらに南東へ歩く。
いつのまにか、通りの名前が「堺町通り」に変わり、人通りが増え、観光客向けのお店も増えてきた。
雪は相変わらず降り続いていて、寒い。

 


北一(きたいち)ヴェネツィア美術館に入ろう。
(入館料\700)

 

ここはガラス作品を中心に、中世ヨーロッパの貴族の暮らしを再現した博物館で、貴族の部屋が再現されている。
チャールズ皇太子とダイアナ妃が乗ったという国賓用ゴンドラもあった。
展示された婦人用ドレスは、上半身のシルエットがセクシー
思わず抱きしめたくなる気さえ起きる。

北一ヴェネツィア美術館

 


こちら有名な、北一硝子(ガラス)三号館。
北一硝子の建物は、この周りにもたくさんあるが、この三号館は、ニシン倉庫を転用したさきがけとして名高い。
小樽に、昔の建物が数多く残っているのは、この三号館が成功したからだという。

 

階段や2階の床の木が、歩くたびにミシミシいうのが、年代を感じさせて良い。
ただ、せっかくこれだけ有名な場所なんだから、「北一硝子」のロゴか、三号館の建物の絵を、小っちゃなガラス板に刻んで、ストラップにでもして売れば、けっこう売れるんじゃないかなと思った。

 

 

北一硝子のホームページはこちら

 


四つ角にアンティークな外観の観光施設が並ぶメルヘン交差点。
いきなり向かい側の時計から、大きな汽笛の音が鳴ってビックリ。

 


これがその時計。
ここに来たのが、ちょうど午後1時30分だったのだ。
「キンコンカンコーン」ならぬ、「ポーパーパーポー」という音がユニーク。
高さ5.5メートル、世界最大の蒸気時計だ。
写真では見づらいかもしれないが、時計の中から白い煙が吐き出されている。

 


こちらの写真のほうが、煙がよく見えるかも。
時計の後ろの建物は、小樽オルゴール堂。
石の倉庫と木の倉庫がひと続きになっている。
中に入ると、木の倉庫側の、吹き抜けの天井から釣り下がったオーナメントがきれい。

 

近くのオルゴール堂2号館・アンティークミュージアムでは、大型のアンティークオルゴールを展示。
自動演奏パイプオルガンの奏でる音色が心地良い。
小樽オルゴール堂のホームページはこちら

 

 

 



鉄道コム

 

すっかりくつろいで、外に出てみると……、
嵐になっていた。

 

 南小樽

 


南小樽駅。
両サイドの駅が個性的なのに比べると、意外なほどシンプル。

ただ、コンビニが併設されているのはありがたい。
そろそろカメラのフィルムがなくなりそうだったのだ。
佐藤藍子さん似の店員さんからフィルム買う。

 

「北斗星B寝台ソロで帰る」へ続く)

 

小樽観光協会 おたるぽーたる JR北海道

 

 

※最近の「日本縦断ゲーセン紀行」はこちら。

 


SUZURIでTシャツやサコッシュなどを販売しています。
「高感度人間HSP」

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 




人気ブログランキング