ゲイムマンの日本縦断紀行

ゲイムマンの日本縦断紀行

もともとは「ゲームセンターでゲームをプレイして、1面クリアするごとに、1プレイ分の金額と同じだけ増える“ゲーム路銀”を交通費にして日本縦断を目指す『日本縦断ゲーセン紀行』」……だったのですが、ゲーセン巡りよりも、普通の観光旅行の方が主になってしまっています。

脱出ゲーム 新入社員・江須恵(えすけい) 例のプールに閉じ込められた!
リリースしました! 【例のプール】を舞台とした、実写の脱出ゲームです。

iPhone版はこちら

Android版はこちら


新しいブログを始めました!
【鉄道のるべみるべ】

(ひたちなか海浜鉄道各駅探訪など)

三井寺(みいでら)('19.4.10)

 

カメラの電池に不安を抱えつつ、今日最初の目的地へ。
大門の前から右へ進む。
圓満院門跡。

 

圓満院は987年(寛和3年)、村上天皇の皇子・悟円(致平)親王の開基と伝わる。
最初は平等院という名前だったが、1052年(永承7年)、藤原頼通が宇治にある父・道長の別荘を寺院にする際、平等院の明尊大僧正が開山、悟円親王の子・永円親王が初代院主となり、こちらの寺院が新たに「平等院」となった。
このとき明尊により、元の平等院が「圓満院」と名づけられたそうだ。

 

入口に不動堂があり、その奥に、

 

宸殿(しんでん)の車寄せ。

宸殿は1620年(元和6年)、徳川秀忠の娘・和子が、後水尾天皇の后となったとき、京都御所に建てられた。
その後1647年(正保4年)に圓満院が譲り受け、移築された。重要文化財。

 

さらに奥にある受付から、宸殿の中に入れる(入場料¥500)。
杉戸絵とか、欄間の透かし彫りとか、さりげない装飾がいかにも高貴な建物らしい。

 

庭も素晴らしい。
雨粒が池を打つ音が、より一層の静けさを引き立てる。
緑の中で、山桜が鮮やか。

 

この庭園は、相阿弥(そうあみ)の作と伝わる。
相阿弥は室町時代の絵師で、今で言う美術鑑定士として足利義政に仕えた。

 

庭の山桜を撮ったとき、遂にカメラのバッテリーが切れてしまった。
警告が出てから早い。

 

宸殿内には玉座の間がある。後水尾天皇がこの玉座に座したという。
宸殿の各部屋の障壁画は現在、京都国立博物館が所蔵している。

 

いったんバッテリーが復活した。
石垣の上に建つご本堂。外廊下から参拝する。

 

大津絵美術館へ。隣の建物の2階にある、畳敷きの部屋。

 

大津絵は江戸時代初期から大津の宿場町で売られてきた絵画で、最初は縁起物の仏画が中心だったが、やがて題材が世俗的になり、風刺画が多くなった。
(この写真は以前撮った、びわ湖浜大津駅の「鬼の寒念仏」と「藤娘」)

 

大津絵の代名詞的存在の、鬼の寒念仏や藤娘にも、いろいろバリエーションがあって面白い。特に鬼の顔。
鬼念仏は本来、「形だけ念仏を唱えているけど中身が鬼」という風刺画なのだが、どの鬼も憎めない、愛敬のあるキャラクターになっている。

 

大正時代の大津絵の版画も多数並ぶ。
どれもユーモラスな絵だが、教訓や風刺の意味が込められているものが多い。
戎さんや鍾馗さん、もちろん仏様のような縁起のいい画も。

 

現在、丸亀の美術館に所蔵品を貸し出しているそうだが、それでもこれだけ多くの、さまざまな絵が見られて良かった。

 

圓満院門跡

 

びわ湖大津観光協会  びわこビジターズビューロー(滋賀県)

JRおでかけネット(JR西日本)  京阪電気鉄道

 

※旅のマップはこちら

 

※これ以前の「日本縦断ゲーセン紀行」はこちら。
第229回 旅先で初めての凡ミス(三井寺→大津京)
第228回 華やかな桜と寺と遊覧船(びわ湖浜大津→三井寺)
第227回以前


大津(第224回~)
八日市、野洲~草津(第222回~)
テーマ別記事一覧

 

【鉄道のるべみるべ】

(ひたちなか海浜鉄道各駅探訪など)

 

スマホ用無料ゲームを作っています。

脱出ゲーム 新入社員・江須恵(えすけい) 例のプールに閉じ込められた!

iPhone版はこちらからダウンロードできます!

Android版はこちらから!

 

 

京都('19.4.10)

 

2019年4月10日。ちゃんとアラームをセットし直したのに、いったん昨日と同じ7時45分に目が覚めてしまう。
二度寝してあらためて8時半起床。睡眠6時間。

 

天気予報どおり、今日はかなりの雨。真冬並みに寒いらしい。

 

フロントに恐竜ロボットがいる「変なホテル」をチェックアウト。

 

 

京都駅のマクドナルドでてりたまマフィンを食べた後、今日から泊まるホテルに荷物を預け、再び京都駅へ。

 

ダイヤが乱れまくって、琵琶湖線の普通・米原行きに乗ったのは10時45分。
山科で京津線に乗り換えるが、次のびわ湖浜大津行きは11時10分。17分待ち! 昨日の待ち時間より長い。

 

11時23分、びわ湖浜大津駅着。

 

ここでトイレ休憩する。何で山科で行っておかなかった。
今日のスタート地点はびわ湖浜大津駅だが、ひと駅だけ電車に乗ろう。
昨日は歩いた区間だけど、今日は雨が降ってるし。
11時36分発、石山坂本線の坂本比叡山口行きに乗る。

 

電車は「響け!ユーフォニアム」のラッピング車両だった。
私はアニメに詳しくないので、水野裕子さんが好きな作品ということだけ知ってる。

 

(※「響け!ユーフォニアム」のアニメ化を行なったのは京都アニメーションなので、今この写真を見ると、また違う感情が湧いてくる)

 

路面区間を通って、11時38分、三井寺駅着。

ゲーム路銀 ¥2,330-¥170=¥2,160

 

びわ湖浜大津~

三井寺(みいでら)

 

駅から昨日と同じ三井寺を目指す。

 

今日も琵琶湖疏水の桜はきれい。

 

三井寺の大門前の桜も。昨日より車は少ない。

 

しかしここに来て、カメラの電池が切れそうになる大ピンチ発生。
乾電池じゃないので、ホテルに戻るまで補充できない。

 

びわ湖大津観光協会  びわこビジターズビューロー(滋賀県)

JRおでかけネット(JR西日本)  京阪電気鉄道

 

※旅のマップはこちら

 

※これ以前の「日本縦断ゲーセン紀行」はこちら。
第228回 華やかな桜と寺と遊覧船(びわ湖浜大津→三井寺)
第227回 もうすぐ春が訪れる(大津京→びわ湖浜大津)
第226回以前


大津(第224回~)
八日市、野洲~草津(第222回~)
テーマ別記事一覧

 

【鉄道のるべみるべ】

(ひたちなか海浜鉄道各駅探訪など)

 

スマホ用無料ゲームを作っています。

脱出ゲーム 新入社員・江須恵(えすけい) 例のプールに閉じ込められた!

iPhone版はこちらからダウンロードできます!

Android版はこちらから!

 

三井寺(みいでら)('19.4.9)

 

ここが春の琵琶湖疏水のフォトスポット。
桜のトンネルの下に、まっすぐな水の流れ。
水門の先の水路は、京都へと続いている。

 

琵琶湖疏水のこの区間は、1890年(明治23年)に開通した。
琵琶湖の水を京都へ送るとともに、水力発電も行ない、かつては水運にも使われた。

 

三井寺駅に戻ってきた。今日も浜大津アーカスのラウンドワンに行こうと思うが、行きと同じく電車には乗らず、歩いてびわ湖浜大津駅へ向かう。

 

びわ湖浜大津

 

来たときと同じ道を通って、びわ湖浜大津駅に到着。

 

ペデストリアンデッキを通って浜大津アーカスへ。

 

今日のお昼に乗った外輪船ミシガン号が、大津港に停泊している。

 

ちょうど、夜の「びわこ花噴水」の時間だった。

 

前回も来た、ラウンドワン浜大津アーカス店へ。
またまた「太鼓の達人」をプレイしようと思うが、このゲームは私が前回ブルーVer.をプレイしてから間もなくアップデートされ、今回はグリーンVer.になっていた。
ここでのプレイ金額は以前と変わらず、4曲¥100。

 

まずはこのグリーンVer.から入った新曲、「世界はあなたに笑いかけている」(Little Glee Monster)をプレイ。
もちろん今回もふつうモード。

 

 

次にプレイするのは、「ワールズエンド・ダンスホール」。
作者のwowakaさんが4月5日に亡くなられたという発表があったばかりで、哀悼の意を込めてこの曲をプレイ。
しかし初見だとふつうモードでもけっこう難しかった。

 

 

3曲目は「ルカルカ★ナイトフィーバー」。
この曲を作ったsamfreeさんも若くして亡くなられており、その頃にこの曲をプレイしたのを思い出して、ここでもまたプレイしてみた。

 

 

最後は米津玄師さんの「Lemon」。
単純に、wowakaさんと同じくボカロP出身だからという軽い理由で米津さんの曲を選んでみたけど、この流れの中で「Lemon」を聞いたら、泣きそうになった。

 

 

30代で亡くなる方がいる一方で、軽い体調不良を繰り返したり、1月に失神を起こしたりしながらも、大した実績もなく40代後半まで生きてる自分は、なぜ生かされているのだろうか?

 

ゲーム路銀 ¥2,030-¥100+¥400=¥2,330

 

まだ午後7時を過ぎたばかりだけど、下の階で早めに晩ごはん。オムライス。
そういや昼もオムライスだったか。
外はすっかり暗くなり、花噴水が良く見える。

 

ケチャップオムライスに満足。さあ駅に戻ろう。

 

浜大津アーカス

 

びわ湖浜大津駅着、午後7時59分。今日はここで終了、続きはまた明日。
8時4分発の太秦天神川行きに乗って、ホテルのある京都まで戻る。
朝もこのくらいの待ち時間で来てほしかった。
山科で乗り換えて、8時27分、京都駅着。

 

びわ湖大津観光協会  びわこビジターズビューロー(滋賀県)

JRおでかけネット(JR西日本)  京阪電気鉄道

 

※旅のマップはこちら

 

※これ以前の「日本縦断ゲーセン紀行」はこちら。
第228回 華やかな桜と寺と遊覧船(びわ湖浜大津→三井寺)
第227回 もうすぐ春が訪れる(大津京→びわ湖浜大津)
第226回以前


大津(第224回~)
八日市、野洲~草津(第222回~)
テーマ別記事一覧

 

【鉄道のるべみるべ】

(ひたちなか海浜鉄道各駅探訪など)

 

スマホ用無料ゲームを作っています。

脱出ゲーム 新入社員・江須恵(えすけい) 例のプールに閉じ込められた!

iPhone版はこちらからダウンロードできます!

Android版はこちらから!

 

三井寺(みいでら)('19.4.9)

 

引き続き、三井寺の観音堂(南院札所伽藍)。

 

観音堂からさらに階段を上がると、展望台がある。
滋賀県警察官忠魂碑、大津そろばんの碑などが並ぶ。
ここから見る景色がまた素晴らしかった。

 

琵琶湖がよく見える。
松尾芭蕉、正岡子規から、皇太子時代のニコライ2世まで、さまざまな人物がここからの景色を眺めたという名所。

 

南院札所伽藍越しに、皇子山陸上競技場まで見えるとは思わなかった。

 

展望台に咲く桜もきれいだった。

 

観音堂前へ戻り、諸堂を拝観する。
百体堂には、西国三十三ヶ所、坂東三十三ヶ所、秩父三十四ヶ所の、合わせて百観音がまつられている。

 

あと、こちらにも鐘楼があった。
ここの鐘にも伝説がある。僧侶たちが鐘を鋳造する資金の寄付を町の富豪に願ったが、
「うちには金などない。子供なら寄進できるほどいるが」と言われて断られた。
後日、無事に鐘が出来上がると、そこには3人の子供の姿が浮かび上がっており、同時に例の富豪の子供3人が、行方知れずになったそうだ。
なお、このときの鐘は第二次世界大戦の際、金属供出により失われた。

 

「漫画家による仏の世界展」という特別展が開催されていた。
いろんな漫画家さんが描いた仏教画が展示されているようだが、午後4時終了のため、残念ながら見られなかった。
「仏の世界展」は各地を巡回して行なわれているそうなので、いずれ機会があれば。

 

漫画家による仏の世界展

 

長い石段を下りて、薬師如来をまつる水観寺の前で午後5時を迎える。
閉まる途中だったが、手を合わせることはできた。

 

受付から外へ出る。ここから無料エリアらしい。

 


護法善神堂に、門の外から手を合わせる。

 

園城寺(三井寺)

 

時間が中途半端だったので、何か食べてくか、このまま歩くか凄く迷ったが、結局大門前の食堂で「力餅」を食べた。
串に刺してあって団子っぽいけど、柔らかいきな粉餅。ほどよい甘さ。

 

午後6時少し前。帰りは琵琶湖疏水を目指して南へ進む。
大門前から東へ向かう参道よりも、道は広いし、桜がきれい。

 

ガス灯も風情がある。

 

三尾神社の前を通ると、琵琶湖疏水に出た。

 

水門が見える。

 

疏水に沿って歩くと、その先の橋に人々が集まっていた。

 

びわ湖大津観光協会  びわこビジターズビューロー(滋賀県)

JRおでかけネット(JR西日本)  京阪電気鉄道

 

※旅のマップはこちら

 

※これ以前の「日本縦断ゲーセン紀行」はこちら。
第228回 華やかな桜と寺と遊覧船(びわ湖浜大津→三井寺)
第227回 もうすぐ春が訪れる(大津京→びわ湖浜大津)
第226回以前


大津(第224回~)
八日市、野洲~草津(第222回~)
テーマ別記事一覧

 

【鉄道のるべみるべ】

(ひたちなか海浜鉄道各駅探訪など)

 

スマホ用無料ゲームを作っています。

脱出ゲーム 新入社員・江須恵(えすけい) 例のプールに閉じ込められた!

iPhone版はこちらからダウンロードできます!

Android版はこちらから!

 

三井寺(みいでら)('19.4.9)

 

勧学院の塀から見越す桜。

 

微妙寺の桜。このお寺の中も参拝可。

 

微妙寺の向かいに、三井寺文化財収蔵庫があった。2014年に開館した、真新しい建物だ。
入館は午後4時まで可能。現在、午後3時50分! ぎりぎり入れる!(入館料¥300)

 

勧学院客殿の障壁画(狩野光信筆)を中心に、貴重な仏画仏像を展示。
数は多くないが、それぞれ素晴らしい。
ふすま絵の展示がメインということもあって、館内の雰囲気そのものが、穏やかかつ厳かな感じ。

 

入口では三井寺のキャラクター「べんべん」のグッズを販売中。
明らかに弁慶がモデルなんだけど、弁慶は三井寺と対立していた頃の延暦寺の僧……。

 

文化財収蔵庫を出て、どことなくユーモラスなお地蔵さんが並ぶ道を歩く。

 

三井寺では珍しい極彩色の毘沙門堂(重要文化財)。

 

十八明神社という小さなほこらには、「ねずみの宮」という別名がある。
「太平記」によると、白河天皇からの要請で、三井寺の頼豪という阿闍梨が皇子誕生を祈願して、間もなく敦文親王が生まれた(1075年・承保元年)。
褒美として白河天皇は、三井寺に戒壇道場の建立を認めた。
これで三井寺は独自に僧侶を育てることができるようになるはずだった。

 

ところが比叡山の強訴で、この勅許が取り消されてしまう。
(まさに「賀茂川の水、双六の賽、山法師」の「山法師」である)
怒った頼豪は断食して命を絶ち、その怨念が8万4千匹ものネズミ(鉄鼠)と化して比叡山に押し寄せ、経典や仏像、堂塔を食い荒らしたという。
(「平家物語」では生まれた皇子もネズミに呪い殺されたことになっているが、史実では敦文親王は、頼豪よりもかなり前に死去している)

 

十八明神社は、この鉄鼠の霊をまつっていると伝えられ、それで比叡山の方角を向いているのだそうだ。

 

観音堂は、西国三十三観音霊場の第14番札所。現在の建物は1689年(元禄2年)に再建。
この観音堂を中心とする一帯には、江戸中期から後期にかけて諸堂が建てられ、「南院札所伽藍」を構成する。

 

観月舞台の背景が、桜で埋め尽くされている。

 

琵琶湖の方向を見ても、視界いっぱいに桜。

 

隣の絵馬堂からの眺めがさらに良かった。
桜の花越しに、ちょうどいい感じで琵琶湖が見える。
びわこ競艇場の水面のあたり。掲示板も見えた。

 

観音堂の中へ。ここの御本尊も秘仏で、33年ごとに御開帳される。
平安時代に彫られた、一面六臂、つまり腕が6本ある如意輪観音坐像だそうだ。

 

観音堂の内陣も拝観した(拝観料¥300)。
参拝所に下がっている布が、御前立の観音様とつながっているのが見えた。
石山寺の御本尊から綱が伸びているのと似た形。
そういえば石山寺の御本尊も如意輪観音で、33年ごとに御開帳される秘仏だ。

 

内陣には親鸞聖人、蓮如聖人の像なども。絵馬も多数。

 

園城寺(三井寺)

 

びわ湖大津観光協会  びわこビジターズビューロー(滋賀県)

JRおでかけネット(JR西日本)  京阪電気鉄道

 

※旅のマップはこちら

 

※これ以前の「日本縦断ゲーセン紀行」はこちら。
第228回 華やかな桜と寺と遊覧船(びわ湖浜大津→三井寺)
第227回 もうすぐ春が訪れる(大津京→びわ湖浜大津)
第226回以前


大津(第224回~)
八日市、野洲~草津(第222回~)
テーマ別記事一覧

 

新しいブログを始めました!
【鉄道のるべみるべ】

(ひたちなか海浜鉄道各駅探訪など)

 

スマホ用無料ゲームを作っています。

脱出ゲーム 新入社員・江須恵(えすけい) 例のプールに閉じ込められた!

iPhone版はこちらからダウンロードできます!

Android版はこちらから!