久寿餅とハンブルグステーキとミックスジュース。ドレミファインバータとワンダースワンの思い出 | ゲイムマンの日本縦断紀行 + ご当地ゲーム制作・配信

ゲイムマンの日本縦断紀行 + ご当地ゲーム制作・配信

ゲーセンでゲームをプレイし、1面クリア毎に増える“ゲーム路銀”を交通費にして日本縦断を目指す「ゲーセン紀行」でしたが、ゲーセン巡りよりも、普通の観光旅行の方が主になってしまいました。

現在このブログ上でゲーム『香川県からの脱出』を制作・配信中。

『脱出ゲーム 香川県からの脱出』に登場する、歴史上の人物ゆかりの場所を巡る旅。
川崎大師をひと回りして参拝を済ませ、大山門から外に出ました。

 

 

 川崎大師('23.9.26)

 


9月も終盤だというのにまあ暑かったです。
暑い中で歩き回って、さすがに疲れたので、大山門前のお店でひと休み。
久寿餅の住吉さんです。

 


冷抹茶くずもちセット。
関東のくずもちは葛ではなく、小麦粉のでんぷんを発酵させたものが主流らしいです。
きなこと黒蜜の甘さが、疲れた体にちょうどいい感じ。
もう少し長居したかったんですけど、つい夢中になって食べ切っちゃいました。
川崎大師山門前 住吉

 

帰り道、仲見世でせき止め飴を買いました。休日には飴切りパフォーマンスが行なわれるお店です。
松屋総本店

 

 


川崎大師駅から、京急大師線で川崎駅に戻ります。
車両は1000形(写真は京急川崎駅で撮影)。今やこの1000形も大師線に入るようになったんですね。
私が16年前に訪れたときは、この1000形じゃない方の、昔の1000形がこの路線を走ってました。

今の1000形も長年にわたって増備されているので、同じ1000形でもいろんな種類の車両が存在するみたいですが。
「428」という番号が見えるので、この車両は2005年に製造された4次車のようです。

 


こちらが初代の1000形。この頃には今の1000形も既に登場していたので、今の1000形が「新1000形」とよばれていました。

 

あと新1000形といえば、シーメンス社製の“ドレミファインバータ”の印象が強かったんですが、2008年から国産の新しいインバータに置き換えられ始め、2021年に全廃。特徴的なドレミファ音が発車時に鳴る車両はなくなっています。

 

 川崎

 

京急川崎駅から、再び地下街の川崎アゼリアを通ってJR川崎駅へ。

 


ホテルメッツ川崎にチェックイン。(この写真は翌日に撮影)

ここは確か、私が1999年、初めて行なった旅行系の企画「東京から仙台までワンダースワンの旅」で、最初に宿泊したホテルだったはずです。
『電波少年』の「スワンの旅」のパロディで、東京・お台場から仙台まで、海沿いの町を巡りつつ、当時バンダイが発売していた携帯ゲーム機「ワンダースワン」用のゲームソフトを買うという企画でした。

 

当時の携帯ゲーム機は、『ポケットモンスター』(ポケモン)の成功により任天堂のゲームボーイが圧倒的に強い状況でした(というよりポケモンの成功によって、一時廃れかけていた携帯ゲーム機の需要が回復したともいえる)。
ワンダースワンは、任天堂でゲーム&ウオッチやゲームボーイを開発した、横井軍平氏が開発にかかわったゲーム機で、1999年3月発売。アクションパズル『GUNPEY』のヒットで注目されました。

(※『GUNPEY』は横井氏が1996年に興した株式会社コトから発売された、ゲームつきキーホルダー『プロフェッサーへのへの』を移植したもの。横井氏は1997年に亡くなられており、ワンダースワンではタイトルを氏の名前にちなんだ『GUNPEY』に変えて発売されました)

 

「ワンダースワンの旅」は1999年7月から2001年8月までやっていましたが、その間、2000年12月にワンダースワンカラーが発売され、スクウェアが参入して初期の『ファイナルファンタジー』シリーズが移植されて話題となりました。
しかし、2001年3月に任天堂がゲームボーイアドバンスを発売。ワンダースワンの存在感は徐々に薄れ、2002年に後継機のスワンクリスタルを発売したものの回復に至らず、フェードアウトしてしまいます。

つまり私が「ワンダースワンの旅」を行なっていた期間は、ちょうどワンダースワンが隆盛していく頃から、衰退期にさしかかるまでの期間に重なります。ひとつのゲーム機の始まりから終わりまでを見届けたような感覚でした。
(この後もスクウェアの話題作が発売されたり、スワンクリスタルが発売されたりして、ワンダースワンの歴史はもう少し続くのですが)

 

「ワンダースワンの旅」は1999年7月スタートですが、木更津に至るまでは日帰りでした。
8月に木更津から再開する際、東京湾アクアラインを通って、途中で「海ほたる」に立ち寄ってから木更津入りしようと思い、このルートのバスが出る川崎で前泊したのでした。

 


ホテルの部屋がJR川崎駅のホームに隣接していたので、ホームを上から眺めることができました。

 

 


ホテルの部屋で1、2時間ほど寝ていたみたいです。夜になってました。
晩ごはんを食べに出かけます。

 

ホテルメッツの1階に、つばめグリルがありますが、1999年にはまだなかったラゾーナ川崎が近いので、見て回ることにしました。

 


ラゾーナ川崎プラザは2006年開業。かつて東芝の工場があった場所に造られたショッピングモールです。
JR川崎駅西口直結。
食事どころはいっぱいあります。特に4階に多いです。
4階の屋外には、東芝の工場時代からあったという、出雲神社のほこらもありました。

ラゾーナ川崎プラザ

 



鉄道コム

 

ただ、食べ終わってすぐホテルに戻れるというメリットもありましたし、結局ホテルメッツ1階の、つばめグリルで夕食にしました。
つばめグリルといえばやっぱり、つばめ風ハンブルグステーキ。
やっぱり間違いのないおいしさでした。

つばめグリル

 

 川崎('23.9.27)

 

翌朝。今日は家に帰るだけなので、遅めにホテルをチェックアウト。
せっかく近くにいるので、ラゾーナ川崎でブランチをとることにしました。

 

駅から近い千成屋珈琲で、ランチ営業をやってるようです。
1階のフードコートにも良さそうな店が多くて、迷いましたが、くつろげそうだったので2階に戻って千成屋珈琲へ。

 

千成屋珈琲は大阪・新世界のジャンジャン横丁で1948年(昭和23年)創業。ミックスジュース発祥の店だそうです。
オムライスと、そのミックスジュースを頂きました。
果実感のあるミックスジュース。それに今ちょうど食べたかった感じのオムライス。
うっかり写真を撮り忘れたのが残念。
千成屋珈琲

 

JR川崎駅から南武線に乗って帰路につきました。
少し前に仕事で南武線を使ったときは、ものすごい混雑で辟易しましたが、今回は空いてて快適でした。

 

※『脱出ゲーム 香川県からの脱出』のヒット祈願で、ゲームの登場人物ゆかりの地を巡る旅は、以前にも何度か行なっています。よろしければこちらも御覧下さい。

 

 

大津・建部大社と堺・大鳥大社(日本武尊)、神戸・須磨寺(尾崎放哉) 岡山・吉備津神社と吉備津彦神社(桃太郎) 安倍晴明神社と、あべのハルカス、道頓堀、特急ひのとり

 

 

池上駅 池上本門寺(日蓮) 矢口渡駅、蒲田の屋上観覧車 東急多摩川線・武蔵新田駅から新田神社(1)(新田義興、平賀源内) 新田神社(2) 新田神社(3)

 

東急&相鉄新横浜線&相鉄・JR直通線 緑園都市駅&ゆめが丘駅 藤沢本町(源義経) 辻堂駅北口・テラスモール湘南(前編) テラスモール湘南(後編) 片瀬江ノ島駅

 

多磨霊園(前編) 多磨霊園(後編)(大平正芳、大川博、菊池寛) 虎ノ門の金刀比羅宮 神田明神・将門塚(平将門) 東寺(空海) 白峯神宮(前編)(崇徳天皇) 白峯神宮(後編)(崇徳天皇) 晴明神社(安倍晴明) 北野天満宮(菅原道真)

 

ゲームブック風アドベンチャーゲーム『脱出ゲーム 香川県からの脱出』はこちらから。


※これまでの「日本縦断紀行」はこちら。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 




人気ブログランキング

 

SUZURIでTシャツやサコッシュなどを販売しています。
周りの人に知ってもらいたいこと
(「高齢者と同居しています」「基礎疾患を持っています」等)