風紋

鋼の錬金術師ファンの雑文ブログ



  リンとランファンに愛が偏っています

ようこそいらっしゃいました。

こちらは鋼の錬金術師ファンによるごく個人的な雑文ブログです。    

:リンとランファンのことを中心に書いています。

:小説ジャンルではアダルティな表現を含みます。

 小説タイトルの後ろに *印のあるものがそれに該当しますので

 ご注意の上、自己の責任のもとでお読み下さるようお願いします。

 左サイドバー、テーマ一覧の「小説インデックス」にてタイトルと

 簡単な内容説明をしておりますので、ご覧ください。

 

:無断転載はおやめください。恥ずかしいし、いい気はしないので・・・

:リンクフリーです。ご報告くださればこちらからもお伺いします。



これらをご理解くださったらどうぞごゆっくり読んでいってくださいませ。

 

 刊4種 自家通販してます→  




テーマ:

11月初頭の空手の試合は型で2回戦進出も2-3で敗退。
組手は中段蹴りで先取も突きをくらい、延長の末判定負けでした。
いい年ながら健闘した!


そして先週やっと太極拳三段の試験が終わって、ホッとひと息…
といきたいところが、通院等用事多発で昼ごはんの時間5分という状態が
続いています。かもとです。

 

健診で貧血が判明して内科に通院。
発達のほうで成人向け検査やったりカウンセリング勧められたり、
あと空手で痛めた足の甲の治療で整形行ったりインフル予防接種したりと
も ~ う !!
なんでこんなに慌ただしく心が休まらないの?

 


試験前にもうすでにいっぱいいっぱいになってて、
『山奥の湯治場で風呂入って寝て本読むだけで過ごしたい!!』
という欲求が抑えられず、試験終了後に某所の温泉に逃避行しました。

 

ここがね。
以前はB&B(素泊まり宿)として公表してたけど、民泊に関して行政がうるさく
なったので今はやめてて、私は11月唯一のお客だとか。
つまりモグリ
なわけですよ。

 

私はある女性の体験ブログ(一軒家の素泊まり温泉ペットのふくろうつき)
を見て行くのを決めたのですが、
ここのヘンというか面白いというかあやしいところは私の想像をかるく超えてた!

 

*お風呂=一軒家の家庭用浴室。これは写真で見てた。けど。
母屋の勝手口入ってすぐ、脱衣場もなく台所で服脱いで入る式。
しかもいかにもおっさんの一人暮らしで散らかっている。

 

*宿泊する部屋=庭のログハウス
電話で、庭にケージがあってふくろうがいるとは聞いてたけど。
庭を鉄パイプと網で大規模に囲った 【中に】 ログハウスがある!!

 

ふくろうはふくふく太って目玉まんまるで猫みたく足で耳かいたり可愛かったv
背中見せると飛びかかってくるから気を付けて、と言われてはいたけど。
写真とろうとしたら真正面から飛びかかられて仰天して尻もちつきました。
はずみで爪でアゴのところ流血。すぐ止まったけど。
やっぱ猛禽類とは軟弱な人間はすぐ友達にはなれんなぁ。
オーナーにはむちゃくちゃ懐いててかわいいのですが。

 

 

しっかし、これもし何か事件事故起こったら、何でそんなあやしい所へ女一人で
行ったんだ自業自得だ自己責任と非難ごうごうのパターンだな、と思いました。
またふくろうと同じ檻のなかというのが映画やなんかであるヤバいところに
行きずりの旅人が泊まって惨劇、というフラグすぎて不安に。

保険として家族と友達に写メして現在報告して、少し下の温泉旅館に見物
がてらトイレ借りに行って万一のときの避難場所確認を。

 

のんびりしたくて来たはずの場所でなぜ危機管理行動してるのか、
いやもうモグリと判った時点でやめるのが良なのに、その判断すらできないほど
いっぱいいっぱいになってたところでもうアカンかったんや。
いろいろぐるぐるしましたが、結局オーナーのおっさんはいい人で夜二度風呂って
買ったごはん食べてエッセイと小説1冊ずつ読んで寝ました。
ふくろうの鳴き声を子守歌に。(なかなか素敵v)

 

あー、まー、エライ体験だなあと思いながら翌朝風呂入ったら、肌がツルツル。
さすが源泉かけ流し!!
私の超乾燥肌は温泉の効能がすごくよくわかるんです。
あちこち温泉に行っていますが、ひさびさの泉質実感でした。

 

ふくろうの羽をお土産にもらい、駅まで送ってもらって1日半ぶりに帰宅。
帰りの電車でものすごい疲れを感じ、これをよくまあ抑えてきたもんだなあ
と自分の抑圧の強さにあきれました。
そしてそれをふっとばしたふくろう宿、すごい非日常体験でした。

 

もし今度行くなら、こういうのを面白がってくれそうな人と二人で行くのが
楽しいなと思います。
興味のある方はメッセージ下さればメールしますのでww

 

 

月イチ更新すらままならなくなってきた当ブログですが拍手ありがとうございます。

以下おへんじです。

 

秋野さま

 

いつもありがとうございます。
秋野さまはお仕事に直結してるから大変ですよね。>筋肉&関節
頭を体の状態のほうにあわせたいのですが、なかなか難しい;
格闘家にはほど遠いですが、なんとか頑張りつづけています!

 

kituneさま

『魂の家族たち』の感想ありがとうございます。
ランファンは対リン限定の無限の包容力がありますよね!>行き倒れ発言
シン組はずいぶんエピソード省略されたんだろうなと思っています。
荒川先生は発表後の作品に関してかなりドライな感じがしますので
(実写化とか!!)外伝は期待薄ですが望みは捨てずにいたいです。
そんで自分で補完したのが『野辺送り』等のお話なのですが。

中国武術を習い始めたとのこと!!すごいです! お仲間ですね?
なんだろ?ビューティーカンフーとか長拳とかでしょうか?
詳しく教えてほしいです。
ブルース・リーの言葉はtwitterのbotでフォローしてたくらい好きです。
あの境地の裾の端っこすら遠いけど、むっちゃ参考になりますね。

中国武術は底なし沼ですからね~。ながーくつきあって下さいね?

 

 

拍手のみの方もありがとうございました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

気づけば10月が終わる! 完全に油断してました、かもとです。

毎年秋は太極拳の試験と空手の大会でいっぱいいっぱいなのですが、
今年はまさかの真田丸に大ハマりで更に脳みその容量余裕ナッシング。
こんなんじゃ結果はどうなるやら、です。
やっと体を地面に繋げられるようになったみたいで、身体感覚が少し
変わってきたのですが、それをのぞむ形で表現できるか…

ある動作をどうすれば効率よく美しくできるかと、何度も練り直し繰り返し
洗練させていったら『型』ができるのだなと、先日意外なところから腹落ち
させてもらいました。

吹田の『みんぱく』(国立民族博物館)で『見世物大博覧会』という
特別展をやってて、『人間ポンプ』の映像上演会に行ってきたんです。
キンブリーか?と思ったあなた、正解です。
白黒の碁石を飲み込んで、客のリクエストどおりにその色の石を吐き出す・
生きた金魚を飲み込み、その後釣り針のついた糸を飲み込み釣り上げる
という、まあトンデモ人間の万国ビックリショーなお人の芸です。
大道芸好きなので、この人の伝説的な評判は本なので知っていましたが
(既に故人)映像で実物を見るのは初めてでした。
いかにもあやしげなイメージを勝手に抱いていたのですが、全然ちがった!!
この人間ポンプの安田さんは愉快で明朗なおじいさんで、しかもやってる芸
は本当に『芸』だった!!
飲み込んで吐き出す、というグロになりそうな行為を究極に洗練させていて
まったく汚い感じを起させない!!
口のなかに隠しているわけじゃないですよ、と指つっこんで広げるポーズも
何度繰り返したんだろうというくらい洗練されている!
テレビ以前の木戸銭をもらって芸を披露する人は、お客さんに好かれなきゃ
おあしがいただけないと、本当に心をつかむ芸をしていたんだなあ。

ほかにも漫談や肉体芸、河内音頭と本当にいろんな芸を持っていたという
安田さん。
お客さんに見せられるものになるまで、ひたすら練習を繰り返しただろう、その
何度やっても失敗ない見事さは本当に『型』ができているなあと。
稽古後で筋肉痛でひーひー言いながらだったけど、行ってよかったです!


まったくリンラン関係ない話で終わってしまいそうですが、『みんぱく』は少数
民族関係とっても強いのでこんなお土産を手に入れました。
おんぶの女性は大理のイ族、黒の衣装はベトナムのルー民族です!
これ昔の特別展のときのポストカードだな、きっと。


また来月(ってもう数分後だけど)ブログ書きに上がってきますね!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【お詫び】 昨日は仮稿を間違ってupしてしまい失礼しました。

 

7年目にしてやっと空手で茶帯に昇級しました、かもとです。

長かったなあ。

こりゃ無理かと思ったり、そこそこのところでやめようと思ったこともあったし、これからも

思うだろうけど、地味に続けるだけでも成果が出せたのはよかったです。


そして先日から空手の稽古に本部道場の師範がたびたび来てくれるようになりまして、

防具つき組手をかなりガチでやってます。
今まで相当手加減した練習しかしてなかったのですが、現役バリバリの刑事でもある

某師範は遠慮なく指導してくれるもんで。

『アゴ上げるな!』と言われてもつい上がってしまってたのですが、

『ちょっとここ立ってみ?』と並ばされてコーン!と頭殴られた。

(安心して下さい、面つけてますよ。)
次アゴ引いて殴られたらダメージが半分以下!
体で納得しました、ハイ。

んで、アゴが痛い。
アゴというか首全体が張っている。
握った拳がダメージ受けて親指の付け根が痛い。

若い頃からやってる人はちゃんと骨から鍛えられて関節とかも太くなってるけど、私は

突きの強さに拳の強さがついていけてないようです。

そしてなりふり構わん私対策で、おとなしかった中1のNちゃんがいい突きを出すように

なったもので、先日は食らった弾みで口の中切りました。

ヤバい。
今年はエキシビションでなく本当の組手を大会でやるので、この機会にマウスピースを

作りました。
保険きかないから高かった(;´Д`)

 

 

まったくもって何やってるんだか、という現在ですが、そもそも武道を始めたのは

リンランがきっかけだったわけで。

優れた創作物にハマるとまず行動が変わって、体が変わって、人生まで変わっちゃう

んだなあとそら恐ろしくも笑ってしまいます。

 

 

年内はむっちゃ忙しくて日記が月記状態が続きそうですが、時々思い出して見に来て

いただけると嬉しいです!

無言拍手ありがとうございます。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

超絶おひさしぶりです、かもとです。
前回up後、ふぬけになっている間に夏休みに突入してしまい、猛暑でボーッと
してるうちにこんなに日が経ってしまいました。

 

オリンピック陸上400mリレーはすごかったなぁ。あの4人のドキュメント読みたい。
吉田沙保里選手は残念だったけどレスリング界への影響は超金メダルだと思います。
あと、土性沙羅選手むっちゃカワイイ! あの色白ムチムキボディうらやましい!

 

それとお盆休みにシン・ゴジラ観てきました。
すっごい滾った!!
去年のマッドマックスのような興奮!と思ったら、去年twitterで怒りの○○と
アカウント名を変更してた層が軒並み シン・○○と名乗ってて笑ったw
市川実日子は私の中では「場末のスナックのバーカウンターにいる不思議女」
のイメージが強かったのですが、尾頭さんですっかり書き換えられました。
いい男・素敵オッサン・筋肉男子のスーツ&制服姿てんこもりで楽しいったらw
なかでも泉政調会長の「頼れる太目」最高!!
岡田准一の『SP』で同僚やってた時も好きだったなあ。
○人○○線爆弾(!!!!)で私の中の5歳男児が歓喜の雄たけびを
あげてスタンディングオベーションが止まりませんでした。
なんやかや面倒な感想もあるようですが、すごい娯楽作品でしたよ!!

 

来年の夏、鋼の実写映画は、どんな感じになってるのかなあ…

 


ハガレンはネタがないけど、培われた主従萌えはどうしようもないですね。
『真田丸』にハマりきってるのですが、もう主従尊い!
先日忍者マスター・出浦さまがボロボロに負傷しながら主の真田昌幸の
もとに戻ってきて、名を呼びながら抱きしめられるシーンがもう…
腐属性なくともあの凄絶な色気にはやられますよ。
今週の上杉主従も、
「画面に映ってないところで二人、どんなやりとりがあったの?」
と、本気になった御屋形様をとめられなかったのを、開き直ったように
清々しい顔で宣言する直江をむっちゃ問い詰めたかったです。
エンケン景勝さまに抱きしめられる三成、おまえ、そこ代わってくれ!
来週は、超絶いい声の直江状が来るようです。
声優さんという声のプロに慣れてるアニメ好きの方にもぜひ聞いていただきたい。
日本人には珍しいくらいのすごい低音なのによく通り歯切れのよいセリフ回し
で、家康を挑発弾劾しまくる書状の朗読、腰が抜けますよ。

 

 

さて、遅れに遅れて申し開きのしようもない拍手お返事です。

 


>秋野さま

超絶放置で申し訳ありません!
あまりにも久々の小説投下で糸が切れたように脱力しておりました。
他の方のを読むのはもはや習慣でやってしまうんですけど、出力のほうは気分的
なものがまったく向かわず、ネットでもひきこもり状態ですw

ランファンの決意を見せるのが好きなので自作でももう何番煎じかという
パターンになってしまいました(汗
でも原作のここは以前からずっと補完したかったので、書けてよかったです。
こうしてみるとリン様ヒロインでランファン騎士と言われるのがよくわかりますね。

 

>蓮一さま
うわあ~v ほんっつとうにご無沙汰しております~!
ランファン膝枕はわりとナチュラルにやってくれそうな気がしています、個人的に。
お互い傷だらけでボロボロ状態での接触って萌えますよね!
原作があんな感じだったので主従引きずってますが、本当ならもっと濃厚なハグ
とかなにやらさせたかった…!
リンの理想とする王の姿の理解者がランファンだと思ってますが、あのシン国は
ひとすじ縄じゃいかなそうで、私にはその経過を書ける能力ががが…
感想ありがとうございました。
蓮一さまのところにもひさしぶりにお伺いしますね!

 

>maoさま
いつもありがとうございます。
実は人気のクリニックなので予約がとれただけで、初診はまだです(爆)
今はわりと安定しているので、8割運行を心がけております。

小説は自分ではやはりぎくしゃくしてるなと思ってましたが、maoさまの感想で
読みづらくはなかったらしいと安堵しております。
リンは、フーを失ったことは悲しいけど納得していると思えたけど、グリードに
関しては「なんで!!」という感情がわだかまってるように思えました。
なのでこんな内容に描写したのですが、maoさまが気づきの機会になったと
言っていただいて、うわあ、いいのかなと(笑)
感想ありがとうございました!

 


拍手のみの方も、ありがとうございました!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ごうごうと耳元で音が鳴り続けている。
体が揺すられる。
巻きあがる魂の暴風の中でグリードがゆっくりと背を向ける。
初めて見る奴の後ろ姿。
右手をかるく上げ、黒いロングコートのポケットに左手を手を突っ込んで。

―――『あばよ。』

―――待ってくれグリード!
伸ばした俺の左手の甲から、ウロボロスの印が霧散する。
それと同調して俺の姿をしたグリードも砂が巻き上がるように消えていく。

―――俺をおいていくのカ、グリード!



自分のうなされる声で目が覚めた。
(ああ、やはりあいつはいないんだ。)
どこかでこれは夢だとわかっていたのだろう。
ごうごうとなる魂たちの声は列車の軌道と車輪のたてる音だった。
セントラルの動乱からひとまず遠ざかり、帰国の手筈を整えるために
俺たちは郊外の貨物駅から列車に忍び込んだのだ。

重い瞼を開けると目線の先にメイが木箱にもたれて寝ていた。
梱包用のボロい毛布にくるまっている。
俺はコンテナの壁にもたれて休んでていたはずがいつの間にか寝つぶれてたらしい。
ランファンが俺に膝を貸してくれていた。

「ランファン?」
俺を見る顔はいたましいものを見るように哀しげにゆがんでいる。
「どうしたんだ。」
「若が、泣いておられるから。」
体を起こし手の甲で目元をこすると水滴で肌が濡れていた。
寝ながら涙を流して泣くなんて、子供みたいだ。
「夢を見ていたんでしょう?」
囁くような小声は、寝ているメイを起こさぬようにだろう。
「グリードの名を何度も呼んでました。」

頭と体を起こしたくて立ち上がった。
まだ夢のなごりが額のあたりに残っているようで重苦しい。
ため息をつき、組んだ腕を高く上げて伸びをする。
「グリードの奴、なんでここにいないんだろうな。」
答えのない臣下をよそに胸にわだかまる思いをひとり呟く。
「本気で考えてたんだ。あいつとシンに帰ったらまず何を食べよう、何をしよう、
何を見せてやろうなんてさ。」
奴ならクソみたいな宮中のあれこれもぶった斬るか笑い飛ばすかしただろう。
「玉座のぶんどり合いもあいつならきっと楽しんでできたよな。」
一緒なら、皇帝にだって何だってなれる気がしたのに。


「馬鹿みたいだろ。」
「外国でわけのわからんもんに体乗っ取られて、しかもそいつを仲間にした
気でいたんだから。」
自嘲に鼻をならすと従者の生真面目な声がそれを遮る。
「いいえ、若がグリードをかけがえのない者としていたのはよくわかります。」
「体を返せって怒鳴ってたくせに。」
「私の一番で唯一は若ですから当然です。」
「おまえはいつもそうだな。俺以外はどうでもよかったりする」
「でも、」
無口な従者がいつになく鋭く言葉をはさむ。
「若と共闘してたから、」
「共に戦ってくれるあの者は仲間だと思いました。」
「認めてなければあいつの命令など聞きません。」

―――『来いランファン!!』
機械鎧の刃の一閃でグリードとの繋がりが斬られたあの時。
嘘をつかないグリードに裏切られて愕然とした。
それは今でも続いている。
それを為したランファンへの理屈にあわぬ恨みのような感情とともに。

「わたしは、」
黙り込む俺に昂った声が言葉を重ねる。
「若かグリードかわからない子を産むことまで覚悟してたんですよ!」

一瞬、何を言われたのかわからなかった。
呆然とする自分を前に、急にあたふたし始めたランファンの様子にやっと
意味を悟る。
このどこまでも忠実な臣下が、グリードと俺が皇帝になった時の継嗣に
関するリスクを考えないわけがないじゃないか。

「ランファン。」
激しい言葉を発した従者は今赤く染まった頬できまりわるげに俯いている。
「ありがとう。」
俺のいない間に、こんな大胆な覚悟をもって帰還を信じ待っていたのだ。
賢者の石を受け入れ、人造人間と化した俺に生殖能力はあるのか。
もし子ができたなら、その子は人造人間なのか、人間か。
それをシンの皇統として公に存在させてよいものか。
退屈な大総統府の地下でとりとめもなく考え、答えも出ずに棚上げ
していた問題を、影に徹するこの娘はこんな形で受け入れていたのだ。
改めて不在のあいだもずっと信じてくれていたことにじんわりと心が温かくなる。

「ごめんな、心配かけて。」
「今までで一番長い行き倒れでした。」
冗談は苦手なのに、気丈な従者はよくあることと笑いに変えようとする。
「きっと爺様もグリードも若が心配でまだ近くで見守っていますよ。」
「そこまで心配されるほど俺は頼りないかね。」
苦笑すると
「みんな若が大好きなんです。」
ランファンはあくまで真面目に言う。
(そのみんなの中の一番はおまえだよな、ランファン。)
心の中で思ったことは、時を選んできっと彼女に言ってやろう。
従者の仮面で答えから逃げることのないように、いつか近いうち。


貨車の小さな明かり取りの窓からは少し闇の薄れた空が見えた。
「さあ、まだ目的地まで時間がある。俺に寄りかかって寝ればいい。」
ランファンの隣に胡坐をかいて座り込む。
「あの、それは。」
「遠慮はしないこと。俺がそうしたいんだ。」
「ではこちらにさせて下さい。」
ランファンはさりげなく俺の右側にまわりこむ。
なぜわざわざ、という思いはすぐ消えた。
機械鎧の左腕が当たらないようにか。
ちいさく胸の奥が痛むが、これも俺が受け止める痛みだ。
座りなおした彼女の両手をまとめて包むように握る。
機械の左手と手甲をはめた右手。
この手を離さず、大事にしよう。
グリードのこと、賢者の石のこと。
アメストリスであったこの世のものならぬ力が起こした危機のこと。
すべてをわかってくれるのはこの娘しかいないのだから。




あとがき

2016リンランの日記念作品。
原作約束の日の退場後です。
『帰り道』→『野辺送り』→『魂の家族たち』の順ですが、
単体でも成立して読んでいただけます。

長らく書くことから遠ざかっていたので、書き上げることができてほっとしています。

最終回のリンがランファンに素っ気なさすぎて、あー、こいつどんだけグリードに
裏切られたショック引きずってるんだろ、と思ったのが創作のきっかけでした。
原作ではどこまで行っても主君と臣下な二人ですが、ランファンがリンの一番
の理解者であることは間違いないです。
どこまでも主君思いで、その真剣さがちょっとズレてるランファンはかわいい。
リンはそれに甘えてる自覚はありつつも主君の気ままを敢えて通していると思います。
グリードは主従という関係を変えるきっかけになった存在じゃないのかな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
祝!リンランの日!

先日は辛気臭い近況ですいませんでした。
気が重いおもいといいながらやっとクリニックの予約を入れました。
しかしアレだね。
本当にしんどい時は本人は病院にかかることすらハードル高いね。
9年前は保健婦さんがわざわざ来てくれたから、初診に繋げたんだなと
自治体にいまさら感謝しています。

んで、小説もうすぐ書きあがりそうです!
新作ひさしぶりすぎたけど、なんとかなりそうでよかったv
『約束の日』の退場後あたりの話です。


激励の拍手&メッセージありがとうございました。

kituneさま

こうして需要があるよと言っていただけるのは本当にうれしいです。
今回の作品はkituneさまのお好きなものに合致してたらいいのですが。
レス不要とのことでしたがありがたくてお返事書かせていただきました。



maoさま

アドバイスありがとうございます。
とりあえず市内によいと噂のクリニックがあるのでそっちにかかります。

マッドマックスはもう昨年というのが信じられないですねw
観ていただけたら大勢がいいぞと言うのがわかると思います。

新作は未来編でなく原作補完編になりました。
以前からこういう心の流れがないと、あのラストじゃ据わりがわるいと
考えていたものです。
未来編はもう少しリハビリしてからになりそうです。
maoさまもお体大事になさってください。


拍手のみの方もありがとうございました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長らく放置してしまい、すいません。
どうにも心身の調子がわるくて、
「こんなつまらん人間が何をわざわざ発信することがある?」
というモードから抜け出せずここまで来てしまいました。

 

仕事も運動もちゃんとやっていられますが、微熱腹下しだるさ筋肉痛の
いつものコンボが続いて、6月前半は休みになると寝て過ごす状態で。
内科の検査では何も異常なしもいつものこと。
このしんどさは心療内科かなと思いつつ、病院に予約入れるのがどうにも
気が重くて、10年近く前に通院してた時の薬の残り1錠を1/3に割って飲んで
みたら翌朝の目覚めが違った。
明らかに頭にどよんとかかってた暗雲が晴れてる。

それで改めて、やっぱ私の脳の機能は少しおかしいんだなと実感。
自律神経を整えるためにできる限りのことをしてきているのに不調を自力
で改善できず、ほんの少しの薬剤には劇的な変化をあらわす。
病院行くべきなんだろうな、気が重いけど。

 


遠ざかってる間にハガレン実写化のサイゾーのすっぱ抜きが本当だと判明
したり、リンランの日が近づいたりしてますね。
実写化はまあネタとして楽しみゃええんちゃう?という、リンランは出ない
からこその余裕のスタンスでいられるのはいいことなのか悪いことなのかw
そしてスカーや筋肉少佐のキャストが発表されてないのは、日本人じゃ
あの肉体は無理だからいないことにされるんですかね。


リンランの日、なにかしたいけど今は何書けばいいか全然わからん…
皇帝リンのお供でアメストリス訪問したランファンが、元大総統夫人が
営む養護施設でセリムに会い、グリードも完全には消えずどこかにいる
のではないかと感じてリンに伝える話を少し書き出してみたけど、リンラン
要素薄くてつまらない…
シンからの手紙(アルフォンス視点)も、未来編は状況説明ばかりで
つまらないなあ。
どういうのなら今の私は萌えられるんだろう。

 


ちなみにこの春クールは、うしおととらの3クール目を録画しながらまったく
みておりません。お休みはさんで失速してしまった感じです。
かわりに大河ドラマ真田丸にはむっちゃハマってます。
おっさん天国!!
草刈正雄があんなにワイルドで食えない田舎侍になるとは思ってなかった!
最初にハマったのは昌幸パッパと出浦様。
出浦様はクナイ構える姿があまりにもカッコよすぎて倒れるかと思った。
そしてtwitterで中の人のジュウオウジャーでのかぶりもの姿見て益々惚れたw
今は上杉主従から目が離せません。
もともと遠藤憲一さん好きなので、景勝様をかぶりつきで見ていたのですが、
あまりにいい人すぎて笑いがこみあげて仕方ないw
そこにブリザードのように冷徹なツッコミを入れる直江兼続がいい声すぎて!

これってニンジャ属性萌え、主従萌えはリンランに通じる…のかな?


こんなふがいない状態ですが、小説へのヒントとかいただけたらうれしいです。
書けるかわかりませんが、少しあがいてみたいと思います。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
実家の両親と弟一家で旅行してきたんですよ。
福島のスパリゾートハワイアンズに。
(映画『フラガール』のアレです。ベタな温泉リゾートです。)
無料送迎バスがあるから楽だというだけで選んだのですが、思わぬなりゆき
で天国を見てきました。

フラガールのショーも一日目で昼夜ぜんぶ見ちゃったし二日目どうしようと
思ったら、近隣観光の案内に『馬の温泉』の文字が!
JRAのお馬のリハビリ施設が3kmほど先にあるというので、めったに見れない
もんだしと徒歩でぶらぶら行ってみたら…

もうお馬天国でした!!

お馬の数自体は京都競馬場で見た数に遠く及ばないですが、
レースから離れたお馬ちゃんのリラックスした顔の可愛いことったら!!



これなんか、「あ~、気持ちええわ~v」
と言ってるようにしか見えないw

故障しても治療してリハビリしてレースに戻ってほしいと望まれてる馬しか
いないからなのでしょうが、
どの子もキレイでピカピカしてて、可愛がられてるオーラが半端ない!
見学者へのサービスなんでしょうが、柵のところまで来てくれて鼻面をさわ
らせてくれる子もいたんですよ~。





可愛がられてるから人懐こくなるのか、それとも成績残してる実力のある馬は
人間好きだからこそ能力をホースマンたちによって引き出されたのか。



それにしても、姿のいい馬はよく走るというのは本当だったんですね!
この葦毛の子も可愛いかった~v



ターフィーちゃんのクリアホルダーのおみやげまでもらえましたv




そして帰りにはちょっと変わった地元コンビニを発見。
店内で朝と昼2時間ずつ食堂をやり、夜は1500円飲み放題をやるらしい。
置いてるお土産にはかなり変わったものが。(笑)



ウルトラマン世代な家人へのお土産に買い込みました。


ただのベタな温泉リゾート旅行のはずが、思わぬ面白い体験でした。
一緒に行ってくれる人がいたら、もういっぺん行きたいぞ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の淀屋橋駅。
おそ松さんは盛り上がりの理由がわからんまま気づいたら終わってました…


週末ごとに遠出が入る上に、今度の日曜は空手の大会なのでちっとも落ち着けません。


遠出先で面白いもの見たので、近いうちに日記書きますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
百姓貴族4巻読みましたー!
牛先生のオヤジ殿、相変わらずとんでもなくて笑ったw

結婚式あるある
気温マイナス&雪のなかビキニパンツムッキン裸ネクタイ紳士群の参列マジか。
道着ズボンに上半身裸&ブラックタイで師範代の式に参列しようとして
新婦側に全力で阻止されたウチの道場のおっさん達の目論見を現実に
やってのけるとは!

火星ネタ
密室で何日も閉じこもらざるをえない状況を、妄想し放題、ぜんぶマンガに
できる→夢!!という牛先生はマジマンガ脳の持ち主だなあ。

スズメバチこわい。
アナフィラキシーでピンクまだらを何度かやってしまった経験者から言えば、
炎症時に風呂なんて自殺行為。
マジやめて! 思い出しただけでかゆ息苦しくなる!

馬の香典から野鳥の食べ方まで。
伝え聞いた話で!
連発に笑う。

身代わりで牛が死ぬ親父殿。
賢者の石使いまくる鋼の親父殿とかぶるな。

夏の思い出ライダーさんたち。
ツーリング中の牧場バイトってホントにあるんだな。
民俗学でいうところのマレビトとして喜ばれてる感がいい。

ロバって美味いのか。



しっかし、この感想見ると頭働いてないのがよくわかりますね。
前回気が入らないと書きましたが、やっぱ燃え尽きてたみたいです。
大会当日も全然気力なくて、本番も遅いなと思いながら自分が気が
はやってるのかなと同じ組で演じた他の人にテンポあわせて演武してしま
ってタイムオーバーの減点2。
出来も散々でもちろん予選敗退。
マイナスの気を抑えて抑えてきたけど、ごまかせなかったなあ、と。

いろいろ無理をしてきた自覚はありますので、しばらくは義務とか義理とか
からはなるべく距離をおいてのんびりしたいと思っています。

頭働かなくて小説ぜんぜん書けないのはつまらないからね!


こんな我が家に拍手ありがとうございます。
以下おへんじです。

Kitune様
遅くなりましたが、メッセージありがとうございます!
『天幕をとりはらえ』はリンランの関係性を自分なりに精一杯書ききった作品
でして、萌えていただけたなら嬉しい限りです。
これを書いた頃はオフ会とかもあって、交流で作品が出来ることが多かったなぁ。
pixiv、twitterにうまく乗りきれてないので最近はあまり他の方に話しかけたり
してませんが、コメントとかいただけると活力をもらえます。
近いうちtwitterにおじゃましますね。
ありがとうございました!


秋野さま
お忙しいなか、ありがとうございます!
この通りのていたらくですが、忙しさにかまけて放ってたことをぼちぼち片付け
ながら過ごしています。
秋野さまもお体大事にしてくださいねv



拍手のみの方もありがとうございました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。