旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:
環境デザイン研究所
世界風紀行―見えない風が見える

これはねえ、いい本ですよ。
定価3200円と、それなりのお値段はするのだけれど、これはちょっと手元に置いておきたい感じ。

たとえばちょっと疲れたときも、ちょっと凹んだときにも、自分が行ったこともない(そして今後きっと行くこともない)世界のどこかでは、今自分がいるところとは違う風が吹いている。

載せられた風も実に様々。

ノルウェーの海岸やフィヨルド内に吹く、幻想的なエルベガスト(Elvegust)、メキシコの、チョコレート色をした土埃から名付けられたChocolatero(チョコレテロ:チョコレート屋)、夏期、アフガニスタンや中央アジアの過熱した平原に絶え間なく吹く、「120日間の風」とも呼ばれるAfganetz(アフガネッツ)、インド半島南西部の海岸のElephanta(エレファンタ:強く激しい風であることから「象」と命名)、中国、黄山の馥郁とした南風、Kai(カイ:凱風(カイファン))、同じく黄山のI Tien Tien Fung(イ・ティエン・ティエン・ファン(一天天風:空の溜息))・・・。

日本のものでいえば、あの凶作をもたらす東北地方のYamase(山背)なども。教科書で習っただけの山背だけれど、いかにも冷害の源になりそうな冷たさが伝わってくる。

後ろに載せられた、「世界風名集」、「日本風名集」も楽しい。風に関する言葉って沢山あるのだ。

色も形も見えない「風」というもの。世界各地の風を集めたこの本は、刊行までに5年の月日を要したそう。厳選された100枚の写真、いいですよ。「本書に登場する局地風」として、世界地図もきちんと載せられています。

目次
ヨーロッパの風 1~20
アルプス周辺の風 21~27
地中海周辺の風 28~45
アフリカの風 46~55
北アメリカ・南アメリカの風 56~76
オセアニア地域の風 77~82
アジアの風 83~100
 世界風名集
 日本風名集
 あとがきにかえて
 風の気象用語
 撮影者リスト
 参考文献/ブックガイド
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
高市 敦広
人に育てられたシロクマ・ピース

私が「ピース」のことを初めて見たのは、テレビの中。帯に書かれている「NHKにんげんドキュメント」だったのかな。そこには、どこからどう見ても、ぬいぐるみのようなシロクマがいて、もこもこのたのたと動き回っていた。

これは、愛媛県立とべ動物園飼育員の高市さんが、ホッキョクグマ・ピースを人工哺育で育てた、その日々の記録。

ホッキョクグマの日本での人工哺育の成功例はほとんどなく、ミルクから何から、何もかもが試行錯誤だったのだとか。

日本でのホッキョクグマの人工哺育最長記録を更新しているものの、実はこの高市さん、特に特別な道具、高価な道具を使っているわけではないんだよね。全ては愛情の賜物という感じ。まさにピースのお母さん!

ダンボール箱の中に入れたピースとともに、奥さんと子供二人と住むアパートと動物園を往復する日々。勿論、アパートはペット禁止であるからして、ピースとともに駐車場から家までの道を走るときは、いつもハラハラドキドキのし通しだったそう。

成長すれば優に200キロを越す巨漢になるけれど、生まれた時は700g前後のホッキョクグマ。妊娠期間は約二ヶ月で、出産時期は11月、12月、1月の三ヶ月に限定されるのだそう。これは、妊娠したメスだけが、巣穴で安全に子育てをするために、”冬ごもり”をするため。この”冬ごもり”は、三ヶ月から半年に及ぶ。この”冬ごもり”のために、メスのホッキョクグマは、体内に浮遊卵を抱えながら、交尾から着床までの時間をうまく調整するのだそうだ。

高市さんも、ピースの母親代わりとして、ピースに付きっ切りの、ほとんどこの”冬ごもり”のような日々を過ごす・・・。

てんかんの持病があるピース。どうか長生きして欲しいと思う。大人になって顔も長くなって、優美な感じのピースもいいけど、何といっても、ぬいぐるみのような、もこもこのピースが可愛い! 高市さんとこの子供二人とのスリーショットでは、末の妹は実はシロクマなんです!、という感じ・・・。

目次
第1章 ホッキョクグマのお母さんになる!
第2章 ピースがわが家にやってきた
第3章 110日目の別れ
第4章 ピースの性格を理解する
第5章 氷のバースデーケーキ
第6章 ピースは家族の一員
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆川 博子
巫子

潔癖な少女の季節。神秘的なもの、潔く美しいものに心惹かれ、またそれらを崇拝する彼女たち。ただし、意に染まぬものには、徹底的に厳しいのもまた同じ彼女たちである。

目次
冬薔薇
夜の声
骨董屋
流刑
山神
幻獄
山木蓮
冥い鏡の中で
巫女

「冬薔薇」
勘当同然に、過去、母が追い出された家。母を許さなかった祖父が危なくなり、その家に招かれた典子。汐子伯母は絶え間なく喋り捲り、典子は自分そっくりの少女、異母妹の碧に出会う。

「夜の声」
志乃のもとに深夜掛かってきた電話。それは過去の自分からの電話のようであった。「自殺ゲーム」を繰り返した幼き頃。現実にコップに入れるのは塩であったけれど、少女達の空想の中でそれは確かに毒であった。志乃はまだ幼い声に「十五で死ぬのも五十五で死ぬのも変わりはない」と告げるのだが・・・。

「骨董屋」
既に二人の子がある男の元に、後妻に入ることになった麻子。男との待ち合わせの前に、ふと入った駅近くの骨董屋。そこには不思議な姉弟がおり、彼らはおかしな事を口走る。麻子には全く覚えがないのに、「あこちゃん」、「あこちゃん」と馴れ馴れしい、姉エツ子。無口でありながら、何か訴えるような目をする弟リュウ。彼らは何者なのか?何を伝えにやって来たのか?

「流刑」
彼の最期を看取ることと引き替えに、生活の保障を得て、年老いた夫の後妻に入ることになった「私」。新婚旅行の代わりに、少女時代を過ごした土地へ赴いた彼女は、過去の神事の際に起こった出来事を思い浮かべる。

「山神」
学生時代の友人であった、玲子と和代。画家になった和代は、田舎暮らしを始めた玲子のもとを訪れる。学生時代華やかだった玲子は、見る影もなく老け込んでおり、和代に彼女が信ずるところの、幸不幸の帳尻の話をする・・・。

「幻獄」
幻覚剤の中で見る夢は・・・。タブーは夢の中までにも追いかけてきて、「私」は夢の中でも常に禁忌の世界に閉じ込められる。

「山木蓮」
按摩に訪れた女が語る昔話。彼女が話したくない話に巧みに持っていく客は誰だ?、と思うとゾーっと怖い話。

「冥い鏡の中で」
姉恵子をほとんど崇めていた麻子。その姉や、家族、招待客までが、齢三十一にしての姉の結婚式で一様にはしゃいでいるようである。麻子が信じてきた姉の憎悪、潔癖さは幻だったのか?

「巫女」
別の物語、巫女の棲む家」の母体のような作品であるそう。私小説ではないけれど、体験が七割ぐらい入っているとのこと。これが実体験とは・・・、と驚く話。「巫女」にされた少女の辛さ。

どれもこれも、読んだ後に心がしんとするような物語。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカの少年少女の生活を描いた、懐かしい児童書に「ゆかいなヘンリーくんシリーズ」というシリーズがある。このシリーズの中に、一冊だけ動物を主人公とした本があるので、今日はこれを。


ベバリイ・クリアリー, 松岡 享子
アバラーのぼうけん

「ゆかいなヘンリーくんシリーズ」は、クリッキタット通りに住む、ヘンリー=ハギンズ少年を核となし、その周囲の少年少女の生活を描いたもの。特別出来る子なわけでもない、平凡なヘンリーくんと、その周囲で起こる出来事は、等身大のアメリカの少年少女を感じさせて、日本の少女であった私にも、親近感を持つことが出来た物語。全部を手元に持っているわけではないけれど、このシリーズは大好きだった。

さて、「アバラーのぼうけん」に戻ります。

目次
アバラーとのみ
アメリカ一清潔な犬
アバラーとフローリーさん
アバラー、マスコットとなる
アバラーとフットボールの大熱戦
有名な犬
アバラーとアパート

■「アバラーとのみ」
アバラーは、ヘンリー=ハギンズ少年の飼い犬。「アバラー」という名前は、ヘンリーくんに拾われた時に、あまりに痩せぎすで、肋骨が見えていたために、つけられたもの。ただし、今はもう良く太って、毛の艶もなかなかのもの。アバラーの一番の悩みは、首輪の裏側の、後足でどんなに掻いても届かないところに住み着いている、特別いやらしくがつがつした蚤。
ある日、巨大なショッピングセンターの駐車場で、ちょっとした手違いにより、アバラーヘンリーくん一家と離れ離れになってしまう。 アバラーは無事に、ヘンリーくんの元に戻ることが出来るのか?
ここに、アバラーのぼうけんが始まる。

■「アメリカ一清潔な犬」
最初に辿り着いたのは、ディングリー一家の所。この一家の車が、ヘンリーくん一家と同じ、真新しいステーションワゴンだったため、アバラーは間違えてディングリー一家の車に乗り込んでしまったのだ。ここでの災難は、お風呂と、スミレの匂いのする、泡石鹸一瓶全部(+ 一度も犬を飼ったことが無い子ども五人)。敏感な鼻を持つ犬にとってこれは辛い。スミレの匂いぷんぷんになりながら、アバラーは何とかこの一家の元から飛び出す。

■アバラーとフローリーさん
高速道路に沿って歩き続けたアバラーは、今度はフローリーさんというおばあさんの元に転がり込む。フローリーさんはとても親切でいい人だったけれど、日に三度のたっぷりとしたご飯、模造ダイヤのついたピカピカの赤い首輪、チェックのコート、麦わら帽子を被らせて、眼鏡、パイプを咥えさせる(ここの挿絵は絶品!)などなど、人間扱いされる暮らしにアバラーは嫌気がさす。今度もフローリーさんの隙を見つけて、なんとか彼女の元を逃げ去るのだ。

■アバラー、マスコットとなる
女の子の持つお弁当の匂いに惹かれたアバラーは、学校に辿り着く。ヘンリーくんの学校ではないけれど、沢山の子どもがいて、食べ物にも困らず、みんながアバラーを構ってくれる状況は、アバラーにはなかなか好もしい。アバラーは、ソンチェク先生の学級のマスコット犬になるが、一騒動を起こしてしまったために、学校から締め出されてしまう。

■アバラーとフットボールの大熱戦
すっかり迷い犬の暮らしにも慣れてきたアバラーは、猫の餌などを失敬しながら、秋の日差しを楽しんでいた。トコトコと歩いていた所、アバラーは何だか面白そうな場所を発見する。ホットドッグの匂い!人々の叫び声!フットボール場に潜り込んだアバラーは、ホットドッグを楽しみ、テイラー高校に勝利をもたらす。

■有名な犬
フットボール場で知り合った、ジョー少年の後を、アバラーはとことことついて行く。フットボール場でのアバラーの活躍が、新聞に載せられたため、ようやくヘンリーくんの目に留まるけれど・・・。

■アバラーとアパート
アバラーは今度は、アパートに住むラリーと友達になる。

読み終わる頃には、すっかり中年犬アバラーの気持ちが乗り移って、「人間の男の子」が大好きになっているし(女の子はすぐ抱き上げたりするから、かなわない!そこへいくと男の子はボール遊びだってしてくれる)、人間以外の動物にはちょっと冷たくなりそう(あいつらが大きな顔をするのは、我慢ならない!)。「小さな子」に対するアバラーの忍耐(物の分かっていない小さい子には、唯ひたすら相手が飽きるまで忍耐しかないのだ!)も面白い
ラスト、ようやくヘンリーくんと出会えた所では、読んでいるこちらも、尻尾を振りたいような気分になる。良かったね、アバラー
******************************************
■大元のとらさんの企画はこちら
→【参加募集】動物が主人公の物語-『荒野の呼び声』

再度、戌年に因んだとらさんの企画にトラバさせて頂きます。
■【私設TBステ】 戌年にちなんで犬の作品を楽しもう!
いいね!した人  |  コメント(40)  |  リブログ(0)

テーマ:
こちらもまた懐かしい児童書。私が持っている児童書には大体何とか賞を取りました、って書いてある気もするのですが、こちらは「ドイツ優良児童図書賞」「厚生省中央児童福祉審議会特別推せん」「全国学校図書館協議会必読図書」らしいです。私が持っているのは古い本なので、当時ということですけれど。

オトフリート=プロイスラー作 大塚勇三訳「小さい魔女」

以前、少女小説について書いた時 にちらっとタイトルだけを出していたのだけれど、これは「年はたったの百二十七」「魔女のなかまでは、まだ、ひよっこみたいなもの」である魔女のお話。年をとった魔女って普通は怖いでしょう? でも、この魔女はちっとも怖くない。魔法のおけいこをしている所なんか、そこらで勉強している小中学生と何ら変わりがありません。

魔法というものは、そうかんたんにはできません。魔法で一人まえになろうとする人は、なまけていてはだめなんです。まず、こまごました魔じゅつをすっかりおぼえこんで、・・・・・・それから、大がかりなのをおぼえなきゃなりません。魔女の本を、一ページ、一ページと、すっかりおぼえていくのですし、そこにでている問題を、ひとつでもごまかしてはいけないのです。

この小さい魔女は「まだ、ひよっこ」だから、あらゆる魔女たちがブロッケン山に集まって踊る、楽しい「ワルプルギスの夜」に招いてもらえない。一緒に住んでいる、分別ある利口なカラス・アブラクサスに止められたにも関わらず、小さい魔女は踊りに出掛けてこっそりと輪に忍び込む。忍び込んだもののやっぱり見つかって、魔女のおかしらの前へ連れて行かれる。しかし、転んでもただではおきない小さい魔女。来年までによい魔女になっていれば、ワルプルギスの夜の前日に、魔女の委員会を招集して、そこで試験をすることを約束してもらう。

それからの一年間、小さい魔女は大好きな悪ふざけ、悪戯も控えて「いい魔女」になる努力を続けます。最初に梃子摺っていた魔法の本だって完璧に暗記します。 さて、結果はどうなったか?
「いつでもどこでも、魔法でわるいことをする魔女だけが、いい魔女なんじゃ!なのに、おまえは、魔法をつかって、いいことばかりしおったから、だから、わるい魔女なんじゃわい!」
ワルプルギスの夜のためのたきぎの山を一人で作るよう命じられた小さい魔女。解決策が痛快! でも今読むと、大きい魔女たちがちょっと可哀想でもある。

この本の影響で、「ワルプルギスの夜」と聞くと、この小さい魔女が「ワルプルギスのよーる!」「ワルプルギスの夜、ばんざーい!」と踊っている場面が思い浮かぶのです。


最初の頃の魔法の失敗(雨を降らそうとして、バターミルクを降らす)、新しい箒をならす場面あたらしいほうきというやつは、わかいウマとおんなじことです。のるには、まずならさなきゃなりません)、森のカーニバル(魔法による仮装大会。ウサギにはシカのつの、シカにはウサギの耳、カラスのアブラクサスにはリスのしっぽ、皆を食べてしまう恐れのあるキツネにはアヒルのくちばし)などなど、色々と魅力的な場面がいっぱい。「いい魔法」を使った後、ひっそりとその場を離れる所もいい。

箱絵、挿絵は残らず原書から転載したものとのこと。挿絵も綺麗なんです。愛らしい、はねっ返りの小さい魔女。友達に如何でしょうか。

著者: オトフリート・プロイスラー, 大塚 勇三
タイトル: 小さい魔女
(同じ作者の「小さいおばけ」「大どろぼうホッツェンプロッツ」は画像が出るのに「小さい魔女」だけ画像が出ないようです・・・。がーん。今手元にはないのですが、「小さいおばけ」「大どろぼう~」も同じくお薦めです)

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡下さい。
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。