旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:
シルヴィー ジェルマン, Sylvie Germain, 辻 由美
マグヌス

語られるのは、一人の男性の幼年期から中年までの人生の断片、0から29までの番号をふられたフラグマン(断片)。それを補足するのは挿入される注記(ノチュール)、それを強めるのは同じく挿入される続唱(セカンヌ)や、反響(レゾナンス)

フランツ=ゲオルク、もしくはアダム、マグヌス。三つの名前を持つことになる、彼の人生は波乱に満ちたもの。

五歳までの記憶がない幼い彼に、「気高さと悲しみに満ちた家族の叙述詩」を繰り返し語り、言葉によって彼を生みなおした母親の名は、テーア・ドゥンケンタル。彼の名ともなった、フランツとゲオルクという名は、偉大なるドイツ帝国のために、身を犠牲にした母親の双子の弟の名。父親、クレーメンス・ドゥンケンタルは医師であり、熱狂的なナチス党員でもあった。

しかし、ドイツ帝国の破滅は近い。家族は家を捨てて逃亡し、父親は更に一人メキシコへと逃げ、その地で死ぬ。盲目的に父親を崇拝していた母親は、亡命していた兄のロタールに少年を託し、やはり死ぬ。

少年、フランツ=ゲオルク・ドゥンケンタルは、ロンドンのロタール伯父の家に引き取られ、アダム・シュマルカーと名を変える。五歳までの記憶を無くした少年は、それ以降全ての物事を記憶しようと、凄まじい集中力を発揮した。語学の才能にも優れた少年は英語にも順応し、更に父親の死の地であるメキシコの言葉、スペイン語の習得も始める。しかし、記憶は彼を蝕み、苛む。彼の両親の罪は消えることがない。

そして、更に彼の人生は幾たびかの転換点を通り、彼はマグヌスと名乗るようになる。それは、幼いころから彼と共に過ごしてきた茶色いぬいぐるみのクマの名前。

彼の人生は喪失と再生の繰り返し。愛する女性との二度の永遠の別れ、一度は見切ったロタール伯父への帰還…。記憶を喪い、偽りの記憶を塗り重ねられ、自分がどこから来たのかすら分らない少年。更に獲得した記憶もまた、愛する人の死により、無となってしまう。それでも人間は生きていき、無から何かを生み出すことが出来る。ラストの再生の様子(そして、それはクマのマグヌスとの別れでもある)、旅立ちは美しい。

かなり変わった形式の「小説」だけれども、実に引き込まれる物語でした。こんなアプローチがあるのだとは! あの激しさとはまた別なのだけれど、アゴタ・クリストフの「悪童日記」以来の衝撃でありました。

これ、「高校生ゴンクール賞」の受賞作なのだとか。すごいね、フランスの高校生。

■その他気になった、「高校生ゴンクール賞」受賞作。


■印象的な引用がなされていた本。

フアン ルルフォ, Juan Rulfo, 杉山 晃, 増田 義郎
ペドロ・パラモ (岩波文庫)

amazonには、ラテン文学ブームの先駆けとなった古典的名作、とありました。
コーマック・マッカーシーの国境三部作のうちの、「すべての美しい馬 」と「平原の町 」の二作は何とか読んだけど、これはまた歯ごたえありそうですよ。がりがり。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
メイ サートン, May Sarton, 武田 尚子
猫の紳士の物語  

私はこれまで猫を飼う機会には恵まれなかったのだけれど、ああ、「猫を飼う」というのは、きっとこういうことなんだろうなぁ、と考えさせられた物語。

表紙もいいでしょ? 本書の中にあるカラーの挿絵もいい雰囲気。

しかも、この本では「猫」をただ「猫」と呼ぶのではない。本書に出てくる「猫」、トム・ジョーンズ氏は、別名「毛皮の人」とも呼ばれている。「紳士猫」だけに、随分尊重された呼び名ではありませんか。
(ちなみに、あまり関係ないけど、「まえがき」によると、彼のトム・ジョーンズ氏は、「ロリータ」を書いたウラディミール・ナボコフに預けられた事もあるらしい)

目次
まえがき
1  アレクサンダーの毛皮から街の顔猫へ
2  冒険
3  逃亡
4  鱈のごちそう
5  帰郷
6  命名されて、名なし猫と争う
7  トム・ジョーンズは万事を掌握する
8  ジョーンズの試練
9  またたびの二日酔い
10 ねずみは逃走中
11 主人はだれだ
12 紳士猫の第十一戒、または窓際猫の意見
訳者あとがき

自ら望んで出奔し、街にそれありと知られた猫となりながらも、まだ名もない紳士猫だった「彼」は、あらゆる面で彼にふさわしいハウスキーパー、すなわち家主でも世話係でもある同居人を探索する事を思い立つ。

どんな猫でも知っている理想的なハウスキーパーとは、中年の独身女性(オールド・ミス)であり、できれば庭付きの小さな家に住んでいることが好ましい。子供たちといえば、正直出来るだけ避けたいもの。彼らはマナーもまだ身につけてはいないし、ハウスキーパーの気持ちを乱して、務めを忘れがちな存在なのだから。

漂泊や渡り歩きを繰り返した「彼」は、いつしか理想的なハウスキーパー、「やさし声」と「ぶっきら声」姉妹のもとへとたどり着く。英文学のヘンリー・フィールディングより、トム・ジョーンズと命名された彼は、健やかなる時も、病の時も姉妹のもとで過ごし、愛を知るようになる。

毛皮の人とはまた、ひとり、例外的にはふたりの人間を愛すようになり、生涯を人間とともに暮らそうと決めた猫のことでもあります。こんなことはその人間が自分の一部を猫だと想像し(トム・ジョーンズはぶっきら声が時どき、ごろごろとのどをならそうとすることに気づいていました)、猫のほうでも、自分の一部は人間だと想像していないかぎり起こりません。おたがい、もちつもたれつなのです。毛皮の人は、他者の心のわかる、デリケートでていねいで寛大な、いわば猫らしい人間の養子になるべきなのです。

猫って、「ヒトデのような手を結んだり開いたり」するんですかね。
あの手がむにーっと開くのかと思うと、ぐわー、可愛い!

自由や威厳、尊厳や慎みを重視する「紳士猫」トム・ジョーンズ氏。気まぐれに見える猫にも、うーむ、色々な彼らの事情があるのかもしれませんなぁ。

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
サン=テグジュペリ、山崎庸一郎訳 「夜間飛行」 

私が借りてきたのは、みすず書房のもの。アンドレ・ジッドの序文と、特別付録として「『夜間飛行』に着想を与えた人物から見た」と題したディディエ・ドーラ氏による文章が付いた、贅沢な造り。ディディエ・ドーラ氏は『夜間飛行』のリヴィエールのモデルであるとされている。

アンドレ・ジッドは序文において、次のようなサン=テグジュペリの手紙の一部を引用している。
「勇気はりっぱな感情からはできていません。すこしの逆上、すこしの虚栄心、多くの頑固さ、それにつまらぬスポーツ的な歓びです。とりわけ、肉体的なエネルギーの興奮ですが、これには見るべきものはなにもありません。シャツの胸をはだけて腕組みでもすれば、楽に呼吸できます。そのほうがむしろ爽快です。ことが夜に起こったときなど、とんでもない愚行を演じたという感情がそれにまじります。勇気があるだけの男なら、わたしはけっして尊敬しないつもりです。」


『夜間飛行』は、暗闇の中をゆく開拓者たちの物語であるけれど、よってただの冒険譚ではない。暗い夜空に向かって、夜の星に向かって、地上の灯りに向かって、心が開かれるような物語。各々がその立場、役割に従って、高潔な心で最善を尽くす。美しく硬質なイメージ。操縦士たちの指導者であるリヴィエールの生き方は、ハードボイルド的でもある。

「彼を恐怖から救い出すのだ。わたしが攻撃したのは彼ではない。彼を通じて、未知のもののまえで人間をすくませるかの抵抗なのだ。言い分をきいて、同情してやり、彼の冒険を真に受けてやったら、彼は神秘の国から帰ってきたように思いこむだろう。人間が恐怖をいだくのは、ただ神秘だけだ。もう神秘など存在しないというようにならなければならない。暗い井戸のなかにおりて、そこから這いあがってきた人間たちが、なににも出くわさなかったと言うようにならなければならない。あの男にしても、闇のいちばん秘められた中心、その厚みのなかにおりてゆき、手元なり翼なりしか照らさない小さな坑内ランプさえ持たず、ただ肩幅だけで未知の世界を押しあけてゆくようにならなければならない」

「出来事に奉仕する」リヴィエール。何のためにその仕事をするのか、その仕事がなされなければならないのか、それが見え難い時もあるけれど、どんな仕事にもこういった側面があるのかもしれない。時に家の灯りよりも、外へ出て「征服」することが必要になる。一つ一つの犠牲が、誰かのたゆまぬ努力が、生活を少しずつ豊かに、暮し易くしているのかもしれない。
そう長い物語ではないのだけれど、名作とされる所以が良く分かった。

サン‐テグジュペリ, Antoine De Saint‐Exup´ery, 山崎 庸一郎
夜間飛行

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、御連絡下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。