旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:
 
川上 弘美
神様  
中央公論社


私がこれまで読んだ川上さんの本は、小説では「
古道具 中野商店 」、「ニシノユキヒコの恋と冒険 」。エッセイでは「なんとなくな日々 」。これらも勿論良かったのだけれど、これは基本的には現実にリンクした物語。
川上さんの本には、不思議な生き物が出てくるものもある、と聞いていたのだけれど、まさにこの「神様」が不思議な生き物が闊歩するお話だった。

不思議といえども、怪異でも怪奇でもなく、妖艶でもない。当たり前のように、そこにすこんと不思議な者たちが生きている世界。これぞ川上ワールドなのかな。ちょっと他の作家さんにはない独特の雰囲気に感じた。
不思議のものどもが、怒ったり、笑ったり、悲しんだり、何とも普通に生きている。読みながら、何だかしみじみしてしまったことですよ。

目次
神様
夏休み
花野
河童玉
クリスマス
星の光は昔の光
春立つ
離さない
草上の昼食
あとがき

「神様」「草上の昼食」は、ある日同じマンションに越してきたくまの話。
「夏休み」は梨の精のような、白い毛が生えた小さな三匹の生き物とのお話。
「花野」は五年前に死んだ叔父の話。
「河童玉」は、文字通り河童のお話。大らかな河童たちの姿がいい。
「クリスマス」は、壷から出てきた、コスミスミコの話。気のいいコスミスミコは、「チジョウノモツレ」でこんな姿になってしまったのだという。
「星の光は昔の光」だけは、そういえば不思議がちろりとしか出てこないな。近所の小学生、えび男くんお話。
「春立つ」は近所の居酒屋「猫屋」のおばあさん、カナエさんの不思議な話。
「離さない」は、偶然手に入れてしまった人魚の話。

作品の世界が繋がっているのは、「神様」「草上の昼食」「河童玉」「クリスマス」「星の光は昔の光」。 私が中でも好きだったのは、川上さんの初めて活字になった小説だという「神様」「草上の昼食」

◆「神様」◆
「わたし」の三つ隣の部屋に越してきたのは、雄の成熟したとても大きなくま。彼は律儀で行き届いたくまだった。「わたし」とくまは、くま言う所の縁を感じ、時に共に散歩をする仲になる。呼びかけの言葉としては、漢字の「貴方」が好きだというくまは、昔気質のくま。

「わたし」はごく普通にくまを受け入れるけれど、勿論そんな人間ばかりではない。子どもに「くまだ」「くまだ」と囃し立てられても、くまはあくまで穏やか。
「小さい人は邪気がないですなあ。」

川原でのピクニック。くまは魚を獲って、更に今日の記念にと干物にして、「わたし」にプレゼントしてくれる。なんと行き届いたくま! 散歩を終えた二人はそれぞれの自宅に帰る。くまの別れの挨拶は、抱擁に、「熊の神様のお恵みがあなたの上にも降り注ぎますように」という祈りの言葉。悪くない一日。

◆「草上の昼食」◆
故郷に帰るという、くまとの最後のお散歩。此度、くまが用意したのは、鮭のソテーオランデーズソースかけ、なすとズッキーニのフライ、いんげんのアンチョビあえ、赤ピーマンのロースト、ニョッキ、ペンネのカリフラワーソース、いちごのバルサミコ酢かけ、ラム酒のケーキ、オープンアップルパイ。くまは付き合えず白湯だけれど、彼が用意した赤ワインはバルバレスコ。

赤ピーマンのローストを褒められたくまは、薄皮を剥くのが少し難しかったと話す。学校に通うのも難しいくまの料理は、こんなに多くの料理を作ることが出来ても、それは自己流なのだという。くまの生活の難儀の多き事に、「わたし」は思い至る。
青年期から、こちら側に住んだというくま。故郷に帰る気持ちは如何に? こちら側に馴染め切れなかったというくま。「わたし」とて馴染まないところがあるけれど、それは簡単に比べられるものではない。

故郷に帰ったくまから、差出人の名前と住所がない手紙が届く。
私はくま宛に決して届く事のない手紙を書く・・・。

この「くま」がいいんだよなぁ。「合わせる」ことなんかないのに、一生懸命律儀に「合わせる」姿に、何だかしんみりしてしまう。「魚の皮」を持ってのお散歩。洒落た料理じゃなくったって、「わたし」はきっと付き合ったのに。

← 文庫も

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
米原 万里
真夜中の太陽  
中央公論新社
(画像は、中公文庫)

「真夜中の太陽」とは一体何ぞや?

これは、暗闇が怖くて夜になるのが嫌だった、四歳の頃の米原さんに、お父さまがしてくれた話に由来する。この辺は土地柄が日本とは違うのだなぁ、と思うのだけれど、「隣の広大なお屋敷の奥からお化けや妖怪たちの鋭い目が怪しく光り、自分をつけ狙っているような気がしてならなかった」そう。

もとは、お父さまが寝る前にしてくれたおとぎ話。欲の皮の突っ張った馬鹿な男が、畑の収穫を上げるために、太陽を沈ませまいとして悪戦苦闘する。米原さんも目的は異なるけれど、おとぎ話の男と同じように、太陽に沈んで欲しくないと思っていたわけで、「太陽が沈む」ということに興味を持つ。子供を寝かしつけるためのおとぎ話だったはずが、いつしか地動説を理解させるための説明へ・・・。

その瞬間から、わたしの心の中に、地球の裏側で、ご機嫌な顔をして大地を照らす太陽のイメージが生まれた。真夜中の暗闇の中でお化けや妖怪たちに襲われそうになるとき、地球の裏側の太陽を思い浮かべると、彼らは退散してくれるようになった。
お化けや妖怪を信じなくなった今も、真夜中の太陽のイメージはわたしを励まし続けてくれている。目前の状況に悲観的になり、絶望的になったときに、地球の裏側を照らす太陽が、そのうち必ずこちら側を照らしてくれると思えば、気が楽になるし、その太陽の高みから自分と自分を取り巻く事態を見つめると、大方の物事はとるに足りないことになる。もちろん、その逆に、情け容赦ない太陽の光は、至近距離では、とるに足らないことが、実は人類全体にとって致命的プロセスなのだとあぶり出してくれることもある。

本書は、二十世紀末から二十一世紀初頭にかけて、いくつかのメディアに連載された文章を纏めたもの。いずれも、今現在の日本と世界の状況を、米原さんの目で見て、解釈したもの。

「真夜中の太陽」のエピソードを知ってからは、少々怖い事、嫌な事があっても、ご機嫌な太陽を背に、楽天的に物事に立ち向かう少女の像が、米原さんの後ろに見えて、何だか微笑ましくもあった。

ちなみに、「いくつかのメディア」とは、「婦人公論」、「ミセス」、「熊本日日新聞」、「公研」のこと。「婦人公論」、「ミセス」などは読んだ事がないのだけれど、そうか、こういった文章も載っているのか、と興味を覚えた。米原さんを選ぶとは、センスいいね、と・・・(米原さんの著作を二冊しか読んでないくせに、生意気ですが)。

非常に残念な事ですが、米原万里さんは25日午後1時12分、死去されたそうです。まだ56歳の若さでありました。ご冥福をお祈りいたします。「
オリガ・モリソヴナの反語法 」のような、骨太の物語をもっともっと紡いで欲しかった、と思います・・・。

 検索で見つけた、北海道新聞の訃報に
リンク

*臙脂色の文字の部分は引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
「あとがき」から引くと、これは「女もすなる買いものエッセイといふものを男もしてみんとてするなり」な書(勿論、全文、この調子で書かれているわけではない)。

ただただ、なぜその物を買う事になったのか、買おうと思ったのか、その経緯と値段や、家族の反応(主に冷たい視線)などが書かれているだけなのだけれど、これが結構面白い。自分の買い物についても、ふと胸に手を当ててみたくなる。あとがき」には、衝動買いした物たちの「その後」も載せてあって、その点、抜かりもありません。

 
鹿島 茂
衝動買い日記  
中央公論新社


目次
腹筋マシーン
ふくらはぎ暖房機
通勤鞄
挿絵本
財布
猫の家
男性用香水
サングラス
体脂肪計
ごろねスコープ
パラオの切手
時計
封書用ペーパーナイフ
ヴィンテージ・ワイン
本棚
中華健康棒
格安パックツアー
ミュージアム・グッズ
パソコン
しちりん
ブリーフVSトランクス
シュレッダー
毛沢東・スターリン握手像
チーズ
あとがき

買いも買ったり、という感じで、目次には雑多な物たちが並べられている。これらは大きく二つに分けると、日常生活で使うもの、旅先で買ったものに分けられる。日常で使うものについても更にパターンがあって、テレビの通販で見た後に、近所のホームセンターにて、テレビでやっていたものよりも格安のものを発見!、なんていうパターンに、失敗例が多いよう(腹筋マシーン、ごろねスコープなど)。テレビ通販でやっていたものって、なぜ同じようなものがホームセンターで、直ぐに売り出されているのでしょうね。

面白かった買い物が、「挿絵本」。著者の本業は、19世紀フランスの小説、社会を専門とする、文芸学部の教授であり、これはそれに関連するコレクションのお話。パリの高級古書店にうっとり。十万円の本というのはもっとも安い部類に属し、高いものは、それこそ天井なしである、という世界であり、私にとってはほとんどファンタジーだな、これ。

さて、「貧乏コレクター」である著者は、完璧な本の状態、上限の価格を知るために、偵察行動として高級古書店に出掛けて行く。とはいえ、こういった高級古書店では「ただ入るだけ」「見るだけ」の行為は許されない。そこで著者はいつも、ウルトラ級の希覯本の名を出す事にしているのだが、なんとそこでまさにその本に出会ってしまう!哀れ、著者はこの章の冒頭で引いた、SF短編「願望実現機」(ロバート・シェクリー)のように、未来の労働を担保にした強制労働開発機械の餌食となってしまう。強制労働開発機械。大げさではあるけれど、そう、これはクレジットカードの意味。

ちょっと常軌を逸しているように思えるのが、「ミュージアム・グッズ」の章。

最近、衝動買いの癖のある人間にとって、非常に困ったものが出現してきている。ミュージアム・グッズというしろものがそれである。これは、本当に困る。なぜ困るのか、それを以下縷々、書き綴ってみたい。

というわけで、これ以降、縷々その経緯が綴られる訳。「自分用の記念のお土産というものに歯止めがきかないたちである」、「二度と買えないかもしれないという意識」、分かる部分もあるけど、ちょっと笑っちゃうくらいに買い込んでいる。トランクの中身がほとんどミュージアム・グッズというのは、ちょっと問題でしょう・・・。

とはいえ、「衝動買い」とは無駄だからこそ、楽しいものなのかもしれません。
買い物カタルシスには、男性も女性もないのかも。

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。

 ← 文庫化されているようです
鹿島 茂
衝動買い日記  
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

小池真理子さんは何となく気になっている作家さんなのだけれど、どうもどっぷり恋愛小説に浸る気になれず、その周辺をウロウロ。

 

小池 真理子

贅肉  
中央公論社


(表紙絵がある都合上、文庫を載せておりますが、私が読んだのは単行本です。表紙も少し違うような?)

この本は表紙の迫力につられて借りてきたものだけれど、どうも、これは過去に一度読んだことがあるような気がする・・・。久々にやってしまいました。
ま、ほとんど内容を忘れていたので、再読にそう問題はなかったのですが。

目次
贅肉
ねじれた偶像
一人芝居
誤解を生む法則
どうにかなる

で、肝心の本についてですが、これはどれもこれも悪意が仄見え、ホラー調の味わいのある短編集。基本的にはラスト、悲劇的なんだけれど、それを別の所から冷静な目が見つめている感じです。「どうにかなる」だけは少し違うけれど、これだって主人公ではない側から見ると、十分に悲劇的。いや、主人公から見ても、これは悲劇なのか?「どうにかなる」とはとても思えない・・・。

一番、強い印象を受けたのは、表題作でもある「贅肉」。
依存し、依存される関係性が、ねっとりした感触を残し、気持ちが悪い。

やっぱり、小池さんの真価を知るには、どっぷり恋愛小説を読まねばならないのでしょうか・・・。体力がありそうな時に、チャレンジしてみようかと思います(どうも、恋愛小説にはエネルギーを吸い取られる)。どなたか良い本をご存知でしたら、教えてください。しかし、この短編だけでも、十分生気を吸い取られたような気がいたします・・・。悪意、苦手です・・・。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
夢枕獏「シナン」中央公論新社

タイトルの「シナン」は、オスマントルコ時代の建築家の名前。
彼は、それまでのトルコ建築、あるいはイスラム建築の歴史を一変させた人物であり、ミマール・コジャ・シナン(偉大な建築家シナン)と呼ばれた。シナンはその百年の生涯をかけ、石をもって神を捕らえようとした。

シナンの生きる時代より更に一千年以上も昔、イスタンブール(当時はコンスタンチノーブル)に、巨大なギリシア正教会の聖堂があった。
建物の上部に半球状のドームが被さり、その球の直径はおよそ三十一~三十二メートル。ドームの内側の頂点までの高さは、床から五十六メートル。

一四五三年、オスマントルコのメフメット二世によってビザンチン帝国が滅ぼされ、コンスタンチノーブルが陥落した時、この巨大な聖堂、聖ソフィアは、イスラム教のモスク(=ジャーミー)に改められた。
オスマントルコは、ヨーロッパとアジアに覇を唱え、巨大な帝国を築いてゆくが、コンスタンチノーブル陥落以来、キリスト教国から、一二〇年余りも言われ続けたことがあった。曰く。

「野蛮人」
「トルコ人は、他人が築きあげたものを奪うことはできるが、文化的には極めて劣っている。それが証拠に聖ソフィアより巨大な聖堂を、彼等は建てることができないではないか」

聖ソフィアよりも巨きなモスクを建てること。 これが、オスマントルコ帝国の歴代の王の夢となった。
この悲願を、コンスタンチノーブルが陥落してから一二二年後、ミマール・シナンという天才建築家が為しとげた。トルコのエディルネに建てられたモスク、セリミエ・ジャーミーがそれであり、ドームの直径は三十二メートル。
これは、シナンが八十七歳の時の出来事であった。

シナンは
デヴシルメ という一種の徴兵制度により、オスマン・トルコのスルタン直轄の歩兵軍団であるイェニチェリ の一員となった(それぞれ、Wikipediaにリンク)。

この時代、アナトリア地方やバルカン地方に住むキリスト教徒の少年は、定期的に強制徴用され、イスラム教への改宗の後、個人の資質にあった教育・訓練を施された(イェニチェリの他は、宮廷侍従や官僚、地方官などへ登用された)。

デヴシルメの出身者であるシナンは、当初はキリスト教徒であった。信仰する神を変え、故郷を捨てなくてはならないのだから、当然苦悩する者も多かった。しかし、シナンはそうではなかった。

神が、この世で唯一のものなら、その神に名をつける必要があるのだろうか
― そもそも、神に名をつけたのは誰であるのか。
それとも、神自らが、自らの名を語ったのだろうか。

シナンは上のような疑問を抱えた少年であり、郷里では神父と次のような対話を行っていた。

「名というのは、便宜上のものなのだよ」
「―」
「名があると、便利であるから我々はものに名をつけ、それを使うのだ。存在の本質に関わるものだが、本質そのものではない」
「名をつけたから、神が存在するのではない。名をつける前から神は存在しているのだ。名をとったからとて、神はこれまでと同様に存在する―」

シナンが神父との対話により得た答えは、以下のようなものだった。

「心により多くの量の神を持つものは、この世により多くの量の信仰心を持つ者は、それを持たぬ者よりずっと多く神を見ることができるであろう」

故郷の小さな村で、彼は神父が神の存在を確かに感じたという、イスタンブールの聖ソフィアに思いを馳せる。聖ソフィアを見ることが出来るという一点で、デヴシルメという制度はシナンにとって好都合であったともいえる。

イスタンブール到着後、聖ソフィアに向かったシナンは、その存在感に圧倒されるが、まだそれは、神を捕らえるに完全なものではないと感じる。ギリシア正教から奪った聖堂である聖ソフィアは、上から塗り固めたものの、所々にギリシア正教時代の顔を覗かせているのだ。ここに、シナンの生涯を掛けた夢、「神を捕らえること」がはじまる。神を捕らえることが出来れば、より多くの人が神を感じることが出来るのではないか?

シナンは、歩兵軍団であるイェニチェリの建設部門(戦争中に橋を掛ける、船を作って部隊を輸送するなど)に配属されるが、勿論直ぐにジャーミー(モスク)を作ることが出来るわけではない。ジャーミーの建築にはまだ長い時が必要となるが、シナンは着実にそのステップを踏んでいく。

遥か遠くを見つめるシナンに対し、同じイェニチェリの仲間で、どこまでも現世的な出世を目指すハサンとのコンビもいい。両者ともタイプは全く異なるのだけれど、互いを尊重し、その能力を認め合うという点では、同じ夢枕獏が描く晴明と博雅のコンビを思い出す。

その他の登場人物は、スレイマン大帝、その妻であるロクセラーヌ、宰相イブラヒム、詩人ザーディ。ヴェネツィアでは、ミケランジェロ・ボナロッティが登場する。この時代の、微妙な政治的駆け引きの話なども興味深い。

終章の「チューリップの丘」だけは、少し夢を見ているのだけれど、ここまで丹念にシナンの生涯を追ってきたのだから、最後少しくらい夢を見てもいいよね、と思う。どこまでも揺るがず、一つの目標を淡々と見据える、シナンの透徹した眼差しが印象深い本だった。

夢枕 獏
シナン (上) シナン (下)

風のような文、史実を巧みに織り交ぜた文章には、全然違うと言われるかもしれないけれど、私は司馬遼太郎に似た香りを感じた。 本の装丁がすごく凝っていて美しいのだけれど、写真や挿絵がないのを非常に残念に思った。

*臙脂色の文字の部分は、本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。

fc2とアメブロの相性の悪さは困ったものですね~。

繋がらない「みすじゃん。」のおんもらきさんの記事にリンク
いいね!した人  |  コメント(68)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。