旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:
アン ファイン, Anne Fine, 灰島 かり
チューリップ・タッチ

表紙もちょっと恐ろしげなのだけれど、実際、怖い、重苦しい話です。

ホテルの雇われ支配人を父に持つ、少女ナタリーは、ある日、一家で百以上の客室があるパレス・ホテルへと移り住んだ。そこで出会ったのは、風変りな少女、チューリップ。ぼさぼさの髪にみすぼらしい服装、虚言癖。チューリップは学校でも鼻つまみ者だったけれど、穏やかなナタリーは、チューリップの持つ烈しさに、すっかり魅せられてしまう。

ナタリーとチューリップは、様々な遊び、悪戯を二人で共有する。父はナタリーがチューリップと遊ぶことは止めなかったけれど、彼女がチューリップの家へと行くことは禁止した。そう、チューリップの家は、素晴らしい家庭環境とは言い難かった。酔っては暴れ、信じられない暴言を吐く父、父を止めることも出来ない母…。

体の弱い弟ジュリアスと比べ、穏やかで手のかからない娘であったナタリーは、忙しい両親の目に留まらない術を覚え、チューリップとの極彩色をした悪戯の世界にのめり込む。小学校から中学校へと進んだ二人の悪戯は、更に度を越したひどいものになる。ナタリーがチューリップに惹かれたのはその烈しさ故だったけれど、チューリップがナタリーを選んだのは、彼女が常に従順で逆らわなかったから?、ナタリーの胸に小さな疑問がよぎる。そして、チューリップはやり過ぎた…。小屋に灯油をまいて火をつけ、燃やしたとき、ナタリーははっきりとチューリップとの決別を意識する。

それからのナタリーは、溺れていた人間が水中から必死で浮上するように、チューリップを振り切って、正常な学校生活へと一人戻って行く。しかし、二人でやっていた遊びから一人が降りてしまった場合、残された一人はどうなる? チューリップはますます悪くなる。

一日一日を必死で生き伸びていたナタリーだったけれど、大人はそんな彼女の心中も知らずに、勝手なことを言う。あのかわいそうなお友だちは最近どうしたの? あの子は邪悪な子、もともと付き合うべきではなかったのだ…。厳格な人々はチューリップを遠ざけることを望み、「心やさしい」人々は適度な距離でチューリップとの付き合いを続けることを望む。でも、それはチューリップやナタリーのためを思ってのことではなく、自分たち大人の感情を満足させるためのものではないのか?

子供には力がない。ナタリーはチューリップに引き摺られないために、すっぱりと彼女との関係を断つしか方法はなかった。しかし、大人は違うはずなのだ。チューリップはなぜああなってしまったのか。誰も彼女を救えなかったのか。そして、チューリップが選んだ最後の<遊び>。

ナタリーは回想する。

チューリップといっしょに過ごした日々を、後悔することなどできない。ときどきあたしは、もう二度と、ああいう強烈な日々、赤く燃える夜や、白くかがやく昼を過ごすことはないのだろうかと、不満に思う。でも、そんなはずはないとも思う。人生を色彩豊かにする方法は、星の数ほどあるはずだ。あたしはいつか、自分で自分の方法を見つけるだろう。

でも、そんな風に将来のことを思っても、チューリップという少女のために、ナタリーは心を痛め続ける。誰も彼女を救えなかったのか? 彼女の心の扉まで、誰もたどり着けなかっただけではないのか?

やるせなさという点では、桜庭一樹さんの「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 」を思い出しました…。子どもは無力。彼らの周りの世界が狂っているとき、子どもはどうやって世界に立ち向かえばいいのか??

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
イレーネ ディーシェ, ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー, Irene Dische, Michael Sowa, Hans Magnus Enzensberger, 那須田 淳, 木本 栄, ミヒャエル ゾーヴァ
エスターハージー王子の冒険  

オーストリアの名門、エスターハージー伯爵家の王子、ミヒャエル・パウル・アントン・マリア・エスターハージー殿下(以下、フルネームは延々と続く)は旅に出る。素敵に大きなお嫁さんを探す為に!

オーストリアの皇帝から「伯爵」の称号を貰い、繁栄を誇るエスターハージー家。ところが、ある日、靴屋に孫たちを連れて行った伯爵は気付いてしまう。生まれてくる子の体格がすっかり悪くなってしまった事に。このままでは、由緒正しいエスターハージー家がミニチュアウサギの一族になってしまう。伯爵は、男の孫たち全員を外国に送り出す事に決める。他所の土地で、大きなお嫁さんを見つけるのだ。

さて、エスターハージー王子の行き先はドイツのベルリン。首尾よく大きなお嫁さんを見つけることが出来るのか? 楽天的なエスターハージー王子は初めての旅をわくわくと楽しむけれど、事態は彼が考えるようには甘くはない。エスターハージー家の王子がやって来たというのに、ベルリンのツォー駅には出迎えだっていないし、駅の出口を見つけることすら、エスターハージーにとっては至難の業。人間にだって騙されるし(仲良くなれた人間たちもいるけど)、他のウサギだってなかなか見つからない。

そんな時、エスターハージーは旅立ちの前に聞いた祖父の言葉を思い出す。ベルリンの壁の向こうには、沢山のウサギたちが住んでいるのだという。そう、この壁こそが今は無き、東西ドイツを分けていた壁。実際、「訳者あとがき」によると、壁の付近というのは、実は野生の小動物たちのパラダイスだったのだそう。なんてったって厳しい警戒の下、人はおろか、狼や猫すら通さなかったというのだから・・・。

ところが、ウサギたちの静かな生活も、壁の崩壊によって終わりを告げる。まったく、エスターハージーが言うとおり、「壊すなら、壁なんて最初から作らなきゃいいのにさ」なんだけど・・・。壁の近くからは去るけれど、エスターハージーは幸せになってめでたしめでたし。

ところで、「ハージー」はドイツ語で「ウサギちゃん」という意味なのだって。ハージーの「ハー」は、ウサギの耳のように思い切りながーくのばして、そして「ジー」は、ウサギの鼻をさわるときみたいにそーっとそっと、やさしく読んでやらねばならない「まずはじめに、ドイツ語のレッスンから。」より)そうだけれど、エスター「ハージー」に幸あれ!

ちいさなちいさな王様 」のゾーヴァに惹かれて借りてきた本。こちらもなかなか良かったです。

*臙脂色の文字の部分は引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 田中 明子
ブリスさん  

「サンタ・クロースからの手紙」 と同じ、評論社からの出版。「サンタ~」は落ち着いた緑、こちら「ブリスさん」は茶色の表紙。教授直筆の絵や文章で綴られる美しい本という点でも、「サンタ~」と「ブリスさん」は似た作りの絵本。

彼の名前は強いて訳せば、「しあわせさん」になるとのことなんだけど、ブリスさんはある日、銀一色の素敵な自転車に乗って、自動車を買いに行く。その車は、中も外も目も醒めるような黄色で、車輪は赤! (表紙の感じだと、「目の醒めるような」って感じでもないけどね)

さて、車を手に入れたブリスさんは、知り合いのドーキンズ兄弟を訪ねる事にした。しかし、自動車の運転に不慣れなブリスさんは、この先、珍道中を繰り広げる事になる。

まずは、手押し車一杯にキャベツを積み込んだデイおじさんを引っ掛け、次に荷車いっぱいのバナナをロバに引かせた、ナイトおばさんを引っ掛ける。こうして、ブリスさんの車には、デイおじさんにキャベツ、ナイトおばさんとバナナが乗り、更に車の後ろにはロバを繋ぐことになる。

でも、まだまだアクシデントは終わらない。森の中の道を通ったブリスさんが、次に会うのは、アーチィとテディとブルーノの三匹のクマ。クマたちは、バナナやキャベツ、ロバや自動車が欲しいというけれど・・・。

結局、全員でドーキンズ兄弟のところに行く事になったブリスさんたち御一行。勿論、その登場の仕方も、普通に玄関から「こんにちは」なんていうものではない。きれいな敷物の上でピクニックをしていた、ドーキンズ兄弟の上に、皆でドーーーン!

繰り広げられるドタバタ劇が面白い絵本。

ブリスさんが村の人たちに内緒で飼っている、キリンウサギも魅力的。
キリンのなが~い首を持つ、ウサギなのです。珍道中の最中には全く出てこないので、 最初に出てくるだけなのかなぁと思っていたら、最後には色々と重要な役割を果たしていました。いっちばーんラストの絵は、村の子供たちがキリンウサギの首にそれぞれ結わえた紐を持ち、メリーゴーランドのように楽しそうにぐるぐる回っている。それを見つめるブリスさんの心中は如何に?(大冒険の後の、穏やかな心地なのかしらん)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オンライン書店ビーケーワン:サンタ・クロースからの手紙
J.R.R.トールキン, ベイリー・トールキン, せた ていじ
サンタ・クロースからの手紙  

時期外れなことは分かっているのですが、始まったばかりの2006年、年末まで待つには忍びなく、今日はこの本を。

さて、この本はJ・R・R・トールキンの子供たちがクリスマスに貰った、サンタ・クロースからの手紙を纏めたもの。J・R・R・トールキンといえば、「指輪物語」「ホビットの冒険」の作者として有名ですよね。

この本には1925年から、15年間に亘るサンタ・クロースからの手紙が収められている(実際には、長男のジョンが三歳であった、1920年から手紙が始まっているようですが)。その間、1935年にはトールキンが子供たちにビルボ・ハギンズの冒険を語り始め(1937年に「ホビットの冒険」として出版)、サンタからの手紙の中で、エルフのイルベレスが秘書になった1936年には、「指輪物語」の執筆が始められていたそう。手紙の中でも、1932年にはサンタたちとゴブリンの戦いが始まったり、現実の世界のお話作りとも、所々リンクしているようです。

この表紙の絵も美しいでしょう? これは「サンタ・クロース」自身の手によるもので、ちょうど1926年に贈られた手紙に描かれた絵にあたる。全ての手紙には、震える筆致(何てったって、サンタ・クロースは大年寄り!)に、こういった美しい水彩画が添えられていたのだそう。サンタ・クロースの自筆の震える文字と、手紙と封筒に書かれた飾りは、僅かしか例示できなかったけれど、描き送ってくれた絵はほとんど全部、この本に転載されているとのこと。

さて、サンタ・クロースの所には、あまり役には立っていないと思われる助手の北極熊(とはいえ、憎めない!)がいるのだけれど、この表紙の絵はまさにその北極熊がうっかり二年分のオーロラ花火に点火してしまった所! 世にもたぐいなく大きなドカーンであり、おかげで北極柱(ノース・ポール)は真っ黒になってしまったとのこと(表紙絵の真ん中の黒いのがそうですね)。星という星は揺すぶられて位置がずれ、月は四つに割れ、月の男が裏庭に落ち、まあ、大変だったそうなのです。二年分の花火を使ってしまったせいで、次の年、1927年は真っ暗なまま作業をしなくてはならなかったりね。

こんな風に、北極で起こったこと、北極でのサンタたちの暮らしぶりが、毎年毎年丁寧に描かれる。年が進むごとに、登場人物も増えていく。サンタと北極熊の二人だけだったのが、北極熊の甥、パクスとヴァルコツッカや雪ン子たち、洞穴熊(ほらあなぐま)、招かれざる客ゴブリンども、地の精(ノウム)たち、赤いエルフと緑のエルフを加え、サンタ・ファミリー(?)もどんどん賑やかになっていく・・・。

とても、美しく、楽しい本です。 こういう本は大好き。
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
パトリシア・ライトソン, 猪熊 葉子
星に叫ぶ岩ナルガン」

不慮の事故により両親を亡くした少年、サイモン・ブレンドは、遠縁の親戚、チャーリー・ウォータースとその妹イディが住むウォンガディラにやって来た。親しいものの数々から引き離され、全く知らなかった土地にやって来るその姿は、カポーティの「遠い声遠い部屋」における少年を思い出させる。

さて、ウォンガディラには不思議な生き物たちが棲んでいた。沼に棲み、金色の目を持つポトクーロック。森に棲み、木と木の間を跳び回る、ツーロングたち。彼らは太古の昔から、ここウォンガディラに棲む者たちであった。

しかし、ここに招かれざる客が一人。それは、表題にもある「叫ぶ岩ナルガン」。ナルガンは動く岩。踏み潰す岩。おそろしいばかりに冷酷な岩。

ポトクーロックやツーロングは、彼らの土地に、よそ者であり恐ろしい岩ナルガンが来た事を歓迎しているわけではない。しかし、ナルガンは彼らよりもはるかに古い生き物であり、静観を決め込み、見ない振りを続けていた。

そんな中、チャーリーの羊が殺され、またサイモンらの家にも動く岩ナルガンが迫る。サイモン、チャーリー、イディはこのまま、ナルガンをほうっておくわけにはいかなくなり、悪戯者のポトクーロックや、ツーロングに協力を求め、ナルガンを追い払おうと決意する。
****************************************
ポトクーロックは太古からの生き物。かつては今では老いたチャーリーやイディと共に遊ぶこともあった。チャーリーの符号は「ボートの男の子」。

ポトクーロックをやる気にさせる、チャーリーの知恵、やり取りも面白い。悪戯好きで、太古からその土地に棲む、不思議で勝手な生き物と、人間との化かし合い。

このあたりじゃ、だれかと話したいと思ったときにはな、お前がしたみたいに、大声でよばわりながらだれかの領分にふみこむってことはせんのだよ。まず先に伝言棒をもたせた使者を送る。どうにもこうにも仕方のない時には、自分でそれをもっていくがね。そしてすわってむこうが注意をむけるまで待つんだ。これがしきたりなのさ。

上の文は、ウォンガディラの古い生き物との付き合い方を、チャーリーがサイモンに教え諭す場面。伝言棒の使者、洞穴の中に棲むナイオルなど、古い伝承と詩的な物語が絡み合い、魅力的な物語をなす。冒頭、叫ぶ岩ナルガンの視点で物語が始まるので、多少戸惑うかもしれないけれど、続けて読めば、人間の視点に移り、ぐっと読み易くなる(太古の昔からの生き物の視点というのも、なかなか新鮮でもあるが)。

カポーティ, 河野 一郎
遠い声遠い部屋  


*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。