旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:

ラスベガスはどんな街??


今回はそれに尽きるかなー。

オーシャンズの一人、老ルーベンが騙されて、生きる気力まで失ってしまった。オーシャンとその仲間たちは黙っちゃいないよ??、ってことなんですが…。最初はねえ、ああ、この人誰だっけ、とか思いながら見てたし、なんだかんだで三作見てるけど、いや、オーシャンさんたちにそんなに詳しくないし…、と思ってたんですが、中盤からは俄然面白くなりました。

メキシコって実際行ってみたら、絶対あの埃っぽさに文句を言うのだとは思うのだけれど、映画「バベル」といい、この「オーシャンズ13」といい、メキシコの場面って妙に生き生きするというか、健やかな生命力を感じます。ラテンアメリカ文学は、逆に詩的というか哲学的な気もするんだけど。

アメリカのテレビショーのオプラ・ウィンフリーが出て来たのも面白かった(ラストもこれに繋がっているんだねー)。なので、やっぱりこれは人情話。ダニーや、ラスティーのルーベンとの関係は、私には前二作では良く分らなかったけれど、今作では、不良少年たちを守って上げた(とはいえ、彼らは一応立派な「悪」(?)に成長したわけだけれど)過去が語られる。なので義理がたいダニー・オーシャンは、ルーベンが騙されたことを余計許せなかったわけだよね。

ラスベガスのカジノホテルというと、こりゃまた、自分のアメリカ関連の知識は全てドン・ウィンズロウのストリートキッズ・シリーズ絡みのみなのか!、と思うんだけど、「砂漠で溺れるわけにはいかない 」を思い出します。ラスベガスに行ったことはないのだけれど、砂漠に忽然とあんな煌びやかなホテル群があるのも面白いよなぁ。しかし、オープニングセレモニーが和太鼓に相撲と、妙に日本びいきだったのはなぜだ??

オーシャンとラスティーの男の友情は美しいんだけど、この設定の中で、二人の家庭はだいじょぶなのでしょうか? オーシャンズは男の世界の友情なだけに、なんか女性は締め出されている気がしますよ。「また会えたらな」と散っていく、オーシャンの仲間たち。さて、本当に「また」会えるのかなー。

割とどうでもいいことですが、マット・デイモン、この作品だと妙に可愛いですよね。「ボーン・スプレマシー」の彼とは全く別人…。今回は鼻と媚薬が!!! つか、あの媚薬、凄過ぎる。

そして、この映画、楽しいんだけど、情報量が多すぎなんです…。絶対、色々と小ネタを見逃してそう。「トランスフォーマー」くらいだと、私の頭の情報処理能力でもついていけるんだけど、「オーシャンズ」ではもうパンク気味…。映画ってちゃんと理解しようと思うと、色々な素養がいりますよね。同時進行でいろいろなことが起こってたりもするしさ。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
東宝
ラヂオの時間 スタンダード・エディション

ラジオドラマの脚本コンクールに、自作「運命の女」が採用された主婦のみや子。こんなことは自分の人生でただ一度のことと、自作の放送に胸を膨らませるが、主演女優が役名に不満を言い始めたことを切っ掛けに、注文が相次ぎ脚本はどんどん書き換えられていく。パチンコ屋のパート主婦は、いつしか女弁護士メアリー・ジェーンへ。舞台は熱海から、ニューヨークを経てシカゴへ。メロドラマだったはずなのに、オープニングにはなぜかマシンガンの音が響く。

生放送だというのに、辻褄を合わせるために、脚本はあらぬ方向へと暴走する。
一番大事な再会シーンすらも、無かったことにされようとした時、とうとうみや子は立ち上がる! 唯々諾々と指示に従っていた、ディレクターも反旗を翻す。

辻褄を合わせたつもりでも、何せ短期間での間に合わせ。脚本が進むごとに、ぼろぼろと粗が見つかる(また、周囲の無責任なこと!)。あらぬ方向へと暴走していく脚本も面白いし、出演者がとにかく個性的で面白い。これはちょっと誇張されているけど、きっといるよね、こういう人。そして、「終わらせる」ことが目的になって、当初の目的からずれてしまうことだって、きっとある。滅茶苦茶に変わっていき、どうにも苦しいこの脚本。さあ、一体どうなってしまうのか?ラジオドラマのスタジオから、場面がほとんど動かないのに、ハラハラドキドキしてしまう。

トラック運転手の渡辺謙さん、良かったです。ほとんどトラックの運転席のシーンなのにね。役者さんってすごいなぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ジョー・ブラックをよろしく


アンソニー・ホプキンス演じる大富豪ビル・パリッシュのもとに、直前に亡くなった若者の身体をその身に纏い、死神が舞い降りた。ビルの寿命を延ばすことと引き換えに、死神は人間界の案内を要求する。

死神は人間界の生活を知らない。ビルの言葉にうたれた彼は、人間界を知りたいと願う。電撃のような感情とは?稲妻にうたれたような恋とは?

また、ビルは富と権力を掌中にする人間だからこそ、死神は人間界の案内役に相応しいと考えるのだ。ビルは死神にジョー・ブラックという名をつけ、極めて異例の事ながら自宅での滞在を許し、周囲の不審の目をよそに、彼の会社での役員会議にも出席させる。


ブラッド・ピットは、死神に身体を貸す事になる亡くなった若者と、死神の二役を演じているのだが、この演じ分けが素晴らしい。無邪気で明るい若者と、人間界に不慣れな死神。たどたどしく振舞っていた死神が、周囲の人々に受け入れられていく様は、こちらも何だか嬉しくなる。
ピーナッツ・バターがお気に入りの死神は愛らしく、またビルの娘、スーザンとの恋の喜びにふるえる様はとてもセクシー。

亡くなった若者は、その直前にビルの娘スーザンと偶然出逢い、両者とも恋の予感を持っていた。ただし、次にスーザンのもとに現れた彼は、既に生前の彼ではなく死神であった。切っ掛けは、生前の彼が作ったとはいえ、スーザンは死神である彼に恋していく。しかし、死神はいつか彼の世界に帰らなければならない。スーザンも初めての「稲妻にうたれたような恋」を経験するが、死神もまた初めての愛を知る。死神はこの愛をどうするのか。

死神が病院で出会った黒人女性(「あんたは観光客だ。沢山写真を撮ったら、さっさと自分の世界に帰ったほうがいい」)、ビルの娘婿クインスなど、脇の人たちも良かった。


ラストのビルの誕生パーティ、会社買収の危機を乗り越えた、ビルの満ち足りたスピーチの素晴らしいこと、花火の場面の美しいこと。父と娘のラストダンス。死神とビルとの会話。アンソニー・ホプキンス、ブラピともに名演だと思う。スーザンも美しく、賢さを感じさせられた(病院でのシーンは、そんなに賢そうではなかったけれど)。

珍しくも、正統派の美しさを前面に押し出しているブラピに対する興味はあったのだけれど、なぜかなかなか見ることのなかった映画だった。もっと早く見ておけば良かったなぁ。ブラピの美しさには勿論うっとりなのだけれど、それだけではない映画だった。大分、ロマンチックに寄っているとは思うけど、人生についても考えさせられる。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ドラムライン

Amazonより
ニューヨークのハーレムで育ったデヴォンは、マーチング・ドラマーとして天才的な才能を持っていた。その才能に目をつけたA&T大学マーチング・バンド部のリー監督は、デヴォンを特待生としてスカウトする。マーチング・バンドとは、スポーツ競技のハーフタイム12分間に、華麗で一糸乱れぬ演奏とパフォーマンスを行い、観客を聴覚と視覚の双方から楽しませる事のできる、総合エンターテイメントだ。A&T大学は今年も最大のライバルであるモーリス・ブラウン大学との、“名誉と青春”を賭けた優勝決定戦を控えていた。デヴォンは入部早々その天才的なドラム・テクニックを披露し、周囲を圧倒する。だが、自らの才能に溺れた言動や勝手な行動が、やがてバンド・メンバーや監督との軋轢を生んでいく……。

これぞ青春!

マーチング・バンドの恐ろしいまでの体育会系っぷり(坊主にさせられてしまう所などには、笑ってしまうけれど)に恐れをなしつつも、音楽とリズムに満ち溢れた楽しい映画。

主人公デヴォンがぶち当たるのは、マーチング・バンドの正統派スタイルを目指すリー監督、また和を大切にするドラムラインのリーダー、ショーンの二人。

「バンドは一つ、音楽も一つ」

彼らは当然アドリブなどを嫌うわけで、テクニックに自信を持ち、鼻っ柱もテクニックと張るくらいに強い、デヴォンとの衝突は必然ともいえる。

お約束ではあるけれど、監督やショーンと和解する場面もいい。和解には、デヴォンの父もちょっとした役割を果たしている。また、哲学科専攻ながら、ダンスを何よりも愛する、ガールフレンドのレイラとの話も、とっても青春。

管楽器をやっていたので、マーチングバンドの華はパーカッションなんだっけ、と少し悲しく思いつつ見ていたのだけど、圧倒的なドラムラインの迫力に、そんなことは忘れました。マーチングバンドの華は、ドラムラインでOKです。笑
(これは一般的な事なのでしょうか?
それとも、ここ南部では、リズム感溢れる黒人系の人々が主になるから?)
********************************************
公式サイト(こちら )に、マーチング・バンドの歴史が載せられており、興味を持ったので転載しておきます。

マーチング・バンドのショー・スタイルの歴史――その目を見張るような壮観さと派手なパフォーマンス――は、マーチング・バンドの監督として最も有名な人物の一人であり、アメリカで最も優れたマーチング・バンドとされているフロリダ州タラハシーのフロリダA&M大学(FAMU)の名誉監督であるウィリアムズ・フォスター博士が、46年、同大学のマーチング・バンドの監督に就任した時に思いついたものだ。

それまでの伝統的なマーチング・バンドの軍隊調のスタイルは、フォスター博士によって伝統を打ち破られ、アップビートで非常にエネルギッシュなショーへと変わったのである。

アトランタ高校のバンド監督でありFAMUの卒業生であり、フォスターのスタイルを継承しているドン・ロバーツ
(映画化にあたり、テクニカル・アドバイザーを依頼)、軍隊調とショー・スタイルのマーチング・バンドの違いについて、このように語っている。「ショー・スタイルのバンドは、とてもエネルギッシュであり、ポップな曲を演奏している。それも最新のポップスだけじゃなく、“熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ作曲の管弦楽曲。非常にリズムの早いアクロバティックな曲)”やジャクソン5などの曲も演奏している。そして、生徒たちは競技場に一切楽譜を持ち込まない。演奏する曲は、すべて暗記する。しかも、ただ踊るだけじゃない。楽器を演奏しながら、決められた位置を守りつつ、振りつけられた動きをしながら暗記した曲を演奏するのさ」以上、公式サイトより転載(一部、中略)。

演奏しながら、踊って、フォーメーションもキメて。
マーチング・バンドの演奏部分を聞く/観るだけでも、きっととっても楽しい。

「スウィングガールズ」を観ても楽器を吹きたくなったけど(生徒たちが直ぐに上手く吹けちゃうように見えた所には、文句タラタラ、ブーブー言ってましたが)、合奏したーい!、と思う映画でした。や、吹くだけで手一杯だし(というか、今は音が出るかどうかも、怪しいし)、こんなアクロバティックなこと、出来るわけありませんけど。
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

テーマ:

アンジェリーナ・ジョリー、かっこいい!、ブラピかっこいい!、という映画でした。
なんて感想なんだ!笑 いや、躍動する美男美女に、満足満足という感じ。

アンジェリーナ・ジョリーは、しかしすごいですね。銃があんなに似合う女優さんも他にはいないと思うし、ブラピと素手で戦っていても、見劣りしないというか、全然可哀相とは思えない(むしろ、逞しき男性であるブラピの方が、劣勢であるように見えたりも)。顎をくっと上げた表情のセクシーなこと。あのぷるんぷるんの唇も、いいよな~。

そして、これは有閑マダムさんが書かれていることでもありますが、アンジェリーナ・ジョリーの様々なコスチュームを楽しむことも出来ました。
 ■有閑マダムさんの記事はこちら
マダム、私も「アンジェリーナのコスプレ大会」と、「似合う」衣装(ボンテージ風)、いまいち「似合わない」衣装(コンサバ系)にはまったく同感であります。笑)

ブラピも、にやっという感じの笑顔が、とってもチャーミング。
やっぱり、ブラピはかっこいいよなー。子供っぽいというか、いたずらっぽい表情が好きです。

夫婦の問題に関しては、今まで互いに秘密だったことを知るようになって、同業者ならではの話を、嬉しそうにするブラピが印象的でした。アンジェリーナはそれに対して、しれっと切り返すのだけれど。なんだかんだで、少年のような男性と、余裕のある、大人の女性のカップルに見えたような気も。最後のカウンセリングの、両手を使っての「十段階で十!」も、やんちゃ極まりなかったし(笑ったけど)。
実際のお二人はどうなんでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「THE 有頂天ホテル」(三谷幸喜・脚本&監督)が、予告編を見ると面白そう。癖のある人物に、ホテルの組み合わせということで、「フォー・ルームス」を思い出しました。これは見に行こうかな。ナルニアはまだうだうだ迷いそう・・・。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、実家の年賀状ソフトを使えるようにするのと引き換えに、母にレディース・デイ(初めて行った!)の映画を奢ってもらいました。

というわけで、母と一緒に「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました。

多分、これは筋だけを聞いても、「ふーん」と思う映画だし、「泣ける!」と聞いてもあざとい演出や、レトロ調による錯覚を疑ってしまう映画かな、とは思うのです。
でも、これが映像として立ち上がると、何ということはないストーリー(特に奇抜ではないという意味ね)、ハートフルな展開が、何とも厚みを持って迫ってきた。

映画の始めの部分では、土台を現すのみだった東京タワーが、最後には立派な姿を見せる。これは希望の象徴なのかもしれない。きれいな心、いい笑顔の人たちの中に、築かれる心の絆がうつくしい。

時代は昭和30年代初め。「もはや戦後ではない」けれど、戦争の傷を負い、静かに生きる人もいる。集団就職で青森からやってくる女学生がいる。小さな自動車会社を興し、懸命に働く父がいる。優しく強い母がいる。やんちゃな子供がいる。たらい回しにされ、やんちゃではいられない子供がいる。文壇から認められず、子供向け雑誌で糊口を凌ぐ作家がいる。自身の事情を隠し、小料理屋を切り盛りする女がいる。

テレビがやってくれば、近所の連中が寄り集まって大騒ぎ(挨拶は、「テレビ、おめでとう!」)だし、冷蔵庫がやってくれば、家族の皆で交代に顔を突っ込んでは感激する(しかし、氷屋さんはがっくり)。

俳優さんみんなが、その空間に溶け込んでいて素晴らしかったのだけれど、特に印象に残ったのは、作家茶川竜之介(渾名は「ブンガク」)役の吉岡秀隆さん、たらい回しにされてしまう、古行淳之介役の子役のお子さん(微妙な表情の演技わけが素晴らしい)、青森から出てきた六子(むつこ・でも渾名は「ろく」ちゃん)役の堀北真希さん(方言が超キュート!)の演技。

私、普段、映画館ではそこまで大変なことにはならないのですが、今回はうるうるどころか、ずるずるきちゃって大変でした(汚くて失礼)。
もし、これからご覧になる方で、涙腺が弱いかも、という方がいらっしゃいましたら、ハンカチを手に持っておくことをお勧めいたします。

ぐっと来る所では啜り泣きが、コミカルなシーンでは笑い声が響く、妙に一体感のある映画鑑賞でありました。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
喜八さんから、「映画バトン 」を頂きました。早速、いってみます。

1.初めて映画館でみた映画
母に連れられて行った、ディズニーの「ファンタジア」か、アニメ映画の「北極のムーシカミーシカ(1979)」が最初だと思うんですが、この頃母に連れられて見た映画で、印象に残っているのは、実は映画そのものよりも、凍らせて持っていったパックのジュースの事だったりします。これでいいのか、情操教育!(一応、上映された年を調べてみたのですが、「ファンタジア」は分からなかったし、「北極の~」なんかは、三歳離れた弟と一緒に行ったとは思えない・・・)
きちんと覚えているのは、「E.T.(1982)」。ピアノの発表会の後に、母に内緒で父が連れて行ってくれました。


2.最後に映画館でみた映画
先週の土曜日に見た、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット 」。
ハリポタはなぜか、直ぐ観なきゃ!という気になります。イベントだから?

3.心に残りつづける映画

「ニュー・シネマ・パラダイス」。音楽から、何から何まで、大好き!
でも、「完全版」よりも、普通のバージョンの方が良いように思います。
大学時代にリバイバル上映されていたのを、映画館に観に行った事もあります。
せまーい映画館で、終わる頃には啜り泣きがあちこちから漏れてきて、妙に一体感があったのを覚えています。

4.愛する人とみたい映画
うーん、うち、夫と映画の趣味が合わないんですよ。ということで、勝手に質問をスライド。「ハリー・ポッター」で予告編を見て、「観に行こう!」と言っているのが、「Mr.&Mrs. スミス 」。ああ、ミーハーだなぁ。でも、こういうノリの映画も好き。何も考えず、ただ楽しい♪ 

5.ホラー
ホラーは苦手。「フェノミナ」や「サイコ」くらいでギリギリです。でもこれって、「ホラー」の定義に合致してます?
「フェノミナ」は、中学生の頃にビデオで見たのだけれど、ジェニファー・コネリーが美しかった~(でも、虫は怖いです、うん)。

そういえば、映画館で「ホラー」を見たことがありません。多分、これまでに映画館で見た一番ホラーに近い映画は、「世にも不思議なアメージング・ストーリー」です。ああ、ヘタレ・・・。

6.バトンをまわす人
映画好きの方は、既にやっておられるのでしょうか。出来ましたら、トラバで教えてくださると、嬉しいです。やってみてもいいぞー、という方がいらっしゃいましたら、是非是非お持ち下さいませ♪
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
明るさ、光は影を潜め、闇は更にその色を深めた。

って、ところでしょうか。
(後、映画音楽も、ジョン・ウィリアムズから変わった??)

そもそも「ハリー・ポッター」に関しては、ノリで映画「ハリー・ポッターと賢者の石」を見に行って、それが意外な面白さだったので、原作本も読み、そのままハマったのでした。

そういう映画、映像ならではの驚きや楽しみは、巻を重ねるにつれ薄れているように思う。「賢者の石」の映像の、キラキラとした明るさ、喜びは既にない。「ハリー・ポッター」という物語の構成自体が、最初は間口を広く、段々その世界を狭め、深めているので仕方がないことなのかもしれないけれど(って、これ、ほとんどペトロニウスさんの考察ですね。ここ にリンク。そして、登場人物たちの内面の世界が重要になってくるし)。

今回は、更に上下巻分のボリュームを、映画の尺に合わせるということで、映像の楽しい遊びの部分があまりなく(てか、第一の試練のドラゴンって、原作ではあんなに苦労してないよねえ?その他にも長く強調された部分と、自分の好みとがいまいち合致しなかった。あ、でも久々登場のマートルは地味に嬉しかった)、筋を取り回すだけで手一杯の印象を受けた。ああ、私、ヴィーラとか見たかったんですが・・・(ドビーとウィンキーもなかった事にされてるし)。

キャストは好きだし、彼らはほんとに上手いなぁ、と思うんですが、これからますます映像化は苦しくなるのだろうなぁ。ま、今後もきっと見に行くと思うんですけれど。あ、どうでもいいけど、クラムはえらくハンサムでしたね。
あんなかっこいい設定でしたっけ?

一言:ロンのドレスローブ最高!(ああ、なんてピンポイント)
   ダンスパーティー会場における、情けないハリー&ロンのコンビも

ところで、前作ではあまり感じなかった、ダンブルドア役の変更。どうも私は駄目でした(ああ、感想書きながら、駄目出しばっかり。でも、私、「ハリー・ポッター」は映画も小説も、両方とも好きなんです)。この段階の本の方では、ダンブルドアはあまりおたおたしていなかったと思うんですが、演技に重み、深みがないように感じました。忙しないよ。

*公開間もないので、色で伏字にしたつもりなのですが、携帯など見えてしまう環境からアクセスされている方、ごめんなさい(というか、色あわせも今ひとつ上手くいきません)。
いいね!した人  |  コメント(45)  |  リブログ(0)

テーマ:
「花より男子」第三話。

馬鹿馬鹿だけど、無邪気で淋しがり屋の御曹司、道明寺がきっちり画面の中に居たよ(ファンの欲目?)。
にしても、女性には殴られたり、足蹴にされたりばかりだなぁ。笑
それで喜んでる、私も私だが。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

これが最後というのも淋しいけれど、高校生活を描いた連続ドラマから、もう10年も経ったのだから、仕方がないのかな。

所々で挿入される、昔の場面が懐かしかった(渉さんかっこいー!とか、茅乃悪そう~(笑)とか。しかし、みんな若いね)。

夢を持って、でも挫折して、またそれが叶ったとしても、日常に埋没してこうじゃなかった、こんなはずじゃなかった、と思うのは、ある意味等身大なんだろうなぁ。成長しているのだけど、根本的には変わってなかったりとか。

私の方も変わらず、園子優柔不断過ぎだよ、とか、渉さんは言葉が足りな過ぎだよ、とか、文句つけながら見てしまったわけですが。そして、松本の風景は、変わらず美しいなぁ。

しかし、前回と今回含めて、美里さんの存在って一体・・・。そして、長谷部君、相変わらずいい人ですね。彼の存在は、園子には貴重だと思うんだけど。ま、友人でもいいのか、そういう意味では。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。