旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:
池田 あきこ
わちふぃーるど 四季の絵ばなし

ダヤンの本シリーズを読んだことはないのだけれど、とら さんの所で沢山のダヤンの本が紹介されていて、すっかりその魅力にやられてしまいました。 とはいえ、沢山出ている絵本シリーズに手を出す勇気はなく、悩みに悩んでこの本と他二冊を購入。これは中公文庫の「てのひら絵本」シリーズの一冊で、手軽なのです。

本シリーズを読んでいなくても、楽しく読むことが出来ました。ただし、とらさんも書いておられることだけれど(こちらにリンク )、掲載されているイラストは全てモノクロです。分かっていたことだけれど、これはちょっと残念。柔らかなタッチもとっても美しいのですけれど。

目次
スカンクの悪だくみ
りこうな手紙
みんな猫になる
ピノキオの左足
風小僧
ロック鳥の卵
いちご摘み
アラルのシーボーズ
ダヤンの誕生日
月のおばさん
スリックさんのゆううつ
ハネムーン・ドロップ
ウィザーローク
フォーンの森
靴屋のマント
ハロウィン

皆さんはどんなお正月を過ごしていらっしゃいますか? この本ではダヤンのお正月は、「スカンクの悪だくみ」に相当し、ダヤンは危うく、しまスカンクの食料になりかけます。こんなお正月はちょっとイヤかも。とはいえ、ダヤンの誤解により、しまスカンクとは、何事もなかったようなお付き合いが続きます。

さて、この本の中で、特に私が好きだったのは、「風小僧」「月のおばさん」の二つのお話。

■「風小僧」
フォーンの森から、春と一緒に飛び出してきた風小僧。「競争しよう!」と誰彼かまわず、誘いかける彼。迷惑だけれど愛らしくもあり、とっちめてしまうのは、ちょっと可哀相かもね。

■「月のおばさん」
綺麗なお月様を見ていたダヤンとマーシィは、スルスルと降りてきた梯子を昇って、月の上でマーシィのおばさんに出会います。おばさんは月をちぎっては、お団子を作って二人にご馳走しようとしてくれます。しかし月にはボコボコ穴があき、おばさんも飛んでいってしまいます。
***********************************************
戌年なのに新年一発目の本記事が猫の本?、またこういう本は普通年末に持ってくるのかな、とも思いつつ、これから始まる一年が、どうか皆さんにとって良い一年となりますように!

ダヤンの一年間のように、楽しいことの沢山詰まった一年でありますように~。
AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

檀一雄「檀流クッキング」

檀一雄といえば、「火宅の人」?、檀ふみの父上?位のイメージしかなかった私ですが、参りました! 素晴らしいです、檀一雄。

これは、檀一雄氏による料理の指南本。季節ごとに分かれた料理は、和食のみに留まらず、この時代としては驚異的に感じられる、世界各地のものに及ぶ。これらを家庭で自ら再現してしまうのだから、凄いとしか言いようが無い。

「まえがき」より引用すると、檀氏の料理事始めは「私が料理などというものをやらなくてはならないハメに立ち至ったのは、私が九歳の時に、母が家出をしてしまったからである」であり、「結局、食うために、私が一切買い出し、私が一切、料理をやる以外になかったのである」ので、誠に年季が入っている。しかも、これらは炊飯器、ガス器具などが無い時代のこと、全て七輪、カマドで煮炊きをしなければならぬ。全く、私などではとても太刀打ち出来ません。

例えば旅先などでも、「私にとってその土地に出かけていったということは、その土地の魚菜を買い漁り、その土地の流儀を、見様見真似、さまざまのものを煮たきし、食ったということかもわからない」ということで、食べたものを決してそのままにはせず、自分で再現してしまうのだ。食に対する好奇心が、非常に強い人だったのだろうなぁ、と思う。

さて、肝心の本文はどういう作りになっているかというと、醤油何匙などの細かい指示は殆ど無い。ダシ汁の調整なども、「お吸物の味よりやや濃い目ぐらいのつもり」などのお吸物基準。とはいえ、肝心な事はきちんと書いてあるし、こういった指示の方が、自分の好みに近い味を作ることが出来るのかもしれない。

以下の引用部分に参りましたー! 「檀のいうことを聞け」、と言われては、つい檀さま!、檀先生!とお呼びしたくなってしまいます。

梅干だの、ラッキョウだの、何だか、むずかしい、七めんどうくさい、神々しい、神がかりでなくっちゃとてもできっこない、というようなことを勿体ぶって申し述べる先生方のいうことを、一切聞くな。檀のいうことを聞け。
梅干だって、ラッキョウだって、塩に漬ければ、それで出来上がる。嘘じゃない。
塩に漬けるだけだ。勿体ぶったことは何もない。ガラス瓶を一つきばって、そこの中に漬け込み、床の間に置き、その出来上がりの梅干だの、ラッキョウだのを、毎日チラチラ生花のつもりで眺めて見るのは、愉快なことではないか。その梅干だの、ラッキョウだのの味の変化を、時々舐めてみたり、味わってみたりするのは、尚更痛快なことではないか。

名文で読むだけでも面白いのが、引用箇所からも分かるでしょうか。こんな感じの歯切れのよい、小気味よい文章で、料理の説明が続きます。「きばって」食材を買ってくるのもきっと楽しいし、「愉快だ」と思って自分が調理したものを食べる事もきっと楽しい。更に生花のつもりで、梅干の変化を楽しむのだとは!

そして以下は、憧れの内臓料理! 躊躇してしまうのですが(というか、私が行っているようなスーパーに、果たして新鮮な内臓が売られているのか?)、うーむ、檀さまの教えに従って、少し挑戦してみたくなりました。とはいえ、魚の内臓処理も頼んでしまうような、ヘタレの私ではやっぱり無理かも・・・。

日本人は、清楚で、潔癖な料理をつくることに一生懸命なあまり、随分と大切でおいしい部分を棄ててしまうムダな食べ方に、なれ過ぎた。ひとつには、長いこと殺生が禁じられた時代のために、鳥獣のほんとうの食べ方がすっかり忘れられてしまったのである。
日本人は、いわばササミのところばかりを食べて、肝腎の、おいしい部分を、ほとんど棄ててしまう気味がある。

図書館で借りてきたのだけれど、これはちょっと手元においておきたいな、と思う本でした。実際料理をしなくっても、何だか楽しそうに調理の様子が説明されているので、楽しんで読める本だと思う。
やっぱり何事も、「楽しんで」やった者の勝ちなのかもしれませんね。

 ←正確には中公文庫BIBLIOより出版されています
檀 一雄
檀流クッキング


*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(43)  |  リブログ(0)

テーマ:
カレル・チャペック、小松太郎訳 「園芸家12カ月」

「庭をつくるには」、「園芸家になるには」の次は、「1月の園芸家」、「2月の~」が12月まで続く。何月には土を作って、何月には何々を植えましょう、何月にはこの花が綺麗です、なんていう園芸の本ではない。何かに夢中になっている人って、端から見るとちょっと滑稽だったりする。これはその「園芸家」の滑稽さ、おかしみを書いた本。

だって、「園芸家になるには」にはこう書いてある。

ほんとうの園芸は牧歌的な、世捨て人のやることだ、などと想像する者がいたら、とんでもないまちがいだ。やむにやまれぬ一つの情熱だ。

やむにやまれぬ情熱に駆られてしまった園芸家の日々。面白かった箇所を以下に引用します。「2月の園芸家」より。

園芸家というものが、天地創造の始めから、もしも自然淘汰によって発達したとしたら、おそらく無脊椎動物に進化していたにちがいない。いったい、何のために園芸家は背なかをもっているのか?ときどきからだを起こして、「背なかが痛い!」と、ためいきをつくためとしか思われない。足はというと、種々雑多な曲げ方をしている。すわったり、ひざまずいたり、なんとかしてからだの下に折り曲げている。指は、小さな穴をあけるときには棒っきれのかわりになるし、拳固は土のかたまりをくだいたり、やわらかにしたりするときの役に立つし、口はパイプをひっかけるのにつごうがいい。ただ、背なかだけは、いくら曲げようとしても、曲がらない。ミミズにだって脊椎はない。うわべだけ見ていると、ふつう、園芸家は尻でおわっている。手と足はカニのようにひろげたままで、頭は、馬が草をたべるようなかっこうで、どこか膝のあいだに突っこんでいる。

巻末には訳注として、詳しい植物や堆肥等の解説が付いている。訳者もユーモアに溢れる面白い人のよう。


引用ばっかりですが、解説より。
「園芸家のよろこびは、単に美しい花を咲かせるための労働と、そのむくいだけにあるのではなく、四季の作業をとおして自然の生命の美しさに触れることができる点にあるのだろうと思う。」
「古来、花を詩題にした詩人は大勢いたが、土に親しむ園芸家およびマニアのよろこびと悩みを、これほど詩情にあふれた軽妙洒脱な文章で、たのしく書いた詩人を、訳者は知らない。」

古い本ですが、面白かった。いえ、こんな本読んでも家にあるのはバオバブくらいのものなんですが。後、あるのはドライの薔薇とシュロの葉くらい。
・・・うーん。

著者: カレル チャペック, Karel Capek, 小松 太郎
タイトル: 園芸家12カ月

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 津田 直美
タイトル: 私の動物図鑑
津田直美「私の動物図鑑」

久しぶりの本屋での衝動買い。画像を見てもお分かりかと思いますが、表紙からしてもう大変に可愛い。そして細部まで丁寧に描き込んだ美しい絵。目次と、「生きとし生けるもの全てに愛を込めて」と題した文章が、最初の見開き頁に載せられているのだけど、ここに描かれたキリンがまた可愛い。で、津田さんがキリンに触れた時のエピソード。

大きなどら焼きのような鼻の下にそっと触れると、あまりの優しい手触りに気持ちまでがとろけそうだ。これほどまでに幸せな手触りがこの世にあったなんて!私はそのビロードのように柔らかな部分を「キリンのまふまふ」と名付けた。おそらく私には二度と「キリンのまふまふ」に触れるチャンスはないだろうけれど、それを思い起こすだけで、未だにあの時の幸せな気持ちがよみがえって、なぜか自分まで優しい人間になったような気分になる。
生き物ってそういうものだ。
言葉では決して語りかけてはくれないけれど、いつもたくさんの幸せや感動を惜しみ無く与えてくれる。


そんな「幸せと感動」の日々。章立てはこう。

「おとなのおもちゃ」・・・セキセイインコのじゅんちゃんのお話
「こわもての味方」・・・子供の頃のトラウマで苦手なのだけれど、著者の「草愛で(くさめで・津田さん流ガーデニングのこと)」の強い味方であるカマキリの話
「世界一のよわむし」・・・ずっと会いたかったのに、友好的出会いを果たせなかったハリネズミのお話
「ふだんは見えないところ」・・・おへそや、おっぱい(というか、ちち(乳))、足のうらなど
「ヘチマくん」・・・季節外れのヘチマの上で見つけたアゲハの幼虫の話
「黄経345度」・・・お祭りですくったミドリガメの話と生きものの感情の話
「あとがき」

津田さんの丁寧で美しい絵、丸っこい可愛らしい字で全編が綴られている。文章を読むと、本当に細かく観察していることが分かる。そして生き物たちとうまく感情のやり取りをしていることも。



*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡下さい。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。