旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:
C.S.ルイス, 瀬田 貞二, C.S. Lewis
ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)

先週末に、映画「ライオンと魔女」を見た。映像→原作(本)の順で見ると、そんなに不満を覚えないのだけれど、原作(本)→映像の順では大概不満を覚えるワタクシ。心が狭い?と思いつつも、今回もそんな感じでありました。

ナルニアの魅力は静か動か?というと、私の中では、断然「静」であり、多少説教くさくもあるルイスのキリスト教的世界観が好きで、子供時代にどっぷりはまったものだった。勿論、ナルニアに長い冬をもたらした白い魔女を、子供たちがアスランと共に打ち倒すという、大きなテーマが背後には流れているのだけれど、そこには子供たちとナルニアの住人達との濃密な触れ合いがあり、アスランの子供達への温かい言葉、優しく時に厳しい眼差しがある。物語としての大きな流れの他にある、これらの濃やかな情景が好きだった。

映像は本とは違って、大きな流れの他に、更にプラスして、小さな濃やかな情景を描くのが不得意のように思う。特に今回の映画では、冒頭を見ても、物語としてのダイナミズムを「戦い」に求めたように思うし、筋は分かり易いけれど、すっかり活劇になっていて、ナルニア国ものがたり」というよりは、ナルニア国戦記」という方が相応しいような印象を受けた。とはいえ、本を読んだ人には、それぞれの濃やかで印象に残る小さなシーンがあり、それを全部入れていたら、とても収拾が付かない、というのも良く分かるのだけれど。
◆好きだった原作の小さなシーンたち

・初めてタムナスさんのお家に行った時に、ルーシィが聞かせてもらった森のくらしのふしぎの数々(真夜中のダンス、水の精ニンフ、木の仙女ドリアード・・・)

・ビーバーさんちの気持ちのよい住処での美味しい食事
(獲りたての魚のフライ、濃い黄色いバターをたっぷりつけたじゃがいも、濃いミルクorビール、素敵にねとねとする大きなマーマレード菓子)

・ビーバーさんと子供たちの白い魔女からの逃避行
(春を見つけながら、楽しい夢のような思いで歩く!その疲れは、一日表で良く働いたものが感じる心地よいもの)

・スーザンとルーシィをお供に、悲しげに疲れた様子で魔女との取り決めに向かうアスラン

・戻ってきたアスランと、二人の女の子とのおかしな鬼ごっこ
(ビロードのような足の裏!)

・アスランの背中に乗って、春たけなわのナルニアをわたる長い旅

・泥だらけ、汗だらけの巨人ごろごろ八郎太が、ルーシィからハンカチを借りる所

・エドマンドに薬を注ぐルーシィに、他のけが人もいることを諭すアスラン

あげて見ると本当に細かい所ばかり。タムナスさんのシーン、アスランの背中に乗るシーンは、映画でもちゃんとあったのだけれど、もうちょっと長く見たかったなぁ。映画ではほとんどのシーンが緊迫していたように思うけれど、原作では結構楽しくのほほんと過ごしている部分も多くある。その辺がほとんど削られてしまったのが、残念だった。ルーシィの大きくてくるくるのお目目が、ナルニアの楽しさ、この世界への感動、感激を表現していたのかもしれないけど。私の子供の頃の夢の一つに、「アスランに乗る」ということがありまして、この映像はそれにちょっと近かった。

映像と本との手法の違いというものはやはりあって、本のような情報量の多いものから映像をおこす時、ある程度の取捨選択が必要で、切り口もまた違ってくる。そういう意味では、ゲド戦記」などもどういう解釈で、映像におこされるのか、心配でもある。ガチガチの原作至上主義者のようで、ちょっと自分が嫌になったりもするのだけど・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)

テーマ:
モーリス ドリュオン, Maurice Druon, 安東 次男
みどりのゆび

裕福な家庭に生まれた少年チトは、金髪の美しい子供。お父さんもお母さんも美しい人であり、おうちの中もぴっかぴか。チトはすくすくと育ち、何の憂いもないかと思われたけれど、彼は学校に行くと必ず授業中に眠ってしまう性癖を持っていた。

これは困った!お父さんはチトに新しい方法の教育、つまり実際に観察して覚えるという方法をとらせることにする。さて、最初の授業は「土の授業」。先生は年老いた庭師のムスターシュ。そこでチトはムスターシュに、「みどりのおやゆび」を見出される。「みどりのおやゆび」はただそこに触れるだけで、土の中は勿論、屋根の上、まどべり、道の上、垣根の上、塀の上など、いたるところにある役に立たない種を、芽吹かせることが出来るのだ。ただしこの才能は、人に知られた際の揉め事を警戒して、チトとムスターシュ、二人の秘密とする。

次の先生は「かみなりおじさん」。かみなりおじさんは、チトに「規律」を教えるけれど、チトには「規律」がどうにも分からない。美しいものしか知らずに育ったチトは、性善説により立っており、かみなりおじさんに口答えをしては叱られる。刑務所を見ては灰色で鋭いとんがりがついた鉄格子にショックを受け、「貧乏」の勉強では、ゆがんで寄り合ったみにくい町の一角にショックを受ける。こんな所に暮らしていたら、人々の気持ちも暗く淋しいものになってしまうに違いない! さて、ショックを受けたチトはどうしたか?そう、チトにはみどりのゆびがあったのだ。ムスターシュの助言を受けながら、チトは町の様子を変えていく。

さて、チトの住むミルポワルの町は工業の町、それも大砲を作る町で、チトのお父さんは大砲工場の経営者で兵器商人であったのだ。チトは更に病院や動物園で奇跡を起こすけれど、そんな中、バジー国とバタン国との間に戦争が起こる。戦争は悲しいことだけれど、これによってミルポワルの町が活気づくのもまた事実。戦争をやめさせたいチトは、みどりのおやゆびを駆使するが、どうやらそれによって大人たちを窮地に追い込んでしまったようで…。

しかし、チトのお父さんは、真の意味で決断力がある立派な人だった。ミルポワルの町は、本当の意味で生まれ変わる。そして、「チト」とは一体何者だったのか?
****************************************************
物語のようにうまくいけばいいけれど、現実は果たしてどうなのか。読みながら考えていたのは、映画「ロード・オブ・ウォー」のこと(公式サイト )。
実際にこの映画を見たわけではないのだけれど、これについて書いておられるブログに接していて、何となく頭の中に残っていたのだ。

 ◆千の天使がバスケットボールする樹衣子さんの記事
 →『ロード・オブ・ウォー
 
 ◆物語三昧」ペトロニウスさんの記事
 →『ロードオブウォー 史上最大の武器商人と呼ばれた男
   アンドリュー・ニコル監督
 
 ◆トーキング・マイノリティ」mugiさんの記事
 →ロード・オブ・ウォー 2005年【米】アンドリュー・ニコル監督

チトの家族のように、私達だって多分回りまわって、世界のどこかの戦争による利益を受けている。そして、現実の世の中では、チトの家族のように、チトの住む町の人々のように、転身が成功することも少ないのでしょう。そうであっても、「みどりのおやゆび」のように、武器を無力化し、美しいものに変えていけたらなぁ、と思う。

どちらが先かは分からないけれど、汚い荒んだ環境から暴力が生まれる事も、ままある事であり、実際には「みどりのおやゆび」を持っていなくても、一人一人の心がけ、努力で少しずつ明るい世の中に持っていけたら、とも思った。圧倒的な貧しさの前には、なすすべもないのもまた真実だろうし、奇麗事であることも分かるのだけれど。
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
有名な「ナルニア国ものがたり」。子供時代に箪笥の奥が気になった方もきっと多いはず。私もご多分にもれず、箪笥の奥が気になったし、同時期に読んでいた「グリーン・ノウ」の影響もあってか、古い民家なんかに行くと、ドキドキワクワクしちゃってしょうがありませんでした。どこかが異世界に繋がっているのではないか、と。

「ナルニア国ものがたり」は全七冊からなっていて、通して読むとナルニアという国の始めから終わりまでが、全て分かるようになっています。解説によるとこんな感じ(「」内が作品名)。

ナルニア生まれる     「魔術師のおい」
数世紀のち         「ライオンと魔女」
ピーター王のころ      「馬と少年」
数百年のち         「カスピアン王子のつのぶえ」
カスピアン王三年     「朝びらき丸 東の海へ」
カスピアン王七十年ごろ 「銀のいす」
チリアン王のすえごろ   「さいごの戦い」

イギリスの子供たちが偶然ナルニアという国に足を踏み入れ、この国の歴史に関わっていく。ナルニアには不思議な生き物が沢山暮らしていて、彼らから言わせると、人間は「アダムのむすこどの」だったり、「イブのむすめご」。ナルニアを訪れる子供たちの個性も色々で、中には不思議な物事に対してとても懐疑的な子もいる。皆が優等生なわけではない。子供たちはナルニアで過ごした後、現実の彼らの世界に戻って行く「さいごの戦い」ではもう戻らないわけだけど)。現実での時間の経過と、ナルニアでの時間は一致しない。ナルニアでの時は早く過ぎ、現実での時の歩みは遅い。だから、子供たちが長きにわたって、ナルニアの歴史に関わる事も出来るし、現実の社会に戻った時の違和感も少ないわけ。

実家から漸く引き揚げてきた本なのだけれど、流石に全七冊を読み直したわけではありません。印象に残っていた、「さいごの戦い」の箇所を書きたかったので、いきなりナルニア最後の本書について。

C.S.ルイス 「さいごの戦い」

ナルニア国は「偉大なライオンのアスラン」が創ったもの、本書ではその最期の様子が書かれる「偉大なライオン」が世界を「創った」という事で、まさに連想するのが聖書の世界。多少の宗教色は、やっぱり感じられる。

この最後の書の扉には、以下のように書いてあります。
辺境に住む大猿ヨコシマは愚かなロバにライオンの皮をかぶせてアスランと名のらせ、それが見破られると、今度は、破滅の神タシをナルニアによびよせてしまいます。人間界からはせ参じたジルとユースチスは、ナルニアを救うため、さいごの戦いにおもむきます。

いつもとは違い、冒頭からイヤな雰囲気。どんな冒険が始まるんだろう~、という御馴染みのワクワク感がありません。なんてったって、「ナルニア最期」なわけですから。大猿ヨコシマのせいで、ナルニアで暮らす人々、生き物達にとって辛い惨めな日々が続きます。人間界から子供たちが到着して、ヨコシマのいかさまが証明されても、一度騙された生き物達の中には疑い深く、「アスラン」「ナルニアの王」に対する不信感を剥き出しにする者達もいる。疑心暗鬼。


この本の中に大人になってからも印象深い箇所がある。

ナルニアと敵対するカロールメン人が信仰する「タシ」という恐ろしい神がいるのだけど、「タシ」を長らくまことに信仰していた年若いカロールメン人・エーメスに対してアスランが言う言葉。
「むすこよ、よくきた。わが子よ、タシにつかえたことはみな、このわたしにつかえてくれたことと思う。タシとわたしは一つではなく、まったく反対だからこそ、タシにつくすほんとうの信心は、わたしに通ずるのだ。なぜならわたしとタシとはまったく別であるから、よこしまな信心がわたしにむけられることはなく、よこしまならぬ信心がタシにむけられることはないのだ。タシにまことをちかって、そのちかいを守る者があれば、その者が知らないにせよ、その者がまことにちかった相手は、じつはわたしなのだ。」

キリスト教って様々な押し付けがあったけど、ああ、これはそうじゃないんだ、と。まことの心で信じたものは、真実の神に近づく。自分もカトリック信者なのだけど、本当にそう思う。自然や大いなるものに対する畏怖の念、尊敬の念は、きっと信仰に通じている。

更に本書はナルニア最後の書ではあるのだけれど、実はナルニア国はこれで終わりではない。

あの人たちにとって、ここからが、じつは、ほんとうの物語のはじまるところなのでした。この世にすごした一生も、ナルニアでむかえた冒険のいっさいも、本の表紙と扉にあたるにすぎませんでした。これからさき、あの人たちは、地上の何人も読んだことのない本の、偉大な物語の第一章をはじめるところでした。その物語は、永久につづき、その各章はいずれも、前の章よりはるかにみのり多い、りっぱなものになるのです。

ということで、物語が終わってしまっても、「終わっちゃったよ、しょぼーん」と淋しくならずに、またぐるぐると最初から読みたくなってしまうのです。子供の頃は、実際に無限ループしていたように思います。大人になってから読むのは引用箇所を見てもお分かりの通り、平仮名も多いし辛いかもしれないけど、いい本なのです。いろいろ考えさせられる要素が沢山詰まっているし、何よりも面白いのです。


著者: C.S. ルイス, C.S. Lewis, 瀬田 貞二
タイトル: さいごの戦い
*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたらご連絡下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

テーマ:
今さらだけど、今日は童話。サン=テグジュペリ「星の王子さま」
これは私が知っているV神父が大好きな本。でもまだ読んだことがなかった。読む機会を逃したまま大人になり、今更感が強かった。
神父の部屋には、自分で集めたり信者からプレゼントされた、「星の王子さまグッズ」が沢山飾ってある。
神父になってからの50年間の殆どを、異国である日本で過ごしたV神父は、今年日本での役目を終えて帰国される。

カトリックの神父には、まるでサラリーマンのように「異動」がある。
前任の教会からの異動で、こちらの主任司祭になられたのは5年前のことだった。
当時教会には前任のC神父のカラーがとても強く残っていて、V神父は結構苦労なさったのではないかと思う。
前任のC神父もとても素晴らしい人だったのだけれど、何せカラーが違いすぎた。
C神父は、大柄で神父としては比較的若く(この世界でも高齢化は問題です)、「待ってたよー!、よく来たねーー!!こちらにいらっしゃいよー!!」と言ってハグするような、非常にオープンな人だった。
一方の今度帰国するV神父は、小柄で穏やかで物静か(よーく見ると、キラキラした悪戯っ子の様な目に気付くけれど。夏はウィンドサーフィンを、冬はスキーを楽しむ、実は超の付く程のスポーツマンでもある)。
「謙遜」と「家族の愛」を尊び、お説教には「おしん」なんかも登場してしまう。
前任のC神父の時には、大勢いた若者達が見る間に減り、逆にお年寄りの姿が目立つようになった。
でも、先日行われた「金祝を祝う会(神父になって50年を祝う)&お別れ会」は、老若男女入り乱れての大盛況だった。
この5年間でじんわりと神父の人柄が伝わったのだ。


で、そんな神父が大好きな、「星の王子さま」
「お別れ会」に出た心のまま、読んでみることにした。

遠い星からやってきて、地球の砂漠でヘビやキツネ、飛行機乗りのぼくに出会った王子さま。これはそのまま神父の姿ではなかったか。
テレビもネットも今のように発達していなかった昔、神父は船で二週間かけて、日本にやって来た。しかも初任地は青森で、昔だから訛りもきつかったのか、「せっかく東京で二年間習った標準語は殆ど役に立たなかった」そう。

有名な言葉、「かんじんなことは、目に見えないんだよ」。
王子さまが自分を飼いならすと互いに離れた関係ではいられなくなる、面倒を見た相手には責任があるんだ、というキツネ。
私にとってもV神父の母国は、そのことを考えると何かほっこりと温かくなる場所になりました。
日本という国もV神父にとってそうなってくれるといい。
私が生きてきた時間よりも長い時間をこの地で過ごしたのだから、もう当然そうかな。
帰国後、暫く勉強期間(まだまだ勉強したいことがあるそうです!ちなみに御歳75。)に入られる神父さま。
V神父の帰国後の日々が実り豊かなものであることを祈っています。


外国の神父さんのお説教なんて分かるの?と思われるかもしれませんが、平易な言葉を用い、決して巧い話ではないところが、かえって心に伝わったように思います。
大切なのは理屈じゃなくて心で感じることだと思う。
逆に日本の神父さんの難しい教義の話なんかは、ちっとも分かりません…(いいのか、そんなんで。でも分からないものは分からないのだから仕方ない)。





著者: サン=テグジュペリ, 内藤 濯
タイトル: 星の王子さま
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。