旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:
ミラ メータ, Mira Mehta
はじめてのインド料理―HEALTHY WAY TO INDIAN COOKING

どこかで見た名前だなぁ、と思ったら、以前、読んだことのある、「インド、カレーの旅 」と、同じ作者さんでありました。「インド料理」ということで、今度はカレーのみに限定されずに、その他のインド料理、それも家庭的な野菜炒めや、サラダ、デザートなどが載せられています。

目次
基本のスパイス13種
インドの食事のスタイル
カレー Curries
野菜炒め Vegetables
米料理・パン Rice&Breads
サラダ Saladas
飲み物・デザート Drinks&Desserts
もっと知りたいインド料理

インド料理は、以下の構成で供せられるのだという。

 ご飯、パン(場所により両方かどちらか)
 カレー(野菜、肉、魚など)
 野菜炒め(カレーとの味のバランスで)
 サラダ(ライタ、カチュンバルなど)
 飲み物(ラッシなど)
 デザート、紅茶(両方またはどちらか)

インドは日本と同じアジアの一部。日本を見ても分かるけれど、アジア料理の基本は、料理の数が一品よりは、何品もある方が喜ばれる事。デザートを除いた、これらのお皿が食卓にドーンと乗るのだそう。

読んでるとね、スパイスさえ用意すれば、実は家でも作れそうなものが多いのですよ。「季節のいちばんおいしく安い材料で、短時間でささっと料理して食べて」しまうからなのかなぁ。実際、ここで紹介されているレシピのほとんどは、30分以内で出来てしまうそう。

レモンまたは酢であえたサラダをカチュンバルといい、食事の時に食べるヨーグルトのサラダをライタというのだという。この辺は混ぜるだけなので、特に簡単に出来ちゃいそう。夏場には、きゅうりライタなんかが美味しそう♪

ラッシ、チャツネの作り方も載っています。今度、ラッシーを作ってみようかなぁ、と思いました(いや作るっつか、ほぼ延ばすだけなんだけど。特にラッシーに合うヨーグルトの銘柄とかあるんでしょうか)。

ちょっと面白かったのが、料理に銀箔を乗せる事!日本だったら、金箔だよね。お祝いやおもてなしの時に、豪華さを添えるために乗せるそう。身体にいいものとして、珍重されているとのこと。

もう一点、なぜ、手で食べるのかという問いに対する答えとなる、「食事は体全体で食べるもの」も面白かった。インドでは食事は五感を楽しませるもので、目で見て喜び、匂いをかいで香りを楽しみ、手で触って温かさにほっとし、食事を用意するときの音を楽しむのだそう。そういえば、「村田エフェンディ滞土録 」にも、美味そうな手触りというものがある、というフレーズがあったものなぁ。日本で手を使うのは、おむすびやお寿司? そういえば、おむすびも何だかほっとするものね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミラ メータ, Mira Mehta
インド、カレーの旅―本場の味を求めて、インドカレーめぐり

扉の著者の言葉より
日本の皆さまから、よく質問されることがあります。
「インドの人は、皆、毎日同じカレーを食べているのですか?」と。
それに答えるために、今回インドを旅して、インドで食べられている東西南北のカレーを紹介することができました。


これは、まさに私の疑問でもありましたので、図書館で借りてきました。美味しそう~。インド料理屋さんに行った時に、いつも不思議だったのですよね。あのカレーの種類の豊富さが。
これは、その疑問に答えてくれる本であります。

「はじめに」から引用後、要約するとどうもこういうことらしい。
インドでは確かに三食カレーを食べているけれど、カレーの味は場所により大きく異なる。インドは日本の9倍の面積をもつ広い国であるから、東西南北で気候も、そこでとれる野菜や材料も変わってくる。さらに、宗教や人種の違いも加わり、カレーの種類は数え切れない程になる。
この本の目的は以下の二つ。
インドには美味しいカレーが、沢山あることを知ってもらうこと
カレーの種類が気候風土と深くかかわりがあることを知ってもらうこと

この目的のため、実際にインドをぐるりと旅したとのこと(西のムンバイ(元ボンベイ)から始めて、南のチェンナイ(元マドラス)、そして東のカルカッタへ、最後は北のデリーへ)。

風景、市場の様子など、インドの広さを確かに実感出来る。私にとってちょっと意外だったのが、野菜や果物の豊富さ。市場が実に色鮮やか。


これは東西南北、どこのカレーかなぁ、なんて考えながら食べるのも楽しいことだろうな、と思いました。カレーに使う油も地方によって異なったり、お米もジャポニカ米、インディカ米など色々な種類があって、これもまた地方によって食べ方が異なるのも面白いなぁと思ったことでした。
***************************************************
【北インドの特徴】 北のカシミール地方はヒマラヤ山脈の高地にあり、冬は零下になるほど寒いので、とうがらしをたくさん使った辛いカレーが特徴。肉を食べることも多く、牛、鶏、羊の肉を好む。ナッツ類や生クリームを多く使った、こってりしたカレーが好まれる。

【西インドの特徴】 極端に暑くも寒くもない、比較的過ごし易い気候。ベジタリアンが多く、野菜と豆をたくさん食べる。北に比べると味付けもあっさり。

【南インドの特徴】 チェンナイは、夏の気温は40度を超える日もある常夏の町。やしの木が生い茂り、のんびりとした雰囲気が漂う。ベジタリアンも多く、野菜や豆を多く食べる。また、海辺の町では、魚も良く食べる。

【東インドの特徴】 湿度が高く、夏はかなり蒸し暑くなる。東インド一帯はガンジス河など大きな河が多く、川魚を好んで食べる。


*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、御連絡下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(52)  |  リブログ(0)

テーマ:
寺村祐子 豊仁美「植物染料による絞り染め」


これを読んだからといって、自分が染物をやるわけではない。でも、こういう本を見るのは大好き。自分が布を買うときの参考にもなるかもしれないし。絞り染めの布は、夏など(というか、最近こんなに晴れてていいのか!そして暑いですね)、涼しげでいいなぁと思う。

普段見かける絞り染めは、藍染によるものが殆どかなと思う。そして、ある程度そのデザインも限られているような気がする。この本には、私が普段見かけたことのない、デザインや色による絞り染めが載っている。 冒頭には、寺村さん、豊さんのお二人による「絞り染めの魅力」が書いてある。
(以下、引用後要約)

絞りの技術が、インド、チベット、モンゴル、アフリカなど世界各地で発達してきたこと。絞りは直接表現ではなく、布を縫い絞って染め、ほどいたときに初めて模様があらわれる間接的表現方法であること。それであるから、布の種類、技法、絞る力の加減、染料の種類などが作用して、同じ模様を染めても全く同じものにはならないという魅力がうまれること。

今回のこの本では、入手し易く染めやすい素材、植物染料を吟味されたとのこと。細かい「絞りの技法」、「植物染料による基本染め」の他に、「日本の絞り」、「世界の絞り」についても言及あり。 ざっといいなと思ったものを挙げてみる。

「青海波と亀甲の柄の藍染めの座ぶとん」これからの季節に実にいい感じ。
「地色が白になるのが特徴の日の出絞り」大人っぽいドット模様?
「針目のそろった木目絞り」モダン!
「ベニバナの黄色のウールのストール」何とも暖かな色合い。
「柳絞りの木綿のバッグ」これ、欲しいなあ。

不器用だし、ぜーったい自分では出来ないけど、うっとり。美しい布は大好きなのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

著者: ジェーン・ランザー ギフォード
タイトル: ミセス・ギフォードのイギリスパイとプディング

本に影響されて食べたーい、とか飲みたーいとか思うものが多いワタクシ。どうも「イギリスの食べもの!」な気分だった所に、図書館でこの本を見かけたため、借りてきました。
巻末の著者近影にはこう書いてあります。

「とかく評判の悪いイギリス料理の名誉回復とイギリス食品の普及に努めているが、実際に繊細な味のおいしいイギリス料理を作る。(略)この本では料理を作るだけでなく、自らセッティングをして、写真を撮った。」

というわけで、著者の気合の入った一冊。テーブルセッティングも綺麗~。

「味と香りのいいチキンストックの作り方 材料(約1ℓ分)」と言われても、まぁ作らないとは思うのです(だって、鶏ガラ約1kgに水2ℓですよ。煮詰めることを考えただけでも、ちょっと辛い)。でも「甘くないパイ」「甘いパイとプディング」も実に美味しそうで、目が満足しました。そんな私、先週末はこの本のフィリングを参考にして(?)、なんちゃっていんちきパイを作って食べてました。いや、冷凍パイシートを格子状に載せて焼いた、というだけの代物ですが。何となく満足は致しました。でもパイシートに使われているバターの量を考えると!地味飯ダイエットはどうした、私!


写真がまた綺麗で、「スコットランドの休日」と題された写真エッセイ風の十ページなど、羨ましくて仕方がないです。ライブラリーに、キャンドルの灯りの下でのディナー。素敵だなあ。

夏休みとクリスマスを過ごすスコットランドの家。緑いっぱいの環境と居心地のよさに家族がそろい、友人も集まってきます。そして、みんな、心の底からリフレッシュします。

ライブラリー(書斎兼図書室)には、壁一面に何百冊もの貴重な本を保存する書棚があり、私たちはこれをとても誇りに思っています。ライブラリーは、窓の小さい、暖かい感じの部屋で、オレンジがかった赤にペイントされた壁は、私の夫の家系のグリーンとオレンジの組み合わせのタータンチェックの柄と合わせてあります。

スコットランドの夏至のころは、夜11時半ごろまで辺りは薄明るくて、太陽が少しずつ丘の向うに沈んでいくのを、空が刻々と美しいさまざまな色に変わっていくのを眺めながら、明るくてもキャンドルの火をともし、その二つの光の中でディナーをいただくのは夢のようにすてきなことなのです。


*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、御連絡下さい。
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。