乗車定員若干名。

五年以上前の出来事をUPする備忘録ブログ(笑)


テーマ:

 最近ホンマにブログ更新滞っておりますが、原因はアメーバピグだったりする前ちゃんですこんばんわ。

 いやー、庭作るのおもろいし、釣りも結構ハマっております。




 そんなことはどうでもよい。




乗車定員若干名。-広島  朝ツー。


 最近は午前9時までに帰宅する「超朝乗り」ばかりの私たち。

 昨日も朝4時起きで走ってました。

 道の駅さいたでパグにわんわん吠えられながら(笑)、今日はどうするか~って話をしておりました。

 結局予定も決まらないまま、上戸うどんで朝ご飯を食べることだけは決まって、上戸うどんに行くと


 今までに見たこと無いくらいいっぱい(汗)


 まだ7時ちょいなのに行列は出来てるし、駐車場はいっぱい。単車も何台か止まってる。

 こりゃいかんなと、そのまま出ました。

 通信しながら、どうしようか・・・・って話の中でいきなり



 ぷ~「広島にKTM見に行くか?」

 「あ~、それでもええかも。 行く?」

 ぷ~「しまなみ海道全部渡ったことないしなぁ。ほな行くか~!」



 で、広島行き決定(笑)

 今思えば何がきっかけだったのかさっぱりわからないんですけれども(笑)

 走りながらチラッとだけKTMの話をしたってのは覚えてるんですが・・・・(^^;)


 ちなみにKTM見に行くって話になったのは、今私たちの間でKTMの125DUKE がズギューンとキてるわけです(^^)

 現車見に行ってみるか~。の軽いノリ。


 まあ、この軽いノリが超危険なんですけどね(笑)

 スラクストンも、ストトリも、このノリで現車見たのがあかんかったんよな~・・・・orz



 道の駅で休憩して、義父のオデッセイを借りていざ広島へ~。


 まだUPしてないけど、大三島までは渡ったことがあるんですよ。

 けど、その先は未知の世界~。


 以下、橋の写真をダイジェストで(笑)

乗車定員若干名。-広島  今治側。


乗車定員若干名。-広島  乗車定員若干名。-広島


乗車定員若干名。-広島  乗車定員若干名。-広島


 しまなみ海道は125cc以下のバイク、自転車、歩行者も渡れます。

 ロードバイクとかに乗ってる人が結構いましたね~。


乗車定員若干名。-広島  伯方島。 塩で有名。


 「はっかったっのしお~♪」ってCMは四国だけ?


乗車定員若干名。-広島  前回はここで降りてツーリングしたんですよ~。


 まだUPしてませんが(笑) 去年のいつだったっけ?

乗車定員若干名。-広島  乗車定員若干名。-広島


 この橋の形が好き~♪


乗車定員若干名。-広島  広島県に突入!

乗車定員若干名。-広島  どんどん走る~♪


乗車定員若干名。-広島  岩屋巨石。


 落ちそうな岩。 結構絶景が望めるそうなので、今度行ってみたいなぁ。


乗車定員若干名。-広島  もうちょっとで本州上陸です。



 KTMに行くことが決定してから、広島市内に住んでる大学の後輩T田君(ビューエル・ファイヤーボルト)にメールだけしておきました。

 今治から高速に乗る時に電話がかかってきて、


 T田君「KTM買うんすか???!(汗)」

 「アハハ。 どう?暇だったらKTMで落ち合うとか」


 一応ナビで店は調べて登録してあったものの、地元の人間の方が正確で早いのでT田君に道を訊きながら市内へ。


 T田君から電話がかかってきました。


 T田君「KTMに着きましたよ。 ねーさん、えらいことになってます・・・・


 「そうなん??」



 ドキドキしながら、お店に行くと・・・・・。


















乗車定員若干名。-広島  臨時休業(笑)


 わはははは(笑)

 どうやら30・31日で走行会&試乗会があったようです。

 試乗会の方は全国を回ってるイベントっぽく広島が最終日だったみたいです (^^;)

 四国にも来んかーい。 125なんか剣山スーパー林道向きかもよ~(わからんけど)

 四国にはディーラーが無いからなんやろな~。


 勢い的には会場のTSタカタサーキットにも行ってよかったんですけど、何だか場所がよくわからんし遠そうな感じだったのでやめました。


 実は帰りに渦潮レーシング福山 っていうお店もKTM取り扱いしてるってのをぷ~が発見して、帰り道やし寄ってみようかって話にもなったんですけど、やっぱりイベントに参加してた様で、電話には出ませんでした(笑)


 まあ、元々完全なる思いつきで来たもんで、臨時休業とかそんなにショックでもなかったんですよ。

 ただ、やっぱり先にお店のことを調べておくってのは大事やなとは思いましたが(笑)

 それに、やっぱり現車見たらハンコ押してしまいそうでしたし(笑)

 神様が「今は買うな」って言うてるのかもね~って思うことにしておこう。


乗車定員若干名。-広島  眼福。


 ウィンドウ越しでしたけど、DUKE690Rも見られて萌え萌えできたしね~ラブラブ


乗車定員若干名。-広島  オレンジピット広島さんでーす


 T田君夫婦だけじゃなくて、T田君の職場のやまちゃん(ハーレー・Vロッド)まで来てもらったのに・・・・。


 T田君「他にこの後の予定とかあるんすか?」


 「え?KTM見に来ただけやから、全く予定ないよ(笑)」


 ってことでとりあえずT田君ちに行くことに。

 Vロッドのやまちゃんとはここでお別れ。 ホンマすんません。 ありがとうございました~。



 T田君ちでコーヒーをいただきながら、


 T田君「いや~まさか今日(ぷ~)さんたちがうちに来るとは思ってなかったっすよ~」

 「私らもT田君ちに来るとは思って無かったよ(笑)」


 とたまたま空いてたT田君夫婦に感謝しつつ、お昼御飯を食べに行きました。



 広島マリーナホップって言うショッピングモールに行きました。

 途中で「BAD BOYS」っていうマンガのモデルになった高校を教えてくれたんですけど、マンガ読んだことなかった(^^;)


乗車定員若干名。-広島  広島焼き~。


 広島焼きって難しいというか何と言うか。 焼き方の説明も書いてあったけど、あまりにも簡単すぎてわからんかった(笑) 試行錯誤しながら何とか焼いたけど、美味かったよ。


乗車定員若干名。-広島  NAPS。


 四国には無いんすよ。

 ぷ~はよくキャブ調整するんですけど、TMRなので部品が無かったりします。

 単車ブログでNAPSが出てくるといいな~と思うことがよくあります。

 初NAPS。 おー、品ぞろえ豊富だったんですが、TMR用の部品はほとんど無かったです(^^;)



 その後は市内をグル―っと回って、マツダの本社やら工場やら道路から見て帰りました(笑)

 T田君「確かこの辺にマツダスピードの会社があったと思うんすよ~」

 「マジで?(キョロキョロ)」

 T田君「うわっ、めっちゃ探しよるし!(笑)」


 ロードスターオーナーだったらそら探すやろ(笑)



 帰りもしまなみ海道で帰りました。 数年前は道路が繋がって無くて全部の島を全て降りるようになってたけど、今は高速道路が全部繋がっているので思ったより時間がかからず広島に行けるなぁってわかりました。


 景色も3本の橋の中では一番いいかもね。



 ということで、突撃したのにしっかり遊んでくれたT田君には感謝です。

 あれ?何しに行ったんやったっけ?(笑)





 そういや、実はブロ友さんの中で広島在住って方が何人かいらっしゃるんですよね。

 連絡とって会えたらええな~なんて思ったりもしましたけど、


 誰も連絡先知らないや(^^;)



 今度は思いつきじゃなくて、ちゃんと旅行しに来よう。

 数年前はオデッセイだったからな~。 今度は単車・・・・で来られるか?

 そんときはまた誰か相手してください(笑)




 そうそう、広島焼きの写真を撮りながらT田君が一言。


 T田君「このブログもUPは半年後っすかね~(笑)」


 いやいや、


 去年君たちがうちにツーリングがてら遊びに来たブログでさえまだ書いてないんですけど(笑)


 うわ~、もう一年か・・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、ご無沙汰しております(このブログをUPしたのは8月30日)。元気ですか??



 さて、私が実家に帰っている間にぷ~ちゃんは友達とお泊りツーリングに行っていたのでした。

 お家大好きなぷ~ちゃんがお泊りツーリングに出かけるなんて、天地がひっくり返るくらいあり得んことなんですが(笑)


 面子がよかったんだろうなぁ。

 いつもうちに泊まりに来る後輩T田君、大学時代に同じアパートだったトシと先輩T田君、先輩T田君のお友達とライダー5人のツーリング。 同じライダー、付き合いの長い友達。

 目的地は岡山県。

 写真を撮ってきてもらおうと思ったんですが、前科があるので (笑)、デジカメではなく昔なつかし使い捨てカメラで撮ってきてもらいました(^^;)


温泉ツーリング  参加車両。


 TW、バンティッド、グラストラッカー、ファイヤーボルト、スラクストン。


 高松から宇野までフェリーで行き、高速IC付近で待ち合わせして出発。北へ向かいます。


温泉ツーリング  渓谷。


 途中で奥津渓に寄る。 ぬお~、名水巡りもしてたんやん!!!ええのう。

 国指定の名勝で、かつ紅葉狩りの超有名な渓谷のようです。

 今回はお泊りツーリングなんやけど、温泉ツーリングも兼ねていたんで、そこから次は美作三湯の一つ奥津温泉郷にある奥津花美人の湯で汗を流したそうです。


 お宿は先輩T田君のお友達の知り合いがやっているロッジで。

 焼肉をしたそうですが、自家栽培の野菜やオーナーが釣ったヤマメなども堪能したそうです。 ぷ~「めっちゃ美味かった~(‐^▽^‐)」と大満足のようでしたよん。


温泉ツーリング  夜はこんな感じだったようで(^^;)


 さて、翌日宿を出発して、まずは露天風呂番付 西の横綱湯原温泉に浸かったとか。

 湯原温泉は川のすぐそば、しかも湯原ダムのすぐ下にある、24時間無料の温泉だそうです。

 気持ちよかったようですね。さすが西の横綱。っていうか、そんな番付初めて聞いたけど(^^;)


 その後は、


温泉ツーリング  でっか~い!!!


 道の駅 久米の里にあるZガンダムを見に行きました(^^)

 今年になって初めてガンダムを見始めたぷ~ちゃん。しかもZガンダムが一番好きなので、面白かったようですよ~。 ちなみにこれは7mくらいあるそうで、隣の友達は身長182cmくらい。 人間が本当に乗れるようにするんだったらもうちょっとでかくないとダメっぽい?

温泉ツーリング  温泉ツーリング


 とまあ、簡単やけどそんなこんなでぷ~ちゃんの2日間は終了。

 旅行はあんまり好きじゃないぷ~ちゃんでしたが、雨にも降られずかなり楽しんだよう(^^)

 セパハンがかなり辛かったようですが・・・(^m^)

 また誘われたら行くんだろうねぇ。


 なんたって、私がいないからのびのび出来るだろうし(笑)

 あ、それはわたしも一緒か~~~~~(>▽<)



 P.S.後輩T田君へ。写真いっぱいUPしようと思ったけど、夜の部の写真が写真なだけにこれが精一杯やわ(笑)

   写真撮ってくれてありがとうね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 大和ミュージアムを出た後、さらに南に走って、海上自衛隊の基地付近に。

 海岸線を走る。気持ちいい♪ これ、オープンやバイクだと気持ちええやろなぁ。T田君は実際に走ってるらしい(バイクで)。

 

潜水艦  本物の潜水艦。


 珍しく帰港してました。しかも4隻も。

 他にも車を停めて写真を撮ってる人もいました。潜水艦が見られるスポットみたいです。 

 思ったより小さく見えるんですけど・・・・。ぷ~ちゃんは「かっこええ~」とうなってました(^^)

 潜水艦の中ってどうなっとるんやろ?気になる~~~~。

 潜水艦を見ながら話をして、広島市内に戻りました。


 そうそう、広島に来たら、見たかったもの。


 マツダ 。ロードスター乗りなら見たいはず(私だけか^^;)。


マツダ  マツダ教育センター。


マツダ  マツダの看板でかっ!


マツダ  マツダの工場。


マツダ  マツダ本社前。


 本当はマツダミュージアムに行きたかったんですけど、なんと「平日予約制」とまあ、商売っ気の無い博物館となっていたのでした(=◇=;) いやいや、普通は土日メインやと思うんですけど。お客様のためを思うなら、土日に開けんかい)`ε´( 

 仕方ないので、マツダ本社を見て満足することに。

 マツダは広島市内にででーんとあって、工場とかもたくさんありました。ここでロードスターは作られてるのか~なんて。ま~、今乗ってるのはホンダ車ですけど(笑) 市内に入るとマツダ車がいきなり増えるのかな?って思ってたんですが、意外にマツダ車比率は高く無かったです(^^;) ただ、フルモデルチェンジした新しいデミオは結構な台数見ましたね。そりゃ工場から直でしょうから(笑) 新しいデミオ、結構評判がいいみたいですね。

 マツダ本社の中の展示もデミオばっかりでした。 ロードスターがカーオブザイヤーを取ったときはロードスターばっかり展示されてたんかな?(笑)

 マツダでこの広さなんで、トヨタや日産はもっとバカでかい会社なんやろうなと思った私達でした。



 マツダを素通りして広島市の中心街に帰ってきた私達。

 駐車場に車を停めて、晩御飯にしました。


お好み焼き  八昌(薬研堀)。


 「『八昌を食わずして広島風お好み焼きを語る無かれ」とまで言った人もいるらしい名店だそうで。

 讃岐のうどん屋と一緒で、暖簾分けとかあるとか何とか。

 お好み村 という商店街の中にあるお好み焼き店舗集合ビルにも八昌はあるんですけど、あまりにもベタ過ぎるし、T田君はこっちのお店を勧めたんで、こっちに行くことにしました。

 駐車場は商店街に停めたんで、そこからは結構な距離歩きました。

 晩御飯にはチョット早いかな?とも思ったんですけど、店の前には一人お客さんが待ってて、店内を見ると、カウンターはいっぱい。

 ちょっと待つと、お店の中から「次何名さん~?」と聞かれたんで、「3人です」と言うと、「奥どうぞ~」と言われ、「えっ!奥やあるんや」とびっくりしていると、

お好み焼き  カウンターの奥の座敷。

 壁一面にサイン。

 有名人のサインだけでなくて、一般の人も書いてるみたい。

 天井に水戸黄門御一行のサインを見たときは吹いた(笑) 由美かおるとかは天井に書けそうやね(^^;) 

 ゴスペラーズとかもありました。有名人のイベント打ち上げとかに使ってるのかな?


お好み焼き  そば肉玉にねぎをトッピング。

 3人とも同じものを注文。広島風なんで、さすがに関西風よりはボリュームがあるように見えます。

 広島に来る前に、近くのお好み焼き屋で広島風を食べたんですが、大きさはあんまり変わらない感じ。

 ねぎがいっぱい載って、夫婦はご機嫌さん(^^)

お好み焼き  割ってみると。


 パッと見のボリュームはそうでなくても、割ってみると感じますね。

 今まで食べた広島風お好み焼きって、へらで割ると、中の焼きそばとかキャベツがべろ~んって外に出てきて形が崩れるんですけど、ここのは全然。焼きそばはパリパリで、キャベツは水っぽくなく、口当たりはあっさりな感じ。どうも、ここのお好み焼きは他の店に比べても焼きそばとかはパリパリらしいです。

 一番下の生地にはダシが入ってるような感じの味がして、キャベツの甘みとソースが絶妙な味をかもし出してます。

 あまりの美味しさに3人とも無言でガッツリ食べてました。お店の雰囲気も「路地裏の店」って感じの雰囲気がして、余計美味しさを感じます。雰囲気って大事。


お好み焼き  ぷ~ちゃんがっつく。


 ちょっと一息つきつつ、話をしながらまた無言になって食べる私達。ようやく半分。


 でも、今度の無言って全然質が違うんです。


 ふぅ・・・・(-。-;)


 私が口火をきりました。


 「なぁ、すっごい美味しいんやけど、もう結構お腹いっぱいかも・・・。っていうか、重い(w_-;

 後の二人も「重いなぁ・・・・・・」と口々に言ってました。


 見た目はそうでもないけど、中はかなりぎっしり詰まってるんですよ。焼きそばなんかはパリパリなんで、2玉入れてぎゅっと詰めて焼いたのではないかと思うほど。美味しくて、食べたいんやけど、体が拒否ってる・・・・。

 半分でもうお腹いっぱい。でもまた後半分あるし・・・・。

 さすがの大食漢ぷ~ちゃんも、結構辛そうな感じ。T田君も、病み上がりで私と同じくらいしか食べてないし。


 そのうち、一番にぷ~ちゃんが食べて終わりました。


 遅いうちら二人は、ぷ~ちゃんに「ヘルプ~~~~。(;°皿°)」という視線を送ったんで、


 ぷ~「よっしゃ!ヘルプ!!!!」


 と私とT田君のお好み焼きを切り分けて・・・・・終わり。


 って切り分けただけかい!!!!!!ヽ(`Д´)ノ


 ぷ~「食べやすくなったやろ(^∇^)」とか言うし。


 でも、二人のを一口ずつは食べてくれました。何とか一枚全部食べきった。うは~~~~~(--;)

 最近胃が小さくなってる私達にはなかなかのボリュームのあるお好み焼きでした。

 そして、絶賛されてる理由もわかる美味しさ!おススメ~~~~(^^)



 お腹いっぱいになって、お店を出て、ちょっと商店街を歩きます。

 広島市内では買い物をする予定はなかったのですが、とあるお店でとあるものを見つけてしまったため、せっかく余りそうだった旅行資金は全て使い切ってしまいましたorz 私だけ買うのも悪いので、ぷ~ちゃんも買い物したんですけど、高かったからカードで買っちゃったし・・・・。


 ま~、でも欲しいものだったので泣きながら満足して、T田君がよく行くカフェに行ってお茶しました。

 

 T田君はこのあと予定があるそうなんで、20時には別れて、私達は帰宅することにしました。


 ぷ~ちゃんがさっきの八昌で、ビールを飲んだため、帰りの運転は私。


 深夜割引で帰れるようにゆ~っくり帰りました。



 いや、広島県、とっても満喫できました!!!!

 美味しいものもたくさん食べたし、つか、美味しいものばっかり!!!!(笑)

 あと、広島市ってとてもハマリそうな予感。

 大阪や東京ほど大都市の人ごみやコンクリートジャングルの何つーか息苦しさは無く、かといって何も無いわけではなく、私達の需要を満たしてくれるちょうどいい場所。高松や松山だと、「こんなお店や商品があったらええのに・・・」とか「目当てのものが無い」ってことが結構あるもんですから・・・・。

 私は神戸には行ったことがないので、なんともいえませんが、この辺って結構買い物に神戸に行く人がいるんですけど、私だったら広島選ぶかも。ま~、神戸に行ってみないと何とも言えんし、広島の街が思った以上に良かったから、そう思うんやと思います。


 ちょっと買い物・・・でも広島は全然余裕。

 今度は違ったプランで旅行するでぇv(^-^)v

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 宮島を出発してほどなく広島市に侵入。

 四国の片田舎に住む私にとっては、首都ではないにしても政令指定都市の広島はとても都会に感じます。

 田舎者と言われても、これは紛れも無い事実で。

 車が増えていくにしたがって、ちょっと怖くなっている私。でも、ぷ~ちゃんは平気な顔して運転してる。

 ぷ~「高松の方が運転しにくいで」って。


 商店街に近いホテルの地下駐車場に車を停めて商店街に向かって歩き出しました。

 お昼からはいつもうちに泊まりに来てくれている、大学の後輩T田君に市内を案内してもらう予定です。

 「今商店街に向かいよるで~」と連絡を取って、見事商店街の中で合流。

 いつも会うのは四国で、広島で会うのはこれが初めてな私達は、


 「こんなところで会うのってすごい不思議な感じよな(笑)」と苦笑い。


 そういや、2ヶ月前のぷ~ちゃんの東京出張でも同じこと言ってる大阪人がいたっけ(笑)


 話もそこそこに、まずはお昼ご飯を食べに。

 ぷ~ちゃんの広島メインその弐、広島つけ麺。冷たい麺を辛いタレにつけて食べるのです~。


つけ麺  本当は・・・・。


 つけ麺本舗 辛部 に行くつもりだったんですが、「地図を印刷するのを忘れる」という致命的なミスを(^^;)。仕方ないので、「俺、あんまりつけ麺食べないんすよ~(;^_^A」と言うT田君が唯一知ってるところに連れてってもらいました。


 ばくだん屋 。たぶん本店やと思うけど・・・・。

 店内はカウンターのみ。しかも10席ほどしかないのね。壁には有名人のサインもあるし、どーも、TV番組の「でぶや」でホンジャマカの石塚英彦が来ていたらしく、石塚が食べてる写真も貼ってました。結構有名店なんやなぁ。
 ちょうど混みだす前で、すんなり入れました。注文してからだんだん混みはじめて・・・暑い中お店の外で待ってる人がたくさんいました。

 つけ麺の辛さを選んで、あとは麺の大きさとトッピングを指定して終わり。


つけ麺  ぷ~ちゃん。


 タレの辛さは2倍。


つけ麺  前ちゃん。


 辛いのは好きやけどあまり得意でないので、1倍。

 トッピングは~、半熟卵と~、かいわれと~、もやし~・・・って頼みすぎたorz

 麺が隠れてるしよ~~~~(><)


 味はあっさりしてて美味しいです!脂っこいのかと思ってたんですよ~。野菜は普通に茹でてるだけなんで、余計にあっさりしてるし(^^;) ちょっと塩味でもつけて茹でるのもいいかもね。

 1倍の辛さは、それほどでもなく、辛いのが得意でない私の口の周りがちょっとぴりぴりするくらい。

 横で2倍を食べてるぷ~ちゃんは「全然辛くない」って(^^;)


 食べてる間に、次々と席は埋まって、私の隣にサラリーマンが座ったけど、「辛さ30倍」とか「20倍」とか頼んでるし・・・・(--;) おいおい、食べられるんかいな???と思ったり。

 で、お店出たぷ~ちゃんがさっきのサラリーマンが食べてるのを見てたらしく、


 ぷ~「20倍とか30倍とか頼んでて、おつゆに麺をちょっとだけ浸けて食べるなよ~。食べるんやったら、ガッツリ浸けんかい!!!」


 と突っ込んでました(笑) ま~あんたやったら、30倍でもガッツリ浸けそうやな。

 うどん3玉に七味唐辛子を容器の半分振りかけて食べる人やもん(マジ)

 彼の辛さに対する耐性には脱帽です。


 初めてのつけ麺に満腹・満足( ̄▽ ̄)=3 次は「辛部」に行きたいなぁ。

 さて、これからどうするか~?なんて話してたら、呉の「大和ミュージアム」に行く話になりました。

 広島出発前は私は遠慮してた(あんまり興味が無いんで)んですが、ぷ~ちゃんは行きたかったみたいやし、T田君もおススメなんで、行くことになりました。


大和ミュージアム  大和ミュージアム 入り口。


 呉のゆめタウンの隣りにあります。

 「日本人として考えさせられますよ~」と言うT田君は5回目というかなりのリピーター(笑)

 私、映画「男たちの大和」の印象があんまり良くなかった(見てないけど、第一印象で)んで、ちょっと引き気味。

ま~、映画と関係ないのにね。

大和ミュージアム  戦艦「大和」の模型。


 いきなりドドーンと展示されてました。

 船は興味ないけど、かっちょいい・・・・。何か今にも動き出しそうな感じ。

大和ミュージアム


 大和ミュージアムのイメージとしては、大人の男性が興味あるんやろうな~って思ってたんですが、家族連れやカップルが多い!土曜日だからか、ものすごい人だらけでした。


大和ミュージアム


 歴史年表を元に、戦争の中での軍事環境の変化や、それとともに軍備の一端を担った呉の軍事工廠として発展して行った歴史や、それを担った人たちの紹介、軍備に関する豆知識みたいなのを写真や動画で紹介してました。 これを見るだけで、呉がいかに当時の軍事工廠として重要だったかがわかります。


大和ミュージアム


 戦争によって好景気になったり、街がにぎわったり、日本の技術が進歩したというのを見ると、すごい複雑。

 今の技術って戦争の軍事技術の上に成り立っているものも数多くあるって事実があって、事実をつきつけられると何となくブルーになる。仕方ないことなんやけど。

 特に、お国のためと「人間魚雷 回天」に乗った兵士や、妻子を持った兵士がその家族に当てた手紙を読むと、「お国のため」と死を覚悟して、国に尽くす自分と、でも、「家族と一緒に過ごしたい」と思う人間として当たり前の感情との間に揺れる人間の葛藤を見ると辛いねぇ(´_`。)


 他には「大和」に関しての資料などもたくさん展示してありましたね。


 そんな中。


大和ミュージアム  マツダ創始者。


 この人がいなかったら、ロードスターも無かったんだろうな(笑)などと思ってみたり。

 ありがとう重次郎さん(^^)

大和ミュージアム  石川島播磨重工のターボチャージャー。

 歴史の最後には現在の多数の会社の製品を展示してありました。


大和ミュージアム


 別の展示室では大型の飛行機や魚雷などを展示してありました。こういうエンジンをじーっと観察してしまう私って・・・(^^;)
 「マツダE&T」という表示が目についてしまう私って(笑)

 「人間魚雷 回天」の展示は相変わらず、戦争で死んでいった人の辛さを感じさせるものでした。


 階は変わって、

大和ミュージアム  「おぢさん、早く退いてよ」


 とぷ~ちゃん言われてまっせ(笑)


 科学実験やサイエンス的な遊び場がたくさんある展示室です。

 ペダル漕いだり、自分を自分で持ち上げてみたり、子供になって遊んでましたねぇ、男二人は(笑)


 最後の展示室は未来の科学や宇宙に関しての展示。やまとはやまとでも、「宇宙船艦ヤマト」についての展示もありました(^^) そういや、ヤマトって見たこと無いなぁ。



 ほぼ全ての展示を見終わってから、大和ミュージアムを後にしました。

 「日本人として考えさせられる」ってのはわかるなぁ。

 船や飛行機など、機械として興味があるものもたくさんあって面白い分、「戦争と技術」、「国家と個人」みたいなものの間にあったその当時の人たちの生活が見られて思うところもあるし。

 

 次は広島市内にある原爆ドームに行ってみたい(行ったことないんです)と思ったのでした。

 また、全然違った視点になりますから。


 船や飛行機が好きなだけでなく、歴史を学びたい人にもおススメの博物館でした。

 行ってよかったなと思います(^^)


 続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 早朝、ホテルをチェックアウトして、宮島フェリーに乗って宮島 に渡ります。 朝食イマイチ汗

 8時の便にするか9時の便にするか迷ったんですが、昼には友達と合流するんで、早い方の便にしました。


宮島  この辺からもう宮島カラー。


 私、宮島は初めてなんですね。ぷ~ちゃんは小学校の修学旅行で行ったことがあるらしいけど、あんまり憶えてないらしいから、初めてみたいなもん???


 昨日、「うえの」で宮島に関する読み物があったから、多少知識は入れたけど、どんなところか楽しみ。やって世界遺産やもん。世界遺産をちゃんと見学するのも初めてやし。

 「うえの」の店員さんに宮島の見所を聞いて、宮島マップみたいなのをくれて説明してくれたんですが、そのマップを思いっきり忘れてしまってました(^^;) でも、ぷ~ちゃんの頭の中に入ってたらしく、彼に付いて行くことに。


 フェリーの中は人が結構いたので、仙酔島でもやったおきまりの海の男ポーズはしませんでした(^^;)

 フェリーが到着して、迎えてくれたのは


宮島  鹿。


 かわい~~~~~♪小学校の修学旅行で奈良に行って以来ですな、こんな近くで鹿見たの。

 鹿って奈良のイメージやったんですが、宮島にもおったんですね(^^;)

 奈良も宮島も、鹿は神の使いというか神聖な動物として扱われてて、みんな野性らしいです。こっちの方が人と共存してる感じがしましたが。

 ↑この鹿をじーっと見て、触ろうとしてたら、
 
宮島  向こうから2匹やってきました。

宮島  おいおい、何すんのよ。近づいて。何か怖いぞ。餌持ってないよ。

宮島  って団扇食うなよ(笑)


 食べ物ちゃうで~~~~~。

 これが餌に見えたらしい。

 しかも咥えてもぐもぐして、離してくれんし(-"-;A 逃げるように鹿から離れましたよ・・・。

宮島  小鹿かわいい♪

宮島  こんな感じで普通におります。


 さてさて、鹿ゾーンを抜けてさらにてくてく歩いていくと、鳥居発見!


宮島  おっきいのぅ。


 宮島のシンボル。大鳥居。

 すごいのは、この鳥居、海底に埋まってるのではなくて、土台を強化・加重しているだけなんだとか。

 台風でも飛んだりしないもんやから、てっきり埋まってるのかと思ってた(^^;) ぶらさがりたい~~~(罰当たり)

宮島  お祓い。


 入り口手前で手を洗って口をゆすいだら、入館料を払って、中に入ります。

 何か「お祓いしてください」って書いてあったので、お祓いしてみました。

 お祓いというより、何か怨念込めて呪術をかけてるように見えなくも無いですけど(笑)


宮島  お決まり。


 本殿から見た大鳥居。

 もちろん手のひらに載せてみましたよ(笑)

 ぷ~ちゃん手が大きいから楽々乗るのぅ・・・・・・ってもうええわ。 旅の恥は掻き捨てです(^^;)


宮島  おみくじも引いてみましたよ~。


 二人とも吉だって(^^)

 二人とも「待ち人来たる」って言われたけど、確かにこの後待ち合わせしてる友達はおるわ・・・・。 って来んかったら困るし(苦笑)

宮島  宮島

 左は能舞台。

 一回りぐるーっとしてきたけど、思った以上に広いなぁ。

 色のコントラストもステキラブラブ 基本的に赤基調なんで、能舞台のシックな色が目立つかも。

 厳島神社が建てられたのは593年ですが、現在の寝殿造に造営したのは平清盛です。

 ぷ~ちゃんが「これって神社というより、権力の象徴みたいな建物やな」って言ってましたが、それって何となくわかるかも。まあ、厳島神社を立派にしたら、もっと平家は繁栄するで~と夢で言われたら、気合入れるでしょう。でも、それはある程度の権力が無ければ出来ないことですし、これが出来るからすごいみたいな。

 う~ん、考えさせられるなぁ。

宮島  海から見た。

 ちょうど引潮だったので、海辺に下りてみました。海辺から見るとさらにその大きさを感じますね。

宮島  間近で~。

干潮ではなかったんで、鳥居の下までは行けませんでしたが、ギリギリまでは寄ってみましたよ。干潮のときは下を歩けるらしいです。

 シーカヤックしてる人だと思うんですけど、鳥居の下を漕いでました。結構やってる人が多いのかもね~。

 いいなぁ、楽しそうニコニコ


宮島  鹿満載。


 出口付近には鹿せんべいを売ってるところが。

 う~ん、何か野性って話を聞いてるから、せんべいあげてもいいのかな~?なんて思ったり(^^;)


宮島  襲われてます。


 で、ふと見ると、鹿せんべいを持った家族連れが鹿の大群に囲まれているところを目撃。

 今にも噛み付かんばかりだったので、親子は走って逃げてましたけど、それを同じように走って追いかける鹿。

 あんな目には遭いたくないから絶対に鹿せんべいはあげないでおこうと思った二人なのでした~。


宮島  でも興味はあるのよね。


 鹿さんに触る機会なんてなかなかないので、ちょっとだけ。

 角って、木のように硬いものだと思ってたんですが、産毛があって柔らかいの。

 神経が通ってるのか、嫌がってますけど(^^;)

宮島  五重塔。


 こっちも綺麗。赤いのが青空に映えてるな~(^^)

 本当は間近に見たかったけど、ぷ~ちゃんがバテてたんで、遠巻きに見ただけ。


宮島  暑いので~。


 さて、商店街に場所を移しました。

 早朝だったので、カフェはあんまり開いてなかったけど、開いてたところに入って、水分補給。

 雰囲気のあるお店でした。


宮島  そういや、


 宮島ってしゃもじが有名。

 ちなみに、これは世界一の大きさなんやって。宮島の伝統工芸であるしゃもじを後世に残すため、そのシンボルとして作られたとのこと。

 どーせやったら、よくTV放送されているでーっかい鍋で作る大量の料理で使ったらええのに。なんて思ったりも(^^;) ま~、運ぶだけで大変やろうけど(苦笑)

 とにかく大きかった~(^^)

宮島  こんなお店も。


 お土産を物色しながら店を見てると、商店街の中にこんなお店が。

 おお~、ここまで来るかって感じ(笑)


 とまあ、短い時間でしたけど、世界遺産を見られて嬉しかったです。

 やっぱり、日本の建築は素晴らしいと改めて思いましたね。


 フェリーに乗って、宮島口の港に着くと、宮島行きのフェリーに乗るための大行列が!Σ(・ω・;|||


 早めに出てよかったと思った私達でした。


 さ、広島市内に移動しましょ。




 続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「お前らから『毒』を抜いたら何が残るんぞ」と言われそうなくらい(ぷ~ちゃんは実際言われたらしい)、リフレッシュして鞆の浦を出発した私達。


 気持ちよかったけど疲れた汗 後は宮島まで高速と下道で行くんやけど、私は前日の寝不足がたたって、眠くて眠くて・・・・助手席で寝てました(^^;)

 ふと気がつくともう廿日市市に入ってて。

 宮島口付近になると急に人が増えてました。


宮島  さすが観光地。


 今夜の宿泊場所は「宮島コーラルホテル」というところ。

 宮島へのフェリーのすぐ側にあるホテル。


 チェックインして・・・・・疲れたーーーーショック!

 部屋の広さはまあまあかな~。TVを見てちょっと休んでから、ぷ~ちゃんのメインその壱に行きました。


あなごめし  あなごめし うえの


 ぷ~ちゃんの職場の先輩が、ここのあなごめしはうまいと言うので、行くことにしました。

 私、穴子って、寿司のネタになってるのしか食べたこと無いんですσ(^_^;) だから、こんなメイン料理になってるのなんか全然知りませんでした(汗)

 お店は宮島口駅前にあります。元々はここの主人が駅弁として売ってたのが始まりとか。

 旅行になるととたんに贅沢になる私達。コース料理を予約しておきました。

 「他人吉」という空間。「うえの」の2階にあって、別の入り口から通され2階に上がります。


あなごめし  いい雰囲気(^~^)


 和風のステキな部屋に入りました。

 2階は個室ばかりで、ゆっくり楽しめるようになってます♪

 ぷ~ちゃんはワインを注文、私はカクテルにしました。

 ぷ~ちゃん、ワインはよくわからないので、店員さんに味を聞いたら、店員さんもうまく説明できなくて(笑)、何と一口試飲させてくれることに。飲み口さっぱりのワインにしました。


あなごめし  まずは前菜と食前酒。


 蛸の焼き目とメロン酒のカクテルジュース。

 ぷ~ちゃん、絶賛。さっぱりして美味しいです。


 次はあなごの柳川煮とホタテのタルタル焼き。

 私はこれが美味しかったなぁ。マヨネーズを使ってるのかな?って味でした。私、マヨネーズが嫌いなんですけど、これはマヨネーズの独特の臭いというか、後に引っ張る味が無いんですね。

 

あなごめし  お刺身(^^)


 やっぱりお刺身でしょう。

 このあと、牛サーロインステーキ(サイコロ)の塩焼きに胡桃ソースのかかったものが出てきましたけど、私は刺身の方が好きかな(^^;) サーロインも、ジューシーで美味しかったんですけど♪


あなごめし

 本当は太刀魚と海老のずんだ焼きなんですが、穴子の白焼きに変えてもらいました。

 ワサビを少しつけて、塩で食べるんですけど、これ、おいしい!いつもタレがかかっているのを食べてますけど、塩は初めて。 あっさりしてていいなぁ。うなぎとはまた違った味わい。


あなごめし

 次はオクラとろろとトマト・きゅうりの酢の物です。

 大変恐縮ですが、


 穴子より美味しかったです(^^;)


 見た目もかわいくて♪オクラって、かつおぶしと梅干の醤油和えでしか食べたこと無いんですけど、酢の物も合う!穴子やステーキの後なんで、スッと入りますし(^^)  家で作れないかな~~~~???レシピ聞いとけば良かった(笑)

あなごめし  釜炊きの穴子飯。


 メインと言っていいでしょう。2階の他人吉だけのメニューとか。

 美味しそう~~~。ぷ~ちゃんによそおってもらって、一口。

 ウマ~~~~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 山椒ときざみのりをトッピングにして、食べてみると、山椒がまたこれ合うんだわ!!!!!

 一番美味しかったのは、山椒のみをかけた穴子山椒ご飯。

 ぷ~ちゃんは最後にお茶漬けにして食べてましたけど、お茶漬けもあっさりしてていい。穴子をほとんど食べたことの無い私にとっては新しい発見ばっかりでした~(^^)

 で、このご飯が出てくるまでは、お決まりの「コース料理はちょっと量が少なめ」って感じで、こりゃお腹が物足りないかも~と思って、後でホテルの1階にあった居酒屋に行こうかって話してましたが、


 意外にこの穴子飯、パンチありました(笑)ズズーン・・・・。


 「もう、この後何も食べなくてもええね(^^;)」と、居酒屋はパス。

 最近、食事量を減らして胃が小さくなってた私達にはなかなかな重たさでした(笑)

あなごめし  食後のデザート。


 何で二つあるか。

 ぷ~ちゃんは基本的に甘いものは99%食べません。

 持ってきた店員さんに、ぷ~「あ、僕いらないんで・・・・」とお断りすると、ちょっと困った表情をして、私の顔を見てにっこりして、


 2皿置いてくれました(笑)


 穴子飯が効いていたので、なかなかな辛かったですけど、入るところまでは食べましたよ。

 抹茶アイスおいし♪



 ぷ~ちゃんはワインを一瓶飲みきって、ビールも飲んでヨッパーになってました(笑)


 ホント、紹介してくれた職場の先輩には感謝感謝です。

 これはちょっと贅沢気分を味わいたい方にはおススメです。


 一人4500円のコース。ワインは3000円前後から5000円くらいまでだったかと思います。


 お店を出て、近くのコンビニでビールとおつまみを買って(私じゃなくてぷ~ちゃんです)、ホテルでくつろぎながら、美味しかった~~~と感想を話しました。


 あなご飯、いい!!!!



 続く。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 広島旅行のメインその壱。

 むしよめさんのブログで紹介されてて、私が最も楽しみにしていた、


 人生感が変わる宿 ここから


 の中にある江戸風呂

 鞆の浦から船で5分くらいのところにある仙酔島という無人島にあります。


船  20分おきに出る船。

船  あ~あ(笑)

 そして、船に乗るとついついさせてしまう・やってしまうアホ夫婦(笑)

 恥ずかしげもなく写真撮ってみました汗

桟橋  仙酔島に到着。


 何かこの簡素な感じがいい。いいよ~。

 桟橋から歩いて3分くらいのところに江戸風呂はあります。


江戸風呂  江戸風呂


 中に入って受付をします。

 めっちゃ汗をかくのはわかっていたので、着替えやタオルを持って行ってたんですが、受付でバスタオル・タオル・ポロシャツ・短パンを貸してくれました。(普段は有料)

 説明を受けて、まず着替えます。下着はびしょびしょになるので、全て脱いでポロシャツに着替えます。

 デジカメ撮影はOKかどうか聞いたら、さすがに蒸し風呂の中には持って入れないけど、外を撮る分にはいいですと言われたんで、貴重品は全て預けて、タオルとデジカメを持ってさあ!蒸し風呂へ。


江戸風呂  と、その前に。


 汗をかくので、塩分が無くなっては命に関わりますから、入浴前に梅の茶(って言ってたと思う)を飲みます。色は梅っぽいけど、味は海水並みにしょっぱい(笑)


 さあ、いよいよ蒸し風呂です。


 最初は


江戸風呂  入り口狭~い。


 海藻を敷き詰めた蒸し風呂。

 海の浄化作用を利用して汗腺から汗と一緒に老廃物や毒素を出させるんだそうです。まずはここから。

 中に入ると、


 熱い!


 暑い!!


 厚い!!!


 篤い!!!!


 アツイ!!!!!


 すごい熱気って当然なんやけど、実はぷ~ちゃん、サウナは初めて。私はサウナ経験はあるけど、温泉の中にある小さいサウナに入っただけで、2分くらいで出たかな(^^;)ほぼ初めてみたいなもんか。

 普通、サウナってイメージとしては板の間で、明るくて、エステとかお風呂屋さんとかにあるようなのがイメージされるんですけど、ここは、灯りが隅にぽつんとあるだけの石の部屋。薪をくべてその余熱で蒸してますから、四方八方がとにかく熱い。壁にはもたれないで下さいと注意は受けたし、床もござを敷いてるけど、それでも熱い。

 2人だけだったんで、ぷ~ちゃんは5人分のスペースをフルに使って海藻の上に寝転んでるけど、私は熱くて無理。


江戸風呂  こんな感じ。前ちゃん撃沈。


で、ズズーン(-。-;) となってました。

 1分もしないうちに腕から足から顔から、汗が玉になって出てくる。隣のぷ~ちゃんを見ると、玉どころか滝のように流れてる(マジ)(@ ̄Д ̄@;)

 基本的に、いい時間になったら「出てください」とか言わないので、自分の時間で出てきてください、と。

 じーっとしてると、時間の流れるスピードがわからんのよね。苦しいから、長いようで短いと思うんですわ。

 無心でじっとしていたら、ぷ~ちゃんが「無理無理無理無理!!!!」と言いながら外に出ようとするので、私も一緒に出ました。

 出るときは服についた海藻を刷毛で落とすんやけど、刷毛も熱い!!!!急いで落として外に出る。

 だって、熱気は上がるから立ったら顔だけが余計に熱いもん(--;)


江戸風呂  外に出たらすぐ前にあるシャワーで体を洗います。


 服の上からぬるーいシャワーを。

 従業員に「大体他のお客さんって何分くらい入ってるんですか?」と聞いたら、


 「平均7,8分ってところですかね」


 と。7,8分・・・・・ズズーン(--lll)


 「短い人で2,3分、一番長い人で15分ですね」



 15分・・・・・・。



 干からびるて(笑)


 ミイラになる。うちらはせいぜい3~5分ってところやと思う。慣れたら7~10分くらい入れるんやろうけど・・・。


 体を流し終わったら、次は「母親の体内風呂」へ。

 通常の海水の5~7倍の濃度の海水を使用してるこのお風呂は、母親の胎内に限りなく近づけているそうで、ぷかぷか浮いて、赤ちゃんに戻った感覚になります(^^)


江戸風呂  江戸風呂


 枕と寝転ぶのでサンバイザーを身に着けて入ります~。

 うまく浮くためにはお尻から中に入って、つま先に力を少し入れると浮けます。後は力を抜いてただようだけ。

 ↑前ちゃん久々に浮かぶ。 浮いてても体はゆらゆら、流れていくので、ぷ~ちゃんにぶつかりそうになると、


 「あんた邪魔」


 と鬼嫁キックをくらわしながら、ぷ~ちゃんとぷかぷか浮いてました。

 ここではさっき汗と一緒に出てったミネラルを取り込むとか。


 ぬるま湯で気持ちええ・・・・でも、寝すぎると耳に水が入って気持ち悪いぞ(笑)

 しばらくぷかぷか浮いてると、従業員に「○○さ~ん、それでは次に行きます~」と言われました。


 次は別名「仙人の風呂」と呼ばれる蓬蒸し風呂。昔から薬用としても使われてきた蓬の敷き詰められた中で老廃物を出しながらエネルギーを吸収してくださいですって。


 やっぱり熱い(笑) でも、さっきの海藻よりは慣れてきたのかましに感じるなぁ。

 蓬のいい香りが暑さを和らげてくれてる感じがする。いいなぁ。ここ気に入ったな。

 さっきとほぼ同じ時間で限界が来て、また外に出ました(笑) 15分は遠い道のりか・・・・。


 次に行く前に、水分補給。だいぶん体の水出したもんね。


江戸風呂  江戸風呂


 デトックスが主なもんですから、置いてる飲み物ももちろん健康ドリンク。
 「良薬口に苦し」なんてことわざがあるくらいですから、

 ぷ~「ん~~~~、美味しくない(笑)」とか言いながら、それでも飲みました。

 私は熱い玄米ドリンクを飲みました。蒸し風呂が熱いから、飲み物が熱くてももう平気でしたよ(笑)

江戸風呂  このころにはだいぶんヘトヘト。

江戸風呂


 蒸し風呂以外のお風呂は屋外なので、綺麗な景色を見ながらゆっくりお風呂に入れます♪


江戸風呂  江戸風呂


 次は世界一広い露天風呂、波に入りました。そりゃ世界一(笑)

 日々、電化製品に囲まれて生活していると溜まる「電磁波」を放出するために、この波打ち際を30分ほど歩くと放出されるらしいです。そして、海に入ることで、海のミネラルを体内に取り込むとか。

 

 思いっきり海水浴場なんですが、若者達(20代前半)が遊んでいる横で、私達はゆーっくり海に浸かってました(^^;) 冷たい。蒸し風呂との温度差がすごいです。体もびっくりしてるはず。 でも、気持ちいいです(*^o^*)

 「若いってすばらしい」を身近に感じながら(笑)、久々の海を堪能。


江戸風呂  初めての人には従業員さんが案内してくれます。

 海から出て、最後の蒸し風呂へ。

 最後は枇杷の葉蒸し風呂。汚れた血液をさらさらにしてくれるそうな。「森林浴気分でどうぞ」って。

 う~ん、やっぱり熱いけど、これで最後か~。しっかり入らねば・・・・・・。

 と思っても、やっぱり駄目だ~~~~~~。結局前と同じ時間くらいで出ちゃった。

 でも、普段汗をかかない私にしてみたら、出た方かと思います。ぷ~ちゃんは汗かきなので、ちょっと多めに出たかな?といったところ。

 

江戸風呂  歳時記風呂。今日のお風呂は何だったんだろ?


 最後にお風呂に入ります。ちょうどいい温度で、ぬるくなく熱くも無く。

 やから、気持ちよくて


江戸風呂  ぷ~ちゃんが!!!!!!


 って、温泉行ったりすると必ずと言っていいほどやってますけど(笑)

 ちゃんと周りを確認してやってます、ハイ。

 危うく逝きそうになりました(^^;)

 海の景色を見ながら入れる露天風呂は初めてでしたよ♪

 露天風呂に入りながら、江戸風呂の感想を話してました。そうそう、他のお客さんも言ってましたけど、最初の海藻蒸し風呂が一番熱かったような気がしましたね。ぷ~ちゃんが推測するに、最初に熱いのを持ってきて、汗腺をしっかり開かせているのではないだろうかと。なるほど。


 これで江戸風呂は終わり~。

 いや、すごい楽しくて気持ちよかったけど、すっごい疲れた・・・・・。


 江戸風呂  前ちゃんの汚い足(^^;)


 お風呂から出て着替えてるときにふと足を見ると、赤くなってる(ノ゚ο゚)ノ 怖いまだら模様。

 どうやら、風呂に入って血行がよくなったらしい(^^) ぷ~ちゃんも同じことになってました。


 次は昼食。

 江戸風呂の隣にある国民宿舎のまた隣にある「洗心の間」という食堂でお弁当をいただきました。

江戸風呂  江戸風呂

 江戸風呂もそうでしたけど、ここの建物もすごい雰囲気があっていい!!!!!!!
 こういう和風の古い建物でご飯食べるのは好きやな~~~~(^∇^)

 お昼のお弁当はヘルシーランチ。

江戸風呂  バランスの良い食事。

 う~ん、美味しそ♪ お味噌汁美味しかったです(^^)

 疲れきっていたのか、この量でも充分お腹がいっぱいになりました(苦笑)


 さて、次は足湯に向かいました。

 足湯のある「五色の湯」は江戸風呂から20分ほど歩いたところにあります。

 ぷ~ちゃんは江戸風呂で果ててしまい、「俺は無理、歩くの無理」というので、


 お得意の別行動(笑)


 ぷ~ちゃんを置いて、一人でてくてく歩いて行きました。

江戸風呂

 自然あふれる仙酔島には野生の狸がいました。 狸を間近で見たのは動物園以来。かわいいけど、餌はやっちゃいけません。 人間様からもらっているのか、若者グループに恐れもせず近づいていましたよ。

仙酔島  綺麗な水平線。


 ま、道を間違えて行き止まりの方に行っちゃったんですが(^^;) 代わりに海の絶景を見ることが出来ました。

 ここでも「地図の読めない女」本領発揮です(笑)

仙酔島  木陰が気持ちいい。


 気を取り直して、地図をちゃんと見て近道っぽい道を選択。

 てくてく歩いていきます。13時過ぎですから、暑かった!うちわ片手に扇ぎながら。

 さっきの江戸風呂のせいか、汗腺が開きっぱなしな気がして、いつもより汗をたくさんかいてる気がする。これっていいことなんでしょうね。

 

 近道だ!と思って選択した道は、どうやら展望台も兼ねてたみたいで、

 

 ものすごい上り坂と、ヘアピンカーブで頂上に着くころにはもうヘトヘト。ちょっと後悔しました(^^;)


仙酔島  仙人ヶ丘からの風景。

 えらかった(疲れた)けど、景色は最高。鞆の浦が見えます。

 でも、帰り道はなだらかな遠回りの道にしようと思ったのでした(笑)


足湯  五色の湯。


 やっと到着。


足湯  貸切状態♪


 平日だったせいか、誰もいなかったので、足湯独り占め状態(^^)v

 従業員さんに、案内してもらって入りました。


足湯  暑いけど、気持ちよかったです♪


 五色というのはお湯の色ではなくて、敷き詰めている石の色が黒・青・白・黄・赤で、五行説に基づいたものになっているみたいです。

 お湯は温泉ではなくて、海水とにがりを使っているらしく、体に負担がかからないようになってるとか。


足湯  これは冷たいです。


 ときどき冷たい水に入って、またお湯に入ると新陳代謝がより活発になるそうです。

 もちろんやりましたけど(^^) 冷たいの、気持ちいい~。


 足湯は、全身浴より体が温まるとか。

 ま、外も暑かったんですけど、ゆっくり浸かってるとやっぱりじわ~っと汗が出てきましたね。

 暑い中の、足湯。これ、気持ちいいです(≡^∇^≡) ぷ~ちゃんも来ればよかったのに~。

 「終わったらジャスミンティーを用意しますんで、言ってくださいね」とのことだったので、湯上りに一杯いただきました。

足湯  誰もいない静かな海岸。

足湯  カップが二つ(笑)


 「お二人って聞いてたんですが・・・・・」


 「あ、一人は江戸風呂でバテたんで、一人で来ました(^^;)」


 それでも、2人分いただきましたよ。
 何か、お湯の量が少ないとお茶が出ないそうなので、2人分どうぞとのこと(^^)

足湯  静かな海辺のティータイム。

 ご婦人が一人海岸を歩いてるだけの海景色を見ながら、ゆっくりと飲むジャスミンティー。

 木陰なんで、全然暑くなくて、心地いい風も吹いてる。熱いジャスミンティーも美味しいからスーッと入りました。


 すげー、癒しの空間。

 海の癒しって初めてやなぁ。こんな景色近くに無いから、新鮮やし。

 ゆっくり過ごして、お茶も2杯いただきました。

 やっぱりぷ~ちゃん、来ればよかったのに。



 帰りは遠回りしてなだらかな道を通って帰りました。

 ぷ~ちゃんは待ちくたびれたよう(笑)

 

 楽しかったね~(^^) と言いながら、帰りの船に乗り込んだのでした。



 今回は「江戸風呂湯遊コース」というのを予約して行きました。江戸風呂・母親の体内風呂・美人風呂・五色の湯を巡って、昼食つきでした。今は一人2500円で巡れるようです。

 うちらは、体力がなかったので(笑)美人風呂には入らんかったんですけど、行かれた方はせっかくなんで入ってくださいな。このコースで2500円は絶対にお得です。


 効果のほどは人それぞれやし、ま~、実際のところはどうなんかわかりませんけど、デトックスは間違いなく出来るし、とてもゆっくりした時間を過ごせるので、おススメな場所です。

 次は友達とワイワイ言いながら来たいな~と思いました。



 あなごめし編に続く。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

 TVCMで海遊館の『海遊館ウォーターサファリ 12月2日まで』というのを見て、「これに行きたい!」と言い始めたぷ~ちゃん。

 うちで飼ってる魚が展示されてるもんですから、飼い主&ポリプテルス好きとしてはいてもたってもいられないとか(笑)

 私も海遊館には一度行ってみたいなって思ってたんですけど、どうしても「大阪」っていうところは道が混んでて、車が多くて、渋滞もすごくて、田舎者の私が車で行ったら間違いなく一歩も動けない、という非常に偏ったイメージがあるんですね。


 で、行きたいけど、車は・・・・って私がちょっと躊躇したもんですから、


 じゃあ、広島県に行ってお好み焼きでも食べる?


 って話になりました。

 ちょうどそのとき、アメブロで相互読者登録してくださっているむしよめ さんのブログで「江戸風呂」っていうのに行ったことを記事にしていて、とても良さそうに見えましたから、お好み焼きついでに行きたいと話したところ、


 じゃあ、どうせだったら1泊していろんなところに行く?


 というところまで発展。

 かくして広島旅行は決定したのでした(笑)


 広島には「ご当地メニュー」みたいなのがたくさんあるので、もちろん、それも網羅。

 そして、観光地も入れようということで、ぷ~ちゃんが新婚旅行以上に気合を入れて作ったプランが完成しました。




 

 さて、当日。朝7時に出発して、目指すところはまず宮川製麺所。

 楽しい1泊2日旅行のまず最初のお楽しみ朝食は、ウマウマうどんからでしょう(^^)v 


宮川  宮川

 早朝だったので、店内は私達の他に2人だけ。小に冷たいだしをかけて食べました。

 ねぎ入れすぎ~とか思う人がいそうですけど、

 これが私にとっては普通です(笑)


 恐ろしく眠かった二人も、宮川のうどん食べるとお目目すっきり。っていうかホントに。

 うどんのパンチもあるから、一気に目が覚めました(^^)

瀬戸大橋


 坂出から高速に乗って瀬戸大橋を渡ります。

 しまなみ街道を通るっていう選択肢もあるんですけど、目的地が岡山寄りだったのと、瀬戸大橋の方が早いということでこちらを選択しました。


 福山まであっという間。

 広島まで自分の車で行ったことのない私は、その近さにびっくりしました。

 神戸までより近いのかな??

 福山に入って下道を降りて街中を走ります。

 四国の片田舎に住む私にしてみたら、福山も充分都会でした(^^;)マジで。お店いっぱいあるもん。

ナビ


 本当はロードスターがいいな~なんて思ったけど、なにぶん初めてな道や街なんで、やはりナビがいるでしょう。ということでオデッセイで行きました。車自体も長距離向けやから、疲れないしね。

 いやしかし、ナビは便利。これ、初ナビですけど、こんなに便利なもんかと買ってから驚きの連続です。

 こうやって、高速の分岐とかもちゃんとリアルな画面が出て教えてくれるのねん。すごーい(笑)


 そんなこんなで福山の街中を走って、目的地に到着。
 目的地は鞆の浦(とものうら)。最初「さやのうら」って読んでました(^^;)

 予約したときに提携ホテルの「鞆シーサイドホテル」の駐車場を確保してくれていたので、ホテルの駐車場へ。


駐車場  ロードスター発見(^^)


 遠くのナンバーでした。旅行で来てるんやろな。

 何か、こういうところで見ると嬉しいのだ。


 とりあえず連絡船の切符を買って、時間まで待合所で待ってました。


 続く。

 今回は長丁場ですぞ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。