乗車定員若干名。

五年以上前の出来事をUPする備忘録ブログ(笑)


テーマ:

 先月から突然、「苔盆栽する!!!」と言い始めたぷ~。

 どないしたんかと思ったら、玄関に放置してあった水槽の流木を使って苔玉と言うか苔盆栽を作るというのです。


晴耕雨読。-水槽③  最初の頃の水槽。


 この水槽に置いてた流木です。

 水槽の美観の面もありますが、ポリプ達を攻撃するオスカー達から身を守ったり隠れたりするために入れておきました。

 しかし、オスカー達もいなくなって狭い思いをするだけのものになったかもしれないということで、流木は水槽から出すことに。 木自体はかなりいいものだったのでそのまま捨てるのももったいなく、でも何に使えるのかわからないので放置してました(^^;)

 

 で、ぷ~が「盆栽に使えるかも」といつもの思いつきでやることに。


晴耕雨読。-流木  晴耕雨読。-流木


 どうやって置くのかが重要になってきます。

 右側は水槽の中に入れておいた状態。魚達のトンネルになる感じ。隠れやすいですね。

 でも、このまま置くのもイマイチだったので、左の画像のように逆さまにしました。


 さて、肝心の苔や植物ですけど・・・・・。

 安く済ませるために、そこら辺のを採ってくる事にしました(^^;)

 自宅から離れた山で甥っ子と3人で採集です。


晴耕雨読。-苔取り  晴耕雨読。-苔取り


 私達より、甥っ子の方が見つけるのが上手くて、結構いい苔が取れました(^^)

 苔って条件があるんでしょうけど、結構色んなところに生えてるんですね~。

 イメージ的には日陰のじめじめしたところに生えてんのかなと思ってたんですが、時々日が当たるくらいの適度な日陰に結構生えてますね。 苔も日当たりはやっぱり大事なんですな~。


 よさげな苔をたくさん採ったところで、家に持ち帰って盆栽開始(^^)


晴耕雨読。-苔植え  晴耕雨読。-苔植え


 持って帰ってきたいろいろな種類や形の苔を並べて、レイアウトを考えます。


 ぷ~の盆栽センスが問われるところ(笑)


晴耕雨読。-苔植え  それでは木に巻きつけましょう。


 苔を形良くカットしながら木に巻きつけます。

 巻きつけるのは黒い縫い糸で。 特に理由は無いんですが、色は目立たない色で。



晴耕雨読。-作品  晴耕雨読。-作品


 その傍らで甥っ子が見よう見真似で苔盆栽やってました(^^)

 おお~、なかなか良い感じですよ~。 貝のアクセントが上手い。



晴耕雨読。-苔植え  徐々に出来てきましたよ。


 最初は木に苔や植物を巻きつけて何かの台の上に置くだけにしようと思ってたんですが、思ったよりいい形の苔がたくさん採れて、それをそのまま捨ててしまうのももったいなく、


 結局この青い皿を買ってきて、それに石と土を敷いて苔を植えることにしました。

 この皿がまた高かったんだよな~。苔で節約したのがパー(笑)


晴耕雨読。-作品  出来上がり~。


 これで完成です。 ぷ~のセンスはいかがでしょうか(笑)

 なにぶん初心者、知識がほとんど無い状態なので、ネットでちょろっと調べたり、苔盆栽をやってる後輩にいろいろ聞きながら、盆栽を綺麗に維持していくことになりそうです。


 とりあえず、

 日当たりがそこそこ良く、風が直接当たらず適度な湿度が保てるところで常には置いておく。

 最初の1ヶ月は環境に慣れさせないといかんので、冬でも1日に2,3回は水遣り、またなるべく動かさないようにする。

 ってのが大事みたい。


 そして、

 ※乾燥させないこと

 ※たまに日光浴をさせる

 ことが維持に大事なんだそうです。


 パキラみたいに放置してても少々なら大丈夫ってことではなさそう。

 水遣り、そして暖かいときには日光浴は忘れずにしないといけませんね。

 大丈夫かな~、忘れたりしないのか不安ですが、せっかくの作品ですし生きてるわけですから頑張って育てないと~。


 頑張りまっす。




 しかしまあ、いつも思うけどぷ~は「思いつきの男」やな~(^^;)


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 最後のうちの大型魚。


 シルバーアロワナです。


 南米アマゾン川に生息していて、いわゆる「アロワナ」では一番有名ではないでしょうか。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-アロワナ  名前は、


 包丁3号です。

 やっぱり命名センス無いわ(笑)

 テカリ具合とその形が包丁っぽいので・・・・。「3号」に大した意味はありません(笑)


 実はオスカーのピータンが亡くなった後で、うちの水槽に入居しました。

 次々と水面を泳ぐ魚がいなくなってしまい、何となく水槽が寂しく思えたときに出会ってしまったこの子。

 ピータン達のことを忘れたわけではありませんが、その美しさに心を奪われてしまいました。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-アロワナ  晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-アロワナ


 私の中でのアロワナのイメージって、ゆーったり泳いでプカプカ浮いてるって感じなんですが、


 結構絶え間なく動いている


 んですね。だから写真が撮りにくい撮りにくい(苦笑)


 よく動いてよく食べる。活動家です(^^;)

 餌は基本肉食なんですが、最初に生餌だけやって後は固形餌をあげてます。固形餌、最初はなかなか食べてくれなかったんですが、最近はよく食べます。

 ポリプ達の餌まで食べます(T-T)

 上で泳ぐ魚達には浮く餌を、底の魚達には沈む餌をあげてるんですが、沈んでいく最中にバクッと大口あけて(口はめちゃ開きます)横取りするわけですわ(^^;) やめてくれ~~~。

 成長するとうちの120cm水槽でも飼えなくなるそうなので、この大食漢もちょっと困りもの・・・。

 今は結構余裕で水槽を動き回ってるけど、そのうち狭くなるんだろうか・・・。150cm水槽なんかうちには置けんぞ~~~。

 生餌といえば、コオロギも餌になるので一度飼って水槽に入れたら、思ったより食べてくれなくて、コオロギが水槽を飛び出して部屋をピョンピョン飛んでたという・・・orz

 翌日、玄関の壁にいたときには「もう2度と買うまい」と心に誓ったのでした(苦笑)


 性格は結構大人しめ、でも警戒心が強い魚です。 餌のときはスーッと寄ってきて「早よくれ~~~」とバタバタしまくり、挙句の果てには餌も入れてないのに水面にバクッと顔を出してガラスに激突したりするわけですが(^^;)、それ以外では水槽に近づくとスーッと遠ざかったりします(涙)

 まあ、飼い主に懐くらしいので、徐々にですけど慣れてくれると信じてます。

 他の魚にもあんまり興味がないのですが、


 何故か正露丸(オルナティ・ピンニス)には攻撃的


 なんです。


 たぶん、最初に入居したときになんかあったんかなと。

 正露丸は前にも書きましたが、ときどき浮いては蛍光灯の上に挟まってみたり、水面を泳いで見たりパイプと壁の間に挟まってみたりしてるので、たまに包丁3号に激突したりしてました。

 それが気に食わんかったんでしょうね。


 わざわざ底に行ってまで攻撃


 してるんで、よっぽど腹に据えかねたのか・・・。


 まあ、オスカー達のように毎日毎日いじめるってことはないので、たぶん大丈夫かと。



 今までの3匹の分も長生きして欲しいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 どんだけポリプ飼いよんじゃ~と言われそうですが、まだまだ(笑)


 今度は、


 ポリプテルス・ビキール・ラプラディ


 「らしい」です。


 らしい、というのはどういうことかというと、買ったときに名前も金額も表示されてなくて、買ってから調べて多分これじゃないんかなという予測(^^;) だから、ビキール・ラプラディということ前提で書きます(笑)


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-ドンゴロス  かわゆい。


 う~む、かなり愛らしいお顔♪

 でも名前は、


 ドンゴロス


 麻袋のことをこう呼びます。 前の職場で使ってたので、よく連呼してました(笑)

 こいつを飼ったときに、私の前の仕事場でドンゴロスを使ってるという話をしていて、ぷ~ちゃんが


 「ドンゴロスって何?何それ?何なん、その変な名前は!!!」


 とえらく食いついてきたんですね。かなり印象に残った名前だとか。

 それでドンゴロスになっちゃいました(笑)


 つくづく、うちの子達は名前に恵まれませんなぁ。

 ま、私達の命名センスが無いということなんですがorz


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-ドンゴロス  入居当初。


 最初見たときはあまりに白くて綺麗で、神秘的に見えたので即決購入したのでした。

 ただ、ポリプテルスというのは底砂によって結構体色が左右されるらしく、底砂を敷いてないと色が薄くなりがちだったり、特定の色が強く出たりするみたいです。

 特に、ラプラディはその傾向がかなり顕著に出るみたい。

 なので、


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-ドンゴロス  あっという間に。


 色が濃くなりました(笑)

 この色、私が前の職場で使ってたドンゴロスの色によく似ているので、結果的にはよかった・・・のか?(^^;)

 どうやら、一度色が落ち着いても底砂を変えれば少しは色が変わるみたいです。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-ドンゴロス  かわゆい。


 上の写真を見ればわかりますけど、うちの中にいるポリプの中では一番長くそしてかなりスレンダー。

 めちゃめちゃスタイルがいいです。 そして、迫力のある下顎系のポリプなのに、かなり愛嬌のある顔♪

 なので、彼が泳ぐといつも二人で


 「竜みたい」


 って言ってます。


 どうやら、ポリプの中ではかなりマニアックな種類らしく、ペットショップとかでもほとんど見かけません。

 たまたま見つけて飼えたんはラッキーやったんかな。

 性格は、かなり大人しいです。あんまり前に出てくることもなし。

 他のポリプ3匹も温厚ですが、たまに気が狂ったようにバタバタしてパニクっていることがあるんです。でも、こいつはそれがありません。 冷静で、あんまり動かない。

 餌は結構食べてくれます。やりがいがあります(笑)


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-ポリプ三連星  ポリプ3連星。


 結構エンドリの2匹と一緒にいることが多くて、こういう写真がいっぱい(笑)

 寂しがり屋さんなんだろうか???(^m^)



 空想上の生き物である竜を飼っている、ごくたまにそんな気分にさせてくれまするo(^▽^)o

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 さて、次に紹介するポリプテルスは・・・・。


 ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー。


 ぷ~ちゃんが飼ってみたいと強く思った魚。 ポリプの代表的な魚です。

 Kinki kidsの堂本剛が「エンドリケリー・エンドリケリー」という名前でソロ活動をしてますが、名前の由来はこの魚です。確か、テレビでも飼ってるエンドリケリーを紹介してましたね。

 ナイジェリア・ギニアなどで多く見られるそうです。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-兄弟  2匹飼ってます。


 体の特徴はまずバンドと呼ばれる太い黒の線が入ってること。5本程度。

 それから、前に紹介した正露丸(オルナティ・ピンニス)と顔が違って、下顎が出ている下顎系。ま~、しゃくれてるわけです(笑)

 また大きくなるにつれて、背中が盛り上がるのも特徴です。

 ちなみに、性格は大人しくて、あんまり活動的でなく底でじっとしてることが多いです。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-スポポビッチ  まずは1匹目。


 名前はスポポビッチ

 何でスポポビッチか。・・・・・思いつき(笑)


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-スポポビッチ  来た当初。


 上の写真と比べるとそれは大きくなりました。

 しかも、バンドがより太くなり綺麗に出まして、おまけに背中も盛り上がってとても迫力ある個体に。

 ぷ~ちゃんは「スポさん、めちゃかっちょよくなって、エンドリ(略してこう言う)らしくなったよなぁ♪」といつも惚れ惚れと見てます(^^)

 スポさん、大人しいエンドリケリーなのに、うちの水槽では意外に活動的というかよく水槽の前の方でいてくれることが多いので、エンドリの生態を私達に見せてくれます♪ スポさんのおかげで色々発見してるもんね。

 発見といえば、スポさんは何故か壁とパイプの間をいつも泳いでいます。わざわざ狭いところを泳ぐんです。これ、何かの習性なんやろうか???


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-スポポビッチ  まずは。


 エンドリケリーは砂の中に埋まる習性があるらしく。

 何でやろ?? 敵から身を隠すため??


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-スポポビッチ  あ、また潜ってる・・・。


 と思ったら、これはどうやら目の前の赤金を狙ってるみたいでした(^^;)

 そう、ポリプテルスは基本的に肉食で小さな虫や魚を食べています。 特に活きのいいのがいいみたいで、何かの拍子で死んでしまった餌金魚などは最後まで食べませんでした。 そして餌がなくなってからようやく食べる・・・といった感じで。

 だから、固形餌に慣れさせるのにはかなり苦労しました。 最初は本当に食べませんでしたよ。 大きくさせるために餌金魚ばかりやってたもんで、固形餌には見向きもせず。全く金魚を入れなくなってから、「もうこれしか餌ないんかいな~、しゃあないのう」みたいな感じでやっと食べ始めたんです。

 餌金ばかりだと、栄養のバランスも崩れる(ビタミンBを壊す栄養素が入ってるらしい)し、何せお値段が高いもんで・・・。 200匹入れても3日くらいでうちの子達は食べつくしちゃうもんね・・・orz


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-スポポビッチ 決定的瞬間。


 これ、飼い始めたときに唯一撮れた捕食の瞬間。 弱肉強食の瞬間。

 ポリプを飼ってる人の中には、この捕食する瞬間がいいという人もいる模様。

 どう考えても口より金魚の方が大きいと思うんですが、しばらく咥えたまま体力が落ちるのを待って、サッと咥えなおして食べてました。 ううむ、やるぅ。


 また、ポリプは浮き袋が二つに分かれていて、大きくなると肺呼吸のような感じで空気呼吸します。

 たまに水面に顔を出してるんですが、そのときに空気を吸ってるんですね。 えら呼吸もしますけど。

 一番人間らしいな~と思うのが、水槽に慣れてくると、あくびをします♪(~O~)ふぁ・・

 これはいつするかわからんので、何度も見るんですが一度も写真に収めたことがないんです(T-T)

 とまあ、何か人間らしいな~なんてところもあります。



晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-ハインリッヒ  も1人のエンドリ。


 名前はハインリッヒ

 名前の由来・・・・特になし(笑)

 まあ、同じ種類の奴が「スポポビッチ」なのでそれに近い名前を・・・って感じ(^^;)


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-ハインリッヒ  スポポビッチとはちょっと違う。


 バンドの形も、体の大きさもスポポビッチとは全然違います。

 スポさんよりは器量はよくないですけど、バンドも綺麗に出てていい感じ。

 性格はスポさんより更におとなしいんです。 常に水槽の奥にいて、あんまり前には出てこない。おとなしいがゆえに、仲間のスポさんにヒレを食われたりして、最初はちょっと傷が多かったかな(^^;)

 今は落ち着いてますが。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-兄弟  仲良く。


 そうは言っても同じ種類ですからやっぱり一緒にいることはよくあるわけで。

 同じ種類でもここまで個性が違うんやな~~~と、いろいろ発見させてくれます♪


 元気で過ごせよ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 そういや、最近の大型水槽(通称サバイバル水槽)は可愛い仲間達の悲しいお知らせばかりだったので、ここで今いる仲間達を順に紹介していこうと思います。


 うちでは前に紹介した魚以外にポリプテルスという古代魚を飼っています。

 古代魚ってすごいよね。何億年も前からいて、人間よりも歴史を重ねている魚。

 ポリプテルスとは ←クリックするとWikipediaに飛びます。

 全体的に蛇みたいに見えるので、初めてうちの水槽を見る女性にはいつも気持ち悪がられます(笑)



 最初に紹介したい魚はこちら。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-正露丸  かわゆい。


 ポリプテルス・オルナティ・ピンニスという種類です。

 コンゴからタンザニアにかけての川に生息し、上顎系(上の口が出ている)のポリプテルスでは一番大きいです。50cm以上になるようです。この名前は「綺麗な羽根飾り」という意味。

 名前は正露丸

 何で正露丸かというと、

 来た当初、もっと小さくて色が黄色と黒のチェックみたいな感じでもっとはっきり色が出てました。

 黄色と黒の色・・・・踏み切りか正露丸という物が出てきまして(^^;) 踏み切りは何だかな~ってことで正露丸。

 すまんのう(汗)

 2004年12月29日にうちにやってきました。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-正露丸  かわいくね????


 顔も可愛いけど、ヒレの柄がかわいいんですよ~。黄色と黒の波波ボーダー♪


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-正露丸  今では。


 来た当初はものすんごい小さかったのに、やはり大きくなる種。

 大きくなるにつれて色もだいぶん薄くなってきました。

 でもヒレの黒&黄色模様はちゃんと残っていますよ~。


 性格はかなり臆病者というかなつかない。

 もう4年も飼ってますけど、今でも水槽に近寄って顔を近づけると逃げます(ノ_-。)

 元々の性質なんでしょうね。 お店で売られてるのもやっぱり近づいたら逃げますもん。

 それから、あんまり他の魚と仲良くならない。 おまけに噛みついたりしてるときもある。

 孤独が好きなのか興味が無いのか、他の魚のいるところにはあんまり行きません。

 でも、狭いところは好き(笑)

 何故か蛍光灯の上で挟まってたり、壁とパイプとの間で挟まって浮いてたり(笑)

 底魚の割りに上でいることが多いです。 泳がずに挟まってますけど(^^;)


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-正露丸  なので。


 こういう一緒にいる写真はなかなか貴重。


 それから、餌をあんまり食べません。

 固形の餌も生餌も皆が食べてるときには全然食べようとせず。

 一時期は「ホンマに大丈夫なんか?」って思ったこともありました。 まあ、生餌は夜(夜行性らしいので)食べてるとしても、朝しかやらない固形餌を食べないのはちょっと心配でしたから。

 今はときどき残ってるのを食べてるみたいです。 あんまり食べなくても大丈夫なんかな?


 私は今一番お気に入りの魚です♪

 まあ、私の一方的な片想いで終わると思いますがorz

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 22日。朝起きるとまた魚が横になって浮いていました。

 春風が亡くなってまだ3ヶ月しか経ってないのに・・・・(T_T)

 丁重に葬ってやりました。

 それは春風と同じオスカーのピータン。名前の由来は「ピータンと同じ色をしているから」。す、すまぬ。

 2005年9月18日に我が家にやってきました。


ピータン  来た当初。


 他の大型魚がかなり大きくなっていたので、まず別に水槽を建てて、そちらである程度大きくしてから移しました。


ピータン  どんどん大きくなってるところ。


ピータン  今年に入って。


 前に春風という魚のことを載せましたが 、彼と同じ種類です。

 春風は「アルビノ」オスカーですが、この綺麗な縞模様のオスカーは一般的に「タイガー」オスカーと言われています。

 オスカーはうちの水槽の中で一番気性が激しくて、春風が王座に君臨していましたが(^^;)、ピータンがやってきてから少し様子が変わってきました。


 最初は体が小さくて春風にも押され気味だったピータンですが、こうやって体が大きくなるにつれてどんどんと春風と喧嘩しても対等にいることができるまでに成長。

 その上、春風より若干攻撃的なもんで、仲の悪い春風と何故かタッグを組んで他の大型魚に攻撃したり、水槽の中にある器具を無茶苦茶にしたりと、入れて失敗したかなと思うことも多数(^^;)

 春風より体が大きくなったときには水槽の王座を奪取しました(汗)

 まあ、やっぱりオスカーの性質もあって水槽に近寄ると必ずこっちに寄ってくるという嬉しい性格でもあります♪

 見た目もかなり綺麗なので、飼って後悔はありませんでした。


ピータン  が・・・。


 少し前から動きが鈍くなって。

 春風がいなくなった後、だんだん元気がなくなって、とうとう動かなくなったのでした(:_;)

 飼い始めてから3年しか経ってないので、春風や銀蔵のこともあるし、何か病気にかかってたのかなと思います。気付いてやれなくて申し訳なかったです。

 穴あき病だったのかなと思って調べたりもしたんですが、症状が全然違うみたいで原因がさっぱりわからず。

 飼い主が勉強不足で申し訳ないなと思います。



 天国で幸せに泳ぎまわっていますように。

 他の魚いじめたらいかんぞ(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ビーシュリンプ


 去年は大繁殖したビーシュリンプ。

 がっ、今年はほぼ全滅に近いものが・・・・・orz


 というのも、水温を下げるための扇風機のスイッチを入れるのが遅くなり(すっかり忘れていた)、この猛暑でほとんどやられてしまったとorz


 気づかずに忘れていた私達が悪いので、ビーシュリンプたちには申し訳なくて(T-T)

 もう一つ水槽があるので、日中はエアコンをかけてたけどそれでは全然追いつきませんでした。

 生き残ったのは5匹だけ。どれがメスかオスかわからず・・・・。

 5匹だから、ここからの繁殖は厳しいのかな~? かといって買うのもためらわれる(結構高いので)

 小魚たちは元気に泳いでいるので、心配はいらなさそう。



 あ~、ごめんよう・・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 私は農家の娘ですが、植物を育てるのが苦手(^^;)

 けど、そんな私に結婚祝いで数年間にパキラの鉢植えを友達がプレゼントしてくれました。

 卓上用のと大きなものと。

 水はあんまりやらなくても大丈夫!って言われて、私でも育てられるかなとありがたく頂いて台所に置いてます。

 確かに、水はあんまりやらなくて済むので簡単なんですが、もうすでに大きい方のパキラの幹を2本枯らしちゃって(5本巻き)・・・(涙)

 で、冬になって小さい方のパキラの色が薄く茶色になってきたのでこれはいかんと思って、思い切って葉っぱを全部取ってしまいました(汗)


パキラ  丸裸。


 本当は暖かくなり始めた5月くらいに取った方がええみたいなんですけど、後の祭りγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

 枯れないかヒヤヒヤものだったんですけど、暖かくなってくるたびにどんどん葉が出だして、


パキラ  ①


パキラ  ②


パキラ  ③


 とこんな感じでしっかり葉っぱが出てきましたo(〃^▽^〃)o やったぁ!


パキラ  大きい方もかなりみすぼらしい(T-T)


 大きい方も同じようになってたんで、やっぱり葉っぱを取ったんですが、


パキラ  新しい芽が出始めて、


パキラ  葉っぱが出始めましたよ~(^^)


 こんな感じで復活~。

 ただ、大きな方は写真を見てもわかるように葉のところどころが枯れたようになってるんですよね。

 病気なのか、栄養が足りないとか、原因がさっぱりわからず。

 う~ん、誰か知ってる人いないかなぁ? ネットで調べてもイマイチわからんかった。



 とにかく、パキラを初めて置きましたけど、生命力ってすごいな~と感心しました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 8月7日、うちの水槽で飼っていた魚が旅立っていきました。

 家に帰ると、横になって浮いていて、体が白くなってました。


春風


 ぷ~ちゃんが水槽を始めた2004年から飼い始めているオスカーの春風。

 オスカー とは・・・Wikipediaを参照してください(^^;)

 アルビノ個体で綺麗な春らしいピンク色だったので「春風」と名前を付けました。

 性格は種の特性もありますけど、名前とは裏腹にかなりきつく、同じ種類の奴とはほぼ毎日喧嘩してるし、他のおとなしい同居人たちには攻撃したり、置いてある流木の位置が気に入らなかったり、むしゃくしゃしたことがあると流木に激突したり(^^;)となかなか目の離せない奴だったんですが、一番反応もええし、見た目も綺麗で古株の愛着ある魚でした。水槽に近寄ったらこっちに寄って来てたし。


春風  春風


 顔は怖いけどね(^^;) でも、綺麗な魚だと思います(^^)


 半月くらい前から何か元気がなさそうで、餌もあんまり食べてない様子。いつも固形餌しかやっていなかったんで、元気を出させるためにえさ金魚を投入。もう一人の元気な奴にほとんど食べられちゃったけど、金魚を食べようとはしてたので、まあ大丈夫かなとは思ってました。

 でも、やっぱり具合が悪かったみたいで、とうとう天国へ・・・・(ノω・、)

 オスカーのアルビノ個体の寿命は大体5年以上らしいので、寿命を全うできなかったことはすごく申し訳なかったし、残念。 見た目がほとんど変わらなかったので、何が原因か全然わかりませんでした・・・。


 その1ヶ月以上前にも同時期に飼ったスポッテッドガー(Wikipedia 参照)の「銀蔵」も同じように旅立ってしまった(私が見たときにはすでに埋葬していた)ので、続けて古株の魚がいなくなるのは寂しい。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-銀蔵  最初にうちに来たとき。


 棒みたいでしょ(笑) 2005年3月15日にやってきました。

晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-銀蔵  大きくなると愛らしい顔。


晴耕雨読・・・乗車定員2名の生活。-銀蔵 全体はこんな感じ。


 スポッテッドガーの銀蔵は結構するどい牙を持ってて、一見凶暴そうなんやけど、オスカーに比べると全然温厚で一匹狼みたいな感じ。ガー自体、結構温厚な性格みたいです。 周りの同居人にも全然興味が無かったと言う感じで・・・。水換えのときにぷ~ちゃんの指を餌と間違えて咬んでしまうというのが玉に瑕でしたが(笑) つぶらな瞳が可愛くて、かなり買いやすい魚でした。 長い口を持ってた割には餌を食べるのが下手ってのが愛嬌があって(^^) いつも春風や他のオスカーたちに餌を取られてました。 こいつも20年近く生きる種類なんですが、4年と短命・・・orz

 写真を見るとわかるんですが、下腹部がぽっこりになっちゃってるんですよね。

 さっぱり原因がわからず。 餌が原因なんでしょうか??糞詰まりということでもなさそうな感じで。


 春風にしても銀蔵にしても、通常の寿命より短かったので、飼い方が悪かったんかなぁとちょっとブルー。

 水換えも餌もちゃんと管理してたんやけど・・・・。

 ごめんね、二人とも。


 天国で自由に泳ぎまわれていますように。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年の夏に付けた扇風機 のおかげで、ビーシュリンプ、猛暑を乗り切れました♪


ビーシュリンプ  あんまり数が減って無いっす。


 去年は水槽も小さくて、扇風機も無くて、エビちゃんたちがばったばったとお亡くなりになり、あっという間に1ケタ台まで数が減ったけど、


 今年はあまり数が減ることも無く、皆元気!!!!で

ビーシュリンプ  妊娠しました。


 しかも4匹ほど(^^;) お腹の辺りが黒くなってるのわかりますか??


 これから、ねずみ算式ならぬエビ算式で増えていくんやろうな~(汗)

 ま、増えていくのが楽しみなんで、いいんですけどね。


 エビ団子状態になるのを目指しております(笑)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。