知財弁護士の本棚

知財弁護士の本棚

企業法務を専門とする弁護士です(登録28年目)。特に、知的財産法と国際取引法(英文契約書)を得意としています。

ルネス総合法律事務所 弁護士 木村耕太郎

弁護士 木村耕太郎のブログ

知的財産法に関すること、英文契約書に関すること、その他企業法務に関することや、日々考えていることなどを書き綴ります。

こんなことを書いてほしいというリクエストがありましたらメッセージをお寄せください。



英文契約書に関する詳細トピックは 英文契約書.com   を参照ください。


お勧め記事(テーマ別)


(知的財産)

進歩性判断に関する2つの注目判決についての雑感

第三者の知的財産権の非侵害保証条項の効力

クロスライセンス契約に係る職務発明の相当の利益の考え方

キャラクターの定義と著作権法上の保護


アメリカ特許法改正(9)

アメリカ特許法改正(8)

アメリカ特許法改正(7)

アメリカ特許法改正(6)

アメリカ特許法改正(5)

アメリカ特許法改正(4)

アメリカ特許法改正(3)

 

出願後の実験結果の提出について

職務発明訴訟の最近の論点

行政法と特許法の関係

特許権侵害訴訟における訂正の再抗弁

営業秘密か、一般的な知識・技能か

プロダクト・バイ・プロセス・クレームの解釈について

訂正の部分確定の問題について

分割出願の謎(2)

ダイリューションとは何か

ダブルトラック問題について(2)

不正競争防止法における「類似」と「混同のおそれ」

生産アプローチと消尽アプローチ

分割出願の謎


高橋是清自伝

特許制度の起源


企業における知的財産管理  

米国ITCによる限定的排除命令の範囲


著作物の引用(2)

著作物の引用

応用美術の著作物性

著作権表示について

著作物の「使用」と「利用」

建築の著作物

写真の著作物


システム開発はなぜ失敗するか

ソフトウェア開発モデル契約

職務発明規程のいろいろ
共同研究開発契約書の作成ポイント


(英文契約と国際取引)

JV契約におけるtag-along rightとdrag-along right

国際裁判管轄法制の整備に関する要綱

相殺の準拠法

ウィーン売買条約の解説(7)

ウィーン売買条約の解説(6)

ウィーン売買条約の解説(5)

ウィーン売買条約の解説(4)

ウィーン売買条約の解説(3)

ウィーン売買条約の解説(2)

ウィーン売買条約の解説(1)

コモン・ローとエクイティ


(企業法務)

アサインバック・グラントバック条項について

明示的一部請求の時効中断の効力


会社分割の濫用(2)

会社分割の濫用

中国企業とのライセンス契約

会社分割の法的性質

中国法の考え方

大会社になる時期

常勤監査役とは

 

(弁護士)

弁護士業務に下請法の適用はあるか

弁護士業は本当に儲からないのか

弁護士の生き方   


 








 不正競争防止法2条1項21号は、「競争関係にある他人の営業上の信用を害する虚偽の事実を告知し、又は流布する行為」を不正競争行為と定義しており、一般に「虚偽事実告知流布」行為といわれる。

 

 東京地裁令和4年3月4日判決・令和3年(ワ)3824号は、原告:モバイルWiFiルーターを利用したインターネット接続サービスを提供する事業者、被告:WiMAX比較サイトを運営し、アフィリエイト収入を得る個人、という事案で競争関係を認め、原告の損害賠償請求を一部、認めた。

 

 なお原告商品はWiMAXではない(被告サイトをよく読めば、その旨が記載されている)。にもかかわらず、原告商品は被告サイトのWiMAX比較ランキングにおいて最下位にランキングされていた。

 

 主な争点は、原告被告がそもそも「競争関係」にあるかという点だが、本判決は次のように判示してこれを認めた。

 

 「不正競争防止法2条1項21 号に規定する「競争関係」とは、商品販売上の具体的な競争関係がある場合に 限定されるものではなく、虚偽の事実を告知又は流布した者が、他人の競争上 の地位を低下させることによって、不当な利益を得る場合をも含むと解するのが相当である。」

 

 「前記前提事実によれば、原告の需要者はモバイルWiFiルーター等の契約を希望する者であるのに対し、本件サイトの需要者は、WiM AXの契約を希望する者であって、両商品は、いずれも携帯可能な無線通信の ための規格であるという点において共通しているところ、本件サイトにおいて は、本件各商品のうち、原告商品及びBroad WiMAXを除いた本件WiMAX商品についてのみ、アフィリエイトリンクが設定されている。そのため、本件サイトを閲覧した者が本件サイトを通じて商品を契約する場合において、被告は、上記の者が原告商品を契約した場合には何らの経済的利益を得られないのに対し、Broad WiMAXを除いた本件WiMAX商 品を契約した場合にはアフィリエイト報酬を得ることができることになる。 これらの事情の下においては、被告は、原告商品について虚偽の事実を告知又は流布し、原告の競争上の地位を低下させることによって不当な利益を得る ことができる関係にあるものと認められる。」

 

 しかし「虚偽の事実を告知又は流布した者が、他人の競争上 の地位を低下させることによって、不当な利益を得る場合をも含む」という基準は、「競争関係」という条文の文言からは乖離しているように思われる。

 また「不当な利益を得る場合をも含む」というのであるから、本件では被告がアフィリエイト収入を得ていたことが決め手となっている。逆にいうと個人が趣味で比較サイトを運営する場合は対象にならないということになる。将来、その中間的な線引きの難しい事案も出てこないだろうか。

 

 さらに疑問として、原告商品はWiMAXではないのだから、原告サービスの導入を検討する者が被告サイトを見る可能性はかなり低いと思われる。この点については、判決は損害賠償額の減額で対応しているが(請求550万円、認容22万円)、そもそも競争関係がないとする方が妥当ではないか。

 

 明らかにおかしいというわけでもないが、問題のある判決のように思われる。

 

 いつの間にか8月になってしまいましたが、弁理士会の会誌「パテント」2022年7月号に論文が掲載されましたのでお知らせします。


 タイトルは「アメリカ特許法における新規性」です。


 9月初めころに、ネット上で一般にも公開されるそうです。

 内容の紹介に代え、目次を記載しておきます。






 

1.はじめに

2.先発明主義と先願主義

(1)アメリカ特許法における先発明主義の伝統

(2)先発明主義の限界と訂正

(3)AIAによる新規性の規定改正

3.特許法102条の規定

(1)特許法102条の全体構造

(2)公知公用・刊行物記載による新規性喪失とその例外

(3)先願による新規性喪失とその例外

4.クレームされた発明の認定

5.新規性の判断基準と選択発明

(1)新規性の判断基準

(2)選択発明

6.先行技術としての適格性

7.おわりに


 よろしくお願いします。

 この4月から登録した弁護士ドットコムで、「企業法務・顧問弁護士」分野で自己最高の3位にランクインした。




企業法務分野ランキング2022.0719

 法律相談にたくさん回答し、評価されるとランキングがあがる仕組み。放っておくとあっという間に下がる。

 というかこのランキングは弁護士ログインでないと見られないようなので、よく考えると意味があるのかないのだか。一喜一憂するものでもないような。