知財弁護士の本棚

知財弁護士の本棚

企業法務を専門とする弁護士です(登録23年目)。特に、知的財産法と国際取引法(英文契約書)を得意としています。

info@kimuralaw.jp   牛鳴坂法律事務所 弁護士 木村耕太郎

弁護士 木村耕太郎のブログ

知的財産法に関すること、英文契約書に関すること、その他企業法務に関することや、日々考えていることなどを書き綴ります。

こんなことを書いてほしいというリクエストがありましたらメッセージをお寄せください。


お問い合わせは 牛鳴坂法律事務所  まで。
英文契約書に関する詳細トピックは 英文契約書.com   を参照ください。


お勧め記事(テーマ別)


(知的財産)

アメリカ特許法改正(8)

アメリカ特許法改正(7)

アメリカ特許法改正(6)

アメリカ特許法改正(5)

アメリカ特許法改正(4)

アメリカ特許法改正(3)

特許法の改正条文

出願後の実験結果の提出について

職務発明訴訟の最近の論点

冒認出願についての特許法改正

行政法と特許法の関係

特許権侵害訴訟における訂正の再抗弁

営業秘密か、一般的な知識・技能か

プロダクト・バイ・プロセス・クレームの解釈について

訂正の部分確定の問題について

分割出願の謎(2)

ダイリューションとは何か

ダブルトラック問題について(2)

不正競争防止法における「類似」と「混同のおそれ」

利用発明に関する日米合意

生産アプローチと消尽アプローチ

分割出願の謎

意匠法の難しさ

不正競争防止法の改正に思うこと

ダブルトラック問題について


高橋是清自伝

特許制度の起源


企業における知的財産管理  

米国ITCによる限定的排除命令の範囲


著作物の引用(2)

著作物の引用

応用美術の著作物性

著作権表示について

著作物の「使用」と「利用」

著作権法の改正課題と雑感  

建築の著作物

写真の著作物


システム開発はなぜ失敗するか

ソフトウェア開発モデル契約


ヤクルト立体商標の登録認められる

立体商標の背理(2)

立体商標の背理

商標権侵害訴訟における被告の主張(2)  

商標権侵害訴訟における被告の主張

商標の類否判断の基準(2)

商標の類否判断の基準


職務発明規程のいろいろ
共同研究開発契約書の作成ポイント


(英文契約と国際取引)

JV契約におけるtag-along rightとdrag-along right

国際裁判管轄法制の整備に関する要綱

相殺の準拠法

ウィーン売買条約の解説(7)

ウィーン売買条約の解説(6)

ウィーン売買条約の解説(5)

ウィーン売買条約の解説(4)

ウィーン売買条約の解説(3)

ウィーン売買条約の解説(2)

ウィーン売買条約の解説(1)

国際税務の学び方  

コモン・ローとエクイティ


(企業法務)

会社分割の濫用

中国企業とのライセンス契約

会社分割の法的性質

ある名誉毀損事件の判決に思う

中国法の考え方

大会社になる時期

常勤監査役とは

 

(弁護士)

専門弁護士の探し方

弁護士の生き方   

社会人のための法科大学院