12月15日(金)放送のKBS京都ラジオ

「山田啓二のローカルフィット」(12/8収録)に

 

アスワット代表を務める

福永健司が出演させて頂きました。

 

 

 

山田啓二のローカルフィット

 

 

前京都府知事の山田啓二さんと

タレント河島あみるさんが、

 

地方創生、共存社会、

次代のまちづくりを見据えて

 

社会への想いをラジオから

熱く発信する番組。

 

パーソナリティーの

山田啓二さんは

2002年から2018年まで

京都府知事を4期16年務められ

(第11代全国知事会会長も)、

 

現在は京都産業大学学長補佐、

法学部教授に従事されているとともに

 

各メディアで

コメンテーターとしても活躍される

地方行政のスペシャリスト。

 

下矢印山田啓二さんのオフィシャルサイト下矢印

 

 

アシスタントを務める

河島あみるさんは

 

誰もが知る

シンガーソングライター

河島英五さんの長女で、

 

関西を中心にMCやリポーター、

ラジオパーソナリティとして活躍中。

 

下矢印河島あみるさんのオフィシャルサイト下矢印

 

 

お二人に助けて頂きながら

私のこれまでの歩みと

家屋内侵入する獣害問題を

お話させていただきました。

 

私のつたない話を

根気強くお聞きいただき、

ご紹介下さった山田さん、

 

アシスタントとして

隠れながらもたくさんの

気遣いをして下さった河島さん、

 

最後になりましたが

番組スタッフの皆さん

 

みなさまに感謝です。

 

ありがとうございました!

 

京都御苑の紅葉写真

 

 

写真は

収録前に少し時間があったので

KBS京都ラジオ局前の

京都御苑の紅葉と、

 

小腹満たしのために

購入した出町ふたばの豆餅。

 

 

出町ふたばの豆餅

 

 

すこし仕事から離れて

「ホッ」とした時間を楽しました。

 

ベル害獣防除のプロ・アスワット代表・福永健司のプロフィールベル

 

 

ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 

 


 

 

アスワットの仕事ぶりをお客様が評価!

アスワットのGoogleクチコミはこちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

下矢印

 


 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営する

イタチ駆除・アスワット公式HPベル

下矢印

アスワットHPバナー大

 


 

四角グリーン害獣駆除専門  アスワット テレビCM四角グリーン

 

 

 

 

  獲や追い出しだけでは害獣の完全駆除にはならない。

 

 

この時期、

 イタチやアライグマ、

ハクビシン、テンなど

害獣駆除のご依頼やご相談が

徐々に増えてきますが、

 

最近のお問い合わせで感じることは、

害獣被害に遭われた場合、

 

どこに相談して良いのか

わからないという

困惑ぶりがお客様の言葉から

ヒシヒシと伝わってきます。  

 

 

どこの害獣駆除業者に頼めばいいか悩む女性のイラスト

 

 

それは当然の事で、

普段の生活において

頻繁にあることではないですからね。 

 

まず自治体に

ご相談されることが

一般的には多いようですが、

 

イタチ、ハクビシン、

テンなどの家屋侵入被害が

個人の住宅にある場合、

 

バルサンなどの煙や

忌避剤などでの追い払いの助言、

イタチ専用捕獲カゴの

無料貸出しなどにとどまり

自治体が駆除に直接動く事はありません。

 

 

自治他に勤める男性のイラスト

 

 

特定外来種のアライグマは

野外での捕獲罠設置、

捕獲時の回収など

自治体が無料で行っていますが、

 

繰り返し、

このブログでご紹介しているとおり、

 

忌避剤や煙・捕獲では一時的に

害獣の侵入被害がなくなっても、

 

時間が経てば

また違う個体の侵入が

繰り返されることになります。

 

自治体の指示や

WEB検索情報などから

 

捕獲や煙霧などを試してみたが

やっぱり害獣の再侵入が止まらない。

 

最終的に専門の

駆除業者に依頼となるのですが・・・

 

 

自分での駆除は無理と嘆く男性のイラスト

 

 

 

  外と難しい害獣駆除業者選び

 

なにせ今まで

害獣を駆除する業者があることすら

知らないお客様がほとんどですから

 

 WEB検索で害獣駆除業者の

ホームページを見比べて

内容のしっかりしていそうな業者に

見積調査を依頼することになります。

 

WEB検索で業者を調べる男性のイラスト

 

 

この後ほとんどのお客様が

その業者の言いなりのまま

駆除施工を行うこととなります。

 

しかし、

これはある程度仕方ない事。

 

というのも

お客様自身に

害獣駆除における知識が

ほとんどないからです。

 

お客様が選んだ業者が、

運よく優良な駆除業者に

めぐり合えば良いのですが、

そんな業者様ばかりでないのが現実。

 

 

騙そうとする悪徳業者

 

 

  獣駆除業者選びで大事なポイントとは

 

そこで

害獣駆除業者選びで大事なポイントは、

 

お客様自身が

 

『説得された』のか

 

『納得した』のか。

 

ほとんどの方々が

害獣駆除業者にたたみかけるように、

 

現状やこれから起こるであろう被害を

オーバートークによって

ならびたて不安を煽られたあげく、

 

その駆除業者の言いなりで

依頼してしまった結果、

自分の思っていた様にならず失敗。

 

 

 

 

悪徳害獣駆除業の言いなりになる女性のイラスト

 

これは

駆除業者の言葉に説得されただけで

 

最後まで押しつけ感が残った上、

結果が不充分だと騙された・・・

 

となるのです。

 

「人対人」ですから、

完璧に意思疎通ができるとは思いませんが、

 

少なくとも

自分が依頼した業者さんの結果が

納得できるものでないと駄目ですよね。

 

そのためには

依頼した業者に、

 

「イタチの生態」「施工方法」

「保証内容」「施工金額」など

 

少しでも疑問がある場合は

遠慮なく質問して

明確な回答をもらう事が

 

害獣駆除に関してお客様自身も

ご理解いただけるだけではなく、

 

依頼した害獣駆除業者との

信頼関係も生まれ、

 

最終的には『納得した』

となるはずだと私は考えています。

 

 

納得して駆除依頼する女性のイラスト

 

 

  除業者選びは自分自身の「納得」が大切!

 

以上のことは

害獣駆除を依頼する時だけtではなく、

ほとんどの商談や商売にもいえることですが、

 

特に害獣駆除については

お客様がほとんど知識がない状態で

成立する仕事であるからこそ

 

キッチリと誤魔化されないよう

業者任せにするのではなく、

 

『自分が納得した!』

 

というポイントを

絶対に押さえて欲しいですね!

 

 

アドバイスするアスワット代表・福永健司の写真

 

最近、

お客様からのお問い合わせで

感じたことが多かったので、

 

少し違った角度から

害獣駆除に関する記事を書いてみました。

 

少しでも害獣の家屋侵入被害に

悩んでいるお客様に役立てれば幸いです。

 

 

 

 

ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 

 


 

 

アスワットの仕事ぶりをお客様が評価!

アスワットのGoogleクチコミはこちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

下矢印

 


 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営する

イタチ駆除・アスワット公式HPベル

下矢印

アスワットHPバナー大

 


 

四角グリーン害獣駆除専門  アスワット テレビCM四角グリーン

 

 

 

 

 

 

  今回の害獣被害ご依頼内容

 

滋賀県大津市のお客様。

 

数年前から天井裏でゴソゴソ何やら

ネズミのような足音がしていたが、

 

先日、

台所のレンジフード(換気扇)から

金属音がしたと思ったら

急に天井裏を猛スピードで走り回る

過去にはない大きな動物の足音が

20分ほど続き驚いた。

 

何とか対処しなければと思い

アスワットへ調査依頼をしたとのこと。

(ありがとうございます!)

 

天井裏から聞こえる害獣の走る音に驚く女性のイラスト

 

 

さっそく台所のすぐ横にある

ユニットバスの点検口より

天井裏を調査すると・・・

 

 

ユニットバス点検口の写真

 

イタチの足跡を多数発見。

 

屋根裏に残るイタチとネズミの足跡

 

その他、

クマネズミの足跡も多数あり、

 

クマネズミを捕食するために

イタチが天井裏に侵入していると判断。

 

金属音の原因は

レンジフードアルミ排気ダクトの

つなぎ目に巻いてあった

アルミテープ付近をイタチがかじり

大きく穴をあけたようです。

 

 

その写真がこちら!

 

イタチが穴をあけた換気扇ダクトの写真

 

もしかしたら、

最初はクマネズミが

小さく穴を開けたところから

料理するいい匂いの排気が天井裏に漏れ、

 

それにつられて

イタチが大きく穴を開けた

可能性もあります。

 

但し、排気側にはダクトカバー、

吸気側には換気扇がついているので

室内外ともイタチは侵入できませんが、

ダクト内には出入りできます。

 

どちらにせよこのままでは

レンジフードの役目を果たしませんので、

 

ダクトの中にイタチが

汚したものが無いか確認したあと、

排気漏れがないよう

キッチリ補修させて頂きました。

 

(こういったケースはたま~にあります。)

 

穴の修理をした換気扇ダクトの写真

 

 

で、

大事なイタチの侵入口ですが、

縁の下内の土台と

根太の隙間から床下へ侵入、

 

ユニットバスと

間仕切り壁の間を駆け上がり

天井裏に侵入していたようです。

 

縁の下にあるイタチの侵入口

 

縁の下の土台と根太の間の残るイタチの侵入形跡

 

土台と根太のにある隙間のイタチの侵入口写真

 

イタチが

建物内にいないことを確認後、

侵入口を全て封鎖して

完全防除となりました。

 

もちろん、

アスワットは

5年間侵入保証を

つけさせていますので

ご安心くださいね♪

 

 

 

ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 

 

 

都市北区から二ホンテン防除のお話

 

  回の害獣防除事例

 

  • 被害場所  京都市北区 木造住宅2階建 築50年
  • 害獣の種類 ニホンテン
  • ご依頼内容 以前両親がお住まいになっていたが、現在は施設に入所しておられるため別に住まれる息子様、娘様がそれぞれ交代で月に2回ほどのペースで泊まりに来ておられるとのこと。昨年も時々はあったが今年に入って泊まりに来ると夜、小動物が長時間暴れていたので、これは大変んだと思いアスワットに調査依頼を頂きました

 

天井裏で動物が走り回っていると困って電話する女性

 

  調査の結果は二ホンテンが侵入

 

早速調査すると2階屋根裏、

1階天井裏のすべてに

小動物が侵入した形跡が多数あり、

 

その形跡から二ホンテン(以下:テン)が

侵入していると判定できました。

 

侵入口は

伝統的な日本家屋建築の入母屋屋根で

破風奥両隅の開口や屋根の重なりに

屋根裏につながる穴が多数ありましたが、

 

テンのメインの侵入口は

下屋根の重なり部奥のすき間から

1階下屋根内に侵入しているようでした。

 

【お客様宅の全体】

京都市北区の被害宅

 

【メインの侵入口】

テンの侵入口

 

【出入り口付近のテンの形跡】

ニホンテンの形跡

 

写真からわかるように

テンが頻繁に出入りしている

侵入口付近の瓦にはたくさんの形跡

(足跡やカラダが擦れた跡)が残っています。

 

私たち害獣防除プロは

穴や隙間を調べるだけは無く

土の箇所がメインの侵入口なのか

ということまでも

形跡をみて把握しています。

 

お客様の聞き取り調査と

私たちが実際に調査した

結果がピッタリ合ってこそ、

 

はじめてこの害獣が

特定した侵入口からこうやって

侵入してきていると

自信をもって説明できる。

 

要するに警察みたいな

お仕事とも言えます。

 

 

形跡調査する調査員

 

 

 

  屋根までテンはどうやって登ってくるのか

 

ではどこから屋根に登ってくるのか。

 

家の周りは畑があり

隣家も離れているので

隣の庭木や屋根から

飛び移ることはできません。

 

で、家の周囲を調査すると

外壁の角柱をよく見てみると

テンの爪痕が多数ついていました。

 

 

柱を登るてニホンテン

 

ニホンテン爪痕①

 

ハクビシンは

樋を器用につかんで昇り降りするため

樋に爪痕ではなく足跡が残りますが、

 

このお宅に侵入しているテン

(アライグマ、イタチも同様)は、

 

爪をたてて登るため

このように爪痕がハッキリ残ります。

 

 

ニホンテン爪痕②

 

 

念のため

この柱を登り切った付近の

屋根瓦を調査すると

たくさんのテンの足跡が

確認されたので間違えありませんね。

 

 

ニホンテンの足跡

 

ことらの現場も

調査報告と見積書を後日提出、

ゆっくりご検討頂いたあと

ご依頼いただき無事施工完了となりました。

 

テン、アライグマ、イタチなどの害獣は

こんな所からも屋根に登ってきます。

 

ぜひ参考にして下さい。

 

この記事を参考にして下さいと呼びかけるアスワット代表・福永健司

 


ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 

 


 

 

アスワットの仕事ぶりをお客様が評価!

アスワットのGoogleクチコミはこちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

下矢印

 


 

 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営する

イタチ駆除・アスワット公式HPベル

下矢印

アスワットHPバナー大

 


 

四角グリーン害獣駆除専門  アスワット テレビCM四角グリーン

 

 

 


獣の捕獲と鳥獣保護管理法の関係

 

イタチ防除施工を

アスワットへご依頼頂いたお

客様からお聞きしたお話。

 

 

弊社に頼む前に

別の業者に見積調査に来てもらい

詳しく駆除方法を聞いたところ、

 

 

「狩猟免許を持っているので

今日、捕獲器を設置します」

 

との説明があり、

少し不信感があったので

その業者はやめたとのこと。

 

 

 

 

なぜ

そのように思ったかを

お聞きすると、

 

「アスワットさんのブログに

当日、捕獲器を仕掛ける業者は

法律違反だという記事を見てたので・・」

 

と、嬉しいお言葉を頂きました。

 

まさにその通りで、

業者さんが言われる通りのことを

行った時点で鳥獣保護管理法違反となり

 

最大、1年以下の懲役または

100万円以下の罰金に科せられます。

(鳥獣保護管理法6章第83条)

 

 

法律違反を取り締まる警察官のイラスト

 

 

 

えー狩猟免許があるのに? 

 

などなど疑問があると思いますので、

 

アスワット代表で

鳥獣管理士準1級の福永健司が

 

鳥獣保護管理法と住宅内に侵入する

害獣の捕獲と関係について

わかりやすく説明させていただきますね。

 

 

鳥獣保護管理法と住宅内に侵入する  害獣の捕獲と関係を説明するアスワット代表・福永健司

 

 

 

 

 獣保護管理法とはどんな法律?

 

まず、

 

「鳥獣保護管理法」とは

どういう法律なのか?

 

簡単に触れておきますね。

 

 

鳥獣保護管理法の解説本写真

 

 

この法律は1918年(大正7年)、

狩猟者同士のトラブル防止を目的に制定された

「狩猟法」がもとになっていますが、

 

近代になって鳥獣に対する生態系の維持や

乱獲防止など鳥獣保護の考えが高まり

1963年(昭和38年)「鳥獣保護法」に改正、

 

その後は

農林水産業や生態系被害にも考慮する

鳥獣管理の必要性から

2014年(平成26年)に「鳥獣保護管理法」

と改正、施行され現在にいたります。

 

 

野生鳥獣と猟師のイラスト

 

 

 

 獣保護管理法で認められる捕獲とは

 

 

これからが本題。

 

本来、野生鳥獣は

この鳥獣保護管理法によって

原則、捕獲してはいけません。

 

しかし例外として

2パターンだけ認められています。

 

 

それは「狩猟」

「許可捕獲」

 

 

私たち害獣防除業者がお客様から、

住宅の屋根裏などに侵入する害獣の

捕獲を依頼された場合、

 

基本的に全て「許可捕獲」。

 

 

 

許可証に印鑑を押す男性職員のイラスト

 

 

 

生活環境・生態系、

農林水産業などに鳥獣被害があり、

対策をしても被害が防止できない場合のみ、

申請し許可がおりてから

捕獲することができます。

 

その際、

捕獲技術を習得した者が

捕獲しなければならないため、

 

原則、狩猟免許(罠猟)保持者が

書類をそろえ捕獲をする

地域の鳥獣担当行政に申請、

 

1~2週間後に許可を受けてから

捕獲器を設置、捕獲をする

というステップを踏む流れです。

 

(自治体によっては

サービスの一環として

申請を行えばその自治体の指導のもと、

申請市民に限り狩猟免許がなくても

捕獲できる場合もあります。)

 

要するに

業者が許可捕獲をするためには、

申請と許可が必要で日数がかかり、

当日の捕獲器設置は法律上ほぼできません。

 

よってそれを行おうとする業者は

コンプライアンス違反のレッドカード。

 

サッカーで言えば一発退場となります。

 

(狩猟免許は申請の際に

必要となるだけです)

 

レッドカードを出す審判のイラスト

 

 

 

 猟の捕獲をする場合、法律のハードルは高い。

 

ただし、

一部の防除業者さんは

知ってか?知らずか?

 

害獣の捕獲に関して変な説明を

ホームページに載せていたり、

防除業者さんからされたと

お客様からお聞きすることも。

 

その説明とは、

 

「狩猟免許を

持っているから

狩猟期間は許可なくても

捕獲できますよ。」

 

という話。

 

要するに

「狩猟」というていでの捕獲。

 

 

悪徳業者が話すイラスト

 

 

狩猟免許は本来、

狩猟するために必要な資格だから

狩猟期間は捕獲できのは当たり前。

 

いっけん、なるほどーと、

思ってしまいますよねぇ。

 

しかし実際は

鳥獣保護管理法によって

そんな簡単に捕獲することはできません。

 

 

まず狩猟をするためには、

狩猟する者が

狩猟免許交付した都道府県に

 

毎年狩猟登録を行った上で

決められた狩猟税を

納めなくてはなりません。

 

 

猟師が狩猟登録と狩猟税を納めるイラスト

 

 

その上、

他府県で狩猟を行う場合は

それぞれ同じように

登録。・税を納めなければならず、

 

そんなことを毎年、

狩猟免許保持者人数分行っている

害獣防除業者はまずいません。

 

私ならこの時点で

こんなややこしい手続きをしてまで

狩猟による捕獲をするのは諦める。(笑)

 

もしそれらの手続きを変な努力で

クリアーしたした業者がいたとしても、

 

次に捕獲依頼をされたお客様の

住宅などが猟区(狩猟しても良い区域)

に入ってなければ狩猟捕獲はできません。

 

実際のところ

狩猟できる猟区はかなり制限があり、

 

「猟区」の他に「鳥獣保護区」「休猟区」

「特定猟具使用禁止区域」など

 

狩猟が禁止されているエリアも

細かく点在しています。

 

(ちなみに

アスワット本社がある区域は

街中にも関わらず「鳥獣保護区」内で、

原則狩猟禁止区域。)

 

 

鳥獣保護区や休猟区などが載った日本地図をみて検討する男性のイラスト

 

 

捕獲依頼ごとにお客様宅が

猟が可能な地域かどうか

ハンターマップなどでいちいち

確認しなければならず、

 

そんな手間までかけて

狩猟の捕獲に固執するより

 

「許可捕獲」をした方が

良いことなど誰でもわかります。

 

(というか、こういうことを

知っていいて実行してる業者など全国に

一社もないと思います!)

 

 

以上のことから

 

害獣防除業者がお客様からの

捕獲依頼を「許可捕獲」ではなく、

狩猟期間に「狩猟」の捕獲

することは極めて難しい。

 

 

 

  事のまとめ

 

法律の話で

少しわかり難かったかもしれませんので、

この記事のポイントをまとめておきました。

 

 

① 野生動物の捕獲は鳥獣保護管理法により「狩猟」と「許可捕獲」のみ

 

② 害獣防除業者が捕獲する場合、

許可を取らない「狩猟」の捕獲は無理。

 

③ 害獣の捕獲を許可を受けずに

即、行う業者は法律違反のダメ業者。

 

残念ながら

悪徳害獣駆除業者は

お客様の「知らない」を

うまく利用して

 

法律違反の仕事や

効果がほとんど得られない

駆除作業をおこないます。

 

 

ひらめく女性のイラスト

 

この記事のお客様のように、

こういったことを知っておくことで

悪徳害獣防除業者とのトラブルを

少しでも未然に防ぐことが出来れば幸いです。

 

 

下差しアスワット代表・福永健司のプロフィールはこちら下差し

 

 

ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 


 

 

アスワットの仕事ぶりをお客様が評価!

アスワットのGoogleクチコミはこちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

下矢印

 


 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営する

イタチ駆除・アスワット公式HPベル

下矢印

アスワットHPバナー大

 


 

四角グリーン害獣駆除専門  アスワット テレビCM四角グリーン