今回は先週、京都・長岡京市から害獣駆除のご依頼を頂いた事例のご紹介!


 

■ 今回の害獣再侵入事例
【被害場所】  京都府長岡京市 木造住宅2階建 築70年
【害獣の種類】  ニホンテン
【ご依頼内容】  数年前から時々ネズミの被害はあったが、今年3月に入ってネズミではなく天井が抜けるのでは?というくらい物凄い足音で頻繁に動物が走りまわり怖くなってアスワットへ対策をお願いしたいとのご依頼。


お客様より聞き取り調査を行うと、

① 庭でイタチのような動物を最近頻繁にみる。
② ユニットバスの壁の中から音がする。
 かなり大きい動物に感じた。
 
 
■ その内容を頭に入れてさっそく調査開始!
 
害獣が壁の中を昇り降りする場合は床下からの侵入が考えられますので建物の周囲をぐるっと1周調査します。
 
縁側の下が空いていますのでその奥を調査です。
 
害獣床下調査
 
ありました!
床板を支える根太と根太の間、1箇所だけ隙間ができていてそこから害獣が床下へ侵入することができます。
 
縁の下テンの侵入口
 
 
次に壁の中から音がするというユニットバス周辺の調査です。
 
ユニットバスの点検口をあけて天井裏に入り調査すると梁に今回侵入している害獣の足跡がついていました。
 
ニホンテンの足跡
 
イタチよりひと回り大きくて、少し丸みをおびている足跡の特徴は「ニホンテン(以下:テン)」ですね。
 
虫めがねニホンテンってどんな動物?右矢印イタチ・ネズミ・その他の害獣の生態と被害
 
う~ん・・・長岡京市内でもこちらのお宅は街中に近い地域。
 
最近はテンなどがネグラにする樹洞が宅地開発などによって失われ、彼らにとっては住宅難になっているのではないのかと先日、アスワット顧問の渡辺先生と話していましたがホントにそうかもしれません。
 
 
さて、そのユニットバスの壁付近をみるとユニットバスと外壁の間に断熱材を入れていて、床下からテンがその断熱材の中をトンネルのようにくぐり抜けて天井裏へあがってきているようです。
 
テンが断熱材を登った形跡

その証拠に、断熱材の中が「ガッポリ」穴があいています。
 
断熱材に穴を開けるテン

このパターンは数ある害獣の侵入経路の中でも定番で、特に築年数の古いお宅がタイルのお風呂からユニットバスに改装された時におこる事例。

お客様から「これは業者の手抜き工事ですか?」ってよく聞かれますがそれは間違いで、ユニットバスの構造上、据えつけ時に床下と天井裏がつながってしまうのはほぼ仕方ないと言えます。
 
まずはその手前、床下へ害獣が侵入出来ないようにすることが大切となりますので、今回は縁の下にあるテンの侵入口を封鎖することで解決となります。(但し、閉じ込めないようにしないといけませんよ!)
 
【まとめ】
築年が古い建物でお風呂をユニットバスに改装したあと害獣が天井裏へ侵入してきた場合は、害獣の侵入口が床下にあるケースも考えられますので建物の基礎周りを一度調べてみましよう。
 
 
アスワット福永健司社用車前
 

 

 

四角オレンジアスワットの仕事ぶりをお客様が評価!四角オレンジ

 

アスワットのGoogleクチコミは

こちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

下矢印

 


 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営するアスワット公式HPベル

下矢印

アスワットHPバナー大

この時期はイタチや害獣駆除のご依頼やご相談が徐々に増えてきますが、 最近のお問い合わせで感じることは、害獣被害に遭われた場合、どこに相談して良いのかわからないという困惑ぶりがお客様の言葉からヒシヒシと伝わってきます。  
 
困る駆除業者選び
 
しかし、それは当然の事で、普段の生活において頻繁にあることではないですからね。 
 
まずは自治体などにご相談されることが多いようですがイタチなど害獣駆除の場合、自治体では、バルサンなどの煙や忌避剤などでの追い払いの助言や、イタチ専用捕獲カゴの無料貸出しにとどまり自治体自体が駆除に直接動く事はありません。
 
 
過去にも何度もご紹介している様に、忌避剤や煙、捕獲では一時的害獣被害がなくなっても再発率のリスクは非常に高いものとなります。
 
そこで初めから完全駆除をご希望されている方や、自分なりに捕獲や煙霧などを試してみたがやっぱり害獣の再侵入が止まらないという事で駆除業者に依頼となるのですが・・・
 

害獣駆除業者選びが意外と難しい。  

 
何せ今まで害獣を駆除する業者があることすら知らないお客様がほとんどなのですから。
 
WEB検索で駆除業者のホームページを見比べて内容のしっかりしていそうな業者に見積調査を依頼するのですが、この後ほとんどのお客様がその業者の言いなりのまま駆除施工を行うこととなります。
 
しかし、これはある程度仕方ない事ではありますね・・・
 
というのもお客様自身に害獣駆除における知識がほとんどないからです。
 
この時、優秀な駆除業者に運良く当たればいいのですが、そんな業者様ばかりでないのが現実。
 

そこでイタチ退治の業者選びの最終判断のポイントはお客様自身が『説得された』のか『納得した』のか。

 
ほとんどの方々が害獣駆除業者にたたみかけるように、現状やこれから起こるであろう被害を並べられて不安を煽られたあげく、その駆除業者の言いなりで依頼してしまった結果、自分の思っていた様にならず失敗。
 
駆除業者の言いなりなるお客様
これは駆除業者の言葉に説得されただけで最後まで押しつけ感が残った上、結果が不充分だと騙された・・・となるのです。
 
「人対人」ですから、完璧に意思疎通ができるとは思いませんが、少なくとも自分が依頼した業者さんの結果が納得できるものでないと駄目ですよね。
 
そうなるためには依頼した業者に、イタチの生態、施工方法、保証内容、施工金額など少しでも疑問がある場合は遠慮なく質問し、明確な回答をもらう事でイタチなど害獣駆除に関してお客様自身もご理解いただけるだけではなく、依頼業者との信頼関係も生まれ、最終的には『納得した』となるはずだと私は考えています。

納得して駆除依頼する
 
これは害獣駆除だけではなくどんな商談や商売にもいえることなのですが、特に害獣駆除についてはお客様がほとんど知識がない状態で成立する仕事であるからこそキッチリと誤魔化されないよう業者任せにするのではなく、『自分が納得した!』というポインは絶対に押さえて欲しいですね!
 
 
 
最近、お客様からのお問い合わせで感じたことが多かったので、少し違った角度から害獣駆除に関する記事を書いてみました。
 
少しでも害獣被害に悩んでいるお客様に役立てれば幸いです♫
 

 

四角オレンジアスワットの仕事ぶりをお客様が評価!四角オレンジ

 

アスワットのGoogleクチコミは

こちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

下矢印

 


 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営するアスワット公式HPベル

下矢印

アスワットHPバナー大

 

イタチをはじめとする害獣駆除業者に駆除依頼をするとき、依頼する方は「駆除の方法」や「保証」「費用」などの内容を全てわわかった上でその業者さんに依頼していのでしょうか?


害獣防除アドバイザーの福永から見れば、答えは「NO!」。


そんな中、害獣防除専門業者・アスワットでは『お客様に理解していただく害獣防除を創業当初からご提案し、多数のお客様に喜んでご利用いただいてきました。
 

ではなぜ、お客様自身が施工しない仕事内容を知っておかなくてはいけないのか?

 

害獣防除アドバイザー福永健司

 

今回はこのブログで害獣防除アドバイザーの福永が解りやすく説明させていただきますね♪

 

害獣駆除業者とお客様のトラブルが増えている。


最近、アスワットにお問い合わせ頂く増加傾向の内容は「他業者さん」がらみのご相談で

 

「見積をお願いしたが高額だったので相見積をお願いしたい。」
「駆除依頼をしたが関係ないリフォームなど次々と勧められ怖くなった。」
「再発したので施工業者に再施工をお願いすると再度、費用がかかると言われた。」
「見積時に「急いで駆除しないと大変になる!」など、強引な営業をされた。」


など、多くの相談が寄せられるようになり、各地の自治体でも害獣駆除業者とのトラブルの相談が多いのか最近では注意喚起を呼びかける告知も見かける事態になっています。

 

ビックリマーク埼玉県 右矢印 害獣の駆除を事業者に依頼するときの注意点  
ビックリマーク兵庫県立消費生活総合センター 右矢印 害虫・害獣駆除サービスのトラブル

 

お客様からこういった話をお聞きするたび、同じ業界で仕事をする者としてとても残念な気持ちになります。
 

なぜ害獣駆除業者とトラブルになるのか?


なぜこんなにトラブルが多発するようになったのでしょうか?

 

その大きな要因のひとつに『お客様に解らない仕事』であるからなのです。


トラブルに見舞われたお客様から話をお聞きすると、


「イタチが物凄い音で天井裏を走り回っていたのでとにかく早く対処しないといけないと思い早く来てくれる業者さんに任せてしまった。」
「どの業者さんもプロだから方法や結果、費用もあまり変わらないと思った。」
「初めは大したことないと思っていたが、被害写真や業者さんの話を聞いたら怖くなってやってもらった。」


と、いうようなお言葉をたくさん聞きます。

悪徳害獣業者に騙されるお客様

要するに「プロだから任せておけば間違いないだろう」という、全て丸投げ状態でお客様が業者に依頼することに問題があり、その隙を狙って悪徳業者は自分の土俵で商売を進めて行くことがトラブルの発端となっているとも言えます。

 

まずは害獣駆除を知ることが大切です。


現代は情報婦が満ち溢れており、これからの時代は正しい情報をいろんな手段で探して理解した上で自分で判断していく時代です。

 

自分なりにしっかり知識を蓄えて、決して業者任せにはしない!

害獣駆除の知識を調べて理解することが大切

ベル関連記事【もっと深く知りたい!あわせて関連記事もクリックビックリマーク
右矢印イタチ退治の業者選びの大事なポイントは『説得ではなく納得』

 

害獣防除専門業者・アスワットでは、お客様に正しい害獣駆除の知識や方法、保証、そして大切な費用も含めて理解して頂いた上で、お客様に合う害獣駆除業者を選んで頂きたいし、そんなん気持ちで『お客様に理解していただく害獣防除』をスローガンに日々の業務に望んでいます。 どうぞ正しい情報源のひとつとしてこのブログを参考にしてください。

 

最後にその中で、業者選びの候補のひとつに「アスワット」を入れていただければとても嬉しいです♪


  ダウン 害獣駆除を知るための記事を掲載していますダウン

ベル関連記事害獣駆除業者選び時には押さえておきたい記事ランキンTOP6ビックリマーク
まじかるクラウン イタチ・害獣駆除業者の選び方のポイント
まじかるクラウン 騙されない! 害獣駆除業者の選び方 ステップ① 業者絞り込み編

まじかるクラウン第1話 『イタチ被害にあったほとんどの方々がとる行動とその結末とは・・。』

まじかるクラウン第2話 『イタチ被害にあったほとんどの方々がとる行動とその結末とは・・自分でイタチ駆除編 』

まじかるクラウン第3話 『イタチ被害にあったほとんどの方々がとる行動とその結末とは・・大工さんに依頼編』

まじかるクラウン 第4話 『イタチ被害にあったほとんどの方々がとる行動とその結末とは・・イタチ駆除業者に依頼編』

 

 


 

四角オレンジアスワットの仕事ぶりをお客様が評価!四角オレンジ

アスワットのGoogleクチコミは

こちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

下矢印

 


 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営するアスワット公式HPベル

下矢印

アスワットHPバナー大

先日、滋賀県高島市へ見積調査の後、時間があったので、散策に出かけました。
 
滋賀県は大好きな土地ですが、その中でも私のお気に入りは西に比良山系を望み、丁寧に整備されたゴルフ場のフェアウェーのようにびわ湖まで田園が延々と続く、解放感ある高島市周辺の初秋の風景です。
 
滋賀県高島市田園風景
 
 
滋賀県高島市びわ湖湖畔
 
今回訪れた場所は高島市新旭町針江。 
 
この小さな集落には日本の生活で見ることが少なくなった湧水利用の文化が今なお残されています。
 
集落内の地盤に20m程の鉄管を打ち込むと豊富な比良山系の伏流水が湧き出ます。 
 
針江で暮らす人々のほとんどがその水源から湧き出す水を水路や生活用水として利用するシステム。
 
それが「かばた(川端)」です。
 
「かばた」は大きく分けて針江地区に張り巡らされ各家庭に引き入れられる水路と、各家庭の敷地内に湧き出た水源に分けられます。
 
【家を取り壊した跡に今なお残る壷池】
 
水源から湧き出たきれいな水は、飲み水をはじめ、野菜など食材を洗い、冷やしたりする「壷池」、その後、食器洗いを「端池」で使用するなど、用途ごとに汚れた水が混じらないよう区切り、利用されます。 
 
最終的に洗浄なので出た飯粒や野菜くずなどは、敷地内の壷池に飼われている鯉などに食べさせることで下流で利用する人々のことも考え、汚れた水が水路に戻ることのないよう集落人々の信頼関係のもと、工夫、維持されているそうです。
 
かばたの水路に泳ぐ鯉
【水路に泳ぐ鯉】
 
しかし、現在に至るまでずっとこの水の文化が大切に守られてきたわけではなく、十数年程前まではこの地区の住民のほとんどが水道水を使用し、かばた文化が消えかかった時期も残念ながらあったようです。
 
そんな中、2004年琵琶湖の水との共生をテーマとしたドキュメンタリー番組で「かばた」が紹介されたのをきっかけに、昔から脈々と伝わる水とともに暮らす文化の大切さを見直されることとなり、針江地区で暮らす多くの方々の努力の結果、昔ながらのかばたの姿を取り戻したという歴史があると聞きます。
 
滋賀県高島市
【針江地区の街並み】
 
私たちアスワットも「自然との共生」という難しいテーマをかかげて仕事に取り組んでいますが、人が豊かな暮らしを求めて進歩していく上で、自然との共生は理想であり現実的には難しいのでは?という率直な意見もある中で、私自身も相反する両者にそれはあり得ないことではないだろうかとも、考えたりすることもあります。
 
滋賀県高島市のかばた
 
今回、針江で暮らす人々のかばた復活の取り組みを自分自身で歩いて見ながら、『共生』それは自然から私たちの暮らしの方へ歩み寄ってくることは決してない。  
 
しかし、脈々と受け継がれてきた文化や知恵をとおして、私たちの暮らしに自然がいかに大切なのかをやさしく語りかけてくれている間に、私たちがどれだけ近くに歩み寄ることができるのか。 
 
そうすれば自然は静かに私たちに寄り添い長くつき合ってくれるはず。
 
透き通った水路に揺らめく梅花藻を眺めながらそう感じた針江の散策でした。
 
滋賀県高島市のかばたに咲く梅花藻
 
【梅花藻:バイカモは漢字で『梅花藻』と書き、初夏に梅の花に似た白くて小さい花が咲くことからきています。バイカモは清流にしか育たず、ここは滋賀県でも数少ない生育地のひとつ】
 
ベルあわせて読みたい関連記事ベル
 

四角オレンジアスワットの仕事ぶりをお客様が評価!四角オレンジ

アスワットのGoogleクチコミは

こちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

下矢印

 


 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営するアスワット公式HPベル

下矢印

アスワットHPバナー大

 

害獣防除の基本は全ての侵入口の特定。 

 

なので侵入口が把握できていなければ完全駆除はできないのですが、最近は全ての侵入口を特定していないのに、見積書を提出、仕事を進めてしまう業者が多くなったようです。

 

作業を急がせる悪徳害獣駆除業者

私たち害獣防除のプロフェッショナルとしては、

 

「全ての侵入口を把握せずになぜ見積金額が出せるの?、それで完全駆除できるの?」

 

と、頭の中で 「?」 が飛びかうことが非常に多くなりました。

 

残念ながら、私たちの仕事にほとんど知識のないお客様の「わからない」を利用して不完全な仕事で暴利を得る業者があとを絶たないようですね。

 

ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 右矢印 方法や保証などを理解して害獣駆除業者に依頼していますか?
 右矢印 最長○○保証のあま~いワナ。害獣駆除業者の保証のカラクリを詳しく知ろう!
 右矢印 イタチ駆除業者・アスワットは何故、5年間の害獣侵入保証をするのか。
 右矢印 イタチ退治の業者選びの大事なポイントは『説得ではなく納得』
 右矢印 騙されない! 害獣駆除業者の選び方 ステップ① 業者絞り込み

 

このことに関してはまた、別の機会にこのブログでご説明しますね。

 


四角オレンジ今回はそんないい加減な害獣駆除業者さんに不信感をもったお客様の事例のご紹介!


 

■ 今回の害獣侵入事例
【被害場所】  兵庫県須磨区 木造2階建 築55年
【害獣の種類】  シベリアイタチ(チョウセンイタチ:以下、イタチ)
【ご依頼内容】  イタチが屋根裏を走り回り悩んでいて他業者さんに見積調査を依頼したが施工費用が高額な上、はっきりイタチの侵入口の特定も出来ていないのに施工を勧められた。 不安なので一度アスワットさんにキッチリ調査してほしいとのご依頼。

 

 はい! 承知致しました、ということでさっそく現場へ。

 

ご依頼のお客様の自宅を調査すると築年数が古い建物にしては屋根上や外壁などにイタチが侵入できる侵入口は見当たりません。

 

しかし建物周囲の外壁一面だけは、お隣の外壁面と隣接していて人が入ることができない程の隙間しかないため調査できないですし、その隙間から外壁面を見る限り侵入口は無いようです。

 

しかし、イタチ駆除の侵入口探しはここがポイント!

 

侵入口が目視してないような場合は、当たり前ですが目視出来ないところにイタチの侵入口があるはずです。

 

今回の場合、

唯一怪しいのは、調査できない外壁面に一カ所ある床下換気口。

 

アスワット代表・福永健司 

 

外から私が近づいて確認することは不可能なので室内の畳を上げて床板を開口、床下から換気口を調査することにしました。(私が太っているからではありません・・苦笑)

 

害獣の侵入口調査の為の床板開口

 

開口した床板より、狭~い床下に潜りその床下換気口を確認すると・・・

ありましたよ~イタチの侵入口。

 

床下換気口のイタチ侵入口

 

正面から確認するとイタチが入れるような隙間が空いているようには見えないのですが、

これが、『イタチイリュージョン!』。

 

  ベルあわせて読みたい関連記事ベル

  右矢印  イタチの侵入口。床下換気口の隙間はよく調べないと見落とします!

 右矢印 イタチはこんな狭い隙間からも侵入します。【侵入するビデオ映像もご紹介!】

 

手のひらが入る程のすき間のイタチ侵入口

 

換気口と外壁に少し距離があり、横から見ると充分イタチが侵入できる程の隙間があるんです。 

 

探し難いイタチの侵入口

 

 ここから床下へ侵入、外壁と内壁の隙間を駆け上がり、天井裏に侵入していたんですね。

 

床下から屋根裏へのイタチ侵入経路

 

前業者さんは床を開口し床下調査するのが面倒だったのかもしれません。

 

しかし、イタチのはアライグマ・ハクビシン・テンと違い、カラダも小さいので、だいたい調査が面倒なところから侵入してるんですけどね。。。

 

害獣駆除業を営むなら最低ここまではしないと、プロフェッショナルへの道のりははるか彼方。

 

ここで本記事の一言。

 

『イタチの侵入口調査、めんどくさがらずに根気よく!』

 

では今回はこの辺で。

 

ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 右矢印 バルサンなどの煙を使用して害獣の侵入口をみつけられますか
 右矢印 イタチ完全防除のポイントは侵入経路の裏付け調査。
 右矢印 イタチの侵入経路完全解説!増築のすき間は要注意。

 右矢印 新しいお家でもイタチの侵入口はありますよ!

 


 

四角オレンジアスワットの仕事ぶりをお客様が評価!四角オレンジ

アスワットのGoogleクチコミは

こちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

下矢印

 


 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営するアスワット公式HPベル

下矢印

アスワットHPバナー大