今回は『イタチ駆除業者・アスワットは何故、イタチなどの害獣防除を5年間侵入保証するのか』というお話。

 
■ 害獣防除業者の保証の種類


害獣駆除業者が出す保証は

【部分保証】  業者が施工した部分のみ保証、以外からの侵入した場合は保証外

【捕獲保証】  捕獲施工だけの保証で、天井裏など屋内への侵入は保証外

【侵入保証】  家屋内の害獣侵入をすべて保証(天災等の災害は除く)

業者によっていろいろ保証内容が異なりますが、残念ながら完全駆除を保証する業者は非常に少ないのが現状。(保証がない業者もあります。)

その中でアスワットはイタチなど害獣の完全防除を5年間侵入保証する数少ない業者です。

 

🔶【あわせて読みたい関連記事】右矢印 最長○○保証のあま~いワナ。害獣駆除業者の保証のカラクリを詳しく知ろう!

 



■ 害獣の防除方法と保証の関係

 

害獣の家屋内侵入を完全になくす方法は

上差し【step1】  害獣が建物内に潜んでいない事を確認する。【追い出し作業】

上差し【step2】  害獣が建物入れる穴や隙間を全て塞ぐ【防除作業】

の手順で行う防除施工しかありません!

 


特にイタチの場合は3cm以上の隙間や穴、増築や改築にともなって床下などに残ってしまう雨水口や会所など普通では考えつかない所から屋内へ侵入するケースも多くあります。

アスワットでは見積調査時、慎重に調査を行い施工しますが、それでも施工完了後にイタチが侵入し、再調査を繰り返し行う事も珍しくありません。  それだけイタチの完全駆除は難しいといえます。

 

🔶【あわせて読みたい関連記事】右矢印 イタチ完全駆除までの流れ

 

 



その上、夏場など(7月〜10月)の期間は

🔶  屋根裏が暑さで過酷な状況。

🔶  エサとなる小動物がたくさん生息しているため住宅内へ侵入する必要がない。

イタチなど害獣の屋内侵入被害が少なくなります。

 



要するにイタチが建物内に侵入しにくい期間が半年ほどあるため、長期にわたって様子をみないと本当に侵入口を全て封鎖して完全駆除が出来ているのかどうかがわからないという事です。

アスワットでも

🔶 施工後、2年経過してイタチの再侵入があったとお客様からお連絡頂く事例。

🔶 他業者さんでイタチ駆除をお願いしたが毎年侵入してその度にお金がかかって困る。  etc.

などといったご相談も少なくありません。

 

上差し【あわせて読みたい関連記事】

右矢印 こんなところから! プロでも探すのが難しいイタチの侵入口調査。|兵庫・加古川市の事例
右矢印 京都府亀岡市でイタチ防除後、再侵入のお話


そのためにアスワットではお客様がそういう事でお困りにならないよう、長期間確かめた上で完全駆除をご提供させて頂く。そのための5年間ということになります。

 


 

●質問 : じゃあ6年目にイタチが入ってきたら保証外でまた同じような費用がかかるの?

上差し【アスワットの回答】

確かにご契約上はそうなりますが、シロアリ駆除のように薬剤の効力が5年で無くなるような駆除方法と違い、イタチ駆除の基本は『侵入口の封鎖』です。
 

なので、5年間観察し、害獣の侵入がなければ完ぺきに侵入口の封鎖はできており、それ以降に封鎖した箇所が取れたり朽ちたり、お客様の建物が経年劣化により侵入口ができない限り害獣の侵入はないという考えです。

(イタチは基本的にネズミみたいに外部より壁をかじったり、モグラみたいに長いトンネルをほって侵入して来ることはありません。)

 
仮に劣化によって封鎖した箇所やその他の場所に侵入口が出来たとしても、そのすべての箇所が同時に傷むということは現実問題として考えにくく、侵入口の特定と補修も容易にでき費用も最小限に抑えられるはずです。


以上の事をふまえたうえで、

『封鎖材料の劣化などを考慮し妥当な保証期間を5年間だと考えている』と、スタッフ全員が同じようにお伝えし、お客様にご安心して頂いています。
 

長々と少々理屈っぽいお話になりましたが、『イタチ駆除での5年保証がいかに大事なのか』。イタチ被害でお困りのお客様にアスワットの考え方を少しでもご理解頂き、害獣駆除業者選びのお役に立てれば幸いです♫
 

にほんブログ村に参加しています!
クリックしていただければうれしいです♪

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ