今回は『イタチや害獣の駆除は3月までに対策を!』

と題して、

  • 1月、2月に害獣はどんな活動をしているのか?
  • 今の時期になぜ駆除対策をした方がよいのか?

についてわかり易くご紹介させて頂きます。


上記に掲載しているのは関西で断トツに家屋侵入被害が多い害獣 『シベリアイタチ年間生活史』 を日頃の調査より弊社が表にまとめたものです。
 
この表が示す通り、1月~2月は活動沈静期~活動期ということとなりシベリアイタチ(以下:イタチ)はあまり動き回らない時期から少し動き回る時期になりますよ!という事なんですね。
 
イタチを代表とする家屋侵入害獣(テン、ハクビシン、アライグマ)は、彼らが食べる物が極端に少なくなる期間(11月後半~翌年2月後半)、家屋内で冬を越すネズミやコウモリ、ヤモリ、昆虫などを狙いにきたり、雨風や寒さをから身を守るために天井裏など家屋内に侵入します。
 
但し、その年の気象状況にもよりますが本当に寒い12月、1月、2月は、むやみやたらにエサとなる小動物などを探しまわると自分の体力も消耗するのでここぞ!という時にしかあまり動かないようにしているようです。わかり易く電化製品に例えるならば省エネ運転!
 
しかし2月後半から3月にかけて気温も徐々に上がり、たくさんの小動物や植物がだんだん動き出したり芽吹いたりして来ると、彼らもエサを求めて活発に行動し始めると同時に、
 
オスとメスとの交尾の時期~出産・子育ての時期へと右肩上がりに行動が活発になり家屋侵入被害も急増します。
 
屋根裏で子育てをするアライグマ
 
ベルあわせて読みたい関連記事ベル
右矢印 イタチ、恋の行方は・・・交尾の時期がやってきました♪(動画もご紹介)
右矢印 イタチなど害獣が天井裏で子供を産んだ時の注意点!
右矢印 イタチは3月・4月ってどんな行動をしているの?
右矢印 害獣の子育て時期の駆除方法(イタチの幼獣連れ出し作業ビデオ付)
 
もう、ここまで読んでいただければお解りだと思いますが、要するに害獣の家屋侵入被害が少ないのは2月後半くらいまでで、3月に入ると日増しに害獣が家屋侵入することが多くなり、アッという間に天井裏の断熱材を害獣がグチャグチャにしたり、彼らの糞尿や食べ物の残骸などで汚染されることになる場合が多くなるんです。
 
アライグマのため糞
 
そうなる前に早めの対策をすることで、被害を最小限に食い止め、結果的に対策費用の節約にも繋がります。
 
 
今、イタチをはじめとする害獣が天井裏などを時々走りまわっているお客様宅全てがそうなる訳ではありませんが、害獣駆除を専門としている私たちが毎年お客様から4月から9月くらいによくお聞きする 『あ~もっと早くアスワットさんに頼めばよかったぁ』 というお言葉。 
 
決して急かして仕事を頂こうという事ではなく、残念なお客様からの言葉を一軒でも少なくできたらと思い、今年も毎年同じような記事を角度をかえてご紹介させて頂きました。 
 
アスワット代表 福永健司 
 
少しでも害獣家屋侵入被害でお困りの方に参考になれば幸いです♪
 

【害獣駆除専門業者 アスワット テレビCM】

 

 

ベルにほんブログ村に参加しています!ベル

クリックしていただければうれしいです♪

下矢印

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 

ベル害獣防除専門業者アスワットのサイトです!ベル

下矢印

アスワットHPバナー大