滋賀県大津市・屋根裏で子育て中の「テン」。追い出し後に雨戸の戸袋から出てきたテンをお客様が撮影。その動画とともにプロでも見落としがちな害獣の侵入口をご紹介します!

 

■ 今回の害獣侵入事例

【被害場所】  滋賀県大津市 木造住宅2階建 築35年

 

【害獣の種類】 二ホンテン【Martes melampus】 (関連法律/鳥獣保護管理法)

 

【ご依頼内容】 数年前から屋根裏を歩く動物の足音は時々していたが、すぐにいなくなったため気にもしていなかった。しかし今年は1ケ月ほど前から毎日屋根裏から昼夜を問わず足音聞こえ出し、最近は数匹の子供らしき鳴き声とともに日を増すごとに騒がしく、天井板にもシミが出来てきたので怖くなってアスワットに駆除依頼をしたのこと。

 

なるほどー、このようなケースよくあります。

 

基本的に屋根裏に侵入する害獣(主に、イタチ・テン・アライグマ・ハクビシン/ネズミは除く)は単独行動。要するに群れで家の中に棲みつかない。だから普段は時々しか屋根裏に侵入しないんです。

 

ところが3月~8月頃の期間内、屋根裏で子供を生んだ時だけは別。

 

ほとんどの害獣が一夫多妻制なのでメスのみが子供たちが成獣に近づく3カ月間、屋根裏で子育てをするため、お客様が慌てて駆除業者へ依頼するパターンです。

 

しかしこれも仕方ないです。このような動物の生態を一般の方々が知っている方が不思議ですもんねぇ。

 

害獣駆除の解説をするアスワット代表・福永健司

 

 

ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 右矢印 イタチが天井裏で子供を産んだ?慌てて電話いただいたお客様。
 右矢印 イタチなど害獣が天井裏で子供を産んだ時の注意点!
 右矢印 イタチ・ネズミ・その他の害獣の生態と被害

 

■ シミのできた天井板の上は残念ながら、こんな事態に。

 

お客様の聴き取り調査では2階の屋根裏で長期間、幼獣らしき鳴き声と成獣が走り回る足音が頻繁にしていたとのお話。

 

で、お客様に屋根裏内の断熱材の有無をお聞きすると、全ての天井裏には断熱材は敷き詰めていないとのこと。

 

うーん、おかしい・・・断熱材の無いところで害獣が子育てをするはずないんだけどなぁ?

 

「百聞は一見にしかず」。とりあえず害獣が激しく走り回っていて天井板にシミが出来ている箇所の屋根裏を調査してみると、シミの箇所上に大量の溜めフンを発見!

 

天井裏にある二ホンテンの糞

 

糞の内容物から「二ホンテン(以下:テン)」が侵入していることが判明。

 

テンが壁中の断熱材をほじくり返して子育ての巣材にしていた

 

断熱材はお客様のお話通り敷き詰めれれていませんでしたが、過去に改装したクローゼットの壁中に新しく断熱材を工務店様が入れていたため、その断熱材をテンがほじくり返し巣材に利用し営巣していたことがわかり、これで納得です!

 

ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 右矢印 テンが屋根裏に入ると被害は深刻に。兵庫県宝塚市の事例です!

 右矢印 テンの侵入経路を突き止めろ!滋賀県高島市での防除事例
 右矢印 テン侵入経路の答え合わせの結果は?

 

 

 ■ テンの侵入口はどこからなのか?その調査時にテン親子を発見!

 

侵入している害獣がテンだと特定できたら次は侵入口の特定です。お客様の聴き取り調査では親らしき動物が野外へ出たり、帰ってきたりする際には必ず壁中から昇り降りしているような音が聞こえるとのこと。その個所を建物の外から調査すると雨戸の戸袋周辺ばかり。

 

ああ、やっぱかぁ・・・

 

テンとイタチに多くみられる侵入口で、雨戸戸袋の取って穴から侵入、そのまま壁中を駆け上がり天井裏に侵入するお決まりのパターン。

 

雨戸戸袋から入るテンの侵入口

 

軒天から梁を越えて天井裏に侵入するテンの形跡

 

その証拠に戸袋取って穴付近にテンが出入りする際についた形跡が多数ありました。

 

戸袋についたテンの形跡(爪痕)

 

そうと決まれば全ての雨戸の戸袋から天井裏に侵入出来るのか一カ所づつ調査していくと、

 

ん?なにやら戸袋内で「ガサッ」という音が!

 

そーっと、調査用ライトで戸袋内をのぞいてみると・・・幼獣をかばうように奥の方でメスのテンがこちらの様子をうかがっている姿を発見!

 

雨戸の戸袋内に身をひそめる二ホンテンの親子

 

どうやら私が営巣場所の天井裏に入ってくるのを素早く察知して出入口付近まで幼獣を避難させてきた様子。

 

さっそくアスワット秘伝のノウハウで屋根裏より追い出し作業をすぐさま行いその日の作業は終了。テン親子がお客様宅から引っ越しするのを数日待ちます。

 

■ 翌々日、お客様から「テン親子がどうも引っ越してくれたようです!」との、お電話を頂きさっそく伺うことに。

 

お客様のお話を伺うと、追い出し作業をした当日から天井裏をバタバタ、メスのテンが慌ただしく走り回り頻繁に昇り降りしている付近の雨戸戸袋を見ていたらテンが取って穴から出てきたので携帯電話で動画を録画したとのこと。

 

その動画がこちら!

 

 

害獣の中でも警戒心の強いテンがお客様に家の中から動画を取られるなんて、アスワットの追い出し作業に対して、よほど慌てていたのでしょう(笑)。

 

その日は何度か単独で出たり入ったりを繰り返し、その翌日早朝には幼獣の鳴き声が野外で何度か聞こえた後、今までうるさかった足音や鳴き声が嘘のようにパタッと無くなったとのこと。

 

これでテン親子の追い出しは成功です! 

 

後は、全ての雨戸戸袋にある取って穴の封鎖と屋根裏にある溜めフンや荒らされた断熱材の清掃、最後に天井裏の殺虫消毒にてテンの完全防除作業完了となりました・・・・やれやれ。

 

えっ!

 

雨戸戸袋の取って穴を塞いでしまったら雨戸使用時に引き出せないんじゃあないの?

 

と施工時にお客様から必ず質問されます。

 

いやいや、アスワットは害獣防除の専門業者ですのでこういった案件も多数あります。そんな実績の中から独自のノウハウによって

 

害獣は侵入できないけど雨戸は今まで通り引き出せる封鎖があるのですが、これは企業秘密。

 

現場で直接お客様にご説明させて頂きますのでご安心下さいね!

 

ベルあわせて読みたい関連記事ベル

 右矢印 『テン』の家屋内侵入経路はどんなところ?
 右矢印 アクロバティックな害獣、ニホンテン!【テン動画あり】
 右矢印 高所にある屋根の重なりは要注意!見落としがちになる害獣の侵入口。神戸市垂水区の事例

 

 


 

アスワットの仕事ぶりをお客様が評価!

アスワットのGoogleクチコミは

こちらをクリック!

下矢印

アスワットのGoogleクチコミ

 


 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラベル

 


 

ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営するアスワット公式HPベル

アスワットHPバナー大