今回は滋賀県高島市でのテン駆除のご紹介!。

 

■ 今回の害獣再侵入事例
【被害場所】  滋賀県高島市 木造住宅2階建 築40年増築あり

【害獣の種類】 二ホンテン(ホンドテン:以下、テン)

【ご依頼内容】 10年程前より2階天井裏を走り回る動物がいるので数年前に知り合いの大工さんに頼んで侵入口らしきところを封鎖してもらった。一時は収まったが、また今年の初めより屋根裏を走りまわるようになり、最近は眠れないほどうるさいので、害獣駆除専門業者のアスワットへ完全に害獣が侵入できないようにして欲しいとのご依頼。
 
 
 
■ お客様より聞き取り調査とその推測
 
侵入経路を調査する福永健司


● 毎回、2階の屋根裏のみ音がする
● 母屋と増築部の境の屋根上から「ドン」と飛び降りるような音がする。
● かなり大きな足音。

 
 
以上のことから、2階屋根上のすき間からの侵入が考えられます。
 
侵入動物は滋賀県高島市山沿いの地域性から「イタチ」「テン」「ハクビシン」「アライグマ」ですが、かなり大きな足音ということと、2階屋根上からの侵入の可能性、地域性を加味して推測すると「テン」「ハクビシン」「アライグマ」かな・・と思いながら調査です。
 
 
■ 動物の特定

天井裏の糞、下屋根の水切りについた足跡から「ニホンテン」と特定しました。
 
水切りについたニホンテンの足跡
 
ニホンテンの糞
 
【あわせて読みたい関連記事】
 
 
■ テンの侵入口はどこから?

聞き取り調査から2階大屋根から調査。
お客様が母屋と増築の境あたりから音がするとのお話なので真っ先にその辺を調査すると・・・
 
ありました!
 
大屋根にあるテンの侵入口
 
手のひらが入るほどのテンの侵入口
 
屋根の重なり部分の水切りの上部に屋根裏につながる隙間が。
 
ニホンテンの形跡

薄らですがテンの足跡もついています。

さて、このテンの侵入口があっているのかどうか今回、閉じ込めないように封鎖して、答え合わせ出来るよう細工してきましたので、それは来週のお楽しみ。
 
【あわせて読みたい関連記事】
 
 
■ では、テンが屋根に登るまでの侵入経路の特定です。

侵入口が判ったんなら侵入経路の特定などいらないんじゃないの? 
 
素人の方ならそれでも結果的にいいかもしれませんが、それでは納得いかないのがプロフェショナル。個々の現場で必ず侵入経路を特定することによって自分への自信、お客様に説明する時の説得力や安心感など目に見えない大きな技術が養われます。(その辺はまた別の機会にお話しますね♪)
 


今回は中級編。素人の方では難しく専門の業者の中でもレベルがそこそこでないと特定出来ませんよ!(笑)

① 会所蓋の上にテンの足跡がついていました。(雨の日の翌日に畑などの濡れた土の上をあるいたんでしょうね。)その向かう先をたどると。
 
会所蓋についたテンの足跡
 
縦樋を登るニホンテン

② 建物の角の方向へ向かっています。その周辺の縦樋や外壁を注意深く調査すると・・・・
 
縦樋についたニホンテンの爪痕
 
縦樋、最初に飛びつく周辺に形跡が多数!
 
外壁についたテンの爪痕
 
逆側の壁面にはテンがよじ登る時についた新旧の爪痕がびっしり!
(この形跡を特定できればプロフェショナル!・・・形跡調査だけはね。笑)
 
よじ登る際についたテンの形跡
 
以上の形跡から、この外壁と縦樋を使って下屋根までよじ登っていることがわかります。
 
ニホンテンの侵入経路
 
これで納得!裏付け調査完了です。
 
【あわせて読みたい関連記事】
 
お客様が優良な害獣駆除業者を選ぶ際、このような細かな納得いく説明ができる業者を選ぶことが大切ですよ! 
 
アスワット福永健司
 
【あわせて読みたい関連記事】
 

 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 


 

ベルテレビなどの出演履歴はコチラビックリマーク

 


 
ベル鳥獣管理士準1級の福永健司が運営するアスワット公式HPベル

アスワットHPバナー大