答え:簡単に登りますよ!

 

 こんばんは♪  あちらこちらで赤とんぼを見かけるようになりました。そろそろ夏の終わりが近づいてきているようですね。


 さて今夜は 『イタチやテンなど屋根裏に侵入する害獣は縦樋を登りますか?』 という記事のご紹介です。


 家屋侵入害獣といわれる、イタチ・テン・ハクビシン・アライグマは家屋の僅かな隙間から屋根裏や床下などに侵入し、糞尿被害などを引き起こします。なのでこれから絶対に侵入出来ない様にするには害獣が家屋内に侵入出来る全ての穴や隙間を見つけることが一番重要です。

 

 しかし、それが一番難しい。。。一般の方々はもちろんの事、害獣を専門にしていない駆除業者でさえ頭を悩ますほど全てを見つけるのは困難を極めます。

 

 それはなぜか?害獣がどんなルートを伝ってどのような穴や隙間から侵入して来るのか
想像がつかないからです。

 

 今回はこんなルートで家屋に侵入してくるんです!という一例をご紹介しますね♪

 

 京都市西京区のお客様からのご相談。2年前に他業者さんにイタチ駆除をお願いした。一時的には侵入被害は無くなったが半年後にまた屋根裏をイタチが走りまわる様になり再度施工をしてもらったが全く侵入が止まらない。1年保証だったので期間が過ぎれば再度、費用がかかるとの話で完全に侵入しない様にして欲しいとアスワットへご依頼頂きました。

 

 早速調査すると、形跡から侵入している害獣はイタチではなくテンで再発の原因は全ての侵入口を封鎖していない。(要するに侵入口の見逃しです)

 

 先ずテンは木登りが上手で元々は樹洞に営巣する動物です。ですから家屋内に侵入する個所も屋根上から侵入することが多いのが特徴です。(なので先ず侵入動物の特定が重要なのです!)

 

 お客様の聞き取り調査からも中天井(1階と2階の間)よりも2階の屋根裏を走る事が多いという話からも屋根上の侵入口を疑わなくてはなりません。

 

 

 

 で、屋外調査を行うとお隣と隣接している縦樋(縦の雨樋)にテンがよじ登った形跡がたくさん残っていました。その後、大屋根に登ってみると寄棟の屋根ですが一部屋根の重なりがありその重なり部分の隙間が開いていました。

 

 

 裏付け調査で屋根裏からも確認、前の業者さんも頑張って屋根の重なりから侵入していることは再発後わかったみたいで屋根裏の内側から金網で封鎖しているようですが、肝心の侵入口はなぜか封鎖出来ていませんでした。テンが侵入してきた時に柱についた爪痕が多数、侵入口付近に着いていたんですが・・・なぜわかんなかったんだろう?

 

 

 

 

 お客様に調査結果を説明後ご依頼を頂き、追い出し作業を行ったあと、屋根の重なりを封鎖し完全駆除となりました。

 

 今回は縦樋をテンが縦樋をよじ登っ大屋根の隙間から侵入していましたが、テンだけではなくイタチ、ハクビシン、アライグマも縦樋は簡単によじ登り屋根裏に侵入することは往々にあります。(ホントかな~とお思いの方はハクビシンが縦樋をつたって下りていく映像をご覧下さいね。)

 

       

 

 家の周りをぐるっと廻って害獣の侵入口が見当たらない場合は屋根上からの侵入も疑ってみることが必要です。その時は縦樋の形跡を先ず確認してみて下さい♪

 

 では今夜はこの辺で。

 

害獣防除専門業者アスワットのサイトです!
イメージ 1
 
にほんブログ村に参加しています!
クリックしていただければうれしいです♪

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ
にほんブログ村