SilkyAngelからのご寄付

$SilkyLife・・・日々のカツラスタイリング


先日、SilkyAngelプロジェクトから
カツラのご寄付をお願いいたしました。
その直後から、私の所へは何件かのメールが届き、
本日、カツラが一体私の手元に届きました。

心から感謝いたします。
これから工場とも打ち合わせをし
子どもサイズに直しを入れて
美容師と共に子どもにも似合う髪形を
考えてゆこうと思います。

その他にも色々な形でSilkyAngelを
サポートしたいとおっしゃってくださる方が
私の所へご連絡をくださいます。
本当に嬉しい限りです。

私たちの想いが子どもたちへ・・・
その日が早く来る事を願っています!

日本全国にある500以上の施設。
その施設のどこかに私たちと同じ病気のお子様が
私たちと同じおもいで過ごされているのであれば、
私はその心を抱きしめたいと思います。

SilkyAngelに様々な形でご協力くださっている皆様
言葉では言い表せないほどの感謝を
私は感じております。
本当に、本当にありがとうございました!

SilkyLifeホームページ
Silky-Hairの二人生活
よろしくお願いいたします♪
AD
脱毛症という病気になり、長年カツラを使用していると、
人毛のカツラではあるけれどサイズが合わない、
スタイルが思ったよりも好きではない、
色が自分好みではないなどの理由で
まだまだ使用できる状態でありながら使用していないカツラを
クローゼットの奥に保管なさっている方がいらっしゃるのでは?
と想像をしています。

実は、昨年の夏に始まった「SilkyAngelプロジェクト」では、
日本中に1200万人いると言われている脱毛症の患者さんの
サポートをさせていただきたいと思い、
SilkyCapやカツラのテープ、そしてカツラを
本当に必要とされている方々へお届けしたいと考えております。

現在、私の所へ集まってきている寄付金は
私が大切に保管させていただいておりますが、
このお金をどのように使用するか、ずっとずっと考えておりました。

困っている方々へカツラを届けたい・・・
その思いはあっても、人毛のカツラは大変高価な物です。
その高価なカツラを購入し、お届していたのでは
お届けできる人数が限られてしまいます。

そこでお願をしたいのがこの「カツラの寄付」です。
1200万人いると言われている脱毛症の患者さん・・・
もしかしたら、親御さんと離れて暮らしている施設のお子様たちの中にも、
私たちと同じように脱毛症に苦しむお子様がいらっしゃるのでは?と考えたのです。

そのお子様たちへ私が現在ご用意しているのはSilkyのナイトキャップ、
カツラに使用するテープ、そして脱毛症が始まった時に使用する頭皮のファンデーションです。
そこに、もしもご寄付をいただけたら、カツラも加えたいと思っています。
もちろん、皆様に寄付をしていただいたカツラはキレイに洗浄し、
まだまだ使用できる状態かをチェックをさせていただきます。

そのため、ご自身が使用したくないと思われるほど消耗してしまったかつらはご遠慮願いたいと思います。
私たちは髪の毛を失ったことでとても悲しい思いをしてきました。
私たちは家族のサポートがありながらも、涙が枯れるほど泣きました。
そんな私たちだからこそできる事、あるのではないかと思っています。

もしも「SilkyAngelプロジェクト」に賛同してくださる方がいらっしゃいましたら
ぜひ、私にご連絡ください。よろしくお願いいたします。

silkylife22@i.softbank.jp

皆さまからのご協力を心から願っております。

SilkyLife・・・SilkyAngelプロジェクト
篠原有紀



SilkyLifeホームページ
Silky-Hairの二人生活
よろしくお願いいたします♪
AD