科学カフェ京都(特定非営利活動法人)

科学を身近に!技術における意思決定プロセスの民主化を目指す!!

 

テーマ:

◆◆ 科学カフェ京都 第144回定例会 ◆◆




日時: 2017年 10月 14日(土) 2時~4時30分


話題: 「真空の相転移 -超高温・高密度で起こること-」


講師: 国広 悌二 先生
京大大学院学理理学研究科教授
専門:原子核理論
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~teiji.kunihiro/indexj.html

会場: 京都大学理学研究科セミナーハウス
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_n.htm
(上記地図の番号10の建物です)


概要:
『この講演では、まず原子核や「素粒子」およびそれを構成しているクォークについてお話します。ここで「素粒子」と呼んでいるものは陽子や中性子、あるいは中間子を含むハドロンと総称される小さな粒子のことです。ハドロンというのはあまり聞き慣れないことばだと思いますが、後で説明しますように陽子や中性子など「強い相互作用」をする粒子のことで、さらに、下部構造があり、クォークでできていることが分かっています。それで「素粒子」とカギ括弧「」を付けました。
素粒子は、区別できるいくつかの種類の相互作用をします。「強い相互作用」、「弱い相互作用」、電磁相互作用、それから重力です。そのうちの「強い相互作用」の基礎理論というものが1970年代に解明されました。その理論の教えるところのことを次に簡単に説明します。その理論の教える奇妙な事実の一つに、「真空」というものが空っぽじゃなくて、非常に複雑な物質性を持っているということがあります。それはまさに2008年に南部陽一郎先生がノーベル賞を受賞されましたが、その南部理論に関係する話です。「真空」というのが物質性を持っていて、普通の金属あるいは固体が、温度を変えたり圧力を加えると、相転移をして強磁性体になったり超伝導体になったりするように、この素粒子の「真空」も環境の変化によって変わるということになります。つまり、温度や密度が変わると、そこに見えてくる素粒子というものの性質が変わってくるという話をします。』



参考:
https://www.youtube.com/watch?v=gM3caYk4KrE


(申し込み不要、無料)






   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


次回以降の予定、イベント関係

定例会記録(第131回~第140回) 7/9/2016 - 5/13/2017
定例会記録(第121回~第130回) 9/19/2015 - 6/11/2016
定例会記録(第111回~第120回) 10/11/2014 - 7/11/2015
定例会記録(第101回~第110回) 11/9/2013 - 9/13/2014
定例会記録(第91回~第100回) 12/8/2012 - 10/5/2013
定例会記録(第81回~第90回) 1/14/2012 - 11/10/2012
定例会記録(第71回~第80回) 2/12/2011 - 12/10/2011
定例会記録(第61回~第70回) 3/6/2010 - 1/15/2011
定例会記録(第51回~第60回) 4/11/2009 - 2/13/2010
定例会記録(第41回~第50回) 5/10/2008 - 3/7/2009
定例会記録(第31回~第40回) 6/9/2007 - 4/19/2008
定例会記録(第21回~第30回) 7/8/2006 - 5/12/2007
定例会記録(第11回~第20回) 9/17/2005 - 6/3/2006
定例会記録(第1回~第10回) 10/10/2004 - 7/9/2005



  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


NEWS

2016-03-12 金森佳憲先生が理事に就任されました
2016-02-13 諏訪浩先生が理事に就任されました
2016-01-16 竹田俊男先生が死去されました
2015-03-25 坂口志文先生がガードナー国際賞受賞
2014-09-26 北澤宏一先生が死去されました
2013-06-03 読売新聞で紹介されました
2012-11-03 山田康之先生が文化勲章受賞
2011-03-11 福島原発事故に関する会員のご意見
2010-10-23 中高生向け講演会「株価変動を科学する」
2009-03-21 中高生向け講演会「宇宙探査の話」
2009-02-10 中高生向け講演会「光の仲間と仲良しになろう」
2009-02-07 中高生向け講演会「エネルギーと環境問題」
2008-12-03 出前授業開始しました
2008-03-12 諸熊奎治先生が恩賜賞・日本学士院賞受賞
2008-03-12 長谷川晃先生(当NPO理事長)が日本学士院賞受賞
2007-11-02 京のチカラ・明日のチカラコンクールで府知事賞受賞



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第143回 経済用語で考える経済史
下谷 政弘 先生(経済史)

京都大学名誉教授 住友史料館館長 前福井県立大学学長
9月 9日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第142回 自閉症を考える -オープンシステムサイエンスからみた自閉症
小西 行郎 先生(小児科医)

同志社大学 赤ちゃん学研究センター センター長/教授
7月22日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第141回 心理物理学による視覚研究とその応用
篠田 博之 先生(心理物理学)

立命館大学 情報理工学部教授 研究部長
6月10日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第140回 過去の気候変動からみた現在の地球温暖化
増田 富士雄 先生(地質学)

京都大学名誉教授
5月13日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第139回 新しい炭素分子、フラーレンの話
小松 紘一 先生(物質創製化学)

京都大学名誉教授
4月 8日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第138回 光子のふしぎと量子情報科学
竹内 繁樹 先生(量子光学)

京都大学大学院 工学研究科 電子工学専攻 教授
3月25日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第137回 ウイルスベクタ―を活用した果樹・花卉類の開花促進技術
吉川 信幸 先生(植物病理学)

岩手大学農学部 植物生命科学科 教授、副学長
2月11日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第136回 ゲノム編集技術を用いた「おとなしいマグロ」作出の試み
玄 浩一郎 先生(マグロ育種)

水産研究教育機構 西海区水産研究所
まぐろ増養殖研究センター 成熟制御グループ長
1月14日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第135回 日本の原発と地震・津波・火山
竹本 修三 先生(測地学)

京都大学名誉教授・大飯原発差止京都訴訟原告団長
12月10日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第134回 フランスでの人脳研究
粟野 菊雄 先生(精神科)

京都大学講師、あわの診療所長
11月12日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第133回 2016年熊本地震と西南日本の地震活動
梅田 康弘 先生(地震学)

京都大学名誉教授
10月8日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第132回 ダムと地震
長谷川 高士 先生(ダム工学)

京都大学名誉教授
9月10日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス


第131回 科学と宗教
小原 克博 先生(宗教倫理学)

同志社大学 神学部 教授、良心学研究センター長
7月9日(土) PM2:00~PM4:30
京大理学研究科セミナーハウス



Top Page



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バックナンバー


http://archive.mag2.com/0000177752/index.html



事務局


kshimoura@gmail.com



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~























































































































































AD
いいね!した人  |  リブログ(7)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。