科学カフェ京都(特定非営利活動法人)

科学を身近に!技術における意思決定プロセスの民主化を目指す!!


テーマ:

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◆◆ 科学カフェ京都 第145回定例会 ◆◆




日時: 2017年 11月 18日(土) 2時~4時30分


話題: 『二つの系』 -せめぎ合う系から生まれるもの-


講師: 角田 秀一郎 先生
奈良女子大学 副学長
奈良女子大学 岡数学研究所 所長
専門 代数幾何学
http://koto10.nara-wu.ac.jp/Profiles/6/0000552/profile.html
http://www.nara-wu.ac.jp/omi/index.html

会場: 京都大学理学研究科セミナーハウス
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_n.htm
(上記地図の番号10の建物です)


概要:
『ニュートンは、りんごが落下する現象と天体の動きを同一の法則で説明してみせた。これに代表されるように、一見かけ離れたものを結びつけることは科学の発展の重要な要素である。これに対し、近年複雑系の研究をきっかけとして二つの矛盾するもの(系)を結びつけ新たな「次元」のもの(系)を創造することが注目されている。矛盾したものをひとつにすると無意味なものが生まれそうに思われる。とくに厳密さを要求される研究においては特にである。しかしながら、人間(もっと広く生物)は普通にかかる「コト」を実行している。両目の視差から3次元を作り出すことは周知の事実である。講演では、具体例を示しつつ矛盾するふたつの系から新たな存在を創り出すことを議論する。』



参考:

岡潔文庫

佐保会三重

(申し込み不要、無料)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




第146回 12月16日(土)
野中 聡子(のなか さとこ) 先生
『ゲノム編集技術で作出したGABA高蓄積トマト』
(筑波大学 生命環境系、 助教)
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201708011800.html


第147回 2018年1月13日(土)
佐々木 克友 (ささき かつとも) 先生
『遺伝子組み換えやゲノム編集で作る新しい花』 ―― 光る花、色や形を変えた花―― 
(野菜花き研究部門 主任研究員)
    




















































































































































































AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。