東山 篤規(実験心理学) | 科学カフェ京都(特定非営利活動法人)

科学カフェ京都(特定非営利活動法人)

科学を身近に!科学者とお友達になろう!


テーマ:

◆◆ 科学カフェ京都 第151回定例会 ◆◆




日時: 2018年 5月26日(土) 2時~4時30分


話題: 「人の視知覚と身体姿勢」


講師: 東山 篤規 先生
立命館大学 特任教授・イグ・ノーベル賞受賞
専門 実験心理学
http://www.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=390
http://research-db.ritsumei.ac.jp/Profiles/37/0003680/profile.html
     

会場: 京都大学理学研究科セミナーハウス
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_n.htm
(上記地図の番号10の建物です)



概要:
『われわれは、ふつうは頭あるいは体を立てながら周りの風景を見ている.すなわち、重力場の中で、空気を通して、構造化した視野(視野の上半分は大空、下半分は地面)を見ている.では、首を曲げたり体を傾けたりすると、どのように風景は変化して見えるのだろうか.視野の上下の基本構造を入れ替えると、どのように見えるのだろうか.この講演では、視野と身体の傾きを傾けたときの視知覚(大きさ、距離、明るさ、方向の知覚)の変化とその可能な仕組みについて考える。』


参考:
http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=287765
https://www.improbable.com/ig/




































科学カフェ京都さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス