4月13日の着物お出掛けは、先月ガトウィック空港近くのマナーハウスのアフタヌーン・ティ(→こちら)で初めて着た椿柄の小紋が再登場。かろうじてまだ椿咲いてますしね。 訪問着の方もいらっしゃるとのことなので、渋金の袋帯でちょいとグレードアップしましょ。

 

 

 

   

辻井伸行さんのリサイタルの時に着物でご一緒した方(→こちら)を中心にパットニ-にあるハーリンガム・クラブHurlingham Club(→こちら)というメンバーズ・クラブにご招待して頂いたのですが、そのスケールの大きさにぶったまげましたびっくり。 ロンドンの中心からさほど離れていないのに42エーカーって凄いですが、だだっ広いだけではなく、隅々まで手入れが行き届き、テニスコートやクローケーcroquet等のスポーツ施設だけでななく、公園としても実に気持ちよい空間です。 多数のテニスコートや屋内屋外のプール等、スポーツ面の充実ぶりは凄いですが、かつてもっと広かった時には最もおハイソなスポーツであるポロの英連邦本部だったこともあるそうです。

 

150年近い歴史を持つ名門クラブですから、メンバーになるのは至難の技で、メンバーの推薦でwaiting listに入れてもらってもメンバーになれるまでに十数年掛かるそうですし、今は新規募集すらしてませんときっぱりHPに書いてありますしから、グラインドボーン・オペラの比ではありませんね叫び。 これだけの規模の施設を守るためにはある程度のメンバーが必要なわけで、メンバーは1万人以上ということですが、先祖代々のメンバーがほとんどで、この日も若いグループや子供連れのファミリーも来てました。 決して老人クラブではありません。

私にとっては夢の別世界ですが、排他的であってもイギリスの底力を垣間見た気がして、こういう人が存在する限りBrexitも乗り越えられそうで心強くなりました アップ

 

   

             6人揃うだけでも嬉しいですが、おまけにこのゴージャスな空間宝石ブルー

   

 

   

 

     

 

  

カップケーキコーヒー

セルフサービスのカフェテリアでランチを頂いてからお庭を散策し始めた時は肌寒かったのですが、暖かくなってきたので外のカフェでお茶とケーキにしましょう。着物にとって暑過ぎず寒過ぎず理想的なお天気でお喋りできて、お庭は今が花盛りで美しいし、庭師の男の子も可愛いかったし、最高の午後でしたドキドキ

 

着付けのA先生(鮮やかな水色の小紋をお召しです)のおかげでお仲間に入れて頂けて嬉しい限りですが、夏には私がこういうこともあろうかと数枚買っておいたROHでのマリインスキーバレエの「白鳥の湖」にまた着物でご一緒することになってて、今から楽しみですニコニコ

    

そうだ、白鳥と言えば、お庭の池に黒鳥のファミリーが泳いでて、最初は赤ちゃんスワンが一羽だけだったので、「あら、珍しく一人っ子かしら?」、と思ったら、そうではなく、あと3羽、親の背中で翼の下に隠れていたんです(もしかしたら、もっと隠れてるかも)。 初めて見ましたが、カンガルーみたいねにひひ

 


人気ブログランキング

AD

 

   

 

 

   

 

   

 

    

 

    

 

    

 

   

<10th Apr Mon>

桜今日も午前中だけ働いて、午後はトーチャンと一緒にグリニッジ公園Greenwich Parkでお花見。昨日と比べたらうんと気温は下がったけど、花曇りでまあまあの天気だったし、会社は毎日カジュアルデーなので、こんな格好でOKなのも助かります。満開の桜のトンネルは期待通り見事でした。 それだけじゃなく、このロイヤルパークにはよく手入れされた美しいフラワーガーデンもあり、水仙(普通とは違う種類の)、椿、チューリップ、ツツジ、シャクナゲ、その他珍しい花が一杯咲いててとても綺麗でした。 バラ園も発見したので、咲く頃に又行ってみるつもり。 ご存知の通りグリニッジは天文台はじめ色々ありますが、そのついでに広いガーデンを回るのは大変ですから、庭の見学だけでもお勧めです。こないだウエストミンスターのテロ事件で殉死した警察官の霊柩車に遭遇したのも凄い偶然・・・。

・・・と、前置きが長くなりましたが、今日は着物記事2件で。

---------------------------------------------

1 4月3日、ウィグモア・ホールに着物で行きました。

3月28日から4月8日までの間にウィグモアにはなんと5回も行き、そのうち4回は着物という頑張りよう。

 

    

先月カドガンホールで着た白い大島の再登場です。 とても気に入ったし、春らしい色合いですもんね。

いつもなるべく違う帯と組み合わせるようにしてて、先月は黒い帯でしたが(→こちら)、今回は総絞りのピンクオレンジ。この方が着物の甘く優しい雰囲気にぴったりでしょ。

帯に柄がなくて淋しいので、帯留をオヘソにしてポイントに。

 

ウィグモア・ホールは終了後に出演者にすぐに会えるというのが良い点ですが、この日もかぶりつき席から突撃して一番乗りDASH!

アーチストと一緒に写真も撮りました。そのダミ声のテノールは全然気に入りませんでしたが、折角着物で行ったんですものね。 はい、着物を着る機会を与えてくれたことは感謝してます。 

一体誰だったのかって?

それは明日記事にしますが、「ヒント:来週、東京でコンサートに出演するイタリア人」です。  

 

   

2 4月8日、ポカポカ陽気の土曜日、午後はバレエ、夜はコンサートに。こんな日は桜のイメージのピンクの着物しかないでしょう。

ダイヤモンド今日のオヘソは去年函館で買ったガラスの帯留。そうだ、この帯も函館でゲットしたんだったわ。

バレエマチネのバレエ「ジュエルズ」の後、フォートナム&メイソンのアイスクリームパーラーでミニ版アフタヌーン・ティを二人でシェアコーヒープリンこの後ケーキも出てきました。

 

   

 

    

夜は又ウィグモア・ホール。お馴染みのテノール、トビー君Toby Spenceのリサイタルは素晴らしかった(→こちら)。

 

というわけで、両方とも春らしい色合いの着物でしたが、実はどちらも菊の柄なのですわ。これを秋の雰囲気にするのは難しいけど・・。

 

 


人気ブログランキング

AD

<6th Apr Thus>

残りあと一回で終わる筈のマルタ旅行記、写真を選ぶのに手間取っててまだ出来てませんが、今日は着物お出掛け記事にしよっと。

--------------------------------------------

4月1日の辻井伸行さんのウィグモア・ホールでの感動的なリサイタルについては→こちらをご覧下さいですが、お天気も良かったし、着物で行きました。

 

先回(→こちら)と先々回(→こちら)は最近ひと様から頂戴した着物を纏ったのですが、今回も又、ついこないだ知り合いのSさんがプレゼントして下さった一つ紋の肌色の色無地に初めて袖を通しました。 私にとって初めてだったばかりではなく、誰も袖を通した人はいなくて、Sさんの妹さんの着物だったのですが一度もお召しにならなかったようで、しつけ糸が付いたままでした。Sさんがリサイタルにご一緒して下さることになったので着姿をお見せできる良い機会と思ってこれにしたのですが、とても喜んで頂けて、嬉しい着物お出掛けになりましたニコニコ

 

     

帯は黒地の雪輪柄。 ロンドンでも桜が綺麗な季節ですから、桜の花びらが出るような巻き方にしてみました桜 

 

お星様の柄って珍しいでしょ?星  流れ星でしょうか、星座でしょうか?星星星

 

日本人がたくさん集まる所に着物で行くのは躊躇するのですが、着付けのA先生が着物のお仲間といらっしゃると伺って、それなら折角ですから私も便乗させて頂きました。 私たちを見て、「あら、着物も良いわね。実は私もロンドンで着物持ってるから着てみたいわ」、と思って下さった方がいて着物の輪を広げる切っ掛けになればいいのですが。

 

コーヒーリサイタル後はウィグモア・ホールのカフェでリサイタルの感動を分かち合いながら着物や猫談義で楽しい午後を過ごしました。 

そして、このメンバーで来週とても素敵なお屋敷に着物で行くことが決まったし、夏には私が何枚か買っておいたバレエでROHにもご一緒することになり、どちらもとても楽しみですラブラブ

 


人気ブログランキング

AD

<2nd Apr Sun>

昨日の辻井伸行さんのピアノリサイタルも着物で行ったのですが、1週間前の着物お出掛けもまだアップしてないので、まずそちらを先に。 両方とも最近ひと様から頂戴した着物で、本当にありがたいことです。

--------------------------------------------

    

3月25日のピッカピカのお天気の日曜日、ちょっと遠出してガトウィック空港の近くのマナーハウスでアフタヌーンティをしました。

この水色の綸子の椿柄、去年6月に日本からオペラ仲間のY子さんがいらした時にお召しになってブラウンズホテルのアフタヌーンティにご一緒した小紋ですが(→こちら)、ご友人から「Y子さん、椿姫さんと着物でご一緒するのであれば是非この椿柄の着物で」、というお申し出だったのです。 嬉しいですねドキドキ 

 

その後この着物はY子さんと共に日本に戻ったのですが、そのご友人が、更に嬉しいことに、「気に入って下さったのなら椿姫さんに差し上げます」と仰って下さったのです。 そりゃ、勝手に自分のお印にしてる椿の柄の上に私の大好きなブルー地ですもの、大好きですおねがい 

 

てな事情で、日本に里帰りなさる際にM子さんがご親切にもイギリスに運んで下さったのを、今回それを受け取りにM子さんのお宅にこの日お邪魔したわけです。 で、折角の機会ですから着物の着付けにご興味おありのM子さんに私の超簡単着付けをご伝授することにしたのです。 着付けレッスンは時間不足で中途半端にしか出来ませんでしたが、お母様の形見の着物を何枚か持ってらっしゃる中でM子さんは私とバランス取れる大人ピンクの小紋を選んで下さって、素敵なマナーハウスホテルに参りましょう。

 

でも、大急ぎでM子さんに着せて、私自身は鏡も無しで焦りまくったのでショック!、二人ともひどい着付けになってしまい、特に私の帯はちゃんと半分に折れてなくてだらしない程幅が広いったら・・・えーん。後で気付いて前帯の下の部分を折り上げたのですが、ツーショット写真は着付け終了直後のこれしかないので恥ずかしながらご披露します。お庭の椿が綺麗ですしね。

 

宝石赤ラングショット・マナーLangshott Manor(→こちら)は結婚式も出来るホテルで、オールド・イングランドの趣が青空に映えて最高の雰囲気です。前の日までぐずぐずしたお天気だったのに、この日は久し振りに晴れたのもラッキー。 この日の結婚式は黒人と白人のゲイ男性同士のカップルだったのですが、一見ミスマッチながら、古い伝統を守るコンサバさと時代の変化に対応する柔軟さがいかにもイギリスイギリス

 

 

 

 

 

 

    

コーヒーカップケーキシャンパン

年代物の木のパネルで暗めですが、表の太陽がテーブルに降り注いで良い感じのクラシックなお部屋で、シャンペンも頂きながら、目の前に着物美人、私も素敵な着物を初めてまとい、皆様のご厚意に感謝しつつ、ちょっと遠くまで来たので行楽気分でもあり、最高の土曜日でした口笛

 

       

 


人気ブログランキング

着物で2回コンサートへ

テーマ:

<25th Mar Sat>

家では寝るだけの生活が続いて慌しかった3日間ショック!。水曜日は午前中仕事してからジムに寄って午後ピカデリーサーカスで映画「美女と野獣」を一人で観てる時に程近いウエストミンスターでテロ事件発生ガーン、夜はバレエ・ダンサーのザナイダ・ヤノウスキーのトーク。木曜日は午前中仕事、午後はRAMでザナイダご主人であるバリトン歌手サイモン・キーンリーサイドのマスタークラス。隣のリージェントパークでお花見桜してから夜はロイヤルバレエのミックスビルで立見。金曜日は終日仕事で(ジムには昼休みに行って水泳)、夜は郊外の素人オペラ。久し振りに晴天の今日は着物で素敵なマナーハウスでアフタヌーン・ティ、と全て元気にこなせて満足。どれだけ記事にできるかわかりませんが(マルタ島旅行もあと少し残ってるし)、着物お出掛けだけは全て記録に残しておくことにしてるので、まずはそこから。 

----------------------------------------------

3月は3回着物でお出掛けしてますが、1回目では3月14日のカドガン・ホールのコンサート(ピアノのアンスネス)、2回目は18日のWigmore Hall(ソプラノのパトリシア・プティボン)。 カメラ写真はクリックで拡大

 

  

ありがたいことに着物を頂戴することが時折あるのですが、最近また友人から叔母様の素敵な大島を頂きました。その方のお母様がお縫いになったけれど一度も袖を通してない可憐な着物を私がロンドンで初めて纏うことが出来たて光栄ですラブラブ

    

この重宝な黒い帯は登場回数が多いのでお馴染みでしょうが、この帯はその友人のお母様から頂いたもので、と言うことは、この大島の方とはご姉妹。 そして、実はもう一人のご姉妹からも帯や小物を頂いており、お会いしたことはありませんが、趣味の良い三人姉妹のおかげで豊かさがぐっと増してる私の着物生活。縁あって遠い海外にまで来てくれた日本の文化を大切に伝えていきますね日本

 

   

カドガン・ホールは滅多に行かないけど、大好きなアンスネスですから勿論かぶりつき席よラブ

 

 

    

18日は椿がテーマ。我が家の大輪の椿が盛りですから。 着物の桜柄は無視して頂いて、帯にご注目ください。 この日はお天気が怪しい上にトーチャンも一緒で、ってことは駅まで送り迎えしてもらえないので、無難な洗える着物にせざると得なかったしね・・。

 

   

終了後はWigmore Hallの特徴である舞台裏の部屋でのアーチストとのご対面。 キュートなパトリシア・プティボンと。コンサートのことはあらためて書きますが、この衣装は白雪姫のコスプレです。

 


人気ブログランキングへ