11月16日はSOAS(ロンドン大学アジア・アフリカ学科)へ。数年前はここの三曲グループ(琴、三絃、尺八)に入ってて毎週のように行ってたので懐しい所です。 日本的なイベントだったのでお仲間と着物で。 この可愛い菊柄の白大島と、鮮やかな緑で普通とは縦横が逆の博多献上帯の両方を下さった方もいらっしゃるということで、今日のイベントの趣向にはそぐわないのですが、これにしよっと。 この着物は今年4度目ですが毎回違う帯で楽しんでます(一覧は→こちら)。

 

 

    

                          カメラ小さい写真はクリックで拡大します

 

島根県無形民族文化財益田糸操り人形(→こちら)を拝見できた無料イベントでしたが、修理不要で130年前の人形をずっと使ってらっしゃるのは素晴らしいことです女の子男の子

    

もっと広くて設備の良いホールの予定だったのに諸事情でこちらに変更を余儀なくされたのは残念。もっとも、人形が小さいので、あまり大きな所では出来ませんけどね。

 

義太夫と三味線の方はいらしてなくて録音だったのはもっと残念でしたが、貴重な伝統芸をロンドンで拝見できただけでも幸せでございます。 説明とデモンストレーションもして下さったし。

    

    寿三番叟                         八百屋お七

   

衣装なしだと動きがよくわかります。女性の人形は脚がないそうですが。 人形は一キロあるそうで、長い間操るのは疲れると仰ってましたが、そうでしょうとも。 女性の操り手の方が特にお上手でした。

 

   

お琴はこの二倍の長さがあるともっと絵になるんですけどねえ、、。 

 

 

後ろのスクリーンに英語字幕付きで本格的にやって下さったのは傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段幼い時に別れた親を探す巡礼娘に親だと名乗れない母。なぜ名乗れないのかもう少し説明して下さったらもっと共感できたんですけどねえ・・。などと、文句ばっかり言ったらいけませんけどね

   

山本一流獅子の一曲のユーモラスな動きの獅子舞が大受けゲラゲラ二人の息が合ってないと出来ないし、重そうです

    

赤ワイン終了後にワイン・レセプションがあり、お獅子も来てくれましたしし座  

 

    

シックなお三方の着物姿が綺麗な顔立ちの巡礼娘と良い感じ。

 

実は日本で一番観たいのは人形浄瑠璃なんですが、まだ一度も本格的に観たことがありません。来年春に公演があるかどうか探してみよう。

 

AD

                              カメラ クリックで小さい写真は拡大します。

 

    

11月6日(月)は寒い日でしたが、一つ紋の無地と鶴の柄の目出度い装いでお祝いイベントへ。 星の柄も、キラキラキラキラの宝石にこじつけちゃおうかな。 だって、この日は宝石がテーマでしたからダイヤモンド

 

    

ウエストミンスター寺院のすぐ前のCentral Hall Westminsterは初めてでしたが、さすが官庁街、立派なホールがいくつかある壮麗な建物です。

    

私の下手な着付けで申し訳ないのですが、今日の主役のJちゃんとお母様のS子さん。 大柄な椿の着物は「椿姫さんに椿の着物を」、というありがたいお申し出で頂戴し、この年で私が何度か着てますが、ほ~ら、やっぱり、若いお嬢さんがお召しになるとなんて素敵なことおねがい。 鮮やかな色の菊の刺繍帯もJちゃんにぴったり。

お母様には薄いピンクの訪問着。上品で華やかで、お嬢様とのバランスもばっちり。お二人とも私がいくつか候補を上げた中から選んで頂いたのですが、私のイチオシと意見が合いました。

 

 

髪も私がやった手抜き方法ですが、髪飾りで誤魔化して・・・。 髪も着物も出来るかどうか心配でしたが、うん、なんとかなったかな。

 

Gem-Aのディプロマの授与式で、一人一人舞台に上がってお免状を頂きます。 日本からもたくさんいらしてて、Jちゃんの前に豪華絢爛なお振袖の日本女性6人が舞台に上がって皆さん注目の的でしたが、最後のJちゃんのすっきりした小紋は清楚でチャーミングでした。

 

宝石ブルー詳しくは→こちらをご覧下さいですが、英国宝石学協会The Gemmological Association of Great Britain /Gem-Aは、世界で最も権威のある由緒ある宝石学術機関で、今回も世界中からセレモニーに参加してました。 中国人も多かったです。

 

スコットランドの大学に入ったばかりのJちゃんは最年少に違いないですが、受験勉強の傍らにDGA(ダイヤモンド)のコースのディプロマ取ったって凄いですよね宝石緑

 

お母様も10年前にディプロマを取得され、ロンドンの別の場所でのセレモニーで授与されたのですが、その時の思い出と今回のお嬢さんの快挙で、当然乍らとてもお喜びの様子でした乙女のトキメキ。フィリピン人のご主人も参列された幸せなファミリーの大事な日にご一緒出来たのは光栄でしたラブラブ

   

満月寒いけど表に出て、ウエストミンスター寺院を背景に写真撮りましょう。

       

シャンパンセレモニー終了後は広いお部屋でドリンク。 色鮮やかなお振袖の嬢様たちが華やかを盛り上げて、あらためて着物って良いわあ、と感激。 私たちはうんとシンプルでゴージャスさに欠けますが、「ふーん、こういうすっきりなのもありなのか」、と皆さんに知って頂けただけでも良かったのではないかしらね。

 

     

やっぱりプロの着付けは凄いですね~グッド!。 帯結びがそれぞれ違うんですよ。

皆さんレンタルなさったのですが、朝着付けてからずっとまるで日本人形のような姿で、日中はロンドン観光もなさったそうですよびっくり。  拝見したかったわあ目  

 

AD

    

10月28日(土)の着物お出掛の主役は先週友人から頂いた帯。彼女の趣味のよい叔母さまからのお下がりですが、鮮やかなオレンジ地に色とりどりの見事な菊の刺繍がふんだんに施されてる豪華な袋帯です。合わせたのはほんのりぼかしの入った青海波の地模様の付け下げ。

いつもより更に若作りですが、今日はゴージャスな正装イベントだから目一杯華やかにしなくっちゃねにひひという大義名分が。

 

  

ジェントルマンズ・クラブが多いエリアであるSt. James's SquireEast India Club(→こちら)は去年秋にも着物で行きましたが(→こちら)、この日も同じロータリー・クラブのチャリティ・ディナーで、着物仲間を募って4人で参加。 当然、あちこちで写真撮りまくりますともカメラ。 写真はクリックで拡大。

 

     

日本 イギリスナショナル・コスチューム同士、是非一緒に写真を」、とお願いしたこの男性はお母様がスコットランド人、お父様は日本人のハーフで日本語ぺらぺら。 

 

   

最年長なのに一番派手っちいのは誰だ?てへぺろ

 

   

白ワインディナーの前に広いお部屋でドリンクだけど、私たちは緊張してなにも頂けず・・・

   

他にもお二人、着物の日本人女性がいらして、6人で勢揃桜 

 

     

晩餐会場にぞろぞろと移動。

パスタメニュはシンプルで、ロンドンで一番美味しいというわけではなかったけど、大事なのは雰囲気ですから。

    

去年より大きくてよりゴージャスな部屋で百人足らずが正装でフルコース。スピーチやオークションもあった少々フォーマルなイベントでした。

 

というわけで、お天気も良く、ご一緒した方のフラットでの着付けもスムーズに出来て、楽しい夜でした三日月

 

これが今年35回目の着物お出掛けでしたが、ここまで来たら40回達成できるかも。一覧は→こちら

AD

着物でバレエに

テーマ:

<26th Oct Thus>

連日のお出掛けでブログネタが増える一方なのに、書いてるヒマはゼロという楽しいけど焦る毎日ガーン。 記録のためにこれだけは飛ばさない着物記事を今日はなんとか。

----------------------------------------------

                                    カメラ写真はクリックで拡大します

 

先月からの知り合いの奥様に頂いた着物と帯シリーズ、これで最後です。蜷川マクベスに締めるつもりだった帯(→こちら)を除き、これで全て袖を通したことになります。21日の土曜日。

 

    

格子柄のウール、黄八丈みたいな感じで可愛いでしょ。 いつものオペラハウスですが、こういう普段着っぽい着物だと気分も変わります。

    

写真撮ったのは私には縁のないオーケストラストールを出たところのロビーですが、鮮やかな色の着物が深紅のスペースで映えるし、当日になって運よくリターン切符が拾えたポップでカラフルでおきゃんな「不思議の国のアリス」にもぴったりだったのではないかしら。

 

帯はこないだ白大島に合わせたのと同じですが、前帯の部分に柄が多く出るように上下逆にしてみました。 

                   可愛い花柄の鼻緒の下駄も同じ方からの頂きもの。 

 

このウール以外でS夫人から頂いたのは訪問着(→こちら)、付け下げ(→こちら)、小紋(→こちら)、紬(→こちら)で、全て趣味の良い着物と帯を纏って心弾むことでした。感謝。 

 

尚、シックなグレーの付け下げは私よりずっとお似合いになる方にお譲りしたので、ご一緒するのが楽しみです。着物って、他の方がお召しになってるのを拝見するほうが自分で着るより全身よく見えてワクワクするんですよね。

 

今月は着物お出掛けに頑張り、これが5回目でしたが(一覧は→こちら)、ハイライトは明後日のディナー。 4人でゴージャスなプライベートクラブでしゃなりしゃなりですからね~~花火 

 

<20th Oct Fri>

今日やっとレイトン・ハウス・ミュージアムLeighton House Museum(→こちら)のアルマ=タデマLawrence Alma-Tadema展に行くことが出来ました。おなじみの青い空と大理石と古代衣装のイラスト風の絵ばかりではなく、うんと若い頃の渋い作品もあり、彼の技術の確かさにあらためて感心し、ますます好きになりました。重いカタログも購入。10月29日までやってます。 

その後その近くのジムで泳いで、充実の一週間が終わりました。 週末はずっと家にいてブログ書きに頑張る予定で、先週末のパリのことを一気に片付けたいのですが、その前にざっと今週の着物お出掛けをアップ。 

---------------------------------------------

 

     

今月は頑張ってる着物お出掛け、17日の火曜日は、すっきりした竹の柄の白大島と、ほっこり微笑ましい野菜の柄の帯。 サイズぴったりで着易いです。 

 

     

これで、ピカデリーサーカス近くのギャラリーでの日本人アーチスト作品の展示販売のレセプションに行ってみました。イベントに特に興味があったわけではなく、仲間との着物イベントとして利用させて頂いたようなものですが、素敵なガラス工芸やメルヘンチックな絵など、なかなか面白かったです。

 

私は白い壁が背景で全く映えませんが、他のお三方は濃い色で皆さん素敵。一番後ろの方は主催者。他にもう一人、知り合いが着物でいらしてて、5人着物で賑やかになりました。 

 

 

  

    

イベントのHPは→こちら。 出品作やアーチストについてもここに載ってますが、村山耕二さん(→こちら)のガラス工芸とNaffyさん(→こちら)の可愛い絵が人気でしたが、私に買えるようなお値段ではないのが残念。

 

     

 

乙女のトキメキめっけものはこのギャラリーがあった静かなアーケード。 ロイヤル・オペラ・アーケードって紛らわしい名前ですが、カフェやギャラリーが並ぶ洒落た空間で、「穴場発見!」、と嬉しくなりました。ソフィテル・ホテルの裏側です。

 

へーっ目、ピカデリー界隈も、夜はこんなに素敵なんだ星空

 

   

 

    

 

19日は菊の柄の白大島でロイヤル・オペラ・ハウスへ。昨日に続いて又白大島になっちゃいましたが、これを下さった方もバレエにいらっしゃることがわかったので、着姿をご覧に入れるために急遽に変更したんです。

薄いベージュの帯は先月頂いたうちの一本で、独楽の柄が可愛いでしょ? なんだか春のような色合いになってしまいましたが。

 

これで先月の頂き物シリーズプレゼントもほぼ終了。 これからは実家の箪笥の肥やしシリーズうんちでいきますかね。そもそもそれがロンドンで着物を着始めた動機だったわけですから、原点に戻りましょう。 

今月もう一回、着物のチャンスがあり、今年一番ゴージャスな所ですわよキラキラ