<17th Mar Fri>

昨日はムスメが遊びに来てくれて、お互いの最近の旅行の写真を見せ合いっこ。ちょうど同じ時期にムスメはツェルマットでスキー初体験したのですスキー。 私とトーチャンが33年に泊ったホテルから50メートルしか離れてないホテルに泊ったようです。やはり一番絵になるマッターホルンを眺めながら元気に歩けるうちにウォーキングホリディに行きたいものです。

----------------------------------------------

バレエ3月13日、最後の眠れる森の美女はフェデリコ・ボネリと小林ひかるさん夫婦。フェデリコは大好きなのに、私が好きではない相手役のことが多くて観に行けてないのですが、今回はひかるさんとの見納めになるかもしれない主役共演なので見逃せません。 

3年前にこの二人で同じバレエを観たときは(→こちら)、その時はフェデリコが「わーい、やっとここで二人で踊れたね」、と凄く嬉しそうにはしゃいでいたのが印象的でしたが、今回は奥様をちょっと心配気味に見守りながら、余裕の踊りと演技で素晴らしかったです。 まるで妖精のようで現実味のない若いムンタ君とは違い、フェデリコは血肉の通った大人の男性的魅力に溢れた人間味のある王子様でしたラブ 

 

40歳のひかるさんのオーロラ姫は、そりゃプリンシパルのお嬢さん方のようには足は上がらないけど、とてもエレガントでしっとりした美しさがありました。お得意のローズアダージョは、他の誰よりも長い間バランス崩さずに手を離してお見事。 視線が下向いてることが多くて地味な印象なのが残念ですけどね。

 

  

 

 

二人が手を取り合って見つめ合うと、こちらまで「良かったね~」と嬉しくなりますウインク

 

 

その他大勢の中で、「あっ!、すごーい美男子がいるラブラブ!」、と思うといつもリース・クラーク君なのですが、この日は大きな役で出てて嬉しかったです。長身を生かしたスケールの大きさが良かったです。

 

さて、これで12月から長期に渡った眠り姫を5回観たわけですが、

 

高田茜ちゃんとジェームス・ヘイ→こちら

サラ・ラムとヴァディム・ムンタギロフ(マシュー・ゴールディングの代役)→こちら

マリアネラ・ニュネツとヴァディム・ムンタギロフ→こちら

ナタリア・オシポワと平野亮一→こちら

 

男性は簡単に順位付けることが出来ます。 多分他の人も同じ評価かと思うのですが、①ムンタギロフ、②ボネリ、③ヘイ、④平野さん(あくまでこの役に関してです)。 

女性は、うーん、好みの問題かな。茜ちゃんとひかるさんは拳闘したけどやはり西洋人の役にはハンデがある一方で王女様としてはサラ・ラムがルックスでは得してるし、オシポワは下町の娘風でエレガントさに欠けローズアダージョも上手じゃなかったのでこの役は合わないし、やっぱりニュネツにはなぜか私は惹かれない・・。ってところでしょうか?  ま、バレエ門外漢の私が言うことですから的外れかもしれませんけどね。

 

カップルとしてベストなのはそりゃムンタ君とサラちゃん組。ルックスも完璧だし踊りもケミストリーもグー拍手

 

まさか全部には行かないだろうけど一応切符買っておいたのですが(どちらかと言うと男性ダンサー目当てで)、結局、比べるのも面白くなって、5回共行っちゃいました。 

 


人気ブログランキング

AD

完璧なバレエのプリンスであるヴァディム・ムンタギロフ(→こちら)を観た翌日の3月1日、また眠れる森の美女に行ったのですが、まだ前日の感動が残ってて比べてしまうわけで、全ての面で劣っていると感じてしまいました。

オーロラ姫はナタリア・オシポワ、王子様は平野亮一さんというプリンシパル同士のカップルだったので決して格下ではないのに、要するに彼らが本領発揮できる役ではなかったような気がしました。

 

 

 

 

オシポワはロイヤルバレエで一番人気のダンサーで私も大好きですが、プリンセスらしさに欠けるというのが仲間たちの意見で、たしかに町娘とかコンテンポラリーは素晴らしいけど、この容貌では王女様の気品はなく、私が観たオシポワの中で一番がっかりだったかも。 ジャンプやスピンは抜群の彼女も静止でバランスを取るローズ・アダージョはちょっと不安定で、支える男性ダンサーたちと手を離す瞬間を必死で探っているのが一目瞭然でハラハラ。 今回の眠り姫ランで私が観た4人目のオーロラ姫ですが、高田茜ちゃんとサラ・ラムの方がこの場面は上手だったような。 とは言え、ジャンプは迫力あるし、スピンも凄いスピードなので、ヤンヤの喝采だったのも納得です。

 

平野さんとオシポワの間にケミストリーは全く無かったですが、それは大スターのオシポワとの本格的共演で平野さんが緊張してたのも一因かも。 平野さんは表情も硬く、悩んだり恋したりする演技がムンタギロフに比べると、王子様としてのルックス面で最初から差がついてるのを差し引いても、なんだかねえ・・・。 平野さん、例えば酔っ払いとか個性のある役は良い味出せるしダンサーとしてトータルで劣るわけではないけれど、王子様役ではムンタギロフに敵わないですよねえ。 踊り面でもこの日はエレガントさやジャンプの高さ、全てにおいてムンタギロフに負けてました。 

とは言え、プリンシパルになった今、長身でサマになる平野さんには王子様も回ってくる筈なので、演技面で上達して頂きたいものです。化粧法も研究しつつ。 

ともあれ、こうして比べることが出来るのが同じバレエに何度も行く醍醐味なのであり、この日も行けて良かったとは思いますが、ライラックの精(Helen Crawford)が前日よりもっと下手くそだったのは不満が残ります。 ブルーバードも前日の方が良かったし。

 

 

さて、これで眠り姫鑑賞はあと一回を残すのみとなり、10日後にフェデリコ・ボネリと小林ひかるさんの夫妻共演に行きます。 3年前にも観てますが、結婚後数年を経てどうなってるでしょうか?

 

AD

<30th Dec Fri>

まじかるクラウン叙勲! サー・アンディ(テニス)、サー・ブリン(オペラ)びっくり

今日が仕事収め。イギリスのお正月は素っ気無いのですが、「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします」、とあらたまって挨拶すると一応それらしい気分になれる日本の会社。今年は元旦が日曜日なので明日から3連休なのも嬉しい。そうでなかったら休めるのは元旦だけですから。

----------------------------------------------

昨夜は今年最後の劇場通い。

ロイヤルバレエのThe Sleeping Beauty、2回目のお目当ては私の王子様ムンタ君こと26歳のロシア人ヴァディム・ムンタギロフラブ

実はこの日はマシュー・ゴールディングの予定だったのをマシューがキャンセルして代役がムンタ君だったので思い掛けないボーナスだったんですが(マシューが観られなかったのは残念だけど)、サラ・ラムの方がムンタ君が他の日にお相手するマリアネラ・ニュネツ姐御よりもお似合いだと思うので、この二人で観られて嬉しかったですニコニコ

 

このキャスト表通りであれば(クリックで拡大)、プリンシパルが6人も揃うという豪華なパフォーマンスになったのですが爆  笑、残念ながら大幅チェンジになってしまい、平野亮一さん、高田茜さん、由姫さんという3人の日本人ダンサーが消えてしまったのでしたガーン。 病気ではなく、おそらく他の日の出番との兼ね合いのようで、平野さんと由姫さんは翌日の眠り姫の主役、茜ちゃんも重要な役で出るんでしょう。そんなこと前からわかってただろうにパンチ!、なのですが、ここ暫く毎日(時には昼夜2回)「くるみ割り人形」と「眠り姫」ばかりやってて、ダンサーたちが疲れてるんでしょうね。 きついスケジュールです砂時計

ま、日本人3人が出る予定だったのは当日まで知らなかったので怒りはしませんが、代役はランクが下のダンサーたちだったので、主役以外のパフォーマンスのレベルは落ちちゃいましたダウン

その中でさすがだったのはブルーバードのフランチェスカ・ヘイワード。平野さんと茜ちゃんと同時にプリンシパルに昇格した彼女、今まで良いと思ったことなかったんですが、急に自信と貫禄出てたようなアップ

相手役のキャンベルも今回の昇格組なので、結局この日は新プリンシパル4人全員が予定されてたわけですが、きっと昇格前から決まってたんでしょうね。

23日は王子様だったジェームス・ヘイ君(→こちら)はこの日は脇役でしたが、いつも通りピリッとシャープで好感度高し。

でも、王子様役ではヘイ君はムンタ君の足元にも及ばないかな、やっぱりしょんぼり

 

それだけムンタ君が素晴らしかったわけですが、長身で見映えがする上に、スケール大きくて迫力があるのよね。ジャンプも身のこなしも本当にエレガントでチャーミングな王子様そのものだわ。うっとりラブラブ!キスマーク

王子様は終わりの方にしか出てこないので、それまで(立見なのに)少し居眠りしながら辛抱強く待った甲斐がありました。

サラ・ラムも可愛いだけじゃなく、ローズ・アダージョもぐらつかずこなして立派でしたグッド!

 

            

ムンタ君の眠り姫は来年2月にまた行く予定で、舞台横の席といつもの立見と両方持ってるのですが、どっちにしようかなあ。正面立見はご覧の通り写真には抜群の角度なのが捨てがたいけど、たまには近くから観たいし・・。よーし、いつか正面からまじかに観る席を奮発するかDASH! バレエはオペラの半額だから、ちょっと無理すれば買えるさ。

 

今、今年のオペラやバレエに行った回数を集計中ですが、ムンタ君のせいでバレエの回数は増えた筈。

 


人気ブログランキングへ

AD

高田 茜さんの眠れる森の美女

テーマ:

<24th Dec Sat>

まじかるクラウン女王様ご夫妻、風邪が完全に治ったかどうかわかりませんが、昨日、一日遅れで毎年クリスマスを過ごすノーフォークに、電車の代わりにヘリコプターでいらしたようです。 昨日からクリスマスを家族親戚で過ごす人たちの帰省ラッシュが始り、一年おきにボーイフレンド君ファミリーの大規模な集合にクリスマスに参加するムスメは車できっと大変な目に合いながら遠いヨークシャーまで行った筈。 対照的に私はのんびりできて、12月は中旬からほぼ毎日仕事だったけど昨日は休んで、只今クリスマス5連休中。今年のクリスマス・ディナーはオニーサン夫婦の番ですから、明日は上げ膳添え膳。 なので、今年はクリスマスツリーも飾らず、楽ちん楽ちんクリスマスツリー 

----------------------------------------------

くつ12月23日、ガキンチョだらけのロイヤルオペラハウスにバレエのマチネを観に行きました。 正面立見で9ポンドというお得な切符ですが、やや遠いものの、正面からだと全体の意図がよくわかるし、写真もばっちりチョキ

 

このプティパ振付の眠れる森の美女The Sleeping Beautyは、今年ロイヤルバレエにとって70周年にあたるそうで、来年3月まで数チームで20公演と賑やか。私もつい5チーム分買ってしまいましたが、昨日はその最初で高田茜ちゃんとジェームス・ヘイ組。

7年前にまだ十代で入団した時から仲間たちと「この子はきっと出世するよね」と見守ってきた茜ちゃんがついに今シーズンからプリンシパルに昇進してから初めて観るのですが、期待通り、しっかりとしたテクニックに加え、余裕と貫禄たっぷりの素晴らしいオーロラ姫でした。

↓ キャストはクリックで拡大してご覧下さい

でも、今日の目的はご贔屓のジェームス・ヘイ君ラブ。準主役や脇役では群舞でも光ってるヘイ君にいつも私の視線は彼に集中するのですが(トーク・イベントにも行きましたよん→こちら)、シャープで素晴らしいけれど小柄で細くて軽い感じのヘイ君が主役の王子様をやる日が来るとは、正直、期待してなかったので、今回の眠り姫で一番心待ちにしてたパフォーマンスですドキドキ

いつもの溌剌としたケイ君、文句なしにチャーミングな王子様でしたが、特に嬉しそうな表情が印象的でした(双眼鏡でしっかり観ましたともニコニコ)。 ヘイ君、良かったね~。これからも主役を色々やらせてもらえていつかプリンシパルになれるといいね。 

バレエには疎い私、専門的なことはなにも書けませんが、その代わりに写真をたくさん載せときますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと行く予定にしてるのは、順番にムンタギロフ(ゴールディングの代役)とサラ・ラム、ムンタギロフとニュネツ、オシポワと平野さん、小林ひかるさんとボネリ夫婦。 3月に全て観終わったら比較もできるでしょうか。

 

しかし、ブログで「バレエ」というカテゴリーはあるけど、鑑賞数がこれだけ増えたら、そろそろオペラやコンサートのようにまとめ一覧を作ろうかとも思ってますが、とりあえず、先回2014年3月の眠り姫の時の記事はこちらです。 そうそう、オシポワがキャンセルしたし、ひかるさん夫婦共演はすでに観たんだったわ。

ウインク ひかるさんご夫婦 こちら

ショック オシポワ降板/由姫さん代役 →こちら

 

 

 


人気ブログランキングへ

<8th Dec Thus>

ちょっと前までは同じオペラを何度も観に行ったのに、最近はマノン・レスコーのスルー、アラーニャ降板によりトロバトーレは一回だけ等々でご無沙汰気味のROHですが、一昨日はバレエ「くるみ割り人形」The Nutcrackerをトーチャンと観に行きました。

 

これが始まるとクリスマス気分になるという人も多いけど、私は特にそんな気にもなれず、正直、かなりうんざりしてます。特に前半はほとんど踊りらしい踊りもなく退屈で溜まりませんシラー

 

じゃあ、なぜ又行くのだ??

 

って、それは、勿論、ムンタ君ことヴァディム・ムンタギロフを観たいがために決まってるでしょ!!

 

立見席だったので前半はストレッチしたりよそ事して心ここにあらずでしたが、後半しばらくしてやっとムンタ君が登場してからは、ガバっと双眼鏡を取り出して、「きゃわいい~、きゃわいい~恋の矢」、とニヤニヤしながらあっと言う間。

今日のお相手はマリアネラ。トーチャンが「女性の方が年上だよね?」、と見れば誰でもわかるコメント。 ムンタ君って年上女性に受けがいいのよね。

 

 

 

プリンパルに昇格したのに、平野亮一さん、まだこんなちょい役踊らなくちゃいけないの?ポーン

 

この役は女性ダンサーを担ぐのが重要なんですが、カーテンコールでまで担がなくちゃいけないの? 顔が見えないんですけど・・。 でも、隣のロイヤルバレエ美男子ナンバーワンのリース・クラーク君が顔が見えて良かったラブ

 

ナットクラッカー役のルカ・アクリ君のお母さんは日本人日本イタリア(お父さんはイタリア人)。

 

クリックで拡大します。

 

 

金髪カツラが違和感あったけど、私のバレエの王子様まじかるクラウンはこういう浮世離れした王子様役がぴったりでふんわりウイング、現実生活にくたびれてるオバサン(私のような)に夢を与えて幸せにしてくれるオーラ全開ラブ

 

 

 


人気ブログランキングへ