<9月13日(火)>

ROHの長い夏休みが終わり、昨日新シーズンが始まりました。早速k行ったのですが、オペラではなくてオペラ歌手(ルネ・パーペ)のトーク・イベント。それは又あらためて書くかもしれませんが、今日はまだしつこくサルディニア旅行についてです。これが最後ですが。

----------------------------------------------

夫婦で飛行機に乗ると窓際はカメラを構えるトーチャン専用ですが、トーチャン抜きの今回は行きも帰りも飛行窓際に座り、外の眺めを楽しめました。

カメラ私のボロいカメラと腕前ではろくな写真は撮れませんが、クリックで拡大しますのでご覧下さい。いえ、拡大しなくてもイギリス南部とサルディニア島の違いはわかって頂けるかと。


オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

                 イングランドはどこも緑で、やっぱり美しいキラキラ


オペラ三昧イン・ロンドン
ガトウィック空港を出るとあっと言う間に海峡で、ドーヴァーの白い崖に感激ラブラブ


  オペラ三昧イン・ロンドン


思い出せば37年前の大学時代、はじめてイギリスに着いたのはフランスからのフェリーだったんですが、段々近づいてくるドーヴァーの白い崖に「ああ、本当にイギリスに来たんだ・・・」と熱い想いを抱いたことをよく覚えています。


一応大学ではイギリスの文化などを専攻していたし、子供の頃に夢中だった1960年代ポップ音楽ではイギリスが世界の中心だった頃からの憧れでしたもん。まさか、その時はここにお嫁に来るなんて思ってもみなかったですけどね。 

 

などど感慨に耽っているとすぐにヨーロッパ大陸なんですが、フランス上空にいる間はうとうとと居眠りしちゃいました。今朝家を出たのが朝5時だったから無理もないでしょぐぅぐぅ


    飛行機  

    飛行機


オペラ三昧イン・ロンドン        オペラ三昧イン・ロンドン


目が覚めたら地中海で、あら、サルディニア島に着いたみたい。

目指すカリアリ空港は島の南端なので、四国くらいの大きさのサルディニア島を縦断。海は所々ターコイズブルーではっとする程きれいだけど、内陸は薄茶色で荒涼としてます。


あ、何か採掘もしてますね。


オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
行きはBAでガトウィックから、帰りはイージージェットでスタンステッドでどちらも超満員。飛行時間は2時間半。帰りは大した景色はなかったのですが、変化に富んだ午後の雲海がとても美しかったのでうっとりしながら、楽しい海水浴の思い出を胸に・・・。


慎重を期して早目に空港に着いたにも拘わらず、空港で間違った列で長時間待ったりして結局搭乗するのがドベになってしまい、早い者勝ちの格安便ではPrimroseさんとは一緒に座なかったんですが、一人でゆったり窓外を眺めらるのも良いものですね。一つおいた隣の席には私好みの長身金髪碧眼北欧系の若い青年もいたしねべーっだ!

              人気ブログランキング    飛行機

AD

<9月11日(日)>

叫びあの日から10年。誰でも「あの日、自分はXXしてた」と覚えていることでしょうね。私は会社にいましたが、アメリカと同じくらい憎まれているに違いないイギリスも同じように攻撃されるかもと怖れて、シティでも高層ビルで働いている人たちには警察から避難命令が出ました。私の会社は該当しなかったのでそのままいましたが、もちろん仕事なんか手に付きませんでした。そして、その日からアルカイダのテロ行為に脅え、規模は怖れていた程大きくはなかったものの、2005年7月7に地下鉄とバスの同時テロ爆破が起こったわけです(→こちら

----------------------------------------------


9月1日から4日までのサルディニアのレストラン編。      カメラ写真はクリックで拡大します。


トーチャン以外の人と行く旅行はこれが楽しみなんですが、昨年同様、ご一緒したPrimroseさんがあれこれ調べてレストランも予約して下さり、更に楽しみ倍増。


東洋人など他に全くいなくてただでさえ目立つのにレストランで写真は撮り難かったですが、イギリスに住む私たちには何を食べても美味しくて、さすがイタリア。どこでも当然、なるべくサルディニア風を選びました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


食パンコーヒー朝食


ホテル(Simius Playa Hotel→こちら )でビュッフェ式でしたが、半野外なので爽やかな気分で、フルーツなどもどっさり美味しく頂きました。
オペラ三昧イン・ロンドン
オペラ三昧イン・ロンドン


         オペラ三昧イン・ロンドン

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


オペラ三昧イン・ロンドン
ナイフとフォークチーズランチ


最初の日はホテル到着直後だったので慌ててホテルのお庭にあるあづまやに駆け込みましたが、閉店間際だったのであまり残っておらず、写真も撮らず終い。


翌日はビーチにあるレストランに行ってみましたが、窓から海が見えるし、雰囲気グー船


①迷わず二人でサルディニア名物のカラスミ(Bottarga)・スパゲッティ。カラスミが細いパスタ全体にたっぷりまぶしてあるだけの素朴さで、オイル気もなく滑りが悪くて食べ難かったですが、窓の外はすぐ海ですから潮の香りもして美味しかったです。

②ビーチに他のレストランはほとんど無いので、次の日も同じお店に行き、昨日他の客が食べてて美味しそうだったピザを注文。ルッコラ、パルメザンチーズ、ハム、トマトソースのピザは二人で一枚で充分のボリューム。生野菜サラダと。

オペラ三昧イン・ロンドン  ①    オペラ三昧イン・ロンドン


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ワインディナー


最初の夜はまずはホテルのレストランに行ってみましょう。レストランとしても評判が良いらしいので。


オペラ三昧イン・ロンドン        オペラ三昧イン・ロンドン


毎日朝食を頂くのと同じ所ですが、夜になるとロマンチックな雰囲気に(このホテルの夜はどこもロマンチック恋の矢)。トロピカル植物の近くに座ったけど、蚊も出ず、生温かい空気がロンドンでは経験できない貴重な感覚。


まずはサルディニア名物のdog-fishしっぽフリフリフグ? サメ科だそうです)。珍しい歯ごたえと美味しいナッツソースが美味。


メインは、Primroseさんはスパゲッティ・ボンゴレ、私はサルディニア名物のパスタ。幅広いパスタが輪っぱになってるどっしりパスタはソースも深い味で美味しかったのですが、冷めてたのが大減点。 私はなんでも熱いのをフーフーしながら食べるのが好きなのに。


ワインはサルディニア名産のVermentino di Sardegnaをグラスで。飲みやすい白ワインでした。


お腹が一杯になったし全てちょっと濃い味だったのでデザートはパスして、最後はミントティーでさっぱり。


オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン



二日目は、Primroseさんが予約して下さったレストランは海辺ではなくちょっと離れた所にあるVillasimiusの街にあるので、夕暮れ時に一本道を延々と歩いて行きました。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


薄茶色の乾いた風景は荒涼としてサボテンも生えてる。別荘地らしいんですが、同じようにこぎれいな家がまとめて建ってて一見不況なんかどこ吹く風って思うけど、でもよく見ると建設途中で見捨てられた家が結構あり。やはり厳しい状況なんだ。

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


ホテルから歩いて30分、この街ではおそらく一番有名なRistrante Carbonara(→こちら )に到着。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

食パン薄くてパリパリとしたパンはどこでも必ず出されるんですが、ここのが一番美味しかった。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン

Primroseさんの前菜はアサリとムール貝のトマトシチュー、私はありふれたメロンと生ハム

二人でメインの魚グリルの盛り合わせと野菜グリル、デザートのレモンチェッロのシャーベットをシェア。


ワイン白ワインCrabilis Vermentino di Sardegnaのハーフボトルはほとんど私が飲みましたが、がぶ飲み用でしょうか、軽くてすっきり。




オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

Villasimiusは、想像してた素朴なリゾート・タウンではなく、洒落たブティックなどが並ぶ素敵な所で、この日は夏祭りだったらしく、通りには屋台がたくさん並び、広場(駐車場かな)では生のカンツォーネに合わせて盆踊り もやってましたカラオケ  ジェラートを歩きながら食べる東洋人はちょっと視線を集めたかもソフトクリーム

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


リストランテ・カルボナーラは素朴でありながら全てきちんと上手に料理されてて全て美味しかったので、次の日も又行きました。新鮮な生魚が盛ってある大皿のエビはまだ生きてて動いてました。


二人とも前菜は前夜隣のテーブルの人が食べてておいしそうだったスパゲッティ・ボンゴレ&カラスミ。


メインは魚のフライの盛り合わせと昨日と同じ野菜のグリル。デザートはサルディニア名物ののお菓子Sebadasで、パイ生地にチーズを詰めて揚げてハチミツをかけてあります。チーズとハチミツの珍しい組み合わせですが、熱々で美味しかったです。


ワイン昨日のとよく似た白ワインCostamolino Vermentino di Sardegnaのハーフ・ボトル。


オペラ三昧イン・ロンドン        オペラ三昧イン・ロンドン


最後に紅茶を飲んでゆっくりしてから通りで又ジェラートなめてたらソフトクリーム、あら大変、帰り道はゴロゴロ雷  ピカっと凄い稲妻も雷 

早足でホテルに戻り、なんとか本格的に降り出す前に到着してぎりぎりセーフ。ホテルのバルコニーからピカピカゴロゴロ、サンダーボルトも楽しんで、最後の夜はエクサイティングに更けていきました。

翌日も朝から雷雨。ロンドンに帰るだけなので構わないのですが、昨日一昨日がこんな天気でなくて本当に良かった。


サルディニアはこれでお終い、と思ったのですが、もう一回おまけ記事をアップするかも。



                    人気ブログランキング   チーズ

AD

<9月9日(金)>

今週は仕事が忙しかったのですが、頑張って毎日ジムにも行ったわDASH! 昼休みにだから充分な運動にはならないでしょうけど。

夏のバカンス記事を書いてる間は夏の気分なので夏らしい格好で会社に行ったら、晩秋の風情のロンドンではしっかり浮いてしまったわ。来週からは秋の装いをしなくちゃね。

----------------------------------------------

                                カメラ写真はクリックで拡大します


Hotel Simius Playaは、目の前がビーチというのが最高で、ホテル宿泊者専用のプライベート・ビーチもありました。デッキチェアは有料で、二人用で一日有効の最前列が40ユーロ、2列目が25ユーロ、3~5列目以降は20ユーロと、まるでオペラハウスの客席みたいな値付けなのが笑えましたにひひ

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン    

二日間デッキチェアを利用したんですが、最初の日は2列目にしたら、目の前に若くてピチピチの人(男性でも女性でも)がいたら目の保養になって万々歳なのですが、残念ながら年老いた夫婦むっ (日本じゃ老人は海水浴になんか来ないでしょうが、西洋では爺さん婆さんが平気で裸の醜態さらしてるのよね、やだやだ)


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


なので、二日目は最前列を奮発したんですが、その甲斐は充分あり、目の前を現地の若いこんがり男女がパレードするのをデッキチェアで寝そべりながら鑑賞し、こっそり写真も撮ったりしてカメラ。 でも、あ、折角すらっとしたハンサムが通り掛ったのに、カメラを構えるのが遅れて後姿しかキャッチできなかったわあ、チェップンプン


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

            白い砂浜と透き通った青い海が美しい~~ったらキラキラ

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


遠浅で、彼方に見える船は海水浴客を海で泳げるように沖まで運ぶのが目的だったようですが、私たちは自力で船が停泊してる辺りまで行きましたよ。なんせ、ロンドンからビート板持参しましたからね。


写真を撮り損ねましたが、ただでさえ珍しい東洋人が野球帽にサングラス/水中眼鏡、ビート板という異様な格好で海の中に長い間漂っているわけですから、さぞや目立ったことでしょう。


でも、去年も大成功でしたが、ビート板の波乗りはとてもお勧めです。Primroseさんと二人で離れたり近づいたり、時にはお喋りしながら、一時間近くもビート板に掴まって波に身を任せ、ゆらゆらプカプカ。ちょっと深いところは美しいエメラルドグリーンで、うねる海面を見てるだけでも気分最高アップ


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


赤旗が示す通り、高波で危ないよという日だったので海水浴には適さないでしょうが、波乗りビート板の私たちにはお誂え向けだったし、波打ち際でサーフィンしてる人たちもいました波

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


長い間ビート板に掴まってると首と肩が疲れるので浜辺で時々休憩するんですが、デッキチェアに寝っ転がってるだけじゃ勿体ないので、お散歩に行きましょう。


生っ白いホテル客ばかりのプライベートビーチよりも、真っ黒に日焼けした現地の家族が来ててビーチパラソルもカラフルな公衆ビーチのほうが賑やかで面白いですもんね。「あ、東洋人がカメラを持って歩いてる、こんな所で変なの~えっ」、と注目集めたかもしれないけど。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
抜けるような青空ではなく薄曇りだったのも幸いでした。甲羅干しするために来たわけではないし、ギラギラ照りつけられたら北国で日射には慣れてないお肌が心配ですから。


というわけで、一番の目的である変型海水浴は、理想的なコンディションでお肌もそう痛めずに楽しめて大満足でした。ピースチョキ

(サルディニア島旅行、あとはレストラン編を残すのみです)


     人気ブログランキング  晴れ

AD

<9月7日(水)>

グレーで肌寒く、すっかり晩秋の風情のロンドンで、サルディニアの暑さと素敵なホテルに思いを馳せながら旅行記をアップするのは楽しいわん

---------------------------------------------

                                   カメラクリックで写真は拡大します


サルディニア島の南東にあるカリアリ空港Cagliariから車で一時間のシミウスSimiusというリゾートに行き、イタリア旅行の大ベテランであるオペラ仲間のPrimroseさんがネットで見つけて下さった素敵なSimius Playaという4ツ星ホテルに9月1日から3泊しました(ホテルのサイトは→こちら )。


ホテルのすぐ前がビーチというのが最高でしたが、世界的に有名なリゾート地ではないせいか、雰囲気の良い割にはお値段はリーズナブルで、ツイン部屋一泊朝食付きで185ユーロがま口財布 


白を基調としてさっぱりと清潔、ゴージャスな雰囲気も漂う49室のこじんまりしたホテルで大満足クラッカー 全て英語表示もあったのは、圧倒的に多いドイツ人滞在客用ででしょうか(英語圏の人には出くわさなかったです)。


オペラ三昧イン・ロンドン      $オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

                                      Primroseさんブーケ2


$オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

   ランチは芝生の庭のあずまやで


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン トロピカルガーデンに囲まれた屋外プールでガシガシ泳いでいたのは私だけガーン ジムじゃないんだから・・・


でも、プールの底に太陽の光がキラキラして、ジムで泳ぐのよりずっと気分良かったですニコニコ


泳がなくてもこんな青くて素敵なプール、見てるだけでも気分良いんですが、プールの廻りに色んな椅子が置いてあり、私たちは籐の長椅子に寝そべって昼寝したり読書したり・・・ぐぅぐぅ本 

                     極楽極楽虹



オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン
ドアお部屋にもどうぞ。


3階建てで、私たちの部屋は(日本風に言うと)2階。エレベーターな無いけど、荷物はポーターが運んでくれるので問題ないし、部屋自体は普通だけど、なんと言っても素晴らしいのはバルコニーからの眺めキラキラ

たっぷりの緑とプールでリゾート気分が高まりますアップ


籐の家具は南国ムードで、収納スペースも充分あり、快適なスペースでした。


オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


半月

夜になると、プールサイドは控え目に灯りが点ってとてもロマンチックな雰囲気に一変し、プールの中の照明は数秒毎に色が変わって幻想的流れ星


バーでトロピカル・カクテルなんぞ飲みながらカップルでロマンチックに過ごすには最適ですカクテルグラス恋の矢


色が刻々と変化する中で泳ぎたかったけど、プールは7時で終わりだったのは残念。ま、はあはあ泳いでる人がいたら折角のムードがぶち壊されて目障りだからでしょうけど。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


ナイフとフォークレストランもムードがあって素敵でしたが、レストラン編でご紹介しますね。


                     人気ブログランキング  波

<9月5日(月)>

もうすぐ日本ではじまるボローニャ歌劇の3作品、結局主役テノールが3人ともキャンセルしちゃいましたね。フローレスとカウフマンは体調不良(言い訳かも)、そしてリチートラはなんと交通事故死叫び。リチートラはROHでは「運命の力」と「トスカ」に出てくれましたが、仲良しの丸ちゃんアルバレスとの共同リサイタルも私にはお馴染み。個性には欠けるけど、実力ある正統的なイタリアン・テノールでした。合掌あせる

---------------------------------------------


サルディニア旅行記、なにから始めようか迷った結果、綺麗なビーチや素敵なホテルの写真をまず見たいと期待してた方には大変申し訳ないのですが、私のバカンスお洋服備忘録からスタートしちゃいましょう。お目汚しでしょうが、一番手っ取くアップできるしね。  (写真はクリックで拡大)


ワンピースサンダル

トーチャンとの旅行は、空港で無駄な時間を過ごさないようにとの命令で手荷物しか持たせてもらえないので、着るものは機能面重視で且つ着回しできることがポイントになってつまんないんですがむっ、今回のようなお洒落な女友達とのリゾート旅行は大きな洋服選びも楽しみの一つニコニコ


たった3泊なのになんでそんな大きなスーツケースなんだ!?えっ、と呆れるトーチャンを尻目に必要以上にワクワク服とサンダルを詰め込んで、結局使わなかったものもいくつかあるけど、北国イギリスで着る機会のない夏服を着られたことが嬉しかったです。


ほぼ一日中水着を着てるビーチ・リゾートで、洋服は朝と夜しか必要ないんですが、


ワインナイフとフォーク

まず、レストランでの夕食で着た3着。

夜は肌寒いかもと思って、ショールやカーディガンも持ってったんだけど、全く不要で、夜遅くまで結構蒸し暑かったです。

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

最初の夜はホテルで食べましたが、なかなかゴージャスな雰囲気のレストランなので、ドレッシーに。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
 次の日は街まで30分歩き、散策がてらのカジュアル・コットン。


うわーっ、白とピンクで少女趣味!こんなの海外でしか着られないわね、オバハンは。

 3日目も又街までブラブラと。


ロンドンでは黒いスパッツを合わせる黒地に白ドットの綿ニット、ここでは暑過ぎるしレギング履いてる人もいないので、短ワンピで涼しく過ごしましょう。



コーヒーバナナ

お次は、朝食やちょっと散歩したりするときのお昼のカジュアル・ウェア。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

実家の父親が大昔に買ってくれたハワイ土産のTシャツ。Tweety Pieじゃなくて、イタリアでも大人気のキティちゃんだったら受けるのに・・。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

ミニスカートの下は短パンになってるので、お行儀悪くても安心。



 オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

ロンドンに帰る日は長ズボンが必要。後からどんどん更に重ね着するんですが。

因みに、早朝にロンドンを発ったときは、ジーンズのジャケットの下にあれこれ4枚、このズボンの下にレギングも履いて、もちろんスカーフも巻いて、という重装備でした。


オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

ホテルからビーチまで、水着の上に一枚羽織らないとね。脱ぎ着の簡単な落下傘綿ワンピを同じデザインで2枚。

  
オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

おまけは、一応記録として水着を。両方共、スカートを履けば洋服として着られて便利な水着なんです。恥ずかしいのでサングラスして、これだけはクリックしても拡大しませんので。



オペラ三昧イン・ロンドン

おとめ座

最後に、大年増の私だけではナンですから、若くて可愛らしいPrimroseさんに登場して頂きます。

去年のペスカーラに続き、リゾート探しからレストラン予約だけでなく細々としたことまで全てやって下さった旅のエクスパートのPrimroseさん、本当にありがとうございました。

おかげで、又とても楽しい夏のバカンスを過ごすことができました。



    人気ブログランキング  ヒマワリ