<25th Jun Sat>

叫びEU離脱騒動で国中大変なことになってる中、私の(主に仕事で)忙しい一週間も終わりました。

予想外の離脱を選択したからには、短期的に勿論色んな問題が起こるでしょうけど、大きくなり過ぎて問題あり過ぎのEUを離れる機会が与えられたのは幸いだと思うし、イチかバチかではあっても将来もっと良い国になれる可能性があるのは良いことでしょう(投票権があれば離脱に一票投じてました)。

ショック!このパニック状態が収まり頭を冷やしてからが正念場なわけですが、政治家だけに任せず、国民(私のような在住外国人も含め)が一丸となって良い社会を作る努力をしようという気運が高まればいいなと実際には正反対の事態になっていて、罵り合ってますが)。国民投票のやり直しを求める嘆願が2百万以上以上に達したそうですが、たしかにこんな重要な決定をあんな僅差で決めてしまうのも危険でしょうから、世界中の恥さらしになっても、もう一度皆でじっくり考えるのもありかもですね。ともあれ、一連の出来事は政治すなわち自分たちの状況や生活について考えて討論する素晴らしい機会で、民主主義のあり方を含め、世界中から注目を浴びながら頑張らなくてはDASH!

でも、このニュースばかりで正直うんざりしてるので、私は楽しかった日本一人旅を思い出しながら逃避して、最後の滞在記をアップします。

-------------------------------------------


   

イギリスに戻る前日の6月6日は、歌舞伎座で義経千本桜の第一部と第二部を続けて観てから、夜は文化会館で歌曲リサイタルという、楽しいけどtoo muchかもしれないスケジュールになりました。時々オペラを一日にふたつ観たりすると頭の中ぐちゃぐちゃになっちゃいますから。


でも、幸いと言うか、残念ながらと言うか、歌舞伎は喋ってる場面が多かったので、リサイタルに行く前に音楽で頭の中一杯という事態にはなりませんでした。2週間予定がびっしりでさすがに疲れていたのか、ウトウトしちゃいましたけどね。 



     

   

   

滞在中、ご一緒した方たちが着物でいらして下さったのですが、今日も第一部にご一緒したK子さんの素晴らしいアジサイの帯を拝見できました。この季節、歌舞伎座であっても着物姿は少ないですから貴重です。

この鮮やかな水色の無地の単衣も素敵ですね。私の好みどんぴしゃドキドキ



 
第二部は音楽仲間と3人で一緒に観てから、私は初めての上野の東京文化会館に連れてって頂きました。

小ホールでの待ちに待ったクラウス君(クラウス・フロリアン・フォークト)の水車小屋の娘アップ 

最前列ど真ん中という理想的な席が手に入ったのは、ブログ縁の方がご親切にもセット券を電話で真っ先に買って下さったからで、どれだけありがたかったか。ブログやってて本当に良かったラブラブ

目の前で歌うクラウス君は歌もビジュアルも素晴らしくて、ずーっと感激しっぱなし。時折回りを見渡すとたくさんの日本人がうっとりとなさってる表情が見えて更に嬉しさ倍増。今まで聴いた沢山のリサイタルの中でもこれはベストの一つで、これを聴いてる間は「嗚呼、これを聴くために私は日本に来たんだわ」、とあまりの幸せに頬っぺたつねりたくなりました。

恋する若者のこの歌は明るく澄んだ声のクラウス君にはぴったりで、もうこの曲は他の歌手では聴きたくないですビックリマーク

素晴らしい雰囲気の中でアンコールも歌ってくれたし、日本語で少し喋ってくれたクラウス君は実にチャーミングで当然ますます惚れちゃいますよねキスマーク

写真を撮るには絶好の位置で、きっと素晴らしい写真が撮れただろうにそれが出来なかったのは残念でしたが、クラウス君の嬉しそうなカーテンコールの表情をしっかりと瞼に焼き付けました。一生忘れません、このリサイタルは恋の矢

終了後は楽屋口のサイン会へ。数人のお仲間と楽しくお喋りしながら順番を待ったのも楽しかったです。椿姫さんですね、と声掛けて下さった方もいて充実した待ち時間でしたが、「サインは一つだけ、写真はご遠慮下さ~い」、としつこく繰り返す係員の言葉にはがっかり。日本では当たり前の禁止らしいですが、本人が駄目だって言ってるんじゃない限り、写真くらい構わないのにね。ケチむっ

で、私の番が来て、「ROHにはルル(→こちら )以来いらして下さらなくて淋しいわん。沢山のファンが待ってるから、来て下さいよね!」、と言ったら、「ロンドンからはお誘いがないんだよ」、って。パッパーノさん、何してるのよパンチ! ルルも大将が振ったし、その後にカドガン・ホールの「大地の歌」でも一緒にやってるのに、なんでその後ずっと放っておくんですかッむかっ



      

サイン会の写真は、係員の目を盗んで撮むのも当たり前みたいで皆さんやってたので、私もトライしましたともべーっだ!

慌ててたので上手には撮れませんでしたが。



      

でも、そんなに焦って頑張らなくてもいいんですね。優しいクラウス君はサインをもらう順番が済んだ後も外で待ってるファンのためにポーズ取ってくれました。これが冬だったら辛いですが、こうして余韻に浸りながら同じ想いの方たちと一緒に待つのも気分が高まります。





厚いジャケット着て、その上さらに革ジャン持ってるって、さすが北ヨーロッパから来た人だけど、その気持ちわかります。 実は私も夜寒くなるかもと思ってずっともう一枚羽織るものを持ち歩いていましたから。


                      

    

というわけで、日本到着翌日にローエングリン(→こちら )、イギリスに戻る前日にリサイタルを聴けて、どちらも素晴らしかったし、これに合わせて日本に行った甲斐は充分ありました音譜

温泉にも2回行けたし、歌舞伎や落語、友人とのお喋りと毎日楽しい楽しい日本滞在グッド!、来年の秋に又クラウス君がタンホイザーで来日してくれますからね、又行こうかな、と目論んでます。


音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

今回のお一人様日本旅行で2回あった週末はどちらも温泉旅行でした。


浜名湖舘山寺の修学旅行のような5人の女子同窓会もわいわいと楽しかったですが(→こちら )、6月4日と5日は若い美人のT子さんと伊豆でしっとり、夢のような時を過ごしました。


能舞台のある修善寺の老舗旅館あさば(→こちら )は5百年以上も続く有名な高級旅館ですが、古いのは門構えと能舞台だけで、旅館自体は新しくシンプルでゆったりとした空間でした。 高級な割には若いカップルも何組かいて客層はごく普通の感じだったのは意外でしたが、パブリックスペースはゆったりしてるしお風呂も混んでないので基本的には自分たちだけでゆったりできたのはなによりの贅沢。


趣のある能舞台では能だけでなく年間で数回色々なイベントが催され、その時は予約がとりにくいでしょうし、自動的に値段も上がってしまうのですが、私たちはラッキーなことに10人くらいの団体さんが雇った和太鼓グループの演奏を無料でご相伴でき、地元の十数名の若い男女の迫力あるパフォーマンスをお部屋から楽しみました。


私たちのお部屋は2階の曙(あけぼの)という一番安い部屋でしたが、部屋から池に浮かぶ能舞台を見下ろす最高の眺めが新緑に映えて清清しかったです。紅葉の季節がおそらくベストなのでしょうが、6月上旬はちょうど近くの河原の「赤蛙公園」で「ほたるの夕べ」が開催中で、初めて見る暗闇に舞う無数の蛍の光の綺麗だったこと。


温泉お風呂は4箇所あり、野天風呂、大浴場、貸切風呂2つ、もちろん全てゆっくり入って日本にいる幸せをかみ締めました。


割り箸お部屋で時間を掛けて頂いた鮎を中心としたお食事ももちろん極上で、ちょっとお行儀悪いけど途中で時折立ち上がって、黄昏ていくお庭を窓から眺めるのも風情ありました

こじんまりした修善寺はお寺や神社、竹林などがあり、宿を出てから散策するにはちょうど良い街でした。

カメラ私の拙い文章よりもたくさん撮った写真であさばの素晴らしさを感じて下さいませ。小さい写真はクリックで拡大します。


     


    

 



    


    


 


   

   

            
 
   

               

    

   

      







       

  

    


    



                 

     


    

      

    




    



人気ブログランキングへ




AD

<18th Jun Sat>

昨夜カドガンホールでかぶりつきで聴いたドン・ジョバンニのコンサート、時差ボケからは完全に抜けて筈なのに、仕事が忙しかったので疲れたのか、それともパフォーマンスのレベルがROHのドンジョバとは比べ物にならないレベルだったせいか、眠気に勝てなくて・・。明日のウェルテルの初日はグリゴーロとディドナートだからしっかり楽しめる筈だけどね。

-------------------------------------------


今回は日本に着物は持っていかなかったのですが(荷物になるのと、この季節に歌舞伎座に行けるような着物を持っていないので)、食事や歌舞伎、コンサートにご一緒した方々の初夏の清々しい着物姿を楽しませて頂きました。


    

6月1日は日本橋のお寿司屋さんでのランチの後、しっとりした色合いの着物姿が美しいお二人と銀ぶらにご一緒して効率よくリサイクル着物屋さんに案内して頂き、私はバッグと髪飾りを買いました。


6月2日の夜は人形町の日本料理屋さんで元ロンドン在住の奥様たちと5人で会食。ロンドンでオペラに着物で何度かご一緒した方がこの日も着物でいらして下さいました。季節限定のアヤメの帯は今しか拝見できませんから貴重です。


     



そして、今回一番お世話になったのは銀座もとじさんの奥様。 

オペラがお好きでらっしゃる奥様とはこのブログが縁でお知り合いになり、ロンドンで2度お目に掛かってますが、今回はローエングリン、歌舞伎第三部、フォークトのリサイタルで3度もお会いしただけでなく、ローエングリン後の夕食、歌舞伎の前後にお茶と夕食もご一緒して頂きました。


お茶特に奥様お勧めのHigashiya Ginzaという洒落た日本茶カフェ(→こちら )の和のアフタヌーンティーはユニークで、他の方とランチをしたすぐ後でお腹空いてなかったのに、あら不思議、お稲荷さんや甘さ控え目の和菓子がどんどん胃袋に入りました。


この後、三越近くの紬専門店と男性着物のお店を含むもとじさんのお店3軒に案内して頂き、素晴らしい反物をたくさん拝見目。私は着物雑誌「美しいキモノ」を長年愛読しているのですが(最近はオンライン購入で便利)、実物でまじかに素材を感じられるのが嬉しいですラブラブ

  

歌舞伎座にはお綺麗なお嬢様もいらしてて、美しい母娘さんが歌舞伎座に華を添えますキラキラ 

義経千本桜の第三部は芸達者な猿之助さん扮する狐の宙乗りでしたが、お二人の帯は可愛いちゃんですよネコ
                  

              私も、せめてもと着物風な柄のジャケットで参上しました。



   


そして、なんと、歌舞伎終演後にはももとじさんのご主人様もご一緒して下さって、お寿司をご馳走になったんです。 


ご主人にはお店でもお会いしてお話伺ったのですが、敷居の高い有名呉服屋さんのご主人でマスコミにもよく登場なさる方ととご一緒なんてどんなに緊張するかしらと思ったのですが、気さくな方で楽しくて美味しい築地のお寿司でした。


奥様に取って頂いた前から3列目の席から観た歌舞伎も素晴らしかったし、この夢のような6月3日の翌日はいよいよ伊豆修善寺の高級温泉旅館。


毎日こんなに楽しくていいのかしらとほっぺたつねってるうちに日本滞在も残り少なくなってしまいましたけどね・・。



  


6月6日の文化会館でのクラウス君(フォークト)のリサイタルには優しい大人のピンクですっきり涼しげな奥様。

この季節に着物をお召しになる方は少ないですが、やっぱり着物っていいですよね~合格 


私もロンドンに戻って着物着たいですが、海外だからってあまり外さないようにしようと思ったことでした。



人気ブログランキングへ
AD

上野で落語

<14th Jun Tue>

馬アスコット競馬が始まりました。→こちら カメラにたくさん写真載ってますが、今日地下鉄でアスコット帰りの女性が長靴はいてて、それが泥だらけ。 お天気悪かったですからね。実は私も明後日行くんですが、どうなることやら・・。

-------------------------------------------
                                    カメラ写真はクリックで拡大します。



故郷から東京に戻った5月31日、上野の鈴本演芸場で落語を聞きました。最前列以外は席の前に小さなテーブルが付いてるって便利。


古今亭菊之丞師匠の独演会「余一の会」で、師匠の出し物は「是清」と「三井の大黒」。最前列とい良いお席で菊之丞さんの芸をまじかに拝見できて最高でしたクラッカー

関西では何度か寄席に行ってますが、東京で初めてで、粋な東京弁落語も良いものです。 (大須演芸場に行けば名古屋弁で落語聞けるのかしら?)


高級洗える着物屋さん「きもの英」さんがお客様のためにまとめて切符を買って下さったところに私も着物仲間に混じってお仲間に入れて頂いたもので、女将さんのコラムに載ってる記念写真に私も図々しく顔出してます(→こちら )。


更に この日の様子はご一緒した方がブログで紹介して下さってます。神奈川絵美さん(→こちら )、 香子さん(→こちら )  


      
ケーキコーヒー寄席に行く前に上野駅にある駅の待合室を改造したレトロクラシックなブラッセリー・レカンでお茶しながらお喋り。

そうか、春の忍の池は蓮の葉っぱでこうなるのね。2月に家族と行った時は枯れた蓮ばかりでぱっとしなかったけど。




   


お三方の着物は清々しい初夏にクリーム系ですが、帯でそれぞれ個性を出して皆さん素敵。


というわけで、田舎では味わえない華やかなイベントに加え美しい着物姿もたっぷり拝見できて、さすが東京。 後半の1週間は東京で歌舞伎3回とクラウス君の歌曲リサイタルを楽しみます。    


人気ブログランキングへ

<12th Jun Sun>

今日までの3日間、女王様の公式誕生祝いのイベントが目白押しで、嬉しそうなご様子をTVで拝見。なにが凄いかって、90歳と95歳の夫婦が揃って元気に現役なことで、こうして美しく一緒に年取るのは階級に拘わらず皆の憧れですから、実例を示して下さるのは特に我々初老には励みになります。

-------------------------------------------

                                  カメラ写真はクリックで拡大


ローエングリンの翌日は元ロンドン駐妻さんの友人と3人で東京駅周辺でランチとお茶。夜は泊めて頂いてる友人エリアで買い物。この日しかゆっくり買い物するヒマがないので。

5月28日から3泊は東京を離れ、私のルーツである中部地方で過ごしました。


高校の同級生と5人で浜名湖舘山寺(かんざんじ)温泉で過ごしたことは滞在中すでに書きましたが(→こちらこちら )、写真を少し付け加えときます。今回の数少ない観光ですから。



              

温泉サゴーロイヤルホテル(→こちら )は売りである浜名湖を3方に眺める雄大なテラス露天風呂も気持ちよかったし、ずらっと並ぶご馳走は私にとっては温泉の醍醐味だし、5人一部屋で心配してた部屋の広さも充分。 トイレと洗面所は2つづつ、セキュリティボックスも5つあって便利。 


    

    

    

チューリップ紫遊覧船でフラワーパークに行きましたが、思ったよりも広い園内で、急いでも全部はとても回れませんでした。紫陽花とバラがたくさん咲いてましたが、バラ園はロンドンのリージェント・パークを見本にしたのではないかと思うくらい似てました。


    


    

別の遊覧船でホテルに戻る途中、ずっと曇りだったのに最後に夕陽がほんの少し顔を出してくれて、更にその後宿でお風呂に入ったときにちょうど美しく沈む夕陽がきれいに拝めたのは奇跡的でした。
            
   



翌日は湖を見渡すダイナミックな露天風呂に入ってから早めに旅館を出て、車で来た友人の運転で寺を参拝。来年のNHK大河ドラマのヒロイン井伊直虎縁に縁のある龍潭寺(りょうたんじ)のお庭は立派でした。


         
        浜名湖の形をした石庭


    


春華堂うなぎパイ工場も見学。パイ生地を作るところは見せてもらえませんでしたが、今でも手作りだそうですよ。

ランチは地元の方のお勧めで鰻料理屋さん「万松」でうな重を頂いて、浜名湖名物であるうなぎ三昧を完了。


実家から近いのに一度も行ったのなかった浜名湖は思ったよりも大きくて山に囲まれた風光明媚な所でした。温泉街はさびれた感じですが、来年のNHK大河ドラマの恩恵で賑やかになって欲しいものです。

 
高校の同級生との温泉旅行は修学旅行のようで楽しかったし、高校を卒業して45年も経って皆ちっとも変わらないように見えてもそれぞれ色々あった人生、青春を共に過ごした同級生は特別な存在です宝石白


その後2泊は家族とお墓参りしたり、親戚を訪ねたり、老人ホームに最近入った母を訪問したり。母は思ったよりも元気だったので安心しました。


     



お酒うお座 

小中学校の同級生男女各5人づつで、りんくう駅近くの海鮮料理屋で宴会し、その後はカラオケ。

私はそれぞれの人にちょくちょく会ってるけど、中には中学卒業して以来始めて会う人たちもいて、それはなんと48年ぶりなわけで、一気に時を超えた再会もありました。


小さい時から知ってる人たちにこの年になって会うと年月の重みを嫌というほど感じたし、小さな町になんと国際空港が建ち、ついにはこんなでっかいショッピングモールまで出来てしまって感慨深い里帰りでした。


     


名古屋にはちょっとしかいられなかったけど、ここだけはというリサイクル着物屋(大須のコメ兵)に寄って買い物もできたし、みそ煮込みうどんは地下街エスカで食べましたラーメン


もっとゆっくりしたいのですが、上野で寄席に行くために5月31日に東京に戻ります。




人気ブログランキングへ