小学校で琴演奏

テーマ:

<19th Jan Thus>

今日は気持ちよく晴れました。気もchの今年初めての着物お出掛けは小学校での琴演奏。 ここの父兄である知り合いの日本人女性からお話頂きました。

 

柱(じ)を立てる前のお琴はこんな感じです。 立奏台はトーチャンのお手製。

 

キングスクロスから2駅のハックニーにある公立小学校のfundraisingのイベントで、大人2ポンド、子供1ポンドと有料のお客様ですから責任重大ですが、子供が騒いだりしたらどうしよう、と凄く不安でした。写真よりもっとたくさんの子供がいて、後ろには父兄もいる大きなホールでマイクロフォン無しだし、心配・・ガーン

 

でも、30分間でしたが、時折あちこちで「シーッ!」という声が聞えたものの、おおむね静かに聴いてもらえて一安心ニコニコ

 

3曲弾いたのですが、最初は短くてわかりやすい現代曲「森のカッコウ」、真ん中に古曲「六段の調べ」、最後は現代に戻って「四季の小学唱歌メドレー」という順番にしました。2、3曲目は残り時間と子供たちの反応によっては途中はしょることも出来る選曲です。

 

演奏終了後はQ&Aもあり、たくさんの子供たちが手を上げてくれて嬉しかったし、質問もなかなか的を得てて、「重さは?」、「手が痛くないの?」、「値段は?」、「ここまで弾けるようになるまでに何年掛かるの?」等々、緊張して私が説明し忘れたことが知りたかったようです。 お金持ちエリアではないですが、雰囲気の良い学校でした。

 

演奏後、子供たちは授業に戻ったのですが、父兄がたくさん話しかけてくれて、喜んで頂けたことがよくわかったし、意外にも古めかしい「六段の調べ」が大人にも子供たちにも一番印象的だったようです。スロー過ぎて退屈させたらいけないと思って凄いスピードで弾いたのですが。

 

   

着物姿なんて初めての人がほとんどでしょうから、正統的な訪問着と袋帯で思い切り華やかにしてみましょう。

 

さあ、忙しい1月の予定の中で仕事を含む懸念事項がこれで無事終わって気が楽になったので、さあ、あとは遊ぶだけだぞ~メラメラ

 

明日からウィーンへリベンジ弾丸遠征。

戻ってくる土曜日の夜は飲み会。

オランダからいらっしゃるレイネさんと着物でオペラ2回。

来週金曜日ちょっとスペインへ。

 


人気ブログランキングへ

AD

<21st Nov Mon>

今日の午後、ナイツブリッジのミレニアム・ホテルで行われた恒例の日本酒ソムリエのコンテストSake Sommelier of the Year Competitionに家族3人でお邪魔しました。 

 

去年は見物だけさせて頂きましたが(→こちら)、今回はちょこっとですが余興にお琴を弾かせて頂きました(開始前に「六段」、合間に「みだれ」)。 

雨の中、トーチャンに手伝ってもらって徒歩と地下鉄で運ぶのはちょっと大変でしたが、久し振りに人前で演奏させて頂けて嬉しかったです。

 

 

 

 

 

    

去年は4人いた着物姿も今年は私だけだったので淋しかったですが、その代わり訪問着とキンキラキンの帯でなるべく華やかにしたつもりキラキラ

 


人気ブログランキングへ

AD

<12th May Thus>

今日はタンホイザーの切符を買ってあったけど、行かないことにして正解。 もし行ってたら11連ちゃんの夜のお出掛けになるところだったので、さすがにそれはしんどいガーン

蜷川幸雄さんがお亡くなりになったそうですね。演劇が盛んなイギリスでも人気の演出家だった彼のお芝居をロンドンで二回拝見した時の写真を再投稿しつつ合掌。ました。2009年3月の歌舞伎の十二夜と2010年5月のムサシ(→こちら )。 写真はクリックで拡大します。


   

-------------------------------------------


「趣味でロンドンでお筝弾いてます」、と言うのも憚られるくらい細々としかやってないのですが、5月9日にレストランの夕食会で少し弾かせて頂く機会がありました。



8名の方が聴いて下さったのですが、これくらいの少人数でマイクを使わずに生の音で聴いて頂けるのが理想的で、しかも今回は本来の姿である床に座る方式にしました。


古曲の名作である八橋検校の「みだれ」と、20世紀半ばの坂本勉の「四季の小学唱歌」、「森のカッコウ」の3曲を弾きましたが、練習不足の拙い演奏でも楽しんで頂けたようで嬉しかったです。 


人前で弾く機会がないと全く練習しない私、こうしてたまに機会があるのはありがたいことです。折角の信じられないくらい良い天気の週末だったのに家にこもって練習しなくちゃならなかったですけどね。


    

ざーっと大雨になったりしたので、トーチャンが車で送ってくれるとは言っても心配ですから、洗える着物で失礼しちゃいましたが、このエジプト柄の帯は今夜のお客様の一人から譲って頂いたものなので、お見せせしたかったんです。


ひらめき電球


こういう中間色の着物は帯の色の選択が幅広くて、濃くても薄くても中間でもなので便利なんですが、


    

目 あれっ!、帯替えて又同じ着物着たの?



はい、そうです。今日は日中にある方のお宅で女子会があったのですが、又25度にも上がったのでこの単衣が再び役立ってくれました。 

テーマは全く別だったのですが、ついでに着付けのデモンストレーションをさせて頂いたんです。

「一体、着物の下は何を着ているの? 簡単に着付けるにはどうすればいいの?」、という疑問にお答えすべく、必要な着付けグッズを説明しながら実際に着付けてみたのですが、帯を前で結んで最後に回す私の手抜き方法に皆さん「え~、それだけでいいんですね」、と驚かれたようで、これが着物仲間が増える取っ掛かりになれば嬉しいです。






人気ブログランキングへ
AD

10月29日、福岡県のPRイベントでお琴を弾きました。


      

綸子のぼかしの付け下げとピカピカの帯は、華やかにする時の定番コーディネートですが、しまった、真っ赤な派手な髪飾りにすればよかった。


    




会場はハイドパーク・コーナーにあるインターコンチネンタル・ホテルでしたが、意外に高級感がなくて、ちょっとがっかりだったかも。


トーチャンに手伝ってもらって、地下鉄で行きました。


床に正座して弾く時は立奏台が要らないので荷物が少なくて助かります。


黒マントは畳んで座布団に。






     

ゲストが到着する前に写真撮っとこ。

食べ物やお酒もたくさん出てましたが、控え室で頂いたお弁当でお腹がいっぱいだったし、出番は最後だったのでお酒を飲むわけにもいかなかったのが残念。


     




ブーケ2若くて華やかなお二人は会場に花を添え、「一緒に写真お願いします」、とあちこちで頼まれてました。


皆さんを幸せにする着物って良いですねチョキ


     



日本大使さんや、日本ラグビー協会長さんもスピーチをなさったのですが、 福岡県の宣伝に気合の入ったホストの小川福岡県知事は英語もお上手でした。



     


当日のリハーサルで初めて踊りと合わせたわけですが、トーチャンに写真撮ってね、と。


お琴と日本舞踊を一緒にやって下さいというリクエストだったので、さくら さくら黒田節の2曲を私が筝曲にアレンジ。

4本の扇で華やかな「さくら さくら」は高音を利かせてコロリンシャンという感じで、袴姿の凛々しい男舞いの「黒田節」は低音を強調してドシーンという雰囲気にしてみました。


アレンジなんて初めてですが、意外に手間取ったものの、楽しかったです。 結局、パソコンでエクセルを使って音符を作るのがベストとわかり(五線譜ではなく、四角い枠なので、まさにエクセル向き)、勉強になりました。

実はオペラのアリアをお琴にアレンジするのが密かな夢なんですが、この直後のカルメン三昧でつい「闘牛士の唄」や「ハバネラ」のメロディがお琴の手付きになってしまいます音譜



このイベントが終わって気が楽になり、毎日遊びに行ってますが、今日は若い日本人男性ピアニストのリサイタル、明日は007映画とイエスティン君が出るお芝居のダブルヘッダーDASH!



人気ブログランキングへ

<14th Sept Mon>

今夜の「オルフェオとエウリディーチェ」初日には訪問着で行きましたが、その前に昨日の浴衣姿を記録しときましょう。明日はフィガロの結婚の初日。いきなりフルな生活になって、楽しいけど、ちょっとしんどい。

-------------------------------------------


昨日の午後は仲間内の琴と三絃のおさらい会。滅多にレッスンに行かない幽霊部員ですが、こういう時は着付けのお手伝いとかで少しはお役に立てるかな。

    


私はロンドンで買った水色のユニクロ浴衣とピンク帯のセット(数年前に一夏だけ浴衣を売ってたんです)でどうってことないですが、新人の若い美人さんに私の浴衣をお召し頂いたらとっても可愛くて、浴衣もグレードアップアップ



先生のお宅で10人の演奏者+数人のお客様でこじんまりとした会ですが、こういう時でないと弟子同士は会えないので貴重な集まりだし、人前で演奏する緊張感にこうして徐々に慣れていくのは大事でしょう。


 調弦してるところですが、お琴はこれが大変で、この日も演奏してる時間より調弦の方がうんと長かったです。


私は宮城道雄の「さらし風手事」の第二と「唐砧」の第一を合奏。合奏が一番楽しいです。




    こんな様子。




人気ブログランキングへ