<26 Mar Sun>晴れ

晴天の日曜日、夏時間が始って一気に日も長くなってすっかり夏気分。今日は母の日なので夕方からムスメのフラットにおよばれですが、その前にマルタ観光記を続けます。

----------------------------------------------

3月6日(月)、観光船でのゴゾ島とコミノ島に一日ツアーの後はハイライトの一つであるオペラ鑑賞で、マヌエル劇場Teatru Manoel (→こちら)に行きました。 隣がヴァレッタの象徴とも言える大きなドームの教会で、月曜の夜なのにミサやってました。本当に信仰深い国民です。

 

 

        

マルタ騎士団長がお金を出して1731年に建てられたヨーロッパで3番目の古い劇場で、1737年のナポリのサンカルロ歌劇場(2011年5月に行きました→こちら)と同時代。 雰囲気はクラシックでもちゃんとメンテされていて美しく、客席約500でこじんまりして理想的なサイズな素敵な劇場です。 当初からオペラだけではなくお芝居等もやってたそうですが、昔はオペラもたくさん上演しただろうに勿論今ではごく稀にしかやらず、この時期に行くことにしたのもそれに合わせたからです。 

因みに、マルタ島出身の有名オペラ歌手、ジョセフ・カレヤもちょっと前にここでリサイタルやったそうで大盛況だったに違いないですが、彼は典型的なマルタ顔クマだというのがよくわかりましたにひひ。あんな顔の男がうじょうじょ歩いてたので(はい、美男子は少ないですむっ)。 

 

中心広場に近い良いロケーションですが(宿泊施設もあるようですよ→こちら)、狭い通りに面してて、中に入るとロビーらしきスペースもなく、ほぼいきなりオーディトリアム。 ドリンクするバーもなく、ぎりぎりまで中に入れてもらえないし、オペラ鑑賞の合間に優雅な気分になれないのは残念。 見るべきものは他になさそうなので私たちは見学ツアーには行きませんでしたが、5ユーロで録音を自分で聞きながら回るらしいツアー、マルタにいらしたら是非どうぞ。

かなり隅っこですが最前列で45ユーロ。 開演前にオケのフルート奏者でイギリス人に違いない女性がオペラについて説明してくれました。字幕無しとHPには書いてありましたが、マルタ語と英語を並べた字幕もちゃんと出ました。 マルタ語はどこでもアルファベット表示ですが、ヨーロッパのどこの言語とも全く違い、アラブ語の変種らしいです。

 

 

 

       

観たのはモーツァルトの「フィガロの結婚」。 それはあらためて書きますが、まあ期待通りだったかな。でも、また一つ初めてのオペラハウスに行けて、それが予想以上に美しかったので、大満足チョキ

 


クラシックランキング

AD

着物で2回コンサートへ

テーマ:

<25th Mar Sat>

家では寝るだけの生活が続いて慌しかった3日間ショック!。水曜日は午前中仕事してからジムに寄って午後ピカデリーサーカスで映画「美女と野獣」を一人で観てる時に程近いウエストミンスターでテロ事件発生ガーン、夜はバレエ・ダンサーのザナイダ・ヤノウスキーのトーク。木曜日は午前中仕事、午後はRAMでザナイダご主人であるバリトン歌手サイモン・キーンリーサイドのマスタークラス。隣のリージェントパークでお花見桜してから夜はロイヤルバレエのミックスビルで立見。金曜日は終日仕事で(ジムには昼休みに行って水泳)、夜は郊外の素人オペラ。久し振りに晴天の今日は着物で素敵なマナーハウスでアフタヌーン・ティ、と全て元気にこなせて満足。どれだけ記事にできるかわかりませんが(マルタ島旅行もあと少し残ってるし)、着物お出掛けだけは全て記録に残しておくことにしてるので、まずはそこから。 

----------------------------------------------

3月は3回着物でお出掛けしてますが、1回目では3月14日のカドガン・ホールのコンサート(ピアノのアンスネス)、2回目は18日のWigmore Hall(ソプラノのパトリシア・プティボン)。 カメラ写真はクリックで拡大

 

  

ありがたいことに着物を頂戴することが時折あるのですが、最近また友人から叔母様の素敵な大島を頂きました。その方のお母様がお縫いになったけれど一度も袖を通してない可憐な着物を私がロンドンで初めて纏うことが出来たて光栄ですラブラブ

    

この重宝な黒い帯は登場回数が多いのでお馴染みでしょうが、この帯はその友人のお母様から頂いたもので、と言うことは、この大島の方とはご姉妹。 そして、実はもう一人のご姉妹からも帯や小物を頂いており、お会いしたことはありませんが、趣味の良い三人姉妹のおかげで豊かさがぐっと増してる私の着物生活。縁あって遠い海外にまで来てくれた日本の文化を大切に伝えていきますね日本

 

   

カドガン・ホールは滅多に行かないけど、大好きなアンスネスですから勿論かぶりつき席よラブ

 

 

    

18日は椿がテーマ。我が家の大輪の椿が盛りですから。 着物の桜柄は無視して頂いて、帯にご注目ください。 この日はお天気が怪しい上にトーチャンも一緒で、ってことは駅まで送り迎えしてもらえないので、無難な洗える着物にせざると得なかったしね・・。

 

   

終了後はWigmore Hallの特徴である舞台裏の部屋でのアーチストとのご対面。 キュートなパトリシア・プティボンと。コンサートのことはあらためて書きますが、この衣装は白雪姫のコスプレです。

 


人気ブログランキングへ

AD

<21st Mar Tue>

昨夜は急遽ENOでヘンデルのオペラ観たし、毎日仕事にも行ってジムにも復帰。忙しい毎日を楽しむために、やっと元通りになった体調をキープせねば。

---------------------------------------------

3月6日(月) その2             カメラ小さい写真はクリックで拡大します 

 

観光船での一日観光、ゆっくりレストランでランチしてる時間はないので、チタデルの後、ミニバスの中でバゲットサンドを食べ、次の目的地であるコミノ島へ。

    

実はこの島のブルーラグーンの写真を見たのがマルタ旅行のきっかけなので、一番楽しみにしてました。なので、トーチャンに冬に個人で行くのは難しいと言われた時は悲しかったです。 このクルーズツアを偶然見つけて本当に良かった。 

上陸したくない人は船で島をぐるっと一周してあげますよということでしたが(お天気の悪い日はありがたい配慮)、そんな人は一人もいなくて全員船を下りて丘に上ったり、中にはビーチで足だけ水に浸かる人も。

幸い風もなく、透明な海を眺めながら散策しましたが、なにもない小さな島に停泊時間1時間ってことは、もう少し暑い時であれば泳いで下さいってことのようです。 夏場はシャワーとか脱衣所とかビーチパラソルとか設置されるのかしら? 今はなにもなかったし、木もなくて日陰ないから、夏は暑くて大変でしょうに。

 

ヨーロッパでもこんな綺麗なブルーの海があるなんて信じられないですが、実物はもっと青かったんですよ。

泳げないのが残念な気もしますが、この季節だからこそ誰もいない遠浅ビーチを見ることができたわけで、大満足、大感激ラブおねがいドキドキチョキ

 

 

   

 

 

 

腰まで水に浸かってる太目のカップルがいましたが、やはり冷たいのでしょう、結局は泳げず終い。 手前の砂浜にいるのは我々グループ。 対岸の砂浜には水中を歩いていけるそうですが、誰もいませんでした。

    

 

うお座小さな魚が泳いでました。 行きの船の中から見た島で唯一のコミノホテルはシーズンオフで閉鎖中。おそらく住民は僅か数名。

 

    

帰途は追い風で船も揺れず、すいすいと夕陽を浴びながらマルタ島まで快適な船の旅。

「あれは像さんの形をした岩」、とか説明してくれながら、洞窟のすごく近くまで船を寄せてくれて、岩の中も覗けました。

    

 

     

スリーマ到着予定が5時半だったのでそこで急いで食べてからで7時半からのオペラに行く予定でしたが、なんとラッキーなことに先に私たちのホテルまで送ってくれましたグッド! 

     

では、オペラの前にヴァレッタで夕食しましょう。何度通り掛っでも閉まってたCafe Cordinaにやっと入れました。内装が美しくてウィーンみたいな雰囲気でしょ。

 

       

 

    

 

     

だけど、席についてから、「もうお料理は終わりました」、と言われてしまいショボーン、仕方ないので、パイ2個とケーキで済ませましたが、油で 揚げた筒状の生地にリコッタチーズで作るクリームを詰めたシチリア名物カンノーリは美味しかった。 

カフェの横はヴァレッタの中心広場ですが、マルタ騎士団総長の宮殿が修復のために閉館だったのだけが今回の残念ポイントでした。 日中は衛兵もいます。

 

    

では、オペラハウスに向かいましょう。

 

 

AD

<19th Mar Sun>

急遽カドガンホールにオペラを観に行てしまい、時間がなくて途中までしか書けませんが、マルタ旅行はいよいよハイライト(観光船で遠出&夜はオペラ)。

----------------------------------------------

3月6日(月) その1                        カメラ 小さい写真はクリックで拡大

 

嵐の接近により朝から風が吹いてますが、こんな日でも観光船が出るのであればゴゾ島とコミノ島に行ってみましょう。

   

スリーマからLuzzu Cruisesの中型船に乗船(写真では向こう側の大きい方)。10時から5時半までの一日ツアーで料金40ユーロのところ昨日客引きのお姐さんが35ユーロに割引してくれました。16ユーロのハーバー・クルーズのオマケ付きでしたが、これは後日強風のために実現できず。乗船中のドリンク、ビールを含む冷たいドリンクは無料で飲み放題(お茶やコーヒーは1ユーロ)というリーズナブルなお値段で、シーズンオフは毎日ではなく隔日運行でしたが、午前10時出航時には上のデッキは満席。

    

湾内にいる間は波もなくのんびり薄着で日光浴できましたが、一旦外海に出たら、ほ~ら、来た来た、風がビヴュービュー。 向い風の中で船はかなり揺れて手すりに捕まってないと倒れそうですが、ゆらゆらではなくジェットコースターの感じのこの揺れ方では船酔いにはならないだろうけどゲロ袋は支給され、若い日本人女性が犠牲になった模様。 風は強いけれど晴天で、操縦士の説明付きで1時間半、私はとても席を立てませんでしたが、下のデッキから無料のビールを危なっかしくて運んで飲みまくってる人たちもいました。私たちは最後まで上のデッキで風に吹き飛ばされそうになりながら頑張りましたが、徐々に下のデッキに移動した人が多かったです。

 

マルタ島にはたくさんある海水浴リゾートのモダンなホテルや別荘を見ながら進むと、やがて岸壁や洞窟が見えてきて飽きないし、群青色の海は美しく、太古の昔からたくさんの船が行き交っただろう地中海を想像して感激。

 

 

 

     

ゴゾ島に付いたら、いくつかのグループに分かれてボロいミニバスで3時間の島の観光。 なにもない所にえらく立派な教会があるのが信仰心の強いマルタらしいですが、まず最初のストップは先日崩壊して話題になったアズール・ウィンドウへ。

 

アズール・ウィンドウ (紺碧の窓)はゴゾ島北西部の海にそびえる巨大な天然のアーチで、マルタの人気観光スポット。30分しかなかったので、あちこち歩き回る時間がなく、この方角からしか眺められませんでしたが、嵐が到着した翌日は強風で観光船は全て欠航だったそうなので、私たちは最後のクルーズ船での観光客ですね。

 

それにしても自然の力は凄いですね、こんな大きな岩が強風と高波で崩れてしまうんですもの。崩壊したのはアーチの上の薄い部分だけじゃなくて太い柱もですからね、びっくりです。8日の朝9時40分に起こったそうですが、目撃者はいたものの映像はなくて歴史的瞬間が残ってないのが残念。あればYoutubeで大ヒットになっただろうに。 当局は少し危ないかなという心配もしてたとのことですから、CCTVカメラを備えておくべきでしたね。科学的資料にもなっただろうし、マルタの宣伝になったのに。

 

反対側はこんな感じ。

   これが崩壊後の姿びっくり

バスDASH!

次はゴゾ島の真ん中ヴィクトリアにそびえたつ要塞チタデルCitadel見学(上の写真が全体像)。手入れが行き届いて、どこもピッカピカ。青い空に白い建物が映えて綺麗でした。

 

中心広場と大聖堂。

 

 

     

 

マルタ中にあったサボテンの向こうがこれから行くコミノ島で、明るいブルーの部分が一番楽しみにしてた「ブルー・ラグーン」 。 ワクワク。 その向こうの大きな島はマルタ島です。

 

<18th Mar Sat>

マルタ旅行記事がなかなか進まないのは写真を選んでる時間が無いからですが(昨日も今日もコンサートに行ってたので。アンスネスとプティボン)、それなら写真を選ばなくても済むのから片付けましょう、ってことで。

---------------------------------------------

3月14日はバービカンでドイツ人カウンターテナーのベテラン、アンドレアス・ショルが歌ってくれました。

 

カーテンコール写真がないのは、3年前に隣に座って写真を撮ろうとした私を怒鳴りつけたつるっぱげデブおやじ(→こちら)がまた隣にいたからですがゲロー、まあショル兄はいつものダサい黒いスーツだし写真撮れなくてもそう残念じゃないどころか、カーテンコールで嬉しそうなショル兄の表情を生でしっかり観られたので却って良かったかもうーん。 そうなんですよね、いつも必死でカーテンコール写真を撮ってる時に「こんなことしてて、なんか大事なものを見逃してて損してるような・・ショボーン」、って気持ちが実はあるんです。

 

 

行った証拠に切符貼っときますが(最前列ど真ん中)、そう言えば隣のあの爺さん、あれ以来見掛けたのは初めてだから、ショルの時だけ頑張って良い席取ってバービカンに来るのかな? そう思うと同じファンとしてなんか親近感持ったりしちゃうけど、それにしては他の所でのショルのコンサートに来てた様子はないし、不思議なおっさんだはてなマーク 

 

Accademia Bizantina
Andreas Scholl
countertenor

 

Porpora Occhi mesti; Per pietà turba feroce, arias from Il Trionfo della Divina Giustizia nei
tormenti e morte di Gesù Cristo

Ragazzi Sonata a 4 in C minor
Anfossi Salve Regina
Vinci Sinfonia; Chi mi priega; Tutti son del materno mio seno from Oratorio di Maria dolorata
Vivaldi Violin Concerto in G minor, RV 332
Vivaldi Stabat Mater

アンコールは2曲。一つは間違いなくヴィヴァルディ。

 

ショル兄の写真は下にリストアップしたこれまでのコンサートにたっぷり載ってるのでそちらでご覧下さいですが、一時よりは痩せてお腹の出っ張りも小さくなったし後頭部ハゲも進行してなくて、やっぱり素敵恋の矢 私にとっては男性的魅力を感じる唯一のCTです。 あ、筋肉マンのクリス・エインズリーが上半身裸になったりするとそりゃ「お~っ」ですが、普通にしてて胸キュンなのはショル兄だけよんラブラブ!  

 

肝心の歌はと言うと、今の彼にはこれが絶好調ではないかしら。往年の甘さと張りはもう戻らないだろうけど、充分魅力的で、この日に初めて聴いたとしても私はうっとりしてファンになってた筈。何度か地声が出てしまうという失態もあったけど、それすら私には男らしいの魅力でドキドキ恋の矢。4ツ星のレビューもあったし、最後のヴィヴァルディのスターバトマーテルは圧巻でした。youtubeでよく聞くのは結局ショルなんですが、この曲をまた生で好調で聴けて感激でした。

 

 

ブログ始めて以来のショルのコンサート記事を以下まとめておきます。

手紙

2009年3月 バービカン (→こちら ) ヴィヴァルディにうっとりラブラブ!

2010年4月 バービカン 中世吟遊詩人発掘コンサート (→こちら ) マイク使ってたからなあ・・カラオケ

2010年12月 バービカン (→こちら ) 折角のジャルスキーとの共演だったのに、風邪ひいてたねカゼ

2011年6月 ウィグモア・ホール(→こちら ) こじんまりしたウィグモア・ホールがやっぱり一番ぴったり宝石ブルー

2012年2月 バービカン(→こちら) 前半と後半では出来が極端に違ったバッハ尽くしえっ

2014年1月 バービカン(→こちら) しょぼい声だった二種類のスターバトマーテルしょぼん

2015年4月 ウィグモア・ホール(→こちら) 久し振りに好調で復活!グッド!

2015年11月 ウィグモア・ホール(→こちら) イエスティン君との共演 男の子男の子

2016年6月 ウィグモア・ホール(→こちら) 甘い声が戻ってきた!ラブラブ

 

ブログ前から通ってて20年にはなるでしょうか、結局一番好みのCT声なのですね。どんな歌手でも好みはありますが、特に一歩間違うとゲテモノであるCTは好みが重要かと。CTに拒絶反応する人にとっては全てのCTがゲテモノかも。 その世紀末的倒錯にゾクゾクするんですけど、どう考えても万人好みではなく、男らしいバリトンに惹かれるほうが正常でしょう。

日本ではまだCTに対して偏見があるようですが、まずは録音や映像で、比較的受け入れやすいショル兄を聴いてみてはいかがでしょうか? あ、でも、去年のイエスティン君に続き、来年秋にはいよいよフランコ・ファジョーリも来日するようですからファンが増えるでしょうね。 

 


クラシックランキング