<2nd Dec Fri>

寒いロンドン、初めてA Winter Fuel Paymentなる福祉援助を頂きました。年金受給者には自動的に支払われる暖房費で、一冬200ポンドと暖房費が賄える額ではないでしょうが、ありがたいことですメラメラ 早くトーチャンにも年食ってもらってダブルで受け取りたいものです。・・と思ったら、トーチャンがもらえる年齢になると、私のが半減ですって。ま、そりゃ、そうか。

----------------------------------------------

先週土曜日、11月26日にロンドン南西郊外の金持ちエリアであるリッチモンドでオペラを観ました。

 

1899年オープンのRichmond Threareは840席、内部見学ツアーまでやってるくらいですから由緒ある劇場に違いなくて一度行ってみたいと思っていたのですが、いまどきオペラ上演なんて稀ですからね、新聞でEllen Kentプロダクションのドサ周りツアーを見つけたときは「これだっ!アップ」、と(→こちら)。

来年4月まで半年掛けてアイルランドも含むUK全国を回り、アイーダ、ナブッコ、ラ・ボエームの3つを合計200回近く上演する大規模ツアー、セットや衣装もそれなりの質だといいなと期待しつつ、とりあえず今回は一つだけ、この中では一番好きなアイーダを迷わず選び、9月に切符を買っておきました。 最前列真ん中で18ポンド(手数料含むと23.5ポンドくらいになったのにはびっくりでしたが)。

 

 

 

 

 

       

ビクトリア朝の装飾の多い劇場は美しいのですが、オケピットがなく、オーケストラが客席と同じレベル少々邪魔なので安かったのでしょう。 目の前の演奏を見られるのは面白かったですが(写真は席に座ったまま撮った)、指揮者の真後ろじゃなくてかろうじて斜めだったのはラッキー。

 

オケの演奏レベルは一流オペラハウスとは比べ物にはならないし人数も少ないですが、こういうイベントはオペラの設定に忠実にというのが良いですね。大きな劇場の演出家のエゴ丸出しのヘンテコリンなのばかり見せられてる目には新鮮。 そして、折角オペラ初心者向けにこういうわかりやすい形でやってくれてるのにニコニコ、ここでオペラ初めて観た人がロイヤルオペラハウスやENOに行ってみたら混乱するプロダクションにぶち当たる確率は高くてアセアセ、折角開いたオペラへの扉が閉じられてしまうのではないかしらとあらためて最近の一流歌劇場の傾向に腹が立ったりもしますムキー。 私はROHのエジプト色を排除したエログロいアイーダは嫌いだうんち(→こちら)←アイーダのストーリーもここでご覧下さい。

 

後ろの建物は特にエジプト風でもないですが、色んな物を置き換えたり、後ろを星空のナイル川にしたり、努力と工夫で小物で雰囲気を出して好感の持てるプロダクションでした。

 

もちろん聴いたことある歌手は出てきませんが、全体としては合格レベルだったキャストはこちら。

 

Aida(エチオピア王女) Olga Perrier

Radames (エジプト将軍) Giorgi Meladze

Amneris (エジプト王女)Liza Kadelnik

Amonasro (エチオピア王) Luri Gisca

Ramfis (エジプト高僧) Vadym Chernihovskiy

 

アイーダのオルガ・ペリエはフランス人で、特に美声ではないけれど、歌のフレージングや身のこなしが魅力的で、アイーダを絵に描いたような美人おとめ座

人出不足のテノールで歌も容姿も理想的な人は期待できませんが、スペイン人のジョルジュ・メランゼは少々小柄だけど顔は悪くないし、立派な声量で充分合格。

残念だったのがアムネリス王女むっ。 リザ・カデルニック嬢、美声なのに声量不足で演技も硬くて・・。 プログラムによるとアイーダとラダメスはダブルキャストなのにアムネリスは彼女一人だけで、本当に一人で毎日歌ってるとしたら、声をセーブしなきゃとてもやってられないし、そのせいかも。アムネリスは脇役ではないのに気の毒だけど、もうちょっと上手な人がいなかったものか・・。

バリトンやバスは人材豊富なので、高僧とアイーダ・パパはどこに出しても良いくらい上手だったけど、エジプト王は素人かと思うくらい下手。

 

というわけで、歌手のレベルはまちまちでしたが、ヴェルディの中でも私が好きなアイーダの素晴らしさは十分伝わったので、オペラ鑑賞の機会の少ない地方の人に是非観て頂きたいです。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

<30th Nov Wed>

霜が下りて真っ白の寒い日でしたが、親子3人で話題のアニメ映画「君の名は」を英語吹き替え版で観ました。スケール大きくて良く出来た作品ですが、やっぱり往年の「真知子巻き」すれ違いメロドラマ「君の名は」とちょっと繋がりがあるのですね。まだ子供だったので、知ってはいても観たことはないですが。

----------------------------------------------

11月28日は又ウィグモア・ホール。又ティム・ミードでしたが、他に聴きたい歌手も何人かいたので、カヴァリのカリストはずっと楽しみにしてました。

 

メモギリシャ神話の星座「おおぐま座」にまつわるお話で、月の女神ダイアナに仕える妖精カリストはご存知色情魔の神々の神ゼウスに見初められて子を孕み、これまたお馴染みの妻シュノーの嫉妬で熊に変身させられてしまうけれど、哀れに思ったゼウスがいずれは神の国に住まわせてあげると約束するというストーリーですが、これだけでは単純過ぎるので、潔癖なはずのダイアナと羊使いの恋愛や、処女のまま死にたくないと男漁りする女装の年増妖精他マイナーなキャラクターがセックスをテーマに賑やかに(上手にまとまってないけれど)入り乱れます。 ゼウスが口説いても頑として拒否したカリストが、ダイアナの姿に変装して求愛するゼウスには喜んで身を捧げ、ってことはレスピアンなの?、とか、ゼウスも女装するわで、性的倒錯かおふざけか、ベニスの華やかさと退廃を感じさせる初期バロック

 

フルステージで2008年9月にROHでやったことがあり(→こちら)、遊び心満載の楽しいプロダクションでした。で、その時のブログ記事には心地よく流れるバロック音楽だけれど盛り上がりに欠けて印象の薄い、いわば超駄作のヘンデルみたいで、これが無名のオペラだという理由はよくわかります。」、なんて書いてあるのですが、今回はまじか(最前列ど真ん中)で聴けたのが良かったのか、とても楽しめました。

 

Francesco Cavalli (1602-1676)

La Calisto

 

Calisto ..... Lucy Crowe, soprano
Giove ..... George Humphreys, bass
Diana ..... Jurgita Adamonyté, mezzo-soprano
Endimione ..... Tim Mead, countertenor
Giunone ..... Rachel Kelly, mezzo-soprano
Mercurio ..... James Newby, baritone
Pane ..... Andrew Tortise, tenor
Linfea ..... Sam Furness, tenor
Satirino ..... Jake Arditti, countertenor
Silvano ..... Edward Grint, bass-baritone
La Nuova Musica
David Bates director

 

ウィグモア・ホールで字幕が壁に投影されるのを見たのは初めてですが、ここでの席選びはうまくいかないもので、最前列ど真ん中が買えて凄く喜んでたのに、歌手や譜面台が邪魔でほとんど見えずえーん。 まあ、どうせ大したこと言ってないだろうし、歌手の表情に集中できるから良かったと思うことにしましょう。一応セミステージ形式と言うことで、舞台でも芝居っ気たっぷりの上、客席を使って芝居もしてくれました。 私とステージの間の狭いスペースを何度か歌手が走り抜けていったので、もし私が意地悪して足出したらひっくり返って大怪我してたかもべーっだ!

 

BBCラジオ3で生放送してたので、1ケ月近くiPlayerで聴けますが(→こちら)、

 

22日にもここで聴いたカウンターテナーのティム・ミード(→こちら)はこないだよりはまろやかな声で絶好調。月の女神ダイアナに恋する羊使いをしっとりと歌ってくれました恋の矢

もう一人の若いカウンターテナーはジェイク・アルディッティ。 去年RCMでセルセ(→こちら)で主役だった若いジェイク君は小柄ながら華のある容貌と歌い方で、ヨーロッパ大陸のきらびやかなCT仲間に近い雰囲気。好色爺の道化役をお大袈裟に歌い演じて目立ってましたメラメラ

もう一人CTがいるようにラジオでは聴こえるかもしれませんが、これはゼウス役のバスのおふざけの裏声歌唱で、途中女装姿で熱演して受けたそのジョージ・ハンフリーズ、長身美男子なんですが、背が高過ぎるのはいいとしても、いかにも育ちの良さそうなお坊ちゃん容姿なのでバスには多い悪役やっても迫力ないでしょうね・・。ENOでこのオペラやる時に彼も出る予定なので、女装も美しいし舞台映えはするでしょうが。

男性陣で私が一番聞惚れたのはテノールのアンドリュー・トーティスラブ大好きな声なので大ファンですが、ラジオでは45分あたりから登場します。 残念ながら二枚目役には相応しくないご面相、ハンサム過ぎるバスのハンフリーズと容貌を交換できればお互いのためになるのにねぐすん

 

 

ビキニ女性陣で一番良かったのは浮気な旦那に泣かされる奥方ジュノーのレイチェル・ケリー。ダイアナ役のユルギータ・アダモナイテもいつも通り素敵。 最近はずっと声がかすれてしまってもうお終いと思うのがタイトル・ロールのルーシー・クロウですが、この日はまあまあ。 ゼウスと関係結ぶ前である前半は銀色のドレスで髪もひっつめて雰囲気変えてくれたしね。

 

チョキと言うことで、やっぱり至近距離から浴びるのように聴くのは素晴らしくて拍手、こんな席はサポートフレンズでなければ買えないでしょうから、年間100ポンド出してこのまま続けようかな。

明日も又ウィグモア・ホールで、人気仏カウンターテナーのPJことフィリップ・ジャルスキーなのですが、満足とは言えないG列とは言え、なぜかリターンがほとんど出なかったし、フレンズじゃななかったら切符取れなかったかもしれないですもんね。

 


人気ブログランキングへ

AD

<28th Nov Mon>

さっきウィグモアホールから帰ってきたばかりなんですが、先週のウィグモアの珍しい出来事をまずご報告。

-------------------------------------------

11月22日はウィグモアホール。

年間100ポンドも出してサポートフレンズになってるのにフレンズ予約では席が選べず、高くても結構後ろの席をあてがわれるくらいなら、三分の一くらいで済む後ろの席に最初からする方がましかもと思って今回のピリオドで初めて一番後ろの安い席をいくつか買ってみたうちの一つ。

 

でも、これまでゲルハーハー、ボストリッジ、チェンチッチを15ポンドの最後列で聴いたところ、ちゃんと音は聴こえるけどやっぱり遠くて臨場感ないのは淋しいし、うーん、今後どうしようかしら・・? ずっと売り切れの人気コンサートだって直前に必ずリターンは出るわけだし、いっそフレンズはきっぱり辞めてリターン狙いに徹するのも手かも、などと迷いながら、この日は午後に3日後のチェチリア・バルトリのキャンセルの連絡もあったりして、不貞腐れて早めに席に付いてましたショボーン

この日はカウンターテナーのティム・ミードが目的だったけど、他にもたくさん出るから出番は少ないだろうし、あっ!ポーン、よく見たら嫌いなテノールも出てるじゃないの。 来なきゃよかったかなあ・・むっ、とすら思ってたところ、

 

なんとドンッ

 

後ろから入ってきた70歳くらいの男性が、「ワイフが風邪ゲホゲホで来られなくなって余った切符があるんじゃが、君、代わりに座らんかね? 前から3列目じゃよ」、と声掛けてくれました。 入り口を入ってすぐに目についたお一人様で話し掛けやすい通路近くにいたのが私だったからでしょう。

 

「キャーッ、サンキューベリマッチ、もちろん座りたいですぅ爆 笑」、と大喜びで移動

ここは不要切符をクレジットにしてくれるのは良心的だけど2週間前にしなくちゃいけないし(切符の交換も然り)、このコンサートのように売り切れてないとリターンするわけにもいかず無駄にするしかないのが私にとっては幸いしましたチョキ

 

一番後ろだとこんな眺めで、すぐ後ろに係員が立ってるのでカーテンコール写真も撮りにくいのですが(15ポンド)、

前から3列目だとこうなりますから、そりゃ偉い差ですわ(50ポンド)。

 

Dunedin Consort

John Butt director

Joanne Lunn soprano

Tim Mead countertenor

Nicholas Mulroy tenor

Matthew Brook bass-baritone

 

圧巻は後半のパーセルで、ウィグモアホールにしては大人数である20数人が舞台で演奏したというだけでなく、音楽の守護聖人である聖チェチリアを讃える曲はスケールが大きくて、ヘンデルのメサイヤを聴いてるような気分(因みに、ここでメサイヤ聴いた時は4人のソロが合唱までこなしてました)。

やっぱり近くで聴くのは全身を音楽で包まれるようで良いわ~ニコニコ

 

お目当てのティム君は安定度という点で少々難があり、だからこそ聴く度に違うのが楽しみなカウンターテナーなのですが、この日はこれまでにない輪郭のはっきりした細い声で美しい響きでした(実は今夜もティム君をウィグモアホールで聴いたばかりで、又違う声でした)。

一番隅っこのソプラノのJoanne Lunnも立派な声量とよく通る声で素晴らしく、この二人が他を引き離して格上なのは明らか。 テノールのニコラス・マルロイはやっぱり好きになれない声だったけど。

 

音楽家の両親が聖チェチリアに因んで名付けたチェチリア・バルトリがキャンセルしてがっかりした日に聖チェチリアのお祝いの音楽で感動したのも皮肉ですがしょんぼり、ウィグモアらしい渋い盛り上がりとなり、たとえ一番後ろの席でも「来て良かった」と思える良いコンサートでしたが、幸運のおかげで近くから写真も撮れて満足。

 

おっちゃん、ありがとうウインク

 

尚、今夜のコンサートは奮発して高い席を申し込んだら最前列ど真ん中がゲットできました。でも、喜び勇んで行ったんですが、色々問題があり、又悩んでしまいました・・。

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

<27th Nov Sun>

今日二つ目の投稿ですが、先が詰まってるので、出来たのからドンドン行きます。

---------------------------------------------

11月25日、晴天の夕方、シティの愛称ウォーキー・トーキー・ビルを訪問(本名は20 Fenchurch Street)。

上の写真は4時10分過ぎくらいで、すぐにスカイガーデンに上れば晴天の黄昏と夜景の両方楽しめるのですが、残念ながら諸事情で上に着いたら5時近くになり、すでに真っ暗でした。 (無料入場は要事前予約なんですが、今回はコネによる裏口エントリーなので時間はフリー)夜の街

 

トランシーバー形のこのビルの屋上が一般公開になってすぐ、1年半前の誕生日に家族で行きましたが(→こちら)、その時とは全く違うガーデンの雰囲気と外の夜景を楽しみましょう。

 

 

 

折角ですから、着物で来ちゃいました。

 

ガラスに反射して良い写真は撮れませんでしたが、明る過ぎないところが謙虚で美しいロンドンの夜景星空

1年半前はだだっ広いスペースのあちこちがバーになってました。景色見るだけじゃなく、ゆっくりしてって下さいねってことでしょうロゼワイン

キラキラ5時半になると照明がぐっと暗くなり、雰囲気が変わって大人の時間に。

 

霧スカイガーデンというくらいですから、植物がたくさん植えられてます。

 

この後4人で近くのトルコ料理店Hazでディナー。夏にアスコットにもご一緒したMさんと鍋

 

これが今年の着物お出掛け40回目。 まとめは→こちらダルマ

外出先では、レストランですら道行姿のままだったのは、今日はこの母のお下がりの椿の道行きが主役だからですが、寒いので、下に羽織も着てました。

 

 


人気ブログランキングへ

12月4日から始るROHのトロバトーレ、Travelzooというオンライン割引サイトで大幅ダンピングのオファーダウンが出ましたのでご紹介します。(ROH自身のオファーも見つけたので最後に追加しておきます)。

 

この夏やったばかりなのに(→こちら)、又こんなにすぐ、しかもぱっとしない歌手陣(アラーニャがキャンセルして更にしょぼくなって・・)で11回もやるなんて、ROHはなに考えてんの、これだから他のオペラハウスに負けちゃうのよパンチ!、と怒りたくもなります。

 

メモ

詳細はtravelzoo(→こちら)をご覧下さってもいいですが、以下ざっと説明しますので、ご興味ある方は直接ROHのサイトで買って下さい(→こちら)。 promo codeはtravelzootrovatore

 

1月31日、2月3日、6日、9日の4公演だけで、

①オーケストラストールの高い方から4段階の値段(£163-£190)が£95

②アンフィシアターの高い方から4段階の値段(£48-£84)が£45

 

Conductor Richard Farnes

Leonora Lianna Haroutounian

Manrico Gregory Kunde

Azucena Anita Rachvelishvili

Count di Luna Dmitri Hvorostovsky

 

今回のオファーは第二チームの方で、上の顔ぶれですが、ROHでは人気のホロ様も出るのに、癌治療中である彼が出ない可能性高いと思われているのか、それとも先回のプロダクション(マッチベターだった)何度か聴いたからもういいわと思ってる人が多いのでしょうか。

 

 
Conductor Richard Farnes
Leonora Maria Agresta
Manrico Najmiddin Mavlyanov
Azucena Anita Rachvelishvili
Count di Luna Quinn Kelsey

 

私はまず12月13日のこの第一チームに行きますが、折角久し振りのアラーニャのトロバトーレだと思って数回分仕入れておいたのに、おそらくこれ一回だけだわね。アラーニャの代役のNajmiddin Mavlyanovって誰よ? ウズベキスタン人で、去年のROHトスカに出た時に私は聴いてないし。女性二人はきっと良いし、彼も意外に良かったらまた考えるけど、期待はゼロうーん

 

アラーニャ、「どれを蹴って鼻の手術しようかな? やっぱりロンドンかな。 こんな醜い囚人服着たらイメージ崩れるぜ」、って思ったんでしょうね。 気持ちわかるわ。

 

ということで、特にお勧めできないキャストではありますが、お金とヒマが有り余ってる方はどうぞ。

ハチャメチャなストーリーですが、椿姫風説明だとこうなります(→こちら)。 音楽は素晴らしくて、ヴェルディの中でも私が一番好きなオペラの一つです。 そう、オペラはストーリーではなく音楽が命、ということを証明するのに最適の作品です(←褒めてるんです)。

 

ROHも自らBlack Friday Secret Saleとして、トロヴァトーレとマノン・レスコーを出してますので、サイトをご覧下さい(→こちら)。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ