<15th Jan Sun>

昨夜、無事ウィーンから戻りました。 写真は行きの飛行機の中から見えたドナウ川。

帰りのフライトはガラガラの上、30分も早く到着(早く着き過ぎて暫く降ろしてもらえなかったけど)。その上、ヒースロー空港のイミグレーションには20人くらいしか待ってなくて5分で済み、地下鉄も待ち時間ほぼゼロ。 当初到着予定時刻の一時間後には帰宅していたという今までで一番スムーズでした。いつもこんなだといいのに・・。

 

ウィーン滞在中も全て首尾よく進みました。

私が着く前日は寒波と雪で大変だったようですが、私が着いた日はぐんと気温が上がり(私と逆方向で寒波がイギリスに移動して雪降ったそうです)、たまに風が吹いたりするとちょっと寒かったけど、ほとんどそんなことはなく、曇ってはいたけど快適で、ヨーロッパの冬らしいグレーで静かなウィーンを散策し、芸術鑑賞もたっぷり。 日本からいらしたオペラ仲間の方とオペラ前後の食事やお喋りも楽しくて、充実した旅でした。 憧れのザッハーホテルと楽友協会にも行けましたよん。

 

そうなんです、本当におめあての歌手のキャンセルさえなければ素晴らしい旅になったのに、それでほぼぶち壊しになったのが不幸でしたしょぼん

 

コルンゴルドの「死の都」はテノールのワンマンショーみたいなオペラですから、観てる間ずっと「ああ、これがクラウス君だったらどんなに素晴らしいか・・・」、と今までキャンセルされた中で最も口惜しい思いをしながら観てましたえーん

 

で、まだ15日と20日にもあるのですが、昨夜帰宅してからチェックしたら両方クラウスは出ることになってるじゃないですか。 覚悟はしてても一番頭に来るシチュエーションだムキー

 

くっそー、それなら、昨日帰ってこずにそのままウィーンに残ればよかった・・・最悪えーん

 

と更に落ち込んで、ガタガタの私ゲロー

 

でも、

 

観てる間ずっと、「嗚呼、ローエングリンみたいなお上品なクラウス君じゃなくて、このオペラの妻を亡くして悲しむ人間的なクラウス君をいつかどこかで観ないと気が済まないわ」、と決意も新たにする私に、思いがけず訪れたその機会ビックリマーク

 

そう、20日に又行けばいいんじゃないの?!

 

と思いながらも、昨夜はオペラ切符とフライトをチェックしただけで決心するまでには至りませんでしたが(又キャンセルされたらあまりにも惨めだし・・ショック)、一晩寝たら、「あー、もう迷い疲れてなにも出来ないから、お金のことは気にしないで、もし良い席が買えたらこれに賭けてみようじゃないのアップ」、と開き直りました。

 

そしたら、願いが通じたのか、なんと、昨夜は出てなかった前から4列目の真ん中近くの抜群の席があるじゃないですか目! 勇んでクリックしたのにタッチの差で「この席は他の人がプロセス中ガーン」になってしまったけど、根気よく待ってたらその人は気が変わったようで結局私がゲットチョキ

 

でも、又キャンセルされたら大変だからフライトはもう少し待ってから買おうかなと思ってたのに、便利な時間でそこそこの値段の切符が「あと一枚しか残ってませんよ」ってことで、これも買っちゃいました。 ホテルは昨夜のうちに押さえてあったし(これはキャンセル可)。

 

というわけで、又ウィーンに行くことになっちゃいました。 一泊だけで他には何もしない純粋弾丸オペラ遠征。 なんか、憧れてたんですよね。

 

もし又彼がキャンセルしたら、航空券もオペラも無駄にしてでも行かない可能性大ですが、まあそれはそうなった時に考えるとして、「こんな時のために働いてるんだからお金のことは気にしない気にしない」、という覚悟は出来てます。 日本から弾丸でいらっしゃる方もいる中、私にとってはたかがウィーン、簡単に行けるし様子もわかったし、この機会に賭けてみます!!

 

とういわけで、年初から予想外の展開になってしまいましたが、少なくとも今は希望が沸いたわけで、後はケ・セラセラだグー

 

旅行記は追々書きます。

 


人気ブログランキングへ

AD

<11th Jan Wed>

明日から2泊でウィーンに行ってきます。

 

こんなクソ寒い時に行くってことは、観光では勿論なくて、オペラ遠征なのですが、また悪夢が現実になってしまい、今はもう海外遠征はこりごりという気分ですガックリ

 

お目当てはクラウス君(クラウス・フロリアン・フォークトラブ)が出る予定だったコルンゴルドの「死の都」(→こちら)だったのですが、彼が9日の初日を数日前にキャンセルしてから悪い予感がして毎日ハラハラ・・・ガーン。 で、たしか一昨日はまだ彼が出ることになってたのに、今日になって、ガーンムキーえーんガーン、やっぱり降りちゃいました。 原因は不明。 これでクラウス(もう君なんか付けてあげないパンチ!)に裏切られたのは2度目で、ベルリンの「ファウストの劫罰」でやはり前日にキャンセルを知った時のショックは忘れることができませんしょぼん。 去年は東京でローエングリンを聴くことが出来たのは幸いでしたが、もうこれでワーグナー以外でクラウスを聴きたいという夢はきっぱり諦めますむっ

彼のワーグナーと言えば、今年はタンホイザー・デビューが話題で、切符が買えればミュンヘンに観に行こうかなあ、或いは秋に東京でやるから里帰りついでに、とか思ってたけど、東京のは9月後半ということで仕事が休めにくい時期なのでほぼギブアップだし、ミュンヘンまで行って又振られたら立ち直れないわ、とか悲しい方にばかり思いが行ってしまいます。

 

6年振りのウィーン、行ってみれば楽しいこともあるのかもしれませんが、今はがっかりしてそんな気にもなれず、「これだからオペラ歌手って嫌だわよねプンプン」、ということはオペラファンなら誰しも経験ある悲劇ですが、海外遠征はお金と時間が掛かるだけじゃなくて、長い間心配しなくちゃならないのが一番辛いですよね。 それでこんな最悪の結果になったひにゃ、もうこんなことは二度としたくないって思っちゃって、もうしないのであれば資金稼ぎに働いてる必要もないから、もう仕事辞めちゃおうかな、とか思い悩んでます。

 

目的が無くなっても、飛行機代とオペラ切符代(約200ユーロ)を無駄にするのも口惜しいので、重い足取りで一応行ってきます飛行機 土曜日の夜に戻ります。これ以上、悪いことが起きませんよう・・。

 

2010年9月にアルベルティーナから撮った国立歌劇場。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

Written on Skin のリハーサル

テーマ:

<10th Jan Tue>

昨日の地下鉄スト、行きはトーチャンに最寄の電車駅まで車で送ってもらったら渋滞で大変だったけど、帰りは幸い私が乗る路線は走ってて、しかも閉鎖されてる駅をいくつかすっ飛ばしたので凄く早く帰宅できました。そして今日からBritish Airwaysが48時間スト。私がウィーン行きで乗るのは明後日なので免れましたが、イギリスの先行き不安な時にどいつもこいつもストライキなんてやってる場合かムキー

--------------------ーーー-----------------------

 

クリスマスからずっとROHではバレエばかりでしたが、やっと今年のオペラが始まり、今日はジョージ・ベンジャミンのWritten on Skinのリハーサルに行ってきました。 カーテンコール写真はトーチャンと両側から撮りました。私は左側から。

 

2013年3月に2度行った時のことは(CTはビジュン・メータ)記事にしなかったのですが、去年3月にバービカンでコンサート形式(CTはTミード)で聴いた時の様子は→こちら。 最初は「うわ~っ、前衛的でヘンテコリン!滝汗」、2度目は「あら、そんなに悪くないかもウインク」、3度目は「まあ、凄く良いじゃないのチョキ」、と聴く度に良さがわかった現代オペラで、今回は待ちに待ったイエスティン君の登場(他所ではこの役やってますが、ロンドンではお初)。

 

本本作りを依頼した若者と自分の妻が恋仲になったのを嫉妬した金持ち男が彼を殺したばかりでなく、彼の心臓を妻に食べさせドキドキ、妻は自殺するというグロテスクな中世のお話ですがびっくり、若者は時代を超越する天使でもあり天使、前衛的かつシュールな展開で、セットも衣装も中世と現代が交差し、イエスティン君は何度も着替えます。

 

Music George Benjamin

Text Martin Crimp

Director Katie Mitchell

Designer Vicki Mortimer

Lighting designer Jon Clark

Conductor George Benjamin

The Protector Christopher Purves

Agnès Barbara Hannigan

Angel 1 / The Boy Iestyn Davies

Angel 2 / Marie Victoria Simmonds

Angel 3 / John Mark Padmore

 

リハーサルでも皆さん本気で歌い演じてくれて迫力ありました。やっぱり、内容が内容ですからコンサート形式より緊張感がみなぎります。 童顔のイエスティン君はこのミステリアスでセクシーな役にはビジュアル的にしっくりこなくて、ビジュン・メータとティム・ミードの方が雰囲気合ってるけど、絶好調のイエスティン君の声は美しく響きました。バーバラ・ハニガンは何度聴いても、演技付きでも無しでも凄いの一言。

でも、バービカンのコンサートの時はことさら最後の子音を強調して、それがとても気に入ったのに、今回はそうでもなくて、あれはコンサートだから何か特別なことしないといけないと退屈だと思ったのか、或いはバービカンでは目の前で聴いたのでそれが聴こえたのか・・?

 

 

 

 

 

 

 

休憩なしで1時間半、12時半に終わったので、午後だけ出勤する前にステージドアに行って、胡蝶蘭さんも一緒にイエスティン君と記念写真。13日の初日には行けませんが、23日にレイネさんと又行きます。

 

 

やけに控え目で、彼が誰だか知らなかったら有名テノールとは思わないだろうマーク・パドモア。 滅多にオペラには出ないので貴重な機会なのですが。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

<7th Jan Sat>

クリスマスツリー今年のクリスマス、私とトーチャンは自分ではなーんにもせずにオニーサンちでご馳走になっただけでしたが(→こちら)、ムスメは一年おきのボーイフレンド君ファミリー大集合に又巻き込まれて遠くヨークシャーの田舎に3泊で行ってました。今年はいつもより人数が少なかったので一つのコテッジに宿泊して当番で料理したりヨークの街や田舎を散歩したり、我が家ではジーチャンバーチャンが亡くなってからはやってない伝統的なファミリークリスマスだったようです。

プレゼント今年もお手製のクリスマスクラッカー係だったムスメ、私たちのために余分に作ったのをひとつだけ、3日前に来た時に持ってきてくれました。

 

クラッカーの中からは恒例の羊毛フェルトヒツジ。 これはクリスマスツリーにぶら下げる飾りで、私たちがもらったのは左のクマさん。キツネとウサギは自分たち用だそうです。

 

20匹が勢揃い。フクロウも含めて4種類、色とりどりのスカーフ巻いてます。 私はウサギが好きかな。

今までで一番シンプルなのですが、大きさや形を揃えるに手間取って、一つに3時間掛かったそうです。 日本で買った針を愛用。 羊毛は毎回日本から持ち帰るのですが、白いのは買ってこなかったのでこちらで調達したようです。Needle Felting、日本ほどには流行ってませんが。

 

去年の羊毛フェルトは→こちら、3年前のは→こちら

 


人気ブログランキングへ

我が家の2016年

テーマ:

<5th Jan Thus>

昨日はムスメがクリスマス後はじめて遊びに来てくれたので、私も午前中だけ働いて午後は3人でのんびりし、お正月写真も3人でカメラ。 明日はトーチャンとムスメは映画に行くのだけど、私は仕事。 来週からはムスメも仕事で忙しくなるようですが。

---------------------------------------------

年寄りになってから懐かしく思い出すことが出来るように、2016年は我が家にとってどんな年だったかまとめておく自分用メモです。

 

2016年は平衡感覚を失くして倒れるという恐怖の体験(→こちらゲローをした以外は、風邪ひとつひかず順調な一年でした。

 

パソコン3年前に勤務時間を半分にしてもらったありがたいフレクシブル勤務は順調。2016年7月から国の年金も貰えるようになったし、いつ辞めてもなんとかなりそうだけど、折角の好条件を捨てては勿体ないし、とりあえず続けていくつもり。 と言いながら、そのうち「あー、もうやってられん!」、という状況の変化が襲ってくるかもしれないし、境遇は同じでもほんのちょっとしたことが切っ掛けで気持ちが変わってしまうかもしれないし、お楽しみってとこでしょうか。

 

カバン旅行は、日本に二度行けたし(家族との北海道旅行と、私一人の飲み食い&社交旅行)、他には春にはリスボン、夏にはザルツブルグ音楽祭とバイロイト音楽祭とオランダと周り、秋はサンセバスチャンも楽しめてなかなか充実してました。 今年はもっと行きたいけど考えてる時間がないのが問題。ヒマなトーチャンが計画してくれたらいいんだけど、ちょっと前に試しにアイスランド旅行を調べてもらったら、重箱の隅を突っついちゃう性格なので、「結局空から観ないと良さが充分わからないことがわかったし、調べ過ぎてすっかり行った気になってしまった」、ですって・・・。 今だって、実際に行く前にグーグルで街並まで調べるので、現地で「あ、ATMはその角曲がったところにあるよ」、とか、「この駐車場じゃなくて、もう少し行ったら無料のがあるから」、と言い出す始末。 3月にマルタ島に行くんですが、又そうなりそうです。 旅の楽しみはサプライズでしょうにねえ。

で、体が動くうちに旅行しとかなきゃって焦り始めてるんだけど、ポンドは弱くなったし、あちこち物騒だし、どうしたものか・・。 ヨーロッパでもまだ行ったことがない所がたくさんあるので、オペラハウス巡りとか古代ローマ遺跡をテーマにするとかしてとりあえず近場で良いんだけど、退職したら時間は出来るけど旅行資金が減ってしまうしなあ。 うーん、お金か時間か、先行きそんなに長くない63歳は悩めるお年頃ショック!

 

着物お出掛けは42回(→こちら)、オペラやコンサートは112回(→こちら)、とほぼ例年並み。

 

一番の心配だった運動不足を解消するために10月からジムに2年半ぶりに再入会走る人。 水泳を中心に週3回くらい通ったので忙しくなったけど、精神安定剤になるし、体重はほとんど変わらなくても体は引き締まったような気がするの。

 

クマトーチャンも元気で、有り余る余暇時間を昨年着手した「ネガフィルムのデジタル化」長期プロジェクトに費やしてました。5月でオニーサンがリタイヤしてアルバイト口が無くなってしまい、写真プロジェクトが終わったら一体どうするんだろうと心配だけど、元々のんびりするのが好きみたいだし、私があれこれ提案しても聞く耳持たずなので、もう勝手にしろっ。 でも、トーチャンがいつも家にいるってのが私がリタイヤに踏み切れない理由の一つだろうと思うの。 静かで邪魔にならない人だけど、狭い家にずっと一緒にいたら息が詰まるでしょ。

 

おとめ座ムスメは、私たちと一緒に2月に日本に行った後、北京へ8ケ月半の出稼ぎ。中国ファンタジー映画のモノ作りでしたが、ほぼ仕事ばかりで観光が充分できなかったのが残念でしたが、違う文化に触れて貴重な経験だったようです。 でも、今年でムスメも30歳になるので、そろそろ孫が出来ると嬉しいけど。

 

ムスメが子供産んだら我が家の状況も変わるんでしょうが、そうでなければ、このまま元気に去年と同じペースで暮らせたら充分幸せ。 そして、出来れば、更なる食生活改善、断捨離が無理ならせめて整理整頓を目指しましょう手裏剣

 


人気ブログランキングへ