カメラ 1月30日 オネーギン


 ← クリックよろしくお願いします



ビックリマーク


メッセージを送って頂く場合は、下記メルアドにお願いします。


tsubakihimelondon あっとまーく yahoo.co.jp



このブログのメッセージ機能は、「不適切な表現が含まれているため表示できません」ということになって、開くことすらできないことがよくありますので、避けて下さい。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-30 09:48:30

バービカンの2015/16年シーズンの切符購入

テーマ:オペラはいかが?

例年同様、来シーズン切符購入の先陣を切るのはバービカンで、一年分をまとめて一気に売るんです。

詳細は→こちら をご覧下さい。summary sheet pdfが一番見やすいです。


絞るのに苦労しましたが、歌モノを中心にピアノを少しといういつものパターンになり、結局以下の19のコンサートをゲット。大物歌手ではチェチリア・バルトリとルネ・フレミングをパス叫び だって、フレミングは聴き飽きたし、楽しみにしてたバルトリはなんとゲジゲジ眉毛君(ロランド・ヴィラゾン)と共演するんですもん、がっかりったらありゃしないガックリ (追記:迷った結果、バルトリ買いました。実際に行くかどうかはわかりませんが)


----------------------------------------------------------
Tue 29 Sep 7pm
Monteverdi Il ritorno d’Ulisse in patria (Concert hall staging)
Academy of Ancient Music
Ian Bostridge Ulisse
Christine Rice Penelope
Elizabeth Watts Minerva
Andrew Tortise Telemaco
Lukas Jakobski Tempo/Nettuno/Antinoo
Richard Egarr director/harpsichord
Alexander Oliver and Timothy
Nelson co-stage directors
Tickets £10–35
モンテヴェルディのウリッセは初めて聴くけど、ボストリッジ博士とアンドリュー・トーティスの二人の英テノールが楽しみ
----------------------------------------------------------
Fri 2 Oct 7.30pm
Natalie Dessay in recital
Schubert Eight Lieder
Mendelssohn Five Lieder
Duparc Six Mélodies;
Four Mélodies on poems by Victor Hugo:
Fauré ’L’Absent’
Liszt ‘Oh! quand je dors’
Liszt ‘Comment, disaient-ils’
Bizet ‘Adieux de l’hôtesse arabe’
Natalie Dessay soprano
Philippe Cassard piano
Tickets £10–35
バルトリとフレミングは蹴っても、久し振りのナタリー・デッセーには行く!
----------------------------------------------------------
Tue 10 Nov 7pm
Handel Tamerlano
Il Pomo d’Oro
Maxim Emelyanychev conductor
Xavier Sabata Tamerlano
Max Emanuel Cencic Andronico
John Mark Ainsley Bajazet
Julia Lezhneva Asteria
Ruxandra Donose Irene
Pavel Kudinov Leone
Tickets £15–55

豪華メンバーのタメルラーノ、特に初めて聴くCTサバタに注目

----------------------------------------------------------
Tue 15 Dec 7.30pm
Handel Messiah
Carolyn Sampson soprano
Iestyn Davies counter-tenor
Allan Clayton tenor
Christopher Purves bass
Britten Sinfonia Voices
Britten Sinfonia
Eamonn Dougan conductor
Tickets £10–45

クリスマスにはやはりメサイヤ。トーチャンは去年一昨年と行って今年はパスだけど、私は行きますとも、イエスティン君出るから。アラン・クレイトンも好きだし。
----------------------------------------------------------
Sat 9 & Sun 10 Jan 7pm
Debussy Pelléas et Mélisande (semi-staged performance)
London Symphony Orchestra
Sir Simon Rattle conductor
Peter Sellars director
Magdalena Kožená Mélisande
Christian Gerhaher Pelléas
Gerald Finley Goulaud
Bernarda Fink Genevieve
Franz-Josef Selig Arkel
London Symphony Chorus
Simon Halsey chorus director
Tickets £25–75
ラトルとコジェナが夫婦共演するペレアスとメリサンド、値段が高いのが痛いけど・・
----------------------------------------------------------
Wed 23 Feb 7.30pm
Maxim Vengerov in Recital
Brahms, Dietrich, Schumann F-A-E Sonata
Shostakovich Sonata for Violin and Piano
Enescu Sonata No 3 for Violin and Piano
Ysaÿe Sonata No 6 in E, Op 27, for solo violin
Ernst Introduction, theme and variations
on the Irish folksong The Last Rose of Summer
Paganini Cantabile
Paganini I Palpiti (arr Kreisler)
Tbc piano
Tickets £15–65
完全復帰したらしいベンゲロフのリサイタル
----------------------------------------------------------

Tue 1 Mar 7pm

Handel Orlando
The English Concert
Harry Bicket conductor
Iestyn Davies Orlando
Erin Morley Angelica
Carolyn Sampson Dorinda
Sasha Cook Medoro
Kyle Ketelsen Zoroastro
Tickets £15–45
ヘンデルのオルランドはイエスティン君!
----------------------------------------------------------------
Thu 10 Mar 7.30pm
Evgeny Kissin piano
Mozart Sonata No 10 in C major
Beethoven Sonata No 23 in F minor, Appassionata
Brahms Three Intermezzos, Op 117
Albéniz Granada, Cadiz, Córdoba, Asturias
Larregla Viva Navarra!
Tickets £15–65
キーシンは何度も聴いたからもういいかな、と思いつつ、又買ってしまいました。絶好調の時の彼はやっぱり凄いから
----------------------------------------------------------------
Fri 18 Mar 7.30pm
Benjamin at the Barbican:
BBC SO/Dream of the Song
Debussy Nocturnes
George Benjamin Dream of the Song (BBC co-commission: UK premiere)
Stravinsky Symphony in Three Movements
BBC Symphony Orchestra
Oliver Knussen conductor
Iestyn Davies counter-tenor
BBC Singers
Tickets £10–34

ジョージ・ベンジャミンって、ヘンテコかもしれないけど、イエスティン君が出るから
---------------------------------------------------------------

Sat 19 Mar 7.30pm
George Benjamin Written on Skin
Semi-staged concert version
Mahler Chamber Orchestra
George Benjamin conductor
Christopher Purves The Protector
Barbara Hannigan Agnès
Tim Mead Angel 1 / The Boy
Victoria Simmonds Angel 2 / Marie
Robert Murray Angel 3 / John
Tickets £15–45

ROHではビジュン・メータで観たWritten on Skin, 今回はティム・ミードだ。.
----------------------------------------------------------------

Sun 20 Mar 7pm
Schumann Scenes from Goethe’s Faust
London Symphony Orchestra
Daniel Harding conductor
Christian Gerhaher Faust
Christiane Karg Gretchen
Alastair Miles Mephistopheles
Andrew Staples Ariel
London Symphony Chorus
Tickets £10–40

シューマンのファウストはゲルハーハー。こないだ見たシューマンのオラトリオも凄く良かったし。
---------------------------------------------------------------

Fri 8 Apr 7.30pm

Bach Mass in B minor
Bach Collegium Japan
Masaaki Suzuki conductor
Hana Blazikova soprano
Joanne Lunn soprano
Robin Blaze countertenor
Colin Balzer tenor
Dominik Wörner bass
Tickets £15–45
鈴木さん率いるバッハ・コレギアムのバッハにはCTロビン・ブレーズも

----------------------------------------------------------------


Fri 15 Apr 7pm, Milton Court
Handel Saul
BBC Singers
James O’Donnell conductor
Soloists to be announced
St James’s Baroque
Tickets £10–25
ヘンデルのサウル、どんな形式でソロ歌手が誰なのかわからないけど、まあいいや、ヘンデルならなんでも。

----------------------------------------------------------------

Sun 24 Apr 7pm
Elgar The Dream of Gerontius
London Symphony Orchestra
Sir Mark Elder conductor
Alice Coote soprano
Allan Clayton tenor
Gerald Finley bass
London Symphony Chorus
Simon Halsey chorus director
Tickets £10–40
このエルガー、壮大で好きです
----------------------------------------------------------------
Sun 8 May 7pm
Mozart Piano Concerto No 20
Bruckner Symphony No 3
London Symphony Orchestra
Daniel Harding conductor
Leif Ove Andsnes piano
Tickets £10–40
ご贔屓の爽やかピアニスト、アンスネスが4回出てくれるうち3回行きます。まずはモーツァルトのコンチェルト

----------------------------------------------------------------


Wed 11 May 7pm
Bellini Adelson e Salvini
Concert staging. Sung in Italian with English surtitles
BBC Symphony Orchestra
Daniela Barcellona Nelly
Colin Lee Salvini
Maurizio Muraro Bonifacio
Patricia Bardon Madame Rivers
Nicola Alaimo Lord Adelson
Kathryn Rudge Fanny
Luthando Quave Struley
Daniele Rustioni conductor
BBC Singers
Kenneth Richardson director
Produced by the BBC Symphony Orchestra and Opera Rara
Tickets £12–40
ベッリーニのこのオペラは聞いたことないけど、コリン・リーとダニエラ・バルチェロナ!
----------------------------------------------------------------
Sat 21 May 7.30pm, Milton Court
Handel Acis and Galatea
Academy of Ancient Music
Andrew Tortise Acis
Rowan Pierce Galatea
Ashley Riches Polyphemus
Richard Egarr director & harpsichord
Tickets £10–30
ヘンデルのアシスとガラテアは短いけど、テノールのアンドリュー・トーティスは良いよ~

----------------------------------------------------------------

Sat 28 May 7pm, Milton Court
The Brahms Piano Quartets
Brahms
Piano Quartet No 1 in G minor
Piano Quartet No 2 in A
Piano Quartet No 3 in C minor
Leif Ove Andsnes piano
Christian Tetzlaff violin
Tabea Zimmermann viola
Clemens Hagen cello
Tickets £15–30

アンスネス特集第二弾は、私には珍しい四重奏。ヴァイオリンのテツラフも聴きたいと思ってたし

----------------------------------------------------------------Fri 10 Jun 7.30pm
Leif Ove Andsnes Recital
Works by Sibelius, Beethoven,
Debussy and Chopin
Tickets £10–29

最後はアンスネスのリサイタル。ピアノものではこれが一番楽しみ




---------------------------------------------------------------
 
人気ブログランキングへ
AD
2015-01-29 08:42:55

穴場! 音楽学校の無料イベント

テーマ:オペラはいかが?

昨夜はRAM(Royal Academy of Music)での指揮者ウラジミール・ユーロスキーによる学生の金管木管楽器小オケのワークショップ(無料)に行ってきました。


音楽学校の無料イベント、写真撮りにくいので記事にはしませんが、実はちょくちょく行ってるんです。恒例の年間回数には含めてないのですが、今年はこれも勘定してみるつもり。


学生によるコンサートもなかなかレベルが高くて楽しめるのですが(今年はすでにRAMのオルガンコンサートに行きました)、私のお気に入りはマスタークラス。


今まで、マキシム・ベンゲロフ、サイモン・キーンリーサイド、サラ・コノリー、トビー・スペンス等に行きましたが、先生であるアーチストの生の人柄が出るのが面白いです。


でも、なぜか歌のマスタークラスはいつもガラガラなんですよね・・しょぼん。あまりに気の毒なので、皆さん、是非ご都合つけばいらして下さいませ。平日の昼間とも限らないので、勤め人でも機会はある筈。


近いところでは、1月30日午後にGuildhall Schoolでソプラノのフェリシティ・ロット(→こちら、2月3日午後はRAMでバリトンのトーマス・アレン(→こちら )のマスタークラスがあり、私とトーチャンは両方とも行く予定です。イギリス声楽世界の大御所であるDameSirですからね、きっと二人とも指導者としても優れてると期待したいです。 他にも色んな楽器のマスタークラスがあり、できれば全部行きたいけど、それはフルにリタイヤするまで無理でしょうねえ。今日はRCMでアン・マレーのマスタークラスもあったんですけどね。

   

カメラ写真は両方共2008年のウィグモア・ホールのリサイタルですが、この時も偶然同じような時期にやったんですね。ロット嬢はそれ以来見てないのかもしれなくて、一体どんなお婆さんになってることやら・・


サーチ

私がWhat's Onに目を通すのはとりあえず以下の3校ですが、行きたいイベントがあり過ぎて、溜息出るばかり・・ショック!


①Royal Academy of Music (RAM) → こちら   (最寄駅ベーカー・ストリート)


②Royal College of Music (RCM) → こちら  (ロイヤル・アルバート・ホールの近く)


③Guildhall School of Music and Drama → こちら   (バービカンの近く)




がま口財布アップ本当にロンドンは、貧乏人がクラシック音楽を楽しむには天国で、教会コンサートなどもたくさんあって、どこから手を付けていいやら状態なのが贅沢な悩み得意げ  




音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD
2015-01-27 09:51:16

オペラ初日に二人で着物

テーマ:着物
1月20日、カウフマンのアンドレア・シェニエの初日(→こちら )に着物で行きました。

コーヒーコーヒー染めのの帯が出番です。

薄い色の着物にしたのはご一緒した方とバランスを取るためです。


     


は~い、この日は胡蝶蘭さんのROH着物デビュークラッカー


すでに9月にウィグモア・ホールに落ち着いた雰囲気の着物でご一緒してロンドン着物デビューは果たしてらっしゃるのですが(→こちら )、今日は全く雰囲気の違うオペラハウス、しかも大スター出演で話題の新プロダクションですから、なるべく華やかな着物にしましょうねDASH!、という私の強引な提案で、日本から運んでらした中で一番豪華な訪問着をお選びに。 後ろにも柄がたくさんあって、華やかですよね~合格


     


20代の時にお召しになったお気に入りの一枚とのことですが、日本ではちょっと躊躇するかもしれませんが、オペラハウスには華やかでぴったり。 しかも、品の良いこっくりとしたオレンジ色のこの訪問着、お母様が縫って下さったとのことで、お母様もさぞお喜びでしょう。着物ならではの親子の絆。


「いつかオペラハウスに着物でご一緒しましょう!」、という私の長年のしつこい誘いに、こんな素晴らしい訪問着で応じて下さって、とても嬉しいです。


ご趣味の良いお母様のお見立ての素敵な着物を他にも何枚もお持ちですから、次が楽しみなんですが、すでに計画中で、今からワクワクラブラブ




人気ブログランキングへ
AD
2015-01-26 07:48:35

クリストファー・エインズリー(CT)@Wigmore 南アフリカ3人男

テーマ:クラシック・コンサート

<25th Jan Sun>

そろそろ来シーズンのコンサート予約開始。明日のサウスバンクはメンバーを外れたので参戦しませんが、バービカンの準備はしました。「本当に聴きたいものだけにしておこう」、「いや、折角メンバーなんだから幅広に買っておこう」、という相反する気持ちがせめぎあって迷うこと迷うこと・・ショック!

-------------------------------------------




       

1月21日はウィグモア・ホールへ。


南アフリカ出身のカウンターテナーのクリストファー・エインズリーでしたが、去年7月に続きウィグモアに2回も出してもらえるなんて期待されてるんでしょうね。、客の入りも先回よりはかなりましでした。


先回の様子は→こちら ですが、半年前のルパシカ風ブラウスだったのとは一変して今回はきちんとしたスーツ姿。

ピアノ伴奏もヴィオラ奏者も若い南アフリカ出身者なので、きっと仲良しなんでしょう、和気藹々でリラックスした雰囲気でした(先回は年配のリュート奏者に気を使って窮屈そうでしたが)。



Christopher Ainslie
countertenor

James Baillieu piano

Gary Pomeroy viola


三日月Songs of Night and Travel カバン


Gurney Sleep

Quilter The Night Piece

Schubert Nacht und Träume D827/Die Sterne D939

Mendelssohn Nachtlied Op. 71 No. 6

Strauss Die Nacht Op. 10 No. 3

Wolf Storchenbotschaft

Bridge Pensiero/Allegro appassionato

Brahms 2 Songs with viola Op. 91

Anonymous I am a poor wayfaring stranger

Bridge Three songs with viola

Vaughan Williams Songs of Travel

アンコールは3人で南アフリカの子守唄



はてなマークなぜ夜と旅というテーマかと言う理由を歌いはじめる前に言ってくれたのですが、5年前に初めてウィグモアに出た直後から車(van)に荷物を放り込んで音楽行脚を始め、旅の間は夜に色んなことを考えたので、旅と夜には思い入れがあるからだそうです。なので、私は(違うかもしれないけど)キャンピングカーで暮らして夜空の星に願いをかけるクリス君を勝手に想像しながら聴きました。


でも、前半の夜がテーマの暗い感じはクリスには似合わなくて、これでは彼の良さが出ません。単音を伸ばすだけで聞惚れるような美声じゃないから。


後半の「旅」は英語ばかりでリラックスして、特にヴィオラも加わる曲は賑やかで楽しめました。


ピアノ伴奏も上手でしたが、特筆すべきはヴィオラ奏者のGary Pomeroyで、ヴィオラってこんなに美しい音なんだと感激。 深くて温かくて、彼とピアノだけの演奏にはジーンとしました。 

数年前にマキシム・ベンゲロフがヴィオラも弾いてたことがあって、その時はもっと小回りの利くヴァオリンで超技巧を披露してくれる方がいいわと思ったけど、ベンゲロフ、又ヴィオラを弾いてくれないかしら。

昨夜はロイヤル・フェスティバル・ホールのコンサートでかぶりつきに座ったのですが、目の前のヴィオラが気になりました。 


というわけで、最前列ど真ん中で、思いがけずヴィオラにも感動できたコンサートでした。声にクセのあるクリス君は万人向けではないでしょうが(まずカウンターテナー自体がかなりオタクだし)、次はこんな狭くて暗いホールではなくオペラの広い舞台で聴いてみたいです。去年3月のENOのロデリンダの彼は華があってとても素敵だったので。そして、できれば、上半身裸になってくれるともっとアピールすると思うのべーっだ!


ところで、CDにでもするのか録音してたのに、年寄りの多いこのホール、寒波のロンドンで風邪ひいてる人が多くカゼ、あちこちで咳してたのは残念。でも、最前列のお爺さんが録音の邪魔になると思ったか、すぐに出てっちゃって帰ってこなかったんです。折角良い席なのに気の毒だけどあっぱれな態度クラッカー



終了後に舞台裏に行ってみたら、クリス君はグリーンルームの外にいたので、いつもと違う背景で写真撮るのも面白かろうと、ここで写真撮らせてもらいました。


音楽(クラシック) ブログランキングへ

2015-01-24 20:36:19

今年初めての着物お出掛けはフレンチ・レストラン

テーマ:着物

今年になってから着物記事がないけど、一度も着てないの?


いえいえ、そんなことはありません。寒さのと仕事の都合で何度か予定してたのをギブアップしたもしましたが、なんとか2回は実行してます。

今夜もコンサートに着物で行こうと思ってますが、まずは一回目のことをアップします。私なんぞは滅多に行かない素敵なフレンチ・レストランでしたよ。


                                         カメラ写真はクリックで拡大します


      


友人が選んでくれたレストランの内装は白っぽいので、着物はダークにしようと、濃紺の小紋に。実家の母のお下がりですが、チューリップなのかバタフライなのかわかりませんが、濃いピンクの総絞りの帯に合わせてみましょう。あまり仰々しくならないように、と。


      


Roux at the Landau(→こちら )は、Oxford Street駅近くにあるランガム・ホテルにあり、広々とすっきりしながらも高級感のある素敵な空間で、静かなので友人とのお喋りにも最適。


         


まともな時間に行ってアラカルテを頼む高そうですが、早い時間なら3コースで35ポンドという特別オファーがあったので6時スタートにしたらガラガラ。 写真が撮りやすくてありがたいです。 


ナイフとフォークワインワインとサービスチャージを入れると50ポンド近くになりましたが、私が食べたのはこれでした。   

      
突き出し:チーズのシュークリーム     前菜:豚の頬肉、King Oyster Mushroom、フォアグラソース

      

メイン: サーモンと小海老                  デザート:ルーバーブのトライフル

  コーヒーのお供:ゼリー、マカロン、チョコケーキ




人気ブログランキングへ

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>