音楽仲間の胡蝶蘭さんからお借りしてる着物を初めて着て、9月26日にウィグモア・ホールにご一緒しました。まだ9月だけど、早々と菊柄の帯で。これが今年31回目の着物お出掛けですから、今年はかなりペースが遅くて、最低記録更新かもしれず、秋限定の帯は機会を逃さず締めましょう。

     

 

胡蝶蘭さんはシックな色合いの麻の葉柄の紬に白い帯ですっきりと。

何度か二人で着物で行ったことのあるローゼンブラット・リサイタル・シリーズ。

 

アレック・シュナイダーという若いアメリカ人テノールで、今ROHでやってるセヴィリアの理髪師のロジーナであるダニエル・マック嬢は彼の奥様だそうです。美男美女で歌も上手なラブリーなカップルだわ。 彼女がグリーンルームに来てなかったのは残念でしたが。

 

 

Alek Shrader tenor

Roger Vignoles piano

 

Igor Stravinsky (1882-1971)

The Rake's Progress - Here I Stand

Iain Bell (b.1980)

The Undying Splendour - A lark above the trenches/Comrades/Gallipoli

Virgil Thomson (1896-1989)

Mostly About Love - Love Song/Down at the Docks/Let's take a walk/A Prayer to St. Catherine

Otto Nicolai (1810-1849)

Die lustigen Weiber von Windsor - Horch, die Lerche singt im Hain

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

Die Entführung aus dem Serail K384 - Ich baue ganz auf deine stärke

George Frideric Handel (1685-1759)

Semele HWV58 - Where'er you walk

Samuel Barber (1910-1981)

Now have I fed and eaten up the rose Op. 45 No. 1/A Green Lowland of Pianos Op. 45 No. 2/

O Boundless, Boundless Evening Op. 45 No. 3

Stephen Collins Foster (1826-1864)

Beautiful Dreamer/I cannot sing tonight/If you've only got a moustache

George Frideric Handel

Partenope HWV27 - Barbaro fato, sì

Gioachino Rossini (1792-1868)

Les soirées musicales - La danza

アンコール-サミュエル・バーバーのSure on this Shining Night

 

 

ロンドンは初めてなのかな、緊張してたらしいのと風邪気味だったせいかどうかはわかりませんが、高音が上手く出なくて喉が閉まってしまう感じになったのは残念。

でも、それ以外は芯のあるクリアな美声は私好み。西洋人にしては少々短足気味とは言え、舞台映えのする美男子で、二枚目役にぴったりなのはテノール界にとって貴重な存在です。

 

色々混じったプログラム、このシリーズだとオペラのアリアをもっと歌ってくれるのに今回はほとんどなくて、あっても彼には合わないのがほとんどだったのは不満ですが、容貌も声も明るいアメリカンボーイの彼が歌う軽いアメリカン歌曲は素晴らしかったです。 いつかフルオペラで聴いてみたいテノール君でした。

 

 

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

Travelzooというオンライン割引サイトで、ROHのコジ・ファン・トゥッテが9月29日、10月3日、7日、12日限定ですが、トップ5の値段の切符が85ポンドで買えるというオファーが出てます。元値が一番高い190ポンドのを買えば半額以下ですよ。

詳しくは→こちらをご覧下さいですが、

ROHの頁(→こちら)でBuyをクリックしてから右上にCosiTravelzoo16 というコードを入力して下さい。

評判がそんなに悪いわけではないのに売れ行きが悪いのは有名歌手が出てないからでしょうね、きっと。

 

そのレヴューですが、私は9月22日の初日を観たときに「3ツ星が並ぶんじゃないかな」、と書いたのですが(→こちら)、なんと、こういうことになってます。 クリックで記事に飛びます。

 

The Stage ★★★★★
Evening Standard ★★★★
The Guardian ★★★★
Independent ★★★★
The Telegraph ★★★
The Times ★★★
What's on Stage ★★★
The Arts Desk ★★
Bachtrack ★★

 

プロダクションの写真は→ をご覧下さいですが、一見まともなプロダクションなのに、5ツ星から2ツ星まで評価が分かれるとはビックリマーク

 

私の評価は3ツ星。 シアターを舞台にして色々工夫してるのは面白いけど、ひねり過ぎの割にはセットや小物全てがリアル過ぎてつまらないからです(壁紙と椅子だけで洒落た雰囲気を出してる「セヴィリアの理髪師」がいか洒落てるかがあらためてわかりました)。

冒頭で主役たちがモーツァルト時代の衣装でカーテンコールをしてるところに遅刻した二組の恋人たちが息せききって現れたり、衣裳部屋で姉妹が男二人が脱いだ衣装を見つけて奴らの正体を知り、そうと知りながらもっと積極的になる妹ドラベッラには納得etc.、「あら、なかなか良いじゃん」、と感心した点もありますが、なんかダサい印象。

 

びっくり

ところで、ROHでもう一つびっくりしたことがあり、それはなんとパッパーノ大将(或いは同姓同名の人)がCity LitというROH近くのadult educationのクラスで歌の指導をしてるんです(→こちら!!。 本当にパッパーノ大将だとしたら、お金が目的なわけないので、いつもの緊張感から逃れてド素人と接するのを面白がっているんだろうか? 謎だ。 (その後、別人であることが判明。お騒がせしました・・ショック

 


人気ブログランキングへ

AD

<25th Sept Sun>

昨日の土曜日、日本からのお客様をご案内しました。

まずは我が家から車で30分くらいのハットフィールド・ハウスHatfield Houseで、トーチャンと私も久し振り。

生い立ちはちょっとユニークで、写真の左下の茶色いオールド・パレスOld Palaceにはヘンリー8世の子供たち(エリザベス一世を含む)が住んでいたのですが、エリザベス女王の後継者であるジェームス1世が重臣に「わしはこの屋敷が好きじゃないから、お前のうちと交換するのじゃビックリマーク」、と命令したんだそうです。

Old Palace、きっと流行後れだし使いにくかったんでしょうね、中庭を囲んでこの4倍あったのを一部だけ残して壊し、その材料を再利用して右上の建物が1611年に完成。それ以来400年、同じ貴族ファミリーが所有して実際に住んでいるそうで、この手のお屋敷にしてはなんとなくアットホームな雰囲気も。

 

維持するためには金儲けに使われるのは仕方のないことで、イベントがある時はこのオールド・パレスには一般訪問者は入れません。昨日も結婚式のため、私たちは見学できず、内部の写真はウェブからのパクりです。 

 

その代り、ジャコバン様式のこちらのお屋敷の中は写真OKなので、ご案内します。400年前の雰囲気そのままの筈なのに、玄関前のモダンな噴水は邪魔ですが・・。

4日間の室内楽フェスティバル中で、マーブルホールで夕方からのコンサートのリハーサルをやってましたが、おや、ピアニストはメルヴィン・タン。ヴァイオリンのおっさんもWigmore Hallでよく弾いてる人だわ。 フェスティバルについては知りませんでしたが、オールドパレスでやる時もあり、出演者もなかなかの顔ぶれ(→こちら)。10月12日には「リゴレット」もやるようですが(→こちら)、私は先約ありで残念。 でも、ここには簡単に来られるし、今後は事前に要チェックだわ。

 

 

暖炉の上にはジェームス1世の像まじかるクラウン

                                                     400年前の麦わら帽子ハット

 

 

 

お土産ショップやカフェもなかなか充実してて、ここでランチしてから、車で1時間のケンブリッジ車

他にどっか開拓できたら良いんですが、皆さんに喜んで頂けるのでついここばかり来てしまい、私とトーチャンは今年3回目。

 

交通渋滞でえらく時間が掛かった上に、なぜかあちこちのカレッジが閉鎖されてて、いつもほど見学できなかったのは残念ですが、おかげで、街中が観光客でごった返す中、関係者以外は入れないトリニティ・カレッジはとても静かでした。

トリニティ・カレッジのチャペルの入り口にはトーチャンのヒーローであるアイザック・ニュートンりんご

パンティングと呼ばれる舟遊びのケム川沿いにいた牛のファミリーおうし座

 

いつでも行けると思うと行けない所に、お客様のおかげで行けるのはいつも嬉しいです。

 


人気ブログランキングへ

AD

<23rd Sept Fri>

今日の久し振りの着物お出掛け、6月に手に入れた茶色の着物を初めて着てみましょう。イギリスに長年お住まいだった日本人の奥様が亡くなられて、たくさんの着物がオークションに掛けられ、私はオークションには行けませんでしたが、縁あって私のところに来た一枚ですから、茶色は苦手ですが、奥様を偲びながらオペラハウスに行きました。 袷ですが、20度くらいだったので大丈夫。

ラメでキラキラしてるので、ついでに帯も光らせてしまおうと、実家の母のお下がりで銀色地に金の刺繍という菊柄の名古屋帯に。 マチネのオペラで昼間っからに光る素材というのもナンですが、ダークな着物は明るい日中にこそ映えますもんね。ガラス越しに見える雲ひとつない青空が眩しいったら。

 

 

私を含め10人でセヴィリアの理髪師を観たのですが、混んでるオペラハウスであちこちご案内しようと欲張ったため引率が大変だったものの、ロイヤルオペラハウスの良さはわかって頂けたかと。

オペラを初めてご覧になる方がほとんどでしたが、珍しい平日のマチネで評判の良いオペラを、公演半ばにして3日前に放出された舞台袖の10ポンドの席でまじかにご覧頂けたのはラッキーでした爆 笑

 

「ロマンスの主人公であるテノールがもうちょっと素敵な人だったら良かったのにねえ」、ということだけが残念だったと皆さんに言われました。たしかに普通に考えたらそうなりますが、良くも悪くもテノールは容貌の貧しい人が多いというオペラ界の事情も理解して頂けたわけですてへぺろ

 

 

カップケーキコーヒーオペラの後は有志で近くのカフェでお茶。 噂には聞いてたBBベーカリー(→こちら)は初めてでしたが、「可愛い~ふんわりリボン」、と7人でキャーキャー言いながらガーリーな個室でゆっくりお喋り。 カジュアルな雰囲気の中、アフタヌーンティは量も控え目で美味しくて29ポンドというのは高級ホテルの半額ですよ。

5月から計画したオペラ鑑賞会とお洒落なカフェで、充実した女子会でしたが、安い値段で気軽にオペラを楽しめるのを知って頂けて敷居を低くすることができたかな?

 


人気ブログランキングへ

<22nd Sept Thus>

同じ新プロダクションでも、注目のノルマの陰でひっそりと始まったコジ・ファン・トゥッテの初日が今夜でした。

どんなお話かは過去記事をご覧下さいですが(→こちら)、

うーん、なんかね~・・うーん、という印象で、そう思ったのは私だけでなく、演出チームはブーイングはされませんでしたが反応は冷ややか。

姉妹を騙す「お芝居」の要素を拡大し、楽屋裏や小道具や演出家まで登場して「舞台」作りをするのは悪いアイデアではなく、「なるほど」と感心した点もいくつかあり、何度も場面が変わって初めて観るには面白かったけど、色調や設えがなんか洒落てなくて残念・・・。 普遍性のある内容なので時代を読み替えはもちろんのこと、細かい所でいじくりまわしたくなるのもわかるけど、どう料理するにせよ、まず美しくないと駄目でしょ? 見切れ席の私があーだこーだ言う資格はないでしょうが、全体が見えたらもっとダサいと思うような気もするし・・。

 

 

演出チームと歌手の区別つきませんね、この服装ではガーン

 

Cosi fan tutte

Music Wolfgang Amadeus Mozart
Libretto Lorenzo da Ponte
Director Jan Philipp Gloger
Set designer Ben Baur
Costume designer Karin Jud
Lighting designer Bernd Purkrabek
 
Conductor Semyon Bychkov
Fiordiligi Corinne Winters
Dorabella Angela Brower
Ferrando Daniel Behle
Guglielmo Alessio Arduini
Don Alfonso Johannes Martin Kränzle
Despina Sabina Puértolas
 
 
 
 
 
パフォーマンスはどうだったかと言うと、今回は知名度の低い若い歌手を揃え、私が聴いたことあるのはテノールのダニエル・ベールだけ。ROHはこの頃無名でも上手な人を出してくれることもあるので期待してたんですが、「お上手!、張りのある美声だこと、何度も聴きたい、他の役でも」、とうっとり聞惚れたのはドラベッラだけ(パープルのドレス)。 デスピーナも蓮っ葉な感じがぴったりだったし、女性チームに軍配が上がります。
いえ、誰も下手な人はいなくて皆さん演技も一生懸命やって合格点なんですが、なんか地味で、何度も見たい聴きたい人は他にはいなかったので、脇の席が直前に放出されたので張り切って5回分も買っちゃったけど、2回で充分かな。 モーツァルトの中では一番好きなオペラですが、テノールがぱっとしないと魅力半減だし(あ、ダニエル・ベールはとても上手で充分鑑賞に堪えるのですが、声が好みではない上に、この役ではもっと声一杯張り上げるべきでは?)。
 
ということで、レビューは3ッ星が並ぶでしょう。もしかしたらダサいということで2ツ星も混じるかも。
しかし、背広姿を舞台で見るのは飽き飽きだわプンプン 実は序曲でモーツァルト時代の服装の人が出てきたので「おっ、新鮮!」、と受けたのですが、ちぇっ、やっぱりスマホとか出てくる現代版か・・。
 


音楽(クラシック) ブログランキングへ