<24th Aug Wed>

今日も暑かったですが、午前だけ働いてから日本人女性9人で冷房の効いたチャイニーズ・レストランで美味しい飲茶をしながらお喋りして楽しく快適に過ごせました。今週は毎日午前中だけ働くことになりそうですが、このパターンは時間が有効に使えて良いかも。

----------------------------------------------

8月9日のバイロイト音楽祭、オペラハウスや周辺についてはすでに書きました(→こちら)。

ワグネリアンからは程遠い私、感想お書くなんておこがましいことはできないけれど、誰が出たのかという記録を残しておきます。遠かったのでろくな写真は撮れませんでしたが。

バイロイトのサイトは→こちらですが、コンセプトは抽象的でインターバルの度に変わるセットはスケールが大きくて視覚トリックもあり、なかなか面白いプロダクションでした。

 

今最高のトリスタン歌いであろうアメリカ人のステファン・グールドは、ROHでもこの役で聴きましたが、実に立派な歌唱で文句のつけようはないですが、声に個性がないのと私の好みから言うと少々重過ぎるかな(贅沢言うな!)。 若々しくて軽やかなトリスタン(ずばりクラウス君ですが)を聴ける日が来るのでしょうか・・?

 

イゾルデはペトゥラ・ラング。何度も聴いてますが(6月の新国のローエングリンにも出てた)、一度も惹かれたことがなくて苦手な声・・。 この日は充分こなして大きな拍手をもらってましたが、ブランゲーネの方が好きだわと思うこともあり・・。

バイロイトの特徴である観客からは見えない指揮者のクリスチャン・ティーレマンにはブーイングがガーン

ここが初めての私には常連が期待するレベルがわからないのでなんとも言えませんが、強いて言えば、うねるような色気がちょった足りなくて割とあっさりしてたからかしら?

 

 

今までに聴いたトリイゾの中でベストではなかったかもしれないけど、一番上の階の最前列の真ん中の席からは劇場全体が見渡せて、「嗚呼、バイロイトにいるんだわドキドキ」、という実感をひしひしと感じて、それだけで感動的なワーグナー鑑賞でした。

朝早くにザルツブルグを出て電車の長旅だったせいもあるのか、ちょっと居眠りしちゃいましたけどぐぅぐぅ、うつらうつらしながら聴くワーグナーもまた極楽、極楽ニヤリ

 

さ、これで音楽祭については終わったので、次からは観光編やら食べ物編になります。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

<23rd Aug Tue>

晴れ晴れメラメラ去った筈の夏が急に戻ってきて暑かった。30度越してたと思う。午前中だけ仕事してから友人とランチして、一番暑い時間に帰宅したんだけど、運動不足解消のためにちょっと遠い駅から歩こうなんて思った私が馬鹿だった笑い泣き。帽子も被らずジリジリ陽に照らされて(時々日陰で休みながら)30分歩いたんだけど、日射病になるかもと思ったくらい。よほどトーチャンに「車で迎えに来て~」、と電話しようと思ったけど、それも格好悪いから我慢。途中の八百屋さんでスイカ買わなくてよかった。すごく食べたかったんだけどねスイカ

----------------------------------------------

8月7日から14日までのヨーロッパあちこち旅行、まず音楽祭のことから片付けることにしますね。最初に行ったザルツブルグのことは既に書きましたが(→割引切符購入とオペラハウスドン・ジョヴァンニイエスティン君皆殺しの天使)、お次はいよいよワーグナー・オペラの聖地バイロイトルンルン ザルツブルグでイエスティン君のオペラを観た翌日の8月9日です。

 

最近はオンラインで買えるようになったとは言え、特にワーグナーのファンでもないし(ローエングリンとかマイスタージンガーで海外遠征するのはあくまでクラウス君の追っ掛け)、高嶺の花だと思ってたんですが、なんと日本在住のオペラ仲間の方が行けなくなった切符を2枚下さるということで、オランダ在住のレイネさんと二人、バイロイト見物に行くことにしました。 キャーッ!、バイロイトよ、バイロイト!と興奮した割には情報収集不足のまま行ってしまい後悔したこともありますが、初のバイロイト詣はとても楽しかったです。

 

 

各インターバルが終わる頃になぜここに人が集まるかと言うと、

バルコニーで開演を知らせる生のファンファーレ演奏があるからですクラッカー

 

エプロンさて、何を着るのかも大事ですが、折角持って来た着物は時間的に無理だったのと冷房ないので暑過ぎるに違いないという理由で諦めました。 それなら普段は着られないドレスにする良い機会なのですが、悲しいかな荷物に余裕がなく旅行中に着回しできる洋服を小物でアレンジするしかないってことで、銀色の透けるショールにしたんですが、肌寒い日だったのでこれだけでは不足。

 

白いジャケットでなんだか普通過ぎてつまらない格好になった私の分までレイネさんがロングスカートにビスチェ、ボレロと私の分までお洒落して下さったので良いことにしましょう。

 

ドレス少数派ながらロングドレスの女性もいて、やっぱり素敵。

 

 

シャンパン食べる所は、ちゃんとしたレストランからセルフサービスのカフェテリア、外で立ち食いできるスタンド等色々あって、2回のインターバル(各1時間)で充分夕食できるのに、知らなかったので終演後にホテルのレストランを予約しておいたのは失敗。ドイツ風ピザとか食べたかったのにさピザ

 

 

さて、ではいよいよ中に入りましょう。 全体に古めかしい雰囲気でしたが、どこもシックで素敵。

 

私たちの席は一番上の階の最前列の真ん中という全体が見渡せる良い席でしたが、50ユーロなので木製の硬い椅子椅子。 でも、この値段でこの席は最高だ。 涼しい日だったので全く暑いと感じなかったのもラッキー。

 

 

ホテルHotel Rheingoldに泊ったのですが、ホテルから無料のシャトルバスで行きました。

 

リキュールトリスタンとイゾルデ を観たのですが、それについては又あらためて。

 


人気ブログランキングへ

AD

<22nd Aug Mon>

昨日のリオ五輪閉会式、iPlayerで観ましたが、日本の演出部分がベストでしたね。都知事が着物お召しになって下さって嬉しかったですが、総理大臣も紋付袴にすればよかったのにね。

さあ、オリンピックも終わり、今週は夜はヒマなので、旅行についてどんどん進めましょう。

----------------------------------------------

8月7日、ザルツブルグ音楽祭で「皆殺しの天使The Exterminating Angel(→こちら)を観ました。

 

ルイス・ブニュエル監督の1962年のメキシコ映画を基にしたトーマス・アデスの新作オペラで、映画については→こちらをご覧下さいですが、ある邸に集まった上流階級の紳士淑女たちがなぜか邸から出られなくなってしまって極限状態になるというお話です。

舞台を横の上から眺める170ユーロの席でしたが、近いし指揮者も観られて最高でした(小さい写真はクリックで拡大して下さい)。

 

映画は敢えて観てなくて、このオペラはいずれROHでも上演されるのが決まっているので又観る機会もあるし、今回はなるべく白紙で観ることにしましたが、オペラというよりは芝居の要素が極めて強く、難解なので理解できたとはとても言えないのは予想通り。演技面での準備にさぞ時間が掛かったに違いなくて、他の人が歌っている時でも常に全員が一生懸命で思わせぶりな演技をしているので目が行き届かず、英語字幕をきっちり読んでる余裕もなかったのですが、退屈は全くしませんでした。

作曲家自ら指揮した音楽も緊張感に満ち、こういうのは何度か聴くうちに段々耳に慣れてくるんでしょうけど、美しい旋律のアリアなどもちろんないですが、多くの語尾が高い音で終わるのが私には好み。 イエスティン君が「バッハが散りばめてあるんだよ」と言ってのは、私にはわかりませんでしたが、ROHで又聴くのが楽しみです。

 

    

 

 

 

 

 

 

当然イギリス勢が多い歌手陣で、私にはお馴染みの人が多かったですが、皆さんそれぞれ聞かせどころはきっちり決めて細やかな芝居も上手。 リハーサルに要した時間だけを考えても、とても贅沢な上演でした。

 

イエスティン君が歌うところはうんと少なかったですが、今回は彼がきっかけであっても目的というわけではなかったので気にならず。 たくさん歌ったホスト夫婦役のアマンダ・エチャラズとチャールズ・ワークマンがカーテンコールで隅っこだったのは不公平な気がしましたが、ちゃっかりイエスティン君が真ん中でアデスの隣に立ったので彼の写真は撮り易かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD
走る人リオ・オリンピックが終わりましたね。
日本日本チームは金メダルの数が目標にちょっと足りなかったそうで、がっかりしてるのかな? 次回は開催国としての面子があるから大変ですね。
 
イギリス一方、イギリスは「えーっ!、うっそー、こんなにメダル取れるなんて信じられない!ロケット」、とずっとびっくりし続けて、大喜び(なんちゃって英国民の私も含め)。なんせ、金メダル獲得数では米国に次いで後半はずっと2位でしたからね、あり得ない快挙です。中国に追いつかれそうになりながらも振り切って、金メダルは先回ロンドン五輪より2個減ったものの、金27、銀23、銅17。計67個はこの百年で最多数のメダル数で、もちろん目標は軽くクリアアップ
 
先回の開催国として必死で頑張った人材とノウハウがまだ残っているのと、プレッシャーから放たれてリラックスしたこともあるしょうが、20年前のアトランタではたった一つしか金メダルが取れなかったスポーツ小国イギリスが最近やけに調子良いのはなぜかという話になると、皆が主な理由として挙げるのは、「お金」ですお金
たしかに、選手が練習に専念できるのも、世界中から優秀なコーチを集めるのも必要なのはお金なわけで、ロッタリー(宝くじ)の恩恵が一番大きいのですが、「国民を総ギャンブラーにするのか」、と批判もあったけど実行したメイジャー元首相の評価まで高まっているそうな。 私も買ってみようかな、宝くじ。トーチャンは「確率的に考えたら絶対当たらないから辞めとけ」、と正論を吐くけど、「もし当たったら」という夢を見るのは楽しいし、外れてもお国のためになるのであればいいですもんね。内緒でやってみましょうウインク。 それよりも、運動不足解消のために何かスポーツせいよ、でしょうか、やっぱり。
 
で、スポーツはやっぱりテレビであってもライブで観戦するのがベストなのに、今回は旅行と不便な時差と仕事とで満足に観られなかったのが残念。 4年後はおそらくもう働いてないと思うので、東京オリンピックはしっかり観戦したいものです。このまま英国がスポーツのスーパーパワーでいられるわけはないでしょうけどね。
 
ともあれ、EU離脱で将来が不安なイギリスがしばらくの間ハッピーになれたのが一番良かったですグッド!
 
さて、明日は仕事なので夜更かしはできないけど、寝る前に少しだけ閉会式を観ますかね。
 


人気ブログランキングへ

<20th Aug Sat>

午後はアイドル主演の80年代半ばの日本映画を3本観ました。良かった順に「Wの悲劇」、「さびしんぼう」、「姉妹坂」。画質も音もひどかったけど、無料だから文句言えないし、私が日本を離れてから5、6年しか経ってないので懐かしさ一杯。

---------------------------------------------

晴れ8月8日のザルツブルグは、ピッカピカのお天気な上に思いも掛けない素晴らしいことも起こりニコニコ、充実し過ぎの一日となりました。
オランダのレイネさんも私もザルツブルグは超久し振りでほとんど覚えていないので朝から暑い中を一応観光に励み、超絶景レストランでのランチも素晴らしかったのですが、それらは又あらためて書くことにして、今日はイエスティン君とのことを。
 
まず、お茶でもいかがという私たちの誘いに応えてくれたイエスティン君と「皆殺しの天使」を観る日の午後3時半からオペラハウスの近くのカフェで彼のフィアンセも一緒とゆっくり話すことができましたコーヒー。暑かったし中途半端な時間だったで着物で行くことはできなかったけど、「僕は今夜のウォームアップしなくちゃいけないから」、と彼が去った後に、何度も会っててすっかり顔なじみの彼女が5日後の結婚式のウエディングドレスの写真も見せてくれましたよドレス
その後、軽く腹ごしらえしてからホテルで着物に着替えてオペラ鑑賞。イエスティン君の婚約者は裾の長いイブニングドレスでしたが、そういう人は他にはほとんどいなくて、ちょっと拍子抜けだったかな。天下のザルツブルグ音楽祭音楽祭、皆さんすごいお洒落をすると聞いていたので派手な着物を持ってきたのに・・。 これなら、昨日の午後のドンジョヴァンニの方がゴージャスだったわ。今日のは得体の知れない現代オペラだからってことかしら?
レイネさんはイエスティン君が事前に「このオペラのセットに合ってる」と選んでくれた上品な訪問着。私は鮮やかなグリーンの夏着物にオレンジと金の帯で色だけ派手に。
まあ、イエスティン君に着物姿を見てもらえばいいんですけどね。だって、格安便で荷物に制限もあるし洋服にしようかとも思ってたところ、イエスティン君が着物をご所望ということで重いのに運んだわけですから。なので、一緒に写真撮ってもらうたため、終了後はいつも逃げ足の速いイエスティン君にちゃんと待っててよねと念を押しときました。
最終日だったので打ち上げドリンクもあるだろうに、午後と同じえらくカジュアルな格好でステージドアに現れたイエスティン君と私たちのフォーマルな着物姿は一見ミスマッチですが、彼のゴム草履と私たちの草履はお揃いですかねにひひ
出演者の一人であるテノールのチャールズ・ワークマンは思い切りでかい。
 
 
さて、
ひらめき電球充分目的は果たせてハッピーな私たちでしたが、この日のハイライトは実はその後。
「今から打ち上げで野外パブに行くけど、一緒に来ない? すごくカジュアルなお店で安いんだよ」、ってイエスティン君が誘ってくれたんですロゼワイン
ちょっと躊躇しましたが、パブの外から遠巻きに様子を伺うだけでも面白そうだからと付いてったら、イエスティン君のテーブルに座ることになり、皆に「あの妙な格好の日本人たちは誰だろう?」と思われたに違いないので少々居心地悪かったけど、そういう時は、イエスティン君が「僕の友達だから」と助け舟を出してくれました。
 
「うわ~っ、隣のテーブルでヴォン・オッターがご飯食べてるう! 近くにはトーマス・アレンやソフィー・ビーヴァン、クリスティン・ライス等々。ROHの連隊の娘のトニオ役で気に入った仏テノール君も!」、とキャーキャー言ってたら、なんと同じテーブルにちゃんとジャケット着て洒落た帽子被ったサー・ジョン・トムリンソンが座ったんです。緊張しましたが、イエスティン君の友人のアメリカ人の哲学者が上手くトムリンソンから話を引き出してくれて、まるでオペラのインタビューを聴いてるようで興味深かったです。 私たちも話に入れてもらって感激だったし、バイロイトに初めて行く前の晩に長年ヴォータンだった人と話できるなんて凄いことでしょう?ドキドキ
 
イエスティン君に迷惑掛けるわけにはいかないので写真は撮らなかったけど、皆の注目を浴びたTシャツで登場した作曲家のトーマス・アデスだけは素早くモノにしました。
 
パブは例のサウンド・オブ・ミュージックに出てきた岩山シアターの隣で、それも見ながらワインを頂きながら長居して、夢のような熱いザルツブルグの夜は更けていったのです星空