<20th Apr Thus>

一昨日の夜から夫婦揃って症状が出た食あたりガーンですが、私はほぼ回復して、今日は会社も行ったしジムで水泳もしました。 私は腹痛も胃痛もなく下痢と発熱だけでしたが、トーチャンはもう少し重症でまだ胃痛で少し苦しんでるようですショック!

 

5月27日からROHで始るドニゼッティの愛の妙薬は基本的に2チームで、最初 のチームはロランド・ヴィラゾンが出るので買ってなかったのですが、彼の降板が今日発表されました(→こちら)。 もし代役が良い歌手だったら口惜しくて泣いちゃうところですが、ROHは元々大した人が出ることすら珍しいわけですから、そういう心配は無用なのは安心ですね。 代役は聞いたこともないLiparit Avetisyan というアルメニア人テノールですが(→こちら)、万が一上手だとしても(まさかね)、おそらくリハーサルで聴けるでしょうし。

 

などと自嘲気味になってしまうのは、トロバトーレでひがんでるせいでしょうかむっ。だって、今日ラジオBBC3でやってたのを今iPlayerで聴きながらこれ書いてる2月のウィーンのトロバトーレはネトレブコ、アラーニャ、テジエという豪華版なのに(→こちら)、ROHで今シーズンやった時は雲泥の差のチームでしたよ・・ゲロー(→こちら)。

 

来シーズンは久し振りにかなりましになりそうだとは言え(→こちら)、今シーズンは本当にお粗末な歌手陣のROHショボーン、せめて最後にROHの名誉に掛けても予定通りヨナス・カウフマンがオテロに出てくれますように・・・お願い(→こちら)。ネトレブコにのっけからノルマで蹴られて、これが唯一の目玉なんだから。

 

でも、ロンドンでも嬉しいこともたまにはあって、明日はウィグモア・ホールでマイケル・ファビアーノが出てくれます(→こちら)。勿論とっくにかぶりつき席を確保。 でも、こんな一流テノールなのに、ウィグモア・ホールの客はオペラは行かない&知らないみたいで切符はどっさり余ってるなんて、勿体ないことプンプン

しかし、ウィグモア・ホールの来シーズンは失望で、これではフレンズを続ける価値はないので、ちょうど期限が切れることだし、既に申し込みが始ってる秋シーズンからは撤退します。 って、これも結局愚痴か・・・。

 

今日発表になったプロムスはまだチェックしてないのですが、これこそ一番有名なんだから、頑張ってもらわねば! 

 


クラシックランキング

AD

<19th Apr Wed>

ゲッソリ食あたりでしょうか、昨夜からトーチャンと同じ症状で苦しんで辛いです。原因は不明だけど、もしかしたら、一昨日のこのディナーかも?      カメラ小さい写真でクリックで拡大

---------------------------------------------

        

4月17日、イースター4連休の最後の月曜日、金融街シティにある「ガーキン」で食事しました。 ガーキンgherkin(酢漬用キューリ)という愛称、当初はエロチック・ガーキンと呼ばれてましたが、それではあまりにいやらしいので今ではガーキンだけになり、レストランの公式HPでも使ってます(こちら)。

 

さすがイギリスが世界に誇る建築家Sirノーマン・フォスター、どんどん増えるシティの高層ビルの中でも最も美しく、一度中に入ってみたいものだと思ってましたが、オープン・デーでもいまだに超人気で数時間並ぶしかないしなあ・・・、と諦めていたところ、普段は一般客は入れてもらえない39階のレストランに日にち限定で入れることを発見し、すぐに予約。 私の誕生日(23日)は残念ながら該当しない日だったのですが、一応お誕生日祝いってことで。

 

私たちは建物の中に入ることが目的だったので満足でしたが、レストランとしての評価となると、どうでしょうか・・・うーん

    

 

    

 

   

空港みたいなセキュリティチェックを通って39階へ。40階はバーのようです。私たちの予約時間の6時はディナーの最初のスロットの上、早く着いたので、理想的なテーブルが確保できたのはラッキー。 窓際に座れなかったら意味ないですもんね。

ショボーンでも、窓ガラスが汚~い。 窓拭きが難しい形でしょうけど、眺めが売り物なのに・・。

 

 

 

持ってることすら忘れてた赤いワンピースは、こないだのプチ断捨離の戦利品にひひ 似合わないけど好きなのよね、アニマル柄。

 

       

3コースディナーはプロセッコ・ドリンク一杯付きで47ポンド。 それほど高くはないですが、メニュは貧しくて是非食べたいと思うものがなく、結局二人で全て同じものを注文。その分ドリンクで記念ディナーらしさを出そうと、シャンペンを奮発(一番安い65ポンドの)したんだけど、冷えてなかった上にソムリエが一括して管理し、グラスが空になっても注ぎにこないって・・むかっ

 

    

カニサラダは缶詰空けてドレッシング掛けただけじゃないの? ガーキンが付いてるのは駄洒落か。ビーフ・ウェリントンも付け合せのポテトも冷めてる上に私が嫌いなニンジンがどっさり。ニンジンのことはメニュにたしかに書いてあるけど、注文をやけに早く取りに来たのでゆっくり読んでるヒマがなかったのよ。

 

   

 

   

トーチャンが食べたライス・プディングは日本人には食べられない代物だわよね。チョコレート・タルトはまあまあで、形だけでもハッピー・バースデーのオマケを付けてくれたのは感謝。

 

    

食事は失望だったけど、私が35年も払いてるザ・シティが目の前で黄昏れてやがて真っ暗になるのを眺めるのは格別で、なんかおセンチな気持ちになりましたドキドキ

 

でも、シティを見下ろすのであれば、もっと気楽にお安く、例えば私がちょくちょく行く旧ナットウエストタワーの24階のCity Socialというカフェの方がずっと良いですからね。第一、ガーキンからはガーキンが見えないのが欠点。一番絵になるビルなのに。

祝日でオフィスが暗いので夜景としてはぱっとしませんが、この暗さがロンドンらしいかもしれないし、だからこそ旧ナットウエストタワー点灯したイースターエッグも目立つってものです。

 

今週の日曜の誕生日にはムスメたちと4人でディナーなので、それまでには胃袋も完治しますように・・。

 


人気ブログランキング

AD

<16th Apr Sun>

イースター4連休の最初の二日間は外出せずに家でプチ断捨離に励み、ジーンズ洋服は「これ以上は痩せない」という前提にして感情が入る余地を失くしたら、モノが捨てられない私でも簡単に選べて気分すっきり。 捨てモードのスイッチ入ったら他のモノもついでに沢山始末できました。

このままもっと徹底的に片付けたいのですが、ずっと家にいるのナンですから、今日はトーチャンとバービカンに行きました。 バービカン・プラスという上のクラスのメンバーの私はここのアート・ギャラリーにはゲスト分も含めて無料で入り放題なので、まずThe Japanese House: Architecture and Life after 1945という評判上々の展示会(→こちら)にトーチャンを放り込み(私は既に見学済み)、自分はすぐ近くのジムで水泳。休日は空いてるかと思いきや、これがえらく混んでたけど。

その後、午後3時からバービカンのバウチャーを使うために「The Handmaiden」という韓国映画を二人で鑑賞。 1930年の日本統治時代の朝鮮が舞台の「お嬢さん」というチンケな邦題のこの映画(「小間使い」であるべきでしょうに)、日本人の目で見ると変なことも多いでしょうけど、ここでは軒並み5ツ星評価されてるのが納得できる面白さで、楽しめました。

---------------------------------------------

私が沢山切符を買ってるバービカン、不要な切符はバウチャーにしてくれるのは助かるのですが期限が半年しかなくいつも始末に困るのでなるべく避けたいところ。 それにはリターンという方法があるわけですが、例えずっと完売のパフォーマンスや映画でも当日にならないと再販売してくれないという売り手のも買い手にも不親切な対応なのが大いに不満ですプンプン。 なのでついリターンしても売れずに丸損するかもという不安を避けるためにバウチャーにする場合が多いのですが、これはどうしようかなあと思案に暮れてる切符が手元にあります。友人のために私のメンバー割引を使って買ったものの止むを得ない事情でその人が行けなくなった切符ですが、

 

なんと、あの、髪が薄くなってきたとは言え美貌が売り物の恋の矢(演技も上手らしい)、ジュード・ロー主演Obsessionという芝居で(→こちら、イタリア映画の鬼才監督ルキノ・ヴィスコンティの有名な初期の「郵便配達は二度ベルを鳴らす」です。

4月28日、前から3列目でジュード・ローを見たい方は切符買って下さ~い! エッチなシーンもあるそうですよにひひ  

メンバーでないと60ポンドですが、メンバー2割引で48ポンドとお得ですよ~。 私はお芝居には興味ないし、その翌日から旅行なので余裕がなさそうなんです。 当日にリターン切符を狙う人の列で直接「これ、どう?」と売りつければ確実なんでしょうが、そこにわざわざ行くのも面倒臭いし、そこまで行くのなら自分で観ちゃおうかなってことになり、それで芝居にもはまった日には大変なことになり・・・ショック!

 

という事情で、このお得な切符をご希望の方は以下の椿姫ロンドンにメール下さいませ。

         tsubakihimelondon  あっとまーく co どっと jp

(追記: 赤の他人に譲るくらいなら自分で行こうと思ってましたが、知り合いで行って下さる方が見つかりましたので、めでたしめでたし)

 

さて、困った切符ということでは、お目当ての人が出なくなった場合はビミョウなんですが、今日その対応について面食らったことがあり、何かのお役に立てるかもしれないので書いておきます。

5月16日のヘンデルの「アリオダンテ」(→こちら)のコンサート・オペラに出る予定だったジョイス・ディドナートがキャンセルしたのです(代役はアリス・クート)。 私はディドナートが目的ではないので迷わず行きますが、私が切符を買った友人たちはディドナートが出ないのなら行かないかもしれないわけで、今日バービカンに行ったついでにどういう対応をしてくれるのかボックス・オフィスで尋ねてみました。

これまで大物歌手がキャンセルした場合、お知らせメールに「これで行く気が失せた方には返金します」と書いてあったことも何度かあるのですが今回はそうではなかったので、2月に出たカウフマンだったらいざ知らず、ディドナートくらいのクラスではそういう対応はしてもらえないのかなと諦め半分。でも、最初に相手してくれたボックス・オフィスのお姐さんは「全額返すわよ」、とあっさり言ったので、その旨友人たちに連絡グッド!。 ジムに行ってる間に彼女たちから「ディドナートが出ないなら行かない」という返事があったので、映画が始まる前に又ボックス・オフィスに行き、お金返して頂戴と頼んだところ、違うお姐さんがいて「そんな対応するって聞いてないわ。 ほら、係員用のサイトにも’コンサートがキャンセルになったわけではないので返金はせず、バウチャーで対応。但し、手数料は免除’って書いてあるし。」、と素っ気無くアセアセ。 映画の時間が迫ってたのでそこはそれで切り上げ、映画が終わった後の3度目のボックス・オフィスで「どっちが本当じゃい?!ムキーッ」、と食って掛かったら、爽やかな係のお兄さんは「バウチャーを薦めるけど、それじゃあ嫌だと言う人にはマネージャーの裁量で返金します。マネージャーに今決めてもらいましょうか?」とその場で電話してくれて、承諾を得ました。

 

人によって言うことが違うという、この国ではよくあることですが、これまでも最初は駄目って言われたけど粘ってお金返してもらったこともあり、要するに言った者勝ちですから、皆様も駄目元で言ってみて、必要であれば違う相手で試してみましょう。

 

それにしても、ロンドンの劇場における不要切符の取り扱いはどこも一長一短で、例えば、ROHはリターンしたら割とすぐにオンラインで売ってくれるけどバウチャーにはしてくれないし、Wigmore Hallは期限無しのクレジットにしてくれるけど2週間前に切符戻さなくちゃいけないし・・。 切符については買う時も含め悩むことが多くて嫌になります。

 


クラシックランキング

AD

 

   

4月13日の着物お出掛けは、先月ガトウィック空港近くのマナーハウスのアフタヌーン・ティ(→こちら)で初めて着た椿柄の小紋が再登場。かろうじてまだ椿咲いてますしね。 訪問着の方もいらっしゃるとのことなので、渋金の袋帯でちょいとグレードアップしましょ。

 

 

 

   

辻井伸行さんのリサイタルの時に着物でご一緒した方(→こちら)を中心にパットニ-にあるハーリンガム・クラブHurlingham Club(→こちら)というメンバーズ・クラブにご招待して頂いたのですが、そのスケールの大きさにぶったまげましたびっくり。 ロンドンの中心からさほど離れていないのに42エーカーって凄いですが、だだっ広いだけではなく、隅々まで手入れが行き届き、テニスコートやクローケーcroquet等のスポーツ施設だけでななく、公園としても実に気持ちよい空間です。 多数のテニスコートや屋内屋外のプール等、スポーツ面の充実ぶりは凄いですが、かつてもっと広かった時には最もおハイソなスポーツであるポロの英連邦本部だったこともあるそうです。

 

150年近い歴史を持つ名門クラブですから、メンバーになるのは至難の技で、メンバーの推薦でwaiting listに入れてもらってもメンバーになれるまでに十数年掛かるそうですし、今は新規募集すらしてませんときっぱりHPに書いてありますしから、グラインドボーン・オペラの比ではありませんね叫び。 これだけの規模の施設を守るためにはある程度のメンバーが必要なわけで、メンバーは1万人以上ということですが、先祖代々のメンバーがほとんどで、この日も若いグループや子供連れのファミリーも来てました。 決して老人クラブではありません。

私にとっては夢の別世界ですが、排他的であってもイギリスの底力を垣間見た気がして、こういう人が存在する限りBrexitも乗り越えられそうで心強くなりました アップ

 

   

             6人揃うだけでも嬉しいですが、おまけにこのゴージャスな空間宝石ブルー

   

 

   

 

     

 

  

カップケーキコーヒー

セルフサービスのカフェテリアでランチを頂いてからお庭を散策し始めた時は肌寒かったのですが、暖かくなってきたので外のカフェでお茶とケーキにしましょう。着物にとって暑過ぎず寒過ぎず理想的なお天気でお喋りできて、お庭は今が花盛りで美しいし、庭師の男の子も可愛いかったし、最高の午後でしたドキドキ

 

着付けのA先生(鮮やかな水色の小紋をお召しです)のおかげでお仲間に入れて頂けて嬉しい限りですが、夏には私がこういうこともあろうかと数枚買っておいたROHでのマリインスキーバレエの「白鳥の湖」にまた着物でご一緒することになってて、今から楽しみですニコニコ

    

そうだ、白鳥と言えば、お庭の池に黒鳥のファミリーが泳いでて、最初は赤ちゃんスワンが一羽だけだったので、「あら、珍しく一人っ子かしら?」、と思ったら、そうではなく、あと3羽、親の背中で翼の下に隠れていたんです(もしかしたら、もっと隠れてるかも)。 初めて見ましたが、カンガルーみたいねにひひ

 


人気ブログランキング

<13th Apr Thus>

オペラやコンサートで覚えておきたい無名歌手を発見した場合はブログに書いておかないと忘れてしまうので備忘録として残しておくことにしたのですが、先月まさにそれに匹敵するオペラがありました。

3月20日のEnglish National OperaのパーテノペーPartenope(→こちら)の新人二人、ルックスも良いテノールのルパート・チャールズワースとソプラノのステファニー・ウィンザー・ルイスですが、フレッシュでクセのない澄んだ美声で共演の先輩たちに勝ってました拍手

↓ 背広姿の女性はパトリシア・バードン

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

そもそもは古代の設定ですが、1920年代に読み替えられたスタイリッシュなプロダクションも評判良くて(写真付レビューは→こちら)、ビジュアル的にも楽しめました。他愛ない恋のさや当てなのでどの時代でも問題ないし、少人数の歌合戦のような美しいヘンデルのオペラで皆さん上手な中、意外にも一番弱かったのはタイトルロールのサラ・タイナン。 難しい役なので仕方ないし、すらりと美しい彼女はとっかえひっかえの洒落た衣装が全て素敵でモテモテの女王様にぴったりだったのでまあ良いのですが。

 

ところで、ロバート・マレーの代役だったルパート君、どっかで聞いた名前なのに思い出せなかったのですが、3月27日のカドガン・ホールのヘンデル・ガラに出ていたことが後から判明し、「そうそう、そうだったわ」と地団太踏みましたえーん。 忘れてた私が悪いんだけど(最近記憶力が凄く落ちて・・ショック)、このガラ・コンサートにはイエスティン君も出るので行こうかどうしようかずっと迷った末に、私好みの舞台近くの席がもうなかったし、イエスティン君はどうせちょっとしか歌わないだろうし等々、結局行かなかったんです。 イエスティン君を聞き逃したことはなんとも思わないけど、ルパート君を聴く機会は少ないから残念無念・・。 あ、でも、秋にグラインドボーンの「ハムレット」のドサ回り公演に出るから行こうかしら? でもヘンテコなオペラだろうなあ・・

 

 

でもさ、全て英語にしちゃうENOは嫌いだから観に行かないんじゃなかったっけ? むっ

 

はい、そうなんですけどね、これもイタリア語からの変換が不自然だったのは大いに減点だったものの、これだけ大幅割引してくれれば、大好きなヘンデルですからね、行く気になろうってもんですゲラゲラ。 最近ENOは値上がってなんと一番高いのはこの日は120ポンドもしたんですが(もっと高い日もあり)、レスタースクエアのミュージカル当日割引小屋で99ポンドのが30ポンドで買えましたもん。 夕方だったのでこれしかありませんでしたが、もっと早く行けば120ポンドが30ポンドで買えたかも。 ENO自体もシニア割引で一番安い切符以外は直前に半額にしてくれたのですが、こっちのTKTSの方が更に安いですもんね。 おかげで30ポンドで素晴らしいパフォーマンスが聴けて満足な長い夜でしたラブラブ 

 

    

 

    

さて、経営不振のENOは金儲けのためにミュージカルを時々やるようになり、「カルーセル」がオープンしたばかり(→こちら)。 オペラ歌手になりそこねたけれど一般的な知名度は高いキャサリン・ジェンキンスとアルフィー・ボーの共演なのですが(アルフィー・ボーはちゃんとオペラも歌えますが)、レビューは散々で、歌は上手いけど芝居が下手らしい上につまんないプロダクションのようです。 割引にはならないでしょうから観に行きませんけどね。 

 

 


クラシックランキング