<5th Apr Wed>

ロイヤルオペラハウスの来シーズンの演目が発表になりました(→こちら)。

 

ここ数年ぱっとしないので期待はうんと低かったのですが、蓋を開けてみたら、なんと、なんと、愛しのフォークト様(貫禄出てきたのでクラウス君あらため)がローエングリンに出てくれるというじゃあありませんかアップ!! イエーイ、イエーイロボット  それだけで舞い上がって、今日はガッツポーズばかりしてる私チョキOK拍手、他のを冷静に判断できませんが、悪くない顔ぶれで私的には良いシーズンになりそうですハート  

テノールが充実してるのが一番嬉しいわけですが、フォークト、ポレンザーニ、メリ、ファビアーノ、ブレスリク、聞き飽きたけどカレヤ。 他に無名だけど注目してるイギリス人テノールが多数いるのもグー。 カウフマンもフローレスもグリゴーロも出ないけど、彼らはもう何度も聴いてるので別にいいです。 これでご無沙汰の丸ちゃん(マルセロ・アルバレス)が出てたら凄くハッピーだったけど、贅沢は言うまい。 

私の好みは別として、バリトン/バスの有名どころとしては、キーンリーサイド、ルチッチ、ホロストフスキー、ダルカンジェロ、クヴィエチェン、テジエ、ナウリ、ドュゴー、ターフェル、と悪くないし、女性はネトレプコ、ガランチャ、ディドナート、ゲオルギュー、プロハスカ、ウエストブルックで、ネトコちゃんがちゃんと出てくれたらROHの名声も少し戻るというものですお祝い

 

演目は以下コピペしましたが、★の数の基準は、例年同様、私自身の楽しみの度合いであり、良いプロダクションでもすでに何度も観てると減点、新プロダクションはそれだけで★がひとつ多くなる勘定です。

公演順に並んでますが、赤字は凄く楽しみにしてる歌手(今回は特別に楽しみな太字人もいます)、青字はそこそこ楽しみにしてる歌手、緑字はできれば他の人に代わってもらいたい歌手です。 低音歌手にはあまり惹かれない私、上手なバリトンやバスは感心しても胸はときめかないので、楽しみとしてはそこそこで青字止まり。

 

題名をクリックすると、ROHのサイトに飛び日にち等の詳細がわかります。

 

La bohème  ラ・ボエーム NEW PRODUCTION ★★★★★
11 September–10 October 2017, 16 June–20 July 2018
(Live in cinemas 3 October 2017)

Music: Giacomo Puccini
Director: Richard Jones
Conductors: Antonio Pappano / Paul Wynne Griffiths / Nicola Luisotti

Richard Jones directs a new production of Puccini’s passionate opera of love and death in 19th-century Paris.

  • Mimì – Nicole Car / Simona Mihai / Maria Agresta / Ekaterina Siurina
  • Rodolfo – Michael Fabiano / Benjamin Bernheim / Matthew Polenzani / Atalla Ayan
  • Marcello – Mariusz Kwiecień / Alessio Arduini / Andrei Bondarenko
  • Musetta – Nadine Sierra / Danielle de Niese / Vlada Borovko
  • Schaunard – Florian Sempey / Gyula Nagy / Duncan Rock / Rodion Pogossov
  • Colline – Luca Tittoto / Fernando Javier Radó / In Sung Sim
  • Benoît – Jeremy White
  • Alcindoro – Wyn Pencarreg

長年ドル箱だった素晴らしいプロダクションをゴミ箱に捨てちゃって、次が例えひどいプロダクションでも、今回は歌手に期待できます。  特にポレンザーニ。

 

Die Zauberflöte 魔笛 ★★
12 September—14 October 2017
(Live in cinemas 20 September 2017)

Music: Wolfgang Amadeus Mozart
Director: David McVicar
Conductors: Julia Jones / Richard Hetherington

Julia Jones conducts The Royal Opera’s gorgeous production of Mozart’s The Magic Flute with two wonderful casts including Roderick Williams as Papageno and Janai Brugger as Pamina.

  • Pamina – Siobhan Stagg / Janai Brugger
  • Tamino – Mauro Peter / Tuomas Katajala
  • Papageno – Roderick Williams / Florian Sempey
  • Sarastro – Mika Kares / In Sung Sim
  • Queen of the Night – Sabine Devieilhe / Christina Poulitsi
  • First Lady – Rebecca Evans / Jennifer Davis
  • Second Lady – Angela Simkin
  • Third Lady – Susan Platts / Gaynor Keeble
  • Monostatos – Peter Bronder / Peter Hoare
  • Papagena – Christina Gansch / Haegee Lee
  • Speaker of the Temple – Sebastian Holecek / Darren Jeffery

タミーノ王子もパミーナ王女も知らない人ばかりだけど、もしかしたら期待の新人発掘かもしれないし。

 

Les Vêpres siciliennes シチリアの夕べの祈り ★★★
12 October–4 November 2017

Music: Giuseppe Verdi
Director: Stefan Herheim
Conductor: Maurizio Benini

Verdi’s spectacular grand opera is conducted by Maurizio Benini with a cast including Malin Byström and Rachele Stanisci, Bryan Hymel, Michael Volle and Erwin Schrott.

  • Hélène – Malin Byström / Rachele Stanisci
  • Henri – Bryan Hymel
  • Jean Procida – Erwin Schrott
  • Guy de Montfort – Michael Volle
  • Ninetta – Michelle Daly
  • Daniéli – Nico Darmanin
  • Thibault – Neal Cooper
  • Robert – Jihoon Kim
  • Mainfroid – Samuel Sakker
  • Le Sire de Béthune – Simon Shibambu
  • Le Comte de Vaudemont – Jeremy White

4年前にプレミエ(→こちら)の初リバイバル。美人のマリン嬢が楽しみ。

 

Lucia di Lammermoor ランメルモールのルチア ★★
30 October–27 November 2017

Music: Gaetano Donizetti
Director: Katie Mitchell
Conductor: Michele Mariotti

Donizetti’s opera of a woman forced to breaking point is conducted by Michele Mariotti with a cast including Lisette Oropesa, Charles Castronovo and Christopher Maltman, in Katie Mitchell’s powerful production.

  • Lucia – Lisette Oropesa
  • Edgardo – Charles Castronovo / Ismael Jordi
  • Enrico Ashton – Christopher Maltman
  • Raimondo Bidebent – Michele Pertusi
  • Normanno – Andrew Tortise
  • Arturo Bucklaw – Konu Kim
  • Alisa – Rachael Lloyd

一年前のプレミエ(→こちらと→こちら)でびっくり仰天した流産して出血しながらのたうち回るルチアという新解釈の初リバイバル。 でも、あんなに下品じゃ有名歌手は出るのを嫌がるわよね。 このルチアのソプラノ、誰?

 

La Tragédie de Carmen  カルメンの悲劇 NEW PRODUCTION  ★★★

3–14 November 2017 (Wilton’s Music Hall)

Music: Georges Bizet
Director: Gerard Jones
Conductor: James Hendry

The youthful stars of the Jette Parker Young Artists Programme perform Peter Brook’s radical reworking of Georges Bizet’s opera in the intimate setting of Wilton’s Music Hall.

  • Carmen – Aigul Akhmetshina
  • Don José – Thomas Atkins
  • Escamillo – Gyula Nagy
  • Micaela – Francesca Chiejina

ROH若手アーチストによるカルメン変形版? ちがう劇場でやるのが楽しみで★追加。


Semiramide  セミラーミデ NEW PRODUCTION  ★★★★
19 November—16 December 2017

Music: Gioachino Rossini
Director: David Alden
Conductors: Antonio Pappano / Christopher Willis

Antonio Pappano conducts Rossini’s epic tragedy with a cast including Joyce DiDonato, Ildebrando D’Arcangelo, Daniela Barcellona and Lawrence Brownlee in a new production by David Alden.

  • Semiramide – Joyce DiDonato
  • Assur – Ildebrando D'Arcangelo
  • Arsace – Daniela Barcellona
  • Idreno – Lawrence Brownlee
  • Azema – Jacquelyn Stucker
  • Oroe – Bálint Szabó
  • Mitrane – Konu Kim
  • Nino's Ghost – Simon Shibambu

すでに他所でやったプロダクションでライブストリーミングで観たしプロムスでも聞いたセミラーミデ。 バルチェローナはどちらも素晴らしかったし、初めて生で聴くローレンス・ブラウニー も楽しみ。プロムスでキャンセルしたダルカンジェロは出てくれるかな? ディドナートは聞き飽きたけど。

 

Cavalleria rusticana / Pagliacci カヴェレリア・ルスティカーナ/道化師 ★★★
29 November 2017—13 January 2018

Music: Pietro Mascagni / Ruggero Leoncavallo
Director: Damiano Michieletto
Conductor: Daniel Oren

Catch this classic double bill of Italian opera in The Royal Opera’s Olivier Award-winning production, with Daniel Oren conducting two excellent casts.

  • Santuzza – Elīna Garanča / Anna Pirozzi
  • Turiddu – Bryan Hymel
  • Mamma Lucia – Elena Zilio
  • Alfio – Dimitri Platanias
  • Lola – Martina Belli
  • Canio – Fabio Sartori
  • Tonio – Simon Keenlyside / Roberto Frontali
  • Nedda – Carmen Giannattasio / Simona Mihai
  • Silvio – Andrzej Filończyk / Samuel Dale Johnson
  • Beppe – Luis Gomes

久し振りのガランチャ! サイモンも出てくれるのね。

 

Rigoletto リゴレット ★★★
14 December 2017—16 January 2018
(Live in cinemas 16 January 2018)

Music: Giuseppe Verdi
Director: David McVicar
Conductor: Alexander Joel

Alexander Joel conducts two excellent casts led by Dmitri Hvorostovsky and Dimitri Platanias in David McVicar’s acclaimed production of Verdi’s potent and tragic opera.

  • Duke of Mantua – Michael Fabiano / Ivan Magrì
  • Rigoletto – Dmitri Hvorostovsky / Dimitri Platanias
  • Gilda – Sofia Fomina / Lucy Crowe
  • Sparafucile – Andrea Mastroni
  • Maddalena – Nadia Krasteva
  • Giovanna – Sarah Pring / Kathleen Wilkinson
  • Count Monterone – James Rutherford / Darren Jeffery
  • Marullo – Dominic Sedgwick
  • Matteo Borsa – Thomas Atkins
  • Count Ceprano – Simon Shibambu
  • Countess Ceprano – Francesca Chiejina / Jacquelyn Stucker

ホロ様のリゴレットを観るのは2005年以来ですが(→こちら)、癌治療が上手く行ってるってことでしょうか? ジルダが弱点か?

 

Salome サロメ ★★★
8–30 January 2018

Music: Richard Strauss
Director: David McVicar
Conductor: Henrik Nánási

Malin Byström takes on the title role in Richard Strauss’s searing opera, as featured in the V&A exhibition Opera: Passion, Power and Politics.

  • Salome – Malin Byström
  • Jokanaan – Michael Volle
  • Herod – John Daszak
  • Herodias – Michaela Schuster
  • Narraboth – David Butt Philip
  • Page of Herodias – Christina Bock
  • First Jew – Dietmar Kerschbaum
  • Second Jew – Thomas Atkins
  • Third Jew – Hubert Francis
  • Fourth Jew – Konu Kim
  • Fifth Jew – Jeremy White
  • First Soldier – Levente Páll
  • Second Soldier – Alan Ewing
  • First Nazarene – Kihwan Sim
  • Second Nazarene – Dominic Sedgwick
  • Cappadocian – John Cunningham

美人のマリン嬢のサロメ、ビジュアル的にとても楽しみ。

 

The Return of Ulysses NEW PRODUCTION  ★★★
10–21 January 2018 (Roundhouse)

Music: Claudio Monteverdi
Director: John Fulljames
Conductor: Christian Curnyn

The Royal Opera returns to the Roundhouse with Monteverdi’s great late work, in a new production directed by John Fulljames starring Christine Rice and Roderick Williams, sung in English.

  • Ulysses – Roderick Williams
  • Penelope – Christine Rice
  • Telemachus – Samuel Boden
  • Minerva – Catherine Carby
  • Eurycleia – Susan Bickley
  • Melantho – Francesca Chiejina
  • Eurymachus – Andrew Tortise
  • Eumaeus – Mark Milhofer
  • Irus – Stuart Jackson
  • Amphinomus – Nick Pritchard
  • Peisander – Tai Oney
  • Antinous – David Shipley

又ラウンドハウスで英語にしちゃうんですね。私が注目してる3人のテノールが出るから許すけど。

 

Tosca トスカ ★★

15 January—3 March 2018
(Live in cinemas 7 February 2018)

Music: Giacomo Puccini
Director: Jonathan Kent
Conductors: Dan Ettinger / Plácido Domingo

Three casts, led by Adrianne Pieczonka, Angela Gheorghiu and Martina Serafin and conducted by Dan Ettinger and Plácido Domingo, star in The Royal Opera’s production of Puccini’s thriller.

  • Floria Tosca – Adrianne Pieczonka / Angela Gheorghiu / Martina Serafin
  • Mario Cavaradossi – Joseph Calleja / Riccardo Massi / Massimo Giordano
  • Baron Scarpia – Gerald Finley / Marco Vratogna
  • Spoletta – Aled Hall / Hubert Francis
  • Cesare Angelotti – Simon Shibambu
  • Sacristan – Jeremy White
  • Sciarrone – Jihoon Kim

ピアチェンカとフィンリーが出なかったらパスしたかも。 カレヤはROHに出過ぎだし、他の二人は既にやったもんね。

 

Carmen カルメン NEW PRODUCTION  ★★★★★
6 February—16 March 2018
(Live in cinemas 6 March 2018)

Music: Georges Bizet
Director: Barrie Kosky
Conductors: Jakub Hrůša / Christopher Willis

Barrie Kosky directs Bizet’s much-loved opera, with Jakub Hrůša and Christopher Willis conducting two casts led by Anna Goryachova and Gaëlle Arquez in the title role.

  • Carmen – Anna Goryachova / Gaëlle Arquez
  • Don José – Francesco Meli / Andrea Carè
  • Escamillo – Kostas Smoriginas / Alexey Markov
  • Micaëla – Anett Fritsch / Susanna Hurrell
  • Zuniga – David Soar / David Shipley
  • Frasquita – Jacquelyn Stucker / Haegee Lee
  • Mercédès – Angela Simkin / Aigul Akhmetshina
  • Le Dancaïre – Pierre Doyen
  • Moralès – Gyula Nagy / Dominic Sedgwick
  • Le Remendado – Jean-Paul Fouchécourt

新プロダクションだけど、メリが出るだけでも楽しみ。 カルメンの二人は知らないけど、上手かもしれないし。

 

From the House of the Dead NEW PRODUCTION  ★★
7–24 March 2018

Music: Leoš Janáček
Director: Krzysztof Warlikowski
Conductor: Teodor Currentzis

Janáček’s final work receives its Royal Opera premiere in a new production directed by Krzysztof Warlikowski, with Teodor Currentzis conducting an excellent cast including Johan Reuter and Willard W. White.

  • Alexandr Petrovic Gorjancikov – Willard W. White
  • Aljeja – Pascal Charbonneau
  • Luka Kuzmic – Štefan Margita
  • Skuratov – Ladislav Elgr
  • Šiškov/Priest – Johan Reuter
  • Prison Governor – Alexander Vassiliev
  • Big Prisoner/Nikita – Nicky Spence
  • Small Prisoner/Cook/Cekunov – Grant Doyle
  • Elderly Prisoner – Graham Clark
  • Voice – Konu Kim
  • Drunk Prisoner – Jeffrey Lloyd-Roberts
  • Šapkin – Peter Hoare
  • Prisoner/Kedril – John Graham-Hall
  • Prisoner/Don Juan/Brahmin – Aleš Jenis
  • Young Prisoner – Florian Hoffmann
  • Prostitute – Rinat Shaham
  • Cerevin – Alexander Kravets

ヤナチェックですかあ・・。ウィラード・ホワイトですかあ・・。 私が好きなイギリス人テノール3人が出るから観に行きますけど。

 

Macbeth マクベス ★★★★★
25 March—10 April 2018
(Live in cinemas 4 April 2018)

Music: Giuseppe Verdi
Director: Phyllida Lloyd
Conductor: Antonio Pappano

Antonio Pappano conducts Verdi’s opera on Shakespeare’s tragedy, with a magnificent cast including Anna Netrebko and Anna Pirozzi, Željko Lučić and Ildebrando D’Arcangelo.

  • Macbeth – Željko Lučić
  • Lady Macbeth – Anna Netrebko / Anna Pirozzi
  • Banquo – Ildebrando D'Arcangelo
  • Macduff – Yusif Eyvazov / David Junghoon Kim
  • Lady-in-waiting – Francesca Chiejina
  • Malcolm – Konu Kim
  • Doctor – Simon Shibambu

今シーズンはノルマを蹴ったネトコちゃん。マクベス夫人は既に他所でやってるから大丈夫でしょう。話題のご主人もご披露できるわけだし、ちゃんと出て下さいね。

 

Coraline WORLD PREMIERE 
27 March—7 April 2018 (Barbican Theatre)

Music: Mark-Anthony Turnage
Director: Aletta Collins

The world premiere of Mark-Anthony Turnage’s opera based on Neil Gaiman’s much-loved story, in a production at the Barbican directed by Aletta Collins.

 

かなり苦手かも・・。集客できないからバービカンシアターでやるのね。

 

4.48 Psychosis  ★★
Dates TBC

Music: Philip Venables
Director: Ted Huffman

Philip Venables’s award-winning opera is inspired by Sarah Kane’s extraordinary final play.

 

想像もできません。 行くかどうかは歌手と値段。

 

Lady Macbeth of Mtsensk ムチェンスク郡のマクベス夫人 ★★
12–27 April 2018

Music: Dmitry Shostakovich
Director: Richard Jones
Conductor: Antonio Pappano

Richard Jones’s critically acclaimed production returns after more than a decade, with Antonio Pappano conducting a cast led by Eva-Maria Westbroek in Shostakovich’s masterpiece.

  • Katerina Ismailova – Eva-Maria Westbroek
  • Sergey – Brandon Jovanovich
  • Boris Ismailov – John Tomlinson
  • Zinovy Ismailov – John Daszak
  • Sonyetka – Aigul Akhmetshina
  • Aksinya – Rosie Aldridge
  • Shabby Peasant – Peter Bronder
  • Priest – Wojtek Gierlach
  • Police Inspector – Mikhail Svetlov
  • Teacher – Thomas Atkins
  • Old Convict – Paata Burchuladze
  • Female Convict – Miranda Keys
  • Sentry – Simon Shibambu
  • Coachman/Second Workman – Hubert Francis

マクベス尽くし? 今年の秋に蜷川さんのマクベスもやるし、なにかのマクベス記念年? 前回と同じキャストでつまらないけど。

 

Lessons in Love and Violence WORLD PREMIERE ★★★★
10–26 May 2018

Music: George Benjamin
Director: Katie Mitchell
Conductor: George Benjamin

George Benjamin conducts the world premiere of his new collaboration with Martin Crimp – a hotly anticipated work from the creators of Written on Skin, with an excellent, hand-picked cast.

  • Samuel Boden
  • Stéphane Degout
  • Jennifer France
  • Barbara Hannigan
  • Peter Hoare
  • Gyula Orendt
  • Andri Björn Róbertsson
  • Krisztina Szabó

Written on Skinのジョージ・ベンジャミンの新作オペラ、もちろん前衛的でしょうが、この手のものにしては珍しく楽しみ。

 

Tansy Davies and Nick Drake WORLD PREMIERE 
June 2018 (Printworks)

Music: Tansy Davies
Director: Lucy Bailey

The latest opera from composer Tansy Davies and librettist Nick Drake, the award-winning team behind Between Worlds.

????????????????

 

Mamzer Bastard WORLD PREMIERE 
June 2018

Music: Na'ama Zisser

The Royal Opera presents the world premiere of a new work by exciting young composer Na’ama Zisser, in a soundworld that thrillingly unites contemporary idioms with the music of Orthodox Hasidic Judaism.

????????????????

 

Lohengrin  ローエングリン NEW PRODUCTION ★★★★★ 100点
7 June—1 July 2018

Music: Richard Wagner
Director: David Alden
Conductor: Andris Nelsons

Wagner’s great romantic opera is conducted by Andris Nelsons with a cast including Klaus Florian Vogt, Kristine Opolais and Christine Goerke in a new production directed by David Alden.

  • Lohengrin – Klaus Florian Vogtハート
  • Elsa von Brabant – Kristine Opolais
  • Ortrud – Christine Goerke
  • Friedrich von Telramund – Thomas J. Mayer
  • Heinrich I – Georg Zeppenfeld
  • Herald – Kostas Smoriginas
  • First Noble of Brabant – Konu Kim
  • Second Noble of Brabant – Thomas Atkins
  • Third Noble of Brabant – Gyula Nagy
  • Fourth Noble of Brabant – Simon Shibambu

待ってましたアップ、 9年ぶりにROHに出てくれるフォークト様。去年春に日本で会った時に「なんでロンドンに来てくれないのむかっ?」と攻め寄ったら、「招待してくれないからだよ」、と本人が言ってたので全然期待してなかっただけに喜びもひとしお爆  笑。 7回全部行っちゃうかも。 遠征費用が掛からない分、良い席を奮発するから枚数制限になりませんように・・。 ワクワクドキドキラブラブ お相手は意外にもオポライス。彼女のワグナー、歌はともかくフォークト様とはお似合いの美男美女カップル。美しいプロダクションになりますよう・・。

 

        2009年、「ルル」のカーテンコール写真

 

Don Giovanni ドン・ジョバンニ ★★★
29 June—17 July 2018

Music: Wolfgang Amadeus Mozart
Director: Kasper Holten
Conductor: Marc Minkowski

In Mozart’s dazzling tragicomic opera, Marc Minkowski conducts a world-class cast led by Mariusz Kwiecień with Ildebrando D’Arcangelo, Rachel Willis-Sørensen, Pavol Breslik and Hrachuhi Bassenz.

  • Don Giovanni – Mariusz Kwiecień
  • Leporello – Ildebrando D'Arcangelo
  • Donna Anna – Rachel Willis-Sørensen
  • Don Ottavio – Pavol Breslik
  • Donna Elvira – Hrachuhi Bassenz
  • Zerlina – Chen Reiss
  • Masetto – Anatoli Sivko
  • The Commendatore – Willard W. White

ダルカンジェロはなんとシーズン3回目。でも、ドン・ジョバンニ役で出てくれれば良いのに・・(私は去年ザルツブルグで観たからいいけど、ロンドンの人は待ってるのよ)。クヴィちゃんのドンジョバンニは上手だけど先回何度も観たしね。充実の男性軍に対して女性軍が弱い。

 

Falstaff ファルスタッフ ★★
7–21 July 2018

Music: Giuseppe Verdi
Director: Robert Carsen
Conductor: Nicola Luisotti

Robert Carsen’s production of Verdi’s masterful comic opera is filled with wit, humour and sheer joie de vivre.

  • Sir John Falstaff – Bryn Terfel
  • Alice Ford – Ana María Martínez
  • Ford – Simon Keenlyside
  • Nannetta – Anna Prohaska
  • Fenton – Frédéric Antoun
  • Mistress Quickly – Marie-Nicole Lemieux
  • Meg Page – Pamela Helen Stephen
  • Dr Caius – Carlo Bosi
  • Bardolfo – Michael Colvin
  • Pistol – Craig Colclough

またブリンか・・。楽しみなのはプロハスカとアントゥーンのカップルだけ。

 

Jette Parker Young Artists Summer Performance 2018 ★★
15 July 2018

The Jette Parker Young Artists return to the main stage in their annual summer performance.

 

L'Ange de Nisida in concert  ★★★
18–21 July 2018

Music: Gaetano Donizetti
Conductor: Mark Elder

Opera Rara gives the world premiere of Donizetti’s opera – some of which is familiar from La Favorite – in a concert performance starring Joyce El-Khoury and conducted by Mark Elder.

  • Sylvia – Joyce El-Khoury
  • Leone de Casaldi – David Junghoon Kim
  • King Fernand of Naples – Ludovic Tézier
  • Don Gaspar – Laurent Naouri
  • Monk – Evgeny Stavinsky

テジエとナウリが出てくれるドニゼッティなら、コンサートでもきっと盛り上がるでしょう。

 


クラシックランキング

AD

<3rd Dec Sat>

恒例のニューヨークから生放送のメトロポリタン・オペラが始まって春まで楽しめるのは嬉しいけど、今日のプッチーニのマノン・レスコーを聴いていたら、悲しくなっちゃって・・・しょぼん。 

 

何がって、ロイヤルオペラハウスの顔ぶれの貧しさによイラッ

 

ニューヨークはネトコちゃん(アンナ・ネトレプコ)と丸ちゃん(マルセロ・アルバレス)という超豪華版。 それに引き替え、偶然いまROHでも同じのやってるんだけど、こっちはソンドラ・ラバノフスキーとアレッサンドロ・アントネンコ・・。 全く知名度ないわけではないけど、比較にならないでしょ(昨日はアントネンコが降りて代役がマッシモ・ジョルダーニだったって)。 なので今回はパス。 プレミアでカウフマンとオポライスの美男美女カップルで何度か観たイメージを壊したくないの。ソンドラ姐さんはきっとドラマチックにやってくれるでしょうけど、彼女のミニスカート姿は見たくないし、くせのある声は不快だし聴き飽きた。

↑ 先回 グッド!         ↓ 今回 グー

 

しかし、ROHは今シーズン既にネトコちゃんに振られたのは、彼女が「やっぱりノルマは歌わないことにするわ」、と心変わりしたからだから諦めるしかないけど、愛しい丸ちゃんが最近ロンドンに来てくれないのは凄く悲しいと常々思っているところにえーん、同じ時期に同じ役を遠いニューヨークでやるなんて・・ムキーッ。 丸ちゃんはちょっと前までロンドンでロールデビューすることが多かったし、6年半も前にアイーダで最後に出てくれた時には(→こちら)、「次は2014年に新しい役でロンドンに戻ってくるよ」、って出待ちで教えてくれたのに、一体どうしちゃったんだろうはてなマーク 今日のデグリューもロールデビューなんだから、ロンドンでやってくれても良かったのに、ROHと丸ちゃんの間に何か問題でもあったのかしら? ニューヨークには来年早々又行くってのにさ。 来てくれないのであれば追っ掛けるしかないけど、7月にチューリッヒで歌う仮面舞踏会の相手がソンドラ姐さん・・・。まだ最前列真ん中が空いてる日もあるけど、うーん、ちょっと躊躇するかも。でも、来シーズンもロンドンに来てくれなかったら丸ちゃん追っ掛けてどっか行かないとね。

 

しかし、この頃のROHのしょぼさはどうだ ダウンショック! 

とりあえずテノールに限っても、明日から始まるトロバトーレでアラーニャが緊急でもない鼻の手術で降りちゃって、代役探しは結構時間があった筈なのに、「誰、それ?」っていうテノールしか確保できなかったし、もっとひどいのは、昨日サポートフレンズで買った新プロダクションのマイスタージンガーはGwyn Hughes Jonesって、呆れてものが言えないわ。 もうROHは一流であるのを放棄したとしか思えないムキー。 6月に東京でクラウス君(クラウス・フロリアン・フォークト)に「ねえ、なんでロンドンには来てくれないの?」、と質問したら「招待してくれないからさ」、って言われちゃったんだけど、もしそれが本当なら、ROHは一体なにやってんのよムキー。 クラウス君だってロンドンでマイジン歌いたいかもしれないし、駄目元でも頼めよなプンプン。 下のクラウス君のカドガンホールでの素敵な燕尾服姿の時はパッパーノ大将が指揮してたじゃないのよ。

まあ、クラウス君に関しては、例え招待しても来てくれる可能性は少ないので、すでにウィーン追っ掛けで高い席を手配済みなの、実はアップ。1月12日の「死の都」、お願いだからキャンセルしないでねガーン

 

最後にロンドンで歌ってくれたのは、一体何年前だったのかしら?(写真はカドガンホールの「大地の歌」)

 

ところで、テノールのキャンセルと言えば、最近の話題はヨナス・カウフマン。日本のコンサートもノーベル賞授賞式もキャンセルした彼、実は2月にバービカンに何度か出てくれる予定になってるんだけど駄目かもね。 ROHの今シーズンのハイライトである夏の新プロダクション「オテロ」までには元気になってくれないと、今まで一番貧しいROHシーズンになってしまうぞ・・ガーン

 

仕方ないので、素晴らしかった今夜の丸ちゃんを何度もiPlayerで聴こう(→こちら)。 でも、そんなことすると又腹が立つかな?えー?

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

12月4日から始るROHのトロバトーレ、Travelzooというオンライン割引サイトで大幅ダンピングのオファーダウンが出ましたのでご紹介します。(ROH自身のオファーも見つけたので最後に追加しておきます)。

 

この夏やったばかりなのに(→こちら)、又こんなにすぐ、しかもぱっとしない歌手陣(アラーニャがキャンセルして更にしょぼくなって・・)で11回もやるなんて、ROHはなに考えてんの、これだから他のオペラハウスに負けちゃうのよパンチ!、と怒りたくもなります。

 

メモ

詳細はtravelzoo(→こちら)をご覧下さってもいいですが、以下ざっと説明しますので、ご興味ある方は直接ROHのサイトで買って下さい(→こちら)。 promo codeはtravelzootrovatore

 

1月31日、2月3日、6日、9日の4公演だけで、

①オーケストラストールの高い方から4段階の値段(£163-£190)が£95

②アンフィシアターの高い方から4段階の値段(£48-£84)が£45

 

Conductor Richard Farnes

Leonora Lianna Haroutounian

Manrico Gregory Kunde

Azucena Anita Rachvelishvili

Count di Luna Dmitri Hvorostovsky

 

今回のオファーは第二チームの方で、上の顔ぶれですが、ROHでは人気のホロ様も出るのに、癌治療中である彼が出ない可能性高いと思われているのか、それとも先回のプロダクション(マッチベターだった)何度か聴いたからもういいわと思ってる人が多いのでしょうか。

 

 
Conductor Richard Farnes
Leonora Maria Agresta
Manrico Najmiddin Mavlyanov
Azucena Anita Rachvelishvili
Count di Luna Quinn Kelsey

 

私はまず12月13日のこの第一チームに行きますが、折角久し振りのアラーニャのトロバトーレだと思って数回分仕入れておいたのに、おそらくこれ一回だけだわね。アラーニャの代役のNajmiddin Mavlyanovって誰よ? ウズベキスタン人で、去年のROHトスカに出た時に私は聴いてないし。女性二人はきっと良いし、彼も意外に良かったらまた考えるけど、期待はゼロうーん

 

アラーニャ、「どれを蹴って鼻の手術しようかな? やっぱりロンドンかな。 こんな醜い囚人服着たらイメージ崩れるぜ」、って思ったんでしょうね。 気持ちわかるわ。

 

ということで、特にお勧めできないキャストではありますが、お金とヒマが有り余ってる方はどうぞ。

ハチャメチャなストーリーですが、椿姫風説明だとこうなります(→こちら)。 音楽は素晴らしくて、ヴェルディの中でも私が一番好きなオペラの一つです。 そう、オペラはストーリーではなく音楽が命、ということを証明するのに最適の作品です(←褒めてるんです)。

 

ROHも自らBlack Friday Secret Saleとして、トロヴァトーレとマノン・レスコーを出してますので、サイトをご覧下さい(→こちら)。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

12月のトロバトーレのキャスト変更(アラーニャ降板)が9月29日にROHのサイトで発表されましたが(→こちら)、その中で(下の赤字部分)、「切符保有者には代役決定したらオプション付でメールで連絡します」、って書いてあったので、「おお、代役によっては切符代返してもらえるのかしら。それは良心的配慮爆笑」、と思って待ってたんですが、なんと、10日も前にこっそり発表してるじゃないですか(→こちらおーっ!。 いまだにメールは頂いてませんけどねイラッ

 

French-Sicilian tenor Roberto Alagna has been forced to withdraw from singing the role of Manrico in The Royal Opera's production of Verdi's Il trovatore on 4, 7, 10, 13 and 16 December 2016, as he has to undergo sinus surgery at the end of November.

His replacement for the role will be announced in due course and ticket holders will be contacted via email with details of options open to them.

 

で、今よく見たら、その下に切符についてはTerms and Conditions of Sale(→こちら)を読めと書いてあるのですが、こんな一行、その時に付いてたかなあ・・?ショック    

 

それによると(以下抜粋)、「キャンセルや重大な変更がない限り、切符は払い戻ししません。歌手変更は重大な変更とはみなしません」ですって。 そんなら、紛らわしい言い方すんなパンチ!

 

1.1.   Tickets cannot be refunded except on the cancellation or substantial alteration of the performance, or unless exchanged or re-sold by the Box Office subject to conditions shown below.

1.2    A change of cast shall not constitute a substantial alteration.

 

とは言ってみたものの、まあ、そりゃそうだよね。 歌手がキャンセルする度に払い戻ししてたらオペラハウスはしょっちゅう大損だ。 私が知る限り今までROHでお金返してくれたのは(厳密にはバウチャーですが)、ドミンゴ先生がタメルラーノをキャンセルした時に3割返してくれたのと、4年前にトーマス・アレンがコジ・ファン・トゥッテをドタキャンした時、すでに座ってる観客に「いま席を立ったらバウチャー差し上げます」と言う珍事(→こちら)の2回だけよ。

 

歌手変更は覚悟の上で切符買うのはオペラファンの宿命というか悲劇なのは嫌というほどわかっているので(これで何度泣いたことかしょぼん)、今回も決して文句言いませんが(遠くにお住まいの方にはご同情申し上げます)、

 

それにしても、えーっ、こんな人しかいなかったのぉブーハートブレイク 、というくらい代役が格下なのががっかり・・ガーン

 

ウズベキスタン人の Najmiddin Mavlyanov  (4, 7, 10 and 13 December) とイタリア人の Stefano Secco (16 December)の二人ですが、

 

ステファノ・セッコは2007年にヴィラゾンの代役で「愛の妙薬」に出た時はなかなか良かったので(→こちら)、最近は大した所では歌ってないので成長しなかったようだとは言え、そんなに落胆してませんが、もう一人のマヴラノフ(って読むのかしら?)、youtubeでいくつか聴いてみたら、硬くて不快な声・・ゲロー。 

 

ああ、やだ、やだ・・えーん。 でも、女性陣は素晴らしい筈なので行かないわけにはいかないし(→こちら)。

 

しかし、ROHサイトのコメントで「アラーニャがキャンセルしたのは、この前のプレミエでプロダクションを観たからじゃないのか?」、って書いてる人がいるけど、私も実はそう思っているくらいひどいプロダクションなのが問題なんです。特にテノールの囚人服みたいな衣装がね(→こちらムキー

 


人気ブログランキングへ

<29th Sept Thus>

今週は仕事も忙しくて疲れてるのに、今日はろくなことがなくて・・むっ

 

ウィグモアホールのCTチェンチッチのコンサートもがっかりなことが多かったんですが、ロベルト・アラーニャの12月のROHのトロバトーレを降板とのニュースがガーン(→こちら

11月末に副鼻腔の手術をするんだそうですが、時期を選べるのであれば、なにもロンドンを蹴らなくても・・えーん

或いは、なんでしょうか、この夏にプレミエだったトロバトーレの衣装を見て「俺はこんな囚人服みたいなパジャマ着たくねえよむっ」、と嫌気が差したんでしょうかね? 気持ちわかります。あれはひどいしょぼん

7年前のトロバトーレ(→こちら)は赤いシャツが可愛かったのにね。他の人も前の方がうんと素敵。

 

 

 

しかし、アラーニャ降板、切符売る前に言って欲しかった。フレンズ予約が終わってばかりなのに・・。 代役は未定とのことですが、おやっビックリマーク、ROHのcast changeの発表に「決まったらすでに持ってる切符をどうしてくれるのか選択を与えます」、なんて珍しいことが書いてあるじゃないですか。そりゃ、アラーニャ目的で高い切符買った人は怒るでしょうからね。私だってリターンすればすぐに売れる席ではあっても手数料掛かるわけで、張り切って3回分買ったのをどうしてくれるんだパンチ!  

しかし、そんな珍しい親切オファーがされるってことは、うんと格下テノールしか掴まえられない見込みってことか? これが一番いやだえーん

 

因みに、後半のトロバトーレはホロ様(ディミトリ・ホロストフスキー)が出るんですが、彼は最近癌治療のためウィーンをキャンセルした彼が果たして来年1月のROHトロバトーレに出てくれるんでしょうか? 2009年のトロバトーレはアラーニャとホロ様の共演で素晴らしかったのですが、売り物である二人を今回は一緒には出さないで違うチームに分けるというせこいことしたのに、結局両方とも倒れたらなんのこっちゃ?

 


人気ブログランキングへ