<12th Sept Thus>

ブダペストのことを書く前に、とにかく日本のんびり旅行を終えてしまいましょう。暖房も入ってすっかり秋の気配のロンドンであの暑さを懐かしみながら・・。

-----------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
<8月25日(日)>


昨日は高崎の友人宅にもう一人の友人と一緒に泊めて頂きましたが、今日は3人で温泉へ。

中華ランチをお腹一杯頂いてから、まだ時間があるのでまずはちょっとドライブしてから。

   

山のないイングランドに住む私には ギザギザの妙義山はどの角度からも素晴らしい。



 

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    

     坂本ダム                                 

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


地元ではめがね橋と呼ばれている赤レンガの鉄道橋、規模はうんと小さいけど、6月にスコットランドで2つ見たのとそっくりだわ、と思ったら、イギリス人技師の共同設計でした。


    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



電車では、いざ温泉へ。


と言っても、磯辺温泉は高崎からすぐ近くで、近過ぎて高崎の人は行かないんですって。たしかに、すぐ着いてしまうといまいち旅情が感じられないもんね。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

    駅前の足湯場                         桜や作右衛門(→こちら


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

温泉の多い群馬県の中では磯辺温泉は一流とはみなされてないらしいのですが、その分リーズナブルに泊れるのは嬉しいことで、この旅館も高級感はないけどそんなに安っぽくもないのに、3人部屋で一人1万円以下。窓から見える緑と川のせせらぎが心地良かったし。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

夕食と朝食を頂いたお部屋と夕食の一部。私にとっては感激の温泉料理お酒

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


うちの旅館のお風呂は大したことはなかったんですが、近所の温泉旅館2軒のお風呂にも入れるというのがセールスポイントで、中でもこの「舌切きり雀」のお宿である磯辺ガーデン(→こちら )は設えも立派で、素敵なお風呂もいつくかあり、もちろん2軒のお風呂に全部入りました温泉


旅館の浴衣で下駄をカランコロンと温泉街を歩くのも風情ある温泉体験だわ。 


------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
<8月26日(月)>


名古屋に帰るひかり号の座席指定を取ってあったのですが、新幹線ばかりじゃつまらないし時間の余裕もあるので、軽井沢、長野経由で山の景色を楽しみながらゆっくり行きましょう。

しかし、駅弁を食べたら、友人と二人で居眠りしてしまい、残念ながら浅間山以外は見逃しちゃいましたむっ (ここに限らず、駅弁食べるとすぐ寝てしまったことが多くて、たくさん乗った新幹線はお昼寝場になったのでした)


お酒先週末も泊った名古屋の激安の第三スターホテルにチェックインし、夕食はブログ仲間の梅さんご夫婦と金山の居酒屋へ(その時の梅さんのブログ→こちら )。


galahadさんも参加して下って、初対面ながらすぐに打解け、お料理も焼酎も美味しくて、最後の会食を楽しみました。ほとんど毎日お酒を飲んでましたが(主にビールと日本酒)、幸い一度も二日酔いにならず、元気にどんどん食べることができて幸せでした。


最低5キロ増は覚悟してたのに、意外や増えたのは3キロだけだったのも嬉しい驚き。胆嚢を切除して消化能力が弱ったせいでしょうか。でも、ブダペスト旅行も終わり、そろそろダイエットに励まないとまずいでしょうねえ。


------------------------------------------

<8月27日(火)>

午前中、ちょっと時間があるけど、どうしようかしら?


などと迷ったりすると、どうしても足が大須に向いてしまい、又来ちゃいました、コメ兵に。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


もう荷物の余裕がないので大きなものはか買えないけど、そうだ、お琴のケースにスペースがあるかも。

えーい、単衣の一枚くらいなんとかなるだろうて。折角来たんだから手ぶらで帰るのも口惜しいじゃない?


ということになってしまい、午後の実家での荷似作りで更に苦労しましたが、なんとか押し込めて、さあ、最後の夜を過ごす中部国際空港の中にあるセントレアホテルに向かいましょう。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

一人でスーツケースとお琴は運べないので、従兄弟にホテルまで送ってもらったのですが、空港のすぐ近くに、新しくできためんたいパークなるお店が!


明太子だけを売るのにこの大きさは驚きなので、寄ってみたところ、ちょっとした明太子博物館や明太子をパックに詰める作業場を見学できたり、あれこれ試食させてもらったりしました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
シングルルーム9千円と、常滑駅前のホテルの倍だけど、荷物のことを考えたら今日はここに泊るしかないわよね。


窓から伊勢湾の対岸にある四日市も見えたし(私にとっては子供の頃からの懐かしい眺め)、お風呂に洗い場もあったし、快適に過ごせました。


一人で空港内のお店を全部巡り、食べ物をあれこれ買い込んでテレビを観ながら食べました。


-----------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



<8月28日(水)>

飛行機London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
朝10時のルフトハンザ便は、お琴を運ぶのが大変だったけど(お琴用に席がひとつあり、フランクフルトで乗り換える時もずっと担いでいなければならなかった)、窓の外の景色を楽しみながら(時差の都合でずーっと明るい)、全て予定通りうまくいった3週間の日本一人旅を振り返りながら、幸せな気分で帰国(私にとってはイギリスに行くのが帰国)できました。


日本の山は本当に美しいし、空から見下ろす富士山も感動的でした。

今回は一人でのんびり楽しませてもらったけど、次回はトーチャンも連れてってあげたいので、夏ではなく、春か秋に行くつもり。でも、日本の猛暑も、夏が大好きだった子供の頃のことを思い出してなんだか嬉しかったです。 

                 

面白がって新幹線に乗りまくったわけではなく、皆さんの都合に合わせたら東と西へ3度づつ行く羽目になったのですが、涼しい車中でちょうど良い休憩タイムになり、暑さでばてずに済みました。



人気ブログランキングへ
AD

<8th Sept Sun>

祝日2020年東京オリンピック開催決定、おめでとうございます。よかったですね~。1964年の東京オリンピックのことはよく覚えてます。あれから50年、日本も色々あったけど、再びオリンピックで盛り上がれるのは素晴らしい。その頃には私も退職して憧れのヒマ人になってるでしょうから、切符がゲットできたら東京オリンピックを観戦したいものです。

日本滞在記も終わりに近づきましたが、今回は写真満載の京都滞在です。

-------------------------------------------
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
<8月23日(金)>


東京からまた京都にやって来ました。


1泊だけですぐに東に舞い戻るのですが、短くても盛りだくさんで充実した京都ステイでした。


ナイフとフォークまずは、京都グランヴィアホテルの15階のイタリアンレストランでランチ会。


12名もの方がやわらかもののお着物で集まって下さって、それはそれは麗しい雰囲気でした虹


アレンジして下さったのは、長年のブログ仲間で京都在住のakeさんで、ブログでも皆様のコーディネート等、たくさん紹介して下さってます(→こちら )。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

着物のお客さんにはエプロンをオファーして下さるとは、さすが京都。グランヴィアホテルのロビーは夏の盛装の方々で華やかキラキラ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
カメラ先にお一人帰られたのですが、これだけ勢ぞろいすると壮観。私だけ着物じゃなくてすみません。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


ランチの後は駅内の和風喫茶に皆で移動。さらにその後は伊勢丹の着物売り場であれこれ見せて頂いたり、立ち話したりしてたら夕方。初対面の方がほとんどでしたが、いつもakeさんのブログで拝見してるので、初めてという気はせず、お馴染みの方々にやっとお会いできたと感じ。


今夜のお宿は駅に隣接のグランヴィア。以前ロンドンに住んでらして今は東京在住のT子さんが大阪出張のついでに一緒に泊って下さいました。

夕食は伊勢丹レストラン街のお寿司屋さんで頂き、私は何度も来てるユニークな駅ビルをご案内してから、ホテルのバーで夜景を見ながらカクテルで乾杯。

-------------------------------------------


<8月24日(土)> 


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
小雨模様の土曜日、昨夜一緒に泊ったT子さんと、今日はワクワクの料亭ランチ!


午前中ちょっと時間があるので、料亭の近くのお寺にでも行ってみましょう。


京都駅からタクシーで祇園の花街を抜け、建仁寺(けんにんじ)に着きました。 この辺りには何度も来てるのに一度も見学したことのなかった日本最古の禅寺。

あ、舞妓さんだ!


と思ったけど、同行の人たちから判断するに、本物の舞妓さんではなく、体験コスプレのお嬢さんではないかしら?


しかし、少し涼しいとは言え、真夏にこの扮装は難儀どっしゃろな。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


このお寺のことはHP(→こちら )をご覧下さいですが、程よい広さで落ち着けて、バランスの良い石庭、屏風絵、襖絵、天井画が印象的でした。


これまで一切観光はせず「飲み食いお喋り」に専念してきた今回の一人旅ですが、こうして落ち着けるお寺を拝観できて、京都に来た実感が沸きました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
建仁寺から迷いながら少し歩いて、今日のメインイベントである老舗料亭に着きました。

東山にある菊乃井さんです(→こちら )。


渋い個室は冷房が効き過ぎて寒いくらいでしたが、窓の外に見えるお庭の石が雨に濡れてことさら美しく、とても真夏とは思えない雰囲気の中で頂く一流料亭のお料理は素晴らしかったです。

    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

途中で女将さんが挨拶に来て下さいました。実は菊乃井さんはちょっと前にロンドンで出店されたのですが(違う名前で)、開店時には女将さんもロンドンにいらしたそうです。残念ながらPR不足のせいか、閉店してしまいましたが。


個室ですから心置きなく写真が撮れました。菊乃井さんのロゴ入りの帯をお召しの若い仲居さんも、はい、後ろ姿をお願いします。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
それでは、さりげないところに老舗らしい美意識が感じられるフルコースを順番に全てご覧下さい。

     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


ミントの水菓子からスタート。大きなほうづきの中にはそれぞれ違う食べ物が入ってました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

口直しのアイスクリーム。                   京都と言えば鱧(はも)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

お酒

竹筒の中には冷酒。


お昼ですけど、結構たくさん頂きました。



  London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
手の込んだ美味しいお料理と老舗らしいおもてなしで感激。


これで一人1万円ちょっとでしたから、とてもリーズナブルですよね。


結構な量で満腹になった私たちを、美しい和服の女性がタクシーまでお見送りして下さって、憧れの料亭体験は大満足グッド!

3時半の新幹線で東京へ。T子さんはのぞみ、私はひかりと別々になっちゃいましたけど。JRパスの弱点はのぞみに乗れないことなのよね。




London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
新幹線DASH!DASH!


東京で上越新幹線の乗り換えて、7時半に着いたところは群馬県の高崎。


あの大量の料亭ランチの後、今日はもう何も食べらるもんかと思ったけど、4人で行った高級しゃぶしゃぶレストランの牛肉が口の中でとろけるくらい柔らかかったので、あら不思議、ホイホイたくさん入ること(写真は二人前)。こんな牛肉、イギリスでは絶対に食べられないわ。


毎日美味しいものをたっぷり頂いてる今回の旅行の中でも、食べ物に関しては質量とも最も充実した日となりました。


ブタ体重なんかに気にしないで、と言うより、旅行での体重増加の記録を樹立してやろうという意気込みですから、もう食って食って食いまくるぞ~! (で、実際に何キロ増えたかは、最後に発表しますねにひひ


今夜は高崎在住の幼馴染のマンションに、愛知から参加したもう一人の同級生と泊めて頂いて、深夜まで延々と酒盛りが続いたのでした。明日は三人で温泉だ温泉




人気ブログランキングへ
AD

<6th Sept Sat>

日本滞在記をどんどん進めたいけど、明日のお琴の仲間うちのおさらい会の稽古をせねばならんし、来週の旅行の準備もあり、なんだか忙しい。でも、なんとかランチ前に東京第二弾を先に済ませようメモ

-------------------------------------------

<8月20日(火)>


再び東京へ。今回はホテルではなく、郊外の友人のお宅に3泊お世話になります。


午後に到着し、ご主人、妹さんも一緒に夕食しながらお喋り。妹さんのお嬢さんが7月に我が家に1週間お泊りになってケンブリッジとかご一緒したんですが、大学生の彼女はまだヨーロッパ旅行中。私と入れ代わりに無事帰国した彼女は一人旅をとても楽しんだそうです。いいなあ、私ももっと知らない所に行ってみたい。


でも、新鮮味はなくても一人でこうして日本で飲み食いお喋りばかりして過ごすのもうんと楽しいから、3週間のホリディも残りあと1週間ちょっと、頑張ろうじゃないのDASH!  今回の東京ではたくさんの人にお会いする予定ですしね。


-------------------------------------------


<8月21日(水)>


東京ステーションホテルにやってきましたた。このホテルには随分前に泊ったことがあり、その時は古くて暗い感じだったのが、最近リニューアルされて、明るくてピッカピカな洒落たホテルに変身。写真を撮る人もたくさんいましたが、この赤レンガのレトロな東京駅がなければ、この辺は味気ないビル群だものね。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ナイフとフォーク

ホテルの2FにあるカフェレストランCamelia(私には嬉しい名前だこと!)でランチをご一緒したのは、ブログ仲間のお三方、香子さん、絵美さん、straycatさん。


香子さんと絵美さんは先週歌舞伎座でお会いしたばかりですが、今日は美味しいイタリアンを頂きながらゆっくりお喋り。お店は空いてたので長居して、歌舞伎、文楽、ミュージカル、オペラと主に観劇の話題で盛り上がりました。




London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


薄いピンクの絽のお着物の絵美さん、歌舞伎座に続き、2度も素敵な和服姿を拝見できて幸せ。絵美さんのこの日のブログ記事でユニークな帯のこととかご覧下さい(→こちら )。

香子さん(→こちら )、straycatさん(→こちら )もこの日のことをブログに書いて下さいました。いつかロンドンで4人で着物でオペラハウスに行きましょうね。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
アート

この後、straydatさんと二人で、三菱一号館美術館の浮世絵展(→こちら )へ。


浮世絵を見る機会は西洋では結構あるのですが(もうすぐ大英博物館で春画展もはじまるし(→こちら )、日本語の解説で鑑賞できるのは楽だわ。


霧ここには素敵な中庭もあります。丸の内にこんな優しい緑の空間があるなんて嬉しい発見。

ここにはレトロで素敵なカフェもあり、次に東京に来る時は是非行ってみます。


私たちが美術館にいる間に外は雷雨雷


夜のアポの前に少し時間があったので、待ち合わせ場所である日本橋の三越本店の和服売り場に行ってみましたが、閉鎖されたスペースの入り口に10人くらい店員が一斉に「いらっしゃいませ」、なんて言うんだもん、入れるわけないよね。振袖展見たかったのにさむっ


お酒割り箸

夜は会社の元同僚さんたちと7人で神田にある京のおばんさい屋さんへ。元ロンドン駐在員の方達とご飯食べに行くのは今回これが3度目ですが、この日が一番年齢が若く、賑やかで気楽な飲み会になりました。 トーチャンと一緒ではちょっとやりにくいですから、長い間離れてて段々家が恋しくもなってるけど、こういう時は一人でよかったと思うわよね、そりゃ。


------------------------------------------

<8月22日(木)>


泊めて頂いてる友人と一緒に歌舞伎座と飲み会へ。

第二部の一幕見、ひとつ1,500円で両方とも観ました。一番安いちゃんとした席が3,000円ですから、そっちの方が勿論ベターですが、行くと決めたのが当日だから仕方ない。


以前は長い階段を歩いて上らなければならなかったけど、今はエレベーターで簡単に行けるのは助かります。入れる順番の決め方も変わりました。切符に付いてる番号順に客席に入れてもらえるのですが、ちゃんと並ぶまでに狭い所で手間が掛かるし(まるで小学生の点呼)、英語で言ってくれないので外国人たちは困ってました。でもまあ、これが一番公平なんでしょう。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

最後の方の人は立ち見になってしまいますが、私たちは50番くらいだったのでもちろんちゃんと席があり、落ち着いて鑑賞できました。花道は見えないけど。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
今はこの階にもイヤホンガイドがあるし、一幕見の運営は改善したと思います。


演目は「髪結新三」と「かさね」。


かさねは以前ロンドンで海老蔵と亀治郎さんでかぶりつきで観たことがあり、水も滴る色悪の海老様と芸達者な亀ちゃんが素晴らしかったので、それに比べると福助さんと橋乃助さん兄弟は負けちゃいましたねが、鳴り物はこちらの方が本格的なので、そこを重視する私はハッピー。 




London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

歌舞伎が終わったら、一緒に行った友人と共に新宿に急がなくては走る人


    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ビール

高校のミニミニ同窓会が住友三角ビルであり、男性5人女性6人で集まりました。

ほとんどは時々会ってる人たちなのですが、節目の年代でもあり、健康のこと孫のことで盛り上がり、私の一時帰国に合わせて集まって頂いて嬉しいことでした。


クローバー

少し涼しくなった今、東京での充実した3日間を終え、翌日からは京都ですが、旅行中もっとも華やかで日本的な滞在になったので、お楽しみに。


その後また東に戻ってきますが、意地になってるかのようなJRパス酷使もますます拍車が掛かりますDASH!



人気ブログランキングへ
AD

<5th Sept Thus>

28度にもなってロンドンにしては暑い日でした。でも、私の留守中ずっと続いた素晴らしい夏も今日で終わりらしく、明日からは一気に20度以下だって。

今週は毎日フルに働いて疲れてるせいか、やっと時差ぼけは治ったけど眠くてたまらないので、日本旅行記も簡単に。旅行も半ばになって中休み気味、写真もほとんど撮らなかったしね。

-------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
相変わらずの猛暑の中、実家周辺で比較的のんびり過ごした3日間でした。

<8月17日(土)>


昨日まで東京に3泊した後、朝8時台の新幹線で名古屋へ。座席指定は無料で取り放題のJapan Rail Pass、日本到着翌日に全て手配済みです。


まずは名古屋駅裏の第3スターホテルに荷物を置いて、地下鉄で星が丘に行き、三越で少しうろついた後、高校の同級生たちと待ち合わせて、イタリアンレストランへ。歩いて5分だけど暑いからタクシーで行っちゃお。


明るくて洒落たインテリアがとても良い雰囲気のリストランテ・アルキオーネ(→こちら )、7人で個室を使わせて頂いたのですが、目も楽しませてくれるランチ会席コースは品の良い味と量で、イタリアンも日本式になると素晴らしい。


住宅街のこのレストラン、今年6月にできたのですが、駅から少し距離があるせいか、苦戦してるようなので、中部地方の皆さんは是非行って下さいまし。お昼は女性グループ、夜はカップルでゆったり落ち着いて食事できますよ。ソムリエもいます。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ケーキに字を書いた人、きっとクスクス笑いながらやったんでしょうね・・・にひひ



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
コーヒーランチの後は近くでお茶飲みながらさらにお互いの近況キャッチアップ。



 London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)   


その後、会をアレンジしてくれた友人と二人で栄という名古屋の繁華街に行き、外歩くには暑過ぎるので、愛知芸術文化センターにでも入りましょう。



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
3年に一度のアートフェスティバル、トリエンナーレ開催中でしたが、時間もなかったので結局入らず、座り込んで又お喋り。


   London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


この後、二人で名古屋駅に行き、高島屋でショッピングした後、地下街のお寿司屋さんで夕食。


昔の同級生と会うと、知り合ってから45年近く経ってるわけだし、見かけは変わらなくても(少なくとも、自分たちにはお互いそう見える)、それぞれ節目の時を迎えて、感慨深いものがあります。


-------------------------------------------


<8月18日(日)>


お盆くらいは実家周辺でゆっくりしなくちゃねと殊勝に思って常滑に行き、叔母の家にも遊びに行きました。

83歳の叔母はしゃんとしてるのに、87歳の母はほころび掛けてて、身体は丈夫だしいつもちゃんとお化粧してきれいにしてるのでそんな年にはとても見えないものの、5分おきに同じことを言うんだもん。「お前、いくつになったんだ?」、はまだいいとしても、「お前、太ったね」(いつが基準だ?)と何十回も言われたひにゃ・・・。お母ちゃん、どうせ繰り返すなら、褒め言葉にしようよね。

ずっと一緒にいると疲れるので、名古屋に逃げ帰って、一人で鰻丼の夕食。


-------------------------------------------

<8月19日(月)>


かつて遊んだ名古屋駅周辺のデパートや地下街を懐かしみながら巡りましょう。昨日、母に強制的にお下がりの着物を持っていけと押し切られてこれ以上物は物を増やせないので、買い物の楽しみは減ったけど。


夕方は新幹線で大阪に行き、友人とリッツカールトンの中華レストランで早目の夕食。暑いから、駅から地下でつながってる所にしか行かないの。とんぼ返りで名古屋駅裏のホテルに戻りましょ。

これが二度目の関西だったけど、三度目はもうちょっと長くいて、京都で活動的に過ごしますので。


その前に、明日からまた東京だ!


この頃だったかな、「毎日こんなにだらだら過ごしててもいいのかなあ~」、と一番感じてたのは。




人気ブログランキングへ

<2nd September Mon>

「半沢直樹」、日本滞在中はテレビで一回しか観られなかったけど、日曜日にネットで最初から全部観てしまったわ。先に本を読んだのだけど、テレビだと役者のイメージも違うし、まるで勧善懲悪のベタな時代劇みたい。そこが受けるんだろうけど、私は本の方が好き。「あまちゃん」もネットで観ようと思えば観られるのでしょうけど、それはやめとこ。しばらく忙しいから我慢しないとね。日本旅行記もどんどん進めたいし。

------------------------------------------


<8月14日(水)>


京都から東京へ。新幹線で駅弁食べながら、一人だけど、すっかり遠足気分。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    

今日から3泊するのは八重洲富士屋ホテル

部屋の窓から赤レンガの東京駅も見えます。このホテルは、以前家族と泊ったこともありますが、なんと言ってもロケーション抜群で、有楽町や銀座もすぐ。 


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
東京駅の内外のショッピング街も充実で、私はJRパスで構内にも入れるので、あちこち探索したけど、私好みの庶民的なお店が多いのは八重洲地下街だ。

コーヒーケーキ夕方、古い友人とホテルのカフェでお茶。


割り箸夜は、アメリカ在住のブログ仲間と八重洲地下街にある韓国料理屋へ。そろそろ日本食以外のものも食べたい気分だから。


しかし、私にとっては日本で食べるものは外国料理と言えども日本食。日本人向けになってるので、なんでも食べやすくて美味しい。日本にはこういう日常的な小さな幸せが溢れてて、ほんとに羨ましい。

------------------------

<8月15日(木)>


いざ、新しい歌舞伎座DASH!  ホテルから歩いてもしれてるけど、この暑さでは外を歩きたくないので、地下鉄で。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      


通りの向こう側からだともっと全体の良い写真が撮れるんだけど、この暑さでは歩いて道を渡るのすら憚ってしまうわ。後ろの高いビルが邪魔だしね。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


ブログ仲間で歌舞伎に詳しい香子さんに切符をお願いして、ご一緒して頂きました。暑いのにお着物でいらして下さって、感激。きりっと粋なお姿は、後ろの絵の女性と共通点あるでしょ。香子さんのブログは→こちら 。  


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
八月納涼歌舞伎、「できれば、ずらっと並ぶ鳴り物付きの踊りが観たい」、という私のリクエストにぴったりな第一部を香子さんが選んで下さったのですが、ほんと、後半の春興鏡獅子は大勢の長唄囃子がにぎやかで華やかで素晴らしかったクラッカー

この日は七乃助君が大活躍で、お獅子の頭振りやお姫様舞踊で大奮闘。まだ若いですから、歌舞伎界で一番上手というわけではなさそうなのは素人の私でもわかりましたが、七君は綺麗だし、20年くらい前にロンドンでまだちっちゃな七乃助君がお兄ちゃんと一緒に、お父さんと玉三郎共演の舞台で踊っていたのをよく覚えている私には、「あの子がこんな立派になって・・」、と感慨深いことでした。これはオペラにはない歌舞伎独特の楽しみ方。

   

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
前と同じ設えなんですが、全てが新しいとそれだけで美しくて気持ち良いものですが、特に四季の緞帳は立派。


私たちの席は3階A席で5000円。この日のためにロンドンから双眼鏡を持参したので、しっかり観えました。


歌舞伎鑑賞は楽しめたので、実は、翌週、第二部も観に行ったのでした(一幕物の当日券で)。

      

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


この日はブログ仲間の絵美さんもお友達といらしてて、皆さん素敵なお着物姿。夏の着物は素材が大切なんですが、知り合いだと「ちょっと触ってもいいかしら?」とか言えるのが嬉しいです。着物雑誌で写真はたくさん見てても感触がわからないから。絵美さんのこの日のブログは→こちら


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

上のギャラリーにも行ってみたら、屋上に芝生のお庭もありました。階段の朱色も瓦も新しくてきれい。


この後4人でお茶をしてから、夕方に大手町へ。私が働く会社の本部ビルを訪問し、たくさんの元ロンドン駐在員にお会いすることができました。


ビール会社の男性たちとは3回飲み会があったのですが、今日はまず、比較的最近の元上司二人と近くのベトナム料理屋さんでじっくりと。


-------------------------------------------


<8月16日(金)>  


カチンコ

映画を観るなら今日しかないわ。折角一人なんだから、日本映画が観たいじゃない。じゃあ、少年Hにするか。平日の午後、有楽町の映画館は年配の観客で満員。60歳以上は千円だもんね。私も恩恵受けました。映画は、なんの予備知識もなしに観たので、まあ面白かったけど、セットの街並には郷愁を覚えるわけで、そうよね、私は終戦後まもなく生まれたんだから、年取るわけだ。


お酒夕食は新橋の日本料理屋さん。また会社の人たちと一緒でしたが、今日はうんと前の上司たちが中心で、私と同年代のサラリーマンにとっては変わり目の時機。孫の話題になると年月の長さに驚くけど、話してると30年前に戻れるのが嬉しい。カラオケにも行けたしねカラオケ



日本滞在もこれで10日間近くになり、こんなに毎日ぶらぶら遊んでばかりいてもいいんだろうかと罪悪感を感じはじめた頃だったけど、翌日は朝早く名古屋へ。東京には来週また来ます。




人気ブログランキングへ