<8月25日(目)>

ベルファスト旅行のことを書くつもりが、急遽カルメン記事になりました。

シーズンオフですっかり遠ざかってるんですが、一応オペラ・ブログのつもりなので、たまにはその路線でいかないといけないでしょうしね。

----------------------------------------------

9月のボローニャ歌劇場日本公演のカルメンのドン・ホセ、胸部のリンパ節の切除手術という「ほんまか? 本当はまた原発問題じゃないの?」、と誰もが疑う理由で又日本行きをキャンセルしたヨナス・カウフマン(「今回は僕、日本に行きます」と言ったらもっと驚きだけど)、代役がブタ丸セロ豚バレス(本名マルセロ・アルバレス、以下丸ちゃん)に決まってそうですね。


オペラ三昧イン・ロンドン
いいなあ、日本のオペラ・ファンは。こないだ丸ちゃんはNYメトの代役で日本に行ったばかりなのに又聴けるなんてぇ。だってここでマルセロ・アルバレスっていうテーマ(→こちら )まで作ってる程愛してる私ですもん、羨ましくて溜まりませんよ。


しかし、羨ましいといっても切符は最高5万2千円というOh, my god!叫び価格だから、たとえ私が日本にいても果たしていけるかどうかだし、私の代わりに皆さん是非行って下さいとも言うのも気が引けますわ。


ま、お金に余裕のある方だけ9月13日、16日、19日の東京文化会館(詳細は→こちら )に行って下さいまし。カルメン役も私のご贔屓、ROHの去年のコジ・ファン・トゥッテ(→こちら )とオネーギンでとても上手でチャーミングだったグルジア美人のおとめ座ニーノ・スルグラーゼ嬢だからますます羨ましいです。


おにぎりしかし、こないだ行ったばかりなのに又日本に行く理由って、いかにも食い意地が張ってそうな丸ちゃんのこと、もしかしたら食べ物じゃないかと思うけどお団子、最近せっかく痩せれば良い男という自覚ができたのかちょっと痩せ傾向になってるのに、なんでも美味しい日本で食べ過ぎて太らないようにね。デブでも愛してるけど、できればもう一花咲かせて欲しい。



カメラところで、その丸ちゃんが最もたぷたぷだったのが3年半前にROHでカルメンの時で、カウフマンもそのちょっと前に同じドン・ホセをやったので、同じ衣装とは思えない二人のカーテンコール写真を→こちら で比較してます。ここに2枚だけアップしますが、丸ちゃん、顔の整い方は決して負けてないのに、全体像は、そりゃあ、明らかにすらっとしたカウフマンの勝ちだわさ。


    オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


でも、どちらが良いドン・ホセかということであれば、二人とも超一流テノールの二人だからこれは好みの問題だけど、私の軍配は迷わず丸ちゃんに上がるし恋の矢、客観的に判断してもこの役は暗くて重いカウフマンより甘くてリリカルな丸ちゃんの方が向いてると思うの。



ブタデブ話題のついでに、もう一つのカウフマンがキャンセルしたバイエルン国立歌劇場日本公演のローリングリンの代役はオペラ界一のメタボ男のヨハン・ボータなんですってね。これは羨ましくないです、全然。クラウス君だったら嫉妬に狂うけど。(いえ、ボータ巨漢は歌は上手だから、目を瞑って鑑賞すれば大丈夫よ)


ひらめき電球

そうだ、カウフマン様ったら、そこまで言うなら本当に手術は受けるんでしょうが、早く回復して、10月24日のロンドンのコンサートにはちゃんと出てくださいよね。ずっと前から最前列を確保して楽しみに待ってるんだから。



                      人気ブログランキング  ぶーぶー ぶーぶー

AD

オペラ三昧イン・ロンドン
<2月8日(火)>

いつも冒頭に緑色でぶっきらぼうにちょこっとつぶやを書いてるけど、今日は帰宅が遅くて余裕がないので、そのつぶやきだけね。


昨夜は魔笛、今夜はセヴィリアの理髪師をROHで観たんだけど、セヴィリアの方がずっと好きだということがはっきりわかった。モーツァルトよりもロッシーニが好き、というわけじゃないけど。

両方とも無名の主役テノールが楽しみでもあり不安でもあったけど、魔笛のJoseph KaiserもセヴィリアのLuciano Botelhoもなかなか良くて楽しめた。

でも、将来有望ではあっても、まだまだ愛する丸ちゃんドキドキ(マルセロ・アルバレス)の域には達してないんだけど、その丸ちゃん、NYメトの最近のトスカの写真でみる限り、かなり痩せたじゃないの目 ラジオで聴いた生中継はちょっと勇み足気味だったけど、「若いテノールには俺はまだ負けないぜ。歌だけじゃなくて、俺は身長も理想的だし、体重さえ減れば二重アゴも消えてハンサムなんだからな、もう一花咲かせてやろうじゃないかDASH!」、とやっと悟って奮起してくれたとしたらすごく嬉しい。

もう丸セロ・豚バレスとか呼ばないから、リバウンドしないように頑張るんだよ。

(若い二人のテノール君たちについては又あらためて書きます)


       人気ブログランキング  電話      



AD

<5月31日(月)>

楽しく充実した3連休もあっという間に終わっちゃいましたわーんしょぼん

明日から6月とは思えない涼しいロンドンですが、来月はあれこれ忙しいので、気を引き締めて頑張りましょう。

アイーダ第二弾はパフォーマンスについてです。

-------------------------------------------


オペラ三昧イン・ロンドン

(プロダクション自体についてはすでに書いたので(→こちら )、今回はパフォーマンスについてのみですが、これ以下の写真はクリックで拡大します)


2年ぶりのマルセロ・アルバレス(以下丸ちゃん)登場とあって、ずっと楽しみにしてたアイーダ。久し振りだし新プロダクションでもあり切符争奪が大変でしたが、なんとか4月27日初日、5月4日、10日、13日と4回分確保し、パフォーマンス重視にストールサークルで近くから3回、全体を見るためにアンフィシアターで1回、と理想的な見方ができたのはラッキー。おまけに出待ちデビューもできて、丸ちゃんとの2ショットもできましたよんラブラブ(→こちらこちら


オペラ三昧イン・ロンドン
David McVicar – Director
Jean-Marc Puissant – Set designs
Moritz Junge – Costume design
Jennifer Tipton – Lighting
Fin Walker – Choreography
David Greeves – Martial Arts direction


Conductor Nicola Luisotti

Ramfis – Giacomo Prestia
Radames – Marcelo Álvarez
Amneris – Marianne Cornetti
Aida – Micaela Carosi
King of Egypt – Robert Lloyd
Messenger – Ji-Min Park
High Priestess – Elisabeth Meister
Amonasro – Marco Vratogna


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン
ぶーぶーラダメス(エジプト将軍)

モテモテのエジプト将軍ラダメス役の丸ちゃん、ハンサムなんだしやせれば良い男でもてるだろうに、ルックスには無頓着らしくて、見る度にデブになってなってたので心配したけど、さて今回はというと、おお~っ、肥満度にストップが掛かったばかりでなく、目に見えてスマートになってるじゃないのニコニコ


2年前のカルメンに比べると顔もラインもシャープだし、めりこんでた首もちゃんとある。よかったよかった。もちろんまだデブの部類だけどサムライ衣装は恰幅のよさで似合ってたし、ヒゲ付きでエジプトの将軍らしい鋭い目つきもサマになってて、マクヴィッカーに絞られたのか、いつもよりお芝居もずっとまし。


もっとも、ラダメスは、「エジプト王家の婿養子になってファラオにもなれるのに、「、奴隷女のアイーダが好きだから困っちゃうな~」と迷ったりせず、一途にアイーダだけという手を抜かれてるキャラなので、大事なのは歌だけ。それだけに聞かせどころのアリアを上手に歌わないと存在価値がありません。


丸ちゃんにとってはこれがラダメスのロール・デビューで、彼曰く「ROHは雰囲気良いから新しい役にチャレンジするのが好き」なんだそうです。タイトルデビューでないものも含めるとこの10年でレパートリーを一通り歌ってくれたのですが、このアイーダがベストかと言うと、残念乍らそうではないような気がします。ま、初めてですから今後進歩するかもしれませんけど。


ラダメスにはトランペットのように響き渡る迫力の歌唱が要求される部分も多いので、リリカルで甘い丸ちゃんの声は理想的とは言えないし、登場していきなり歌うアイーダ礼賛は、ロマンチックなアリアは丸ちゃん向きだけど、まだ喉が暖まってないのでどのテノールにも難しいアリアだから、丸ちゃんも毎回苦労して、最後までこうだったらちょっとまずいかもと心配になったものでした。幸い、毎回進むにつれて良くなり、後半は大声のアムネリスとアイーダの女性二人にも負けないくらい声が出て、嗚呼やっぱり丸ちゃんは良いわ~、と惚れ惚れしたことでした。


しかし、女性二人に比べると歌う場面が少ないので、もっと何度も行こうと思えばできたのに、そして実際、正面最前列正面席がリターンされた時は、「180ポンドか、どうしようかな・・・」と思い切り迷ったけど、アイーダが良くなかったこともあり、結局買いませんでした。

来シーズンはアラーニャクラッカーで再演されるので、今から楽しみ。アラーニャは、スカラ座ブーイング事件もあったけどこの役は得意としてて、映像スカラ座版では歌も演技も素晴らしいんです。



オペラ三昧イン・ロンドン
ウサギ
アイーダ(エチオピア王女)

アイーダのミカエラ・カロッシが問題でした。


カロッシは2年前にカウフマンと競演したトスカ(→こちら )と、フリットリの代役だったレクイエムで聴いて、声が大きいだけが取り得のソプラノという印象だったので今回も期待は低く、できれば病欠して欲しいとすら願ってましたが、祈りも虚しく、ずっと元気一杯で声張り上げてくれました。


救いだったのは、トスカよりはアイーダの方が合っているらしく、声の不快さもかなり少なくて、「うわ~っ、我慢できないわ」ということはなく、ところによっては「あら、なかなか良いじゃないの」と思ったこともちょっとあります。


青い素敵な衣装でデブも気にならなかったし、慣れてるアイーダなので演技も余裕たっぷりで、決して悪くはありませんでした。しかし、如何せん、そう何度も聴きたい声ではないので、毎回、「丸ちゃんは聴きたいけど、もっとたくさん歌うアイーダがあれじゃね」、と足を引っ張られました。


更に失望なのは、今から楽しみにしてる来シーズンのアイーダもカロッシなんです。もっと上手なアイーダが他にたくさんいるだろうに、と今から怒ってますむかっ



オペラ三昧イン・ロンドン
王冠1アムネリス(エジプト王女)

ラダメスに横恋慕するファラオの後継ぎお嬢アムネリスはアイーダと同じくらい大切な役で、歌う場面もラダメスより多いくらいなので、アイーダと並んで不快なメゾソプラノだったらとても何度も聴く気にはなりませんが、幸い、ちょっと前に代役に決まったマリアンヌ・コルネッティは私好みの張りのある美声。


哀相にモンスター顔にされてしまい、叶わぬ恋に悩む美しい王女様にはとても見えないのが残念ですが、丸ちゃんがいまいちだった初日とか、一番大きな拍手をもらったのがコルネッティでした。ちょっと立ち上がりが悪い日もありましたが、これも何百回もやっている役らしく押さえどころはきちんと決めて、拍手喝采受けてました。

去年秋のドン・カルロのエボリ皇女でも素晴らしかったコルネッティ(→こちら 。ドンカルロはカウフマンよ)、デブのおばさんですが、また違う役でも聴きたい人です。
オペラ三昧イン・ロンドン
ドリルその他

アムネリスのお父さんファラオは鼻に掛かった声が聴き飽きたロバート・ロイド。同じ時期にトラヴィアータのお医者さんでも出てて、二つのちょい役をこなしてます。でも、他の人で聴きたいと切に願ってる人が私以外にもいるかもしれないわけだから・・・。


もう一人の王様役、アイーダのお父さんのエチオピア王のMarco Vratognaは初めて聴く名前ですが、なかなか良かったです。出待ちで見たら、ハゲててもアイーダ役より若いんでしょう。


私が応援してる元ROH若手アーチストのジ・ミン・パーク君の出番は2分くらいだけど、印象に残る兵士役でした。


ルイゾッティ指揮のオケは文句なく素晴らしく、コーラスもダンサーたちも奮闘してくれて、一流オペラハウスの香水準となりました。ほんと、アイーダだけが残念。


カメラカーテンコールは初日だけ演出家も含め皆さん登場しましたが、それ以外は幕の前に主要メンバーだけでした。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


                       人気ブログランキング  カゼ

----------------------------------------------

AD

また出待ち

<5月13日(木)>


帰宅したのが12時過ぎ。それから夕食食べてお風呂入って、パソコンに向かうビューキの私。


写真に毛が生えたくらいですが、とりあえず急ぎでアップ。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

             アイーダ4回目は娘時代の色無地で 


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン  

初めて全体が見える席に座りましたが、カーテンコールの写真は撮らずにステージドアに急ぎましょう。でも、あら、今日はディナーがあるのね。また千ポンドくらいするのかしら?


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン  


でも、歌手の中でディナーに付き合うのはアムネリスだけで、丸ちゃんとアイーダはステージドアにすぐに出てきてくれました。


オペラ三昧イン・ロンドン


目的の丸ちゃんとのツーショットもバッチリ。


握手と、わーい、頬にキスしてもらっちゃたよ~ラブラブ!ドキドキ

 

演出家のマクヴィッカーと長い間一緒にいたおかげか、英語が上達したね。


「日曜日も来る?」って聞かれたけど、売り切れで、高い切符しかリターンに出てこないから、ちょっと無理だろうな。オペラには行かずに出待ちだけするって手もあるけどさ。


時計


わ、もうすぐ2時だわ。


でも、ご安心下さい、明日は会社を休むので、朝寝坊できます。



「連隊の娘」のリハーサルを観に行くんですが、丸ちゃんに抱きついてから12時間後にフロレスを聴けるなんて、今シーズンのROHは豪華! (フロレスは出ないかもしれないけど)←(追記)出てくれました。



人気ブログランキング   ← おかげさまで一位を維持しております。ご協力ありがとうございます。


これで1週間の「5周年記念で椿姫をオトコにしようキャンペーン」期間がほぼ終了したましたので、これからは自然体にして、気が向いた時だけクリックして下さいね。

出待ち初体験

オペラ三昧イン・ロンドン
<5月11日(火)>

キャメロン新首相誕生。アメリカみたいな大袈裟な就任式はなくて、女王陛下に任命されるだけ。「おまはんが12人目の首相だで、連立にゃーきゃくはたゃーへんだろうけど、頑張ってちょー!」と仰ったにちぎゃーにゃーね。ブラウン元首相の子供たちを見たのは初めて(クリックで写真は拡大)。


フロレスのリサイタルやトラヴィアータのリハーサルは後回しにして、昨夜の楽しいイベントをまずアップ。

----------------------------------------------
オペラ三昧イン・ロンドン

昨日(5月10日)、ロイヤルオペラハウスで出待ちをしました。


去年アラーニャに招待されて楽屋廊下に入れてもらった時(→こちら )と、3年前ステージドアを通り掛ったらちょうどフロレスが出てきたので話ができた(→こちら )という例外を除けば、いわゆる出待ちはしたことがない私。ご贔屓歌手に会える出待ちはもちろん憧れでしたが、ただでさえ遅いオペラの終了時間が出待ちで帰宅がもっと遅くなるわけですから、それは金持ちになってロンドンの真ん中に住む身分になれる時か、少なくとも朝早く起きて出勤する必要のなくなるリタイヤ後にしかできない贅沢だと思って今まで我慢し、そそくさとステージドアの中をちらっとと見やるだけで素通りしてました。


でも、折角愛する丸ちゃんドキドキ(マルセロ・アルバレス)なのだし、一緒に待って下さる方もいたので、思い切って試してみました。とは言っても、アイーダが終わったのが10時40分、車で駅まで迎えにきてくれるトーチャンに申し訳ないので待てるのは限定30分間。


外ではなく中で入り口の中で待たせてもらえるので昨日のように寒い日でも平気なのはありがたくて、転がるように駆けつけた私たち3人は列の先頭だったのですが(結局10人くらいしかいなかったけど)、ドキドキ待つこと10分くらいで、主要キャストの中では丸ちゃんが最初に出てきてくれました。


カメラここから下の写真はクリックで拡大します。
   オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン


1メートル先のドアにいきなり現れるんですが叫び、ダサい眼鏡を掛け(近眼にちがいない)、役のままのオールバック髪に皮ジャン。ぶかっとしたジーンズはどう見ても安物で、公開インタビューの時の安背広といい、着るものにはお金は掛けない主義なんでしょう。ばりっとしたジャケット姿で颯爽と登場したアラーニャとは大違いで、丸ちゃんはそこらで出っくわしても(オペラがマイナーな世界とはいえ)スター歌手だと思う人はまずいないであろうただのオッサン。


でも、私の目には丸ちゃんは輝く大スター星キラキラ 好きやね~んラブラブ!、とタテヨコ結構でかいがっしり丸ちゃんにしがみついてツーショットすれば、頭がぼーっとして、現実とは思えないなくなってしまい・・・ショック!


オペラ三昧イン・ロンドン
今日が3度目なの」と言ったらびっくりしてました。すみません、もっと多くの人に聴いてもらいたいでしょうが、どっこい、まだ木曜日に4回目もあるんだよ~馬 


是非また着物で行こうと、どれにしようか思案中。

因みに、今日の着物と帯は去年出番がなかった中から選んだのですが、若い時におそらく自分で縫った紺地のウール、はっきりした花柄が場違いかもしれないけど、こういう所じゃ印象に残るのが大切でしょ。でも、明後日は雰囲気の違う着物にしたいな。


カーテン地の帯は私の手作り(→こちら )。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


今夜の出来は今まででベストとも思えないけど、皆さんご機嫌でサインや写真に応じてくれました。


指揮者のニコラ・ルイゾッティは若々しくて片言の日本語を連発。トーキョー・シンフォニーのゲスト指揮者だし、サントリー・ホールでよく演奏するそうで、最後の「お疲れ様でした~」のタイミングも言い回しもまるで日本人。


アイーダ役のミカエラ・カロッシは、アイーダのメーキャップのままなのか(このアイーダは浅黒くない)、それとも化粧し直したのか、ばっちりメークで遅めに登場。しばらく数メートル先で電話してたけど、着物姿の私に大きく微笑んでくれ、写真撮るときも固く抱き寄せてくれました。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

とても上手なアイーダのお父さんMarco Vratognaは、本当につるっ禿げなのかしら?


エジプト王ロバート・ロイドとアムネリス王女のMarianne Cornettiが出てこなかったのは、凝ったメーキャップを落とすのに苦労してたのかしら?


というわけでドキドキワクワクの出待ち初体験でしたラブラブ


祝日人気ブログランキング  (←クリックしてね) 

皆さんのクリック運動のご協力により、遂に1位になることができましたクラッカー ありがとうございます!