<24th May Wed>

晴れ今日は暑かった~ショック!。 リージェンツ・パークの野外劇場でミュージカルを観た一昨日も充分暖かかったですが、これ以上暑くなると夏仕様ではないロンドンでは苦しいので、これで充分。

----------------------------------------------

5月22日に行ったリージェンツ・パークの野外劇場の様子は既に写真アップしましたが(→こちら)、パフォーマンスはどうだったかと言うと(ミュージカルにはほとんど行かない私があーだこーだ言っても信憑性に欠けますが)、

 

レナード・バーンスタイン作曲のOn the Town、フランク・シナトラとジ-ン・ケリーの1949年の映画「踊る大紐育」でお馴染みでしょう。ニューヨークが紐育って、えらい古めかしいけど、私は好きですよ、外国の街名を漢字にするのは。霧の倫敦、花の巴里とかってね。

 

ニューヨークで24時間の上陸許可を与えられた水兵3人の恋愛と騒動恋の矢ドンッを描いた作品で、場面が早いテンポであちこちに飛ぶのはスピーディーに床を滑る舞台セットで上手に表現し、女性の1940年代の衣装や髪形も素敵。無理矢理現代に合わせようとして、唐突にゲイ・カップルが出てきたり、三人のヒロインのうち二人が黒人だったりするのはちょっとやり過ぎかなって気もしますが、カラフルでエネルギッシュでなかなか良かったです拍手

 

 

 

スター・アトラクションはBBCのダンス競争番組Strictly Come Dancingで平均点数が歴代最高だったという29歳のテレビ俳優ダニー・マック。彼が優勝すべきだったとおそらく誰しも思った程何を躍らせても上手でしたが、長い間ミュージカルにも出てるそうで、そんな人がStrictlyに出たのは反則かも。でも、さすが歌も上手。あまりメリハリ効いてなくてテクニックよりは声そのもので聞かせるタイプですが、初めて聞いた彼の張りがあってストレートな歌声は私好み。でも、清々しいハンサムだけど背が低めなのが唯一の欠点なので、周りにもっと小さい人を選ぶべきだったのでは? かなり貧弱に見えちゃいました。 

さすが層の厚いロンドンのミュージカル界、皆さん上手だと思ったのですが、隣の席のミュージカル大ファンという初老夫婦によれば「ま、普通ってとこかな」、だそうです。

 

 

徐々に黄昏れていくのが素敵ですが、特にこの日は夕陽が最高に綺麗な夕暮れで、写真だと色が薄いですが、燃えるようなオレンジ色でした。

野外ですからお天気が大切で、天気予報がはっきりするまで切符は買わないほうがいいですが、今夜は「こんなお天気良い夏の夜は雰囲気最高だろうなあ」(ドリンクしながら観劇可)、と思ったら、なんとキャンセルされちゃったそうです(→こちら叫び。 出演者の体調不良ってことですが、そのために代役がスタンバイしてるわけでしょ? 19日から始ってて今日(24日)までがプレヴュー期間、明日が本番初日ですから大事を取ったのでしょうけど、ミュージカル天国の筈のロンドンでそんなことでキャンセルなんてあり得ないプンプン

 

モリナオコさんという日本人の女優さんも出てて、歌わない三枚目役ですが、BBCテレビのTorchwood(→こちら)に出てた時はすらっとして素敵だったのに、太っちゃいましたね・・・。

 

トーチャンも私もミュージカルはほとんど観に行かないので比較できませんが、レヴューが楽しみです。 これで3ツ星くらいなのかな? 

 

滅多に行かないミュージカル、しかも野外で観られて、天気も最高だったし、楽しめました。

 

明日はお馴染み過ぎるロイヤルオペラハウスで「愛の妙薬」のリハーサルとミックスバレエ

の昼夜ダブルヘッダーでーすグッド!  そう言えばジュエリーとかマイヤリングも行ったんですけどね・・ショック

 

 


エンターテインメントランキング

AD

<12th Apr Tue>

ロイヤルバレエの雪冬物語のドレス・リハーサルの後、オークションハウスのサザビーズに寄り、5月にニューヨークで行われる印象派、モダンアート、コンテンポラリーアートの内覧会を見学(無料)。



     


アート有名画家と彫刻家の作品がずらっと並んでた中で、
 

       

どれでも欲しいのを持ってけ~!

 

と言われたら、これでお願いします。


一番高いからか? 


そうです。 フランシス・ベーコン (お金推定価格20~30百万ドル)




    


べーっだ!「なんだ、こんなの私だって描けるよ~」、という2枚はこちら。


ピカソ お金4~6百万ドル)と  ムンク お金2~3百万ドル)



この内覧会は明日(13日)の午前中しかやってないので、ここでご紹介しても、すみません、あまり意味ないですが、




一方、こちらは来月ですので充分間に合います、ということで今日の本題に入ります。


King's Place(キングスクロス駅近く)で5月13日と14日にのパフォーマンスやトーク等があるんですって。


詳しくは → こちら をご参照。


残念ながら私が都合つくのは14日午後の能音楽のワークショップだけなのですが、貴重な機会ですから、ご興味ある方は是非どうぞ。


しかし、


そろそろ歌舞伎公演やって欲しいですよね。

最後にロンドンに来てくれたのはのは6年も前ですよ(→こちら )。海老様の義経千本桜でしたが、これを東京の歌舞伎座で6月に全部観ることができそうで、とても楽しみ。予習しないとねってことで、日本行きのきっかけになったクラウス君のローエングリンはそっちのけでyoutubeで歌舞伎見るつもり。




人気ブログランキングへ

AD

<30th May Thus>

今週末はストックホルムでマラソン大会があるそうなんですが、なんと最高気温は8度の予報。その一週間後に私たちが行くときはもうちょっと暖かくなってくれないと辛いんですけど・・・

-------------------------------------------


3月10日の東北震災1周年イヴにロンドンの教会で和太鼓奏者の廣田丈自(ヒロタジョージ)さん他の出演によるチャリティ・コンサートが盛会だったことは以前書きましたが(→こちら )、その時に廣田さんが予告なさった東京と東北3県でのコンサートについてご案内させて下さい。


詳細はポスターをクリックで拡大してご覧下さいなのですが、皮切りとなる東京でのコンサートの概要は以下です。


  日時: 6月5日(火)  昼の部13時 & 夜の部19時

  場所: 東京FMホール(千代田区麹町)

  チケット: 8,000円 (自由席)

  出演: 廣田丈自/ロンドン・メトロポリタン・オーケストラの十数名他


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


今回はテノール歌手の方も出演なさるということで、私がいたく感激した廣田さんの東北民謡を聴かせて頂けるのかどうかわかりませんが、ロンドンでも披露された東北の方々による珍しい二頭の虎舞(獅子舞よりも動きがダイナミックでシャープでとても素敵でしたよ)はプログラムに入ってます。


ロンドンでも本当に沢山の方が日本のために義援金を募って下さったことに私たちは感動したのですが、今回十数名のロンドンをベースとするオーケストラの方が更にチャリティのために遠い日本までいらして下さるわけですから、イギリス人の優しさに御礼の気持ちを表わすためにも、是非このコンサートにお出かけ下さいませ。


プロデューサーはユーミンの義兄の松任谷さんだそうですし、廣田さん率いる和太鼓グループのパフォーマンス等、西洋文化と融合した日本文化の興味深い逆輸入であり、このユニークなイベントで楽しみながら世界は一つということを実感して下さい。
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
 2枚の写真はセント・ジョンズウッド教会でのカーテンコールです


    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

 

人気ブログランキング ← Keep clicking once a day, please!

AD

<21st February Tue>

ムスメが仕事帰りに夕食に寄ってくれました。トーチャンは明日ムスメが同僚のために持っていくクッキーを焼き、カーチャンは夕食以外にもランチのお握りを作ってあげて、更に洋服やアクセサリーも好きなものを持ってっていいよと懸命にサービス。その成果か、来週も来てくれるようなので楽しみです。

明日からはモーツァルト3連チャンで、それも勿論張り切ってますDASH!

----------------------------------------------


あの日からもうすぐ1年。


各地で数多くのセレモニーやイベントが行なわれることでしょうが、1周年イブの夜にロンドンの高級住宅地にある教会でチャリティ・コンサートがありますので、皆様も是非いらして下さって、一緒に復興祈願しましょう。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


廣田丈自さんは、和太鼓ブームのロンドンでも頂点に立つプロのパフォーマーで、私も何度か聴かせて頂いていますが、この日は尺八と歌もご披露して下さるそうです。映画のテーマ音楽などの演奏で活躍してるメトロポリタン・オーケストラを生で聴く貴重な機会でもありますし、色々楽しみキスマーク


切符は20ポンドで、イベントに関わってらっしゃる友人が手配して下さるとのことですので、私にメールで連絡下されば、まとめてお願いすることもできます。できれば木曜日の夜までにお願いします。


tsubakihimelondon あっとまーく yahoo.co.jp



この他、去年は真っ先にロンドンで演奏活動を通じて熱心に義援金活動をなさった葉加瀬太郎さんのチャリティ・コンサートが3月11日に又カドガン・ホールでありますよ→こちら



           人気ブログランキング  かに座       

<9月16日(金)>

昨日ロンドンでのスイス金融大手UBSのトレーダーの大規模な不正取引が発覚して、金融街シティはびっくり仰天叫び 何度かの不祥事の度にリスク管理が厳しくなっている筈なのに、まだこんなことが起こるなんて・・・ガーン 

こういうことがあると又あれこれ厳しくなって大変なんですが、そういう嫌なことはとりあえず忘れて、私らしくお気楽な観劇体験で現実逃避しましょう。

----------------------------------------------


長い夏枯れが終わり、今週からオペラハウスもオープン、私もそろそろまた強行スケジュールに突入するんですが(9月後半は18日から30日までにオペラとコンサートが12回もあり、仕事も忙しいのに大丈夫かしらん?)、


12日(月)、1ケ月ぶりにロイヤルオペラハウスに行ったら、ガラス張りのPaul Hamlyn Hallが改装されてました。

大改装後の再オープンから10年以上経ち、そろそろ何か変えようと思ったのでしょうか?


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

変ったのはバーだけですが、以前はホールの真ん中に丸いシャンペン専用バー、隅っこに普通のバーがあったのを一つにまとめて、真ん中に楕円形の長いバーが作ってありました。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

             三日月夜もなかなか素敵ですが、



オペラ三昧イン・ロンドン
私はたいていはお水ボトル持参、或いはたまにバーで無料の水道水を飲んでるだけなのでバーの機能についてはどうでもいいのですが、もう一つ変更点があり、フロアーにたくさんおテーブルと椅子があらたに置かれたことにより立つスペースがかなり減ったのが心配です。満席の日なんぞは身動きできないくらい混むのではないかしら?


 そして、私はまだ改装前の慣れてるセッティングの方が好きかも。


いずれにしても、このバーは移動可能で、時折ここでディナーしたりダンスしたりする時は取っ払うし、この多目的ホールはいくつか違う姿を見せてくれるのです。




さて、
オペラ三昧イン・ロンドン
この日は今シーズンのオープン日でプッチーニのオペラがありましたが、それは後日観に行くことになってて、 バス・バリトン歌手のルネ・パーペのトークに行ったのでした。会場はバレエ稽古場で、写真ご法度なのが残念ですが。


日本にはよく行くみたいで人気もあり、ちょっと前には帝国ホテルでは彼に因んだケーキケーキまで作られたようですが、ロンドンにはほとんど来てくれないし、元々低音歌手にはときめかない私。2、3度ROHのちょい役で聴いたことはあるにせよ、ほとんど彼のことは知らないので、生い立ちやきっかけ、その後の発展など、話の内容全てが新鮮だし、彼は話す声も魅力的で(男性低音歌手は皆さん歌声と同じ声で話す)、 すぐ近くでじっくり見て楽しめたのですが、


ちょっと失望したのは彼のルックスむっで、舞台だとうんと長身に見えるのに実際は意外と普通の背丈だったし、精悍なハンサムだと思ってたのに、最近太ったのか、首回りなんかぶよぶよで、顔も丸くてイメージダウン・・・ブタ。それに、どう見ても少なくとも50代半ばに見えるのに、なんとまだ46,7歳だなんてびっくり。その歳ならまだ若々しい男性もたくさんいるのに、すでに普通のダサいおじさんよ。「役の中ではドン・ジョヴァンニが好き」と言ってたけど、それならうんとシェイプアップしないと駄目よ。


まあ、ルックスを別にすれば、やはりなかなかの人物で、英語も充分上手だし、ドイツ訛りも素敵(あまり英語が上手過ぎると魅力が半減でしょ)。司会者にも必要以上に迎合せず、はっきり意見も言うパーペは、ニコニコしてても目つきは常に鋭いし、共演者にとってはちょっと怖い存在なのかな、と思ったりしました。


しかし、オペラ通が集まるこの手のトーク・イベントに行くといつも思うのですが、質疑応答でオペラに関係ないこと尋ねてはいけないのかしら? 「パーペさん、リハーサルの合間とかの空いてる時間にロンドンでは何をしてるんですか? どこか特にお好きな博物館とかあります?」、などと質問していいのならに、「ハイっ!」って手を上げるんですけどねぇにひひ


因みに、パーペは18日からはじまるグノーのファウストに出演なんですが、彼の他にもゲオルギュー、グリゴーロ、ホロストフスキーとROHにしては豪華な顔ぶれなので楽しみです。


         人気ブログランキング   ワイン