走る人リオ・オリンピックが終わりましたね。
日本日本チームは金メダルの数が目標にちょっと足りなかったそうで、がっかりしてるのかな? 次回は開催国としての面子があるから大変ですね。
 
イギリス一方、イギリスは「えーっ!、うっそー、こんなにメダル取れるなんて信じられない!ロケット」、とずっとびっくりし続けて、大喜び(なんちゃって英国民の私も含め)。なんせ、金メダル獲得数では米国に次いで後半はずっと2位でしたからね、あり得ない快挙です。中国に追いつかれそうになりながらも振り切って、金メダルは先回ロンドン五輪より2個減ったものの、金27、銀23、銅17。計67個はこの百年で最多数のメダル数で、もちろん目標は軽くクリアアップ
 
先回の開催国として必死で頑張った人材とノウハウがまだ残っているのと、プレッシャーから放たれてリラックスしたこともあるしょうが、20年前のアトランタではたった一つしか金メダルが取れなかったスポーツ小国イギリスが最近やけに調子良いのはなぜかという話になると、皆が主な理由として挙げるのは、「お金」ですお金
たしかに、選手が練習に専念できるのも、世界中から優秀なコーチを集めるのも必要なのはお金なわけで、ロッタリー(宝くじ)の恩恵が一番大きいのですが、「国民を総ギャンブラーにするのか」、と批判もあったけど実行したメイジャー元首相の評価まで高まっているそうな。 私も買ってみようかな、宝くじ。トーチャンは「確率的に考えたら絶対当たらないから辞めとけ」、と正論を吐くけど、「もし当たったら」という夢を見るのは楽しいし、外れてもお国のためになるのであればいいですもんね。内緒でやってみましょうウインク。 それよりも、運動不足解消のために何かスポーツせいよ、でしょうか、やっぱり。
 
で、スポーツはやっぱりテレビであってもライブで観戦するのがベストなのに、今回は旅行と不便な時差と仕事とで満足に観られなかったのが残念。 4年後はおそらくもう働いてないと思うので、東京オリンピックはしっかり観戦したいものです。このまま英国がスポーツのスーパーパワーでいられるわけはないでしょうけどね。
 
ともあれ、EU離脱で将来が不安なイギリスがしばらくの間ハッピーになれたのが一番良かったですグッド!
 
さて、明日は仕事なので夜更かしはできないけど、寝る前に少しだけ閉会式を観ますかね。
 


人気ブログランキングへ

AD

<30th Jun Thus>

なんでもありの今のイギリスですが、今日は又びっくり叫び

離脱派の旗頭だった元ロンドン市長のボリス・ジョンソン、党首立候補寸前に「やっぱり辞めときます」、って言うんだもん。


彼が交渉役になるのがベストとは思わないけど、トライもせずに尻尾巻いて逃げるなんて、見損なったわパンチ!  勝ったはいいけど、なんか怖気づいてるように見えたもんね・・むっ



で、代わりに、マイケル・ゴーヴという地味なおじさんが立候補。


ゴーヴとキャメロンの親友だったのに、今回は残留派と離脱派に分かれてしまったけれど、キャメロン首相も自分の思い通りにならないからって放り出すのはあまりにも無責任なわけだから、二人で協力してこの難局を乗り越えて欲しいものです。


いや、まだ次はゴーヴに決まったわけじゃなく、メイ女史との一騎打ちがあり、どうなるかわかりませんけどね。


先行き不安な時は今を楽しまないとね、ってことで、今日はお陰様で充実した一日でしたニコニコ


何をしたかは又詳しく書きますが、こういう格好で出掛けました。 着物も帯も季節外れの椿柄ですが、これには理由があるんです。


                


さあ、明日も遊ぶぞ~DASH!




人気ブログランキングへ
AD

<1st June Sun>

久し振りの晴れ。こんな良いお天気に勿体ないとは思いつつ、トーチャンと映画X-Men Days of Future Pastを観ました。大好きなジェームス・マカヴォイも出てるし、面白かったです。来週、仕事が一段落したムスメはトーチャンとゴジラを観に行く予定ですが、私はパス。ハンサムな俳優出てないだけじゃなくて、子供の頃に大人気だったオリジナルのジャパニーズ・ゴジラのイメージ壊したくないですもんね。

-------------------------------------------

カメラ写真はクリックで拡大します)


5月31日夜はサッカーの殿堂ウエンブリー・スタジアムWembley Stadiumでイングランド対ペルーの親善試合を観ました。


9万人収容のスタジアム中に入るのは、できたばかりの時の見学ツアー、一昨年のオリンピックの女子イングランド戦(→こちら )に続き3回目ですが、我が家からは地下鉄駅で一駅で歩いてでも行けるのだから、いつかここでイングランド戦を観ましょうねとずっと仰ってた熱心なサッカーファンの方に誘って頂きました。そうでなければ、こんな大事な人気イベント、切符の買い方も知らない私には無理。ここはイングランド・ナショナル・チームのホーム競技場ですが、試合の数はうんと少なくて、ロック・コンサートに使われることの方がずっと多いに違いないです。


    


目

わーい、なでしこジャパンから名門アーセナル・レディスに移籍した大野忍さん近賀ゆかりさんもいらしてて、ご一緒した方と親しいので、一緒に写真撮って頂いて、最高の記念になりました。


今日の午後に英国女子FAカップ決勝が行われ、彼女たちもフル出場したアーセナルがエバートンレディースを2-0で下して優勝したんですが、近賀さんが2点目のゴールを決めたんですよ!! テレビで観てたけど、カッコいい~ラブラブ!



    


寒い日だったので、寒がりの私はしっかり着込んで。


    


    

キックオフの一時間以上も前から座ってたら、音譜サンバのバンドの演奏もあったし、選手のウォーミングアップも見られて、退屈しませんでした。


普段のリーグ戦は観ないので、選手には全く詳しくない私、今日の先発メンバーで知っているのはウエイン・ルーニーとスティーヴン・ジェラードだけでしたが、ゴールキーパーが私好みのハンサムなので、もうすぐ始まるW杯が楽しみ。 あ、でもブラジルとは時差があってテレビ観戦は難しそうだ・・


    

親善試合なので緊張感はないけど、W杯の壮行会ですから、これで負けたら一気に国民一同意気消沈するわけで、ここは是非とも勝たなければいけませんDASH!

王冠1プリンス・ウィリアムも応援にいらしてましたしね。遠くからなのでピンボケ写真しか撮れなかったけど。


    


    

国歌斉唱の時には、席に置いてあったボール紙を皆で掲げて、赤白のイングランドの旗に。


   


何度もメキシカン・ウェーブをやったりしてたらあっという間で、3-0でめでたくイングランドの勝ち。 ゴールが入った瞬間に総立ちになって歓声上げるのはスカッとしますよね~アップ



段々と日暮れていくのも良い雰囲気半月


今回の対戦相手ペルーに対しては敵愾心もないので始終穏やかな雰囲気で(対ドイツとかアルゼンチンだと殺気立つらしいですよ)、家族連れも多かったので下品な言葉も聞えてこず(そういう人が座るセクションもあるそうですが)、サッカーに詳しい方から色々興味深いお話も伺って、新鮮な体験でした。先月はその方を私のテリトリーであるオペラでご一緒したんですが、こうしてお互いの得意分野をシェアして行動範囲を広げられるのは嬉しいです。


   


このアーチは通勤途中に地下鉄からしょっちゅう見てるのですが、イベントのある時だけ照明がなされ、シンプルだけど美しいといつも思います。


入場者数83,578人ということで、帰りの大混乱は覚悟し、一人で家まで30,40分歩く覚悟でしたが、幸い大したことなくてバスでスムーズに帰れました。



人気ブログランキングへ
AD


   
                 アート穏やかな日差しのナショナル・ギャラリー


ナイフとフォーク午前中だけ働いて、友人3人でイタリアンレストランの長ランチ。



終わったら5時だったので、近くのトラファルガー広場のクリスマスツリーのイルミネーションを観に行きましょうクリスマスツリー


1947年以来、毎年ノルウェーから届く20メートル以上あるのっぽのモミの木は、第二次世界大戦で助けたお礼のプレゼントでプレゼント


例年通りやけにあっさりして垢抜けない飾り付けだけど、そういう背景があるからして、他のカラフルで豪華に飾られたどのツリーよりも歴史と存在感があり、やっぱりこれを見ないとクリスマスになった気がしません宝石白キラキラ



でも、おや、噴水の周りにずらっと置いてある花束はなにかしら?ブーケ1ブーケ2


と思ったら、ネルソン・マンデラの追悼。


そうよね、彼を尊敬して死を悼むにはここが最適だわね。広場のすぐ外には南アフリカ大使館があって、かつては「アパルトヘイト反対!」というプラカード持った人が常時数人はいた場所だから。




メモ書きかけのパフジファル感想、明日こそはアップします! でないと、カルメンが来週はじまってしまう・・





人気ブログランキングへ

<17th Apr Wed>


今日は前から友人とランチの予定だったので会社を午後休むことにしてたのですが、偶然サッチャー

さんの国葬がレストランのすぐ近くのセント・ポール寺院で行われることになり、それなら、家でテレビ観るなり、ついでに沿道ウォッチするなり、いずれにしても一日休んじゃおう、と。


で、結局、テレビで観ることにして、朝からテレビを2台並べてしっかり観ましたが、大勢参列してたサッチャー内閣の元閣僚さんたちは老けても面影はそのまま残ってて(ROHでお見掛けする人たちもいます)、あの頃は政治が華やかだったのでしょうか、久し振りだけど爺さんたちの名前もしっかり覚えてました。単に私が若かったから記憶してるというわけでもないと思うんですよね。


そんなわけで、参列者が早い時間から三々五々集まってくるのが一番興味深かったわけですが、皆さん笑顔で挨拶し合い、大笑いしてる人もいて、天寿を全うした人のお葬式って和みますよねラブラブ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


午後1時半くらいにバンク駅に着いたら、お葬式が終わって1時間半も経つのにまだ物々しい警戒体制で道路も閉鎖中。参列者とおぼしき人たちがぞろぞろ歩いてて、高級車や送迎バスが台待機してたので、皆さん歩いて10分足らずのセントポール寺院まで往復したってことでしょうか? 


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

高い壁の堅強な建物は英国銀行Bank of Englandで、金塊がごっそり置いてあるらしいですよ。私は以前すぐ隣のビルで働いてましたが、武装護衛付きの戦車みたいな車が出てくるのをよく見掛けました。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

左: 英国銀行から道を隔ててすぐのギリシャ柱の建物は旧王立取引所Royal Exchange。


右: こちらのギリシャ柱の建物はマンション・ハウスで、金融街シティの市長さんの居所。その隣にあるレストランに予約してあるのですが、ここは通せんぼだから、迂回しないとね。


レストランの前は封鎖されてたので、お巡りさんがお店の人に予約を確認してから通してもらえましたが、こちら側からも写真を撮ろうと思っていたのに、すぐに中に誘導されてしまいました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ナイフとフォーク

1 Lombard Streetという住所をそのままお店の名前にしたレストランはシティでは有名で、いかにもそれらしい金融マンたちがビジネスランチしてますお金 (→こちら


その雰囲気に溶け込むべく、ビジネスウーマン風いでたちの私ですが、女王様はじめお葬式のパールのネックレスの女性たちに影響されて、私も今日は真珠にしよ。もちろん、真珠好きだったサッチャーさんへの供養でもあります。


こういう場所では写真は撮りにくいので最初は遠慮してたんですが、ハンサムな金融マンやウエイターがいたので我慢できなくなり、えーい、もう大胆にパチパチしちゃえっ!ラブラブ!

そして、 ご丁寧に、隣のテーブルのピンクのネクタイの若い育ちの良さそうなおにいさんだけアップで狙って・・・べーっだ!


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

走る人


コーヒー3コースディナーの後は場所を変えてお茶しましょうということで、すぐ近くのコンラン卿のCoq d'Argentへ(→こちら )。最初の写真の船のような茶色い縞のビルの最上階です。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ビックリマークあら、嬉しい、テラスから考古発掘現場が見下ろせます。


古代ローマ時代、ここに神殿があったらしく、すでに貴重な物品をざくざく掘り出したことが話題になってるんですよ。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


ここにはちょっと前まで住友銀行等が入居してたビルがあり、発掘が終わったらブルンバーグ社の大きなビルが建つ予定のようです。ご覧のようにすでに新しいビルがいくつも建てられていて、更に大きく変わりそうなこの辺り、私が働いていた時とはすっかり様変わりだわ。


このレストランは屋上に芝生の庭があることが売り物だったんですが、投身自殺する人が相次いでシティの自殺名所になってしまった今、やっぱりというか、お庭には出られないようになってました。私は行ったことがあり、良い眺めなのに残念。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


4月生まれの3人のランチ会でしたが、楽しく喋りまくっていたらあっという間に5時になってしまいました。解散した後、私は折角だからセントポール寺院に行ってみました。桜も咲いて、すっかり春だし。


お葬式は5時間前に終わったのに、まだたくさんの報道陣や警察官がいました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

というわけで、平日にのんびり食事したりするだけで贅沢な気分になれた上、国家的イベントの臨場感も少し味わえました。


明日は会社の戻りますが、アフターファイヴィに楽しみもあって、モーツァルトの魔笛を観に行きます。



人気ブログランキングへ