<28th Sept Thus>

昨日のオードリー・ヘプバーンの遺品オークション、日曜日に内覧会(→こちら)に行った私は結果に興味深深でしたが目、クリスティーズのサイトでオークションが実況生中継されてたので、約250点の内後半の100点だけですが、つい長々と見てしまいました。 終わったら夜12時近かったですが、日本の夜明け時間になって急に日本からの入札が増えたのには笑えました。 だからと言うわけではないですが、今日は日本円で書いてみます(150円で換算)¥

 

クリップこちらで推定価格と落札価格が写真付きで一覧になってますのでご覧下さい(但し、推定はコミッション抜きなのに対し落札は25%上乗せ)。

 

予想通り、推定価格の何倍もで売れたものがほとんどでしたが、その中で、日本のメディアでも報道された一番の高値は「ティファニーで朝食を」の彼女自身の書き込み付き台本(LOT 119)で、なんと9千5百万円 ポーン。 ヴィヴィアン・リーの遺品の中で断トツのトップだったチャーチル首相が描いた絵とほぼ同じ値段ですが(→こちら)、こちらはオードリーだけのネームバリューですから、さすがです。 映画史上ではどちらも最高の女優ランクですが、オードリーは死後25年、ヴィヴィアンは同50年ということで、オードリーのファンにはまだ生きてて身近に感じるわけですしね。売り上げ金額もヴィヴィアンの倍でした。

 

   

内覧会では中心だった洋服エプロンや靴ハイヒールがふるわなかったのは意外でした。 華やかなオートクチュールのドレスたくさんあったのに。 衣類は劣化するから? 飾っておけないから? まさか本当に着る人は少ないでしょうから流行後れは関係ないでしょうけど。 バーバリーのコート(LOT123)とシャレード黒ドレス(LOT144)は1千万円に達しましたが、私が気に入った黒白ドットのジヴァンシーのワンピース(LOT44)はその10分の1だし、ヴァレンティノの赤いコートドレス(LOT219)だって1千3百万円、マイ・フェア・レディの映画の中で着てた白いブラウス(LOT175 )に至っては推定の半分以下の八十万円にしかなりませんでしたよ。 

マネキンじゃなくてハンガーにずらっと無造作に掛けれらた普段着や下の写真のいくつかは昨日のオークションには出てこず、まだオンラインで入札できるので、ご興味ある方はどうぞ(→こちら)。

 

   

十羽一絡げハンガー組の中でKenzoの鮮やかな色のチュニック(LOT230)は昨日オークションされて七十万円に。 説明無しだったのでケンゾーとは知りませんでしたが嬉しいですよね。1980年代なのに今でも新鮮で素敵だし。

 

カメラそれとは対照的に写真に高値がつきました。写真なんて複製可なのにと不思議でしたが、たしかにデジタル写真とは違う趣があるし、「スタンプ付き」であれば、一点物扱いなのでしょうかね? 

   

 

一点ものと言えば、一番面白かったのは、黄色い花My Garden Flowersと題されたオードリー自身の下手くそ素朴な油絵で(LOT222)カラーパレット、オークショネアーの男性がなかなかハンマーを打たずにしつこく競り上ようとしたことDASH!。 「彼女は生涯に3枚しか絵を描かなかったんですよビックリマーク」、という解説が功を奏したか、結局3千万円以上に達しました。 他のも色々説明付けたらもっと面白いし、値段も上がっただろうに・・・

 

ともあれ、売り上げ合計が7億円近く(4,535,500ポンド/コミッション含む)になって盛り上がったオードリー・ヘプバーンの遺品処分で、二人の息子はウハウハでしょうゲラゲラ。 因みに、ハリウッド女優のイメージが強いですが、オードリーはイギリス人よイギリス(生まれはベルギー)。 全然イギリス人っぽくなくて国籍不明と言うか、妖精のようで人間っぽくすらないところがオードリーの魅力でしょう。

 

AD

<26th Sept Tue>

一昨日記事にしたクリスティーズでのオードリー・ヘプバーンの遺品オークション(→こちら)は明日ですが(一部、オンラインだけで競売されるものもあるようで、10月4日ビッドできます→こちら)、今日はサザビーズのヴィヴィアン・リーVivien Leigh(1913-1967)の遺品のオークションがありました。オードリーは死後25年でしたが、ヴィヴィアンは今年で50年。彼女の娘の家族が保存してたたものを手放すようです。

 

ヴィヴィアンの内覧会にも日曜日にオードリー内覧会の後にその足で行ったのでしたが、推定価格がやけに低いなあと思ったところ、今日の結果を見たら、やっぱり、凄い競り合いになったようで、321点の合計(オークションハウスが儲けるプレミエ含む)で2,243,867ポンド(→こちらで推定価格と実際の競売価格が見られます)。

 

   

カラーパレット一番の目玉は、友人でもあったチャーチル元首相が描いてヴィヴィアンにプレゼントしたこの小さなバラの花の油絵で70,000~100,000ポンドの推定も最高額でしたが、実際には638,750ポンドで売れました叫び。 チャーチルは絵描きとしても有名ですしね。

 

   

ヴィヴィアン自身の拙い絵は6,875ポンド(推定200-300ポンド)。 でも、描くこと自体が精神状態不安定だったヴィヴィアンにとっては救いだったのかも。

 

 マリー・ローランサンは数少ない推定価格以下の一つでした。

 

 

    

オードリーと違い、衣服はほんのちょっとしかなかったですが、素敵だと思ったブルーグレーのショール、推定50-100ポンドなら私でも買えるじゃんと思いましたが、そんなんで済む筈はなく、落札は2,125ポンド。ピーチ色のドレスは推定200-300ポンド/落札2,750ポンド。べージュのは推定150-200ポンド/落札1,500ポンド。当然と言えば当然の結果です。 古めかしいミンクのコートは2,125ポンド(推定500-800ポンド)。

 

     

 

 

   

家具や食器がたくさんありました。「風と共に去りぬ」や「欲望という名の電車」の南部アメリカ人役で出たハリウッド映画が有名ですが、W不倫から始まって二度目の夫となった名優ローレンス・オリヴィアと多くのシェークスピアの舞台にも立った本格的演劇女優であったヴィヴィアンに相応しいイギリス的でクラシックな雰囲気で統一されてます。

   

 

     

 

   

ベッドまでありました。 大きくても今まで取ってあったのに、今になって売るとはね。

 

    

本もたくさんありましたが、著者マーガレット・ミッチェルからの手描きメモ付きの「風と共に去りぬ」初版が推定5,000-7,000/落札50,000ポンド、赤いのは出版された映画の台本で推定10,000-15,000/落札58,750ポンド。

 

中学生の時に初めて観た「風と共に去りぬ」は多感な時期に一番影響を受けた映画だしドキドキ(それ以来、何度観たことか。テレビでやってるとつい全部観てしまうので)、「哀愁」の原題であるウォータールー橋が新しくなって全く変わってたのを実際にロンドンで見た時のショックは今でもよく覚えてまますガーン

 

ヴィヴィアンの伝記の著者である女性のトークもあったのですが、勝手に喋りまくるおばさんがいてメチャクチャになりましたびっくり。 目の前にトークのゲストと司会者、すぐ後ろにそのでしゃばりおばさんがいて、席を立つわけにもいかなかったのですが、面白かったですゲラゲラ。 結局、司会者が苦労しながらも上手く収めてさすがでした。

 

ということで、オードリー・ヘプバーンとヴィヴィアン・リーという往年の大女優の遺品オークションの内覧会に同時に行けたのは興味深いことでした。話題にならなくても二つの有名オークションハウスで無料内覧会はしょっちゅうやってるので、時折行ってるのですが、写真も撮り放題だし、もっと色々行きたいと思いました。 

 

AD

<24th Sept Sun>         カメラ小さい写真はクリックで拡大します。

 

ロンドンの有名オークションハウスには時折寄るのですが、今日はクリスティズとサザビーズの内覧会に行ってみました。 どちらも女優の私有物の展示で、オードリー・ヘプバーンとヴィヴィアン・リー。偶然でしょうか? それとも、ライバル意識?

   

まずはクリスティズChristiesのAudrey Hepburn: The Personal Collection

 

オードリー・ヘプバーンがガンで63歳で亡くなってから25年という節目を機会に、父親の違う二人の息子が今まで取っておいた母親の思い出の品を売却することにしたようです。

 

落札見込み価格等にご興味あればこちらでどうぞ(→こちら)。 

内覧会は26日までですが、無料ですので、是非どうぞ。 オークションは27日。

 

多いのは洋服と写真ですが、洋服の写真たくさん撮ったので、ざっとアップしときます。

女優らしい華やかなオートクチュールのドレス(当然ジヴァンシーが多い)は彼女の公のイメージそのものですが、普段着の趣味もわかったりして面白かったです。

 

  

黒白水玉のシルクドレス(ジヴァンシー)が1,000~1,500ポンドってちょっと推定が低過ぎませんかね?

 

   

ドレスの中で一番高く売れそうなのは黒い「シャレード」ドレスで推定5万から8万ポンド。映画の中で着たのでしょうか?

 

   

推定1,000~1,500ポンドのヴァレンティノの赤いコートドレス。 流行を追わなかった彼女のタイムレスな服は今でも違和感なく着られそうなのが多いです。

  

 

    

 

 

    

 

   

 

   

Tシャツ普段着はハンガーに無造作に掛けてあるだけですが、格子柄が好きだったのかしらね。 今では当たり前のバレリーナ・パンプスは彼女が元祖ですが、私生活でもたくさん持ってたのねくつ

 

 

 

    

「ティファニーで朝食を」の写真は彼女とジョージ・ペパードのサイン入り。 私は特にファンではなかったののですが、たくさん並んだ写真を見るとあらためて愛らしい彼女に見惚れます。

 

     

カジュアルな髪飾りグループの中になぜかまるで新品の和服用のかんざし風が。彼女は日本に行ったことはないと思うのですが、なんか嬉しいですよね。

    

個性的な筆跡の手紙は女優キャサリン・ヘプバーンから。 

 

アート彼女が描いた油絵は、まあ、ご愛嬌ってことでにひひ  ま、もっと上手く描けてる絵は遺族がキープしてるんでしょうけどね。

 

この後に行ったヴィヴィアン・リーはもっと色んな種類の私物が展示されてて面白かったですが、それは又あらためて(→こちら)。

 

AD
走る人リオ・オリンピックが終わりましたね。
日本日本チームは金メダルの数が目標にちょっと足りなかったそうで、がっかりしてるのかな? 次回は開催国としての面子があるから大変ですね。
 
イギリス一方、イギリスは「えーっ!、うっそー、こんなにメダル取れるなんて信じられない!ロケット」、とずっとびっくりし続けて、大喜び(なんちゃって英国民の私も含め)。なんせ、金メダル獲得数では米国に次いで後半はずっと2位でしたからね、あり得ない快挙です。中国に追いつかれそうになりながらも振り切って、金メダルは先回ロンドン五輪より2個減ったものの、金27、銀23、銅17。計67個はこの百年で最多数のメダル数で、もちろん目標は軽くクリアアップ
 
先回の開催国として必死で頑張った人材とノウハウがまだ残っているのと、プレッシャーから放たれてリラックスしたこともあるしょうが、20年前のアトランタではたった一つしか金メダルが取れなかったスポーツ小国イギリスが最近やけに調子良いのはなぜかという話になると、皆が主な理由として挙げるのは、「お金」ですお金
たしかに、選手が練習に専念できるのも、世界中から優秀なコーチを集めるのも必要なのはお金なわけで、ロッタリー(宝くじ)の恩恵が一番大きいのですが、「国民を総ギャンブラーにするのか」、と批判もあったけど実行したメイジャー元首相の評価まで高まっているそうな。 私も買ってみようかな、宝くじ。トーチャンは「確率的に考えたら絶対当たらないから辞めとけ」、と正論を吐くけど、「もし当たったら」という夢を見るのは楽しいし、外れてもお国のためになるのであればいいですもんね。内緒でやってみましょうウインク。 それよりも、運動不足解消のために何かスポーツせいよ、でしょうか、やっぱり。
 
で、スポーツはやっぱりテレビであってもライブで観戦するのがベストなのに、今回は旅行と不便な時差と仕事とで満足に観られなかったのが残念。 4年後はおそらくもう働いてないと思うので、東京オリンピックはしっかり観戦したいものです。このまま英国がスポーツのスーパーパワーでいられるわけはないでしょうけどね。
 
ともあれ、EU離脱で将来が不安なイギリスがしばらくの間ハッピーになれたのが一番良かったですグッド!
 
さて、明日は仕事なので夜更かしはできないけど、寝る前に少しだけ閉会式を観ますかね。
 


人気ブログランキングへ

<30th Jun Thus>

なんでもありの今のイギリスですが、今日は又びっくり叫び

離脱派の旗頭だった元ロンドン市長のボリス・ジョンソン、党首立候補寸前に「やっぱり辞めときます」、って言うんだもん。


彼が交渉役になるのがベストとは思わないけど、トライもせずに尻尾巻いて逃げるなんて、見損なったわパンチ!  勝ったはいいけど、なんか怖気づいてるように見えたもんね・・むっ



で、代わりに、マイケル・ゴーヴという地味なおじさんが立候補。


ゴーヴとキャメロンの親友だったのに、今回は残留派と離脱派に分かれてしまったけれど、キャメロン首相も自分の思い通りにならないからって放り出すのはあまりにも無責任なわけだから、二人で協力してこの難局を乗り越えて欲しいものです。


いや、まだ次はゴーヴに決まったわけじゃなく、メイ女史との一騎打ちがあり、どうなるかわかりませんけどね。


先行き不安な時は今を楽しまないとね、ってことで、今日はお陰様で充実した一日でしたニコニコ


何をしたかは又詳しく書きますが、こういう格好で出掛けました。 着物も帯も季節外れの椿柄ですが、これには理由があるんです。


                


さあ、明日も遊ぶぞ~DASH!




人気ブログランキングへ