レイネさんのお宅に泊めて頂いてる間、8月12日はドイツの温泉地アーヘンAachenに行きました。マーストリヒトから国境は越えますが隣町に行くという感覚で、普通の路線バス(往復で8.5ユーロ)で約一時間。

 

シャルルマーニュ(フランク王国のカール大帝 742-814)と温泉が有名で、大聖堂、市庁舎、劇場、カジノ等の立派な建物が並ぶ威厳のある街アーヘン、温泉プールに行く前にレイネさんに街を案内して頂きました。

 

アーヘン劇場Theater Aachen(→こちらでは時々オペラもやるそうです。

ユネスコの世界遺産であるアーヘン大聖堂。 これは市庁舎からの眺め。

ドームの部分はエキゾチックなビザンチン風でピカピカ。

 

お人形さんの手足を動かせる可愛い噴水。

 

ピザ生ビールメルヘンチックな一画でお外ランチ。薄くてパリパリのアルザス風ピザ、大好きです。レイネさんはアーヘン名物のチキン。

 

800年にシャルルマーニュが建て、貴族のお城を経て、今は市庁舎。前の広場には格好良いシャルルマーニュ像。

 

内部の見学もできます。有料ですが、この中世風の美しい大広間を見るだけでも5ユーロ払う価値は充分あり。テラスから見下ろす広場も大きくて、ゆったりとした街です。

 

では、本日のメインイベントである温泉プールへ。 カルルス・テルメCarolus Thearmenの内部の写真はないので、施設HPでご覧下さいですが(→こちら)、屋内屋外プールはどれも泳ぐほど広くないですが、ジャクチ、打たせ湯、流れるプールなどで2時間程しっかり楽しみました。入場料は2時間半までなら12ユーロ(サウナに入ると倍以上。私たちは行きませんでしたが)。 水に浸かるのはやっぱり気持ち良いので、それ以来ジムに復帰して水泳を再開することを真剣に考慮中。

カルルス・テルメは公園の隣にあり、立派なカジノも近くにありました。

 

 

自転車これはマーストリヒト。 左から車道、自転車道、歩道ときっちり分かれてるから安全です。自転車道路が充実してるのはさすがサイクリング天国オランダですが、翌日は私も超久し振りに自転車に乗って、素敵なお城に行ったんですよ。

 


人気ブログランキングへ

AD

ドイツ鉄道の旅

<31st Aug Wed>

最近Youtubeに張り付いててこないだの3連休も一歩も外に出なかったのを反省し、今日は会社休んでトーチャンと二人でロンドン観光に。数十年ぶりに行ったハイドパークコーナーのApsley Houseはワーテルローの戦いでナポレオンを破ったウェリントン公爵の見応えある邸で、音楽好きの公爵はここにロッシーニも招いたそうですよ。近くのウェリントン・アーチという凱旋門の上に上れるなんて知らなかったし、初心に戻ってロンドン観光するのも楽しいものです。 そう言えば、大昔、ベルギーのワーテルロー記念碑に上ったこともあったっけ。

      

---------------------------------------------

今回の7泊8日の旅、音楽祭2つも勿論感激でしたが、もう一つ楽しかったのは陸路での旅で、以下2回車窓の景色を楽しみながらのんびり移動しました。

 

8月9日はザルツブルグからバイロイトまでミュンヘンとニュルンベルグで2回乗り換えて約4時間、

②8月10日はバイロイトからアーヘンまではニュルンベルグ、フランクフルト、マインツ、ケルンと4回乗り換えて8時間

 

全てレイネさんが手配して下さったのですが、イギリスとは比べ物にならない値段の安さにも驚きで、①は一等車指定席付きで40ユーロ足らず、②は二等車指定席付きで30ユーロ足らずでしたよ札束

 

これは①のザルツブルグからミュンヘンへの特急列車の一等車で、食堂車ももちろんあるのですが、席までうやうやしく持ってきてくれるんですよ。お値段もリーズナブル。

 

 

8月10日の長旅は写真も撮りました。フランクフルト駅で少し乗り換え時間があったので、ちょっと外に出てみたらすぐ金融街が見えます。

フランクフルトからマインツまでの電車が遅れた時は、車掌さんも車内放送も「大丈夫、乗り継ぎ電車はちゃんと待ってるから」、と言ってたのに、嘘つき! やっぱり行っちゃったじゃないのよパンチ!。 指定席が無駄に・・。

 

景色が一番楽しめたのはマインツからケルンに向かう車窓から眺めたライン河。しばらく川沿いに電車が走ってくれるので、次々とロマンチックな古城が現れては消えていきます。 うっとりラブ

 

 

42年前の初めてライン河下りが懐かしくて、更にうっとりと遠い目にラブラブ

 

 

あっビックリマーク

ローレライの岩が見えてきました。

音譜なじかは知らねど心わびて
昔のつたえはそぞろ身にしむ
さびしく暮れゆくラインのながれ
いりひに山々あかくはゆる

おとめ座うるわしおとめのいわおに立ちて
こがねの櫛とり髪のみだれを
梳きつつくちずさぶ歌の声の
くすしき魔力(ちから)に魂(たま)もまよう

波こぎゆく舟びと歌に憧れ
岩根もみやらず仰げばやがて
浪間に沈むるひとも舟も
くすしき魔歌(まがうた)うたうローレライ

 

てっぺんには国旗ドイツ

ローレライ、カーブを曲がるとこんな感じ。

 

 

夕方6時過ぎで、徐々にたそがれていくのも風情あり。

 

最後はアーヘンに到着。レイネさんのご主人が迎えに来て下さったので車で国境越えてオランダに。

 

乙女のトキメキそれにしても、清潔で快適な車両でのんびりできる鉄道の旅、俄然また行きたくなりました。昔のようにトーマス・クック社の分厚い時刻表で調べなくてもオンラインですぐに経路わかって便利みたいだし。

 

ところで、陸路と言えば、最後はブリュっセルからロンドンまでユーロスターで戻りましたが、古くなったユーロスターはぼろくてきつくて・・。ま、ちょうど私が乗る日にストライキするとか言ってたけど結局回避してくれただけでもありがたいですが。

 


人気ブログランキングへ

AD

<29th Aug Mon>

一週間掛かってNHK大河 ドラマ「篤姫」50話全部観ました。格調高い宮尾登美子さんの原作とかなり違いますが、テレビドラマだと面白可笑しくしなきゃならないから、ああなっちゃうんでしょうね。 着物きれいだったし、充分楽しめましたが、チープなメロドラマ風になってしまうのは音楽のせいもあるのでは? 感情を表すここぞと言う場面は横笛とか篠笛、ときには尺八やお琴のような和楽器使って欲しかった。 

----------------------------------------------

8月10日はバイロイトを去って電車でオランダに向かいますが、その前に折角ですからバイロイトの街を少し散策。

このちっこいワーグナー像、庭に置いておきたいわあ。 ベンチに座る等身大のはいらないけど。

 

ホテルから歩いて10分程のバイロイトの中心は、テーマパークのようなザルツブルグ旧市街とは違って普通に人が住んでる本物の街なんですが、石畳の歩道がえらく広々として、立派な歴史的建物もたくさんあり充分美しかったです。

 

 

 

 

オペラを観に来た人が興味あるのはリヒャルト・ワーグナー博物館(→こちら)でしょう。

ワーグナーが住んでたこの邸と隣のモダンな建物でかなり充実してるに違いなのですが、残念ながら私たちは時間がなかったので外から眺めただけ。次回の楽しみに取っておきましょう。

 

邸の前には金ずるだったルードヴィヒ2世の像、後ろの庭には噴水。

 

トリスタンとイゾルデ(→こちら)を観た以外は大したことができなかった初バイロイト詣ででしたが、これで音楽祭巡りは終わり、次は南オランダのレイネさんのお宅に泊めて頂いてのオランダ/ドイツ/ベルギー国境周辺の見物です。

電車

午後1時頃にバイロイト駅発のローカル電車でまずニュルンベルグに向かう予定でしたが、遅れることが多いらしいドイツ鉄道、心配だったので一本早く行くことにしました。 信用できないドイツ鉄道だけあって、遅れるだけじゃなくて、発車時刻よりもなんと2、3分早く出発してしまいましたよ。一時間に1本しかないのに・・。

 

空いた1時間はニュルンベルグでランチしましょうってことで、この辺に詳しいレイネさんの案内で駅からすぐ近くの城壁内のメルヘンチックな所へ。

 

 

 

 

頂いたのはもちろん有名なニュルンベルグ・ソーセージ。ビールとポテトサラダと一緒に。 

 

次はドイツの鉄道の旅についてですが、怖れた通り遅れたりもしたけど、景色の良い所もあって楽しいのんびり旅でした。

 

 


人気ブログランキングへ

AD

<28th Aug Sun>

昨日と今日は一歩も家から出ず、テレビやYoutube観てダラダラ。「篤姫」は残すところあと10話くらいなので、明日中には見終わるかな。

-------------------------------------- 

くもり一気にお天気が下り坂になった8月9日、ザルツブルグから電車で国境を越えドイツに入り、ミュンヘンまで1時間半、ニュルンベルグまで1時間、バイロイトまで1時間と2回乗り換えて4時間足らずでバイロイトに到着新幹線後ろ

 

バイロイトで一泊したのはホテル・ラインゴールドHotel Rheingold(→こちら)。

「まあ、ワーグナーのリングサイクルの「ラインの黄金指輪」だなんて素敵! バイロイト滞在に相応しいからここにしましょう」、と喜んで選んだわけではなく、5月に予約したんですが、最悪オペラ会場に歩いて行けるホテルをと思ったらここしかなかったんです(2.5キロもあるので歩いては行きませんでしたけどね)。

 

でも、なかなか良かったです。 朝食付きツインで198ユーロ、音楽祭開催中はぼったくり値段で倍になるのは仕方ないですしね。

レセプションにあった頭でっかちのワーグナー像は色んな色でしっぽフリフリ街中あちこちに置いてありました。

 

ロビーもゆったりして良い感じだったし、オペラ会場までのシャトルバス(有料)を待つ間にプロセッコが振舞われて気分が盛り上がります白ワイン

 

 

ナイフとフォーク レストランもあり、オペラから戻ってから夕食しました。

 

パン朝食を頂いたら、サウナに行ってみましょう温泉  珍しく私がちょっと頭痛で元気なかったんです。

他には誰もいなくてガラガラ。連泊してオペラ三昧してる人たちは使わないんでしょうかね?

 

 

サウナでのんびりしたら元気になったので、お天気悪かったけどバイロイトの街に繰り出してみました。ホテルの周りはなにもないですが、徒歩10分くらいで街の中心に行けます。 写真は明日載せます。

 


人気ブログランキングへ

<19th Oct Mon>

今月末に日本舞踊の伴奏を筝ですることになり、初めて曲のアレンジに挑戦中。試行錯誤ですが、結局、音符作りはエクセルにしたので(筝の音符は四角い枠だから)、なんだかオフィスで仕事してるような気分。簡単な曲なのに意外に手間取り、自分がいかに音楽の才能がないかを悟って凹んでますが、いつかやりたいと思ってたことをする機会ができて嬉しいです。

-------------------------------------------


今回の10月11日と12日のベルリン行きはオペラ鑑賞だけの一泊弾丸旅行でしたが、一応まとめておきましょう。タイトルをクリックすると記事に飛びます。(カメラ写真はクリックで拡大)



ホテル ホテル (Ibis Budget 44ユーロ)


音譜 オペラ鑑賞 (ニュールンベルグのマイスタージンガー @シラー劇場、前から2列目で107ユーロ)


キスマーク クラウス君  (ドイツ人テノール、Klaus Florian Vogt)  


10年前にブログをはじめてからベルリンは5回目ですが、今年だけで3回。追っ掛けてるクラウス君は他の街にも出てるんですが(ロンドンには来ないけどしょぼん)、ベルリンはオペラの切符代が安いのと、空港からのアクセスが簡単で気軽に行けるので。



   



到着した11日は、4時開演のオペラの前にオペラ仲間と軽くサンドイッチ食べたんですが、10時過ぎに終わった時にはお腹ぺこぺこショック! 

出待ちして食いっぱぐれたら大変なので、愛しいクラウス君より食い気の勝ち(前から2列目からしっかり見たので満足だし、 4月のラッキーなツーショットより良い写真が撮れる筈ないですもんね)。


ナイフとフォークシラー劇場近くのレストランはガラガラでしたが、ギリギリで食事もできて助かりました。この時間、温かい食べ物はカレーソーセージとウィーン風カツレツしかなかったので、4人でふたつづつ注文してシェアしましたが、特に美味しいわけではなくても、素晴らしいオペラの直後に興奮状態で感激を語り合いながら頂く食事は最高。

晴れ寒かったけど両日とも快晴の清々しいベルリン。


12日にロンドンに帰るフライトは午後2時半なので、午前中は少し時間があったけど、今回は観光はせず、デパートで過ごしましょう。巨大デパートKaDeVe(カーデーヴェー)の近くにホテル取ったわけですしね。


食品売り場を隈なく回ったのですが、チョコレートとかのお菓子がやたら多くて、甘いものがそんなに好きではない私は少々失望で、トーチャンと会社の人たちへのお土産にバームクーヘンを買っただけ。


     


     

世界一のぬいぐるみメーカー、スタイフ。横断歩道の人気キャラ、アンペルマン・グッズのコーナーもあります。


    

飛行機 一人だと外の景色もゆっくり眺められて、雲海を見るだけでもワクワク。行きも帰りも良いお天気でどこも美しかったです。

あっ! ウィンザー城がばっちり見える!王冠1


カバン尚、今回はトーチャンはお留守番でしたが、この週末にブックした旅行は二人で行きます。

リスボン3泊ですが、せっかくゴージャスなオペラハウスがあるのに公演回数がうんと少ないので、それに合わせたら来年3月になりました。

その前に私だけで又どこかにクラウス君追っ掛けするかも、ですけどねべーっだ!



人気ブログランキングへ