<9th Apr Sun>

近所の公園でそよ風に舞う花吹雪が風情あり桜。25度くらいまで気温が上がってまるで夏でしたが、これが続く筈はなく、明日からまた肌寒くなるそうです。 やれやれ、やっとマルタ旅行記が終わって肩の荷が下りた。

----------------------------------------------                      

                                 カメラ小さい写真はクリックで拡大します。

 

マルタ島から戻ってちょうど一ヶ月、やっと旅行記最終回にこぎつけました。長い間お付き合い頂き、ありがとうございました。時間は掛かるけど、写真を選ぶためにじっくり見直して旅を反芻するのも楽しかったです。 

 

3月8日、夕方の便でロンドンに戻る前の半日余り、最後にヴァレッタで遣り残したことをあれこれと。 ゴゾ島とコミノ島の観光船でオマケに付いて来た1時間半で10の湾をボートで回るベイクルーズはまだ風が強いので諦馬て、マルタ騎士団の総本山、聖ヨハネ准司教座聖堂St John's Co-Cathedralに。

 


   

でも、うヘーっ、中はどこ向いてもびっしり隙間ないキンキンゴテゴテぶりに圧倒されて頭痛がしそう・・ゲロー。 こういう雰囲気の中で貧乏人の信仰が深まるのかしらん? それともここは高貴な元十字軍の人たちだけのため?

ここには一時マルタ騎士団員にしてもらえたカラヴァッジョの「聖ヨハネの斬首」と大きなサイズの絵もあるのですが、その部屋だけは写真禁止ってのもケチよね。因みに、私たちがここにいる間にゴゾ島のアズール・ウィンドウの岩が強風と高波で崩れ落ちたそうです。 

     

 

      

 

 

       

飾り立てたカソリック教会は苦手なのでさっと切り上げて、次はカサ・ロッカ・ピッコラCasa Rocca Piccolaという16世紀の貴族の邸宅をゆっくり見学。

1時間のガイドツアーで、私たちの案内係は完璧な上流イギリス英語の初老婦人。きっとここの奥方様に違いないと確信したけど、例えば先代がエリザベス女王戴冠式に参列した時のものや写真も義理両親とは言わずに「先代の当主夫婦が・・」と何度も仰ったので、「ハハーン、自分の身分は明かしたくないのだな」と思って本人には聞けませんでしたが、後で受付嬢に確認したら「そうよ、彼女が侯爵夫人marchionessよ」と。 なら、私たちの次のグループの案内係の紳士は侯爵様に違いない。夫婦でご苦労様。

  

 

        

朝9時からの最初のツアーで参加者は私たち二人だけだったので、イギリス関連のもの中心に説明して下さったし、こちらから質問もし放題。マルタであれこれ見た後だったので相槌も打てたし、疑問に思ってたことも説明して貰えて興味深い1時間でした。

 

     

 

     

庭があるのは珍しいヴァレッタでこんな素敵な中庭があるのはさすが。

川がなくて水の確保に苦労するマルタでは地下に貯水するのですが、戦争中は床を張って防空壕にもなったという巨大水がめも見学。

   

 

   

ピザ何度も来たアッパー・バラッカ・ガーデンに又行って、まずランチ。レストランはイタリアンが多いのですが、ピザは初めてどころか初めてのランチだわ。今朝はホテルでブッフェ朝食ではなく手持ちのパンやお菓子を食べただけど、お腹空いてても全部は食べ切れず。

 

 

           

12時の大砲を打つセレモニーも見学。 グランドハーバーの眺めもこれで見納め。

三毛猫最後の猫ちゃん。マルタには人口の2倍の猫がいるということですが、どこにいるんでしょうね? ほとんど見掛けませんでしたけど。

    

最期は地下に掘られたラスカリス戦争記念館Lascaris War Roomへ。地中海の要所に位置するマルタは古代から争いに巻き込まれてばかりで気の毒なのですが、英国領土だった第二次世界大戦でもドイツ軍とイタリア軍に空爆され街はかなり崩壊、見つからないように崖に穴を掘って司令部にしたそうです。連合軍の活躍ぶりをボランティアのおじさんがまるで見てきたように興奮して説明してくれたけど、10分だけって言ったから参加したのに40分しても終わらないので私たちは途中で退散し、ホテルで荷物を受け取ってから急いで路線バスで空港へ。夕方5時のエア・マルタ便ヒースロー行きはボロい機体なのに一人往復約200ポンドもして、結局二人で合計1,500ポンド足らずの出費。

 

クリップ数千年の歴史とヨーロッパとは違う自然の美しさ、旧英国領で親しみも沸くマルタ共和国はとても興味深い国で、シーズンオフだったのでどこも静かでゆったり楽しめました。最後に記事をリストアップしておきます。

 

行ってきます

戻りました

ホテル

ヴァレッタの夜

ヴァレッタ散策

スリーマ

ゴゾ島

コミノ島のブルーラグーン

マヌエル劇場

フィガロの結婚 @マヌエル劇場

古代巨石神殿とローマン・ヴィラ

中世の城塞街イムディーナ

 


人気ブログランキングへ

AD

3月7日(火) 嵐台風                   カメラ小さい写真はクリックで拡大

 

嵐と言っても、写真でご覧のように晴れ間もあったし雨も降ったけど、凄かったのは主に風で、強風と突風に吹き飛ばされそうになりながら、城砦に囲まれたかつての首都イムディーナMdinaを観光。 城壁の外がローマンヴィラのあるラバトです。 ゴゾ島のチタデルと城壁街というコンセプトは同じですが、イムディーナの方がスケールも美しさも数倍。3つあるゲートの中でもっとも華麗な門から入りましょう。

 

十字軍の落ち武者の影響の強いマルタは熱心なカトリック教徒の国で、街の中心でひときわ目立つのは聖パウロ大聖堂。 起源は4世紀起源、9世紀にイスラム教支配下で破壊され、13世紀に再建、17世紀終わりに地震で崩壊の後に再建された明るい雰囲気で、モザイクの床が特徴。

 

    

 

   

 

車がなければまるで映画のセットのように美しいのでしょうが、実際に人が住んでる街ですから仕方ないですね。   

↑  曇って灰色になった雰囲気もしっとり素敵ですが、

↓  雨雨が降っ石畳が濡れると更に中世っぽくなって、ベージュの石の建物が美しいですね。

      

 

ヴァレッタに首都が移ってから住民が減って「静寂の街」と呼ばれているそうですが、この日はヒュルヒュルゴーゴーという風の音が狭い通りを吹き抜けて肌寒かったこと台風DASH!

   

朝ホテルを出る時は晴れて暖かかったので、トーチャンはワイシャツとジャケットだけという薄着で傘も持たず。やせ我慢して一度も寒いとは言わなかったけど、馬鹿なやっちゃ滝汗

 

ザーッと雨が降る度に屋内に避難しなくてはならず、大聖堂以外で入れる所を探しながら歩いた中、このパラッツォには必要以上に長居しました。中世の騎士とお姫様が今にも出てきそうなこの中庭、素敵でしょ?

 

      

カップケーキコーヒー雨宿りにはカフェが最適。今日もランチ抜きでしたが、そろそろお腹が空いたのでケーキとお茶。

      

いよいよ雨が激しくなってきたときは、興味ないけどイムディーナについての有料映像も観ました。上演時間を待つ間に食べたのが、「ハニーリング」という、はちみつにオレンジピールやシナモン、ナツメグ等のスパイスを加えたペーストをクッキー生地に包んで輪にして焼き上げたマルタ名物の焼き菓子ロールケーキ。 あちこちで売ってたけど中にたっぷり入ったアンコがいかにも甘そうで敬遠してたのですが、食べてみたら、「あら、美味しい。甘過ぎずスパイスが効いて独特の味」、と気に入りました。 ロンドンでも探したらあるかしら?

      

周辺を見下ろす場所もいくつかありそうですが、風で城壁の外に吹き飛ばされそうなので私は怖くて近寄れませんでした。

夕方になって観光客が更に減り、まるでゴーストタウン。 やってるレストランなんてあるのかしら? 

あっ、あった!、と最初に目に付いた「バッカス」というお店に入ってみたら客はゼロ。でも、ここでいいわ、雰囲気悪くないし。 後から知ったのですが、ここは悪くないどころか街で一番大きなお店で、外のテラスや結婚式の披露宴をする大きな部屋もあるそうです。ラッキー!

 

     

白ワイン鍋徐々に他のお客さんたちもなんとなく恐る恐るも入ってきて(英語圏からの中年カップルばかり)、私たちがいたエリアはほぼ満席になりました。マルタ最後の夜だし地元の白ワインをボトルで頂ましょう。

私はフィッシュスープとリゾット、トーチャンは野菜の天ぷらとポーク、デザートはケーキとアイスクリーム。全て美味しかったです。

 

      

 

        

 

  

                    トーチャンの顔は日に焼けて真っ赤。

夜のイムディーナを見るためにここで食事したわけですから、寒さに凍えながら風の中を歩きますとも。ほの暗い感じがロマンチック。夏の夕涼みの方が良いでしょうけど。

 

         

大聖堂も門もライトアップされて綺麗! どこもよく手入れされたイムディーナは美しい街でした。

来る時はヴァレッタから路線バスで40分掛かりましたが、帰りは乗客は私たちだけでバス停にも全く止まらなかったので15分で帰れました。

 

星空ヴァレッタ最後の夜ですから、夜景徒歩ツアーに行きましょう。こないだお昼に来たアッパー・バラッカ・ガーデン、この寒さですから誰もいませんでしたが、治安の良いマルタですから危険な感じはありません。

    

 

    

私はこの後ホテルのプールでしっかり泳ぎ、嵐にめげずに頑張った充実の一日が終わりました。 翌日の夕方ロンドンに戻ります。

 


人気ブログランキング

AD

<28th Mar Tue>

今週も少なくとも午前中は毎日仕事なのですが、今日は珍しくトーチャンが外出してるので、お昼の退社後どこにも寄らずまっすぐ帰宅。 折角一人になれる貴重な時間なのに、テレビだらだら見てるうちに夕方になっちゃったけど・・。 マルタ島観光、ここまで来たらあともう少しですから、すっ飛ばさずに記録しておきましょう。

---------------------------------------------

      

3月7日(火)晴れ雷雨台風

昨日も結構風がありましたが、さあ、今日はいよいよ嵐の到来・・・叫び台風、の筈だったんですが、なーんだ青空だわ。 これなら予定通り観光が出来そうです(後で大変なことになりましたが)。

鉄道がないマルタ、移動はバスに頼るのですが、10年くらい前まであったトトロのねこバスみたいなレトロなのはさすがに無くなって今は普通のバスで、観光用バスもありますが、私たちが乗ったのは全て路線バス。英語表示だし、バスを降りた小さな村で道に迷っても英語通じるので安心なマルタです。

 

まず、ヴァレッタから15分くらいで行けるタルシーン神殿Taxien Temple and Museumへ。 いくつかある古代の巨大神殿群がある中でヴァレッタから一番簡単に行けるのがここでしょう。

約百年前に農民によって偶然発見された紀元前3600年~2500年建造の4つの神殿で、テントで覆われて通路と説明パネルもあって見学しやすくなってます。シーズンオフなので私以外には年配の日本人夫婦とマルタ名物の猫ちゃんだけ。

 

 

 

 

 

全てがオリジナルではなく、このおデブ女性の下半身のようにレプリカも結構置いてあり、中には出来たてもありますが、それもかつての姿を伝える上では有効でしょう。 一昨日ヴァレッタの考古博物館で本物はたくさん拝んでますしね。

 

 

     

にゃートーチャンは動物の写真を撮るとなると熱心ですが、この猫ちゃんがあくびする決定的な瞬間は私がモノにしました。 トーチャンは設定にあれこれこだわるので、こういう急なフォトショットは私の自動設定の簡単カメラの勝ちだわよね、そりゃ。

 

神殿を出たら急に嵐がやって来てザーッと雨も降りましたが幸いすぐ止んだので、一旦ヴァレッタに戻ってからバスで40分のラバトRabatにやってきました。

キリスト教に興味ある方は聖パウロにまつわる教会や洞窟、カタコンベもあるのでそちらへどうぞですが、限られた時間内で私たちは古代ローマ時代のヴィラであるドムス・ロマーナだけ見学。そんなに立派なお屋敷ではないですが、三次元に見える床のモザイクは見事。 

 

 

 

                   

 

今日の観光のハイライトはすぐ隣のエムディーナMdinaという中世の街なのですが、あまりの美しさに、突風と強風にもめげず(時折激しい雨も)、夜までいて写真をたくさん撮ったので、あらためてしっかりご紹介したいです。 マルタは小さな島だけど、色んな時代の色んな文化が残ってて興味深いです。

   


人気ブログランキング

AD

<21st Mar Tue>

昨夜は急遽ENOでヘンデルのオペラ観たし、毎日仕事にも行ってジムにも復帰。忙しい毎日を楽しむために、やっと元通りになった体調をキープせねば。

---------------------------------------------

3月6日(月) その2             カメラ小さい写真はクリックで拡大します 

 

観光船での一日観光、ゆっくりレストランでランチしてる時間はないので、チタデルの後、ミニバスの中でバゲットサンドを食べ、次の目的地であるコミノ島へ。

    

実はこの島のブルーラグーンの写真を見たのがマルタ旅行のきっかけなので、一番楽しみにしてました。なので、トーチャンに冬に個人で行くのは難しいと言われた時は悲しかったです。 このクルーズツアを偶然見つけて本当に良かった。 

上陸したくない人は船で島をぐるっと一周してあげますよということでしたが(お天気の悪い日はありがたい配慮)、そんな人は一人もいなくて全員船を下りて丘に上ったり、中にはビーチで足だけ水に浸かる人も。

幸い風もなく、透明な海を眺めながら散策しましたが、なにもない小さな島に停泊時間1時間ってことは、もう少し暑い時であれば泳いで下さいってことのようです。 夏場はシャワーとか脱衣所とかビーチパラソルとか設置されるのかしら? 今はなにもなかったし、木もなくて日陰ないから、夏は暑くて大変でしょうに。

 

ヨーロッパでもこんな綺麗なブルーの海があるなんて信じられないですが、実物はもっと青かったんですよ。

泳げないのが残念な気もしますが、この季節だからこそ誰もいない遠浅ビーチを見ることができたわけで、大満足、大感激ラブおねがいドキドキチョキ

 

 

   

 

 

 

腰まで水に浸かってる太目のカップルがいましたが、やはり冷たいのでしょう、結局は泳げず終い。 手前の砂浜にいるのは我々グループ。 対岸の砂浜には水中を歩いていけるそうですが、誰もいませんでした。

    

 

うお座小さな魚が泳いでました。 行きの船の中から見た島で唯一のコミノホテルはシーズンオフで閉鎖中。おそらく住民は僅か数名。

 

    

帰途は追い風で船も揺れず、すいすいと夕陽を浴びながらマルタ島まで快適な船の旅。

「あれは像さんの形をした岩」、とか説明してくれながら、洞窟のすごく近くまで船を寄せてくれて、岩の中も覗けました。

    

 

     

スリーマ到着予定が5時半だったのでそこで急いで食べてからで7時半からのオペラに行く予定でしたが、なんとラッキーなことに先に私たちのホテルまで送ってくれましたグッド! 

     

では、オペラの前にヴァレッタで夕食しましょう。何度通り掛っでも閉まってたCafe Cordinaにやっと入れました。内装が美しくてウィーンみたいな雰囲気でしょ。

 

       

 

    

 

     

だけど、席についてから、「もうお料理は終わりました」、と言われてしまいショボーン、仕方ないので、パイ2個とケーキで済ませましたが、油で 揚げた筒状の生地にリコッタチーズで作るクリームを詰めたシチリア名物カンノーリは美味しかった。 

カフェの横はヴァレッタの中心広場ですが、マルタ騎士団総長の宮殿が修復のために閉館だったのだけが今回の残念ポイントでした。 日中は衛兵もいます。

 

    

では、オペラハウスに向かいましょう。

 

 

<15th Mar Wed>

晴れ今日のランチタイム、久し振りにジムに行こうと会社出たら、あまりの晴天ポカポカ陽気だったのでこのまま広場で日向ぼっこしようかと迷ったけど、初志貫徹して地下の暗いジムに。まだ完全に風邪が治ってないので、読書しながらの自転車漕ぎだけにしといたけど自転車

----------------------------------------------

3月5日(日) その2

4時15分のフェリーで対岸のスリーマに来ました。 ヴァレッタとは違い、スリーマはモダンなフラットやショッピングセンターがあり、レストランもたくさんありそうです。 住むならこっちが便利そう。

       

船ヴァレッタからは数分であっという間にスリーマの港に着いたら、観光船の乗り場がたくさんあり、熱心な客引のスコットランド人のお姐さんに「割引するからさあ、明日是非来て!」、と捕まって、私はすっかりその気に口笛。 実は今回の旅行は行先とホテルを私が強引に決めた後はトーチャンに丸投げして色々調べてもらったんですが、どこかリクエストがあるかと聞かれたので、「お天気良かったらコミノ島に行きたい!」と言っておいたんです。でも、「この季節はフェリーが出るかどうかや料金はその日の集客次第なんだって」、ということだったので、半ば諦めてたんです。

でも、そうよね、こういう日帰りツアーがあるじゃないの。しかもこのシーズンオフでもやってるってありがたいわ。今回の旅行の中で一番ラッキーだったのはこのしつこいお姐さんとの出会いだったと思ってます。おかげで憧れのコミノ島の碧い海だけでなく、なんと強風と高波で崩れ落ちた岩の門アズール・ウィンドウもぎりぎり見られたわけですから。

ともあれ、スリーマに上陸はしたものの、日曜日なのでショッピングセンターやお店は閉まってて(M&Sとかイギリスと同じ店が多くてつまんないので別に開いてなくても構わないけど)、やることないので先っぽの岩場に向かって海べりを歩いたら、ヴァレッタの街がよく見える面白いスポットがありました。

晴れてたら夕陽に輝くヴァレッタが見えたのに夕方から雲ってしまったのは残念でしたが、ここからのヴァレッタの美しいこと。 全体が見えると要塞の様子もわかりますね。 中心的存在の大きなドーム、細い路をくまなく歩いても見えなかったけど一体どこの教会なのかな? (後でオペラハウスの隣と判明)。

   

 

 

 

 

私たちが泊ってるホテルも見えました。

   

ここで夕食するのですが、シーズンオフのせいか日曜日のせいかわからないけど閉まってる店が多い中、海岸沿いのガラス張りのモダンなイタリアンレストランにしましょう。残念乍ら窓際は予約済みだったのでヴァレッタの夜景を見ながら食べることはできませんでしたが、夜景と言っても人が少ない季節のヴァレッタは暗くなってもあまり灯りが点らなくて意外とつまらないの。

パスタ私はイカ墨スパゲッティで口の中真っ黒になったけど美味しかったし、ロゼのマルタワインも軽くて飲みやすい。 シチリア島に近いので、イタリアンレストランが圧倒的に多いマルタです。

   

 

バス

フェリーの最終便はとっくに出てしまったので帰りはバスで20分程掛けてヴァレッタに戻り、そのまま要塞の外のフロリアーナ地区の夜景巡り。 厳密に言うと私たちのホテルもフロリアーナで、誰も歩いてなくて店も全て閉まってるゴーストタウンなんですが、それでもいくつか照明されてる教会や凱旋門の写真に嬉々としてチャレンジするトーチャン。 私は早くホテルに戻って泳ぎたいのになあ・・。でも、さすがにもうちょっと活気のある季節に来る方が良かったかも・・。

    

 

翌日はゴゾ島とコミノ島ツアーに行くことにしたのに、夜ホテルのテレビで天気予報見たら、わーんえーん大嵐が近づいてて、明日は強風なんだって波。 

まあ明日になって様子みるけど、風に吹かれても船さえ出れば行きた~いDASH!と、ウォーキングとスイミングでくたくたになりながら祈りながら寝ました。 

 


人気ブログランキングへ