<21st May Sun>

出ずっぱりだった先週の反動でこの週末は家から一歩も出ず。ミュンヘンのタンホイザー初日もラジオ生放送で聴けたしハート、サントリーニ旅行記も完成出来て充実のおこもりでした。明日からは又毎日出掛けますが、夜は珍しくミュージカル観劇(リージェンツ・パーク野外劇場で)。

--------------------------------------

                         カメラ中小の写真はクリックで拡大します

 

サントリーニ島北端の街イアOiaには、最初はバスで2度目はレンタカーで、いずれも夕方から夜に掛けて2度行きました。

 

   

まず最初の夜に早速行ってみましたが、サントリーニらしい青いドームの教会がいくつかあり、フィラよりは静かで大人の街、良い雰囲気なので、ここに泊まるのもいいですね。お洒落なお店もお土産屋さんもあるし。車がなくて島のあちこち観光したい人にはちょっと不便ですが、バスはここが始発なので早目に行けば乗りそびれることはないでしょう。途中のバス停からだと乗れないことも多い筈なので。

夕陽はどこから見るのがベストかということですが、やっぱり、その名もずばりサンセット・キャッスルという両側が切り立った崖の上にあるパノラマビューの城塞跡が一番人気のようです。海に沈む夕陽だけじゃなく、断崖の白い街が徐々にピンク色に染まっていくのが見えますもんね。

   

 

城塞跡からぐるっと見渡してみると目

     

彼方にはイメロヴィグリ、フィロステファニ、フィラの街がまるで山の頂上に積もる雪のように見えます。おっぱい山が目印になる劇的な景観。

     

反対側も素敵。お花がきれいな洒落たレストランにはやっぱり東洋人のウエディングカップルもいるし、風車も絵になります。

しかし、この混みようはどうだガーン。日没までにはまだ1時間半もあるのに既に石のベンチはほとんど場所取りされてます。今からこれではもっとごった返すだろうし、こんなとこでひたすら待つのは嫌だから、あちこち散策して他のスポットを探しましょう。

 

      

 

     

夕陽が見えそうな所は通路でも混んでるけど、ここはどうかしら、とホテルのテラスに図々しくお邪魔してデッキチェアに寝そべっちゃおべーっだ!。下のレストランで食べながら日が暮れるのを待っててもいいんだけど、中国人がたくさんいてうるさいしね。

ほら、やっぱり城塞の上は凄いことになってます。

     

サンセット・クルーズの舟もたくさんやってきました。この日はオレンジ色にはなりましたが、海面近くはちょっと雲が掛かってしまってベストな夕陽ではないですけど。

 

      

夕方にフィロステファニで食事したけど、水車の後ろのカジュアルなお店で軽く食べてからバスでホテルに戻りましょう。 皮がパリっとしたチーズの揚げ物、タコ足、豆のピューレと土地の名物を選んで。

   

清潔な街並に洒落たお店が並んで夜も雰囲気良いイアにはバーで夜更けまでゆっくり飲んで泊まれると更に楽しいでしょうね。私たちが乗った最終バスは9時20分発で超満員でしたが、もう少し遅くバス停に行ったら置いてきぼりにされてましたよ。

--------------------------------------

 

 翌日はレンタカーで崖の下まで行きました。車がないと数百段の階段を自力で下るかロバに乗るかしかないですけどね。  

    

Katina(→こちら)というお店を目指したのですが、空いてたので波打ち際のテーブルに座れました。今日一日あちこち運転して下さったKさん、ありがとうございました。 私のスマホのナビも役立ってよかったです。

   

続々とサンセットクルーズの舟が集まってきます。きっと彼らも船上で夕食してるんでしょう。

タラのスープを注文したら、調理する前に「この魚だからね」、と見せてくれました。

 

    

タコ足を食べながらしばらく待ってスープが登場ですが、半分はスープ、半分は身のまま食べます。美味しかったけど、二人分にはちょっと多かったかな。

  

段々日が落ちてゆくのを見ながらゆったり頂く海辺のディナーは最高。見上げるとサンセット・キャッスルでひしめき合ってる人たちも見えました。お疲れ様。まあ、あれはあれで一体感あって楽しいでしょうけど。

   

テーブルからは夕陽が海に沈むところは見えないので、食事後に少し移動。 クラシックな船がアクセントになって良い感じ。

 

以上、

4月29日から5月3日までの4泊5日旅行、暑過ぎず理想的なお天気でしっかり観光でき、治安も良く、女二人でワインとお喋りが楽しめて充実のホリディでした。

 

鉛筆ブログ記事をまとめておきます。クリックで記事に飛びます。

行ってきます

ただいま

ホテル

交通手段

ワイナリー

イメロヴィグリ

フィラとフィロステファニ

先史&古代遺跡 古代ティラとアクロティリ遺跡

 

長い間お付き合い頂き、ありがとうございました。老後に読み返すのが楽しみ。

次の旅行がまだ決まってないので、なにか計画しなくては。今年はおそらく日本には行かないのですが、ヨーロッパだけでも行きたい所があり過ぎて迷います。

 

 


人気ブログランキング

AD

    

妹の結婚式のケイト妃の服、今までで最悪・・・ブー

<20th May Sat>

サントリーニ旅行はあと2回で終わりの予定ですが、今回は遺跡巡りについて。青い海と白い家だけではないですからね、ここは。

--------------------------------------                          カメラ小さい写真はクリックで拡大します

 

先史及び古代文明が栄えたサントリーニ島、遺跡見物も欠かせませんから、時代の異なる二つの遺跡を見学しました。

 

 

 

1 古代ティラ Ancient Thira (紀元前9世紀~ビザンチン時代)

 

フィラのバスターミナルから20分くらいでカマリ・ビーチに到着。目的地は山のてっぺんにある遺跡ですが、 歩いて上ると1時間近く掛かりそうなので、私たちは麓からのミニバス・ツアー送迎サービスを利用(往復10ユーロ)。でも、バス同様これも1時間に一本しかなく、しかもわざと時間をずらしてあるのか、往復ともカマリ・ビーチで時間つぶしをせざるを得ないので、火山灰の黒い砂浜でバスを待ちながらぶらぶら。

   

 

     

シーズンが始ったばかりなのでビーチはガラガラですが、あら、きれいに日焼けしたおねえさんがグラサン

 

山の真ん中にあるヘアピンカーブを上ります。

   

標高約370mまでこれがずっと続くのですが、レンタカー店で「危険だから止めとけ!」、と脅された程道は狭くなかったので、例え対向車に遭遇してもなんとかなりそうです。

 

頂上からは両側の海岸も見えて絶景。こちらはさっきまでいたカマリ・ビーチで空港も見えます。   

 

外して持って行けるものは博物館行きですが、ライオンや鳥のレリーフは残ってます。

     

 

ドキドキ嗚呼、これ、これ! 私が一番感激する古代ローマの劇場。真っ青なエーゲ海を背景に、遠くに島も見えて最高のセッティンググッド! ここでギリシャ悲劇とか演じられたのですね。ジーンおねがい  

こちら側は前日にレンタカーで回ったペリッサの海岸(→こちら)。

 

    

 

  

所々に説明があり、たしかこの屋根が二つの建物はビザンチン時代。

 

立派な古代都市でかなり広いのでゆっくり回ると2時間近く掛かります(それに合わせてミニバスのお迎えは2時間後)。日陰が全くないので、カンカン照りで暑かったり雨や風だと辛いですが、この日は爽やかなそよ風で最高の遺跡巡り日和。麓よりも少し涼しかったです。

前日にこの時間の無駄を避けるためにレンタカーしたのに閉鎖日だと気付いて行きそびれてしまい、気がそがれたのでここに行くのは辞めようとも思ったのですが、気を取り直して行って本当に良かったです流れ星

    

 

 

2 アクロティリ遺跡 

 

キクラデス文明の都市遺跡で紀元前1450年頃の大噴火で絶滅し炎、50年前の発掘調査で発見されましたが、噴火を予想して非難したのか人骨は全く発見されなかったそうです。 サントリーニは謎のアトランティス大陸の有力候補なわけで、その文明の高さは素晴らしいです。

ここはバス停から歩いてすぐだし、そんなに大きくないので時間も掛からないし、屋根が付いてるので雨でも暑くても快適に見学できるので、時間がなくてどちらかしか行けない方はこちらにどうぞ。私には3月にマルタ島で見た神殿遺跡と似てるので(→こちら)ちょっと新鮮味に欠けましたが、神殿だけだったマルタ島よりも規模は大きいです。

        

 

--------------------------------------

フィラの街にある2軒の博物館も見学。アテネに持っていかれた出土品も多いようですが、フィラにも充分あり、遺跡見学が更に充実します。

 

   

先史ティラ博物館にはアクロティリ遺跡で発掘された壷やフレスコ画がゆったり陳列されてて雰囲気の良いミュージアムです。一つしか行く時間がないのであれば、こちらがお勧め。

壁画は南国らしい明るい色合いですが、私はこの「若い漁師」が一番好き。

 

    

 

    

黄金のヤギは小さいけど美しいし、壷にはエーゲ海らしく魚のモチーフがたくさん。

     

 

もう一つの考古学博物館は両方の遺跡の出土品を展示する小さなミュージアムで、よくある赤と黒のギリシャの壷などもありますが、印象に残ったのはこの男性の頭像のみ。後ろから見られるように作られたようで顔が無しってのがユニークゲラゲラ

 

あと一回で終わる旅行記、最後は夕陽で有名なイアの街についてです。

 

 


人気ブログランキング

AD

                             カメラ 小さい写真はクリックで拡大します。

 

4月29日から5月3日までのサントリーニ島旅行、書き出したら止められません、と言いながら一気には出来ないので休み休みのろのろ続けるんですが、もう少しお付き合いを。

 

サントリーニらしい景色と雰囲気で一番気に入ったイメロヴィグリについては先日写真アップしましたが(→こちら)、今日はフィラとフィロステファニを一緒に歩きましょう。

おっぱい山のイメロヴィグリまで、さかさか歩けば30、40分のフィラはサントリーニ島で一番大きな街で、バスターミナルもあって交通の拠点ですから、車のない人があちこち観光する場合はフィラに滞在するのが便利です。

割と大きなカテドラルの中もあり。

    

 

遥か下に見下ろすオールド・ポート、ロバを避けながら600段歩いて下りましたっけうんち(→こちら)。

岩を掘った絶壁ホテルに泊れると景色も楽しめるし足の便の良いしベストでしょうが、ハイシーズンは高そうだ。

 

高級なお店からチープなお土産屋さん、レストランやカフェも勿論たくさんあります。ちょっとごちゃごちゃしてますけどね。

海沿いの遊歩道を北にどんどん歩くとリゾートらしさが増してきて、

振り返ってフィラの街を一望できるってことは既にフィロステファニなんでしょう。境目がはっきりしませんが。

 

朝は結構冷えたので厚着して出たらどんどん気温が上がり、長袖なんか嫌なんですが、これ以上は脱げないし・・。 でも、夜は又冷えるので上着を持ち歩く必要があり、ホテルが不便な所にあるやっぱり不便。でも、行く前に寒過ぎるかもと心配したんですが、結局観光には理想的な気温で最高でした。

 

ここら辺には典型的な青いドームの教会はあまりありませんが、代わりにこんな教会が点在してて、「きゃーっ、かわいい!、」と写真撮ってるとイメロヴィグリまで1時間くらい掛かるのは仕方ないですよね。

 

ホテルでたっぷり朝食食べてからランチ抜きであちこち観光してた私たち(午前中は古代遺跡を見学)、そろそろどっかで何か食べようかな、と思ってたら、

あっ!、行ってみたかったRemviというレストランにちょうどぶち当たったので、ここにしましょう。夕陽の時間は混むでしょうけど、午後4時過ぎならガラガラ。

      

 

 

     

テーブルからゴージャスな人たちを見下して飲む冷たい火山ビールは美味い生ビール

          

 

おっぱい山のイメロヴィグリまではまだまだですが、今日はこの辺までにして、バスで夕陽で最北端のイアまで早目に行って、どの夕陽スポットが良いか街の様子をチェックしましょう。

 

目ズームアップするとイメロヴィグリの青いドームの有名な教会も見えるし、豪華客船もたくさん出入りして、嗚呼、美しいエーゲ海と感激。 問題山積みのギリシャですが、サントリーニは治安も良いし別世界。

 

で、結局、

境目なく続くフィラ、フィロステファニ、イメロヴィグリ、どこに泊るのがベストかは目的によるのですが、車無しで古代遺跡やビーチを観光するのであればフィラの中心がベストだけどいかにも観光地。 しっとりした大人の雰囲気が素敵なイメロヴィグリは細い路地を歩いたりホテルでゆっくりするのに適してるけどフィラまで歩いてちょっとあるし、ハイシーズンはバスが混んでて乗せてもらえないかもしれないので不便。 となると、色んな意味で中間のフィロステファニが理想的か?

 

街シリーズの最後は二度行ったイアの夕陽騒ぎですが、写真が一番多いのでもう少し時間掛かるので少々お待ちを。 でも白い街と青い海ばかりでは飽きるでしょうから、その前に二箇所行った古代遺跡巡りをご紹介できればと思ってます。 

 


人気ブログランキング

AD

<9th May Tue>

「ドン・カルロ」のリハーサルに行ってきました。できれば明日写真アップしますが、出来は、・・・うーん・・・むっ 

--------------------------------------

私が抱いてたサントリーニのイメージに一番近いのがイメロヴィグリImerovigliで、真っ白な家とくねくね曲がる狭いストリート。 ハイシーズンで混むと大変でしょうが、ガラガラだったので静寂の雰囲気もあって最高でしたラブ

 

ビックリマークこれです、これ。 青いドームはたくさんあるけど、これが一番よく写真で見るドームで、鐘楼も可愛い。

いた! 景色の良い所には世界中必ずいる東洋人のウエディング・カップル。

でも(と言っては失礼ですが、邪魔な時もあるわけで)、なかなか絵になってますね。おめでとうございます。

下から見るとこんな感じ。中には入れませんでしたが、左のへっこんでる日陰スペースで休憩。

イメロヴィグリはフィラからぶらぶら歩くと1時間くらいでしょうか。近くの白い街がフィロステファニ、その向こうがフィラ。私たちは2回共フィラからスタートしましたが、イメロヴィグリから歩き始める方が下り坂が多くて楽でしょう。どちらからでも絶景。

「おっぱい」の形のスカロス山には時間がなくて行けず。 自力で上り下りしなきゃいけないですしね。

 

ホテルの日向ぼっこスペース。 次回は景色がドラマチックなこちら側に泊ろうっと。

 

ホテルと民家の間にたまにレストランがあるだけでお店はないので、そういうのが好きな人には物足りないかも。バスで島のあちこちを観光したい人はフィラが便利ですしね(フィラまでは30分毎のバスですぐですが、ハイシーズンは乗せてもらえないこともあるでしょう)。

 

 

 

写真が多くなり過ぎたので、以下、一部小さいサイズにしますが、クリックで拡大します。

 

     

順不同の旅行記なので実はこれが最後の夜なんですが、今日の夕陽はここから眺めることにして、ちょっと早いけど良い席が確保できるように早めにディナーにしましょう。でも、慌てることはなかったですね、ずっとガラガラでしたから。Blue Noteというお店です。

 

     

大きなお皿に二人分のミックス・シーフード。ワインはもちろんサントリーニ産。

 

     

晴れ暑い上に海に反射する夕陽が眩しくてたまりませんが、エーゲ海の太陽をたっぷり浴びて(日焼けしちゃいましたが)、イギリスでのビタミンD不足を一気に補いましょう。

 

     

段々街がオレンジ色に染まってきました。 あ、又いたオリエンタルのウエディング写真カップル。 

     

レストランのすぐ下の教会のテラスに夕陽目的の人たちがいますが、前日と前々日行ったイアの夕陽スポットと比べたら静かなものです。 スカロス山のてっぺんにも十数人いました。山からだと白い街がピンクに染まるのも見えるし、ベストな夕陽詣でスポットかも。

 

 

違う所から3回夕陽を見ましたが、「さようなら、サントリーニ」とおセンチになったせいもあり、ここが一番思い出に残るサンセットになりましたドキドキ

 

 


人気ブログランキング

<8th May Mon>

イギリスはまだ冬。寒い。5日前までのエーゲ海の太陽を思い出しながら写真選んでます。

--------------------------------------

旅行記は時系列ではなくテーマ別で進めますが、サントリーニは古代からワインの名産地でもあるようでワイナリーもいくつかある中、レンタカーを借りてる時に2軒行ってみました。

 

1

まずは絶景を見ながらテイスティングと食事が出来るのが売り物で観光客には一番人気のサント・ワイナリーSanto Wineryへ。

結婚式もやってたし(中国人か韓国人)、ちょうどランチタイムで団体さんがバスでどんどん到着してなんだか落ち着かない雰囲気だったし、外で座ったら暑いし中だと景色が見えないし・・・、で、結局、素晴らしい景色を愛でてトイレ借りただけで去ることにしました。 車があったからこそ、あっさり諦めることが出来たわけですが。

 

 

 

 

 

2 車で走ってたら、ボゥタリ・ワイナリーBoutari Wineryというのがあったので、入ってみました。サント・ワイナリーと比べたらうんと小さくてひっそり静か。試飲だけではなく、葡萄畑とワインセラーを案内してくれるのも面白そうだ。

 

 

白ワインここで酔っ払ってしまうわけにはいかないので一番少ない4種類だけのテイスティングにし、畑とセラー見物とおつまみで12ユーロ。 到着以来サントリーニワインばかり飲んでて既にお馴染みなんですが、甘いのが多いようです。 

朝食以来なにも食べてなくてちょっとお腹が空いてたのでサントリーニ名物のトマトボールとファヴァFavaという豆のピューレも頂きましょう。

ぶどう他にカップルが一組だけだったので4人で葡萄畑を見学。蔓(つる)は使わず、バスケットと呼ばれる地べたを這うユニークな育て方は既に島中で目撃した光景ですが、説明してもらって納得。

↓ 土壌はこんな風にレイヤーになってるそうです。

 

酒蔵も案内してもらえて、ただ試飲するだけのサント・ワイナリーよりは興味深いと思いますが、バスで簡単に行けるかどうかはわからず。

 

白ワインサントリーニ・ワインはレストランでもホテルでも飲みまくりましたが、スーパーマーケットですら決して安くないのが残念だし、飛行機は手荷物だけなのでお土産にも出来ず・・・。

 

次は私がサントリーニで一番気に入った街についてです。写真は選択済み。

 

 


人気ブログランキング