<3rd Jan Tue>

思い入れはないけど一応祝日である元旦が終わると全く普通の日で、今日から私も会社通い。1月は公私共にめっちゃんこ忙しいので、体調崩さないようにして頑張るぞぉロケット

回数を数えながら努力する着物お出掛けとは違い、一年が終わってからのお楽しみのオペラやコンサート集計。 さて、2016年は?

--------------------------------------------

今回はエクセルの一覧を見渡して、「あれっ、これが抜けてる。たしかあれにも行った筈だけど・・」、と気付いただけでもいくつかあるというずさんな管理だったので、正確ではないかもしれませんが、一応2016年は111ってことで。

 

勘定に入ってるのは、有料の生パフォーマンスのみで、無料コンサートや有料であってもマスタークラスやインタービューなどは入ってません。 無料で頂いた切符やセット券で実際には不要なものまで買ったものは本来の値段で勘定し、合計ほぼ3千ポンドに達しました。

 

ここ数年を多い順に並べると、今回は平均であることがわかります。

2014年 134回(→こちら

2015年 126回(→こちら

2009年 113回(→こちら)

2016年 111回 (今回)

2012年 110回(→こちら

2011年 106回(→こちら

2010年 101回(→こちら

2013年 100回(→こちら

 

111回の内訳ですが、

 

学校まず、会場別に括ってみると、

 ロイヤル・オペラ・ハウス 48回 (オペラ35回、バレエ13回)

ウィグモア・ホール 20回 (歌のコンサート17回、ピアノ3回)

バービカン 18回 (ピアノ4回、コンサート・オペラ8回、歌もの6回)

海外 7回 (リスボン、ザルツブルグ、バイロイト、サンセバスチャン)

キングス・プレイス 3回

ロイヤル・アルバートホール 3回(うちプロムス2回)

ロイヤル・フェスティバル・ホール 2回

カドガン・ホール 2回
その他UK 8回 (グラインドボーン、St John Smith Sq, リッチモンド等)

 
例年通り、ROHが当然ぶっちぎりのトップですがDASH!、一昨年の89回、去年の60回から減ったのは、舞台横の定席が取っ払われてしまったのと、歌手陣のしょぼさによるに違いないですしょぼん

でも、悲しいことばかりではなくて、憧れのザルツブルグ音楽祭とバイロイト音楽祭に行けたので、いいことにしましょう。

 

     

将棋カテゴリー別だと、

オペラ46回、歌のリサイタル&歌中心のコンサート34回、オペラ形式コンサート10回、ピアノ7回、バレエ13回、芝居1回で、引き続き歌モノに著しく偏重してますが、バレエは増加。

 

わんわん因みに、トーチャンは50回強と足らずと横ばい。

 

手裏剣

フルオペラ46回のうちROHで同じのを3回以上観たのは僅か。2年前までは舞台脇から5、6回観るのもしょっちゅうだった幸せな日々が懐かしいしょぼん

 

ランメルモールのルチア 4回 (2チームを2回づつ)

トロバトーレ 4回(夏と冬で3チーム)

ウェルテル 3回(グリゴーロとディドナード)

セヴィリアの理髪師 3回 (お得な舞台脇席が出たので)

 

がま口財布

切符代の平均は27ポンド。一番高かったのはグラインドボーンの180ポンドで、海外遠征平均は77ポンド。 別に切符代をセーブしようと努力してるわけではなく、それどころか働いている間はもっと良い席に座ってもいいと思っているのですが、つい慣れでいつもの席を買ってしまうのです。 いっそ、来年は高くて敬遠してるミュージカルに来年は何回か行ってみようかとも思うのですが、毎日やってるといつでも行けると油断して早めに手配しないので、ろくな席が買えないでだろうなあ。それよりも今までは余裕がなくて行けてない室内楽コンサートを狙おうかな? 

  

カメラ

今回の写真は、初めて行ったヨーロッパのオペラハウスにしましょう恋の矢

クリックすると記事に飛んで、ロビーや客席もご覧頂けますが、超有名なザルツブルグとバイロイト、オペラファンでも知らないリスボンとサンセバスチャン、と極端に分かれました。

 

リスボン(→こちら)  「トーリードのエフィジェニー」by グルック

 

ザルツブルグ(→こちら)  「ドン・ジョバンニ」と「皆殺しの天使」

 

バイロイト(→こちら) 「トリスタンとイゾルデ」

 

サンセバスチャン(→こちら) 「ドン・パスクァーレ」

 

 


人気ブログランキングへ

AD

<7th Jan Thus>

2015年のまとめシリーズの最終回。 目標に向かって努力する着物お出掛け回数とは違い、オペラやコンサートは行きたいものに自然体で行ってます。

----------------------------------------

2015年にオペラやコンサート、バレエに行った回数を数えてみたら、126回。 


勘定に入ってるのは、有料の生パフォーマンスのみの回数であり、無料コンサートや、有料であっても無料で切符を頂いたもの、マスタークラス、インタービュー、説明回など(合計14回)は回数に入ってません。

2014年が134回(→こちら )、2013年が100回(→こちら )、2012年が110回(→こちら )、2011年が106回(→こちら )、2010年は101回(→こちら )、2009年は113回(→こちら) でしたから、去年より少し減りましたが、その代わり「その他」イベントが増えたので、お出掛け回数はむしろ増えたでしょう。


126回の内訳ですが、

学校まず、会場別に括ってみると、


ロイヤル・オペラ・ハウス 60回  (オペラ53回、バレエ6回、コンサート1回)

バービカン 17回 (ピアノ3回、コンサート・オペラ7回(メサイア含む)、歌リサイタル4回、その他3回)

ウィグモア・ホール 15回 (歌のコンサート14回、ピアノ1回)

海外 6回(ベルリン5回、プラハ1回) (オペラ6回)

ロイヤル・フェスティバル・ホール 3回

カドガン・ホール 3回

St. John Smith Squire 3回

グローブ座プレイハウス 3回

その他イギリス 16回


例年通り、ROHが当然ぶっちぎりのトップですがDASH!去年の89回よりうんと減ったのは、舞台横の定席が取っ払われてしまったからに違いないですしょぼん

レギュラー以外が多かったのが今回の特徴で、ENO、グラインドボーン、グランジ、オペラ、ミルトン・キーンズ、ラウンドハウス、オルデバラ教会、ミドル・テンプル・ホール、テンプル教会、プーシキン・ホール、ルーマニア大使館の他、遠出してミルトン・キーンズ劇場とサフロン・ホールにも行きました。今後も新規開拓は続けよう。

     

将棋種類別だと、


オペラ67回、歌のコンサート28回、コンサート・オペラ9回、、ピアノ7回、バレエ6回、お芝居3回(目的は歌)、その他6回で、引き続き歌モノに著く偏重カラオケ


わんわん因みに、トーチャンは50回足らずと横ばい。

 

手裏剣

フルオペラだけで67回と言っても、演目数にしたらうんと少なくて、同じオペラに何度も行っちゃったうち3回以上のをリストアップしてみるとこんな感じ。うん、今回はやはり例の席の廃止により、複数回行くのがかなり減少。 


オルフェとエウリディーチェ 6回 (舞台脇席が販売されたので)

椿姫               5回 (ヨンチェバとレベカ、両方良かった)

魔笛               4回 (ベルリン含む)

ラ・ボエーム          4回 (ネトコとカレヤのどすこいコンビ)

カルメン             3回 (カウフマンはキャンセル)

ドン・ジョバンニ        3回

イタリアのトルコ人      3回 


がま口財布

切符代ですが、ROHの安い席がなくなった分、平均は少し上がって、24.5ポンド。一番高かったのはグラインドボーンの210ポンドですが、海外遠征平均は66ポンドと安上がりでした。ベルリンもプラハも安いので。

なんやかんやで、私の分だけで一年合計57万円くらい使ったことになりますが、ま、働いている間はもうちょっと増えてもなんとかなるかな? 本当は歌モノ以外のコンサートやバレエにももっともっと行きたい!、でも歌を聴くのを減らすのは嫌!、なんじゃあ、どうするんだ!、・・・と、結局いつもの時間とお金のバランスという問題に行き着くわけです。

  

カメラ写真がないのも淋しいので、今年撮ったカーテンコール写真を何枚か載せますが、今年はなにがいいかしら? 去年はバレエ、一昨年はテノール、その前は女性歌手だったので、今回はカウンターテナーでどうでしょう。「いやーね、あんな気持ちの悪い男たち」、と仰る方もいらっしゃるでしょうに、自分の趣味を押し付けて申し訳ありませんが、この倒錯的世紀末的なところにゾクゾクする私恋の矢


   

まずは 40代後半のベテランから。最年長アンドレアス・ショルは私のダーリン歴ナンバーワン。奥様との共演も感じ(→こちら )。

インド系のビジュン・メータは力強さではナンバーワン(→こちら )。


   

9月にボストリッジ博士とIl ritorno d'Ulisse in patria(モンテヴェルディ)で共演した上流階級のお坊ちゃまジョン・ラティモア、この中では歌は一番下手だけど、イケメン度ナンバーワン。

ご存知イエスティン・ディヴィースは去年最も多く聴いたCTで、10回も機会がありました。イエスエィン君の歴代のFBのプロフィール写真は私が撮ったものがほとんどですが、この写真(9月のWigmore Hall→こちら )が気に入っているのか、長い間使ってくれてます(追記:1月14日に、久し振りに他の人が撮った写真に変わってしまいました)。


    

南アフリカ人で筋肉マンのクリストファー・エインズリーは、上半身裸になるサウル役では総合点で彼がナンバーワンでしょう(→)。

ファッション度ナンバーワンのマックス・エマニュエル・チェンチッチサビエル・サバタですが、ヨーロッパ大陸で活躍するCTはロンドンにはあまり来てくれない中でこのつるっぱげコンビのタメルラーノ(→こちら )は貴重でした。


     

若くて可愛くて歌も上手な英国CT二人が発見できたのはボーナス。

ピーター・パン(→こちら )のイエスティン・モリス君と、セルセ(→セルセ )のジェイク・アルディッティ君ですが、これもショル兄が道を開いてくれたおかげかも。




音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

<3rd January Sat>

連休中にYoutubeでたくさん日本の歌を聴いてすっかり歌謡曲モードになってますが(ヒデキ~ラブラブ!、モモエちゃーんべーっだ!)、オペラに気持ちを切り替えて、昨年のオペラやコンサート(バレエも)の回数をまとめてみました。

-------------------------------------------


2014年にオペラやコンサート、バレエに行った回数を数えてみたら、なんと134回。 


昨年が100回(→こちら )、2012年が110回(→こちら )、2011年が106回(→こちら )、2010年は101回(→こちら )、2009年は113回(→こちら) でしたから、ここ数年の最高記録ですわアップ


仕事が半分に減ってもちっとも余裕ができたと思えなかったのは、そっか、これで忙しかったからなんだ~、と納得。


尚、数えたのは有料の生音楽パフォーマンスのみの回数で、無料コンサート、有料であっても無料で切符を頂いたもの、インタビュー、オペラ説明会などは回数に入ってません。去年はマスタークラスとかもあったし、この134回に加えて軽く10回は行ったでしょう。


カメラおまけの写真は今年はなんにしましょうかね?

一昨年は女性歌手、去年はテノール歌手だったのですが、今回はちょっと趣向を変えてバレエはどうかしら? 去年はバレエにも結構行ったわけだし、ロイヤルバレエでは日本人ダンサー、特に女性が大活躍だったので、彼女らに敬意を表して、プリンシパルにはなってないけど、主役を踊った時のカーテンコールをアップしておきます。


小林ひかるさんがご主人のフェデリコ・ボネリと眠れる森の美女を3月に(→こちら )。ROHで主役で共演するのは初めて。そして、38歳のひかるさんは、もうすぐ(おそらく今月)ママになるんですよ。おめでとうクラッカー


           
メモ133回の内訳ですが、


学校まず、会場別に括ってみると、


ロイヤル・オペラ・ハウス 89回  (オペラ75回、バレエ13回、リサイタル1回)

ウィグモア・ホール 13回 (歌のコンサート11回、ピアノ2回)

バービカン 13回 (ピアノ3回、コンサート・オペラ5回(メサイア含む)、歌のリサイタル5回)

サウスバンク 5回 (ピアノ2回、オルガン2回、コンサート・オペラ1回)


ENO 4回 (オペラ4回)

海外(チューリッヒとシューベルト祭) 3回 (オペラ1回、歌1回、ピアノ1回)

その他イギリス 7回(グランドボーン、オルデバラ、ミルトン・コート、グローブ座、教会3軒)(オペラ2回、コンサート5回)


と、例年通り、ROHが当然ぶっちぎりのトップですがDASH!、それがいつもより顕著でした。

 

       

将棋種類別だと、


オペラ82回、コンサート・オペラ6回、歌のコンサート23回、その他コンサート10回、バレエ13回で、引き続き歌モノに著く偏重カラオケ


わんわん尚、トーチャンは47回と横ばい。内訳はROH27回、バービカン8回、サウスバンク3回、その他5回。


 

手裏剣

フルオペラだけで81回と言っても、演目数にしたらおそらく半分以下で、また性懲りもなく、同じオペラに何度も行っちゃったうち、4回以上のをリストアップしてみたら、うわーっ! 自分でもびっくり。 


ドン・ジョヴァンニ   7回 (クヴィエチェン、ポリ、エスポジート)  

椿姫           6回 (2チーム、ダムラウ、ペレス)

イドメネオ        5回 (ポレンザーニ、ファジョーリ)

愛の妙薬        5回 (グリゴーロ)

連隊のムスメ     5回 (1回を除きフローレス)

リゴレット        5回 (2チーム、キーリンサイド、クルチャク、中村恵理、ピルグ)

トスカ          4回 (2チーム、アラーニャ、指揮ドミンゴ)

マノン・レスコー    4回 (カウフマン)

ファウスト       4回 (ポレンザーニ)

マリア・ストゥアルダ 4回 (ディドナード)


上記の複数回は全てROHですが、記録更新するほど通い詰めることができたのも安くて舞台に近い魅力的な席があったから。でも、きっといつか無くなるだろうと怖れていた通り、来年からはもうここには座れないので、複数回行くオペラはがくっと減るでしょうねえしょぼん



崔由姫さんは3月に代役で急遽眠れる森の美女でマシュー・ゴールディングと共演(→こちら
)。人気のナタリア・オシポワの代わりはプレッシャーだったでしょうが、立派に役目を果たしました。

がま口財布

切符代ですが、ROHに行けば行くほど平均が下がるので、今回も平均20ポンドでした。

一年合計50万円くらい使ったことになりますが、まあ、たまに旅行に行くくらいで他にあまりお金使わないですから、来年はもっと増えてもいいかなぁ? 


って、高い席を狙う覚悟大有り? 

うーん、私一人ならそうしても大丈夫だろうけど、トーチャンと二人分となると家計を圧迫するかもしれなくて、でも全く連れてってあげないのも可哀相だし、悩むところです。 

或いは、オペラは減らしてコンサートに切り替えるか?

         
いずれにしても、今後は回数が減るのは避けられないでしょうから、後で振り返ったら2014年はとても恵まれていたと懐かしむことでしょう汗


高田茜ちゃんは12月になんと昼夜2回もドン・キホーテのキトリ役を踊りました(→こちら )。この写真は元々彼女の番だった日のです。  


(尚、もう一人の日本人女性、金子扶美ちゃんは一昨年のドン・キホーテの主役で怪我をしてしばらく休んでましたが、今は元気になったようです。)

    

  
人気ブログランキングへ

AD

<29th Dec Sun>

6連休も今日で終わり、明日は仕事。でも明後日から又3連休!イエーイクラッカー イギリスで休みなのは元旦だけですが、いまや私はパートタイムの身になったわけですから、休みだらけニコニコ ブログも捗ります。

-------------------------------------------


2013年にオペラやコンサートに行った回数ですが、今年は100回でした。


昨年が110回(→こちら )、2011年が106回(→こちら )、2010年は101回(→こちら )、2009年は最高記録の113回(→こちら) でしたから、まあまあの年でしたね。


尚、数えたのは有料の生音楽パフォーマンスのみの回数で、無料コンサート、有料であってもインタビュー、オペラ説明会などは回数に入ってません。


カメラ写真は、今年最前列で聴いたテノールのリサイタル6件。名前をクリックすると、その時の記事に飛びます(去年は女性歌手のドレス姿を並べましたが、今年も同じにしようとしたら残念ながら良い写真がとても少なかったので仕方なく、黒ばかりで殺風景ですが野郎特集にしました)。

    

       ジョセフ・カレヤ 1月  (舞台からシャンペン、ありがとう!)


           
メモ100回の内訳ですが、学校まず、会場別に括ってみると、


ロイヤル・オペラ・ハウス 62回  (オペラ48回、バレエ12回、コンサート2回)

ウィグモア・ホール 12回 (歌のコンサート9回、ピアノ3回)

バービカン 11回 コンサート10回、コンサート・オペラ5回)

海外(ベルリン、ハンブルグ、ブダペスト、ブリュッセル) 6回 (オペラ)

サウスバンク 4回 (歌のリサイタル3回、コンサート4回、コンサートオペラ4回)

Middle Temple Hall 2回 (歌のコンサート)

その他ロンドン 3回(ミルトン・コート、カドガン・ホール、ウエストミンスター校)(ピアノ9回、歌1回)



と、例年通り、ROHがぶっちぎりのトップDASH!


    

       アントニーノ・シラグーサ 1月 (急な代役、ありがとう!)


将棋種類別だと、オペラ53回、コンサート・オペラ回、歌のコンサート17回、その他コンサート 11回、バレエ12回、で、歌モノに著く偏重カラオケ


わんわん尚、去年は初めてトーチャン分も数えたら49回でしたが、今年は面倒くさいので省略。でも、まあ同じくらいかちょっと多めってとこでしょう。


   

  ヨナス・カウフマン 4月 (忙しいのに来てくれてありがとう! でも、フローレスと同じ日にするなよなむかっ



   

ホァン・ディエゴ・フローロス 4月 (3回も来てくれてありがとう! カウフマンとクラウス君のせいで1回しか行けなかったけど)


手裏剣

フルオペラだけで53回と言っても、演目数にしたらおそらく半分以下で、また性懲りもなく、同じオペラに何度も行っちゃったうち、4回以上のをリストアップしてみましょう。


湖上の美人 5回 (フローレスとディドナート)

ラ・ボエーム 4回 (グリゴーロ2回、ポポフ1回、イリンカイ1回)

ドンカルロ 4回 (カウフマン)

ナブッコ 4回 (ヌッチ3回、ドミンゴ1回)

トスカ 4回 (アントネンコ2回、ジョルダーニ1回、ヨン様1回)


最多の「湖上の美人」は今年観た中で一番印象が強かったオペラで、最初は馴染みがなかったのでどうってことなかったですが、何度も聴くうちに大好きになり、今年のめっけものキスマーク 舞台となったスコットランドの湖にも行ったしね。

                     
   

    セルソ・アルベロ 9月 (しっとり甘いスペインの歌をありがとう!)

     

がま口財布

これだけ行けるのも切符代が安いおかげと日々感謝しておりますが、今年も引き続き熱意と努力で値段の割には良い席をゲットできて、高い海外遠征分を入れても平均は20ポンド。特にROHは高いフレンズ年間費を出す代わりに安い席を確保できるので、ROHに行けば行くほど平均が下がるというわけです(ROH平均は12ポンド)。

     

    

  トビー・スペンス 10月 (癌を克服して元気な姿を見せてくれてありがとう!) 



人気ブログランキングへ

<30th Dec Sun>

明日の大晦日は普通通り出勤し、お情けで少し早く退社させてもらえて夕方からバレエを観にいきますので、ちょっと早いですがここで年末のご挨拶を。

今年もたくさんの方に訪問して頂き、ありがとうございました。フルタイムで働きながら夜もしょっちゅう出掛けてる私にとってブログを書く時間を見つけるのは困難で、全部書くのは無理だし、ずっと後になって忘れた頃に記事にすることも多く申し訳ありません。来年はなんとか改善したいものです。

で、今年は一体何度オペラやコンサートに行ったかというと・・・

-------------------------------------------

       (カメラ写真は、今年のカーテンコールで全身のドレス姿が撮れた女性歌手たちを色別で)


2012年にオペラやコンサートに行った回数ですが、今年は110回でした。


昨年が106回(→こちら )、2010年は101回(→こちら )、2009年は最高記録の113回(→こちら)


いつも数えながら目標回数に向けてまい進する着物お出掛けとは違い、観劇は(エクセルで常時管理してるにも拘わらず)途中で回数は気にせず、最後に「どれどれ今年は何回行ったかな~」、と勘定するのですが、今年は結構多そうだ、となんとなく感じてました。大体同じくらいにしようと努力は全くしてませんが、要するに毎年フルにストレッチしてる結果がこれでしょう。


尚、数えたのは有料の生音楽パフォーマンスのみの回数で、無料コンサート、有料であってもインタビュー、オペラ説明会などは回数に入ってません。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

             シルバーコーナーは、ナタリー・デセイとジョイス・ディドナート



メモ110回の内訳ですが、学校まず、会場別に括ってみると、


ロイヤル・オペラ・ハウス 65回  (オペラ54回、バレエ10回、共同ガラ1回)

バービカン 15回 (コンサート10回、コンサート・オペラ5回)

サウスバンク 8回 (コンサート7回、コンサートオペラ1回)

ウィグモア・ホール 6回 (歌のコンサート5回、ピアノ1回)

English National Opera 4回 (オペラ3回、バレエ1回)

St. John's Smith Squire 4回 (全て歌のコンサート)

海外(ストックホルム、ミュンヘン) 2回 (オペラ)

Middle Temple Hall 2回 (歌のコンサート)

その他ロンドン(アルバートホール、サドラーズ他) 4回 (コンサート3回、ミュージカル1回)


と、例年通り、ROHがぶっちぎりのトップDASH!



将棋種類別だと、オペラ59回、コンサート33回、バレエ11回、コンサート・オペラ6回、ミュージカル1回で、コンサートも楽器よりも歌のコンサートの方が多い筈なので、かなり歌モノに偏ってますねカラオケ



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

        ブルーコーナーは、チェチリア・バルトリとローズマリー・ジョシュア


手裏剣

フルオペラだけで59回と言っても、演目数にしたらおそらく半分以下で、もまた性懲りもなく、同じオペラに何度も行っちゃったうち、4回以上のをリストアップしてみましょう。


ラ・ボエーム 6回 (カレヤ3回、アラーニャ2回、ヴィラソン1回。ボエーム・マラソンは来年も続きます)

リゴレット 5回 (グリゴーロ4回、メリ1回)

ラ・トラヴィアータ 4回 (ネトコのキャンセルによりヴィオレッタは大した人出ませんでしたが、テノールはグリゴーロとコステロが出たので我慢するか。偶然ペレスとコステロの夫婦共演も観られたし)

ドン・ジョヴァンニ 4回 (シュロット3回、フィンリー1回)

愛の妙薬 4回 (全てアラーニャ)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

              ブラックコーナーは、エレーナ・ガランチャとマリーナ・レベカ


がま口財布これだけ行けるのも切符代が安いおかげと日々感謝しておりますが、熱意と努力で値段の割には良いかぶりつき席をゲットした結果、高い海外遠征分を入れても平均は24ポンド。特にROHは高いフレンズ年間費を出す代わりに安い席を確保できるので、ROHに行けば行くほど平均が下がるというわけです。


わんわん尚、今年ははじめてトーチャンの回数も数えてみたところ、49回でした。ちょっと前まで、同じオペラに何度も行く私のことを呆れてましたが、最近は自分でも行くし(いまのところ2度だけですけど)、私抜きで一人でも行くようになったので、来年はもっと増えそうな気配。お金は掛かりますが、他に共通の趣味もない夫婦には良いことなんでしょう。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

           半端カラーコーナーは、アンジェラ・ゲオルギューとサリー・マシューズ

       




人気ブログランキングへ