万博その2

ロンドンに住む私たちにとってはクレージーな酷暑の中、8月17日と18日に二日続けて愛知万博に行った。この為にいつもは避けてる日本の夏に敢て来たわけで、やるのやらないのと言ってるときから注目していた万博、すごい人出で大変だと聞いていても行かなきゃね。


人気のパビリオンは予約しなくちゃ駄目だということは勿論知ってた。でも7月の中旬はただでさえ仕事が一番忙しい時期なのに、テロ発生で予定が狂って余裕なかった。それでも一応トライと思ってサイトを覗いてみたら、「よくあるQ&A]というところに、Q「ちっともアクセスできんぎゃ~!」、A「混んどるで気長に何度もアクセスしてちょ~。でもトライした方のほとんどが予約取れ~せんよ」なんて書いてあったので即メゲた。それに時差の関係で私は真夜中にやらなくちゃいけなかったわけで、無理無理。

今思えばトーチャンに任せればよかったのかも。英語でもできるでしょ、きっと? できるかどうか調べる暇もなかったけど。


というわけで、予約なしで行くとどうなるかというと、皆さんよくご存知のように「数時間並ぶ」しかないじゃない? ま、日本人にはそれが当たり前だし、それだからこそ有難味も増すというところもあるし、それもお祭り気分の楽しみの一つですらある。(実際、1970年の大阪万博では4時間待ちで見た月の石、思い出になってるのは並んだという事実の方だ)。 だから私もそうすればいいと思ってた。本でも読んでりゃすぐでしょ?

でもうトーチャンにはそれは信じられないことで、「20分以上並んで待つのは嫌だ」と宣言。ずっと前にディズニーで結構長く待ったことあったけど、あれで懲りたんだろうか。


だから万博に丸二日間いても、皆さんがご存知のものは何ひとつ見てない! こんな遠くからわざわざ行ったのにさ!


じゃあ何してたんだと、行ってない方は不思議に思うでしょうが、見るものやる事はたくさんあるのよ。会場はすごく広いし、パビリオンだけでも70以上もある。企業パビリオンとか日本館というマスコミに出てくるものは外から眺めるだけで全てパスすると、行き先は各国パビリオン。万国博覧会というコンセプトに一番合うといえば合う。

小さな国はほとんど「ただのお土産屋さん」であるところも多くて、圧倒的に多いのがアクセサリーの類。ネックレスやブレスレット、スカーフの問屋だと思えば、豊富な品揃えで素晴らしい。バッグとかもたくさんあって、あれだけ一度に見るとちがいもよくわかって女性には楽しいよ。中で私が見惚れたのはイラン館のカーペット。あれだけ細かく手の込んだものは滅多に見る機会がないと思うほど芸術品のペルシャ・カーペットがあった。どうせ買わないんだから、お値段は高い方が印象的。これって着物も同じね。

韓国館、ドイツ館、フランス館は待ち時間が長かったので無視したけど、それ以外の国パビリオンにはほとんど入って、二日間で46館を訪問。中には入って出るまでに1分しか掛からないところもあったけど。

「うちはお土産屋」と明らかな小国パビリオンは別にして、一応何か展示しようという気概を感じる中で最低だったのがボスニア・ヘルツゴヴィナ。写真パネルが3枚掲げてあっただけ。

下から2位はイギリスだな。小難しいコンセプトの庭がいくつかと、子供だましの機械だけで、結構広いのにエアコンで涼むための椅子すら置いてない。この会場内にはいくつか見事な庭もあるので、そんところにチンケなイングリッシュガーデンなんか持って来るのはアホや。


実はイギリス政府は最初参加はしないと決めたんだそうだ。お金の無駄だからって。でもそれじゃあ在英日本大使の面目丸つぶれだってんで、必死でスポンサーを探し、国のお金は一切使わないからということでやっと参加にこぎつけたらしい。という裏話を実際に回った人のスピーチで聞いた。万博応援のためと称する「愛知の会」というのをロンドンで大使ご列席で3回くらいやったときに。

だから最初からあまり気合が入っているとは言えなくて、それなら結果があれでも仕方ないかって思った。


逆に一番よかったのはイタリアということで我が家全員の意見が一致。目玉は「踊るサチュロス像」。7年前にシチリア沖で漁船に発見されたという紀元前のブロンズ像で、等身大の若い男性の躍動する姿が美しい。長い間海底で眠っていた2千年前以上前の芸術品にロマンを感じるし。

国外不出の貴重品をイタリア政府が今回特別に出品して下さってそうで、今後は見たかったらイタリアに来いってことのようです。この館だけは傘を持って入ってはいけないと言われたけど、これで壊す人がいたら大変だもんね(晴天でも傘を持ってる人は多くて、私も日傘代わりにいつも持って歩いてた)。

イタリア館内は全てがセンス良くまとまっていて洒落た雰囲気。ダサいイギリス館とはえらいちがい。ホワイトチョコレートを塗りたくった自動車というのもあり、万博のコンセプトからは外れてるだろうけど、おおっとつい写真撮りたくなる。二階にはおそろしくまともなカフェがあり、とても臨時掘立小屋の中とは思えない豪華で本物っぽい設えの中で、高いけど美味しいコーヒーとケーキを。

食べる処はたくさんあって、普段食べられない珍しいものを売ってるので何にしようか迷うほど。カレーっぽいものを食べてる人が多かったけど、そういうのはロンドンで食べられるので、私たちは衣付きのフランクフルトとかお団子、たこ焼きという日本食を中心に食べて、私の夕食は名古屋名物きしめん。これは名古屋でしか食べられないじゃん。この会場は日が暮れるととても涼しいので熱いきしめんを戸外で食べても大丈夫だった。

会場もリニモもすごい人出でうんざりだったけど、一応行ったということで、話題のものが見られなかったのは口惜しいものの、まあ仕方ないわねってとこでしょうか。近くに住んでいたら通し入場券買って何度も行く価値は充分あると思うけどね。

AD

ただいま

8月29日(月)


無事に予定通り帰ってきました。

セントレア空港でJAL成田行きに乗ったけど、JALの飛行機にエール・フランス,英国航空、アメリカン航空との合同フライトで国際線扱い。ガラガラだったけど。


しかし、セントレアの免税店のちっこいこと。頭動かさなくても全部一目で見渡せちゃう。日本で一番外国のブランド品が売れるのは名古屋だそうなのに。(締まりやの名古屋人がと意外なようだけど、結局わかりやすい価値を認めるという合理性かも。)

私はもちろんもうお察しとは思いますがブランド品には興味ないので(金もないし)、ブランド品が少ないのは全然構わないけど、お土産に名古屋名物のお饅頭とか買おうと思ったのにろくに売ってないの。雑誌とかの普通のものはゼロ。空港自体はやたら広くて無駄といえば無駄なスペースが嫌ほどあって、勿体無いような気分良いような。

今日は好天で機上からの眺めは素晴らしく、海岸線がくっきり。知多半島って上から見るとこんなに小さいんだ。富士山のてっぺんには雪が全然なかった。


セントレアから成田までは僅か45分で、お茶しか出ないけど、スチュワーデスがとても綺麗な人だった。浜崎あゆみを正統派美人にしたような顔で、英語の発音も抜群。秋山さんと仰るんだけど、こんな美しい人がビンボークラスのスッチーなんてね。最近JALのスッチーは「へえ、この程度でもなれるんか~」と思うほど並みの容姿の人が多い中で、稀にみる別品さんでした。


成田からロンドンまでは満員。映画は行きと同じでつまらなかった。


明日から早速出勤。山程仕事が溜まっているだろうなあ。


日本にいる間なるべくブログしたけど、万博はまだ「その1」で会場に入るまでの不平を書いただけだわね。中で何したか今週中に書けるかしら? 今までの記事に写真も追加する予定。


因みに、体重はいつも通りきっちり4キロ増えてた。しばらくジムに行く暇もないだろうし、着るものに困りそうだ。

AD

最後の日

8月28日(日)


日本最後の日は名古屋へ。友人ご一家とのランチとショッピング等。


名古屋のあちこちで「ど真ん中まつり」(略して「どまつり」)をやっていて、奇妙な衣装の人たちがたくさん歩いてた。これが全国的に知られているのかどうかは知らないけど、要するに30~40人で一緒に踊るんですが、コンセプトは盆踊りでノリは応援団って感じでしょうか、男女混合で、若い人たちばかりのグループや年寄り子供も混じってるグループもあり、衣装はほとんどが和風。色々工夫して凝った格好してるんです。その中で「越後獅子」のようなコスチュームの若い女の子たちが可愛かった。

皆で一緒に踊るってのはいいことです。


名古屋でポケモンパークに行ったり(うちの娘は17歳なのにまだ大好きなんです)、テレビ塔にまた上ったり、私はデパートで帯締めや帯揚げをまたいくつか内緒で買ってしまったわ。だって新品で500円なんだもの。このブログ、トーチャンは読めないので都合がいい。自分がネタにされてるのも知らないしね。


怖れていた真夏の日本、寝る部屋に冷房が付いていたから大丈夫だったけど、そうじゃなかったらどうなっていたことか・・。おかげで家族皆毎日元気に日本を存分楽しめました。

自動販売機の甘い飲み物を毎日たくさん飲んだので、これだけでもかなり太った。でも色んなのがあって、どれも美味しいし、楽しかった。もちろん他の食べ物もね。

ロンドンに帰って体重量るのが楽しみ。どれだけ太れるものか試してるんだから。

AD

8月27日(土)


常滑(とこなめ)は知多半島の真ん中にあり、今年2月に中部国際空港ができた陶器の街で、私が生まれ育ったところ。

今日明日は年に一度の焼きもの祭りなので朝から見物に。昔は陶器屋が数十件屋台でお茶碗売ってただけなのに、久し振りに行ってみたらものすごい大規模なイベントになっていてビックリ。大変な数の窯元や陶芸作家が品物を展示即売していて、信楽、有田、美濃焼きなども売っていて、ライバルの瀬戸焼きまであった。(常滑で瀬戸物と言っちゃあ駄目よ。あくまで「焼き物」だからね)。

会場は市営競艇場。入るのは40数年振りだけど、その広さに驚き。冷房で心地良いし、座るところもたくさんあり、今日は暑かったけど快適。

焼き物展示以外の行事もたくさんやっていて、私たちは舞台で邦楽演奏、警察ブラスバンド、マレーシア民族舞踊を見た。パトカーに無料で少し乗せてもらえるサービスもあったので参加。もちろん警察官の運転手付き。こんなチャンス無いもんね。あったら大変だけど。

何十年振りの知り合いにばったり会ったり、「この顔は子供のとき見たことあるなあ」と思う人が結構いて、皆一足飛びで中年になってしまって、妙な気持ち。

夜は花火大会。実は新空港に近すぎるので花火はやっちゃ駄目と言われてそうなのだが、市民の抗議で特別に許してもらったそうだ。何箇所かから眺められるので、近くで見ようと私たちは港へ。何百人かがお行儀よく地べたに座り、涼しい潮風の中で歓声を上げながら一時間、夏の終わりの風情を味わう。

空港をバックに飛行機の離着陸も見え、目の前の海面に花火も映って雰囲気は抜群。キッコロ(万博のキャラクター)の形をした花火もあり、二千発というのは花火大会としての規模はさほど大きくないかもしれないけど、とても近くで見られたし、今回2度目の花火を存分に堪能。(ディズニーシーでも花火あったけど、5分だけだったので勘定に入らない)


13日の東海市の花火見物で始まった私たちのホリディ、この花火が終わるともう後僅か。明後日の便でイギリスに帰国。新空港から飛ぶのが楽しみ。成田で乗り換えだけどね。

8月26日(金)


娘時代の着物や帯をいくつかロンドンに持って行こうと思い、行李の中を覗いてみる。そうしたら、昔自分で縫った浴衣が3枚も出てきた。忘れてたけど、可愛い半幅帯もあって、な~んだ、ロンドンからわざわざ持って来なくてもよかったし、今回持ってきて3回着た浴衣よりもずっと素敵なのがあったじゃないの。残念。

浴衣は持っていかないけど、着物と帯を、娘時代のものばかりだからド派手だけど、まあロンドンでなら着る機会があるかもしれないし、これでまたせいぜいオペラハウスに着て行こうっと。


しかし、今日は暑かった~。35度だったそうだけど、炎天下歩いているとクラクラしてくる。


で、なるべく涼しいところにいようと、実家の近くで午後中ショッピング。100円ショップも感激モノだけど、食料品コーナーは見るだけで楽しい。日本に住みたいと思うとすれば、それは絶対食べ物がその魅力のナンバーワンだ。あらゆるものが種類がたくさんあって、みな美味しそう。いいなあ~。


しかし、食べ物は日本に軍配上がるけど、夏の気候はロンドンが絶対いいわ。涼し過ぎて夏らしさがなくても、この異常なクソ暑さに比べれば天国。


明日はまた花火。