<15th June Thus>

昨日はピッカピカの晴天だったのに結局夕方まで家でのんびりしてからオペラへ。今日も快晴ですが、ムスメが遊びに来てくれるので、又ずっと家でごろごろかも。せめて庭で日向ぼっこでも。

----------------------------------------------

バレエばかりではナンですので、6月8日のバービカンのLSOコンサートの写真をアップしましょう。ビジュアル面も重要なユジャ・ワンがゲストピアニストですから。

 

Brahms Piano Concerto No 2
Nielsen Symphony No 5

Michael Tilson Thomas conductor
Yuja Wang piano
London Symphony Orchestra

 

赤み掛かったゴールドのドレス、すれすれ以上に切り込みが入ってて、しかも後姿で下着のラインも見えないので、「えっ・・、まさかおーっ!、」、と最前列ど真ん中から見上げる私はカーテンコールでドギマギしちゃいました。演奏中も目の前に太ももが露わになってるのでどうしてもジーッと見ちゃうし・・・目

 

いつも目を引くセクシーなドレスと高~いピンヒールの中国人のユジャ嬢は、それだけでキワモノ扱いされちゃいそうですが、ピアノの腕前はたしかで、難しいブラームスを、楽々にとは言いませんが、一生懸命弾く姿は真摯でけなげ。

 

来年6月5日のバービカンのリサイタルはまだ曲目が決まってませんが、とっくにかぶりつき席を確保してあるので楽しみです。まだ切符たくさん残ってますから、どうぞ(→こちら)。

2014年のバービカンでのリサイタル(→こちら)も素晴らしかったですが、その時は同じ席で15ポンドだったのに、知名度も上がって来年は35ポンドですけど。

 

12月19日にWigmore Hallでヴァイオリンのカヴァコスと共演するコンサート(→こちら)の切符もまだ結構残ってますよ。

 

    

 

 


クラシックランキング

AD

<23rd Apr Sun>

誕生日ケーキ今日は私の誕生日。イングランドの守護聖人である聖ジョージの日St. George's Dayなのになかなか祝日にはしてもらえませんが今日は幸い日曜日なので、今朝はロンドンマラソンをテレビで観ながらのんびりしてます。午後は寒いけど近所の公園で桜がまだ残ってるかどうか見に行ってから、夜はムスメたちと一緒にディナーですが、その前に一昨日のコンサート記事を。

---------------------------------------------

4月21日は、ROHのオネーギンの素晴らしいレンスキー(→こちら)でファンになったアメリカ人テノール、マイケル・ファビアーノのウィグモア・デビューのリサイタルでした。まだ知名度が低いので最前列かぶりつき席が取れてずっと楽しみにしてましたが、期待通りの素晴らしさでした拍手

 

Michael Fabiano tenor

Julius Drake piano

 

Henri Duparc (1848-1933)

Le manoir de Rosemonde

Lamento/La vie antérieure/Chanson triste/Extase/Elégie/Phidylé

Franz Liszt (1811-1886)

Oh! quand je dors S282/Comment, disaient-ils S276/Enfant, si j’étais roi S283

Interval

Giacomo Puccini (1858-1924)

Inno a Diana/E l'uccellino

Arturo Toscanini (1867-1957)

Spes ultima dea/Il pescatore

Giacomo Puccini

Terra e mare

Arturo Toscanini

Donna, vorrei morir

Giacomo Puccini

Mentìa l'avviso

Samuel Barber (1910-1981)

Rain has fallen Op. 10 No. 1/Sleep now Op. 10 No. 2/I hear an army Op. 10 No. 3

 

アンコールは3曲で、オネーギンのKuda Kuda、RシュトラウスのZueignung、トスティのカンツォーネ。

 

うーん凄い!、と唸るほど上手!! まだ32歳なのに、なんという立派な声量と確かなテクニックビックリマーク 

フランス語の優しさは欠けたような気がしたし歌曲でも全てオペラのアリアみたいでしたが、最前列の私はストレートにパワフルな声のパンチを浴び続けて至福の時でしたラブ 

一流オペラハウスに出まくってるのは当然だし、なんでも歌えそうなので、将来はトリスタンとかやってくれないかなあ。理想的には次のトリスタンはフォークト様で、その次がファビアーノね。個性的な顔と坊主頭のファビアーノ、カツラ被れば精悍な感じで素敵だし。

うんと早く着いたのでリハーサルも扉の外からたっぷり聴けて得した気分でしたしね。45分くらい本気で歌ってましたよ。

ROHの来シーズンのオープニングを飾る新プロダクションのラ・ボエームに出てくれるので楽しみです。

 

終了後はグリーンルームに一番乗り。底抜けに明るいアメリカンのおにいちゃんと言う感じでサービス満点のファビアーノは好感度大。

もうすぐROHで始まる「皆殺しの天使」に出るアン・ソフィ・ヴォン・オッター、ドン・カルロのブライアン・ハイメルも来てて華やかな雰囲気でした。大男の英国人バスのマシュー・ローズが私と急遽いらしたPrimroseさんとファビアーノのスリーショットを率先して一生懸命屈んで撮ってくれたのですが、ごめんね、イマイチだったのでボツべーっだ!。 今日は私一人のつもりでファビアーノと一緒に写真を撮れるとは思ってなかったのでこんな格好ですが、ツーショットできて幸せ。

 


クラシックランキング

AD

<11th Apr Tue>

ヤッホー、明日からイースター4連休を含む6連休OK。いえ、別に会社で嫌なことがあるわけではないですけどね、やっぱり嬉しい。 で、リタイヤして毎日が日曜日になったら、どういう気持ちなのかしらん? などとあれこれ考えるビミョウなお年頃ですわんうーん

---------------------------------------------

4月3日はウィグモア・ホールでシチリア人テノールのイヴァン・マグリのリサイタルがありました。権威あるウィグモア・シリーズの一環ではなく、辻井伸行さん同様、ホールを借りただけですが。

弁護士の道楽で歌のリサイタルを企画して下さるローゼンブラット氏のシリーズですが、はい、これがトーチャンが「rusty brass(錆びた銅)」と形容した(トビー・スペンスのshining gold光り輝くゴールドに対して)テノールです。

 

Ivan Magri tenor

Iain Burnside piano

 

Vincenzo Bellini (1801-1835)

Malinconia, ninfa gentile

Ma rendi pur contento

Gaetano Donizetti (1797-1848)

L'elisir d’amore/Una furtiva lagrima

Il Duca d'Alba / Angelo casto e bel

Giuseppe Verdi (1813-1901)

I Lombardi alla prima crociata / La mia letizia infondere

Rigoletto / Parmi veder le lagrime / La donne è mobile

Interval

Jules Massenet (1842-1912)

Werther / O nature pleine de grâce / Pourquoi me réveiller

Paolo Tosti (1846-1916)

A vucchella / La Serenata / L'alba separa dalla luce l'ombra

Ernesto de Curtis (1875-1937)

Non ti scordar di me

Stanislao Gastaldon (1861-1939)

Musica proibita Op. 5

Giacomo Puccini (1858-1924)

La bohème / Che gelida manina

アンコールはオー・ソレ・ミオ

 

ローゼンブラット氏の選択眼を信用して、ろくに歌手について調べないでかぶりつきを買ってしまったのですが、ま、たまに外れるのは仕方ないとしても、カーテンコールの様子を見ていつものように嬉しそうなローゼンブラット氏の笑顔は職業柄得意であろうお芝居? それとも観客の盛り上がりを見て素晴らしかったのかと錯覚? はたまた大量に余った切符を顧客と弁護士事務所の職員にばらまいて「カーテンコールで盛り上げるように」と命令したおいたのが上手くいった満足感? それとも騒いでたのはマグリの親衛隊?

そうなんです、深く音楽を愛する爺婆のウィグモア常連とは全く違う種類の客からヤンヤの喝采が飛びまくったリサイタルだったんです拍手。 なので本人はとても嬉しそうでしたが、濁ったダミ声で、しかも小さなホールだということを無視したでかい声、更に音程も外れまくった歌を誰よりも近いところから聴き続けなくてはならなかった私の身にもなって下さいよぉ・・・ゲッソリ

最後の方はそれでもかなりクリアな声になったので、最初は調子が悪かっただけかもしれないけど、「早く終わってくれないかなあ・・むっ、これ私の好きな歌なのにイメージ崩れるわあ・・プンプン」、とか苦しみながら聴くコンサートというのも滅多にないですよ。 

 

などとぶつくさ言う割には終演後に一番乗りで舞台裏のグリーンルームへ。折角着物なんだしトーチャンという2ショット用写真係も連れてるので、着物を着る機会が与えられただけでもよかったと思うことにしましょう。

ご覧の通り小柄で舞台映えしそうもない上に(カメラ写りは良いけど)、ウィグモアホールにはそぐわない派手なデザインの光る素材のスーツで、いかにも暑苦しいシチリア男アセアセ

 

そう言えば、「東京文化会館で歌うんだよ」と嬉しそうに言ってましたが、4月16日のこれですね(→こちら)。 ま、他の歌手も出るし値段も馬鹿高くはないし、それにたまたま私が聴いた日だけ調子悪かったのかもしれないし、既に切符持ってらっしゃる方は覚悟して楽しんで下さいませ。

 

などと、実は他人ごとではないのですよ、私もショボーン。 彼のROHデビューの切符が買ってあるわけですから。 6月の愛の妙薬はロベルト・アラーニャとロランド・ヴィラゾンなのですが、一日だけマグリの日があって(→こちら)、期待が高かったので割と良い席を奮発してしまった・・。 このリサイタル後に即刻リターンしたけど、勿論この日が一番売れ行きが悪いわけで、売れるかしら? 来シーズンはROHのリゴレットにも2回だけ出るので(→こちら)、間違えてその日の切符は買わないようにせねば。

 

しかし、オペラ歌手は要するに好き嫌いですから、こういう男らしくワイルドなテノールがいいわ、と仰る方もいるでしょう。 ローゼンブラットさんはいつものようにきっとこれをYoutubeにアップしてくれるでしょうから、ご興味あればどうぞ。

 


クラシックランキング

AD

<1st Apr Sat>

溜まってる他のネタをすっ飛ばして、今日の午後のリサイタルのことを感動の余韻に浸りながら先に書きたいですドキドキ       カメラ小さい写真はクリックで拡大します。

--------------------------------------------

 

 

盲目のピアニスト辻井伸行さん、去年4月のショパン尽くしのリサイタル(→こちら)に続いてのウィグモアホールでのリサイタルでしたが、安定した驚異的なテクニック、エネルギッシュでありながら優しく暖かく魅力的な音色、彼の人生が滲み出るような情感に溢れた素晴らしい演奏で、横顔と指を見ながら感動して涙が出て、20年近くロンドンで一流ピアニストを数多く聴いてきましたが、その中でもベストなコンサートになりました拍手 観客のほとんどは日本人で、知り合いもたくさんいましたが、涙を流した人がほとんどだったのも当然です。

 

 

 

 

Johann Sebastian Bach (1685-1750) / Italian Concerto in F major BWV971

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) / Piano Sonata in B flat major K570

Ludwig van Beethoven (1770-1827) /

Piano Sonata No. 14 in C sharp minor Op. 27 No. 2 'Moonlight'

Piano Sonata No. 23 in F minor Op. 57 'Appassionata'

 

休憩無しでこの4曲、特にベートーベンの月光と熱情ををぶっ続けに弾くだけでも凄いですがDASH!DASH!、その後アンコールとしてベートーベンの悲愴第二楽章、お馴染みのラ・カンパネラ、ショパンの別れの曲を演奏してくれて、午後1時から休みなしの1時間半、ハイライトはやはりベートーベン。去年のショパンよりもずっと良くて、若い辻井君はまだ発展中なのでしょうアップ

 

   

 

   

これを最前列で聴けたのはこよなく幸せでしたが、悲しい気持ちにもなった点もあります。 それは、折角こんな凄いピアニストがロンドンのしかも音楽通が集まるウィグモア・ホールで弾いてくれてるのに、耳の肥えたウィグモアの常連さんたちには知られずに過ぎてしまうことで(このコンサートはウィグモア自身が企画するシリーズではなく場所だけ借りてるだけなので、常連さんには注目されないのです)、海外在住で滅多にコンサートに行かない日本人に聴いてもらうのも勿論意義あるのですが、日本人とか盲目とかいうことは超越して、普段私が一緒に音楽を楽しんでるロンドンの音楽ファンの皆さんがこれを聞き逃してると思うと残念で溜まりません。 売れっ子の彼は何度も出来ないというのであれば、沢山の人に感動を与えるためにもっと大きなホールでやって下さい。 いまだに今は無残なかつての巨匠とか出てるサウスバンクのピアノシリーズとかでね。 しかし、折角4年前にプロムスに出て(→こちら)テレビ中継までされたのにイギリスでは後が続かないのはここで売り出そうという気がないからでしょうか? だとしたら、残念しょぼん

 

尚、このAvexリサイタルシリーズはあと2回あり、6月17日の三浦文彰さん(→こちら)と7月22日の樫本大進さん(→こちら)という二人のバイオリストです。私は樫本さんの切符買ってありますが、そう言えば余裕がなくてバイオリンのコンサートにずっと行ってないなあうーん

 

 

 


クラシックランキング

<31st Mar Fri>

はあ~、あっと言う間に3月が終わってしまいましたショック!。今月はオペラ5回、バレエ3回、コンサート5回、計13回行ったのですが、マルタ旅行のことを書くのに時間を取られてまだ5回分しかブログにアップ出来てません。全部は無理なのでどれを捨てるか迷いつつ、まずは2回分一緒に出来るものはまとめてしまいましょう。(マルタ島旅行もまだあと一回残ってます。着物お出掛けやお花見も・・)。

----------------------------------------------

今月は大好きなノルウェイ人ピアニストのアンスネスがロンドンで2回弾いてくれました。リサイタルでないのが残念ですが、良い写真も撮れたので備忘録として。

 

13月14日はカドガン・ホールで指揮もしながらモーツァルトのコンチェルトを2曲。

 

Norwegian Chamber Orchestra

Leif Ove Andsnes, piano/director

 

Prokofiev Symphony No. 1 (Classical)

Mozart Piano Concerto No. 20 in D minor

Mozart Piano Concerto No. 22 in E flat major

Grieg Holberg Suite

 

最初のは勿論上手なんだけどアンスネスらしいキラキラ感がなかったけど、2曲目は独特の透明感がやっと少し出たかな。彼の向いてる筈のモーツァルトだから期待が高過ぎたせいか、ちょっと残念。でも、一時ベートーベンばかり弾いてたけど、それは終わり、何故かベートーベンには惹かれない私は嬉しいです。

 

 

アンスネスといつも共演するNorwegian Chamber Orchestra、彼らだけで演奏した2曲の時はなんと指揮者がいないだけではなくて暗譜でした。オハコと言うべきグリーグのホルベルク組曲は当然だとしても、プロコフィエフのシンフォニーまで音符無しとは、人数が知れてるとは言え、凄いです。 チェロとか以外は立ったままで楽しそうに体を揺らしながらで見てるこちらも乗りがよくなるし、北欧らしくすらっとした美しい団員(特に女性)が多いのでビジュアル的にもうんと楽しめました(残念ながら、一番綺麗な金髪美人が他の人に隠れてしまいましたが)。

 

 

23月30日はWigmore Hallで仏系カナダ人のマーク・アンドレ・ハムリン(ここでは英語発音にしときます)とのピアノ・デュオ。私の席は舞台横の一番隅っこという下から2番目の席で25ポンド(一番高いのは50ポンド)、前半はアンスネスがこちら側、後半は交代してハムリンがこちら側となり、二人の後ろ姿と手の動きを見ることが出来ました。

 

Leif Ove Andsnes piano

Marc-André Hamelin piano

 

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) /

Larghetto and Allegro in E flat major K.deest (completed by Paul Badura-Skoda)

Igor Stravinsky (1882-1971) /Concerto for two pianos

Claude Debussy (1862-1918) /En blanc et noir

Interval

Igor Stravinsky /The Rite of Spring (for piano duo)

Stranvinsky Tango, Circus Polka

 

二人だと迫力も倍だし、さすが一流の二人、モーツァルト、ストランヴィンスキー、ドビュッシーという変化に富んだ演目をそれぞれの特徴を生かしながら見事な演奏でしたが、圧倒的だったのはやはりストランヴィンスキーの春の祭典。 重くて前衛的な難曲ですから、これは並みのコンビにはとても弾けません。 アンコールはそれに比べたら軽やかなストランヴィンスキーを2曲(でも、これに合わせてタンゴは踊れないでしょう)。

この舞台横席、ピアノの場合は音が良く聞えて且つ安いのが魅力なだけでなく、聴衆の反応が見えるのも面白いので、これからもちょくちょく行くことにしましょうかね。

 

むかっなんなのよ、下から見上げるのと後ろからとひどい角度ばかりで、これのどこが良い写真なのよ!、とお怒りの方、お待たせしました。 はい、この通り、最後にWigmore Hallの舞台裏のグリーンルームでしっかり撮れました。

       

 


クラシックランキング