日本から帰って来てから3週間以上も経って、やっと最終日の日記に辿り着きました。

読むほうは「今頃かよ!」と思われるでしょうが、書いているとあれこれ思い出が蘇ってきて、楽しい時を過ごせました。




<12月3日(日)>晴れ今までで一番寒い日でした


東京では5日間連続で毎日12時間以上着物を着ていたという、自分でもびっくりの記録を作りましたが、最後の日は、着物お出掛けの横綱とも言えるイベントが用意されていました。




            


新橋から歩行者天国の銀座を歩いて着いたところは、



  


将棋歌舞伎座でございます!



着物で歌舞伎座なんて、私みたいな初心者は大いにビビるのですが、大丈夫、ちゃんと着物達人の同伴者ありでした。


ご一緒して下さったのは、きらら♪さんporscheyukoさん


お二人ともミクシーの「ロンドンで着物」コミュのメンバーで、去年ロンドンにいらしたときに一緒に着物でお出掛けした方々です。別々にいらしたので、お二人はこの日が初対面ですが、着物だけでなく、お二人ともよく詳しい歌舞伎の話ですぐ打解けて、楽しくお喋りしながら女三人の贅沢な時間が持てました。



  
  
             左から、きらら♪さん、私、porscheyukoさん



   

porscheyukoさんは牛首紬に城間さんの帯         私は又この組み合わせ



切符は成田屋ファンクラブの会員でいらっしゃるきらら♪さんに切符を手配して頂いて、前から10列目の花道の隣。ここにはよくいらしてるお二人によれば、この日は着物の人は少なかったそうですが、それでも何十人はいて、楽しませて頂きました。




ヒマワリ午後4時半開始の「夜の部」の出し物は、


神霊矢口渡」(しんれいやぐちのわたし)、「出刃打お玉」(でばうちおたま)、「紅葉狩」(もみじがり)の三つ。


私は歌舞伎座はこれで5、6回目で、その他ロンドンでも2回観ているのですが、いまだに初心者なのでもちろん聞いたこともない演目ばかりだし、その上予習する余裕がなかったので、知識ゼロで現地入り。


しかし、歌舞伎座にはイヤホンガイドという強い味方があり、ストーリーやみどころを説明してくれるので、ほんとになーんにも知らなくても大丈夫。(オペラにもこういうのは可能かしらね~?)


だけど、こればかり聞いてると、生の音楽や役者の声が聞けないので、何度もイヤホンを付けたり外したりせわしないことおびただしいのが問題。



無知な私ではありますが、ざっと感想を述べさせて頂きますと、



神霊矢口渡

尾上菊之助がキレイで上手な女形でした。松也君という若手もチャーミング。


惚れた男が自分の父親に殺されると知って身代りになる若い娘(菊之助)、ってヴェルディのオペラ「リゴレット」とそっくりなのですが、平賀源内作の浄瑠璃が元なんだそうです。

(平賀源内というと、35年前のNHKのテレビドラマ「天下御免」を思い出してしまう私です。山口崇が素敵だったし、私が似てるとよく言われる中野良子の出世作。)



出刃打お玉

こちらは菊之助のとーちゃん菊五郎主演。

かつてはナイフ投げ曲芸をしていた女性が今は女郎になり、敵討ちを手伝う人情話。

彼女が敵討ちの28年後にシワくちゃ婆さんになって出てくるのですが、最初が40過ぎの中年女郎で次が70歳くらいと思ったら、お婆さんは「アーア、私も53歳になっちまったよ」なんて言うもんで、「エーッ! いくらなんでもそれはないでしょう!」というどよめきがいっせいに起こりました。観客のほとんどが中年女性ですからね。ま、人生50年と言われたことはそんなものだったのかも。今はちがいますよね(ですよね?、ね?!)


それにしても、菊五郎さん、いまだにNHK大河ドラマで源義経を演ってた頃のような若々しい顔写真を使ってるんだけど、素顔は一体今どうなってるわけ? 舞台だとでっぷりした四頭身なんだけど。


紅葉狩

お芝居だけでは物足りないからやっぱり鳴り物で華やかに音楽も聞かせてくれなくちゃ、と思う私にはこれがこの日のメイン。


まず、イヤホンガイドで「常磐津、清元、長唄の三種類が一緒に登場する珍しい歌舞伎です」と説明があったので、楽しみだったのですが、どれもそっくりで私には微妙な違いが理解できませんでした。


ビジュアル面は最高で、広い舞台いっぱいの真っ赤な紅葉はあっと驚く程鮮やか。

そこに、あんみつ姫のような赤い振袖とキンキラ簪の市川海老蔵が踊り出てくると、観客から「ハアーっ」という溜息・・・


待ってました、おかま姫!


ロンドン公演 の「藤娘」でもそう思ったですが、女形にしては海老様は逞しすぎて、どうしてもおかまの女装にしかみえません。まあそこがひねった魅力と言えなくもないのですが・・・。


しかし、これは藤娘のように海老様の女らしさを見せるためではなく、上品でキレイなお姫様の正体は実は怖ろしい人食い鬼であり、おしとやかな舞いから徐々に荒れ狂う鬼女に変化する様を表現するのが見所。

お姫様の表情が時折一瞬にして険しく変化するのが、海老様のあの美しい顔ですから、迫力ありました。


でも、後半は衣装もメイキャップもがらっと変えて鬼のくまどりにしてしまい、ずっと醜い鬼女で暴れまくる海老様はこちらの方があきらかにお得意で上手なのですが、あれでは折角の美男子ぶりが生かせないわけで、なんだかがっかり。

2、3年前に歌舞伎座に玉三郎を見に行ったのに、老婆の役でがっかりしたことを思い出しました。オペラ歌手にはルックスを求めないけど、歌舞伎役者にとっては美貌はもっとも大切な素質であるとまだ思っている初心者の私です。


この「紅葉狩」は、来年3月の成田屋パリ公演での出し物の一つだそうです。

海老様だけでなく、お父さんの団十郎も出るガルニエ・オペラ座の公演、華やかなイベントになるでしょうねえ・・・ ほんのちょっと行こうかしら、とも思っている私。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



ふーっ、これでやっと日本滞在記が書き終えました。

お天気にも恵まれ、懐かしい人、初めてお会いする人、皆様楽しい時をありがとうございました。



                   富士山初日の出 人気ブログランキング 雪だるま

AD

日本滞在記もあと少し。思い出しながら書くのは楽しいのですが、先を急ぎましょう。 写真はクリックで拡大します。


<12月2日(土)>晴れ


この日のアポはランチと夕食だけでしたが、お酒も飲んで騒いでも大丈夫なように洗える着物にしました。そうすれば守るのは帯回りだけですから、うんと気が楽。


sachikoさんにお会いした日 に、「今回のテーマは洗える着物の調達なんです」とお話したら、すぐにご自分の着物を3枚も宅急便で届けて下さったうちの一枚なのですが、さすがsachikoさんのお召し物、洗える着物にはとても見えず、皆さんから素敵な紬ねと誉められました。


帯は、泊めて頂いてる友人から借りたウンガロ前日の着物巡り のK子さんのウンガロ帯と姉妹で色違いをお持ちなのですが、この姉ウンガロは明るい濃ピンクの無地で、シャキッっと締め具合も抜群。K子さんから辛子色の帯締めも借りて、昨日までの仰々しい友禅小紋とはコロッと変わって気軽な街着になったでしょ?sachikoさんとご姉妹に感謝。


        毎日銀座に来てるわね



ナイフとフォーク

まず、このブログによくコメントして下さる「ねこまさん」のアレンジで、銀座8丁目にある懐石 川端 に7人集まりました。 

掘り炬燵の個室で頂く懐石料理は何コースあったのかしら、目にもご馳走の美しいお料理が次から次へとすごい皿数。今回は懐石料理を頂くことが多かったのですが、こうやって少しづつ凝ったものが多種類頂けるのが私には一番ありがたいです。


12時前から始まったランチが終わったらなんと4時過ぎでしたが、そんなに時間が経ったとは思えないくらい会話が弾んであっという間でした。


メンバーは、ねこまさんの友人お二人、ねこまさんの美人で優秀なお嬢さん、ちょうど東京にいらしてたブログ仲間で関西にお住まいのmegumiさん、私の学生時代の友人。初対面同士が多かったのですが、皆さん興味深い方ばかりの上、ねこまさんの暖かなお心遣いとリードで、多岐に渡った話題で盛り上がりました。



↑ 左から、Tさん、megumiさん、私、ねこまさんのお嬢様、ねこまさん、Sさん




              はーい、帯も見せて下さいね




            

注目は、Sさんの刺繍紋。可愛い猫ちゃんに鈴まで付いている楽しい遊び心。

ご自分で刺繍なさったのですよ。光沢のあるグレーの紬の裾にはリボンの刺繍もいくつかあり。粋に結んだ帯も素敵で、こういうユニークなお洒落ってとても印象的。




お酒ビール

夜は新宿の高層ビルで高校の関東支部ミニ同窓会。今回は私が日本に来るのに合わせてくれたのです。

今回たくさんあった新しい出会いも素晴らしいのですが、昔の同級生というのは時間的広がりがあってまた格別。


昔の知り合いと話すと、「人間変わらないもんだわ」と思うことが多いのですが、今回は「へえーっ!」と思う男の子がいて、大人しかった彼が東大出て官僚になり、まるで噺家みたいになって大爆笑! お役人に話術は必要なんでしょう。


もう一人、和服の女性がいました。着物が私だけでは淋しいだろうと、着物で着てくれたのです。知らなかったけど呉服屋さんの娘さんだった彼女は素敵な黒の大島を着ていて、写真だとよく見えないけど、手書きの帯はアートです。



  


5時半から14人でワイワイやっていたら、二次会にも行かないのに11時近くになってしまった楽しい夜でした。


今日は二箇所でお喋りしていただけですが、これこそ家族がいたらできないことですから、一人で日本に来たときの最大の楽しみとも言えます。




        しょぼん日本にいられるのも淋しいかなあと一日だけですが、

             ニコニコ明日は東京着物遊びの最後を飾るトリともいえるイベントが待ってます。


                  

                                さくらんぼ人気ブログランキング   さくらんぼ

AD

義父の死亡で中断しましたが、また日本滞在日記に戻ります。


<12月1日(金)>晴れ

前日前々日 の銀座高級呉服屋さん巡りは最初から目の保養だけのつもりでしたが、


今日はちがいますよぉ。


お財布に一万円札が4、5枚入っているのを確かめて(スケールちっちゃ~しょぼん)、リサイクル着物屋さんめざして出撃!


特攻隊メンバーは5人。

ロンドンで知り合った着物仲間2人が案内役で、私が泊めて頂いている友人姉妹ですが、お姉さんの方は(今のところ)特に着物にご興味ないとのことで今日はお洋服で参加。


レストランの外は「ブラームスの小径」って言うんですって



私は名古屋で買ったサーモンピンクの洗える着物と黒地の乱菊の帯。

黒い大島に赤い羽織の着慣れた姿はRさん。

絞りの羽織は9月にロンドンで一緒に3日間着物三昧したMちゃん。

友人の妹K子さん(一番右)は6年ぶりの着物だそうですが、とても上手な着付け。彼女の灰色掛かった赤い無地の帯はなんとウンガロだそうです。一昔前にウンガロが着物や帯を手掛けいたとは知らなんだ。

ナイフとフォーク

腹が減っては掘り出し活動に集中できませんので、突撃前に原宿ルセーヌ館 という結婚式に人気のフレンチレストランで早めのコースランチを頂きながらお喋り。奇妙キテレツな少年少女が闊歩する竹下通りから一本脇にそれただけでこんな静かなヨーロッパの香りのする洒落たお店があるなんて!リーズナブルなお値段で豪華にゆったりできます。 


それに、こういう西洋風のところこそ着物が映えるんです。日本料理屋さんでこんな格好してたら仲居さんに間違われるのがオチですけど。(後でまさにそれが起こったんです)


クリックして新しい帯をよく見てね~♪


まずはこのすぐ近くの「壱の蔵」へ。

Rさんはここの社長と知り合いでもあり、色々奥から出して見せてくれました。2時間近くはいたでしょうか。質量ともなかなかで、「いいわねえ、これ。」というものもいくつかありました。だけど、去年行ったときよりも随分お高くなってしまっていて、名古屋のコメ兵を知る私にはとても手を出そうとは思わないお値段。

で、長い間いたわりには全員が戦利品ゼロ。



電車

じゃあ、もう一軒行きましょうってことで、目黒の「時代布と時代衣装 池田 」に移動。ここは昔の着物コレクターとして有名な池田重子さんのお店で、池田さんご本人もお店の中にちょこんと座ってらっしゃいました。最近「徹子の部屋」に出演なさったそうですね。


小さなお店ですが、天井までの棚にびっしり物が積んであり、店員さんも親切。私たちはキャーキャーと物色し、お店を出るときには全員「池田」の紙袋を下げてました。


私は果たしてスーツケースに収まりきるかどうかかなり心配だったし、どうしても欲しいというものが見つからなかったので、帯揚げと帯締めをいくつか買っただけですが、MちゃんとK子さんは着物をお買い求めになりました。


こういうところに数人で行って、「んまあ、それ素敵!絶対いいわ~」と口々に言われたら、そりゃ買っちゃうわよね。


優しい色柄がよく似合うMちゃんには椿柄のピンクの綸子



長身ですらっとしたK子さんは白とグレーの大きめの市松小紋を迷いながらもポンと購入。こういうとき止めてくれる冷静なお姉さんが先に帰ってしまいましたからね。


お二人とも、お手頃な値段で、まるで彼女たちを待っていたかのような理想的な着物を手に入れたのはラッキーだったと思います。よかったね~。


お酒

夕食は銀座の日本料理。

日本食はもちろん食べたいけれど、こんな格好で日本レストランに行けば、そりゃ仲居さんと思われても仕方ないわけで、まあそれも半ば面白いので、誰かまちがってくれないかしらと思っていたら、ホントに起こりました! これで私も慣れた着こなしに見えたってことで自慢していいですよね?


誤解して下さったのが一緒にご飯食べる知り合いだったってのが予想外でしたけど・・・・汗



       

                 ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* 人気ブログランキング  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

AD

今更日記は続きます。思い出して又楽しめるので、私は嬉しいです。 (写真はクリックで拡大します)



<11月30日(木)>くもり曇り


東京着物三昧は始まったばかり。


このブログにもよくコメントして下さるいしのすけさんがアレンジして下さって、着物姿で4人揃いました。

早めのランチを「和久多」さんで頂きながら、「初めまして~」のお喋り。私は皆さんと初対面でしたが、着物の話やあれこれですぐに打ち解けてワイワイと。



(左から)つかささん、いしのすけさん、私、神奈川絵美さん


  

つかささんはエメラルドグリーンの作家ものの紬とこれも作家ものの華やかな帯、いしのすけさんはお祖母様の白大島とカトレアの帯(私が絶賛した組み合わせを選んでくださったのです)、神奈川さんは琉球絣に花織の帯。

私だけちょっと仰々しいいでたちですが、正絹はこれしかないので悪しからず。



それぞれに個性的でサマになる皆様



ランチが終われば、呉服屋探検隊の出動



つかささんはご用がおありだったのでここでお別れし、3人でまず「みとも」さんへ。ここは呉服屋さんではなくまるでアートギャラリーで、作家さんの着物が陳列されてます。


神奈川さんもいしのすけさんもまだお若くて、しかも着物歴は短いのに、知識の豊富なこと! 優秀な若い女性が新しく見出した興味に熱心にのめり込む様子はネットで拝読していましたが、実際にお会いしてみるとあらためて感心。



神奈川さんは他のご用でお帰りになったので、これからはいしのすけさんが案内して下さるのですが、前日も銀座巡りだった私のために、昨日のsachikoさんと事前に打ち合わせて重ならないように考えて下さったのです。お世話掛けました。


カメカメ

銀座に来たら、憧れの「志ま亀 」は外せません。私が大ファンの林真理子さんのエッセイによく出てくるお店で、鮮やかだけと品の良い綺麗な地色とはっきりした古典柄が独特の志ま亀カラーを作り出しています。これまで何度も外から覗いたことはあるのですが、気軽に入れる店構えではないので、入るのはもちろん初めて。


勇気が要るのですが、嬉しいことに今日は頼りになる同伴者がいるので心強い限りです。

いしのすけさんは以前いらしたことがあり、顔見知りの店員さんに色々反物を広げて頂き、二人でいくつか巻き付けて鏡の中でうっとり。


ウィンドーに飾ってあるこの黒地のお振袖、素敵でしょ?

色白で長身の女性にぴったりじゃんチョキ    うちの娘に丁度良いじゃん女の子    問題は値段だけじゃんお金あせる


憧れの志ま亀さんで記念写真撮らなくちゃ、だわね



ブーケ2

お次は泰三ギャラリー へ。


地味な地色に色数を押さえたそれはそれは品の良い着物なのですが、刺繍は信じられないくらい手が込んでいて、「すごーい!」の連発。皇室御用達で、皇后陛下もお召しになられるそうですが、かなり近寄らないとその素晴らしさはわからないのが残念な気がします。

いしのすけさんは、ネットでご覧になってらしたのですが、実物の素晴らしさに感激なさってました。先程の志ま亀さんとはある意味対照的なまさに芸術品で、これに比べたら志ま亀さんはカジュアルでお安いわ~、とすら思いました。実際、志ま亀さんのは小紋ならちょっと貯金すれば私でも買えそうですが、泰三さんのはかなりきつい・・・。


この店はアンテナショップで、お客様から直接意見を伺うのが目的だそうですから、(私たちがお客様かどうかは疑問ですが)、ちょっと歩き疲れた私たちはここで長居して、お店の方と長々とお話させて頂いたのでした。


コーヒー

溜息をつきながらまた歩き、昨日も行った「くのや 」さんで私は飛び絞りの帯揚げを買い、他にも1、2軒の呉服屋さんにお邪魔して、最後は喫茶店でお喋り。いしのすけさんのおかげで充実した銀座呉服屋探検ができました。



ワイン

夕食は新宿の高層ビルで。高所恐怖症の私ですが、摩天楼は大好き。

ロンドンにはない眺めです



さて、これで11月が終わりましたが、もっちろん着物月間新記録を作りましたよ~ クラッカー


祝日 9回でした~~!!  我ながら呆れるくらい頑張りました。





        これで二日間に渡る高級呉服屋さん巡りを終え、明日は古着屋さんへ。

        目の保養で見るだけから、いよいよ財布を握り締めてアクションに乗り出します!ロケット



                      手裏剣 人気ブログランキング  手裏剣


2週間も経ってる「遅ればせながらの今さら日記」ですが、やっと東京に来ました。

(ほとんどの写真はクリックで拡大します)



<11月28日(火)> くもり 雨のち曇り


新幹線 愛知の実家を朝発って新幹線で東京へ。

ちまちまとした名古屋三昧駅弁が可愛いので食べる前に写真を撮りたかったけど、サラリーマンばかりで車内は混んでたので断念。こういうとき、家族と一緒だと「あー、外人と一緒だから、仕方ないね」と思ってもらえるだろうと何でもしちゃうんだけどね。


今回は千葉県に住む友人の家に6泊も居候させて頂いて、ほんと、お世話になりました。


午後はそこの友人姉妹にこれまでの戦利品を見せたりしてお喋り。


お酒

ちょっと雨だったし、着替える時間もなくなったので、夜は洋服で東京に。着物友達と会うというコミットがないとなかなか着物は着られませんね。


神楽坂は初めてだったけど、名前から受ける日本的な印象とはちがったものの、なかなか風情のある大人の街で、裏通りの坂道には洒落たレストランやバーが点在し、時々料亭もあって、大人のカップルがロマンチックな散策できそうな雰囲気。

私にはもちろんそういう類の楽しみはなく、創作和食屋さんでの夕食後、数人でゾロゾロと二次会の場所を求めて歩いてました。


ワイワイやってたらすっかり遅くなってしまい、最初の日から午前様になっちゃいました。


でも、東京って大都会だわね~、12時過ぎても電車がすごく混んでるの。酔っ払いばかりじゃなくて、ごく普通に帰宅する人で一杯。ロンドンには存在しない残業会社員か?




<11月29日(水)> 晴れ ピカピカ快晴でポカポカ陽気の散策日和


ネット着物仲間のsachikoさんに銀座を案内して頂きました。

その日のことは、sachikoさんのブログ もご覧下さい。



新幹線でわざわざ来てくださったsachikoさんと11時過ぎに「和光」で待ち合わせ、歩いて歌舞伎座を通り越し、「アリスin歌舞伎 」へ。明るい日差しの個室でランチしながらまずたっぷりお喋り。


   

私はまた同じ着物と帯の組み合わせ               お皿の上に晩秋が・・・


sachikoさんは雪輪で揃えたシックな装い



チューリップ黄呉服屋さん巡りのスタートは「銀座もとじ ぎゃらりー泉 」。モダンで明るい店構えです。


銀座もとじ


銀座の高級呉服屋さんに入るなんて私には初めての経験でドキドキですが、sachikoさんのような上品なマダムとご一緒させて頂ければ心強いことこの上なし。シックな雪輪柄の塩沢紬に「竹に雪輪」の作家ものの帯を合わせ、黒いコートも雪輪柄という完璧コーディーネートのsachikoさんですもの、当然お店の方もそれなりの対応をして下さって、和服のエレガントな店員さんが棚から出した反物をたくさん広げてくれました。


全てすっきりとした柄行の洗練されたものばかりでしたが、一番印象に残ったのが久保田一竹の反物。私がオペラハウスに着物で行くのです、と言ったら、それなら華やかなのがいいですね、とチカチカ光る水色地の裾に濃淡ピンクの朝日のようなぼかし。一体誰が着るんだろう、こんな派手なの? 女優さんがパーティに? ホステスさんがお勤めに? 下品になる一歩手前の大胆さに見惚れました。


見惚れるだけで私ははなから目の保養を決め込んでいましたが、sachikoさんは帯締めをお買い求めになりました。




チューリップ赤チューリップ紫

次は「むら田」さんへ。雑誌によく出てくるお店なのですが、一組の客だけでもう一杯になるほどこじんまりして、びっくりしました。


こういうお店ほど難しいんですよね、心地よく居座るのが。だって、ほとんど何も陳列してない中で、否応無くお店の人が目の前にいるんですよ。何か気の利いたことを喋って、棚から出してもらわないとカッコつかないです。


でも心配ご無用。ここでも知識も豊富なsachikoさんが上手にお店の人と会話なさって、話が弾んであれこれ見せて頂ました。


雑誌によく登場なさる名物ご主人と




チューリップオレンジチューリップ赤チューリップ黄

最後は「くのや 」さんへ。

sachikoさんはこのお店で黒い道中着をお誂えになったそうで、今日実際にお召しになってご披露して、「よくお似合いですこと」とお店の方もお喜び。今日もあちこちで褒めちぎらて、ほんとうに素敵でした。


ここは人通りの多い通りにあって小物もがたくさん置いてある入りやすいお店です。

(この日に「いいなあ」と思っていた白地に赤い飛び絞りの帯揚げを、翌日にまた来て買いました。)


着物だったら、そりゃ銀座よね



コーヒー

歩き疲れたので、ガラス張りの明るいカフェでお茶を頂きながら、sachikoさんの夕方お帰りタイムまで又お喋り。



わざわざ遠くからお出掛け下さって、sachikoさん、本当にありがとうございました。お陰で初めての呉服屋さん訪問が、ドキドキしながらも楽しく経験できました。



お酒

夕食は、銀座とはうってかわった神田の庶民的な居酒屋に。こんな格好で行くのはナンでしたけど。



    ○●○●○●○●○●人気ブログランキング  ○●○●○●○●○●