<25th Jan Wed>

今朝は一年に一度の大切なバービカンの切符購入(→こちら。目玉はバルトリ、カウフマン&ダムラウ、キーシン、ベンゲロフ等)。 良い席をたくさんバスケットに入れたのに、なんと最後にパソコンのページがフリーズして進まなくなりガーン、切符はバスケットに入ったまま滞るという最悪の事態にえーん。バービカンのせいではなく、私だけの問題で、しばらく待ったけど埒明かないので諦めて仕方なく別の切符を買ったけど、執念でチェックし続けたら数時間にリリースされたので何枚か拾い直しました。結果はまあまあだけど、ったく、この忙しい時に半日無駄にしたわムキー。オペラやコンサートの切符購入は本当に精神衛生上よろしくないですアセアセ

----------------------------------------------

1月23日、リハーサルに続いて2度目のWritten on Skinに行きました。

 

10日にリハーサルの出待ちで、「23日にオランダからレイネさんもいらして二人で着物で行くからね」、と伝えたのを覚えていたとは思えないけど、イエスティン君は舞台横の私たちに気付いてくれて、カメラ視線を向けてくれました。 かぶりつきコンサートでは気付いてくれるイエスティン君、広いオペラハウスの客席でも見つけてくれたなんて嬉しいけど、そうなると緊張するし手振ったりしちゃったりして良い写真が撮れないのが歯がゆいですが、ま、記念ですから。

 

 

 「ほら、あそこに僕のファンが二人いるんだよ」、   「あら、ほんと」。

 

「舞台から君たちが見えたよ」、とステージドアで。

 

胡蝶蘭さんも着物でいらしたので、三人でイエスティン君を囲んで。 これじゃあ、どんな着物姿かわかりませんけどね。

              これです。開演前に記念撮影。 わーい、楽しい三人着物!

 

シックな胡蝶蘭さん、中世柄の帯が今日のオペラにぴったりのレイネさん、椿柄はいいとしても、雪輪の帯に桜が散って季節ちぐはぐの私。

 

翌日もレイネさんと着物で又ここに来ましたよん。

尚、Written on Skinには来週また行くことになりました。

 

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

Written on Skin のリハーサル

テーマ:

<10th Jan Tue>

昨日の地下鉄スト、行きはトーチャンに最寄の電車駅まで車で送ってもらったら渋滞で大変だったけど、帰りは幸い私が乗る路線は走ってて、しかも閉鎖されてる駅をいくつかすっ飛ばしたので凄く早く帰宅できました。そして今日からBritish Airwaysが48時間スト。私がウィーン行きで乗るのは明後日なので免れましたが、イギリスの先行き不安な時にどいつもこいつもストライキなんてやってる場合かムキー

--------------------ーーー-----------------------

 

クリスマスからずっとROHではバレエばかりでしたが、やっと今年のオペラが始まり、今日はジョージ・ベンジャミンのWritten on Skinのリハーサルに行ってきました。 カーテンコール写真はトーチャンと両側から撮りました。私は左側から。

 

2013年3月に2度行った時のことは(CTはビジュン・メータ)記事にしなかったのですが、去年3月にバービカンでコンサート形式(CTはTミード)で聴いた時の様子は→こちら。 最初は「うわ~っ、前衛的でヘンテコリン!滝汗」、2度目は「あら、そんなに悪くないかもウインク」、3度目は「まあ、凄く良いじゃないのチョキ」、と聴く度に良さがわかった現代オペラで、今回は待ちに待ったイエスティン君の登場(他所ではこの役やってますが、ロンドンではお初)。

 

本本作りを依頼した若者と自分の妻が恋仲になったのを嫉妬した金持ち男が彼を殺したばかりでなく、彼の心臓を妻に食べさせドキドキ、妻は自殺するというグロテスクな中世のお話ですがびっくり、若者は時代を超越する天使でもあり天使、前衛的かつシュールな展開で、セットも衣装も中世と現代が交差し、イエスティン君は何度も着替えます。 

 

Music George Benjamin

Text Martin Crimp

Director Katie Mitchell

Designer Vicki Mortimer

Lighting designer Jon Clark

Conductor George Benjamin

The Protector Christopher Purves

Agnès Barbara Hannigan

Angel 1 / The Boy Iestyn Davies

Angel 2 / Marie Victoria Simmonds

Angel 3 / John Mark Padmore

 

リハーサルでも皆さん本気で歌い演じてくれて迫力ありました。やっぱり、内容が内容ですからコンサート形式より緊張感がみなぎります。 童顔のイエスティン君はこのミステリアスでセクシーな役にはビジュアル的にしっくりこなくて、ビジュン・メータとティム・ミードの方が雰囲気合ってるけど、絶好調のイエスティン君の声は美しく響きました。バーバラ・ハニガンは何度聴いても、演技付きでも無しでも凄いの一言。

でも、バービカンのコンサートの時はことさら最後の子音を強調して、それがとても気に入ったのに、今回はそうでもなくて、あれはコンサートだから何か特別なことしないといけないと退屈だと思ったのか、或いはバービカンでは目の前で聴いたのでそれが聴こえたのか・・?

 

 

 

 

 

 

 

休憩なしで1時間半、12時半に終わったので、午後だけ出勤する前にステージドアに行って、胡蝶蘭さんも一緒にイエスティン君と記念写真。13日の初日には行けませんが、23日にレイネさんと又行きます。

 

 

やけに控え目で、彼が誰だか知らなかったら有名テノールとは思わないだろうマーク・パドモア。 滅多にオペラには出ないので貴重な機会なのですが。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

イエスティン君ファン仲間のレイネさんがオランダからいらしたので、11月10日にウィグモア・ホールのリサイタルにご一緒しました。

ここでしっかり固定ファンが出来て今や切符入手がとても困難になってるイエスティン君、ですが、今回は一段と苦労だけでなく、とんだドタバタ騒ぎにショック!

年に百ポンドも払ってるのに席が選べないサポートフレンズ予約でろくな席が取れなかったので、勿論即売れ切れだったけど根気よくリターンを狙って2度乗り換え、挙句の果てに当日の夕方になって出てきた最前列真ん中をキャッチしたのはいいけど、それによって余ってリターンした切符は売れず仕舞いで、一番高い切符を一枚無駄にしてしまいました叫び 

まあ、それはレイネさんと折半したので大した負担ではなかったし、結局最前列と2列目に交代に座れ、絶好調のイエスティン君をまじかに聴けたのは良かったのですが、凄く満足できたかというと、これが・・・。

 

Iestyn Davies countertenor

Thomas Dunford lute

Colin Hurley speaker

アンコールはエリック・クラプトンのTears in Heaven

 

お馴染み過ぎるダウランドばかりというのは少々退屈だけどまあいいとしても、水増しが多過ぎましたプンプン

トーマスのソロ演奏もたくさんあった上に、流れの腰も折った俳優のナレーションは邪魔なだけで、プログラムを買わなかったのでどういう試みだったのも内容がなんだったのかもよくわかりませんが、ダウランドの手紙やなにかのポエムだったと思います。

アンコールのエリック・クラプトンも「又これかあ・・うーん」という気持ちだったし、長年聴き続けてて、ちょっと飽きたってことかしら?

そして、今回の件でリターン切符は直前にたくさん出るんがよくわかり、そうとなればウィグモア・ホールはフレンズである意味ないので、これからは直前のリターン狙いに専念することにしますムキー

隅っこに座ってる俳優さんコリン・ハーリーは上手だったけど全く無名。イエスティン君が出た「ファリネリとキング」に出てたそうですが、そう言えば見たような気もするかな・・(←若くて良いオトコしか記憶に残らないでしょ)。

終了後は舞台裏のグリーンルームに一番乗りしてお決まりのスリーショット。

トーマス君に頼まれて、トーチャンが彼のスマホでも撮ってあげましたにひひ

 

12月はメサイヤなんかもあるけど(→こちらですが売り切れ)行かないので、次に聴きに行くのは1月のROHのWritten on Skin(→こちら)ですが、これは凄く楽しみビックリマーク

 

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

 

11月8日はベーカーストリート駅近くのロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックでマスタークラスを拝聴。

私はマスタークラスが大好きなのでここにもちょくちょく来るのですが、写真撮れないし記事にしないことが多いけど、この日は特別。 夏に一緒にザルツブルグに追っ掛けもしたレイネさんがオランダから駆けつけてらっしゃいましたしね。

 

イエスティン君のマスタークラスと言えば、今年2月に日本であったのに、たしか私が日本に着く一日だったので見逃してしまい、口惜しかったですよ~えーん。  行こうと思えば行けたコンサートは皆様の席を分捕ってはいけないと自粛しましたが、彼のマスタークラスは凄く聴きたかった・・ガックリ

 

で、まあそのうちロンドンでもやってくれるだろうと信じて待っていたのが今回実現したわけですが、かぶりつきで3時間たっぷり彼のマスターぶりを見ることができて大満足爆  笑。 お喋りな彼は早口ですごく沢山あれこれ言ってくれましたが、あれを日本で通訳付きでどうやってやったのか不思議でなりません。 彼自身は日本でのクラスを「良かった」と言ってましたけど、今回のとはまるで違う展開だったに違いないですね。

 

私はマスタークラスには結構行っているのですが、発音や歌詞の理解や演技面とか同じ側面でどの生徒に対しても指導する歌手が多い中、今回感心したのは彼が多岐に渡ってそれぞれの生徒に合わせてコメントしてくれたことで、聴く側としても繰り返しがないので全く退屈しないどころか凄く楽しめました。もちろんピアノ伴奏者を押しのけて上手な演奏もご披露してくれました。 当然ながら彼自身が得意な曲目だと当然更に熱心になり、盛り上がりました。

 

 

レイネさんが詳しくレポートして下さってるので内容についてはそちらをご覧頂くとして(→こちら)、私は以下ざっくりと。

それぞれ個性の異なるカウンターテナーを4人も聴けただけでもCT好きにはたまらない企画で、主催者側の意図なのか、後になるほど上手な男子が登場。長身でルックス面では映える最初の子は声量はあるけどおそろしく硬い声で、イエスティン君に舌の位置を徹底して直されたくらい基本ができてなくて今とても舞台に立てる力はないですが、立派な声量を上手くコントロール出来れば大きな劇場でも大丈夫。後の3人は皆小柄でパッとしない風貌で(CTやテノールの典型ね)、二人目の子は音域が間違ってるというこれまた基本的な指摘で、たしかに中低音は良いけど、高音が苦し過ぎ。私が一番気に入ったのは3人目のイエスティン君に一番近い優しい声。 態度がふてぶてしいのが残念でしたが。 完成度の一番高い4人目の子も良かったです。

この学校にはCTは4人しかいないのか、当初予定されてた6人のうち二人はメゾソプラノ。一人ドタキャンしたので紅一点だった女の子はCTと比べるからというだけでなく力強い声でとても上手だったけど、容姿がかなり改善の余地あり。

 

というわけで、誰も全ての面で優れた子はいなかったし、マスタークラスの醍醐味であるbeforeとafterの変わり具合はいまいちでしたが、あっと言う間の3時間、キャリア全般の訓示までしてくれて熱心で充実したマスタークラスでした拍手  これで無料って、ありがた過ぎて涙が出ます。

 

短いインターバルの間にイエスティン君の方から目の前に座ってるレイネさんと私に挨拶に来てくれて、記念写真も撮れて大満足の私たちラブ。 早くから並んで待って一番乗りした甲斐があったというものですグッド!

 

焼肉ラーメンその後、こないだムスメの誕生日にも行った南部亭レストランで日本食を一杯食べて幸せな夜となり、レイネさんのイエスティン君詣では幸先の良いスタートとなりました。その後色々ありましたが・・。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

<14th Sept Wed>

メラメラ異常にくそ暑いロンドン。昨日は32度まで上がったそうで、着物でセヴィリアの理髪師の初日に行くつもりで午後会社休んだけど、冷房効いてない地下鉄路線もあるので諦めました。 もう充分夏は満喫したので涼しくなって欲しいわあ。今日も暑い中、ROHの冬シーズンのフレンズ予約。まあ希望通りに買えましたが、いくつかは来年6月ですからね、そんな先の予定なんてわからないから一応買っておかないと。 要らなくなったらリターンすればいいけど、なんだかんだで結構リターン手数料払ってるのよね。

--------------------------------------------

9月5日(月)の午後1時、カドガン・ホールのコンサートに行きました。 

 

これもプロムスの一環で、ロイヤル・アルバート・ホール以外のプロムスは初めてでしたが、普段のカドガン・ホールと違い切符ゲットが困難で、これも数日前に運よくリターン切符をキャッチしたもの。 折角レイネさんがオランダからいらっしゃったのでご一緒したいですもんね。

 

先月ザルツブルグでイエスティン君に会った時にはまだ切符が取れてなかったので「行けるかどうかわからないわ」、と言っておきましたが、歌ってない時に舞台で椅子に座ってて客席の私を見つけ、「あ、切符取れたんだね」、という感じで微笑んでくれましたほっこり。 でも、そうなると写真撮らなきゃいけないプレッシャーが・・・アセアセ。 真ん中ではないけど2列目が取れてラッキーだったとは言え、前の人の頭が邪魔でさあ・・おーっ!。 絶好調ではなかったせいかイエスティン君もあんまり嬉しそうな顔じゃなかったし・・ショック。 (不調という程ではなく、声を発しただけで私が感動してしまうほどではなかったという意味で、歌唱は安定してました)

 

 

Carolyn Sampson soprano

Iestyn Davies counter-tenor

Joseph Middleton piano

 

清らかな美声のキャロリン・サンプソンとの共演で、デュエットの相性は抜群とは言えないけど、ブリテンのアレンジによるパーセル(私はこれが結構好き)とか、メンデルスゾーン、初めて聴くRoger Quilter(これが一番好きだったかな)という一見バラバラの選曲ですが、ゆるい繋がりはシェイクスピア。 一時間の短いコンサートですが、変化に富んだプログラム、上手なピアノ伴奏、お馴染みのBBC司会者の説明、こじんまりしたホールでの暖かい雰囲気の良いコンサートでしたグッド!

 

これで今年は珍しくプロムスに3回も行ったわけですが(しかも連続で)、来年は切符の買い方をちゃんと学んでもう少し前向きに考えてみようかな。

 

 

 

 

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ